Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  QB「メリークリスマス!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
キュウべえならプレゼントを用意するのも簡単そうな気がします。願いかなえているし。
しかし、外見的にはサンタというよりソリを引っ張るほうが似合うような。小さいですが乙!


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/24(水) 20:08:51.41 ID:PzNGGnUL0

--ほむらの家--

QB「んっしょんっしょ……よし」

ほむら「……キュゥべえ。そんな大きな袋に赤い帽子までかぶって……何をしているのかしら?」

QB「見てわからないのかい? サンタクロースだよ」

ほむら「それは分かるけど……」

QB「魔法少女達のメンタルケアもかねてね。僕達がプレゼントを配る事によって魔法少女のソウルジェムの濁りを抑える事が出来る。それにそれとは別に新たな魔法少女を見つける事も目的の一つさ」

ほむら「……あなた達そんな事やっていたの……?」

QB「……そもそもサンタクロースの正体は僕達だよ」

ほむら「……え?」

QB「僕達は普通の人間には見えないし、プレゼントを配るにも人数は充分だ。何せ僕達は世界各地にいるんだから」

ほむら「……えぇえ!? じょ、冗談でしょ!?」

QB「冗談に決まってるじゃないか。何を言っているんだい?」

ほむら「……」

QB「無言で首を掴まないでくれるかな。個体一つ失ったところで僕達に支障はないけど、勿体ないじゃないか」

ほむら「あなたがくだらない冗談を言うからよ。ていうかあなたいつ冗談なんて言う事を覚えたのかしら?」

QB「僕達は日々人間の感情を研究しているからね」

ほむら「……まぁいいわ。今後一切私の前でそんなくだらない事はしないと約束してくれない?」

QB「やれやれ、君達は僕が冗談を言うといつも同じような……いたた、力を強めないでくれ……わかったよ」

QB「……などと茶番をやってる暇はないんだよ。早くプレゼントを配りにいかないと」

ほむら「あ、そっちは本当だったのね」

QB「うん。僕の管轄は……まぁいつものメンバーだね」

ほむら「まどかになぎさにさやかに杏子にマミ……。……一応言っておくけどまどかやなぎさに変な事をしたら」

QB「しないよ。役割だからプレゼントは配るけど魔法少女に勧誘はしない。したいけど、君にこの世界から消滅されてしまってはたまったものではないからね」

ほむら「……分かっているのならいいけど」






スポンサーサイト

  ほむら「メリー、クリスマス」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
聖夜ですから。幸福は全ての人に平等にやってきます。たとえ悪魔であったとしても。
おもちゃをほしがる年代を超え、次に求めるのは奇跡。なんだか泣きそうになりました乙!


1: ◆5IT2K49K36:2014/12/25(木) 00:59:19.52 ID:bpBDVcS30

ほむら「………みっともないわね」

この辺りだったかしら。すっかり白い風景に溶け込んでしまって、少し戸惑ってしまった。

ほむら「………」

そっと雪を払う。白いイス。ここに来るのは久しぶりだった。ふと顔を上げる。足跡は一人分しか見当たらない。それも、すぐに消えてしまうのだろう。






  ほむら「濡れてる……」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
なにが濡れているのかでちょっと詳しくお話を伺いたいところです。
決してやましい心ではありませんよ。たぶん。そんなこと聞ける雰囲気ではないです。乙。


1: ◆FLVUV.9phY:2014/12/13(土) 15:29:10.35 ID:d32EPYEGo

 ぼんやりと、天井を眺める。ぼやけた視界は焦点を結ばずに彷徨う。
 少し辛いことがあるとすぐにこうなる。

 そして、そんな弱い自分に嫌悪感を感じて悪循環に陥るのだ。
 分かっている、分かっているのに、止められない。

「せっかく、日常に戻ってこれたのに、知らない明日を掴み取ったのに。こんなことになるんだったら、あの時死んでしまっていればよかった……」

 崩れたビルと巨大な歯車がフラッシュバックする。会心の一撃。
 それ以外に表現しようのないその瞬間には選択肢なんて一つしかないように思えた。

 それが間違いだったのだ。実際には死ぬか、生きるか、の二択だった。

 選んだのは生きること。だけれど、知らなかった。
 こんなにつらいなんて、こんなに苦しいなんて、こんなに、こんなに幸せが私を押しつぶそうとして来るだなんて。

 ようやく、整ってきた焦点で時計を眺める。時刻は八時三分。
 はっきり言って遅刻ギリギリだ。もう、起きて学校に行く用意をしないと。
 朝ごはんを食べる時間は、ないかな。確か冷蔵庫にバナナが一本だけ残っていたはず。

 歩きながらそれを食べれば、いいよね。

 そんなことを考えながら、制服へと手をかけて逡巡。
 手が、震える。いつもみたいにそれを着て、学校で授業を受ける私を想像する。






  ほむら「向日葵と傷」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
良いように歯車の狂ってしまった世界。魔法少女の運命を知ったならば当然の世界。
契約した段階で幸せな未来など潰えてしまう彼女たち。救えるのは・・・乙!


