Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  菜々「0時過ぎのクリスマス」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
人々に笑顔と幸せを運ぶアイドルには、クリスマスも有ったものではありませんね。
仕事に打ち込むのも良いですが、そこはアイドルも人間。幸せをあげたくなります乙!


1: ◆LY9F0R2Cf.:2014/12/26(金) 00:12:27.27 ID:qOgPQWjp0

 ナナにとって、クリスマスは特別なものという認識は既にありませんでした。
 今はアイドル業に忙しく、クリスマスを個人的に楽しんだなんていられません。
 最近仕事が多かった中、今日は珍しく打ち合わせだけということで、午前中にプロデューサーと次の仕事の内容の認識合わせをしたところでした。
 終わってすぐに、自席でプロデューサーはうんうんと唸り始めました。

「……うーん」
「どうしたんですか?」
「あ、菜々さん。いやー、急に先方から今日予定の合いている子はいないか打診があって」

 どうやら予定していた子が急遽出れなくなってしまったらしく、埋め合わせに誰かいないかと依頼を受けたところらしいです。
 そこはいつも懇意にしているところであり、先方を助けてあげたいと思っているらしいのですが、

「生憎と、今日だけはみんな都合が着かないんですよ」
「えっと、失礼しますね……うわ、ホントですね」

 ディスプレイを覗かせてもらうと、そこにはこの事務所のアイドルの一日の予定が並んでいました。
 確かに全アイドル、予定が埋まっていました。
 正確には仕事の予定で埋まっているわけではありません。休み、と書かれた枠が大半を占めています。
 ーー今日はクリスマス。アイドルなみなさんも、今日くらいは一人の女の子として……ということで、プロデューサーさんが四苦八苦しながら調整した結果でした。
 ナナはそれを後ろから見ていたことがあったので知っていますよ。

「こっちで休めって言って休んでもらってるのに、いざ出てくれなんて言えないんですよね」
「……他の人も今日は一日外せない仕事ばかりですね」

 仕方ありませんか。だって今日はクリスマス。サービス業とかは稼ぎ時です。
 アイドルという華を利用して客引きするなんて典型的なことはどこだって考えようというものです。





スポンサーサイト

  モバP「シンデレラのアイドルに愛されて眠れないCD」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ヘッドフォンとつけたなら、耳元で囁いていてくれる様な気がして眠れなくなる・・・。
そんな風に考えていた時代がありました。世の中、愛があれば何でも出来そうです(白目)乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2013/04/23(火) 08:34:45.52 ID:Ghkhka4d0

トラック1

渋谷凛






  竜馬「正月だから東京に帰る」【新ゲッターロボ】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
普段帰っていない人は、やはりお正月ぐらい帰省せねば。例えちょっと混んでいようと。
ただ、正月が休みであれば。某ピザ黒はお正月が休みだそうで。ホワイト企業乙!


1: ◆do4ng07cO.:2015/01/03(土) 00:30:57.55 ID:vqykU0Za0

【新ゲッターロボss】

黒平安京

水晶玉「」キィィン

晴明「......」

側女1「いかがなされましたか、せいめいさ...」

側女2「話しかけては駄目よ。晴明様は、いま神々と交信なさっておられるの」






このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2015/01/09 18:02 ] SS:その他 評価:【A】 | TB(0) | CM(0)

  伊織「……何それ?」 P「これ?TKG」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
TKGといえば、日本の国民食になってもおかしくない料理。諸外国では卵を生で食するところは、
ホントに少なく、敬遠されるそうです。清潔な日本だからこそ食べられる料理乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/12/17(水) 13:31:07.12 ID:+QZmXk6rO

律子「お疲れ様でーす。お先に失礼しまーす」

P「おう、寒いから気をつけてなー」

小鳥「お疲れ様でしたー」

伊織「お疲れ様。明日もよろしくね」

ガチャッ。バタン。

P「もう19時か…俺はもう少し頑張るか」

小鳥「伊織ちゃんはまだ帰らないの?」

伊織「今日は新堂に迎えに来てもらうのよ。もうすぐこっちに着くんだってさ」

P「ふぅん。珍しいな」

伊織「今日は久し振りにパパとママと3人でディナーを食べるのよ。にひひ♪」

小鳥「へー、やっぱり高級なお店に行くの?」

伊織「もっちろん!都内の三ツ星フレンチよ!このスーパーセレブアイドルの伊織ちゃんに相応しいとも言えるわね!」






  介護ヘルパー「よくぞ来たな、勇者よ!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
魔王も歳をとるんですね・・・(遠い目)老いた親の姿を見ていくのはキツイものがありますが、
魔王に対する勇者もこんな感情を抱くのでしょうか。老いない技術の開発はまだですか・・・乙!


1: ◆WnJdwN8j0.:2015/01/04(日) 20:54:13.45 ID:Pouf6ANx0

ヘルパー「…って言いたいんだよね、魔王さん?」

魔王「…」コクリ

勇者「…念の為聞く、その魔王何歳だ?」

ヘルパー「四捨五入して200歳くらいだっけ?」

魔王「…」←指を折り曲げている

ヘルパー「ひゃく、きゅうじゅう…なな!」

魔王「…」コクリ

ヘルパー「そっかー、凄いね魔王さん、私が見ているお客さんで最年長だよ!」

勇者「だろうな!!」






  P「伊織を打ち上げたい」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
胴上げじゃなくて?打ち上げ・・・。デコ花火が頭をよぎってしまった管理人を叱ってください。
しかし、花火にしろ何にしろ、人を打ち上げるのは色々問題も多いような気も乙。


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/27(土) 00:51:34.32 ID:70Zhx5xD0

伊織「は? 打ち上げって仕事のあとのお疲れ様会のこと?」

P「だから、伊織を打ち上げたいんだ!!!」

伊織「百歩譲って打ち上げるのは良しとして、どこによ?」

P「宇宙に決まってるだろっ!!!!!!」ガシッ

伊織「宇宙ねぇ……」

P「そう! ロマン溢れてるだろ!? なっ? なっ?」ユサユサ

伊織「アンタさぁ……?」

P「うん?」






  モバP「よし、安価で皆にお年玉をあげよう!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
お年玉か~。確かに、若年者も多い事務所ですから。お年玉もらえるなら是非所属したい。
・・・但し、中身がまともなら何ですけど。詰まるところはお年玉は現金が一番なわけで乙!


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2015/01/01(木) 10:05:34.45 ID:xln2/dOxO

モバP「小さい子達も正月から仕事だし、たまには奮発するか。ね、ちひろさん?」

ちひろ「じゃあモバPさんがお金だして私が皆に渡すのはどうですか?」

モバP「あなたねえ・・・恥ずかしくないんですか?!小さい子達も正月から仕事しているのに1円もお年玉あげないなんて!」

ちひろ「はい♪(ゲス顔)」

モバP「くそっ!こんな銭ゲバに構ってられない・・・。俺一人で皆にお年玉をあげよう!」

ちひろ「はいはい、ワロスワロス」

モバP「・・・さて、最初に事務所に来る良い子は誰かな?」


安価。>>+3






  QB「メリークリスマス!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
キュウべえならプレゼントを用意するのも簡単そうな気がします。願いかなえているし。
しかし、外見的にはサンタというよりソリを引っ張るほうが似合うような。小さいですが乙!


1:以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします:2014/12/24(水) 20:08:51.41 ID:PzNGGnUL0

--ほむらの家--

QB「んっしょんっしょ……よし」

ほむら「……キュゥべえ。そんな大きな袋に赤い帽子までかぶって……何をしているのかしら?」

QB「見てわからないのかい? サンタクロースだよ」

ほむら「それは分かるけど……」

QB「魔法少女達のメンタルケアもかねてね。僕達がプレゼントを配る事によって魔法少女のソウルジェムの濁りを抑える事が出来る。それにそれとは別に新たな魔法少女を見つける事も目的の一つさ」

ほむら「……あなた達そんな事やっていたの……?」

QB「……そもそもサンタクロースの正体は僕達だよ」

ほむら「……え?」

QB「僕達は普通の人間には見えないし、プレゼントを配るにも人数は充分だ。何せ僕達は世界各地にいるんだから」

ほむら「……えぇえ!? じょ、冗談でしょ!?」

QB「冗談に決まってるじゃないか。何を言っているんだい?」

ほむら「……」

QB「無言で首を掴まないでくれるかな。個体一つ失ったところで僕達に支障はないけど、勿体ないじゃないか」

ほむら「あなたがくだらない冗談を言うからよ。ていうかあなたいつ冗談なんて言う事を覚えたのかしら?」

QB「僕達は日々人間の感情を研究しているからね」

ほむら「……まぁいいわ。今後一切私の前でそんなくだらない事はしないと約束してくれない?」

QB「やれやれ、君達は僕が冗談を言うといつも同じような……いたた、力を強めないでくれ……わかったよ」

QB「……などと茶番をやってる暇はないんだよ。早くプレゼントを配りにいかないと」

ほむら「あ、そっちは本当だったのね」

QB「うん。僕の管轄は……まぁいつものメンバーだね」

ほむら「まどかになぎさにさやかに杏子にマミ……。……一応言っておくけどまどかやなぎさに変な事をしたら」

QB「しないよ。役割だからプレゼントは配るけど魔法少女に勧誘はしない。したいけど、君にこの世界から消滅されてしまってはたまったものではないからね」

ほむら「……分かっているのならいいけど」






  ショートケーキ「あーあ、僕だけ売れ残っちゃった」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
クリスマスともなれば、売れるのはホールケーキが主でしょうし。ショートは分が悪いです。
お一人様ならショートでしょうけど、ケーキ好きな友人は一人でホール食べるし・・・難しいです乙。


1: ◆.WccYU8FEM:2014/12/26(金) 02:00:57.44 ID:XL4EG4YOo

12月26日 3時00分



ショートケーキ「……あーあ、僕だけ売れ残っちゃった」


ショートケーキ「せっかくこんな立派なイチゴを飾ったのに」


ショートケーキ「だれも買ってくれなかった」


ショートケーキ「買われていくのはいつもクリスマス仕様のチョコケーキ」


ショートケーキ「定番のモンブランも早々に売り切れた」


ショートケーキ「こんな普通のショートケーキなんて、今さら見向きもされない」


ショートケーキ「それに聞いちゃったんだよね」


ショートケーキ「ホイップクリームが苦手な人、増えてるって」


ショートケーキ「口にした感触が苦手な人もいるし、脂肪分を気にして食べない人がいるらしい」


ショートケーキ「知ってる?クリームって乳脂肪分が18%以上の事をさすんだってさ」


ショートケーキ「だからなんだって話だよね。糖分の方がべらぼーに高いのにね」


ショートケーキ「……はぁ、誰に話しかけてるんだろうね。誰も来ないのにね」







お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。