Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  ランプの魔人「願いを叶えてやろう」幼女「...」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
たくさんの願いを叶えてくれる魔人がいれば、もうこの世で欲しいものなんて無くなるかもです。
しかし、その魔人がまともな魔人だったらのお話。世の中、上手くは出来てはいない?乙!
前作
1:ランプの魔人「願いを叶えてやろう」幼女「ふぇぇ...」


1: ◆gqUZq6saY8cj:2014/11/17(月) 16:52:49.57 ID:Zx1aBulmO

ランプの魔人「願いを叶えてやろう」幼女「ふぇぇ...」

の続編的な何か






スポンサーサイト

  亜美「『言わせゲーム』をしよう!」【安価】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
相手を誘導できる会話力が試される!!瞬時に判断できる能力と、先を読む力。
意外と良いトレーニングになるのでは。まずは言わせる人を見つけなければ乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/07(日) 17:39:43.77 ID:0bI/9leg0

やよい「言わせゲーム……って?」

伊織「なによそれ? 聞いたことないわよ」


亜美「んっふっふ→。このゲームを知らないとは、やよいっちもいおりんもまだまだですな→」


やよい「あぅ……そうなの?」

伊織「もったいぶってないで、さっさとルールを言いなさいよ」イラッ


亜美「よかろう! ルールは簡単……それぞれが「NGワード」を設定して、それを兄ちゃんに言わせた人が勝ち! 簡単でしょ?」


伊織「なんだ、簡単じゃない。それってゲームになるの?」


亜美「ただしNGワードはもう決めてあるから、このクジを引いてくれたまえ! さぁさぁ!」スッ


伊織「ムダに準備いいわね……」スッ

やよい「じゃあ、さっそく……」スッ



亜美のNGワード → >>2

伊織のNGワード → >>3

やよいのNGワード → >>4






  杏「P、杏のものとなれ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ぴ・・・Pはアイドル全員のものですから・・・(困惑)独り占めすると事務所がヤバイ。
ここは、事務所の備品、共有財産的なものとして手を打つのは如何でしょうか(錯乱)乙!


2:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/23(火) 11:13:56.36 ID:iFgi/8v00

杏「P、杏のものとなれ!」

P「断る!」

杏「えっ、断るの?ロリコンなのに?」


P「真のロリコンはその程度で動揺はしない!」
杏「こずえを膝の上に乗せながら言われてもなー」

こずえ「ふぁ...」







  玲音「久しぶりだね、冬馬!」冬馬「げっ!?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
オーバーランクと知り合いでしたか・・・。なかなか知り合う機会などないかと思っていましたが。
知り合いだったとして、玲音を目標として頑張るかは・・・なにか冬馬は違う気がします乙!


1: ◆5m18GD4M5g:2014/12/13(土) 19:03:42.72 ID:T8tPUF320

冬馬宅前

玲音「また君に会えて嬉しいよ!」

冬馬「何で貴女がここにいるんだよ!?今は海外にいるはずだぞ!」

玲音「戻ってきたんだ、いろいろ事情があってね」

冬馬「事情って?」

玲音「それは………」

翔太「冬馬君遊びに来たよ~♪」

北斗「外は冷えるな…、早く温まりたいよ」

冬馬「あ、二人とも…」

玲音「やあ、初めまして! 伊集院、御手洗」

翔太・北斗「」






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2014/12/31 09:40 ] SS:アイドルマスター 評価:【A】 | TB(-) | CM(0)

  杏「杏・輝子・小梅のシンデレラジオ 第93回」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
シンデレラジオ!第93回放送!年始は毎年、何をやるだとかコレを目標にするだとか。
色々考えることは有るのですが、やらずにあっという間に年末に。来年こそは本気出す乙!

関連作:シンデレラジオシリーズ


2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/12(金) 22:30:11.25 ID:+LbLPRnNo

杏「ラジオネーム『神を斬獲せし者』さんからだよ」

――――――――――――――――――――――――――――――――
11月30日

あー、もう11月も終わりかー。

今年もあと1ヶ月しか残ってないよ。

ひたすら寝るか起きてゲームしたりアニメ見たりするだけの毎日だったなぁ。

いやー、つくづくダメな生活送ってるなぁ…。

最後の月ぐらい、本気だそう。
――――――――――――――――――――――――――――――――

杏「絶対何もしないパターンだ」






  依田芳乃「禁忌の大筒ー」 遊佐こずえ「じゅーねんほー」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
10年後の自分とは。10年前の自分なら興味合ったと思いますが。
それから10年の時を過ごした管理人は、まさにこの大砲を食らった状態なのでしょう乙。


2: ◆2vQ.vRCmts:2014/11/04(火) 20:31:58.20 ID:wwzG3x+y0

依田芳乃「ぬー……ふぬぬぬぬー」

遊佐こずえ「よしのー、なにやってるのー」

芳乃「おおー遊佐のこずえではございませんかー。少々これを引き抜くのを手伝ってくださいませー」

こずえ「いいけどー……これなにー?」

芳乃「わたくしが10万年前に作成した秘術を再現する大筒なのでしてー」

こずえ「ふーん。つかうとなにがおきるのー?」

芳乃「それが見たければ早く手伝うのでしてー……ぬぬぬぬぬー」

こずえ「…………とぉー」

スッポン!!

芳乃「おおー流石はわたくしの自滅……遊佐のこずえでございますねー」

こずえ「なんだかかっこわるいねー」

芳乃「それを作成した当時はーわたくしも若かったのでー確かになりは少々悪いですがー……どれ、今からこの筒の効果を見せて差し上げますよー」

こずえ「わー」パチパチ

芳乃「これをこうしてー被ってー……遊佐のー、わたくしの合図でその紐を引っ張って欲しいのでしてー」

こずえ「これだねー」

芳乃「では参りますよー……ひーふーみー、どーん」

こずえ「どーん」ヒュルッ

ズドォォォォォン!!!






  オーク「くっ、殺せ!」 女騎士「えぇ~…」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
逆じゃね!と思わず叫びたくなりますが。オークが捕まっても誰得なのでしょうか。
ちょっと待ってください。捕まったのが美女オークなら・・・。やはりないかー。乙。

関連SS:オーク「女騎士とか捕まえてみたいわぁ」 ゴブリン「なー」


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/10(水) 13:55:54.49 ID:udE2c0pEo

オーク(前略、オークです)

オーク(先日、相棒のゴブリンとバカ話をしていたオークです)

オーク(ぼくは今、牢屋の中にいます)

オーク(昨日までぼくが表で見張りをしていた牢屋です)

オーク(なぜこんなことになっているのかというと――)



部下1「隊長!敵司令部、陥落しました!これでこの基地は全面制圧完了です!」

女騎士「ご苦労。こちらの被害状況を確認し、すみやかに報告しろ」



オーク("この基地に攻めてくるバカ"がいたからです)






  モバP「文香がドッキリを仕掛けてきやがったッ!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
プロデューサーに対する逆ドッキリですか・・・。アイドルに対してなら番組になりますが、
Pに対してでも成り立つのでしょうか。まぁ、売れっ子Pですから視聴率も取れそうですが乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/06/10(火) 19:08:37.60 ID:Gnbcr6CL0

P「ふぅ……やっと事務所に帰って来れたな。お疲れ文香。今日もいい仕事をしてくれてありがとうな」

文香「いえ、そんなことは………」

P「謙遜することはないよ。ディレクターさん達もベタ褒めしていたんだからな。担当プロデューサーとして鼻が高いよ」

文香「そんな……私なんて………全然……」

文香「全部…Pさんが私のことをサポートしてくれたからです……。もし、私が一人だったら…何もできなかったでしょうし……」

P「俺の力なんて微々たるものさ。文香がここまで成功したのはお前が頑張ったからだよ。謙虚なのもいいけど、もっと自分を誇ってもいいんだぞ?」

文香「Pさん………///」






  モバP「あんきらにちょい足ししよう」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ちょいたしで、魅力が何倍になることも多数報告されていますし。現状に満足せず、
更に上を目指すとは・・・。杏達も働く喜びを見つけてしまったのでしょうか。乙!


1: ◆9R1SGsqFyk:2014/04/09(水) 23:37:00.01 ID:SkCsBatN0

杏「またなんか言い出したよ。はい、お疲れさまー。杏はもう帰るよ」

きらり「Pちゃん杏ちゃんおっつおっつ☆」

モバP「いやいやいや、そこは話くらい聞いて行こうなふたりとも」

杏「えー」

モバP「ほら、飴をやろう」

杏「飴うまー。……仕方ないなあ。ええと、なんだっけ」

きらり「ちょい足し、だったかにぃ? Pちゃん、それってなーにー?」

モバP「いい質問だなきらり!」

きらり「……きらり、なんだかいやな予感がしてきたにぃ」

杏「これもう聞かないと帰してくれないよね。杏、今日はもう寝たかったんだけどなあ」







お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。