Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  魔王「女ってことがバレちゃったよ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
どこの世界でも魔王様ってのは威厳が大事なんですね。やっぱり厳つい感じでないと。
イメージ的にはサモンナイト3のファリエルみたいな。性格や行動は違うけど乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:57:11.00 ID:PyAq6MGM0

魔王「クフフ……美味だ」

部下「取れたての新鮮な人肉でございます」

魔王「しかし量が足りぬな。もっと持って参れ」

部下「ハッ!」

魔王「クフフ……」

バン!

部下「魔王様!城内に町民と見られる人間が侵入して参りました!」

魔王「なに?チッ、警備の者は何をやって……まあいい。丁度食後の運動をしたかったところだ」

魔王「私が出よう」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:03:35.03 ID:PyAq6MGM0

ザッ!

魔王「控えろ愚民ども!!」

「あ、あれが魔王!?」「なんて強そうなんだ」「あの装備は何だ!?」

魔王「私は今気分が良い。今なら命だけなら見逃してやらんこともないぞ」

町民「ふざけんな!うちの村、何人がてめえのエサになったと思ってんだ!」

魔王「ふん。貴様は今までに食べた飯粒の数を覚えているか?」

町民「この野郎……!みんな、かかれェーッ!!」

魔王「一分、いや三十秒だな」

ザクッ!グサッ!ギャシュ!

町民「ぐああーっ!」

魔王「他愛もない……。部下ども、きちんと食料室まで運んでおけよ」





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:07:00.84 ID:PyAq6MGM0

魔王「ふう。疲れてはいないが、汗をかいてしまった」

魔王「私は今からシャワーを浴びる。誰も入ってくるでないぞ」

部下「ハッ!了解しました!」

ガチャッ!

魔王「…………」

魔王「あー、つかれたぁ……。よっこらせ」

ガシャン、ガシャン

魔王「装備めっちゃ重いし……女だと舐められるから、わざと重装備にしたんだけど失敗かなあ」

魔王「でも今更バラすことなんて出来ないよね。魔王だし」

魔王「……シャワー浴びちゃおっ」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:13:27.42 ID:PyAq6MGM0

魔王「ふんふふ~ん♪」

魔王「泡風呂~!くらえ泡光線ーっ」

魔王「あはははっ!ぎゃあ~」

魔王「よーし今度はすぺしゃる泡ミサイルを」

コンコン!

魔王「あおうッ!!」

部下「魔王様!」

魔王「…………なんだ!私は今入浴中だぞ」

部下「申し訳ございません。しかし、どうやらあの騒ぎは陽動だったらしく、町民の一人が城内へ侵入している模様です」

魔王「なに……?フン、ネズミ一匹。放っておいても問題ないだろう」

部下「ですが万が一に備えて、魔王様のお部屋も警備の増強を……」

魔王「いらんいらん!ネズミ一匹殺せぬようで何が魔王だ。私のことは心配せず、とっととひっ捕らえてこい!」

部下「ハッ!了解しました!」

魔王「……もお。せっかく楽しんでたのにぃ」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:19:40.39 ID:PyAq6MGM0

魔王「でも町民もよくやるよなあー。死ぬって分かるでしょフツー」

魔王「たっく命知らずはこれだから……」

ドン!

魔王「んぁ?」

町民「ついに突き止めたぞ魔王部屋!出て来い、諸悪の原因よ!!」

魔王「げっ、まじかよ。あいつら何やって……」

町民「っ!?な、何故こんなところにネ果の娘が……!貴様、もしや囚われて」

魔王「わわ!こっち見んな変態!まおうキック!」

町民「げぷやぁッ!!」

魔王「ふう。この魔王の肉体が見れるとは運の良いやつめ……」

部下「いたぞ!!侵入者だ!!」

魔王「んあ?」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:23:40.91 ID:PyAq6MGM0

魔王「侵入者なら私が倒して……」

部下「早く取り囲め!魔王様の安否を確かめるんだ!!」

魔王「わっ、何で私を囲むんだよ!服、服着させろ!」

部下「魔王様の姿がないぞ!!」

部下「貴様ァ!魔王様をどこにやった!!」

魔王「魔王ならここにいるわ!早く服――」

魔王(っ!そっか、この姿だと私がわからないのか!)

魔王「み、皆の者、一度下がれ!」

部下「黙れ暴君めが!一糸纏わぬ身とは舐められたものよ!」

魔王「わ、こっち見んなよ変態!」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:27:57.52 ID:PyAq6MGM0

部下「さて、もう逃げ場はないぞ。大人しく魔王様の居場所を吐け」

魔王「だから魔王は私だっつに……頼むから服だけでも着させてよ」

部下「娘の分際で何を申すか!その命今に終わらせてくれる!」

魔王「やば……」

魔王(さすがにこの人数で装備無しはキツイ……ど、どうしよ)

部下「かかれェ!!」

魔王「くっそ、魔王チョップ!」

部下「ぐひ!」

魔王(ひとまず撤退しかないっ!)

部下「!窓から飛び降りたぞ!追え、追ええ!」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:31:28.84 ID:PyAq6MGM0

魔王「いっててて……部屋が四階なの忘れてた」

魔王「どーしよ。城はお祭り騒ぎだし、しばらくは近づけないよなぁ……」

魔王「てか私ネ果。こんなの見られたくない」

魔王「どうしよどうしよ!寒いし!外出たから体汚れちゃったし!」

部下「いたぞ!あそこだ!」

部下「侵入者め、覚悟しろォ!!」

魔王「わわ、もう見つかっちった……!」

部下「逃げるな!観念しろ!!」

魔王「ひい、服欲しいよぉ……」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:36:11.58 ID:PyAq6MGM0

タタタタッ!ザッザッザッ!

魔王「はあ。はあ。とりあえずあそこに身を隠すか」

部下「……!チッ、見失ったか。探せ、この辺りにいるはずだ!」

魔王「…………」

部下「魔王様の居場所を何としても吐かせるのだ!!」

魔王「……だから魔王は私だってのぉ……ああ、寒い」

魔王「へっ……へっくしょーん!!」

部下「いたぞ、あそこだ!」

魔王「うわっ、何故バレた!?やば!」

部下「もう逃げられんぞ!くらえ――グハッ!?」

魔王「……え?」

勇者「よってたかって女の子相手に武器向けんなっつの。大丈夫か?」

魔王「あ……はい」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:38:41.34 ID:PyAq6MGM0

魔王(え、こいつもしかして……)

勇者「みんな!この娘を守るぞ!」

魔法使い「ええ!」

戦士「おうよ!」

賢者「了解ですっ!」

ザシュッ、ガキンッ!

部下「ぐああああああ」

魔王(勇者御一行……!?)





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:40:47.84 ID:PyAq6MGM0

勇者「ふう……怪我、してねえか?」

魔王「え、あ……おう」

魔王(どうしよ……でもま、私が魔王なんて分かるはずないし)

魔王「フン。一応礼を言っておこうか」

勇者「ああ。……でさ、」

魔王「?」

勇者「その……とりあえず、服。着たほうがいいんじゃねーか」

魔王「わわぁっ!!」





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:44:38.40 ID:PyAq6MGM0

村・宿舎

賢者「でも良かったんですか?魔王城に向かう途中だったのでは……」

勇者「女の子をあのままにしてらんねーだろ。仕方ないさ」

魔法使い「そんなこと言って、魔王にビビッてたんじゃないの~?」

戦士「はは!勇者は臆病者だな!」

勇者「アホか……お、上がったみたいだな」

魔王「え……あ」

魔法使い「湯加減どうだった?この温泉結構有名なんだよー」

魔王「ふ、ふん。悪くはなかったな」

魔王「…………」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:49:09.69 ID:PyAq6MGM0

魔法使い「にしても可愛いね~!どこ出身?可愛いもの好きの賢者にはたまらないでしょ~」

賢者「え、あ……はい」

魔王「!?」

勇者「おいやめろって。困ってんじゃんか」

魔法使い「なによー。この娘のネ果見たやつが気取ってんじゃないわよぉ」

勇者「ふ、不可抗力だ」

戦士「ははは!ネ果ならいくらでもワシが見せてやるぞ!」

賢者「ちょっ、戦士さん脱ぎ始めないでください!」

魔王「…………」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:53:46.24 ID:PyAq6MGM0

魔王「おい、主ら」

勇者「うん?」

魔王「主らは……勇者一行で、間違いないのよな?」

勇者「ああ。そうだぜ」

魔王「フン。そうか」

魔王(やっぱそうなのかぁ……。ど、どうしたらいいんだろ。油断しているうちに倒す?)

魔法使い「やーん、何でそんな仏頂面なのー?ほら笑顔笑顔~!」

魔王「ぬ、ぐ……」

勇者「おい魔法使い!」

戦士「ガハハハ!パ●ツを穿き忘れた!」

賢者「もうっ、やめてください戦士さん!」

魔王(……四対一だし、まだいいよね……)





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:57:41.33 ID:PyAq6MGM0



魔王「はあ……やっと外に出てこられた」

魔王「にしてもどうしよ……。今城に向かったところで、部屋に入れなければ意味ないし」

魔王「最悪味方に殺されるかもしれんのよなあ」

魔王「……いやでも、もし勇者たちの首を持っていけば、すんなりいくのではないか……?」

魔王「そうだ。それがいい。今やつらは寝ているし、私なら音を立てずに」

勇者「よっ。こんなところで何やってんだ?」

魔王「わああ!!」

勇者「うわあっ!?」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:01:42.47 ID:PyAq6MGM0

勇者「どうしたんだよいきなり……びっくりした」

魔王「そ、そっちが急に話しかけるから!」

勇者「くすっ」

魔王「……?」

勇者「ああいや、やっと砕けた話し方になったなあって。今まで無理してたからよ」

魔王「む、無理などしておらんわ。こっちが素である」

勇者「そうかあ?俺はさっきの方が好きだけど」

魔王「!き、貴様の好みなど関係ないわ!」

勇者「あはは。ま、元気そうでよかったぜ」

勇者「一人でこんなとこいるから、落ち込んでるのかと思ってさ」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:05:26.79 ID:PyAq6MGM0

魔王「別に……」

勇者「そっか」

魔王「……な、何故隣に座る」

勇者「ん? 駄目か?」

魔王「だ、だめじゃないけど……フン。まあよいわ」

勇者「…………」

魔王「……お主ら、魔王城に向かう途中だと行ったな」

勇者「え?ああ」

魔王「やめておけ。返り討ちにあうのがオチだ」

勇者「…………」

魔王「あの城の魔物は特別強い。命を捨ててまで向かうところではなかろう」

勇者「……そういうわけにもいかねーよ」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:10:12.79 ID:PyAq6MGM0

勇者「ここの村。最初は百人くらいいたんだ」

魔王「?」

勇者「それがさ、日に日に減って行って、今じゃ二十人もいない」

勇者「俺が向かうのを止めるってのは、つまり、その二十人を見殺しにするってことだ」

勇者「んなことはできねー。絶対にな」

魔王「…………人を殺す奴らが、憎いということか?」

勇者「憎い? あー、ま、そうだな」

魔王「フン。しかし主らも、あちらからしてみれば同じことだろう。同胞を殺されてるのには変わりない」

勇者「殺してなんかいねーよ」

魔王「え?」

勇者「動けなくするだけだ。命まで取りはしねえ。そんなことしたら魔王と一緒だからよ」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:15:45.43 ID:PyAq6MGM0

魔王「フンッ。戯言だな。たとえ貴様がそんなマネをして、村人を救おうとも、それは一時的な終戦に過ぎない」

魔王「魔王を殺したところで次の魔王が生まれ、そして貴様が命を奪わなかった輩は再び武器を取り戦う」

魔王「同じだ。いたちごっこを悠々とやるに過ぎん」

勇者「……俺は殺さない」

魔王「?」

勇者「俺は魔王を殺さない。魔王と話して、そして魔物を解放してもらうんだ」

魔王「なッ……」

勇者「もう戦うのは止めよう。人と争うのは止めようってな」

魔王「…………そんなの、無理に決まってる」

勇者「でもそうしなきゃ、お前の言った通り何も変わらねえ。そうだろ?」

魔王「…………」

勇者「っと、そろそろ寝ないとな。お前も早く戻れよ?風邪引くぞ」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:24:16.29 ID:PyAq6MGM0



戦士「ぐはぁー、よく寝た!体力満タンだぜえ」

魔法使い「いよいよだね。道具もばっちし!」

賢者「あれ、そういえば昨日の女の子はどこに行ったのでしょうか……?」

勇者「あ、そういや……」

勇者(アイツ……)

魔王「おい!」

勇者「おわっ、びっくりした。いたのか」

魔王「私も魔王城へ連れて行ってもらおうか!」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:28:02.00 ID:PyAq6MGM0

勇者「は?」

魔王「だから、私も魔王城までお供すると言っているのだ!」

賢者「え……でも、それは」

魔法使い「そうよ。これは遊びじゃないんだから、そもそも誰のためにここまで戻って来たと思ってんの」

魔王「フン。しかし戦力が増えるに越したことはないはずだが?」

戦士「オイオイー。娘一人増えたところで足手まといになるだけだぜー?」

魔王「ほう。ならば試してみるか……?」

戦士「はん。ガキだからってワシは容赦せんぞ」

勇者「やめろ、戦士!」

戦士「しかしのう!」

勇者「相手は、俺がする」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:31:04.41 ID:PyAq6MGM0

勇者「どちらかが参ったと言うか、気絶した時点で負けだ」

魔王「ふん、ぬるいな。よいぞ、かかってこい」

勇者「……いくぞ!」

ガシャン!

魔王「遅い」

勇者「ッ!」

魔王「くらえ魔王……じゃなかった。普通のキック!」

ゲシィ!

勇者「ぐはッ!?」

魔法使い「勇者ぁ!」

勇者「く……っそ!」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:34:08.96 ID:PyAq6MGM0

魔王「本気でかかってこないか。私はただの娘じゃない」

勇者「……そう、みてえだなァ!」

魔王「っ!」

勇者「悪いがお前はここでお留守番だ!」

魔王「遅いと言っておろう!」

勇者「おわっ!?」

魔王「ハッ!」

カキィン!

賢者「勇者さんの剣が!」

魔王「……ふん、勝負あったな」

魔王(普段の装備をしていないおかげで、体がめっちゃ軽いわ)

勇者「お前、一体……」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:37:55.14 ID:PyAq6MGM0

勇者「いや、分かった。俺の負けだ。お前を連れて行くよ」

魔王「ふん」

戦士「なぬぃ?そんなに強いならばワシとも手合わせ」

勇者「やめろ。俺の実力はお前も分かってるだろう。味方同士体力を削りあう必要はない」

戦士「ぐぬぬ……」

魔法使い「まさかあの女の子がこんなに強いなんて」

賢者「驚きです……」

勇者「だけど仲間にするには一つだけ条件がある!」

魔王(別に仲間じゃなくてもでいいのに……)

勇者「仲間ってのは、信頼し合うものだ。お前の話し方にはどうも壁を感じるから、素のままでいてもらう」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:40:47.33 ID:PyAq6MGM0

魔王「は!?」

魔法使い「たしかにどーも固いのよねえ。こんなに可愛いのに」

戦士「確かにその年代の娘とは思えんのう」

魔王「ま、待て!ふざけるな勝負は私が勝ったのだぞ!」

勇者「でもそうしなきゃ、お前のことをみんなは信頼できない。一緒に戦えない」

勇者「仲間ってのは、命を預けあうもんなんだ」

魔王「…………」

魔王「わかったよ。ど、努力はする」

賢者「これで本当の仲間ですねぇ~」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:44:56.08 ID:PyAq6MGM0

道中

勇者「魔物が出たぞ!みんな戦闘準備!」

魔王(このまま城へと潜入して、上手い具合に部屋へ入ろう)

魔法使い「くらえ!サンダー!」

魔王(そして装備を着れば元通りだ。そう、こいつらは利用するだけ……)

『俺は魔王を殺さない。魔王と話して、そして魔物を解放してもらうんだ』

魔王(……利用するだけだ)

勇者「おい!そっちいったぞ!」

魔王「え?わっ、あぶね!」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:48:03.31 ID:PyAq6MGM0

魔王城

勇者「ついに到着したな」

賢者「回復薬も減っちゃいましたねえ」

魔法使い「でもいつもよりかは減り遅くない?この子がいたおかげかも」

魔王「ふん。まあ私の力は」

魔法使い「ほら固くなってるぅ~!」

魔王「む、ぐ……わ、私はそこそこ強いからぁ」

賢者「あははっ」

勇者「みんなそろそろ行くぞ!気を引き締めろ!」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:52:28.33 ID:PyAq6MGM0

勇者「くっ、なんつー魔物の数だ」

魔法使い「レベルも相当だよ……」

戦士「なんのこれしき!」

賢者「みなさん気をつけてください!」

魔王(そろそろいいかな……)

魔王「あの、私ここで一旦別れるね」

勇者「っ、何言ってんだよ!?」

魔王「あ~ええと、私こう見えてもスパイが得意で!あっという間に魔王の部屋を探せると思うの!」

勇者「でも危険すぎる――」

魔法使い「いーんじゃない?このまま戦っても辿り着く前にやられそうだし。それに彼女、ぶっちゃけこの中じゃ一番強いじゃん」

賢者「勇者さんも怪我が……」

勇者「っ……」

魔王「決まりだね。それじゃ、任せといて!」





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:55:00.02 ID:PyAq6MGM0

魔王「……よっし、作戦通り」

魔王「さて、さっさと戻って装備しなおさないと」

魔王「ここの階段を上がって……」

部下「ちっ、勇者の連中め、ちょこざいな!」

魔王「わわ!あぶね……よし、行ったね」

魔王「ここの角を曲がれば……」

魔王「あった。私の部屋!えへへ、案外早く戻れたじゃん」

ガチャ

魔王「ん?」

魔王「え?」





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 17:56:58.27 ID:PyAq6MGM0

魔王「…………は?」

魔王「きっ、貴様誰だ!!」

魔王(あ、あれ?私の部屋に私が……ってんん!?)

魔王「ちょ、あんた!人の装備勝手につけて何やってんの!」

魔王「何を言っている!これは俺の装備だ!貴様こそ魔王に何の用だ!!」

魔王「いや私が魔王だっつーの!」

魔王「どう見ても俺が魔王だろうが!!」





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:00:34.82 ID:PyAq6MGM0

魔王(ふざけんなよ~~~!何で知らないやつが装備つけて、魔王気取ってんのさ!)

魔王「くっそ……偽魔王、悪いけどそれ返してもらうよ」

魔王「誰が偽だ。ふん、小娘、やれるものなら……ん?貴様どこかで見覚えが……」

魔王「問答無用!ハアッ!」

ガシンッ!

魔王「いたッ!かたッ!」

魔王「フハハハ!この最強装備に素手で挑もうとは良い度胸よ!」

魔王「ぐああ……こりゃ結構手ごわいぞぉ」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:03:39.56 ID:cBJNxm3y0

どれが誰なんや……





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:01:54.52 ID:rTS83RQJ0

どっちの魔王ショウ





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:05:33.49 ID:bLWGRHra0

三宅さんがんばって!





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:09:51.05 ID:PyAq6MGM0

勇者一行

魔法使い「うらあ!」

戦士「おんら!!」

賢者「はいッ!」

勇者「…………」

魔法使い「ちょっと勇者!さっきから何腑抜けてんのよ!」

勇者「え……ふ、腑抜けてなんかいねえよ!」

戦士「気になるんか?あの娘のこと」

勇者「っ……」

魔法使い「…………ばかね。ほら、さっさと行きなさいよ」

勇者「え?」

魔法使い「アンタみたいな腑抜け、いてもいなくても変わらないっつってんの!早くあの娘を追いなさいよ!」

戦士「ここは任しときぃっ!」

賢者「勇者さん頑張ってきてください!」

勇者「ッ……みんな、ありがとう。絶対に死なないでくれよ!!」





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:10:57.73 ID:PyAq6MGM0

魔王「ふんっ、やあ!」

魔王「クフ。小娘よ、馬鹿にしておるのか?」

魔王「むぐ~!!」

魔王(だめだ、やっぱ装備なしじゃ相手になんない!だれよこんな無茶苦茶な装備作ったの!)

魔王「隙ありッ!」

魔王「わあっ!」

魔王「フハハハ!弱い娘だ!相手にならん!」

魔王「こ、このぉ……」

魔王「まだ立ち上がる気か?ホレッ」

魔王「きゃあっ!!う、ぐぐ……」

魔王「ハハ!最強とは最高の気分だ!!」

魔王「くっそ……」





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:17:10.10 ID:PyAq6MGM0

魔王「強いということがこんなに素晴らしいことだとはな。知らなかった」

魔王「ついつい人間を殺すのにも躊躇いが失せてしまったよ。あまりに脆い」

魔王「魔王がこんな気分だとは思いもよらなかった!!」

魔王(くう……)

魔王「人を殺し続ければ世界すらも手に入れられる!フハハ!強さはこのためにあるのだ!!」

魔王(それは……違う)

ドンッ!

勇者「それは違う!!」

魔王「ッ!?」

勇者「力っていうのは、誰かを守るためにあるんだ!人を殺め続けるなんて馬鹿げている!そんなの本物じゃない!」

勇者「お前もその仮面を脱いで、本当の自分を見せろ!!」

ガシュッ!





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:20:14.82 ID:PyAq6MGM0

町民「なっ……!」

魔王「え!?」

勇者「あんたは……人間?」

町民「ク、クフ、ハハハハハッ!!」

魔王(あいつは確か……!)

勇者「おい、大丈夫か。下がってろ」

魔王「え、うん……」

町民「よく来たな勇者ァ!」

勇者「ッ。あんたが魔王……なのか?」





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:26:49.02 ID:PyAq6MGM0

町民「いいや、俺はお前の想像通りただの町民。人間だ」

勇者「それが何故こんなところに!」

町民「ハッ。この際そんなことは問題じゃないんだ……。俺は力を手にして知ったよ」

町民「強者こそがこの世界を治めるのだと!」

勇者「なに?」

町民「勇者……お前は何の目的を持ってここに来た?」

勇者「魔王を説得して……戦いを止めてもらう」

町民「ハッ!馬鹿げているなあ!そんなことは無理に決まっている!」

勇者「なんだと?」

町民「俺の町の人間、ほとんどが魔王に食われた!!」





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:29:40.35 ID:wZjqWCA30

ただのおっさんだろwww





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:30:13.53 ID:mlCFVi6L0

鎧の性能+村人>魔王の力>勇者





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:30:38.17 ID:PyAq6MGM0

町民「女だろうが子供だろうが関係ない!見境なくあいつらは食った!襲った!!」

町民「そんな奴らに説得?話し合い?笑わせるな!」

町民「無理なんだよ――所詮弱者は、強者には勝てないんだ!」

勇者「…………」

町民「俺は力を手にして分かった。弱者は足手まといにしかならない。この世界の害虫だ」

町民「強い者こそが生き残り、自分の身を守れる者こそがその地を治める!」

町民「そうすれば……フフ、勇者。貴様の望み通り、戦乱も終わるぞ」

勇者「…………なってねえ」

町民「ああ?」

勇者「それじゃあ誰も!幸せになってねえ!!」





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:35:54.24 ID:PyAq6MGM0

勇者「戦いだけが終わればいいんじゃない。それじゃあ死ぬのと変わらない」

勇者「みんなが笑って、幸せにならなきゃ意味がないんだ」

勇者「村のみんなも、国のみんなも、魔法使いも戦士も賢者も、こいつだって!」

魔王「!」

勇者「みんなが救われなきゃ意味がねえんだ!」

勇者「俺はとめる!終わらせてみせる!!」

町民「ハッ!ぬかせ弱者が!!貴様一人で何が出来る!!」

魔法使い「一人?どこ見てんのよ」

戦士「遅くなったな、勇者」

賢者「お仲間参上っ……です」

勇者「みんな!」





93:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:38:51.14 ID:PyAq6MGM0

勇者「よく聞け。あんたは弱者が何も出来ないと言ったが……」

勇者「弱いやつだって、集まれば強くなるんだ!あんた一人に負けなどしない!」

町民「ほざけえええ!!」

勇者「ハアッ!」

魔法「プリザド!」

戦士「うらあ!」

賢者「くらってください!」

魔王(すごい……町民の攻撃をものともしていない)

町民「クソッ……ざけんな。ざッけんなよ!」

勇者「終わりだ!」

町民「うぐぁあ!!」





99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:48:13.87 ID:nIJG9UVx0

魔王(すごい……町民の攻撃をものともしていない)



なんかワロタ





95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:43:02.37 ID:PyAq6MGM0

勇者「はあ……はあ……」

町民「チッ、こんだけ力を手に入れたってのによ……」

町民「あんたの言うこと、少しだけ理解できた気がする。そういや俺も、町のみんなの力を借りてここに来れたんだ……」

勇者「……俺は救うよ、世界を」

町民「そうか……へへっ。でもよぉ、さっき言った通り、魔王は最低な野郎だ」

町民「たとえば、平気で仲間を騙すくらいの……な」

魔王「!?」

町民「ハッ、思い出したぜえ……。てめえだろ、魔王ってのは」

勇者「え?」

魔王「…………」





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:46:45.01 ID:PyAq6MGM0

町民「最初はただの小娘かと思っていたが、あの時魔王の部屋にいた。そしてあっという間に俺を蹴散らしていった」

町民「ただもんじゃねえ……てめえだろ、魔王」

魔王「…………」

勇者「なに言ってんだよ。そんなわけねえだろうが」

魔法使い「そうよ。こんな可愛い娘のどこが魔王なのよ!」

戦士「この後に及んで騙そうとしてるのかあ?」

賢者「嘘はよくないです!」

勇者「なあ、お前も否定してやれよ」

魔王「…………」

勇者「なあ、オイッ」

魔王「…………」

勇者「なあ……!」





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:50:36.40 ID:PyAq6MGM0

魔王「……勇者、お前の考えは間違っているよ」

勇者「えッ」

魔王「魔王を説得して争いをやめてもらう?なら今まで戦っていたやつらはどうなる」

魔王「そいつらが受けた痛みは、どこに返せばいい?」

魔王「そいつらの憎しみは、どこにぶつければいい?」

魔王「人間にしたって同じだ。何の罰も受けずに終戦なんて、そんなの認める人の方が少ない」

勇者「おまえ……なにいってんだよ」

魔王「お前の言葉は、ただの理想論にすぎないってことだ」

勇者「そんなこと言ってんじゃねェ……!なんでお前が、そんなことを言ってんだよ!!」

魔王「教えてほしいか?私が魔王だから」





101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:54:01.74 ID:PyAq6MGM0

勇者「は?」

魔王「ほら、どけ愚民。邪魔だ」

町民「ぐあっ」

魔王「ふぅー。うん、まだ使えるな。ようやくこれで本領を発揮できる」

勇者「おい!待てよ!!」

魔王「なんだ?まだ交わす言葉が必要か?」

魔王「私は魔王だった。この姿を見せていなかったから部下に疑われた。追い出されたところにお前らが来た」

魔王「そして再びここへ戻るために、利用させてもらった。どうだ、まだ疑問があるか?」

勇者「なんで…………そんな……」

魔法使い「うそでしょ……?」

戦士「…………」

賢者「っ……」





102:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:56:11.86 ID:PyAq6MGM0

魔王「かかってこい勇者。戦いを終わらせたければ私を殺せ」

勇者「ふざけんな……ふざけんなッ」

魔王「私はお前の安い説得など受ける気にはならん。来ぬならこちらから行く」

ブンッ!

賢者「きゃあっ!」

勇者「賢者ッ!?」

ブンッ!

戦士「うごぉっ!」

勇者「やめろォ!!」





103:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 18:58:17.12 ID:PyAq6MGM0

魔法使い「勇者、もう黙っていられないわ……」

勇者「おい待てよ、おい」

魔法使い「このままじゃやられる。そういうわけにはいかないのよ」

魔王「フン。貴様は少しだけ賢いようだな」

魔法使い「黙りなさい、魔物風情が……!勇者の気持ちを何だと思っているのよ!!」

勇者「やめろ!」

ブゥンッ!

魔法使い「うあァッ!」

魔王「ハッ……脆い」





104:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 19:00:06.85 ID:PyAq6MGM0

勇者「…………」

魔王「さあ、どうする?お仲間はみんなやられたぞ」

勇者「俺は……お前とは戦いたくない」

魔王「甘えもいいところだな。よくここまで死なずに来れたものだ」

魔王「ならば貴様も死ぬがいい!!」

勇者「ッ……!」

魔王「ハアッ!!」

勇者「う、あああああああああああ!!!」

グサァ





105:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 19:02:45.68 ID:PyAq6MGM0

勇者「ッ……」

魔王「…………」

勇者「…………え?」

魔王「……ぐっ、ガハァッ」

バタリ

勇者「え、な……なんで」

魔王「フン…………ふんっ…………」

魔王「……これか。城内、いや、この辺り一帯に聞こえればいいけど……」

魔王『あー、あー、すべての魔物に命ずる!!』





106:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 19:08:32.60 ID:PyAq6MGM0

魔王『今すぐ戦いをやめ、武器を捨てよ!!』

魔王『もう争う必要はない!命を奪い合う必要はない!!』

魔王『この戦を始めたのは、すべての元凶は私にある!私に怒りをぶつけ、私に憎しみをぶつけろ!!』

魔王『もう――戦いは、終わりだ』

勇者「お前……なんで、どうして……」

魔王「……言ったでしょ。おまえのはただの理想論だって」

魔王「何の犠牲もなしに戦いが止むことはないのよ。だとしたら私が、たくさんの命を奪ってきた私がすべてを背負う」

魔王「ま、それでもどうにもできないものは、あんたが何とかして。私もうすぐ死ぬし」

勇者「最初からそのつもりで……?」

魔王「えへへ。かっこいいでしょ」

勇者「…………」





111:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 19:11:47.01 ID:PyAq6MGM0

魔王「女ってことをひた隠しにして、悔やんだこともあったけど、今思えば悪くなかったかな」

魔王「こうして、恋も出来たし」

勇者「おまえ、おまえ……っ」

魔王「あはは。あー、いってて。やば、そう長くないな……ほら泣くな」

勇者「もう戦いは終わったんだから……勇者と魔王が仲良くなっていても、大丈夫だよな」

魔王「え?……っ」

勇者「っ…………ありがとう。本当にありがとう」

魔王「…………」

魔王「私も、ありがとう」





115:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 19:16:40.68 ID:PyAq6MGM0

数年後

勇者「世界は平和になった」

勇者「そりゃ、あの後もいろいろあったけど。でも本当に、魔物たちの憎しみはあいつが請け負ってくれたらしい」

勇者「それだけあいつが、信頼されていたってことかもしれない」

勇者「もう魔物と人間が争うことはないと思う。俺がさせないしな」

勇者「あいつのためにも、俺は――」

魔法使い「ちょっとあなたー!早く晩御飯の支度してー!」

勇者「あ、おう!今行く!」

戦士「勇者~、腹減ったぜえ」

賢者「ちょっと戦士くん。いじきたないって」

勇者(俺は行きぬくよ。本当に……)

勇者「ありがとう。魔王」

           Fin





118:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 19:17:21.36 ID:rEARIt+g0







121:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 19:18:12.91 ID:ba4Wo+4u0








元スレ:魔王「女ってことがバレちゃったよ!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343113031





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。