Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  ナルト「安価で彼女つくるってばよ!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
これはクソワロタwwww最強クラスな主人公だからこそ出来る展開wwこれはひどいwww
安価では普通に彼女ができるわけ無いだろが体現されたSS。でも良く書ききってくれた乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:32:12.49 ID:KJcta2p80

ナルト「オレってばめちゃめちゃ強くなって里の英雄って呼ばれてんのに」

ナルト「未だに童貞ってちょっと恥ずかしいってばよ……」

ナルト「九尾チャクラモードにもなれるんだ!自信もたねーと!!」

ナルト「って訳だから、彼女つくるためにみんな手を貸してくれってばよ!!」
誰から攻略するってばよ?
①ヒナタ
②サクラ
③イノ
④綱手
⑤シズネ
⑥テンテン

安価>>7





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:34:16.25 ID:87Tx7pDZ0

⑦澤ほまれ




11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:34:43.22 ID:5wbHPP8Q0

ワラタ




13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:35:24.40 ID:9EWFceHn0

ほまれェ…




15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:35:29.78 ID:0FiVSIb10

おいwwwwwww




19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:39:32.79 ID:KJcta2p80

ナルト「澤ほまれ?」

ナルト「確か木ノ葉のサッカー選手で、この間の五大国カップでMVPに輝いた……」

ナルト「あの澤ほまれかっ!?」

ナルト「流石に手が出ないってばよ……」

再安価>>27




27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:45:12.91 ID:1ahLJkXb0

サスケェ




31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:46:01.47 ID:ZzOX9A5+O

アッー




33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 13:55:19.17 ID:nArL81pT0

ナルト「サスケ、か……」

ナルト「あいつはオレの友達で、仲間で、兄弟みたいな存在」

ナルト「だからあいつを絶対に木ノ葉に連れ戻す……」

ナルト「そう、思ってた」

ナルト「けど、サスケを木ノ葉に連れ戻しかった本当の理由は」

ナルト「本当の理由は……」

ナルト「……/////」


ナルト「サスケに俺の気持ちを伝えに行くってばよ!!」




37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 14:01:20.34 ID:nArL81pT0

ナルト「そうと決まれば……」すっ

ナルト「………」シュー

ナルト・仙人モード「サスケのチャクラを見つけるってばよ」パチッ

ナルト・仙人「………」

ナルト・仙人「……んっ」

ナルト・仙人「こっちかっ!」キッ

ナルト・仙人「すげぇでかいチャクラだ……しかも、冷てぇ」

ナルト・仙人「待ってろよ……サスケェ!!」




38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 14:08:26.83 ID:nArL81pT0

暁・隠れ家

白ゼツ「ぎゃあああああああああ!!何でこうなんだ――」どしゅっ

サスケ「ふんっ」

サスケ「……この力、外で試すか」

サスケ「……」すっ

偽マダラ「どこへ行く気だ……?」

サスケ「……」ぴくっ

サスケ「お前で試すか……」

偽マダラ「ククッ……そう、つっかかるな」

偽マダラ「力を試したいなら丁度いい相手がいるぞ」

サスケ「……」




39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 14:19:12.12 ID:nArL81pT0

偽マダラ「忍界大戦が目前に迫っているというのにな、ククッ」

偽マダラ「戦争が待てないのはお前だけじゃないらしい」

サスケ「……誰だ?」

偽マダラ「うずまきナルトだ」

サスケ「……!」

偽マダラ「すぐそこまで来ている……迎えに行ってやれ」

サスケ「……ふんっ」すたすた

偽マダラ「存分に力をふるって来るがいい」

偽マダラ「……」にたっ




43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 14:26:58.60 ID:nArL81pT0

ナルト・仙人「サスケのチャクラ……もう少しだっ」

ナルト・仙人「むっ!」

ボウッ

ナルト・仙人「これは、天照!?」

ナルト・仙人「……っ」ピタッ

ナルト「……やっと会えた」シュー

ナルト「サスケェ!!」

サスケ「………」




46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 14:38:45.03 ID:nArL81pT0

ナルト「サスケ」

サスケ「……最後に会った時のこと覚えてるか?」

ナルト「……ああ」

サスケ「お前を殺し……里の連中も皆殺しにする」

サスケ「今からそれを果たす……」

ナルト「………くれ」

サスケ「あの時よりお前も強くなったんだろ?」

ナルト「……ってくれ」

サスケ「全力で来い……お前のすべてを否定してやる」すっ

ナルト「待ってくれっ!!!」

サスケ「……!」ぴくっ




48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 14:43:58.38 ID:nArL81pT0

サスケ「……何のつもりだ?」

ナルト「頼むから待ってくれ……俺の話を聞いてくれ」

サスケ「……」

ナルト「俺の気持ちを、聞いてくれ」

サスケ「……」

偽マダラ「………」

偽マダラ『今のサスケに何を言っても通じはしないぞ……どうするナルト?』にたっ

ナルト「………」




50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 14:52:03.01 ID:nArL81pT0

ナルト「オレってば前に言ったよな?お前は大切な仲間で、兄弟みたいな存在だって……」

サスケ「……」

ナルト「オレもそう思ってた……そう思ってたから何年もお前のこと想ってこれたんだって」

ナルト「………けど、違った」

サスケ「……」ピクッ

ナルト「そうじゃ、なかったんだ。オレはお前のことを兄弟だとは思ってなかったんだ……」

サスケ「……」

サスケ「今さらテメェにどう思われていようが関係ねぇ……」

ナルト「………」




51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:02:47.30 ID:nArL81pT0

サスケ「………話は終わりか?」

ナルト「オレは逃げてたんだ……自分の本当の気持ちから」

サスケ「………」

ナルト「こんなのは嘘だって、勘違いだって自分に言い聞かせてよ」

サスケ「……もういい、終わりだ」

ナルト「本当の気持ち隠して、サスケを追いかけて……」

ナルト「止められるはずなかったんだよ、こんな気持ちじゃ」

ナルト「逃げちゃいけなかったんだ……」

サスケ「………」

ナルト「けど、もう逃げねぇってばよ!お前を止めるなら俺の本当の気持ちを伝えるべきだと思うから!」




52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:08:42.68 ID:nArL81pT0

サスケ「もういい……」ユラッ

ナルト「まっすぐ自分の言葉は曲げねぇ」

サスケ「死ね!ナルトォ!!!!」だっ

ナルト「それが俺の忍道だからっ!」

サスケ「うぁあああああああああ!!!」

偽マダラ「………」にやっ



ナルト「サスケ……ずっと好きだったってばよ」にっ




54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:14:03.82 ID:nArL81pT0

サスケ「………っ」ピタッ

偽マダラ「何っ!?」

ナルト「……」にっ

サスケ「………な」

サスケ「何言ってやがるこのウスラトンカチがぁ!!」

サスケ「好き?お前が、俺を?はぁ?ふざけてんのか!?あぁ!?」

ナルト「本気だってばよ……素直な、俺の本当の気持ちだ」

サスケ「ぐぅ……」




56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:21:50.00 ID:nArL81pT0

偽マダラ「マズイなサスケのやつ……突然のことで気が動転してる」

偽マダラ「まさかこんな事でサスケが止まるとは……チッ、うずまきナルトめ」

偽マダラ「こんな小細工でっ」

偽マダラ「…………仕方ない、俺が行くか」しゅーん



ナルト「好きなんだ、お前のことが……サスケ」

サスケ「黙れっ」

ナルト「サスケェ」

サスケ「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れぇええええ!!!!」




59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:26:52.63 ID:nArL81pT0

サスケ「テメェ、俺を止めるためにこんな嘘をっ!」

ナルト「違う、嘘じゃないってばよ」

サスケ「嘘じゃない?じゃあテメェはイカレてんのか、あぁ!?」

サスケ「殺し合うって時に告白してきて、しかも男の俺に!」

サスケ「気持ち悪いんだよ……気持ち悪いんだよ、ナルトォ!」キッ

ナルト「……」




60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:37:30.69 ID:nArL81pT0

ナルト「……気持ち悪くていい」

サスケ「あぁ?」

ナルト「気持ち悪くたって、みんなが避けていったって構わねぇ」

ナルト「けど、自分の言葉も、自分の心も曲げたくねぇんだ」

サスケ「……」

ナルト「それに、そういうのは慣れてるからよ……へへ」

サスケ「ちっ、俺は迷惑なんだよウスラトンカチ」

サスケ「…………馬鹿がっ//」

ナルト「へへっ」にっ




58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:23:45.15 ID:qjlwt2jfO

いきなりんな事言われたらビビる
いきなりじゃなくてもマジビビる




62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:42:16.59 ID:wRhOZ8u70

まあおまえらキスしたもんな




64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:44:24.78 ID:lAfe39Ap0

あのキスは伏線だったのかよwwww




66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:54:03.00 ID:1ahLJkXb0

まさかこんなことになるとは




63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:43:29.39 ID:nArL81pT0

偽マダラ「そこまでにしてもらおう」ぐにゃああ

サスケ「……」

ナルト「くっ、マダラかっ!」

偽マダラ「サスケ……何をいつまでも話をしている?」

偽マダラ「イタチの眼を試すいい機会だ」

サスケ「……黙れ」

偽マダラ「まさか、同性に告白されてその気なったわけじゃないだろ?」

サスケ「………あたり前だ」

ナルト「サスケ……」




65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:51:08.43 ID:nArL81pT0

偽マダラ「なら、ささっとうずまきナルトを倒せ」

偽マダラ「九尾はここで手に入れたいからな……」

ナルト「くそっ」

サスケ「……」

ナルト「さ、サスケ?」

サスケ「……」すっ

ナルト「サスケェ!」

サスケ「ナルト……」

サスケ「……」ぼそぼそ

ナルト「……え?」

サスケ『万華鏡写輪眼・天照』キッ




67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 15:58:52.75 ID:nArL81pT0

ナルト「あ、天照………!」

サスケ「………」ツー

偽マダラ「ククッ」にやっ

偽マダラ「…………むっ?」ピクッ

偽マダラ「何だ、あれは……?」

ナルト「うごっ、おえっ、えっ」ずるずる

ナルト「お、おえっ」ずるぅう

カラス「カァー、カー」ばさっ

サスケ「……カラス?」ツー

カラス「カー、カァー」ばさっ

ナルト「このカラスってば、あの時の……」

偽マダラ「……!」




68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 16:05:45.07 ID:nArL81pT0

偽マダラ「この感じは……シスイの眼!」

偽マダラ「ま、まさかっ」

偽マダラ「その眼を見るなサスケェエエエ!!!」キッ

サスケ「……?」じっ

カラス「カァー、カァー」じっ

カラス「カァー、カァー」キ――――ン

カラス「―――――――」キ―――――ン

サスケ「……っ」びくん

サスケ「……うっ」がくんっ

偽マダラ「ちぃっ!遅かった……!」




71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 16:14:09.33 ID:nArL81pT0

ナルト「サスケ!?どうしたんだってばよ、サスケェ!!」ユサユサ

サスケ「うっ……」

ナルト「サスケェ!」

偽マダラ(シスイの眼……あれだけ探しても見つからなかった眼がなぜナルトの体内にっ)

偽マダラ(…………イタチ、か)

偽マダラ(まさか、ここまで計算していたとはな……侮っていた)

偽マダラ(シスイの眼は厄介だ。あの眼には逆らえない)

偽マダラ(そして、その眼を保管していたのがイタチなら、このサスケは恐らく……)

偽マダラ(……ちっ)




72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 16:20:33.02 ID:nArL81pT0

偽マダラ(勿体ないが……サスケは始末し、眼は回収するか)

ナルト「サスケ、サスケェ!!」

サスケ「………」

偽マダラ「……」

ナルト「おい、返事しろってばよ!サスケェ!」

偽マダラ「……」ニヤァ

偽マダラ「……死ね」スッ

ナルト「しまっ――――!」



サスケ「下がってろ、ナルト」




79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 16:34:11.54 ID:nArL81pT0

ナルト「サスケ!?」

サスケ『須 佐 能 乎 !!!』ゴウゥウウウウ

偽マダラ「ちっ、イタチの力が加わった須佐能乎か……!」

偽マダラ「あの、剣はマズイな」

サスケ「オォオオオオオオオオオオオオオ!!!!」

須佐能乎『――――――――』ドゴォオオオオオ

ナルト「す、すげぇ………」

サスケ「……」キッ

偽マダラ「……」スゥウウウ

偽マダラ「……厄介なやつだ」




82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 16:44:29.93 ID:nArL81pT0

偽マダラ(やはり、俺と敵対するように仕組まれたか……)

偽マダラ(しかも、術にかけられたという意識もない……イタチめ)

サスケ「どうした?来ないのか?」

偽マダラ「………ここは引くとしよう。俺の計画を大幅に変更しなければならんしな」

サスケ「逃がすと思うか?」

偽マダラ「今のお前では俺を倒すのは不可能だ」

偽マダラ「せいぜい力をつけるといい……万華鏡写輪眼のその先まで」

サスケ「その、先だと?」

偽マダラ「いずれ、お前の眼も頂くとしよう……またな」しゅうううううう

ナルト「ま、待てってばよ!おいっ!!」

偽マダラ(うずまき、ナルト……か)




83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 16:51:08.84 ID:nArL81pT0

ナルト「き、消えちまった……」

サスケ「……ちっ」くるっ

ナルト「あ、おいっ、どこ行くんだってばよ!?」

サスケ「……」

ナルト「お、俺を助けてくれたってことは木ノ葉に戻って来てくれんだろ!?」

ナルト「お前だっていつマダラに狙われるかわかんねぇし、一緒に里に帰ったほうが安全だってばよ!」

サスケ「……」

ナルト「サスケェ!」




86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:01:00.79 ID:OF5+u1QG0

サスケ「……里には戻らない」

ナルト「どうしてっ!?」

サスケ「お前も知っているはずだ。八尾強襲に五影会談での影および鉄の国の侍との戦闘」

サスケ「今の俺は各国でも犯罪者だ……そんな俺が里に帰る訳にはいかない」

ナルト「………」

ナルト「で、でも綱手のバァちゃんなら……」

サスケ「………」

ナルト「………くっ」




88:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:06:52.92 ID:OF5+u1QG0

サスケ「俺は暁を追う……」

サスケ「奴らのアジトはある程度知っているからな」

ナルト「………」

サスケ「戦争が始まったら俺は木ノ葉の里、及び他国側につく」

サスケ「………俺の復讐は、もう終わりだ」

ナルト「……」

サスケ「じゃあ、俺はもう行く。今日のことは火影の耳には入れておけ」すたすた

ナルト「………待てよ」




92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:13:42.90 ID:OF5+u1QG0

サスケ「……」

ナルト「また、行っちまうのかよ」

ナルト「やっと、また、昔みたい戻れるのに」うるっ

ナルト「やっと、オレの気持ち、伝えたのに、またっ!」うるうる

ナルト「どっか、行っちまうのかよぉ!」

ナルト「さっきの、返事だって……まだ、もらってねぇのによぉ!」

サスケ「……」

サスケ「返事なら、もうしただろうがこのウスラトンカチ」

ナルト「へ?」




94:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:20:56.34 ID:OF5+u1QG0

サスケ「……」シュン

ナルト(え、消え――?)


―――チュ

ナルト「……あ」

サスケ「言ったろうが!」

サスケ「俺も好きだったって、言ったろうがこのウスラトンカチ////」

ナルト「……あ、あの時か」


サスケ『………』ぼそぼそ

サスケ「ちっ////」

ナルト「へ、へへっ////」




95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:21:25.60 ID:ifM54OLe0

\\ > ゛             く
\  >-         |/_|ハ  )    く   ホ  す
  \レ'|/--‐一──|/ヽ::::::::::::::く    れ  モ  ま
    '| j@~     :::::゚},!:::::::::::::::::ヽ  っ  以  な
`ヽ、  |_______゚'} :_:::_:::ノ   て  外  い
     |__,,..‐ ャー--_ニゞレ'|/,rく   ば  は
``''ー- ゝ、'l   ゙̄´彑,ヾ   レ'! ,ヘ.)  よ  帰
      ゙ソ   """"´`     〉 L_  !   っ
      /        ‐-‐- ,  /|     て    r
≡=- 〈´ ,,.._      二二 't-'゙ | ,へ     ,r┘
,、yx=''" `ー{゙ _, -、    ;  l \|レ'\|ヽヽr、⌒ヽ'
        ゙、`--─゙      /!       \|、
  _,,、-     ゙、 ー''    / ;           `、
-''"_,,、-''"    ゙、    /;;' ,'  /         、\
-''"    /   `ー─''ぐ;;;;' ,'  ノ          ヽ `ヽ、
   //    /     ヾ_、=ニ゙、、,,_
///   //    ,、-'´
//    // /  /




98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:25:08.33 ID:Q7HrjAgWO

>>95
やめろ




99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:25:22.74 ID:WP0H5aQ60

>>95
やめろwwwwwwwwwwwwwwww




100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:25:26.30 ID:qJkxEFB50

サスケェ…




165:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:03:31.02 ID:37uiuw4M0

ホモルートが意外にちゃんとストーリーあって驚いた




101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:26:06.12 ID:OF5+u1QG0

ナルト「こうして俺はサスケという彼氏?ができたんだってばよ!」

ナルト「>>27ありがとだってばよ!!」

ナルト「………」

ナルト「だけど、俺、彼女をつくる気だったような」


彼女作りに再挑戦?>>105




105:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:27:18.31 ID:UCDeq8WO0

もうちっとだけ続くんじゃ




108:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:33:10.55 ID:/kbJgUv30

安価下とか付けろかす




111:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:40:03.07 ID:/kbJgUv30

再安価




113:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:42:16.72 ID:e+fYiLdi0

安価が女キャラでもサスケェルートのように真面目に書いてくれるのだろうか




114:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:47:26.46 ID:3IAaK0/C0

>>113
むしろ俺は女キャラで書きたかったよ!!
サスケなんて予想外だ




115:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:48:19.74 ID:K7kMC+7A0

いいから安価を出すのだ




118:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:51:11.22 ID:3IAaK0/C0

イタチ「サスケ、これで最後だ」こつっ


ナルト「みんな!彼女だからな、彼女!」

ナルト「女なら他国でもいいってばよ!」

再安価>>121




121:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:52:29.94 ID:K7kMC+7A0

ハナビ




164:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:01:59.40 ID:6Baje0yzO

ハナビって幼女じゃねーか




125:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 17:57:29.71 ID:3IAaK0/C0

ナルト「ハナビ……?」

ナルト「そう言えば日向にそんな名前のやつがいるって前にヒナタが……」

ナルト「よしっ、ハナビを攻略するってばよ!」

ナルト「まずはヒナタかネジにハナビの情報を聞き出すか!」

どっちに聞くってばよ?
>>132




132:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:06:59.36 ID:Q7HrjAgWO

ヒナタ




135:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:17:48.69 ID:3IAaK0/C0

ナルト「うっし、ヒナタに聞くってばよ!」

ナルト「まずはヒナタを探さねーとな……こっちか!」たったったっ


ヒナタ「………」とたとた

ナルト「おおーい、ヒナター!」

ヒナタ「へっ!?な、ナルトくん!?」ビクッ

ナルト「探したってばよヒナタ!」

ヒナタ「え?ナルトくんが、わ、私を?えっと、ど、ど、どうしたの?////」




144:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:31:37.48 ID:3IAaK0/C0

ナルト「ああ、お前に聞きたいことがあったんだってばよ!」

ヒナタ「な、何かな?なんでも、聞いていいよ?////」

ナルト「サンキュー、ヒナタ!じゃあ、さっそくだけどハナビのこと教えてくれってばよ!」

ヒナタ「……////」

ヒナタ「……え?」

ヒナタ「ど、どうして、は、ハナビのことを?」あたふた

ナルト「えっとその……な、仲良くなりたいなぁって思ってよ!へへっ」




147:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:38:04.18 ID:3IAaK0/C0

ナルト「べ、別に付き合いたいとか、そんな気全然ないってばよ!」

ヒナタ「そ、そっか」ずきっ

ヒナタ「……」ずきずき

ヒナタ(ナルトくん、もしかしてハナビに気があるのかな?)

ヒナタ(ハナビのこと、好き、とか………)

ヒナタ「……」ずきずき

ナルト「おーい、ヒナタ?どうした、急に固まって?」

ヒナタ「う、ううん!大丈夫、気にしないで」

ヒナタ「えっと、ハナビのことだよね?」

ナルト「あ、ああ」




150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:45:57.83 ID:3IAaK0/C0

ヒナタ「ハナビはいい子だよ。私より年下だけど私なんかよりしっかりしてて」

ヒナタ「術のセンスもキレも私よりも上で」

ヒナタ「私より、ずっと強い子……」

ヒナタ「お父様もハナビには期待してるみたい」にこっ

ナルト「……ヒナタ」

ヒナタ「うん、私はダメだね……本当。ハナビのほうが全然すごい」

ナルト「………」




153:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:50:32.97 ID:3IAaK0/C0

ヒナタ「ハナビのことわかってくれた?」

ナルト「……ああ」

ヒナタ「よかった……」にこっ

ナルト(………よく、ねーだろ)

ナルト(そんな辛そうな笑顔しやがって)

ナルト(何かヒナタを勇気づける言葉かけてやりたい……!)

ナルト(頼むってばよ>>160)




160:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:54:16.82 ID:yG9coO5/0

ガンバレってばよwwwwwwwww
おぬしはやれるでござるwwwwwwwww




162:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 18:56:16.11 ID:3CN4TLeo0

>>160おぬしww




166:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:04:36.63 ID:FuqGNX+b0

>>160
wwwwwwwwww




163:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:01:55.41 ID:b6bwJuhaO

ひでぇww




167:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:04:52.91 ID:3IAaK0/C0

ナルト「ガンバレってばよwwwwwwwww おぬしはやれるでござるwwwwwwwww」

ヒナタ「えっ?」ビクッ

ナルト「じゃあ、オレ行くってばよ!」くるっ

ヒナタ「え、あ、うん また、ね」

ヒナタ「な、何だったのかな、今の……?」


ナルト「うし、ヒナタも元気になったみたいだってばよ!」

ナルト「ヒナタの話だとハナビはいい子みたいだな……けど話だけじゃなぁ、うーん」

ナルト「よしっ、直接会ってみるってばよ!」




171:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:11:40.45 ID:3IAaK0/C0

日向家

ハナビ「やっ、はっ!」びっびっ

ヒアシ「まだだっ!踏み込みが甘い!」がっ

ハナビ「はぁ、はぁ、はぁはぁ」

ヒアシ「もう一度だ、来なさい」

ハナビ「は、はいっ」ぐっ

ヒアシ「……むっ」

ハナビ「はぁ、はぁ……?」

ヒアシ「……少し、休んでいなさい」

ハナビ「は、はい」


ナルト「ここがヒナタやハナビの家か……でっかいな」




174:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:23:37.33 ID:3IAaK0/C0

ナルト「すげー……」

ヒアシ「ナルトくん」

ナルト「いっ!……あ、ヒナタの父ちゃん」びくっ

ヒアシ「久しぶりだね、うちに何か用か?」

ナルト「ええっと」

ヒアシ「ヒナタなら外出中だ……今は私とハナビしかいなくて稽古の最中なんだ」

ナルト「……へぇ」

ナルト(ハナビは今家の中にいる!絶好のチャンスだってばよ!けど、なんて言ってハナビに会うか……)

ナルト(助けてくれってばよ>>180)




180:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:26:52.49 ID:s5tYiBD7i

ネジって何処にいるんだってばよ?
俺は今まで隠してた気持ちを伝えたいんだ。
ネジがどこにいるか教えくれってばよ。




186:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:27:41.86 ID:3CN4TLeo0

>>180

ネジwww




190:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:33:58.99 ID:3IAaK0/C0

ナルト「ネジって何処にいるんだってばよ?
俺は今まで隠してた気持ちを伝えたいんだ
ネジがどこにいるか教えくれってばよ」

ヒアシ「………」

ヒアシ「……ネジに用なら私が呼んであげよう。とりあえず、うちに入りなさい」

ナルト「いいのかっ?サンキューだってばよ!!」

ヒアシ「いや、君にはネジもヒナタも世話になっているからね、さっ」

ナルト「おっじゃましまーす!!」

ナルト(うっし、作戦成功だってばよ!サンキュー>>180)

ヒアシ「………」

ヒアシ「彼は今では里の英雄だ……どんなことであれ彼を貶めてはいかない」

ヒアシ「許せ、ネジよ」




192:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:41:38.97 ID:3IAaK0/C0

ナルト「ハナビは稽古中だったよな……道場はこっちか?」がらっ

ハナビ「っ、何者っ!?」ばっ

ナルト「わっ!お、オレは怪しい者じゃないってばよ!」あたふた

ハナビ「……っ」キッ

ヒアシ「ハナビ、武器を降ろしなさい。彼はネジの……ぉ、ゆ、友人だ」

ハナビ「……そうでしたか、失礼しました」すっ

ナルト「ふぅー、助かったぁ」

ナルト「………」ちらっ

ナルト(この子がハナビか……へへっ、結構可愛い子だってばよ!!)




195:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:48:43.68 ID:3IAaK0/C0

ハナビ「お父様、そろそろ稽古の続きを」

ヒアシ「そうだな。ナルトくん、ネジはもう呼んだからここで待っているといい」

ナルト「ありがとうだってばよ!」

ナルト(って、ネジなんかどうでもいいんだってばよぉ!)

ナルト(俺はハナビに会いにきたのにぃ!)

ハナビ「やぁああああ!!」

ヒアシ「ふんっ」ぐいっ

ハナビ「ぐっ」どてっ

ヒアシ「次っ!」

ハナビ「はいっ!はぁあああああ!!」

ナルト「…………」




197:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:50:46.60 ID:3IAaK0/C0

ナルト(どうにかしてハナビの気を引かないとなぁ)

ナルト(………どうする>>200)




200:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 19:52:41.04 ID:qtiFbYke0

自分の自慢をする




211:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:05:56.04 ID:Q9mgTm620

ナルト「いやぁ、ハナビって結構強いんだな。その年で大したもんだってばよ」

ナルト「……けど」

ハナビ「はぁ、はぁ……?」

ナルト「オレのほうがもっと強いってばよ……!」

ハナビ「……!」

ヒアシ(何を……?)

ナルト「お前じゃペインを倒せねぇもんな」

ハナビ「……」

ナルト「オレってば仙人モードや、チャクラモードを極めてすげぇ強くなったんだぜ?すげぇだろ?」

ナルト「しかもオレの父ちゃんはあの4代目火影!」

ヒアシ「……」




212:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:06:50.01 ID:K7kMC+7A0

これはうざいww




213:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:07:01.55 ID:qqP6LNwI0

おいwwww




214:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:07:07.74 ID:qtiFbYke0

ナルトうぜぇwwww




216:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:09:34.48 ID:3TwG8/gXO

テラウザスwwwwwwwwwww




223:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:31:17.37 ID:Q9mgTm620

ナルト「オレってば第4次忍界大戦でも活躍するんだろうなぁ!」

ハナビ「……」キッ

ヒアシ「ハナビッ……!」

ハナビ「……お父様。ここまで侮辱されては引き下がれません」

ヒアシ「しかしっ」

ハナビ「私の実力が見たい、そう捉えていいですね?」

ナルト「………んじゃ、特別に稽古でもつけてやっか」にっ

ヒアシ「むぅ……!」




228:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:37:23.29 ID:Q9mgTm620

ナルト(上手くいったってばよ!)

ナルト(ハナビは真面目そうだから、さっきみたいな軽いノリは嫌いなはずだってばよ!)

ナルト(これで実力発揮していいトコ見せれば……!ニシシ!)

ナルト(サンキュー>>200!!)


ヒアシ「これはあくまで稽古だ……危険だと判断したら中断する、いいな?」

ナルト「おうっ!」

ハナビ「はい」




229:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:42:49.30 ID:Q9mgTm620

ナルト(さぁて、ハナビ相手にどこまで本気だすか……)

①普通の状態で普通に組手(影分身使用)
②仙人モードで蛙組手(螺旋丸使用)
③九尾チャクラモード(家ぶっ壊しちゃうかもってばよ)

ナルト「ハナビにいいトコ見せねぇとな!けど、やり過ぎはダメだってばよ!>>240」




240:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:46:09.29 ID:yG9coO5/0

3




247:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:47:47.41 ID:hAhLtkMe0

おいwwwwwwっっうぇえええwwwww




248:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:48:55.83 ID:cUGzjb2G0

ひでぇ




249:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:49:36.55 ID:3CN4TLeo0

ヒアシとめられないw




250:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:51:45.44 ID:3TwG8/gXO

ボッコボコwww




251:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:52:33.55 ID:Q9mgTm620

ナルト「………ハナビ」

ハナビ「……?」

ナルト「せっかくの機会だ……オレの全力を見せてやるってばよ」

ハナビ「……!」

ヒアシ「……!」

ナルト「ハァッ!!」ボウッ

ナルト・九尾モード「……」シュー

ヒアシ(こ、この感じ……九尾のチャクラ!?)

ハナビ「……くっ、くぅ」ビクビク

ナルト・九尾「来い……ハナビ!」




252:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:53:56.31 ID:lxpuHob70

ヤメテー




253:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:54:27.26 ID:QjGwNv5zO

ハナビ逃げてえええ




255:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:57:41.45 ID:DHC8BaiV0

なんと言う命がけの稽古・・・




257:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 20:59:30.35 ID:Q9mgTm620

ヒアシ「ま、待て!その状態では組手はさせられない!」

ナルト・九尾「邪魔すんなってばよ」

ハナビ「う、うぅ」ビクビク

ヒアシ「見てわからないのか!レベルが違いすぎる!」

ナルト・九尾「関係ねぇってばよ」すっ

ハナビ「ひっ」ビクッ

ヒアシ「ちぃっ」ぐっ

ヒアシ「柔拳っ!」ずっ

ナルト・九尾「……」どくんっ

ヒアシ「はぁ、はぁ、やった、か……?」




261:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:01:01.53 ID:3CN4TLeo0

稽古になってねぇw




264:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:07:41.77 ID:PwIxAFJQ0

九尾モードのナルトに柔拳なんて当たるわけねぇだろwwww




265:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:08:27.21 ID:Q9mgTm620

ナルト・九尾「邪魔すんなって言ったよな?」ぎろっ

ヒアシ「くっ」

ナルト・九尾「柔拳なんて今さら俺には効かないってばよ……」

ナルト・九尾「ハナビの前にまずはヒナタの父ちゃんから稽古つけるってばよ」すっ

ナルト・九尾「螺旋丸!!」キ―――――ン

ナルト・九尾「うらぁ!!」ぐあっ

ヒアシ「くそっ」

ハナビ「いやぁああああああああ」



「柔拳法・八卦六十四掌」ズズッ




272:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:17:02.93 ID:Q9mgTm620

ナルト・九尾「あ?」

ヒアシ「ネジ!」

ハナビ「ネジ兄様!!」

ヒアシ(いいぞ、ネジならナルトの暴走を止められるやも知れん!!)

ネジ「状況はわからないが、ナルト。お前を止めさせてもらう!」

ネジ「おおっ、八卦ニし――――」

ネジ「ぐぁああああああああああっ!!」ドゴォオオオオオオオン

ハナビ「……え?」

ヒアシ「なっ!?」

ナルト・九尾「螺旋丸……!」




273:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:18:12.08 ID:3CN4TLeo0

ナルト
もう何がしたいんだよ・・・




274:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:18:29.16 ID:N7B/qFMf0

おいwww




277:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:25:11.47 ID:PwIxAFJQ0

止められねぇ・・・サスケェ・・・




278:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:25:22.46 ID:Q9mgTm620

ネジ「」ぴくっぴくぴく

ハナビ「うそ、ネジ兄様が、一撃……?」がくっ

ヒアシ「……くっ」

ヒアシ(まさか、ネジが……!ナルトはネジに気があるはずだから止められると思ったのに……)

ヒアシ(ならやつがここに来た理由は?……いや、それよりまずは)

ヒアシ「……」

ヒアシ「……ハナビ」

ヒアシ「今すぐ逃げなさい……!」

ハナビ「……っ!?」

ヒアシ「私では今のナルトは倒せん……だが、時間稼ぎならできる」

ハナビ「そ、それではお父様がっ」




285:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:32:15.92 ID:Q9mgTm620

ヒアシ「いいから早――――」ズドォオオオオオン

ナルト・九尾「逃がさないってばよ」

ハナビ「あ、あああ、ああぁ」がくがくがくがく

ナルト・九尾「さぁて……組手始めるか」

ハナビ「い、いや、助け、やだ」がくがくがくがく

ナルト・九尾「へへっ」

ハナビ「助け、て、お願い、します、な、何でも、何でもします」がくがくがくがく

ナルト・九尾「………何でも?」ピクッ

ハナビ「は、はいっ、何でもしますから、何でも、だからい、命だけはっ」がくがくがくがく

ナルト・九尾「じゃあ…………」にっ




289:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:34:11.99 ID:Q9mgTm620

ナルト・九尾「オレの彼女になってくれってばよ!」にっ




286:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:33:09.23 ID:3TMwf4qm0

ひでえwww




288:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:34:01.81 ID:PwIxAFJQ0

こいつwwww




293:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:36:44.84 ID:IGM0cIzv0

ひどい脅しだ……




294:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:38:05.36 ID:qtiFbYke0

マジキチスレに変わってた…!!




295:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:38:25.56 ID:EYSuvJdP0

にっ、じゃねーよwwwwwwwwww




297:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:40:05.21 ID:37uiuw4M0

これも修行だったとかごまかすのかとおもったら、まさかの脅迫とはw




298:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:42:24.87 ID:Q9mgTm620

ハナビ「……え?彼、女?」ビクビクッ

ナルト・九尾「ああ、ちょっと恥ずかしいけどよ、お前のこと好きになっちまったんだってばよ!」

ナルト・九尾「オレと付き合ってくれってばよ!」

ハナビ「……っ」ちらっ

ネジ「」

ヒアシ「」

ハナビ「………」ごくり

ハナビ「こ、断ったら……?」びくびく

ナルト・九尾「試してみるか?」

ハナビ「い、いえっ……!」ぞくっ




301:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:44:01.88 ID:3TMwf4qm0

完全に脅してんじゃねえかww




302:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:44:05.56 ID:cUGzjb2G0

ひでぇ奴だなwwww




303:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:44:07.12 ID:fn3dFdkY0

ハナビカワイソス(´; ω ;`)




304:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:44:30.37 ID:N7B/qFMf0

完全に脅迫です




305:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:44:53.91 ID:zTQsHC6J0

これはひどいと久しぶりに思った




306:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:45:31.47 ID:IGM0cIzv0

しかも相手は十歳の少女……




307:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:47:43.26 ID:Q9mgTm620

ハナビ「わ、わかりました、か、彼女に、なります」びくびく

ナルト・九尾「えっ、ホントかっ!?」

ハナビ「……は、はい」びくびく

ナルト・九尾「いっっっやったぁああああああああああああああ!!!!」

ナルト・九尾「初彼女だってばよ!!やった、やったってばよぉお!!」

ハナビ「うっ、うぅうう、ぐすっ」ぺたん

ナルト・九尾「あぁ、父ちゃんや母ちゃんにも彼女を紹介したかったってばよ、へへっ」




309:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:50:20.29 ID:KA84lT2h0

だめだwwww
もう本作読めねぇwwww




310:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:50:30.07 ID:3TMwf4qm0

屑すぎるww




312:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:50:59.57 ID:qWKTw7/V0

まさかこうNARUTOは思わなかった…




314:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:53:43.97 ID:Q9mgTm620

ナルト「というわけでちょっと暴走しちまったけど彼女できたってばよ!」

ナルト「協力してくれたみんなサンキュー!」

ナルト「また機会があったらよろしく頼むってばよ!」

ナルト「じゃあな!」ぐっ




315:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:54:03.52 ID:cUGzjb2G0

は?




316:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:54:07.21 ID:nH6xnepG0

え?




331:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 21:57:57.55 ID:qtiFbYke0

なんだこれ?なんだこれ!?




337:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 22:02:41.64 ID:KA84lT2h0

続きを書け下さい




339:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 22:03:27.23 ID:Q9mgTm620

明日朝早いからこれで終わりで

また機会があったら似たようなスレタイで書くよ

次、安価とる人は指定したヒロインで頼む……

ここまで付き合ってくれてありがと!




340:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 22:03:54.00 ID:zLbZGSyA0

ハナビちゃんが恐怖で失禁する姿を見れなかったのは残念だ




342:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 22:05:06.44 ID:6Baje0yzO


楽しみにしてる




343:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/14(月) 22:05:45.08 ID:K7kMC+7A0

お疲れ様
ハナビみたいなマイナーなキャラでよくかけたと思う








  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2011/11/14 01:01 ] SS:その他 評価:【A】 | TB(0) | CM(2)
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/17 17:24 ] [ 編集 ]
流石だな
やはり俺だけじゃなかったか、失禁マニアは(キリッ

サスケェとのやりとりといい脇役のハナビとのやりとりといい、こいつは原作をよく読んでるのぅ
違和感が無かったってばよ!
[ 2012/10/06 06:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。