Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  ほむら「濡れてる……」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
なにが濡れているのかでちょっと詳しくお話を伺いたいところです。
決してやましい心ではありませんよ。たぶん。そんなこと聞ける雰囲気ではないです。乙。


1: ◆FLVUV.9phY:2014/12/13(土) 15:29:10.35 ID:d32EPYEGo

 ぼんやりと、天井を眺める。ぼやけた視界は焦点を結ばずに彷徨う。
 少し辛いことがあるとすぐにこうなる。

 そして、そんな弱い自分に嫌悪感を感じて悪循環に陥るのだ。
 分かっている、分かっているのに、止められない。

「せっかく、日常に戻ってこれたのに、知らない明日を掴み取ったのに。こんなことになるんだったら、あの時死んでしまっていればよかった……」

 崩れたビルと巨大な歯車がフラッシュバックする。会心の一撃。
 それ以外に表現しようのないその瞬間には選択肢なんて一つしかないように思えた。

 それが間違いだったのだ。実際には死ぬか、生きるか、の二択だった。

 選んだのは生きること。だけれど、知らなかった。
 こんなにつらいなんて、こんなに苦しいなんて、こんなに、こんなに幸せが私を押しつぶそうとして来るだなんて。

 ようやく、整ってきた焦点で時計を眺める。時刻は八時三分。
 はっきり言って遅刻ギリギリだ。もう、起きて学校に行く用意をしないと。
 朝ごはんを食べる時間は、ないかな。確か冷蔵庫にバナナが一本だけ残っていたはず。

 歩きながらそれを食べれば、いいよね。

 そんなことを考えながら、制服へと手をかけて逡巡。
 手が、震える。いつもみたいにそれを着て、学校で授業を受ける私を想像する。






スポンサーサイト

  ほむら「始まりの時」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
物事には何事も始まりはつきものです。それが後々気づくこともありますが。
大抵は静かに始まる事が多いですが、ループ者はハイテンション乙。


2: ◆LeM7Ja3gH2ba:2014/11/01(土) 21:33:13.60 ID:tVrBkgvy0

ほむら「!」

気が付いたら、病室だった。

私は慌てて日付けを確認する。

……戻ってる。

私が退院する前に。

『ワルプルギスの夜』に、鹿目さんも巴さんも殺される前の光輝く世界に。

自分の左てのひらには、淡く輝く宝石。

ほむら「夢じゃない……!」

夢じゃ、ないんだ!






  まどか「マミさんの卵で卵焼き作りたいなぁ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
鶏の世界のお話でしたかー(錯乱) 絶対、鳥類の卵で卵焼き作った方が美味しいかと・・・。
でも、マミさんの卵・・・。美味しそうです(錯乱2)何処の並行世界のお話でしょう乙。


2: ◆LeM7Ja3gH2ba:2014/11/01(土) 23:03:05.40 ID:tVrBkgvy0

まどか「だからマミさん、お願いします♪」

マミ「えっ???」

まどか「お願いします♪」

マミ「いや、お願いしますじゃなくて……
そんなのいきなりは無理よ」

まどか「そんなぁ……」

マミ「あっ、落ち込まないで鹿目さん」

マミ「だって、こんなのはさすがに自分の意思じゃあどうにもならないもの……」






  ほむら「まどかとまぎか」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
好きな世界に改変できるんですから、まさに神様の如き力。やりたい放題。
しかし、その力を上手く使えるとは限らない。たまには・・・エラーもでちゃいますよね乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/21(火) 21:09:02.48 ID:BxqVWoIi0

ほむら「さて…どんな世界に改変してしまおうかしら」

ほむら「…まぁ、まどかさえいてくれたらそれでいいわ」

ほむら(…世界が書き換えられていく)

ほむら(私の初めての友達。そして…私の愛しい人)

ほむら(あの時の約束は果たせなかったけれど…)

ほむら(まどか…)パァァ

ほむら(…終わったみたいね)

ほむら(まどか、待っててね)クスッ






  QB「悪魔ほむらを捕まえたから安価でなんかする」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
捕まっちゃったのですかー。感情のない獣に捕まってしまったほむらの運命やいかに。
逆襲のキュウべえ。普段の恨みは多そうですから。でも感情が無ければ恨みも無い?乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/09/28(日) 08:55:59.10 ID:ydYjW8ICO

