Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  絹旗「超来ないでください!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
絹旗最愛ちゃんがいるから禁書は成り立っている!ハワイまで着いていけば良かったのに・・・
いやぁ。学園都市って恐ろしい。こんな事が日常茶飯事なんですから。最愛ちゃんprpr!乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:12:06.75 ID:jhzJSCbl0

廃ビル

絹旗「はぁ・・・・はぁ・・・一体何がどうしたっていうんですか・・・」

ガタッ

絹旗「ひっ!」ビクッ

初春「みつけましたぁ」ハァハァ

佐天「さあ、はやくこっちにきてください」ハァハァ

絹旗「まったくどいつもこいつも!!ていっ!」

ドコッ

初春「壁に穴を!」

佐天「追わなきゃ!!」

絹旗「何で・・・何でこんなことに・・・」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:19:54.60 ID:jhzJSCbl0

絹旗「今日はいとも通りに起きてごはんを食べて・・・それで映画を見ようと思っただけなのに・・・」


映画館

絹旗「今日はどれにしましょうかね・・・・」

絹旗「こっちがアクションでこっちがSF」

絹旗「うーん、今日はアクションにしましょう」

絹旗「それではさっそく・・・」


10分後

絹旗「だあー、超つまんねー」

絹旗「駄作です、これは超駄作です。SFにしとけばよかったですね」チュー





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:25:47.96 ID:jhzJSCbl0

絹旗「結局二本共はずれですか・・・・すっごくがっかりです・・・」ハァ

絹旗「さーて何しましょうか・・・」

青ピ「みつけたでえ!!」ハァハァ

絹旗「はい?私に何か?」

青ピ「さいあいちゃんペロペロさせてえな!!」

絹旗「・・・・は?」

青ピ「ああもう我慢できへん!!ぺろぺろおおお!!!」ピョーン

絹旗「せいっ!」

ゴスッ

青ピ「ぐふっ・・・」

絹旗「なんだ変質者ですか」

インデックス「見つけたんだよ!」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:31:21.72 ID:jhzJSCbl0

絹旗「えっ?」

インデックス「ペロペロさせてもらうんだよ!!」ハァハァ

絹旗「なんなんですかこの状況・・・」

姫神「みつけた・・・・ペロペロさせてもらう・・・」ハァハァ

吹寄「ちょっと!!ペロペロするのは私よ!」

絹旗「次から次へと・・・・ここは逃げましょう」ダダッ

インデックス「あっ!逃げたんだよ!!」

姫神「待って!!」

吹寄「ペロペロさせて!!」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:36:23.86 ID:jhzJSCbl0

絹旗「一体何が起こっているんでしょうか・・・ひょっとして私が何か・・・・」

絹旗「もしやアイテムが用済みになったのでしょうか・・・」

絹旗「ここは麦野に確認です」ピッピッ

絹旗「あ、麦野ですか?え?今ですか?今はいつもの映画館の裏のショッピングモールにいますけど」

絹旗「はい?ええ、まだ誰にも・・・・ペロペロ?」

絹旗「ちょっと麦野何言ってるんですか、切りますよ」ピッ

絹旗「・・・・何がなんだかわかりません・・・」

絹旗「だめだ、麦野も超おかしい・・・」

絹旗「私は一体どうなってしまうんでしょうか・・・」

御坂妹「見つけました!ペロペロさせてもらいます!」

絹旗「まったくどいつもこいつも!!」ダダッ

御坂妹「逃がしません!!」ビリビリ

絹旗「電撃!?まずいです!!」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:41:56.62 ID:jhzJSCbl0

ビリビリ ドカーン

絹旗「ほっ、外れましたか」ダダッ

御坂妹「逃がしません」ダダッ

絹旗「超まずいですね、私の能力じゃ電撃はそうそう防げるものじゃない・・・」

絹旗「電撃を受けて気絶しようものなら連中の手にかかってしまいます・・・」

御坂妹「さいあいちゃんペロペロさいあいちゃんペロペロ」

絹旗「何が目的かわかりませんがここで倒れるわけにはいきません、やられる前にやらせてもらいましょう」

絹旗「死角になるように誘導して・・・・」

御坂妹「さいあいちゃんペロペロさいあいちゃんペロペロ」

絹旗「さいあいちゃんさいあいちゃん言い過ぎです・・・」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:48:50.32 ID:jhzJSCbl0

絹旗「とりゃっ」

ドカッ

御坂妹「うっ・・・・さい・・・あい・・・」パタッ

絹旗「ふう、こうなったらどこかに身を隠すしかありませんね・・・」

フレンダ「さいあいちゃんペロペロ!!」

絹旗「せいっ!!」

ドカッ

フレンダ「っ」パタッ

絹旗「フレンダのくせに・・・麦野も様子がおかしかったみたいですし・・・ってことは滝壺さんも・・・」

絹旗「最悪学園都市から脱出する必要があるかもしれませんね」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:55:42.81 ID:jhzJSCbl0

土御門「カミやん、大変だ!!」

上条「どうしたんだ土御門」

土御門「この学園都市に新たな魔術が仕掛けられた」

上条「何だって!?」

土御門「俺も術が発動する前になんとか回避することができたが・・・」

上条「・・・それで、今回はどんな魔術なんだ?」

土御門「絹旗最愛可愛撫舌舐(さいあいちゃんペロペロ)だ」

上条「は?」

土御門「わかりやすく言うとだ、一人の女の子を学園都市中の人間がペロペロしたくて追い掛け回してるってことだ」

上条「これ発動したやつ馬鹿か?」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 18:59:00.25 ID:jhzJSCbl0

土御門「そうとばかりもいえないな」

上条「どういうことだ?」

土御門「一人の女の子が追い掛け回されることにはなるが特に死人が出たり街が破壊されるようなものじゃない」

上条「つまり学園都市に混乱を起こしておいて別の目的を達成させる・・・そういうことか?」

土御門「ああ、そういうことだ」

上条「くそっ!何が目的なんだよ・・・」

土御門「さあな、とりあえず魔術師が学園都市を狙っていることは確かだ!俺達はねーちんと合流して対策を練るぞ」

上条「神裂がきてるのか?」

土御門「ああ、たまたま近くにいたらしい」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:00:50.70 ID:ChGXCmdx0

おのれ魔術師





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:06:03.98 ID:fcm0oP5i0

こんな術に頼らなきゃぺろぺろする気にならないなんて学園都市は残念な奴らの集団か





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:07:58.09 ID:jhzJSCbl0

ホテル

絹旗「はぁ・・・・はぁ・・・・・とりあえず一息つきましょう、一応ドアは厳重に押さえておいてっと・・」

サーイアイ サーイサイ モアーイチャーンダヨー♪

絹旗「・・・麦野からですか・・・・」

ピッ

絹旗「はい・・・え? 窓の外を見てみろ?」

絹旗(狙撃でしょうか?いや、今のところ私の命を狙ってきた人間はいない・・・それに麦野がその気ならわざわざ電話なんてしませんね・・・)

絹旗「窓の外・・・・・えっ!?」

絹旗「ホテルが超とりかこまれてます・・・・・なんてことですか・・・」

麦野「はあいき・ぬ・は・た」

絹旗「麦野・・・ドア・・・・」

麦野「うん、溶かしちゃった」

絹旗「くっ・・・・」

麦野「さいあいちゃんペロペロ」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:15:05.75 ID:jhzJSCbl0

神裂「お待たせしました」

土御門「とにかく急ぐぞ!今はまだけが人も出ていないが群集がヒートアップすると何をやらかすかわからん」

上条「それで、魔術師のいる場所とかは特定できないのか?」

神裂「大体ですが私が魔術の気配を察知できます、急ぎましょう!」

上条「なあ、その絹旗って子・・・無事なのか・・・?」

神裂「・・・・・・」

土御門「・・・・・・急ぐぞ」

上条「くそっ!」

神裂「彼らはペロペロすることだけを考えています、暴力を振るわれるわけではありません」

土御門「ってことだ、だが油断はできん」

上条「ああ!!」





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:19:47.72 ID:jhzJSCbl0

麦野「さいあいちゃんペロペロさいあいちゃんペロペロ」ハァハァ

絹旗「ここから飛び降りてうまく着地できても下にはたくさんの人が・・・」

絹旗「そして麦野相手に勝ち目はありません・・・・」

麦野「ペロペロさせてくれるの?」ハァハァ

絹旗「・・・・・」

ヒュン!!

黒子「うっひょおおおおお!!!」

絹旗「!!」

麦野「!!」

黒子「いただきますわあああ!!!」ガシッ

絹旗「えっ!」

ヒュン!!

麦野「ちくしょうっ!!テレポーターかよおおおお!!!!」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:23:58.95 ID:jhzJSCbl0

常盤台女子寮

ヒュン!!

黒子「さあ、ここは私とさいあいちゃんの愛の巣なのですわよ!たっぷりとペロペロ」

絹旗「せいっ」

ドスッ

黒子「ぐっ・・・」パタッ

絹旗「ふう、助かりました」

ガチャッ

御坂「・・・・」

絹旗「あっ・・・・」

御坂「さいあいちゃんペロペロ」ハァハァ

絹旗「やっぱりですか・・」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:31:49.94 ID:jhzJSCbl0

魔術師「イギリス清教の人間か」

神裂「ええ」

土御門「お前の狙いが何かはわからんがとりあえずこの魔術を解いてもらうぜい?」

魔術師「それはできん」

上条「なぜだ!」

魔術師「お前たちは争うばかりで隣人を愛するということを忘れすぎている」

神裂「・・・・・それでこの魔術ということですか」

魔術師「そういうことだ」

土御門「やれやれだぜ」

上条「何ひとつ同情できる点が無い敵も久しぶりだな」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:35:07.55 ID:jhzJSCbl0

御坂「さいあいちゃんペロペロおおおおおお」ビリビリビリビリ

絹旗「きゃあああああああ!!!!!」

御坂「ふふっ、うごけないでしょさいあいちゃん?」ハァハァ

絹旗「うぅ・・・・」ピリピリ

御坂「さあふたりっきりでじっくりとペロペロさせてもらうわね」ハァハァ

絹旗「からだが・・・しびれて・・・」

御坂「ハァハァ・・・どこからペロペロしようかしら・・・」

絹旗「やめ・・・・ろ・・・」

ヒュン!!!

御坂「!!消えた!!さいあいちゃんが!!」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:45:45.22 ID:jhzJSCbl0

魔術師「マジですんませんでした」

神裂「まったく迷惑な」

土御門「さて、お前にはいろいろとしゃべってもらうぜ?」

魔術師「ええはい、何でもしゃべりますんでマジで」

上条「まずこの魔術を解く方法だ!」

魔術師「くっくっく・・・この魔術はさいあいちゃんを基点に発動されている」

神裂「それで?」

魔術師「全員が満足するまでペロペロするかさいあいちゃん本人を俺の前につれてくるしかない」

神裂「あなたにしか解けないということですか・・」

魔術師「そういうことだ」

土御門「つまりかみやん・・・」

上条「ああ、俺の出番だな」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:54:41.06 ID:jhzJSCbl0

結標「さあああいあいちゃああああん!!!」

絹旗「くっ・・・・・・」

絹旗(また・・・テレポート・・・?)

結標「あぶないところだったわねえさいあいちゃん、私があのビリビリ女から助けてあげたのよぉ」ハァハァ

絹旗(助かった気がしません・・・)

結標「ハァハァ・・・・さいあいちゃんが身動きできずに私の前に・・・・」

結標「どうしよう、ドキドキがとまらないわ・・・・」

絹旗「く・・・・・・うっ・・・・」

結標「無理しちゃだめよ、ほら、じっとしてないとペロペロできないでしょ?」

絹旗(ペロペロ・・・・舐めるってことですか・・・・)

結標「そうよ、おとなしくしてればすぐだから・・・」ハァハァ

絹旗(舐められる・・・・やっぱり嫌です・・・)





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 19:58:12.88 ID:jhzJSCbl0

結標「それじゃあまずはちゅっちゅしましょうね~」ハァハァ

絹旗(舐められるより嫌です!!)ゾクッ

ドオオオオオオオオオオオン

結標「何っ!?」

上条「ここか!」

神裂「そのワンピースの少女から魔術の気配を感じます」

土御門「よりによって結標か・・・面倒な相手だぜ」

結標「ふう、ちょっと待っててねさいあいちゃん、邪魔者を排除してすぐにペロペロしてあげるから」

絹旗(超お断りします!)

土御門「ねーちん、全速であの女を気絶させろ!そうじゃないとこっちがやられちまう!!」

結標「邪魔よ!」

ヒュン!

上条「土御門!!」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:04:53.53 ID:jhzJSCbl0

神裂「消えた!?」

上条「やべえ!このままじゃ!」ガシッ

神裂「私の腕を?」

結標「あんたたちもよ!!」

シーン

結標「何で座標移動できないのよ!!」

神裂「なるほど、あなたの右手で触られていなければ私も飛ばされてしまうところでしたか」

上条「そういうことだ、とにかく飛ばされないように気をつけながらあいつをなんとかしよう」

結標「だったら瓦礫の下に埋もれてなさい!」

ヒュン!!

神裂「はっ!!!」

ザシュッ!!

絹旗(空中に突如現れた瓦礫の山をあの刀の一振りで!!)





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:12:15.71 ID:jhzJSCbl0

結標「そんな!!」

上条「とにかく魔術を何とかすればこの人も正気に戻るはずだ!!」ダダッ

絹旗(こっちに!!)

結標「私のさいあいちゃん!!」

神裂「余所見はいけませんよ!!」

トン

結標「うっ」パタッ

上条「知らない連中に追い掛け回されて恐怖感を覚えて・・・こんな理不尽でふざけた魔術!!」

上条「俺の右手でぶち殺してやる!!!!」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:17:44.80 ID:jhzJSCbl0

翌日

神裂「それでは私はイギリスに戻りますね」

土御門「助かったにゃー、飛ばされた先が常盤台の女子寮の中だったから身動きが取れなかったぜい」

神裂「・・・・」

土御門「そんな目でにらむな、あそこには超能力のエリートが集まっているところだ、あの魔術が解除された後で誰かに見つかってみろ」

神裂「まあ、そういうことにしておいてあげます」

土御門「いや、マジで死んじまうからな?」

神裂「ところで先ほどあの女の子が私のところにお礼にきましたが」

土御門「女の子から手作りクッキーもらうなんてさすがねーちんはモテモテだにゃー」

神裂「ほう?」チャキッ

土御門「冗談だ、俺もさっきもらったぜ」

神裂「まったく・・・」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:24:47.86 ID:jhzJSCbl0

絹旗「上条、昨日は超ありがとうございました」ペコリ

上条「いや、いいって、それよりその・・・大丈夫だったか?」

絹旗「はい、誰にも何もされませんでしたよ」

上条「そっか、まあ怪我とかもなくて何よりだな」

絹旗「追いかけられたのは超怖かったんですけどね」

上条「そうだよなあ・・・・」

絹旗「ですが気にしないでください、ああいう経験はなかなかできるものではありませんから」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:33:37.66 ID:jhzJSCbl0

上条「俺は簡便してほしいけどな」

絹旗「ハラハラドキドキ、ピンチのヒロインの前にヒーローがかっこよく登場するなんて経験はそうできるものじゃないんです」

上条「そうか・・・・へっ?」

絹旗「えへへ ///////」

上条「あ、あはは・・・」

絹旗「これ私が作ったんです、よかったら食べてください」

上条「お、おう・・・クッキー?」

絹旗「口にあうといいんですけどね」

上条「食べてもいいか?」

絹旗「もちろんです」

上条「もぐもぐ、お、うまい」

絹旗「超がんばった甲斐がありました」フフン





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:39:39.64 ID:jhzJSCbl0

絹旗「上条、今から予定ありますか?」

上条「いや、特には無いけど」

絹旗「それじゃあ私と映画見に行きましょうよ!おもしろいのあるんです!」

上条「えっ?」

上条(女の子と二人で映画だと・・・)

絹旗「あ、嫌でしたか?」

上条「そんなことないそんなことない」フルフル

絹旗「じゃあ行ってくれますか?」

上条「もちろんだよ」

御坂「あっ!!」

上条「ん?」

絹旗「うわぁ・・・・」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:43:51.83 ID:jhzJSCbl0

御坂「あんたまた女の子にちょっかい出してるの?」

上条「なんでそういう扱いなんだよ」

絹旗「上条、知り合いですか?」ヒソヒソ

上条「ああ、ちょっとな」ヒソヒソ

御坂「むっ」カチン

絹旗「私昨日襲われそうになったのでちょっと抵抗あります」ヒソヒソ

上条「そっか、まあ悪いやつじゃないんだけどな」ヒソヒソ

御坂「無視してんじゃないわよ!」

上条「おいおいそんなに怒るなって」

絹旗「なんか怒りっぽい人ですね」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:49:39.49 ID:jhzJSCbl0

御坂「で?この子あんたの何なの?」

上条「えーっと」

絹旗「上条は私の命の恩人です」

御坂「命の・・・またあんた・・・」

上条「なんだよ」

絹旗「そんなわけでこれから二人で仲良く映画に行くんですよ」

御坂「二人で!?」

上条「ああ」

御坂(こいつがこの子と二人で映画・・・・べ、べつにあたしが気にすることじゃないし・・・・でも・・・)

絹旗(あ、そういうことですか・・・・ですがこの人に上条を渡すわけにはいきませんね・・)

絹旗「それじゃあ上条、急がないと映画が始まっちゃいますよ?」ギュッ

上条「お、おおそうだな」

上条(うわ、絹旗のやわらかいのが・・・)





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:56:17.78 ID:jhzJSCbl0

御坂「なっ!!」

上条「お、おい絹旗、恥ずかしいって //////」

上条(あたってる!!あたってるって!!)

絹旗「それは私も一緒です、今日の映画はカップル割引あるんで(嘘)このくらいはやらないとだめですよ?」

御坂「カップル・・・うぅ・・・・」

御坂(な、なによ・・・見せつけちゃって・・・・)

上条「あ、ああわかった、わかったから早く行こう!」

絹旗「はい、行きましょうそれでは!!」

御坂「え?うん・・・」



絹旗「ふふん、してやったりです」

上条「な、なあ絹旗」

絹旗「はい」

上条「一回離してくれねーか?」

絹旗「嫌ですか?」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 20:59:38.63 ID:jhzJSCbl0

上条「そ、そういうことじゃなくてだな、心臓がドクドクいってて汗がとまらねえ」

絹旗「なんだ、そんなことですか」

上条「そんなことって言われてもだな ///////」

絹旗「私も超ドキドキしてますから ////////」

上条「あうあう・・・」

絹旗「あはは・・・」

上条「しょ、しょうがねえな!もうこのままでいくか!」

絹旗「そうですね!このままでいきましょう!!」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 21:06:38.52 ID:jhzJSCbl0

上条「ただいまー」

インデックス「おかえりとうま、おなかへった!」

上条「すぐ作るから待っててくれよ~」

インデックス「とうま、何かご機嫌だね?」

上条「そうか?まあたいしたことじゃないぞ」

インデックス「そうは見えないけど?」

上条「たいしたことないんですよ~」

インデックス「絶対何かあった」

上条「ありませんよー」

ハーマヅラァー♪

上条「お、メール・・・・ぷっ」

インデックス「???」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 21:10:25.70 ID:jhzJSCbl0

インデックス「ねえとうま、何か私に隠してないかな?」

上条「いや、別に隠すようなことは何もないぞ?」

インデックス「むー」

上条「本当だって」

インデックス「ふん、とうまの馬鹿」

上条「はいはい」

上条(また映画に・・・もちろんお供させていただきますよっと)カチカチ

上条(ついに俺にも春が・・・・)

インデックス「えいっ」

上条「あ、こらっ!!」

インデックス「とうま、これは何かな?」

上条「人の携帯を勝手に見るんじゃねーよ!!」





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 21:13:31.12 ID:jhzJSCbl0

インデックス「この写真の女の子は誰なのかな?」

上条「べ、べつにいいじゃねーか!」

インデックス「ふーん」ニコニコ

上条「待て、落ち着けインデックス!!話し合おうじゃないか!!」

インデックス「うん、たくさんお話してね?」

上条「ああ、話すからそんな目で見ないでくれ」

インデックス「んがっ」

ガブッ

上条「いってええええ!!不幸だあああああ!!!!」


絹旗「ふふん、最愛ちゃんのセクシーショットで上条は絶対にメロメロなのです」

絹旗「また映画に行きましょうね、上条」

おわり





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 21:17:00.86 ID:+UT08yIU0

絹旗が可愛いすぎて俺のデュランダルが壊れた





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 21:17:04.86 ID:EvKgKnp00

超乙です





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 21:17:58.91 ID:kgucvd2L0

絹旗が可愛すぎて俺のボンバーランスが





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/04(土) 21:25:43.82 ID:yY22+i7b0








元スレ:絹旗「超来ないでください!!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344071526





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: