Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  真尋「今日はクー子とデートするから飯は自分で作れよ」ニャル子「」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
スレタイ、なんという強気で亭主関白的な真尋。女性には優しくしましょうよー。
例えクトゥルフ神であったとしても。あとはちょっとオブラートに包むとかね乙!


5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 13:47:17.88 ID:21hUL6N9I

ニャル子「デ、デート……?」

真尋「まあ、そういうことだから勝手に食べといてくれ」

ニャル子「真尋さん、デートってどういうことですか!?しかもなんでクー子と……」

真尋「デートしたいからするだけだろ、他に理由あるのか?」

ニャル子「……」






9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 13:53:20.33 ID:21hUL6N9I

真尋「じゃ、行ってくる」

ニャル子「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!!」

真尋「……おい、離せよ。クー子を待たせてるんだけど」

ニャル子「真尋さんがなんでクー子なんかとデートするのか分かりません!」

真尋「……」

ニャル子「私とならいつでもデートしてもいいんですよ!?」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 13:56:41.38 ID:21hUL6N9I

真尋「なんというか……お前いっつもうるさいから、たまには静かに過ごしたいんだよ」

ニャル子「じゃあ静かにします!だから」

真尋「……まあ、予定を変える気はないけど」

ニャル子「うう……」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:00:57.27 ID:21hUL6N9I

真尋「それに、お前は料理作れるから別に困らないだろ」

ニャル子「私は真尋さんに食べてもらうために料理をするんです。自炊なんて嫌です」

真尋「……もういいよ、行ってくる」

ニャル子「あっ、待ってください真尋さあん!!」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:04:33.42 ID:21hUL6N9I

真尋「……っ!離せよ!!」

ニャル子「私も真尋さんと一緒に行きたいです!」

真尋「……どれだけ自分勝手なんだよお前!!!」

バンッ!!

ニャル子「ひっ」ビクッ





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:07:57.56 ID:21hUL6N9I

真尋「……行ってくる」

ニャル子「ま、真尋さん……待って」

バタン

ニャル子「……」

ニャル子「……ぐすっ……ひっく…」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:15:26.46 ID:21hUL6N9I

ニャル子「私……のせいなんですかね……?」

ニャル子「私は真尋さんに嫌われたんでしょうか……」

ニャル子「……ぐすっ……真尋さんに嫌われたくないよお……」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:21:14.74 ID:21hUL6N9I

ニャル子「ご飯なんて……真尋さんに食べてもらえないなら、作らなくてもいいですよね……」

ニャル子「もう寝ましょう……」

ニャル子「眠ればきっと、真尋さん帰ってきますよね……」

ニャル子「……ひぐっ………ふええぇぇん……ぐすっ……」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:25:05.80 ID:21hUL6N9I

真尋「遅れてごめん」

クー子「別にいい、作戦の遂行に支障はない……」

真尋「ところで、なんで急にデートしたいなんて言ったんだよ?」

クー子「……それなりの理由があるから」

真尋「当たり前だろ。理由無かったら最悪じゃないか」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:29:46.67 ID:21hUL6N9I

クー子「……こっち」

真尋「何があるんだよ……ってここは……」

真尋「クー子……ここ、ゲーム屋だけど」

クー子「???……少年、どうかした?」

真尋「いや、これデートだよな?」

クー子「買い物の付き添いもデートのうち……」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:32:46.59 ID:21hUL6N9I

真尋「……一応聞くけど、お前は何を買うつもりなんだ?」

クー子「……ゲームに決まってる、そこにゲーム屋があるから」

真尋「おい」

クー子「……少年は嫌だった……?」

真尋「そういうわけじゃないけど……」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:36:36.63 ID:21hUL6N9I

真尋「なんか想像してたのと違ってさ……」

クー子「……少年は何を想像してたの?」

真尋「え?……それは……」

真尋「(手を繋いだりとか……一緒に食事するとか……じゃないかな)」

真尋「……」

クー子「……少年、顔が赤い」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:42:32.07 ID:21hUL6N9I

