Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  師匠「グハァッ!」男「し、師匠!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
一体この師匠の身に何があったのだ… 道場破りとか?弟子にとって師匠が敗れるところを
見たいとは絶対思わないよね。それにしても>>1の書き込み時間はすごいな乙!…関係ない?


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 21:56:56.56 ID:VmEvuJJT0

師匠「グフッ……俺はもう駄目だ……」

男「師匠オオオオオ!」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 21:57:42.20 ID:VmEvuJJT0

師匠「いいか……よく聞け……」

男「師匠!しゃべらないで!」

師匠「いいから聞け!」

男「だ、だけど傷が……!」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 21:58:25.36 ID:VmEvuJJT0

師匠「分からんのか……俺はもうもたん……」

男「そんな!そんなの分からないじゃないですか!」

師匠「いいや、俺にはわかる……」

男「師匠!」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 21:59:11.42 ID:VmEvuJJT0

男「師匠!俺嫌ですよ!師匠が死ぬなんて!」

師匠「馬鹿もん!」

男「!!」

師匠「俺の教えを忘れたか……馬鹿弟子が!ごほっ!」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:00:01.42 ID:VmEvuJJT0

男「し、師匠!口から血が!」

師匠「いいから……俺の教えを言ってみろ!」

男「そんなことより医者を探さないと!」

師匠「いいから俺の教えを言ってみろ!!」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:01:33.75 ID:VmEvuJJT0

男「お、『男たるもの どのようなときも強くあれ』ですか?」

師匠「そうだ……!貴様は俺が死んでひとりになっても……」

師匠「強くあらねばならんのだ……!俺を失望させるなよ!ぐはっ!!」

男「師匠!そんなことより早く医者に行かないと!」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:02:58.10 ID:VmEvuJJT0

師匠「いや……俺にはわかる……血を失いすぎた……」

男「そんな……師匠……!」

男「俺の!俺の血を使ってください!」

師匠「フフフ……そもそも医療器具がないじゃねぇか……お前はほんと馬鹿弟子だよ……」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:04:33.98 ID:VmEvuJJT0

男「そ、そうだ……!すぐに医者のいるところに連れていかないと……!」

師匠「フフフ……無理だ……世界一の名医でもこれは助からんよ……」

師匠「見ろよ……内臓のほとんどが吹っ飛んでしまってる……」

男「だったら俺の内臓を使ってください!!」ドンッ!





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:05:50.65 ID:VmEvuJJT0

師匠「へ……へへ……俺はお前みたいな弟子を持てて幸せだよ……」

男「師匠!今医者のところまで運びます!!」

師匠「いい……やめろ……」

師匠「それより……お前にはまだ……我が流派の極意を教えてなかったな……」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:08:32.69 ID:VmEvuJJT0

男「ご、極意……?」

師匠「そうだ……代々……師匠から弟子へと伝えられる」

師匠「秘伝の極意……!俺も……死ぬ前に義務を果たさないとな!」

男「い、いやだよ!師匠!死ぬなんて言うなよ!」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:09:32.94 ID:VmEvuJJT0

師匠「いいから黙って聞け!」

男「!!」

師匠「俺にはもう・・・時間がねぇんだ・・・!」

男「師匠……!」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:10:50.66 ID:VmEvuJJT0

師匠「俺の手……触ってみろよ……」

男「ううっ!つめたい・・・・・・!まるで死人のようだ!」

師匠「俺にはわかるんだ……死神はもうすぐそこまで迫ってきている……」

師匠「俺の魂が連れてかれる前に……なんとしてもこれだけは伝えなきゃならねぇ……!」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:11:44.57 ID:VmEvuJJT0

男「だ、だけど!」

師匠「男!!」

男「現実を見るんだ……!」

男「うぅ……師匠……!」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:12:39.38 ID:VmEvuJJT0

男「ちくしょう!許せねぇ!師匠をこんな目にあわせやがって!」

師匠「男!!」

男「必ずやった奴を探しだして殺してやる!」

師匠「男!落ち着け!闇に飲まれるな!!」





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:13:32.54 ID:VmEvuJJT0

男「でもっ……!」

師匠「復讐は……何も生まない……!!」

男「…………」

師匠「復讐に身を任せてはならない……」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:14:41.22 ID:VmEvuJJT0

師匠「復讐は……敵も相手も燃やしつくす……炎のようなものだ……」

師匠「考えてみろ……確かにお前は私を殺した奴が憎いかもしれない」

師匠「だが、敵も同じく私のことを憎んでいたのかもしれない……」

男「そんな……」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:15:57.13 ID:VmEvuJJT0

師匠「そして……私を殺した奴にも愛する人がいるかもしれない……」

俺「!!」

師匠「もしお前が奴を殺したとしても……それで復讐は終わらない……」

師匠「復讐は終わらず……どんどんと連鎖し、広がり続ける……」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:17:20.40 ID:VmEvuJJT0

師匠「自分も……敵も……無関係のものも……みんな巻き込んでな……!」

師匠「お前はそういうふうになってはならない!」

男「師匠……!俺が間違っていたよ……!」

男「俺はあと少しで……ドス黒い復讐の炎に身を任せるところだった……!」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:17:58.70 ID:vsFki3NR0

まだしなねーのか





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:22:10.27 ID:y3mgVDrc0

このしつこさ





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:18:17.93 ID:VmEvuJJT0

師匠「ああ……いい目だ……」

師匠「お前なら……『あいつ』のように闇に落ちることもあるまい」

男「『あいつ』?」

師匠「昔の話さ……がはっ!」

男「師匠!」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:19:19.08 ID:VmEvuJJT0

師匠「ぐふっ!」

男「師匠!師匠!師匠おおおおお!」

師匠「あ、ああ……まだ大丈夫だ……」

男「師匠……!早く医者へ……!」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:20:48.94 ID:VmEvuJJT0

師匠「馬鹿弟子が……」

男「え?」

師匠「今俺が生きているのは……まさに『奇跡』なんだぜ……」

師匠「きっと神様から……特別に与えられた時間なんだ……」

師匠「その時間を……無駄遣いはできねぇ……!グフッ!」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:22:35.69 ID:VmEvuJJT0

男「師匠!!」

師匠「へっ……へへ……いいから……耳を貸せ……」

師匠「教えてやるよ……我が流派の『極意』って奴をよぉ」

男「師匠……!極意なんていらねぇよ!俺は師匠に生きてて欲しいんだよぉ!」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:23:47.59 ID:VmEvuJJT0

師匠「たわけっ!」

男「!」びくっ

師匠「お前は……死ぬ前くらい……安心させて逝かせられねぇのかよ……」

男「うぅ……うう……!」





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:24:33.03 ID:VmEvuJJT0

男「俺……がんばるよ……!師匠がいなくても……!」

師匠「いい目……だ……」

師匠「…………」

師匠「…………」





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:26:23.43 ID:VmEvuJJT0

男「し、師匠……!」

男「師匠……!目を開けてくださいよ!師匠!!」

師匠「なんてな」

男「し、師匠!」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:27:37.55 ID:VmEvuJJT0

師匠「へ、へへ……極意を伝える前に……死ねるかってんだ……」

男「師匠……!」

師匠「これが……俺からお前に与えられる……最後の教えだ……!」

師匠「準備はいいな……!?」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:28:18.09 ID:VmEvuJJT0

男「は、はいっ!師匠!」

師匠「いい目だ……!」

師匠「ぐふっ!」

男「師匠!?」





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:29:04.74 ID:VmEvuJJT0

師匠「いい!時間がないんだ!」

男「師匠……!でも……!」

師匠「いいから……俺の刀を持って来い!」

男「は、はい!」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:34:11.21 ID:VmEvuJJT0

男「え、え~っと!どこに飛ばされたんだろう刀!ちょっととってきます!」

師匠「へへ……急げよ……俺が死ぬ前にな……」

師匠「あ~……いい天気だなぁ……こんな日に死ねるなんて俺は幸せだ……」

師匠「そういや……あのときもこんな晴れ空だったなぁ……」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:34:41.00 ID:tKu2M9Q90

回想ハインナはよ





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:34:59.64 ID:Mrl59+1EO

じれったいなああああああああああああ





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:35:26.31 ID:VmEvuJJT0

いじめっ子『やーいやーい!弱虫やーい!』ボカッ ボカッ

男『うぅ……』

いじめっ子『泣いてないでやり返してみろよ~!』

師匠「ん?あれは……」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:38:09.52 ID:VmEvuJJT0

