Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  マリベル「マリベルちゃんのステキなところ100」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
人の良いところってなかなか見えにくいよね。悪いところならイヤでも目に付くのに。
管理人も元祖ツンデレヒロインの魅力が今になってようやく分かってきました。遅い?乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:30:33.96 ID:67FTLv350

マリベル「さ、はやく言って」

アルス「……え?なに、いきなり」

マリベル「なぁによその顔。アルスのくせに生意気よ」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:31:33.16 ID:67FTLv350

アルス「いや、突然呼び出されたら何かあったのかと思うじゃないか。どうしたのマリベル?」

マリベル「べっつにぃー。ただ、パパは王様のところに行っちゃったし、
ママもそれに付いて行っちゃって誰もいないからヒマなのよ」

アルス「住み込みのメイドがいるんじゃないの?」

マリベル「あら、私を楽しませるのはアルスの仕事でしょ?」

アルス「…………」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:32:55.39 ID:67FTLv350

アルス「じゃ、じゃあ……どこか行く?エンゴウのお祭りでも見に行くとか」

マリベル「そんな気分じゃないわ。今日はうちから出たくないの。
だからアルスを呼びつけたんじゃない。それくらい気づきなさいよ」

アルス(弱ったなぁ……冒険してた時は色々あってナリを潜めてたわがままが、
平和になってからまた顔をもたげてきたよ……)

マリベル「あ、今なにか変なこと考えたでしょ。このムッツリ。やらしっ」

アルス「そんなの考えてない!」

マリベル「まぁ分からなくもないけどね。なにせアンタの前にいるのはフィッシュベルの網元の一人娘、
キレイでステキな魔法使い、みんなのアイドルマリベルちゃんだもの……
でもやらしいのはナシよ。したらメラゾーマよメラゾーマ」

アルス「しないって」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:34:04.73 ID:67FTLv350

マリベル「プクク……知ってるわよ。アルスにそんな度胸がないことくらい」

アルス「んなっ……ひどいなマリベル。僕だって一応、その……男なんだよ?」

マリベル「へぇー?アルスって男だったんだ。マリベルちゃん知らなかったぁ」

アルス「……マリベル」

マリベル「なによ、生意気ぃ。アルスのくせに」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:35:41.12 ID:67FTLv350

アルス「はぁ……いいよもう、で?僕を呼びつけて何をさせたいのさ。
いっぱつギャグ?ステテコダンス?コミックソング?」

マリベル「あのねぇ、お笑い大好きなどっかの神様や英雄じゃないんだからそんなの望んでないわよ」

アルス「じゃあ何なんだよ」

マリベル「だから言ってよ。私のステキなところ」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:36:48.11 ID:67FTLv350

アルス「……本気?」

マリベル「アンタ、私がこんなくだらない事でウソつくと思ってるの?」

アルス(むしろウソであって欲しいよ……)

アルス「じゃあ……まずは見た目からで」

マリベル「ん」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:38:43.07 ID:67FTLv350

アルス「目が綺麗だなって」

マリベル「ふぅん、妥当なところを選ぶわね」

アルス「海みたいな綺麗な色をしているなって思ったことがあるよ」

マリベル「アルスのくせに中々言うじゃない。吟遊詩人にでもなったつもり?」

アルス「一応、極めてはいるよ」

マリベル「どうでもいいのよそんなことは。じゃあ次ね」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:40:20.71 ID:67FTLv350

アルス「次は……髪。亜麻色の癖っ毛が、風に揺れてるとこがいいなって」

マリベル「髪の毛ねぇ。アルスにしては悪くない着眼点だわ。
この巻きを保つのは苦労するのよ?アルスのぼさぼさ頭じゃ想像もできないでしょうけど」

アルス「あのさマリベル」

マリベル「なによ」

アルス「やっぱりやめない?天気もいいし、外に出てどこかに行こうよ」

マリベル「いいのよたまには。今日はうちにいるの。
プラチナキングが来ようとギガミュータントが来ようとにじくじゃくが来ようと
ぜーたいに出ないんだから。さ、次よ次」

アルス(弱ったなぁ……)





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:41:37.53 ID:67FTLv350

アルス「えーっと、じゃあ次は……指先も整ってて綺麗だなって」

マリベル「……なんで体のことばかりなのよ。アンタまさか私を……」

アルス「ちちち違うよっ!だって100個も言うんだからちょっとくらいそういうのが入ってても仕方ないだろ!」

マリベル「あー、そうだったわね、うん。100個ね、そうね……」

アルス「え、なに今の。もしかして自分で言ったのを忘れてたの?」

マリベル「そんな訳ないでしょ。アルスのくせにわたしを勘ぐるなんて10年早いわ」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:42:48.58 ID:67FTLv350

アルス「なんだよもう……じゃあ次は性格の方でいくよ」

マリベル「どーぞ。好きなだけ言いなさい」

アルス「えーっと……」

マリベル「……」

アルス「その……あぁ、あれはちょっとな……こっちもまずいか……」

マリベル「~~~ッ!アルス!早く言いなさいよ!」

アルス「い、いやちょっと待って!あぁそう!それ!
言いたいことをハッキリと言うところ!ステキだと思うよウン!」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:44:02.77 ID:67FTLv350

マリベル「なーんか納得がいかないわ」

アルス「本当だってば!僕じゃあ言えないようなことも、
マリベルならハッキリと言えるのを見てて凄いなって思ったんだって!」

マリベル「具体的にはなによ。そこまで言うのならひとつくらい覚えてるでしょ」

アルス「えぇっとぉ~……」

マリベル「なんだか暑いわね、マヒャドでも唱えたい気分だわ」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:45:47.37 ID:67FTLv350

アルス「あぁぁレブレサック!そう!
レブレサックではマリベルにいてほしかったなって思ったんだ!」

マリベル「ん?どこよそれ。私しらないわよ」

アルス「アミットさんが病気で倒れてる間だから、マリベルはこっちに残ってたんだよ……
その村で、ちょっと色々とあってね」

マリベル「なによそれ気になる。ちょっと話しなさいな」

アルス「うん、少し長いんだけどさ……」

…………。





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:47:29.27 ID:67FTLv350

マリベル「なによなによなによそれぇ~っ!
聞いてるだけでイライラしてくるじゃない!
なんなのその村人たちは!おかしいでしょ!納得できないわ!」

アルス「お、落ち着いてよマリベル……石版の向こうの世界だからさ」

マリベル「そんなの関係ないわよ!やっていい事と悪い事はいつの時代も変わらないでしょ!
私がその場にいれば村人一人ずつにメラの一発でもぶつけてあげるのに!」

アルス(やっぱりいなくて良かったかも……)

アルス「と、とにかく……そんな感じで、こう言いたいことを言ってくれるのって、
一緒に旅をしていてすごく頼りになったんだ」

マリベル「……そうね、私に比べたらアンタってどこか頼りないもの。
よわっちぃから魔法で守ってないといけないし、回復だって楽じゃないのにまったく……」

アルス(……あ)





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:48:35.32 ID:67FTLv350

アルス「次、行っていい?」

マリベル「ん?いいわよ。何よいきなり乗り気になって」

アルス「マリベルって優しいよね」

マリベル「……と、当然でしょ。
美しさと優しさを兼ね備えているのがマリベル様の魅力の一つなんだから」

アルス「ウッドパルナって覚えてる?」

マリベル「覚えてるに決まってるじゃない。私たちが初めていった世界なんだから。
あの時の私はまだ幼くてそれはもう天使のような愛くるしさだったわ。そうでしょアルス」

アルス「あ、はぁ」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:50:02.20 ID:67FTLv350

マリベル「文句あるの?」

アルス「無いです……で、そのウッドパルナで、マチルダさんに花の種を渡した時にさ……
あぁマリベルってわがままなだけじゃないんだなって、そう思ったんだ」

マリベル「ふぅん。じゃあそれまではわがままだけだと思ってたのね」

アルス(ま、まずい!思わず口を滑らせてしまった!)

マリベル「……ま、いいわ。昔の私がほんの少し自分勝手だったのは認めざるを得ないから」

アルス「え?」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:51:28.46 ID:67FTLv350

マリベル「成長すると分かるの。
いくらバカ王子や鼻たれアルスと違ってデキのよかった私でも、
あの頃はまだ子供だったんだなって……ね」

アルス(なんだか自然とバカにされたけれど突っ込むとうるさいし黙っておこう)

マリベル「それにしても、マチルダさんか……」

アルス「天国では、幸せになってるといいね」

マリベル「なってるわよ。現世で辛いおもいをした人は、そのぶん天国では幸せになれるものなの」

アルス「じゃあマリベルは死んだら大変だ」

マリベル「バカね、私は例外に決まってるでしょ。死んだら天国でアイドルよ。
その時はアルスも苦労してるでしょうから助けてあげるわ、幼馴染のよしみでね。感謝なさい」

アルス「はいはい」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:52:37.44 ID:67FTLv350

マリベル「ねぇ、今度ウッドパルナにお花畑を見に行きましょうよ」

アルス「ん?でもあの花はグランエスタードにも……」

マリベル「あっちで見たいの。だめ?」

アルス「……いいよ」

マリベル「フフ、ありがと」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:53:49.43 ID:67FTLv350

アルス「あの時はこんな冒険をするだなんて思ってもみなかったなぁ。
ただキーファと一緒に遊んで、秘密の遺跡を探検して、それで石版を拾って……」

マリベル「キーファか……あのバカ王子は今頃どうしてるのかしらね」

アルス「今じゃないよマリベル。キーファがいるのは遠い昔さ」

マリベル「分かってるわよそんなこと。言葉のあやよ、あや」

アルス「キーファはきっと頑張ってるよ」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:54:47.57 ID:67FTLv350

マリベル「頑張ってライラさんとよろしくやってるんでしょ、あの工口王子のことだから」

アルス「マリベルぅ?」

マリベル「なによ良いじゃない。最後まで好き勝手やったんだから、
好き放題言われるくらいアイツは甘んじて受け止めるべきなのよ……
王様やリーサ姫の気持ちを考えたらそれでも足りないくらいだわ」

アルス「そっか……うん、二人も元気になるといいよね」

マリベル「なるわよきっと。平和な世界っていうのは、そういうものでしょ」





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:57:06.38 ID:67FTLv350

アルス「メルビンやガボ、アイラも元気かなぁ」

マリベル「メルビンとガボは殺しても死にそうにないわね」

アルス「ひどいけど、少し言えてるかも」

マリベル「アイラは今もどこかで踊ってるでしょ。もう一度みたいわね、あの踊り」

アルス「大地の儀式?」

マリベル「そ。トゥーラ付きでね。ジャンとライラさんも良かったけど、
アイラの踊りもとってもステキなんだもの」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 00:58:49.99 ID:67FTLv350

アルス「思い返してみると、本当に色々あったね……」

マリベル「良いことも悪いこともね……
でもまぁ、全体的にみても悪くなかったわ。アルスはどう?」

アルス「……うん。旅をして良かったと、そう思ってるよ」

マリベル「よろしい。私と一緒に旅が出来たんだから当然よね」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:00:16.22 ID:67FTLv350

アルス「ところでマリベル、僕そろそろ帰ろうかなーって思ってるんだけど……」

マリベル「何言ってるのよ。まだ全然100個になってないでしょ」

アルス(しっかり覚えてるんだもんなぁ)

マリベル「さ、続きをどうぞ」

アルス「えぇーっと、そうだな、じゃあモンスターとの戦闘の時に……」


…………。





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:01:27.74 ID:67FTLv350

アルス「……って感じで、これで100個そろったよ。もう、いいかな」

マリベル「ん、今日はこんなところで許してあげるわ」

アルス(もう最後は無理やりひねり出したよ……)

マリベル「しかしアレよね」

アルス「ん?」

マリベル「改めて私って凄いと思うわ。
普通の人なら100個もステキなところなんて出てこないもの。
出て10個がいいところよね」





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:03:06.29 ID:OXHpXJbO0

たしかにw





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:03:07.96 ID:67FTLv350

アルス「僕も10個あるの?」

マリベル「あら、アルスも自分のどこがステキなのか知りたいの?」

アルス「そ、それは少しくらいなら……」

マリベル「教えてあげない」





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:03:58.47 ID:67FTLv350

アルス「なんだよ僕はちゃんと100個言ったのに、ずるいよマリベル」

マリベル「仕方ないわねぇ……でも面倒だから一つだけよ。
一つだけ教えてあげるわ。心して聞きなさい」

アルス(もうこの際一つでもいいや)

アルス「ん」

マリベル「いくわよ。アンタのステキなところはぁ~……」





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:05:15.15 ID:67FTLv350

マリベル「わたしの壁になって戦闘でダメージを負ってくれるところよ」

アルス「……全然うれしくないんですけど」

マリベル「なぁによ、気に入らないっていうの?
数少ないアンタの長所なんだからしっかり伸ばしなさいよね」

アルス「はいはい」

マリベル「返事は元気よく!一回で!」

アルス「はい!分かりました!」

マリベル「よろしい。じゃあ外も暗くなるしそろそろ帰っていいわよ」

アルス「ようやく帰れるよ……」





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:06:53.94 ID:67FTLv350

マリベル「何か言った?」

アルス「何も言ってないよ。じゃあねマリベル」

マリベル「アルス、今度ウッドパルナに連れて行ってくれるの忘れないでね」

アルス「大丈夫、覚えておくよ」

マリベル「忘れたらどとうのひつじをけしかけてやるんだから」

アルス「忘れないってば!」





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:08:06.57 ID:67FTLv350

マリベル「ねぇ」

アルス「なんだいマリベル」

マリベル「呼んだだけよ。用なんて無いわ」

アルス「あーもう、僕帰るよ?じゃあね!」

マリベル「……なによあの態度、アルスのくせに。
他のステキなところも教えてあげようと思ったのに」





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:09:55.87 ID:67FTLv350

マリベル「まぁ別にいっか。アイツのステキなところなんて
どうせこの私くらいにしか見いだせないんだから、どうでもいいわよね」

マリベル「今じゃどこに行ってもアルスさま救世主さまだけど、
フィッシュベルでのなさけなーいアイツの姿までぜんぶ知ってるのは世界でも私だけ」

マリベル「……私だけ、か」

マリベル「悪くない響きね。
そうね、アイツは私だけのものってことにしましょ」

マリベル「他のぽっと出の奴になんて渡さないわ。なぁにがアルスさま~、よ。
こっちはアイツがおねしょして泣いてる時から隣にいたんだから」

マリベル「グレーテ姫にだって……ん?」





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:11:33.06 ID:67FTLv350

マリベル「……ひとの家の窓に小石をぶつけるなんてアンタはどういう教育を受けてたのかしら?」

アルス「ごめんごめん、言い忘れてたことがあってさ」

マリベル「なによ、改まって」

アルス「また明日ね、マリベル」

マリベル「それだけ?バッカじゃないの」

アルス「挨拶はちゃんとしなさいって前に言ってきたのはマリベルじゃないか」





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:13:41.76 ID:67FTLv350

マリベル「……アンタそんな前のことまだ守ってたわけ!?」

アルス「だって約束したし」

マリベル「~~~ッ!……はぁ、もうホントばか
……あんたちょっと人が良すぎ!騙されてもしらないわよ?」

アルス「じゃあその時はマリベルが止めてよ。
なんでも言いたいことは言ってくれるから安心だよね」

マリベル「……なんでもじゃないわ。私にだって、言えないことくらいあるわよ」

アルス「そうなの?」





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:15:22.69 ID:67FTLv350

マリベル「そうよ!この鈍感!バカ!ニブチン!地味顔!」

アルス「な、なんでいきなり怒ってるのさ」

マリベル「怒ってないわよ!じゃあね!また明日!」

アルス「あ、ちょっと!マリベ……」

マリベル「…………」

マリベル「はぁー……」





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:16:53.01 ID:67FTLv350

マリベル「なんでこの私が忘れかけてることを覚えてるのよあのバカは……
しかも簡単な思いつきで言っただけなのにきちんと守ってるし……」

マリベル「アイツ、このままじゃ悪いやつに騙されて
いずれとんでもない目にあうんじゃないかしら」

マリベル「私がしっかりしてないとダメね、ウン」

マリベル「……でも、言いたいことなんて言えないわよ」

マリベル「……す……す……す……」





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:18:28.52 ID:67FTLv350

マリベル「スライム!」

マリベル「っていうかなんで私から言わないといけない訳!?
こういうのは男からってのが相場ってものでしょ!?
私はただゆっくりと待ってるだけでいいのよ!
それなのにあののうみそスライム男は!
そういうところには気がきかないっていうかなんていうかぁ!」

マリベル「……ふん、待っててあげるわよ」

マリベル「何年でも待っててあげるから、さっさとしなさいよね」

マリベル「あーぁ、この気の長いところのせいで101個になっちゃったじゃない」





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:20:03.65 ID:67FTLv350

マリベル「ほんとマリベルちゃんってばステキなんだから。ヤになっちゃうわ」

マリベル「こーんな私に釣り合うのなんて世界中さがしてもアンタだけなんだから、しっかり自覚しなさいよ」

マリベル「アルスのばーか」



おしまい





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:21:29.29 ID:KvE7N3P3i


ドラクエ7中古で買ってくる





90:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:22:05.57 ID:xWxuawPq0

マリベルさま最高やで 乙





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:22:42.27 ID:NUomlMV6I


やっぱり7は良いね





101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/08/15(水) 01:32:47.60 ID:OeVoRQrC0

終わったか
おつ
マリベルは当時から大好きでしたとも
場面が変わるたびに「…」になるまではなすコマンド使ってたよ






元スレ:マリベル「マリベルちゃんのステキなところ100」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1344958233





  

【 関 連 記 事 】


す…す…す…スライム!

ワロタww
[ 2012/08/18 22:20 ] [ 編集 ]
この安易にデレない、そして決してデレすぎないマリベルの描き方うまいなぁ
[ 2012/09/28 18:26 ] [ 編集 ]
あぁ上手いな、これ
マリベル様のツンデレは黄金比でいらっしゃるなぁ
[ 2012/10/25 12:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: