Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  女敵「さっさとアタシなんか倒しちゃえばいいのに」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
こんなRPGが世の中にあったら・・・1000本注文したったwwwってスレ立てるのがVIPPER。
しかし何とも切ないなー。ホントに倒したくない敵っているから困る。メーカー様回避策を・・・乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:17:05.65 ID:xGeGXXgU0

全ては、中古屋で買ったゲームから始まった──


一度クリアしたらすぐ忘れそうなほど、ありきたりなタイトルのマイナーRPG。

値段は驚きの100円。

私は風呂上がり、さっそくプレイしてみた。


男「うわっ、オープニングからしてクソゲー臭……」

男「100円でも高いかも」

男「なんか無理ありすぎないか? このストーリー」


けなして、けなして、けなしまくる。

まるで日頃のストレスをぶつけるかのように。






2:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:17:51.84 ID:xGeGXXgU0

ゲームはなかなかはかどらない。

あることないことゲームのせいにしつつ、右往左往する。


男「あぁ~くそ、やられた……。一人旅RPGは俺にはキツイわ」

男「敵強すぎだろ~」

男「バランス悪いなこれ」


はっきりいって、私のゲームの腕はジャンルを問わずお粗末だ。

こだわりと向上心がないせいなのだろう。

高難度と評判のゲームには初めから手をつけない。

縛りプレイなどまずやらないし、クリア後のお楽しみにも興味は薄い。

初回プレイで攻略サイトを見ることもまるで抵抗がない。

もちろん、今回もそうした。





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:18:53.39 ID:xGeGXXgU0

グーグルで一件だけ、攻略サイトが出てきた。

といっても簡素な作りで、管理人の自己紹介と

大雑把に攻略の流れが書かれているだけ。


男「うおっ、あるのかよっ!」

男「世の中広いねぇ~」

男「こんなマイナーなゲームの攻略サイト作るとか、どんだけ暇人だよ」


などと失礼なことをいいつつ、しっかり利用する。

ゲームの進捗速度が少し上がった。

数日が過ぎた。





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:19:48.08 ID:xGeGXXgU0

苦戦しつつ、世界を駆け抜けるテレビの中の主人公。

攻略サイトを信じるならば、

今ゲームは終盤一歩手前、といったところだろうか──

そして私は出会ってしまった。


男「さっきセーブポイントあったし、そろそろボスか?」

男「お、なんかいる」

男「───!」


電流が走った。





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:20:51.11 ID:xGeGXXgU0

敵がいた。

1キャラしか通れない狭さの通路に、門番のように陣取っている。

倒さねば、先に進めない仕組みだろう。

マップ上のグラフィックは、女だ。

話しかけると、一言セリフを吐いて戦闘に突入。女の口調だ。

戦闘グラフィックもやはり女だ。


男「………」


私はコントローラーを床に置いた。





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:22:12.18 ID:xGeGXXgU0

彼女は重要キャラでもなんでもない。

せいぜい、この先にいる中ボスの前座ポジション。

戦闘前、一言セリフがあるだけ。

倒せば無言で、あるいは一言くらい残して消えるだろう。

それだけのキャラ。

なのに。

──なのに。

私はこの女敵に惚れてしまった!





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:27:12.62 ID:xGeGXXgU0

男「な、なんだこいつは……」


心臓が激しくおどる。

粗いグラフィックで表現された彼女は、私を射抜いた。

何故だ?

容姿? 性格? 戦術? 敵キャラというポジション?

分からない。分かる訳がない。

気づいたら──


男「あ」


防御ばかりしていた主人公は倒されてゲームオーバーになっていた。





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:29:10.63 ID:xGeGXXgU0

セーブしたところからやり直し。

もう一度彼女に挑む。

だが、見ただけで胸を締めつけられる。

さっきよりも重症だ。


男「ぐぅっ……」

男「なんなんだよ、これ」

男「ぁ……あぁ……」


所詮は中ボスの前座である。

普通にプレイすれば、倒せるはず。

だが、無理だった。

本日、二度目のゲームオーバー。





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:38:20.53 ID:xGeGXXgU0

三敗、四敗、五敗。

いつの間にか深夜になっていた。


男「はぁ、はぁ、はぁ……。ダメだ、今夜は寝よう」


しかし眠れない。

講義やバイトにも身が入らない。

かといってゲームをやめられない。

女敵を倒せず連敗しまくる日々。


男「俺、どうしちまったんだ……」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:38:39.33 ID:xGeGXXgU0

またもグーグルに頼る。

ゲームに出てくる“あの女敵”を調べまくる。

しかし──

このゲームを扱っているサイトは数件見つかったが、

彼女について触れてるサイトは皆無だった。

当然だ。ただでさえマイナーなゲームな上、その中にさらにマイナーな、

攻略の壁になるわけでもない敵キャラなど誰が取り上げる?

製作者ですら忘れているかもしれない。


男「くそっ、くそっ、くそっ!」

男「誰でもいい! 誰かと……誰かと!」

男「この気持ちを共有したい!」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:40:09.69 ID:Xw2KMpM/0

わかりすぎて困る





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:41:36.41 ID:xGeGXXgU0

男「そうだ!」


私は攻略サイトを思い出した。

管理人のメールアドレスが載っていたはず。

そこに、

『攻略役立ちました。ところで中盤に出てくる女敵、可愛いですよね』

という旨のメールを送る。

すると返事は、

『役に立てて嬉しいです。でも、女敵はチョット覚えてないです。ごめんなさい(笑)』


男「俺だけか!」

男「世界で俺一人だけなのか!?」

男「彼女を愛しているのは!」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:52:00.49 ID:xGeGXXgU0

マイナーキャラを扱うサイトや掲示板に、書き込んでみるが、レスはつかなかった。

ネット広しといえど、彼女を愛しているのは本当に私一人だけらしい。

私は同類項を探すのを諦めた。

ならば、元の平凡ゲームプレイヤーに戻るために、彼女を克服しなくては。


男(全てはこいつを倒せば解決する……!)

男(全クリまでの流れも丸暗記しちゃったし)

男「倒して、一気にクリアして、ゲームを処分する!」

男「それで終いだ!」


なのに、倒せない。

誰かのせいで非暴力主義を貫く主人公は、今日も女敵に倒されるのだった。


男(これはもはや病気の域だ。ネットゲームがやめられない奴の方がマシなくらいだ)

男「俺は、もう終わりだ……」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 00:52:22.11 ID:xGeGXXgU0

 「なにがオワリだって?」

男「………?」

女敵「いや、なんかオシマイだって言ってたじゃない」

男「うわっ!?」

女敵「あ、ごめんなさい。驚かせて」


振り向いたら、あの女敵がいた。

ドットでもポリゴンでもCGでもないのに、

全てがゲーム上の印象そのままだった。

粗いグラフィックでセリフも一言しかない彼女を、もしゲームから出したら──

目の前にいる女性は、まさにそれだった。





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:07:14.60 ID:xGeGXXgU0

男「俺はとうとうノイローゼになったようだ。幻覚症状だ」

女敵「失礼ね、幻覚なんかじゃないわ」

男「じゃあ、あんたはいったいなんなんだよ!?」


言葉とは裏腹に、私の胸は高鳴っていた。

幻覚でもよかった。

ノイローゼよ、ありがとう、だ。


女敵「アタシに興味持ってる奇特な人間は、アナタ?」

男「奇特……」

女敵「もしかして違った?」

男「いやいやいや(大当たりです)」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:07:30.19 ID:xGeGXXgU0

男「ところで、あなたは?」

女敵「今更説明することもないでしょ」

男「ってことは、やっぱりあのゲームの敵キャラ……」

女敵「そうよ」

男「なぜ、俺のところに……」

女敵「だから、アナタがアタシに興味あるらしいから」

男「あ、ああ、そうだった」


会話が一周してしまった。





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:07:49.55 ID:xGeGXXgU0

男「え、と……これは夢とかじゃないんだよね?」


頬をつねる。

痛い。


女敵「もちろん現実よ」

男「しかし君はゲームのキャラ……」

女敵「そうよ」

男「なぜゲームの外に出てこれたんだ?」

女敵「う~ん、アタシもよく分からないのよね」

女敵「あっちで、アタシに強烈な興味を持ったヒトの思念みたいなものを感じて」

女敵「アタシも会ってみたいなぁ、と思ったら」

男「ここに来ていた、と?」

女敵「えぇ」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:14:48.00 ID:xGeGXXgU0

男「あっちでも、君は門番をやってるの?」

女敵「いいえ、あっちの世界を適当にたむろしてるだけ。退屈なものよ」

男「ドラマ撮影が終わって、あとは視聴者の反応を見るだけの役者、って感じかな……?」

男「さっきまで君は楽屋にいた、とでも考えればいい?」

女敵「えぇ。といっても、演技じゃなくて本気だけどね」

女敵「アナタの操作キャラ(主人公)側のキャラは大嫌いよ」

男「ふうん」

男(強烈な思念を感じたからって、ゲームキャラが現実に来るなんてありえるのか?)

男(これがアリなら、こういう事件がそこら中で起きてるはずだ)

男(………)

男(ゲームキャラが現実に来られる条件は、自分を強烈に愛している人間が一人の時のみ、とか?)

男(──だとすれば、まだ分かる気がする)

男(いやもうどうだっていい! とにかく彼女は俺の為に来てくれたんだ!)





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:15:06.13 ID:xGeGXXgU0

男「なにか飲み物でも入れるよ」

女敵「あ、おかまいなく」

男「──ところで、君はゲームでは敵役、世界を脅かす側だったわけだけど」

男「こっちの世界をどうこうするって気はないんだよね?」

女敵「まったくないわ」

男(ほっ……)

女敵「アナタがいるしね」

男「えっ」

女敵「あら噂をすれば、ちょうどあのゲームやってたとこだったのね」


ゲームオーバー画面から放置していたので、タイトル画面になっていた。


男「え、あ、ああ……」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:18:36.47 ID:xGeGXXgU0

女敵「ちょっとやってみせてよ」

男「ああ……」

女敵「アタシに興味持ったってことは、アタシはもう越えたはずよね」

女敵「──ってことは、ラスト寸前くらい?」

男(越せてないんだな、これが……)


セーブポイントから再開。


男「………」

女敵「あら?」

男「………」

女敵「ここって、アタシがいるエリアじゃない?」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:18:52.74 ID:xGeGXXgU0

男「そうだよ、これは君と戦う直前のセーブデータだ」

女敵「あら、そうだったの」

女敵「あ、もしかしてアタシに苦戦して興味を持ったとかそういうパターン?」

女敵「苦戦するほどアタシ強かったかしら」

男「……違う」

女敵「どういうこと?」

男「プレイすれば分かる」


ゲーム内の女敵に話しかけ、戦闘開始。

実物(?)に出会えたせいか、いつもより緊張は薄れた。

だが──





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:31:12.60 ID:xGeGXXgU0

女敵「ん?」

女敵「え?」

女敵「なんで攻撃しないの?」

女敵「あーあ……やられちゃった」


やはり攻撃できなかった。

苦戦、ですらない、不戦。


女敵「さっさとアタシなんか倒しちゃえばいいのに」

女敵「あ! もしかして、攻撃コマンドを使わない縛りプレイとか?」


そんなことするはずがない。

私は、使えば楽になるバグ技を知ったら、ちゅうちょなく使うタイプだ。


男「違うんだ」

女敵「?」

男「俺には君を攻撃できない」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:32:34.76 ID:88iasY1B0

なんか切ないな





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:32:57.01 ID:xGeGXXgU0

男「だから、このゲームを一生クリアできないんだ……」

女敵「………?」

男(引かれただろうな、我ながら気持ち悪いもん)

女敵「……怖いのね?」

男(君を傷つけるのがな)

女敵「じゃあ特訓しないと」

男「えっ」

女敵「まずは腕相撲からね」

男「いや、え、あの(なんかちがう)」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:34:42.16 ID:xGeGXXgU0

腕相撲開始。


男「ふっ、くっ、ぐぅ~!(全っ然、動かねぇ!)」

女敵「加減しなくていいって」

男「ぬぅ~!(この細腕のどこにこんな力が!?)」

女敵「全然力を入れてないでしょ、まだアタシが怖いの?」

男「ふんぬぅ~!(両手でも全然動かん! ……くおっ)」

女敵「じゃあ、こっちから」


ボキッ


男「あっ」

女敵「あっ」


私の右腕が折れた。





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:41:41.19 ID:xGeGXXgU0

当然の結果だった。

初期状態で一般人より遥かに強いという設定の主人公が、冒険してさらに強くなって

ストーリー終盤近くで出会う敵が彼女なのだ。

一介の学生である私が腕っぷしで勝てるはずがない。


女敵「ご、ごめんなさい!」

男「へ……平気平気……(とかいって涙止まらないし、俺ダセェ~! いてェ~!)」

男「(骨折とか、小学生の時以来だ)とりあえず病院──」

女敵『回復呪文』

男「あれ、一瞬で痛みが消えた……腕が治ってる」

女敵「ふぅ」

男(そ、そういえば)


彼女は魔法と直接攻撃を駆使する敵キャラだった。





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 01:43:21.07 ID:xGeGXXgU0

女敵「じゃあ今度は指相撲で」

男「いやいやいや、そういうことじゃないんだ」

女敵「え?」

男「ゲームの敵が俺より強そうで怖いから戦えない、ってわけじゃないんだ」

女敵「そうなの?」

男「ああ。もしそうなら、俺は最初のボスすら倒せていない」

女敵「ふうん。じゃあアタシを倒せなかったのは、なんで?」

男「……傷つけたくないから」

女敵「へぇ~優しいのね。今時珍しいんじゃない?」

男(どうもおかしな捉え方をされたっぽいな……)





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:01:45.95 ID:xGeGXXgU0

女敵「でも、たかがゲームよ?」

女敵「登場キャラである身としてもクリアはして欲しいしね」

男「分かった、もう一度やってみるよ」


ダメだった。


男「ゴメン……」

女敵「やだ、謝らないでよ。気にしてないから」

男「俺は君の期待に応えてやれない……」

女敵(まずい、どんどんネガティブになってる。なんとかしてやらないと)

女敵「──そうだ、いいこと思いついた!」

男「なに?」

女敵「アタシを倒すとこだけ、アタシがやるのよ」

女敵「アナタのやってるのを見ていて操作は覚えたから、まず大丈夫よ」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:03:23.31 ID:xGeGXXgU0

女敵「いいアイディアでしょ? 我ながら」

男「………」

男「ダメだ」

女敵「えっ、どうして?」

男「男としての──」


はるばる遠いところからやってきた、心が崩れかけるほどに惚れた女に

自分の前に立ちはだかる壁を代わりに壊してもらう。

断じてあってはならない。

たとえゲームであろうとも。

これは男としての──


男「プライド」

女敵「は、はぁ……(妙なところで頑固なタイプね)」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:03:45.15 ID:xGeGXXgU0

男(なにがプライドだよ……。アイディア考えてもらってる時点でアウトだろ……)

男「というわけで、君がプレイするってのは却下な」

女敵「分かったわ」

女敵「……でも、どうするの?」

男「(当然の疑問だよな)あ、ああ……えーと……」

男「スルーするってのはどうかな?」

女敵「スルー?」

男「君と戦わずに済ませるのさ」

女敵「できるの?」

男「やってみる」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:14:09.69 ID:xGeGXXgU0

ゲームでは、たまにボスと戦わずに先へ進める裏ワザがある。

意図的な場合もあれば、バグの場合もある。

だが──


女敵「ないわね」

男「ないな~」

男(改造とかすれば可能かもしれないけど、全くそっちの知識はないしな……)





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:14:23.74 ID:xGeGXXgU0

女敵「やっぱりアタシとの戦いは避けられない運命なのね」

男「残酷だねぇ、運命ってのは」

男(いや、待てよ)

男「これさ、和解ってできないかな?」

女敵「和解?」

男「主人公とゲームの中の君を、和解させるんだよ」





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:14:50.77 ID:xGeGXXgU0

男(ってできるわけねーだろ! 和解ルートなんてプログラムされてるわけがない)

女敵「無理ね」

男(即答かい)

女敵「和解なんて絶対不可能よ」

男「──? お、おいどうした」

女敵「アナタだからこうやって話しているの。そう、アナタだから」

女敵「もし、アナタがあのゲームの主人公だったら──」

女敵「すぐさま攻撃しているわ。なにをいわれようと、ね」


彼女の敵キャラとしての一面を垣間見た気分だった。

私に対しては治療してくれたり助言してくれたりと優しいが、

彼女は敵キャラなのだ。

ゲーム内の女敵も、今目の前にいる女敵も。





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:19:10.87 ID:xGeGXXgU0

男「なんか悪かったな……和解とかいって」

男「君にとっちゃ宿敵だもんな、まさに。軽率だった」

女敵「えっ? あ、え? 気にしないで、アタシもどうかしてたわ」

男「いや、俺が悪かった」

男「俺には主人公を操る者として、君を倒す責務がある」

女敵「お」

男「やるよ。このままじゃ、ゲーム内の君はいつまでたっても敵になれない」

男「やってやる!」

女敵(なんだかよく分からないけど……)

女敵(ちょっとだけ……かっこいい、かも)





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:27:28.02 ID:xGeGXXgU0

私は再びコントローラーを手に持った。

世界で一番愛している女を倒すため。


男「……倒すよ、いいんだな」

女敵「もちろん。ゲームのアタシも倒されることで、役割をまっとうしたいはずよ」

男「もう一度セーブポイントからだ」


一分後、主人公は女敵のいるエリアに到達した。

話しかける。

バトル開始!





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:39:25.81 ID:xGeGXXgU0

しかし、やはり指が止まってしまう。


男(『攻撃』すればいいのに、できない!)

女敵「………」


すると、後ろで眺めていた女敵が私の背中にのしかかってきた。

二人羽織りのような体勢になる。


男「お、おい」

女敵「アタシがついてるわ」

男(や、柔らかい……あったかい)

男(心強い……!)





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:40:04.65 ID:xGeGXXgU0

女敵「伝わる? アタシの感触、アタシの熱、アタシの息……」

女敵「アタシはここでじっとしてるから──」

女敵「大丈夫だから──」

女敵「アナタは戦いに集中して!」


私のコントローラを持つ手に、勇気が宿った。


男「ありがとう」

女敵(ようやくアタシへの恐怖心を払拭できたようね)





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:43:02.98 ID:0xo0lAd90

倒していい…のか?





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:52:05.92 ID:xGeGXXgU0

男「ところで……ゲーム内の君を攻撃しても、君に危害が加わるようなことはないんだね?」

女敵「もちろんよ」

女敵「もしそうだったら、とっくの昔にアタシは死んでるはず」

男(たしかに……。かなり古いゲームだし、少なくとも攻略サイトの奴はクリアしている)

男(ゲーム内の彼女を倒しても、後ろにいる彼女は無事なはず)

男「分かった、やろう」


これまで非攻を貫いてきた主人公が、ついに女敵に一撃を入れた。

男(や、やった……!)

女敵「……ぅあっ……!」

男「!」





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:52:47.60 ID:xGeGXXgU0

男「ほ、ほら! やっぱりダメージが!」

女敵「いや大丈夫……やっと一撃入れてくれたから嬉しかっただけ。続けて」

男「分かった……」


2ターン目。

主人公の剣が唸る。


男(お、クリティカル)

女敵「あっ……ふっ、くっ……!」

男「やっぱり大丈夫じゃないだろ! すぐリセットするよ!」

女敵「ち、違うの……」

男「ち、違うって、すごい痛がってるじゃんか」

女敵「気持ち……よかったの……」





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:57:45.08 ID:xGeGXXgU0

男「気持ちよかった……?」

女敵「ゲーム内のアタシが攻撃を受けた後、電気みたいな快感が体を走って……」

男(どういうことだ)

男「危険はないんだな? 体は平気なんだな?」

女敵「えぇ、ダメージとかではないわ」

男(嘘に決まってる。なんて優しいんだ)


3ターン目。さらに一撃を入れる。主人公のダメージはさほどではない。


男(やっぱりあまり強くないな、いけそうだ)

女敵「………っ!」

男(俺が心配するから声殺してるのか。無理しなくていいのに……)





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 02:59:26.25 ID:xGeGXXgU0

女敵が回復魔法で自分を回復する。


男(そういや回復できるんだったな。ゲームオーバーにはならないだろうが、長引くかも)

女敵「はぁ……はっ……はぁ……」

男(長引かせて、彼女を苦しめたくない。よし、回復せず攻撃に専念だ!)


男「よし、またクリティカル出た!」

女敵(……ぁっ……っ!)

男「もういっちょ!」

女敵(……ひぁっ……)


6ターン目。ついに来るべき時は訪れた。

主人公のトドメの一撃が決まった。

女敵は断末魔もなく、通路上から姿を消した。





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:00:00.81 ID:xGeGXXgU0

男「や、やった……!」

男「ついに君を倒し──」


私の背中にいたはずの彼女はいなくなっていた。


男「……だよな」

男「そんな気がしてたよ」


悲しかった。

しかしここで立ち止まっては、私の“一歩”を手伝ってくれた彼女の努力が無駄になる。

立ち止まってはならない。





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:05:42.35 ID:xGeGXXgU0

男「もう日が変わってたか……」

男「明日は予定ないし、クリアしてやる」


私はかつてない集中力で、女敵打倒後のゲームをプレイした。

消化試合などではない。

彼女に報いるためにも、全力でプレイする。


男「全クリしてこそ──」

男「彼女の想いは成就する」





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:06:05.03 ID:xGeGXXgU0

ゲームは終盤へ突入。

世に全く評価されていないマイナーRPGだけあって、

素人目にもハチャメチャでベタベタな展開が続くが

私は黙々と集中してプレイする。

これが彼女がいる世界なのだから。


男「ついにラスボスか……」


ラスボスは強かった。

バランス調整を疑いたくなるくらいに強かった。

先の攻略サイトでも「強すぎ」と評されてただけのことはある。

だがレベルを上げ、装備を整え、ついに倒した。





75:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:08:02.33 ID:xGeGXXgU0

エンディングが始まった。

世界に平和が戻り、スタッフロールが流れ、終了。

プレイ中散々に酷評した身でいうのはなんだが、やはり感慨深いものがあった。

当たり前だが、女敵はエンディングに出てくることはなかった。

このゲーム内の彼女は、途中で倒される障害の一つにすぎなかった。


エンディングを迎えた時、窓の外は朝になっていた。


男(彼女を倒さなきゃ、俺はずっと彼女と一緒にいられたのかな……)

男(一緒にいたかった)

男(たとえ彼女がそれを望まなくても)





76:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:08:45.36 ID:xGeGXXgU0

男(全クリしたら、このゲーム処分しようかと思ってたけど)

男(持っておこう)

男(持っていれば彼女とまた会える……そんな気がする)


集中していた脳が、一気に眠気をもよおす。


男(徹夜でゲームなんて久々だったな……少し寝るか)


万年床を涙で濡らしつつ、私は眠りについた。





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:14:01.60 ID:xGeGXXgU0

夕方頃、目が覚めた。

男「さすがに寝すぎたな……よく考えたら久々に熟睡できたし」

男(これも彼女のおかげだな……)

男「ふぁ……あっという間の休日だったな」

男「でもこれで、あの奇妙な生活ももう終わりか」





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:14:39.73 ID:xGeGXXgU0

 「なにがオワリだって?」

男「え」


振り向いたら、彼女がいた。


男「き、消えたんじゃ……」

女敵「あんまり気持ちがよかったから、変な声出る! と思って一度帰っちゃったの」

女敵「あんな風になったの初めてで、動揺して」

女敵「何度か戻ってきたけど、真剣にゲームやってたり、熟睡してたから」

女敵「なかなか話しかけられなかったの、ごめんなさい」

男「いやいやいや、全然気にしない」





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:14:57.06 ID:xGeGXXgU0

男「だって俺、君が好きだから」


私は今、とても幸せだ。


<完>





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:16:17.61 ID:QeHcKiL/0

乙!おもしろかった!





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:17:43.41 ID:IlOSRnJ+0


こんなゲームだったらいくらでも買う





88:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:18:45.42 ID:0xo0lAd90


これが百円か





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 03:38:59.80 ID:rY7G233A0

このゲームどこに売っている!!





94:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 04:30:02.05 ID:oQpE+3ub0

ちょっとゲーム買ってくる





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 04:54:14.27 ID:5ynJ9+kcO

俺も女の敵大好き





99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 06:12:13.52 ID:GrvmsvfA0

大層乙であった





101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/12/27(火) 06:28:42.47 ID:nwIV3DBr0


これ売ってくれ









  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: