Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  ジャギ「世紀末へのアンチテーゼ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
本編ではケンシロウにあっさりやられる兄さん。北斗神拳の使い手なのに、
ショットガン使っちゃうあたりで残念と思っていましたが。そんな兄さんが本気を出したら・・・乙☆


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/29(日) 21:23:50.42 ID:acBf/y89O

俺はあの日、全てを失った。




あの頃、俺は北斗神拳伝承者になるべく、来る日も来る日も修練に励んだ。


しかし、他の3兄弟との差は広がるばかりだった。


俺は他の兄弟に負けないためにも、血の滲むような努力を重ねた。他の兄弟に伝承者の座を渡したくなかったからだ。


長兄ラオウにはその強大な野望が、次兄トキには暗殺者らしくない優しさが、末弟ケンシロウには伝承者にあるまじき甘さがあるからだ。


しかし、だからと言って俺が継ぐには、あまりにも力が足りな過ぎた。






スポンサーサイト
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2014/08/09 21:11 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(1)

  しずか「私は源しずかという人間が嫌いです」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
自分すら嫌いな人間が、他人を好きになれるわけない!という言葉思い出しました。
自分に自信を持って、自分の良いところを見つけて、好きになる努力すれば人生変わるかも乙☆


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/30(金) 08:48:21.56 ID:WvDcSABC0

数年ぶりに足を踏み入れた野比家は、昔とは違う、どこか余所余所しい匂いがした。

のびママ「いらっしゃい、しずかちゃん…」

頭に白いものが目立つようになった彼の母が、力のない声で私を和室へと案内してくれた。
こうして彼の母と向き合って座ると、私の胸は懐かしさでぎゅっと締め付けられるようだった。
あの頃の、楽しかった思い出が頭を駆け巡る。
テレビを見ながら眠ってしまった彼を尻目に、二人でガールズトークに花を咲かせたのもこの和室だ。
そんな時、彼の母は決まって「息子には内緒ね」と舌を見せながら、隠しておいた高級菓子を私に出してくれたものである。
彼の母には、一時期とてもよくしてもらっていた。






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/12/21 21:09 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(0)

  刃牙「親父ィ……サラリーマンやってくんね!?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
この世には、適材適所という言葉があります。料理人に車の整備をさせないように、
アスリートにデスクワークを強要しないように。能力を生かした仕事に就けば、みんな幸せ。
なので勇次郎のサラリーマン・・・違和感しかないっ!乙☆


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/11/18(月) 21:31:08.29 ID:8OgzLElQ0

<刃牙ハウス>

ストライダム「な……なんだとォ!?」

刃牙「うん……」

ストライダム「今の台詞……本当にあのオーガに……?」

刃牙「いったよ。一言一句、完璧に再現させてもらったよ」

ストライダム「…………ッッ」

ストライダム「しかしなんでまた、そんなことに……」

刃牙「あれはちょうど親子喧嘩が終わってから、一ヶ月後だったかなァ……」






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/11/21 21:16 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(0)

  るろうに観柳「明治回転式機関砲浪漫譚」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
激しくワロタwwwガトリング斎wwwガトリングガンの前に敵はいるのだろうかwww
しかし、どうして観柳にスポットライトをwwwこういう才能に嫉妬するのは当然乙☆


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/29(月) 20:09:49.81 ID:eVRBDJl40

今からおよそ160年前──
黒船来航から始まった「幕末」の動乱期。

渦中である京都に「人撃ちガトリング斎」と呼ばれる志士がいた。



修羅さながらに人を撃ち、
その弾丸を以って新時代「明治」を撃ち拓いたその男は、
動乱の終結と共に人々の前から姿を消し去り
時の流れと共に「最強」という名の伝説と化していった。



そして浪漫譚の始まりは、明治十一年東京下町から──






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/07/31 21:08 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(6)

  清麿「ツボ押すからちょっとこいガッシュ」後編

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
これは清麿「ツボ押すからちょっとこいガッシュ」前編の続編にあたります。
未読の方は先にそちらからお楽しみ下さい。外道清麿による無双はどこまで続く乙☆


348:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/26(水) 20:08:50.25 ID:0acGx2pKO

清麿「よし、コルルがトイレに向かったぞ!今のうちにコルルのお子様ランチくっちまえ!」

ガッシュ「よ、よいのかのう…」

清麿「気にすんな。ほらプリンもあるぞ」

ガッシュ「も、もももうそんなものに惑わされたりはせぬ!」

清麿「チャーハンに旗もついてるぞ」

ガッシュ「…………!!」



コルル「お待たせお兄ちゃん。ガッシュ」

シーン

コルル「…………」

コルル「しゃしゃしゃしゃしゃ」






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/07/03 21:12 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(1)

  清麿「ツボ押すからちょっとこいガッシュ」前編

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
チート清麿による2週目ガッシュその2-1。相変わらずの先読みとアンサートカーが
チート過ぎてワロタ。やっぱりもう清麿ひとりでいいんじゃないかな乙☆

前SS:清麿「強くてニューゲームか…」


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/26(水) 03:31:34.85 ID:0acGx2pKO

ガッシュ「ヌァァァァァ!嫌なのだ嫌なのだ!!」

清麿「ええい、甘えるんじゃない!オレのアンサートーカーが告げている!お前の○○をほじくれと!」

ガッシュ「助けてくれーコルルー!!」

コルル「」ガタガタガタガタ

清麿「大人しくしろ!お前を強くするためだ!」

ガッシュ「ヌァァァァァ!!」

ズブゥ






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/07/03 18:12 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(1)

  月「ああ、コンソメ味は絶対に家族の中で僕しか食べない」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
いやぁ、最初から最後までこんなに笑ったのは久々です。どうして月やLって
こういうキャラが似合っちゃうんですかねwwwちなみにうすしおが大好きです乙!!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/16(日) 10:25:20.89 ID:j1yA8BCf0

リューク「?」

月「ただいまー」

母「おかえり 月、コンソメ味って以外と美味しいのね」

月「……っ!」






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2012/09/21 20:52 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(1)

  皇帝「ど、ど、ど、ど、童貞ちゃうわ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
やっぱり皇帝といえば威厳。そのイメージを守るためには色々と苦労しているんですね。
別に良いじゃない!童貞だって!何が悪いんだ!言わなきゃ分からないよね・・・?分かるか~乙!!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/10(月) 19:34:50.78 ID:xnzKhJky0

<帝国城>

皇帝「ど、ど、ど、ど、童貞ちゃうわ!」

側近「どうしたんですか、いきなり」

皇帝「今、俺に向かって、童貞といっただろう!」

側近「童貞ではなく、皇帝陛下と申し上げたんですよ」

皇帝「あ、そうだったのか……すまんな」

側近「いえいえ」

側近「でも皇帝陛下って──」

側近「童貞ですよね」






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2012/09/13 21:08 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(1)

  王妃「早く来なさい、白雪姫」白雪姫「はい…」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
子供の頃は絵本をたくさん読んだ。でもそれだけ。物事の裏事情とか裏設定までなんて
気にしないよね。大人になって、もう普通の絵本では感動できないけど、このSSのような
絵本ならまだまだ感動できることを再認識した。スノーホワイト見に行こうかな盛大に乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/02(月) 14:48:51.34 ID:BSNXIY2Q0

王妃「全く遅い子だね」

白雪姫「ごめんなさい…」

王妃「ほら、早くここを掃除しなさい」

白雪姫「はい…」

王妃「…」
ジロリ

白雪姫「ビクッ」






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2012/07/07 21:05 ] SS:その他 評価:【S】 | TB(0) | CM(2)

お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。