師匠『おい、お前ら!何をやってるんだ!』

いじめっ子『げっ!浮浪者だ!』

師匠『誰が浮浪者だ!食っちまうぞ!ガオオオ!』

いじめっ子『ひいいい!食われる~!』ダダダ





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:39:10.88 ID:VmEvuJJT0

師匠『まったく……悪がきどもめ……』

師匠『おいお前……立てるか?』

男「あ、ありがとうございます……」

師匠「まったく……あれだけ殴られてなぜ殴り返さないんだ?情けない」





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:41:00.63 ID:VmEvuJJT0

男『だ、だって……殴られたら……痛いだろうし……』

師匠『お前な~……自分を殴る奴のことまで気にしてどうするんだ……ん?』

男『ど、どうしたの?』

師匠(こいつ……あれだけ殴られたのに……ほとんど傷がないだと……!?)

師匠(無意識のうちに……攻撃を紙一重で回避していたというのか?)





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:42:12.19 ID:vsFki3NR0

(それ殴られてなくね)





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:43:02.41 ID:oUYh3IYb0

(せめてダメージを最小限に抑えたとかだよね)





71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:43:48.41 ID:VmEvuJJT0

師匠『どうだい?君、武道をやってみないかい?』

男『え?でも僕……ケンカとか苦手だし……』

師匠『下手なケンカは相手を傷つけるだけだ』

師匠『武道の基本は……【戦わないこと】だ……』

男『難しくてよくわかんないよ……』

師匠『いずれ分かるさ……』





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:44:52.49 ID:VmEvuJJT0

男「―――しょう、師匠!」

師匠「はっ!!」

男「師匠!大丈夫ですか!」

師匠「あ、ああ……すまん……ちょっと気が遠くなっていただけだ……」





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:45:52.42 ID:VmEvuJJT0

男「どうします?医者にいきます?」

師匠「いや、もう手遅れだ……ガハッ!」

男「師匠!」

師匠「俺の体を……死という暗黒が包み込んでいるのが分かる……」





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:46:59.97 ID:VmEvuJJT0

師匠「俺の体が完全に死に飲み込まれる前に……お前に教えなきゃあならない……」

師匠「我が流派の………『極意』を……」

男「極意……!」

師匠「ゲホッ!ゲホッ!時間がない!」





76:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:49:05.41 ID:VmEvuJJT0

師匠「ほら……いつものように……手合わせして教えてやる……」

師匠「刀を取れ!」

男「そ、そんな!無茶だ師匠!そんな体で!」

師匠「無茶だと……ククク」ゴゴゴゴゴゴゴ





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:50:27.56 ID:VmEvuJJT0

男「す、すごい剣気だ……!」

師匠「死にかけとはいえ……お前に心配されるほど落ちぶれてはおらん……」

師匠「さあ撃って来い!『十文字斬り』を!」

男「手を抜いたら……逆に俺がやられる!」





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:52:00.27 ID:VmEvuJJT0

男「やあ!十文字斬り!!」ズバッ ズバッ

師匠「甘いわ!!」 ズバッ!

男「なっ!十文字斬りが弾かれたっ!?」

男「そんな馬鹿な!師匠の剣の音はひとつ分しか聞こえなかった!」





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:53:33.62 ID:VmEvuJJT0

男「それなのに、俺の二連撃が防がれるなんて……!」

師匠「グフッ……やはり……この技は体に負担がかかりすぎるか……」

男「し、師匠!」

師匠「よく聞け!今放ったのは『真・十文字斬り』だ!」





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:55:17.62 ID:VmEvuJJT0

男「真・十文字斬り……?」

師匠「そうだ……普通の十文字斬りはすさまじい速さで二度の斬撃を繰り出す……」

師匠「だが……それはあくまで『二連撃』……完璧にはほど遠い……」

師匠「だが……真・十文字斬りは違う……グフッ!」





87:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:56:14.53 ID:VmEvuJJT0

男「師匠!」

師匠「いいから聞け!」

男「……!」グッ

師匠「真・十文字斬りは……二連撃という限界を突破した『一撃』……」





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:57:58.64 ID:VmEvuJJT0

師匠「光速を超えた凄まじいスピードで繰り出される二連撃は……」

師匠「時空のゆがみを生み出し……タイムラグを消失させる……」

師匠「そして繰り出される一撃……それが……」

男「真・十文字斬り……」





90:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 22:59:33.29 ID:VmEvuJJT0

師匠「そうだ……それが極意……さぁ……撃って来い……」

男「そんな!いきなりは無理です!」

師匠「できるはずだ!お前にはその素質がある!」

男「でも…………」

師匠「俺もお前に向かって真・十文字斬りを放つ……手を抜けば死ぬぞ……!」





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:01:23.14 ID:VmEvuJJT0

師匠「この体では……あと一回しか真・十文字斬りは使えん……!」

男「師匠!」

師匠「これが、俺とお前の……最初で最後の勝負だ……!

男「師匠……!分かりました……!」





94:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:02:06.57 ID:VmEvuJJT0

師匠「行くぞ!!」

男「はいっ!」

師匠・男「「真・!」」

師匠・男「「十文字斬り!」」

ズバァッ!





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:04:01.72 ID:VmEvuJJT0

師匠「グフッ……良い剣……だ……」バタッ

男「し、師匠!」

師匠「何泣きそうな顔しているんだ……喜べよ……」

男「そんな!嫌だよ!師匠!」





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:05:30.20 ID:VmEvuJJT0

師匠「これで、お前が我が流派の正当継承者だ……」

師匠「これからも励めよ……」

男「いやだよ……師匠……!」

師匠「おいおい……最強の流派の継承者がそれじゃあ笑われちまうぜ……」





99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:06:39.65 ID:VmEvuJJT0

師匠「男ってのは……こんなときこそ……笑って見送るもんだぜ……」

男「わ、笑って……」ゴシゴシ

男「こ、こうかい……?」ニイッ!

師匠「クク……上出来だ……」





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:07:45.68 ID:VmEvuJJT0

師匠「お前になら……俺の娘を託しても……」

男「え?なんだい?何か言ったか?」

師匠「ククク……なんでもねぇよ……」

男「?」





102:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:09:04.07 ID:VmEvuJJT0

師匠「あ、それと……飲み屋のツケも……お前が払っといてくれ……!」

男「ええっ!」

師匠「おいおい、師匠のツケは弟子が払うもんだろ……?」

男「そんなの聞いたことないですよ!」





103:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:09:51.57 ID:VmEvuJJT0

師匠「ククク……」

男「ハハハ……」

師匠「じゃあな……今度こそお別れだ……」

男「師匠……!」





104:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:10:19.13 ID:VmEvuJJT0

師匠「…………」

師匠「…………」

師匠「…………」

師匠「…………」





105:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:10:36.71 ID:VmEvuJJT0

師匠「…………」

師匠「…………」

師匠「…………」

男「師匠……?」





107:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:11:08.31 ID:VmEvuJJT0

男「師匠……!」

男「師匠……!!」

師匠「なんてな」ムクリ

男「!!」





108:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:12:17.62 ID:VmEvuJJT0

師匠「ハハハ……びっくりしたか……?」

男「師匠!あんたって人は!」

男「こんなときまで人をおちょくって!」

師匠「へへ……悪い悪い……!」





110:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:13:01.19 ID:VmEvuJJT0

師匠「ふぅ……」

師匠「…………」

男「もう騙されませんよ!どうせまた死んだふりなんでしょ!?」

師匠「…………」





112:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:14:10.38 ID:VmEvuJJT0

師匠「…………」

男「師匠?師匠!?」

男「うわあああああ!師匠おおおおおお!」

師匠(ああ、俺は幸せだなぁ……こんな弟子を持てて……)





116:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:15:31.14 ID:VmEvuJJT0

師匠(こいつなら……後を任せて大丈夫だろうな……)

ピカァ……

師匠(クク……どうやら……天からのお迎えって奴も来たようだぜ……)

師匠(この俺もいよいよ年貢の納めどきってわけか……)





117:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:16:37.89 ID:VmEvuJJT0

師匠(ただ……ひとつだけ気になるのは……)

師匠(俺を襲った『奴』のこと……)

師匠(奴はおそらく……次に俺の弟子を狙うだろう……)

師匠(俺には奴がどんな手を使ったのかわからなかった……)





119:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:18:20.24 ID:VmEvuJJT0

師匠(気づいたときにはすぐ後ろにいて……胴体を貫かれていた……)

師匠(奴はいったいどんな攻撃を……あれは瞬間移動や催眠術といったようなものではない)

師匠(タイムラグなしに……俺の後ろにいた……あんなことは……)

師匠(『時間を飛び越えでもしない限り』無理だ……))





122:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:19:29.13 ID:VmEvuJJT0

師匠(待てよ……!『時間を止める』……!)パチクリ

男「し、師匠!?まだ息が……!」

師匠(そうだ!そうとしか考えられん!)

師匠(伝えなければ!このことを弟子に!)





125:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:21:00.03 ID:VmEvuJJT0

師匠「オ……オ……!」

男「し、師匠!何かを俺に伝えようとしているんですか!?」

師匠(く、クソ!声が出ない!伝えなければならないのに!)

師匠(奴の能力は『時間』なんだ!それを知らずに挑めばやられる!)





127:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:22:49.42 ID:VmEvuJJT0

師匠「オ………オオオオ……!」ズバッ!

男「ウワッ!これは真・十文字斬り!?」

師匠(これが……最後の真・十文字斬り……だ……)

男「う、腕時計が……いったい……?」





128:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:24:00.22 ID:VmEvuJJT0

師匠(伝わってくれ……!)

男「腕時計が壊れる……腕時計が止まる……」

男「はっ!時間を止める!敵の能力は時間を止める能力なんですね!?」

師匠「…………」ニヤリ





129:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:26:40.72 ID:VmEvuJJT0

師匠(さすがは俺の弟子……だ)

師匠(さて……俺はそろそろ行かなくてはな……)

師匠(弟子よ……死ぬなよ……)フワワァ~

男「師匠おおおおおおおお!」





132:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:27:57.23 ID:VmEvuJJT0

師匠「…………」

男「師匠……あんた……男はどんなときも笑えって言ったよな……」

男「それって…… ちょっとばかり……難しすぎるぜ……!」

師匠「…………」





135:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:29:05.44 ID:VmEvuJJT0

男「なぁ……なんとかいってくれよ……!」グスッ

師匠「…………」

男「いつもみたいに俺をしかってくれよおお!」ポロポロ

師匠「…………」ポタッ ポタッ





138:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:30:42.33 ID:VmEvuJJT0

男「うぅぅぅ……」ポロポロ

師匠「…………」ポタポタ

男「畜生……畜生……」ポロポロ

師匠「…………」ポタポタ





140:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:32:11.26 ID:VmEvuJJT0

男「うわあああん!うわああああん!」ポロポロ

師匠「…………」ポタポタ

男「うぐぇっ……うぇぇぇ……」ポロポロ

師匠「…………」ポタポタ












師匠「何ないてんだよ 馬鹿弟子が」





142:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:32:53.72 ID:eq4+PfL8I

おい





143:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:33:21.51 ID:inFcitC00

ちくしょおおおおおおお!!





147:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:33:51.23 ID:fQEZ6ysn0

まだ喋れんじゃねーかwwwwwwwwwwwwwwwwww





148:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:33:59.58 ID:VmEvuJJT0

男「えっ?」

師匠「ふん。おめぇの泣き声がうるさくて戻ってきちまったぜ」

男「し、師匠……?」

師匠「ククク……地獄は満員だとよ。追い返されちまったぜ」

男「師匠おおおおおおお!!」

師匠「おいおい俺は男と抱き合う趣味はねえぞ」

男のひたむきな涙が奇跡を起こしたのか
師匠は奇跡的に復活した



HAPPY ENDO





150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:34:24.85 ID:4eHvpWvr0

わらったけどこれはひどいwww





151:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:34:57.46 ID:n3bycqkM0

終わった
なんだろう、誰も死んでないのにこの虚無感





153:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:35:22.42 ID:QzAJzSRT0

面白かったwww
乙!





154:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:35:43.18 ID:fQEZ6ysn0

な・・・内蔵は・・・?





158:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:37:35.44 ID:Hw7aglBm0

なぜこのおっさんが負けたのかわからない





152:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/02(木) 23:35:21.89 ID:y3mgVDrc0

ちょっと感動した






元スレ:師匠「グハァッ!」男「し、師匠!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1343912216





  

【 関 連 記 事 】


ええいっじれったい!!
だがよくあるw
[ 2012/08/04 23:47 ] [ 編集 ]
時計のあれで花京院思い出したww
[ 2012/08/05 00:03 ] [ 編集 ]
結局死ななかったじゃねーか!!!まあいいけど!!!
[ 2012/08/26 21:12 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: