Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  介護ヘルパー「よくぞ来たな、勇者よ!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
魔王も歳をとるんですね・・・(遠い目)老いた親の姿を見ていくのはキツイものがありますが、
魔王に対する勇者もこんな感情を抱くのでしょうか。老いない技術の開発はまだですか・・・乙!


1: ◆WnJdwN8j0.:2015/01/04(日) 20:54:13.45 ID:Pouf6ANx0

ヘルパー「…って言いたいんだよね、魔王さん?」

魔王「…」コクリ

勇者「…念の為聞く、その魔王何歳だ?」

ヘルパー「四捨五入して200歳くらいだっけ?」

魔王「…」←指を折り曲げている

ヘルパー「ひゃく、きゅうじゅう…なな!」

魔王「…」コクリ

ヘルパー「そっかー、凄いね魔王さん、私が見ているお客さんで最年長だよ!」

勇者「だろうな!!」






スポンサーサイト

  オーク「くっ、殺せ!」 女騎士「えぇ~…」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
逆じゃね!と思わず叫びたくなりますが。オークが捕まっても誰得なのでしょうか。
ちょっと待ってください。捕まったのが美女オークなら・・・。やはりないかー。乙。

関連SS:オーク「女騎士とか捕まえてみたいわぁ」 ゴブリン「なー」


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/10(水) 13:55:54.49 ID:udE2c0pEo

オーク(前略、オークです)

オーク(先日、相棒のゴブリンとバカ話をしていたオークです)

オーク(ぼくは今、牢屋の中にいます)

オーク(昨日までぼくが表で見張りをしていた牢屋です)

オーク(なぜこんなことになっているのかというと――)



部下1「隊長!敵司令部、陥落しました!これでこの基地は全面制圧完了です!」

女騎士「ご苦労。こちらの被害状況を確認し、すみやかに報告しろ」



オーク("この基地に攻めてくるバカ"がいたからです)






  女騎士「こんな勇者についていけねぇ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
勇者に付いていくのは至難の業と言いますか、危険に満ちているたびになるのは確定。
それでも旅を共にするというのなら、それは戦闘狂か奉仕の心に満ちているのか。乙!


1: ◆Ks1JsTemxeE/:2014/11/17(月) 17:16:18.29 ID:5SCBbiAR0

女騎士「なんで……崩れゆく洞窟の奥に進んでいくのよ!?」


勇者「まだ奥に人がいますよ。助けないと!」



 タタタッ……





  指導官「これより様々な拷問、陵辱に耐えるための訓練を行う」女騎士「はい!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
やはり、騎士たるもの強い精神力と何者にも屈しない信念が大事。例え敵に捕らえられても。
こういった訓練も騎士の嗜みなのかもしれませんが、管理人には想像が及ばない世界のようです乙!


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/24(水) 03:55:56.22 ID:hZoYl22to

牢獄

指導官「ここに入って」

騎士「よ、よろしくお願いします!!」

指導官「緊張しなくていいですよ。とりあえず首輪と足かせをつけて」

騎士「はっ!」

指導官「いいですか。貴女は女性の身で騎士になる道を選びました。時には戦場で敵に捕まってしまうことも考えられます」

騎士「あの!首輪が上手くつけられません!」ガチャガチャ

指導官「あ、やってあげて」

補佐官「了解。ここを外して……」

騎士「すみません」

指導官「捕虜にされてしまった場合、数多くの拷問、陵辱を受けることになるでしょう。しかし、国を背負い戦う以上、貴女はそれに屈してはならない。わかりますね」

騎士「分かります」

指導官「苦しく辛い訓練になります。しかし、これを乗り越えれば貴女は立派な騎士になれるでしょう。心の準備はできましたか?」

騎士「いつでも構いません。私は騎士になることが夢でしたから」

指導官「よろしい。ではこれより様々な拷問、陵辱に耐えるための訓練を行う」






  勇者「……だから言ったんだよ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
魔王を倒した後の勇者の処遇については、色々とSSがありますけど、幸せな未来の確定している
その後は少なく感じます。魔王以上の力をつけた勇者は、魔王クラスの脅威となるのか。乙。


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/13(土) 22:50:43.34 ID:Di/73yiH0

勇者「……」

王様「ま、まて勇者」

勇者「……なんで?」

王様「話せばわかるはずだ。あの頃はワシも必死で……」

勇者「……へー」

勇者「お前が必死ならあのことは許されるもんなの?」






  勇者「ふへ~、疲れたぁ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
こういうリア充っぽい勇者こそ、魔王とか余裕で倒してしまう雰囲気がありますよね。
逆に寡黙な勇者ほど接戦を繰り広げるというか。戦い以外が充実している世界、平和です乙。


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/10(水) 16:29:33.00 ID:tOkqHzVAO

魔女「…いつもお疲れ様、ハーブティーがあるけれど、飲む?」

勇者「今はいらんよ。水ない?」

魔女「待って……。はい」コトッ

勇者「………、はー、生き返った」ゴキュゴキュ

魔女「…それで、今日はどんなご用?」

勇者「錬金術ギルドから、転換媒体になる鉱石の素材くれってよ。ほら、これがその材料。頼むわ」

魔女「…、しばらく待って」

勇者「何日かかる?」

魔女「…三日」

勇者「じゃあその頃にまた来るわ」

魔女「…そう」

勇者「いつもわりぃな、じゃあな」ガチャッ






  勇者「チ○ポには勝てなかった」魔王「テメエ男だろ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
勇者、男なんですか・・・。スレタイの魔王の言葉がなければ、沢山のオマイラを釣れたことでしょう。
そこはスレタイですから。しかし、コレを読んでいるオマイラは読んだ上で興味が・・・?乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/11/25(火) 23:56:53.65 ID:/3iWn0i60

者「お前のせいで俺はホモになったんだ! 責任取れや!!」

魔王「私が! いつ! テメエに! 厭らしいことをしたって言うんだッ!?」

勇者「忘れもしない……アレは初めてお前と対峙した頃」

―――
――


勇者「お前が魔王だな!? お前を倒して世界を平和に戻させてもらう!」キリッ

魔王「人間風情が……! 我が闇の力で滅ぼしてくれるッ!!」カッ!

勇者「んほぉおおおおおおおおお――ッ!!」バリバリバリ


――
―――

勇者「だから責任取れよ!」

魔王「さっきの回想の何処に責任があると言うんだよ!」






  ランプの魔人「願いを叶えてやろう」幼女「ふぇぇ...」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ランプの魔人といえば、某アトラクションにもいる青い精霊か、頭に浮かんだ人物を、
いくつかの質問で当ててしまうヒゲの男性か。願いを叶えてくれるなら全力で探し出したい乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/10/22(水) 00:26:24.32 ID:oWLOdNJGO

幼女「ふぇぇ...買ってきたランプから変なやつが出てきたよぅ...」

ランプの魔人「私はそのランプに数千年間閉じ込められててな」

ランプの魔人「出してくれた礼に何でも願いを叶えてやろう」

幼女「ふぇぇ...そんなの嘘に決まってるよぅ...突然家に現れて絶対不審者だよぅ...とりあえず通報するよぅ...」


ランプの魔人「信じてもらえないか...それなら」ピカッ


ボンッ


幼女「ふぇっ!?」

ランプの魔人「これで信じてもらえるか?」


幼女「何もない場所から>>3が出てきたよぅ...」






  介護ヘルパー「魔王討伐に来ました」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
介護ヘルパーも命がけですね!給料は安いと良く聞きますが。やりがいは有りそうです。
これで魔王を倒したら伝説のパーティに介護士として名を連ねてしまうのでしょうか乙!


1: ◆WnJdwN8j0.:2014/12/10(水) 14:29:00.80 ID:2KyXm9aX0

高齢者問題は我が県のみならず、この剣と魔法の世界でも若者の戦闘職離れが問題となっていた。



魔王「…で」



ヘルパー「勇者さーん!ここ、どこかわかるー?」

勇者(88)「はいぃ?」

魔王「…なぁ、何でわざわざ年寄りをよこした?」

勇者「?」

ヘルパー「あぁすみません、勇者さん耳が遠いんです」







お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。