Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  菜々「0時過ぎのクリスマス」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
人々に笑顔と幸せを運ぶアイドルには、クリスマスも有ったものではありませんね。
仕事に打ち込むのも良いですが、そこはアイドルも人間。幸せをあげたくなります乙!


1: ◆LY9F0R2Cf.:2014/12/26(金) 00:12:27.27 ID:qOgPQWjp0

 ナナにとって、クリスマスは特別なものという認識は既にありませんでした。
 今はアイドル業に忙しく、クリスマスを個人的に楽しんだなんていられません。
 最近仕事が多かった中、今日は珍しく打ち合わせだけということで、午前中にプロデューサーと次の仕事の内容の認識合わせをしたところでした。
 終わってすぐに、自席でプロデューサーはうんうんと唸り始めました。

「……うーん」
「どうしたんですか?」
「あ、菜々さん。いやー、急に先方から今日予定の合いている子はいないか打診があって」

 どうやら予定していた子が急遽出れなくなってしまったらしく、埋め合わせに誰かいないかと依頼を受けたところらしいです。
 そこはいつも懇意にしているところであり、先方を助けてあげたいと思っているらしいのですが、

「生憎と、今日だけはみんな都合が着かないんですよ」
「えっと、失礼しますね……うわ、ホントですね」

 ディスプレイを覗かせてもらうと、そこにはこの事務所のアイドルの一日の予定が並んでいました。
 確かに全アイドル、予定が埋まっていました。
 正確には仕事の予定で埋まっているわけではありません。休み、と書かれた枠が大半を占めています。
 ーー今日はクリスマス。アイドルなみなさんも、今日くらいは一人の女の子として……ということで、プロデューサーさんが四苦八苦しながら調整した結果でした。
 ナナはそれを後ろから見ていたことがあったので知っていますよ。

「こっちで休めって言って休んでもらってるのに、いざ出てくれなんて言えないんですよね」
「……他の人も今日は一日外せない仕事ばかりですね」

 仕方ありませんか。だって今日はクリスマス。サービス業とかは稼ぎ時です。
 アイドルという華を利用して客引きするなんて典型的なことはどこだって考えようというものです。





スポンサーサイト

  モバP「シンデレラのアイドルに愛されて眠れないCD」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ヘッドフォンとつけたなら、耳元で囁いていてくれる様な気がして眠れなくなる・・・。
そんな風に考えていた時代がありました。世の中、愛があれば何でも出来そうです(白目)乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/23(火) 08:34:45.52 ID:Ghkhka4d0

トラック1

渋谷凛






  伊織「……何それ?」 P「これ?TKG」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
TKGといえば、日本の国民食になってもおかしくない料理。諸外国では卵を生で食するところは、
ホントに少なく、敬遠されるそうです。清潔な日本だからこそ食べられる料理乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/17(水) 13:31:07.12 ID:+QZmXk6rO

律子「お疲れ様でーす。お先に失礼しまーす」

P「おう、寒いから気をつけてなー」

小鳥「お疲れ様でしたー」

伊織「お疲れ様。明日もよろしくね」

ガチャッ。バタン。

P「もう19時か…俺はもう少し頑張るか」

小鳥「伊織ちゃんはまだ帰らないの?」

伊織「今日は新堂に迎えに来てもらうのよ。もうすぐこっちに着くんだってさ」

P「ふぅん。珍しいな」

伊織「今日は久し振りにパパとママと3人でディナーを食べるのよ。にひひ♪」

小鳥「へー、やっぱり高級なお店に行くの?」

伊織「もっちろん!都内の三ツ星フレンチよ!このスーパーセレブアイドルの伊織ちゃんに相応しいとも言えるわね!」






  P「伊織を打ち上げたい」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
胴上げじゃなくて?打ち上げ・・・。デコ花火が頭をよぎってしまった管理人を叱ってください。
しかし、花火にしろ何にしろ、人を打ち上げるのは色々問題も多いような気も乙。


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/27(土) 00:51:34.32 ID:70Zhx5xD0

伊織「は? 打ち上げって仕事のあとのお疲れ様会のこと?」

P「だから、伊織を打ち上げたいんだ!!!」

伊織「百歩譲って打ち上げるのは良しとして、どこによ?」

P「宇宙に決まってるだろっ!!!!!!」ガシッ

伊織「宇宙ねぇ……」

P「そう! ロマン溢れてるだろ!? なっ? なっ?」ユサユサ

伊織「アンタさぁ……?」

P「うん?」






  モバP「よし、安価で皆にお年玉をあげよう!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
お年玉か~。確かに、若年者も多い事務所ですから。お年玉もらえるなら是非所属したい。
・・・但し、中身がまともなら何ですけど。詰まるところはお年玉は現金が一番なわけで乙!


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/01(木) 10:05:34.45 ID:xln2/dOxO

モバP「小さい子達も正月から仕事だし、たまには奮発するか。ね、ちひろさん?」

ちひろ「じゃあモバPさんがお金だして私が皆に渡すのはどうですか?」

モバP「あなたねえ・・・恥ずかしくないんですか?!小さい子達も正月から仕事しているのに1円もお年玉あげないなんて!」

ちひろ「はい♪(ゲス顔)」

モバP「くそっ!こんな銭ゲバに構ってられない・・・。俺一人で皆にお年玉をあげよう!」

ちひろ「はいはい、ワロスワロス」

モバP「・・・さて、最初に事務所に来る良い子は誰かな?」


安価。>>+3






  小関麗奈「お年玉袋を使ってイタズラしてやるわッ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
お年玉といえば、お金と夢と希望が沢山詰まっている、誰もがもらうと笑顔になるアイテム。
それをイタズラの道具としてしまうとは・・・。レイナサマってホントに勇気があります乙!


1: ◆njLdTg/Bz6:2015/01/03(土) 12:08:03.19 ID:1ftQsCpbo

 家族や親戚に貰ったお年玉袋から中身を全て取り出し、アタシはほくそ笑む。

 例年と比べてもかなりの金額になった。これなら今年はますますイタズラにお金が掛けられそうだ。

「愚民達もようやくレイナサマの偉大さが理解できたみたいね。アーッハッハッ……ゲホゲホッ」

 高笑いの途中で咽せてしまい、慌てて息を整える。

「ふぅ、それにしてもこのお年玉袋、このまま捨てるには少し勿体ないわね」

 机に並べられたそれらを見て、アタシは考える。それからしばらくして。

「フフン、いいことを思い付いたわ。この袋を使ってイタズラしてやるのよ!」

 差出人をアイツにしてアイドル達にプレゼント。

 アイツからのお年玉ってことで大喜びで開けたら中身は……でガッカリという作戦よ。

「我ながらアタシの非道さに戦慄が走るわね……ふっふっふ、こうなれば悪は急げで早速実行するわッ!」

 それにしても……。いつか役立つかと思って練習しておいたアイツの筆跡コピーの特技がこんなところで役に立つとわね。






  千川ちひろ「課金しろや!」モバP「課金させろや!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
なんだか切実なメッセージを感じるSSでした。これがプロPというやつでしょうか・・・。
オマイラの課金のおかげで管理人もプレイできています。でも強くはなれない・・・乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/09(火) 16:45:50.78 ID:1bvDctO90

ちひろ(さあ始まりましたよアニバーサリーアイプロ!今回はアニバーサリー恒例のメモリアルアイプロに加えてスマイル差分の復刻!)

ちひろ(そして上位報酬はシンデレラガール凛ちゃん!!課金しない要素がありませんね!!)

ガチャッ

P「ただいま戻りましたー」

ちひろ「おかえりなさい!プロデューサーさん、大変です…」

P「あーはいはい、アニバーサリーでしょ?分かってます分かってます」

ちひろ(あ、あれ?何か反応が薄い……)



P「うん……うん……うーん今回はスルーかな」

ちひろ「!!??」






  モバP「すまんな晴……俺は死ぬかもしれん……」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
風前の灯火のPの命。実際、命が燃え尽きそうな寸前って何をやったらいいのでしょうかね?
まぁ、何も出来ないのかもしれませんが。どうせ逝くなら華を咲かせて逝きたい乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/18(金) 21:47:39.58 ID:sNoBvVE90

☆ライブ会場☆


P「おう、晴! 素晴らしいライブだったぞ! 流石晴と褒めてやりたい!」

晴「そ、そうかよ……」ハァハァ

P「特に最初の『フレッシュ晴チンだぞ~♪』ってちゃんと言ったところはよかったぞ。最初はあんなに嫌がってたのになぁ♪」

晴「ま、まぁな……///」ハァハァハァ

P「こんなに汗だくになってまで頑張ってくれて……プロデューサーとして本当に嬉しいよ。なんだかんだで、お前ももう立派なアイドルになったよな」

晴「ハァ……ハァ……///」

P「………どうした? なんだか息が異様に荒いぞ? それになんだか顔が赤いような……」

晴「べ、別に……ハァ……なんでも……ハァ……///」


晴「あ―――……」


バタリ


P「晴!?」






  春香「あー寒い寒い!」 P「……」171に画

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
寒い日は、人恋しくなる時。でも、オマイラも管理人も一人なら、寒く過ごすしか・・・。
それとも共に暖めあいますか?・・・え、ご遠慮?相手は選ばなきゃだめかー乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/08(月) 18:09:17.04 ID:qZbinGo1O

ガチャッ。

春香「ただいまー!うぅう、寒いよ千早ちゃーん!」ギュッ

千早「は、春香…あんまりくっつかないで…」ギュッ

伊織「ほらやよい、寒いでしょ?もっとくっついても良いのよ?」ギュッ

やよい「うん!やっぱり伊織ちゃんは暖かいなぁーって」ギュッ

真「雪歩、寒くないかい?」ギュッ

雪歩「だ、大丈夫だよ真ちゃん…すごく暖かいよ…」ギュッ

響「たーかーねー!もっとギュッてしてくれないと寒いぞー!」ギュッ

貴音「心得ています。もっとくっついても構いませんよ?」ギュッ

亜美「真美隊員!もっとくっつかないと凍え死ぬぞ!」ギュッ

真美「亜美隊員!とても暖かいであります!」ギュッ

美希「あふぅ…むにゃむにゃ…」ギュッ

あずさ「あらあら…うふふっ…」ギュッ







お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。