~QBアジト~

悪魔ほむら「く、う…!」ジタバタ

QB「暴れても無駄だよ!ようやく君を封じ込めた、暁美ほむら」

悪魔ほむら「あなた達に、こんな事されるなんて…っ」

QB「まずは↓かな」






  まどか「なんで中沢君ってモブなのに名前があるんだろう」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
クラスメイトに名前があっちゃだめなんですかぁぁぁぁ!そっとしておいてあげなよ・・・。
さやかの恋敵にだって名前はあるでしょう。クラスメイトAじゃあんまりだぁ乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/31(日) 01:37:35.38 ID:BT0TqUbZ0

さやか「誰?中沢って」

まどか「ほら、あの1話で早乙女先生にムチャぶりされてた人」

さやか「あー。あのクラスメイトの人ね」

さやか「ただのモブなんじゃないの?」

まどか「でもエンドクレジットにナカザワって書かれてるよ?」

さやか「名前があるだけでしょ?」






  ほむら「まどかと寝たいわ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ほぅ・・・。一緒に寝たいとな。中学生は二人一緒にお休みなさい。数年後には違う意味に?
ちなみに、夫婦でも布団は別の方が睡眠スタイルは良いのだとか。寝相が悪いなら尚更乙。


1: ◆do4ng07cO.:2014/07/29(火) 00:49:04.77 ID:tfzqGW+d0

さやか「」

ほむら「なによ」

さやか「いや...一応確認しとくけどさ、それはアレな意味じゃないよね?」

ほむら「アレ?」

さやか「ホラ、夜のお相手的な...」

ほむら「どういう意味?」

さやか「わからないならわからないでいいよ」

ほむら「...?とにかく、お泊り会みたいな感じで一緒に寝たいだけなのよ、私は」






  【PSYREN】ほむら「暴王の月」【まどマギ】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
PSYREN、単行本も全巻揃え、連載中はジャンプを読むのを楽しみにしていた覚えがあります。
日輪"天墜"に始まり、ドルキ様とおしゃべりしようじゃねえかに終わる作品、素敵すぎます乙。


1: ◆FLVUV.9phY:2014/06/26(木) 01:12:24.34 ID:FsYyZ0AYo

 私は目が醒めると同時に、変身し飛び跳ねた。
 病棟用の硬質ベッドが嫌な音を立てて軋む。
 けれど、そんなことに構っている暇などなく、勢いのままに私の体は五階の窓を突き破った。

 左足を前方へと突出して、腕を交差させて顔を守る。勿論ガラス片からだ。
 窓ガラスが砕け散る。私の目に荒廃した世界が広がる。
 ほんの数年前までは適度に緑が茂る美しい街並みだった見滝原の街は、ほぼ全域が荒野と化していた。

 ガラスの割れる甲高い音が辺りに響き渡る。
 普段ならば、それだけで看護師の一人や二人が大慌てで駆けつけてくるだろうが、どうせそんな暇はない。
 なぜなら、――――。


 五階と表記された四階の窓から私の体が飛び出したその瞬間、
北軸およそ千メートル、東軸およそ七百五十メートルに及ぶ見滝原総合病院が吹き飛んだ。

 爆発、爆発、爆発。

 建物の外側から、内側から有無を言わさぬ強烈な爆裂音と炸裂音。
 そして、コンクリートが倒壊する轟音。それらが混ざり合い怒涛のごとく鳴り響く。


 空中で爆風をもろにくらい大きく私の体が煽られる。
 宙を動く術を持たない私は着地姿勢を大きく崩し、頭から地面へと突っ込む形になった。
 大丈夫、落ち着いて対処すればなんてことわないわ。心の中で深呼吸をしながら冷静に能力を発動する。






  ほむら「夜が怖い」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
本能的に闇を怖がるのは人間の生存本能の一端かと。暗闇でいつ襲われるか予知できませんし。
ちなみに、良い睡眠を得るには少しだけ明かりをつけて寝るのが良いそうです乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/02(月) 01:33:33.69 ID:XMFFQBHUo

まどかが居なくなってから1か月が経とうとしていた

あの子が願った世界を守る
そう決意して戦い始めたけど…

ほむら「はぁ」

布団に仰向けになってため息をつく

正直、辛い

前まではまどかが居たから頑張れた
あの子のためならなんでもするつもりだった

でも…結局、私はまどかを救うことはできなかった
それどころか存在を消滅させる一因にもなってしまった…







お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。