真尋「えっ!?」

クー子「……何を考えてたの?もしかして私とホt

真尋「いや、なんでもない!!そ、それより早く買い物をしよう!!」

クー子「おっけー」

真尋「(なんかもう疲れてきた……)」





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:46:03.42 ID:21hUL6N9I

クー子「……大量大量」

真尋「持つのは僕なのか……それにしても、こんなにお金持ってたのかよ?」

クー子「ボーナスが出たから……」

真尋「……お前、ちゃんと叔父さんに感謝しろよ」

クー子「いぇい」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 14:50:42.11 ID:21hUL6N9I

クー子「そろそろ帰る……」

真尋「デートっていってもゲーム買っただけよな」

クー子「気にしない……それよりお腹空いた……」

真尋「じゃあ、帰ったら作るか……。……あ」

クー子「少年、どうしたの?」

真尋「いや、なんでもない……」

クー子「……???」





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:02:07.80 ID:21hUL6N9I

真尋「(僕は、行く時ニャル子に……)」

クー子「少年、顔色が悪い……」

真尋「いや、大丈夫だよ」

真尋「(僕が想像したデートは……ニャル子としたようなデートだった……)」

真尋「(僕って本当に馬鹿だよな……)」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:04:38.63 ID:21hUL6N9I

ガチャ

真尋「ただいま……」

クー子「少年、私はゲームをするから、ご飯が出来たら呼んで……」

真尋「……分かった」

クー子「……それと」

真尋「……何?」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:06:54.54 ID:21hUL6N9I

クー子「悩みがあるなら早く解決した方が良い……」

真尋「クー子……」

クー子「ゲームの中で使われた言葉だけど……」

真尋「……」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:10:02.24 ID:21hUL6N9I

真尋「……」

真尋「ニャル子が見当たらないけど……部屋にいるのか?」

真尋「やっぱり言い過ぎたよな……」

真尋「悩みがあるなら早く解決した方が良い……か……」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:14:27.53 ID:21hUL6N9I

コンコン

真尋「ニャル子?僕だけど……」

ニャル子「真尋……さん?」

真尋「あのさ……さっきのことだけど」

ニャル子「別にいいですよ。……それよりデート、楽しかったでしょう?」

真尋「ニャル子……」

ニャル子「クー子となら落ち着けたでしょうね……うるさい私とは違って」





55:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:20:00.47 ID:21hUL6N9I

真尋「いや、今日のはデートというか……」

ニャル子「じゃあ、何ですか?」

真尋「……クー子の買い物に付き合わされただけだ」

ニャル子「……」

真尋「なあ、中に入ってもいいかな?」

ニャル子「……どうぞ」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:23:15.58 ID:21hUL6N9I

真尋「……お前、寝てたのか?」

ニャル子「はい」

真尋「ご飯は?」

ニャル子「食べてませんよ」

真尋「食べてないって……どうしてだよ?」

ニャル子「真尋さんに嫌われたら食欲も失せますよ……」





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:29:08.29 ID:21hUL6N9I

真尋「……ニャル子?」

ニャル子「私、真尋さんが好きです。でも、クー子とデートするって聞いて……」

ニャル子「それで、なんだか悲しくなって……」

真尋「ニャル子、あれは僕の中ではデートじゃなかったよ」





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:33:14.94 ID:21hUL6N9I

真尋「……僕の想像したデートとは違ってたんだ」

真尋「僕が想像したデートは……相手と手を繋いだりとか……そういうのだったんだ」

真尋「だけど、クー子とはそういうことはしてない……ただの買い物だったんだよ」

ニャル子「そう……ですか」

真尋「僕は前のニャル子とのデートが一番良かったかな……」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:48:11.87 ID:21hUL6N9I

ニャル子「え?」

真尋「海に行った時にしただろ?」

ニャル子「あ、あのときのですか」

真尋「あんな感じを期待してたんだけどな……」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:50:30.27 ID:21hUL6N9I

真尋「ニャル子、ごめん。怒鳴ったりして」

ニャル子「別にいいですよ、その代わり……」

真尋「?」

ニャル子「明日、私とデートしてください!!」

真尋「……ああ」



終わり





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:50:52.92 ID:n9/RmI9X0

クズすぎだろ





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 16:21:11.58 ID:21paLh0V0

まひろクズすぎてンフッってなったわ





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/07/24(火) 15:56:23.68 ID:wqGHCciS0

まあ乙






元スレ:真尋「今日はクー子とデートするから飯は自分で作れよ」ニャル子「」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343105047





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: