Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  唯「あずにゃんにレッドブルをあげようよ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ドラゴンクエストにおけるやくそうみたいな即効性の効能を期待しちゃうのでしょうか。
どうも薬品の臭いがする飲み物は苦手で。レッドブルって美味しいのでしょうか。食わず嫌い中乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/04/14(月) 01:37:27.13 ID:hlJqH0kY0

律「なるほど、翼をさずけるわけか……」

唯「きっとよろこんでくれるよ!」

澪「そうだな……梓ならきっと!」

紬「じゃあわたし、レッドブルをダンボール箱いっぱいに買い占めるわ!」

律「ちょっと待ったムギっ! ……レッドブルって何種類あったっけ?」

澪「たしか水色っぽいのがあったような……」

紬「今ケータイで調べてみたら、水色の方はシュガーフリーみたい」

唯「あずにゃんには甘いものが必要だよ!」

律「次は梓が受験生だ。糖分摂取して、頭回転させてもらわないとな!」

澪「さらにちょっと待った。『梓への贈りもの』が本当にレッドブルでいいのか……?」

唯「え、どういうこと?」






スポンサーサイト

  唯「取り壊し」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
人間、思い入れの深いものは多々ありますが。それが失われるときは悲しいですよね。
普段は特別何とも思ったりはしないのでしょうけど。最後になって気づく事はよくあります乙!


1:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/26(水) 20:07:21 ID:h10GYG3Y

もっと泣いたりするのかと思ってた。
でも現実は、ずいぶんあっけなかった。
パワーショベルが外壁に触れる。
ばあん。
ばらら。ばらら。
マンチェスターのハシエンダみたいに。
豊島区のトキワ荘みたいに。
茶色い芝生を踏みしめて、わたしはそれを眺めたんだ。
さよなら、さよなら。
本当にほんとに、さよなら、だね。

きっかけは、憂による一本の電話からだった。






  梓「ムギ先輩。練習…しませんか」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
管理人の入っていた部活では休日の練習が、午前中は全員で、午後から夜遅くまでは
選抜メンバーだけで行っていました。いまはそんなに練習しないのでしょうか。疲れる乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/11/14(木) 23:03:05.03 ID:lihKwRUJ0

◯ある日の部室!

梓「…」

梓「…」

梓「…あれ、ここは」

澪「お、やっと気づいたか」

梓「えっと、私、どうして…」

唯「あずにゃんはね、ムギちゃんに抱きつかれて突然倒れちゃったんだよ」

梓「え…」

律「あぁ、びっくりしたんだぞ」

梓(あ、そっか)

梓(ムギ先輩に抱きつかれて、とっても柔らかくて…)

梓(それからとってもいい匂いがして…それで…倒れちゃったんだ)

梓(そういえばムギ先輩は?)

紬「…」

梓(律先輩の影で小さくなってる)






  紬「猫の飼い方」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
猫は可愛い。管理人宅にも1匹いますが、甘えてくるんです。御飯欲しいときだけ。
利用されているのは分かっているんです。分かっているんですが、可愛さには負けます乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/17(土) 23:41:49.09 ID:jtsVQxPX0

 

最近みんなに会えてない。


大学を卒業してから父のすすめで、実家の関連会社に就職した。
会社の名前は琴吹ペットライフ。
ペット関連の商品を企画・販売している会社で、収益の柱はペットフード。
私はこの会社で事業部長をやっている。

入ったときは平社員だったが、2年で係長、それから1年で課長。1年で部長とスピード出世した。
勿論、実績をあげたから出世したわけではない。
親会社の意向。つまり私の親の意向により、部長に据えられた。
あと数年もすれば社長になり、やがては父の会社の重役として働くことになるだろう。






  唯「あれれー?2chに書き込みができないよぉ?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
情報強者澪!書き込めないときは●を買えば自由自在に!みんなで●買って書き込もうぜ!
なんて気軽に言えなくなっちゃいましたね。それほどあの事件は衝撃的でした乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/29(木) 19:53:20.98 ID:19F+i09e0

澪「これは規制だな。●を買えば書き込みできるぞ!」カタカタ

唯「わぁ、澪ちゃんすごーい!」

澪「ふふん♪コンビニ払いも出来るけど、私はスマートにクレジットカード払いだ!」ドヤっ

唯「澪ちゃんカッコいい!」

澪「えへへ///」






  紬「失恋は青春のはじまり」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
大人になっても青春はできる!・・・そう思っていた時期が管理人にもありました。
読んでいてノスタルジックな気分に浸れる。こういう物語は夏が非常によく似合います乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/05(月) 23:31:00.74 ID:D5xEzwsb0

子供の頃からパーティーやコンクールなどで大人の前に立つことが多かった。
大人達は私に、ただニコニコと笑っていることを求めた。
幸か不幸か、私は彼らの要求に応えることができてしまった。

不機嫌なときもでも、泣きたいときでも、パーティーはあった。
そういうときでもニコニコ笑わなければならない。
私はいつしか、余計な感情を心の底に閉じ込める術を覚えた。
いつでもニコニコと笑っていられるように。

それが理由かは定かではないが、私はしばしば自分の本当の気持ちに気付けないことがある。
今回もそうだった。



夏休みに入る少し前のこと、私は失恋した。
気づいた時には、既に失恋していたのだ。






  梓「笹食ってる場合じゃねえ・・・ですっ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
唐突にパンダが笹を投げ出して柵を乗り越えているAAが頭に浮かんだ!そして離れない・・・
祭りに乗り遅れるとは、ネラーにあるまじき!でも、まとめで祭りを知ったら正に後の祭り乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/05/16(月) 13:51:45.85 ID:DvQav52P0

梓「あぶないあぶない、祭りに乗り遅れるところだった!」

梓「このタイミングでAAを貼って・・・と。ふふふ・・・・さぁもりあがってまいりましたー!」


コンコンコン・・・コンコンコン・・・・



母「ちょっと梓、あんた就活してるんでしょうね?何年ニート続けるつもりなのよまったく!」

梓「え、あ、うん!今ね、ハロワのHP見てた、やっぱ、なかなか仕事ないみたいだね最近は。ハハハ・・・」






  梓「絶望ハンバーグ工場……」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
                                   ここまで↓ 毎日毎日ぺちこねぺちこね。絶望ハンバーグ工場へようこそ!単純作業なライン工は、
忍耐力の問われる仕事。飽きっぽい性格の管理人には無理かな・・・。それにこの工場h・・・
あれ、呼び出しアナウンスが乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/06/06(月) 00:34:30.00 ID:g6qfxYE40

母「梓!またパソコンでお買い物したの!? アマゾンから届いてるけど」

母「邪魔だから荷物部屋に持っていくわよ!」

 

 勝手に人の荷物
 触らないで!!!



母「困ったわ……」




 ドンドン!
  バンバン!



母「あら、もうご飯の時間……」

母「いまもってくから壁なぐるのやめなさい!!!」






  紬「至高の誕生日」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
7月2日はムギちゃんの誕生日でした。おめでとー!祝ってくれる友達が多いって
羨ましい限り。年一回のおめでたい日は盛大にお祝いしなきゃですね乙!
・・・しかし、某グルメマンガみたいに究極の誕生日と対決するのかと思った管理人って・・・。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/02(火) 20:13:35.66 ID:I3b2AEzDi

◇紬の部屋

菫「おねえちゃん、起きて」ポンポン

紬「zzz」

菫「起きてったら起きて」ポンポン

紬「むにゅむにゅ……」

菫「起きて!!」ドン

紬「むにゅぅ……すみれ?」

菫「あっ起きた」

紬「むにゅっ……今日は創立記念日で学校お休みじゃなかった?」

菫「お姉ちゃん、お友達が来てるよ」

紬「えっ、誰かしら」

菫「平沢唯さんだって」

紬「唯ちゃん? それは大変! 急いで寝ぐせを直さないと」







お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。