1: ◆FLVUV.9phY:2014/12/06(土) 16:28:32.74 ID:x2ueaAjJo

冒頭

 政令都市見滝原。
 試験的な先進都市計画のモデルケースとなるこの都市で数年前に大規模な交通災害が起こったことは記憶に新しい。

 理由も原理も未だに不明であるその事故は、 先頭車両が突如として真上へと跳ね上がったことを皮切りにした、大規模な玉突き事故であった。

 この事故による死傷者は三百名を超えており、 事故直後に何が起きていたのかを知っていたであろう先頭車両近くの運転手、 相席者は一人の例外を残して亡くなっており、原因解明はほぼ絶望的といってよかった。

 生き残ったのは幼い少女で、警察も、もちろん我々報道関係者も、 茫然自失としたその少女を前にして、踏み込んだ取材などとても強行できなかった。

 これは全くの余談であるが、 その事故の直後から向日葵色の超能力少女の噂がまことしやかに学生の間で語られていたらしい。

 出典不明のその噂話が件の事件と如何様な関わりがあるのかは不明だ。



中略



 超能力少女の噂が落ち着いてきたころ、 見滝原市と隣接した風見野市で新興宗教の教祖が一家四人で無理心中するという事件がゴシップを賑わせた。

 だが、焼け落ちた教会からは遺体は三体しか見つかっておらず、 未だ行方知らずとなっていることは、公にされることはなかった。


 そんな事件の少しあと。女学生たちの間でまたもや一つの噂話が嘯かれ始める。

 噂の内容はこんな具合だ。

 夜道を一人で歩いていると、時々白いウサギが集まってくることがある。
 そして、それを追いかけて森へ入ると振り向いたウサギに頭を抉られる。
 だから、ウサギを見たら逃げなさい。一目散に逃げなさい。

 なんにしてもここ十数年の見滝原には何か悪魔的でにわかには信じがたい不吉さが立ち込めているようである。
 都市伝説とはよく言ったもので、今でも時折街中で背筋に悪寒が走ることがある。
 読者諸兄も、夜街を歩くときは十分注意されたし。



――――――――――――――――――――――――――――――――――――三流ゴシップ誌切抜きより。






  QB「キミは何を願う?」ウル「消えて無くなれよ、今すぐ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
これはシャドウハーツとのクロス!昔プレイしたなぁ・・・。あの円盤による戦闘、
なかなか止められなくて苦労したり。でも、ストーリーやキャラが良く面白かった印象乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/10(金) 18:21:46.89 ID:pWdSuCWa0

ほむら「また……勝てなかった」

ほむら「これで何度目かしら? 彼女を救えなかったのは……」

ほむら「巴マミを生かし、美樹さやかの魔女化を防ぎ、佐倉杏子の協力を得てもなお届かない」

ほむら「いったいどうすれば……あの夜を越えられるの」

ほむら「いえ、悠長に考えている暇はないわ。今は少しでも、今までにしてこなかった“何か”を探さなくちゃ」



――夜の街中――

ほむら「とは言ったものの、ワルプルギスの夜を倒すための手段なんて見当もつかないわね……」

ほむら「とりあえず誰かに会いに行こうかしら。例えば今のうちから佐倉さんに協力を……」

ほむら「えっ? この感覚……」ピクン

ほむら「魔女!? こんな時期に?」

ほむら「こんなに早く魔女が現れるなんて今までになかった……」

ほむら「行ってみましょう。新しい何かの切欠があるかもしれない」






  ほむら「始まりの時」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
物事には何事も始まりはつきものです。それが後々気づくこともありますが。
大抵は静かに始まる事が多いですが、ループ者はハイテンション乙。


2: ◆LeM7Ja3gH2ba:2014/11/01(土) 21:33:13.60 ID:tVrBkgvy0

ほむら「!」

気が付いたら、病室だった。

私は慌てて日付けを確認する。

……戻ってる。

私が退院する前に。

『ワルプルギスの夜』に、鹿目さんも巴さんも殺される前の光輝く世界に。

自分の左てのひらには、淡く輝く宝石。

ほむら「夢じゃない……!」

夢じゃ、ないんだ!






  まどか「マミさんの卵で卵焼き作りたいなぁ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
鶏の世界のお話でしたかー(錯乱) 絶対、鳥類の卵で卵焼き作った方が美味しいかと・・・。
でも、マミさんの卵・・・。美味しそうです(錯乱2)何処の並行世界のお話でしょう乙。


2: ◆LeM7Ja3gH2ba:2014/11/01(土) 23:03:05.40 ID:tVrBkgvy0

まどか「だからマミさん、お願いします♪」

マミ「えっ???」

まどか「お願いします♪」

マミ「いや、お願いしますじゃなくて……
そんなのいきなりは無理よ」

まどか「そんなぁ……」

マミ「あっ、落ち込まないで鹿目さん」

マミ「だって、こんなのはさすがに自分の意思じゃあどうにもならないもの……」






  ほむら「将棋ですって?」QB「君ならプロになれるよ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
将棋って奥が深いんですね(小並感)一時期ハマったことがありましたけど、先を読むというか、
無限に近い指し手の枝分かれの図が頭に浮かばず苦労しました。軍師には向かないようです乙!


1: ◆bvqVN1tP96Fx:2014/09/09(火) 21:36:14.10 ID:tIruzG0i0

このSSは


暁美ほむらが将棋のルールを覚えるまでを克明に綴った大長編スペクタクル


である。






  さやか「ねぇ杏子の様子がおかしいんだけど」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
たしかに!おかしいと言うより偽物なのではないかと疑うレベル。キャラ違いすぎます・・・。
高校デビューとか。・・・中学生か。イメージチェンジは大幅に行われると戸惑うレベル乙!


1:名無しさん@おーぷん:2014/10/16(木) 23:05:54 ID:mnDaidyRO

杏子「御機嫌よう、皆様」

ほむら「ぶふぉ」

まどか「えっ?どうしたの杏子ちゃん」

マミ「耳が変になったようね」

さやか「ちょ!みんな現実見て!コレ杏子よ!」

杏子「まぁ、さやかさん、人をコレ呼ばわりなんてひどいですわ」

さやか「誰だお前!」

杏子「杏子ですわ」







お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。