Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  禁書「お腹減った…」ナルト「誰だってばよ…」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
何処の世界に迷い込んでいるんですかインデックスさん。魔術、科学、忍術←new!ってこと?
10万3000冊の知識があれば忍術も何とかなる!・・・のか?せめて幻想殺しサンが一緒だったら乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 20:48:22.68 ID:cviSBXJa0

禁書「お腹吸いたって言ってるんだよ?」

ナルト「カップラーメンならあるけど…喰うか?」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 20:50:49.22 ID:cviSBXJa0

禁書「君!いい人だね!」

ナルト「お…おう、ところでお前里のモンじゃねーよな?」

禁書「うん…終われてきたんだ…」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 20:55:43.05 ID:cviSBXJa0

ナルト「忍術?」

禁書「違うんだよ!魔術なんだよ!」

ナルト「呼び名が違うだけで同じ気がすっけどな…」

禁書「むう!神の御加護無しで力を得る忍術と一緒にされたくないんだよ!」

ナルト「」カッチーン





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 20:57:41.50 ID:cviSBXJa0

ナルト「何かバカにされた気がしてムカつくってばよ!」

ナルト「ならその魔術ってやつを見せてくれ!」

禁書「私は魔術は使えないんだ」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:01:45.70 ID:cviSBXJa0

ナルト「はぁ?つまり、どういうことだってばよー」

禁書「でもこの修道服はどんな刃物刺されても大丈夫な力を持ってるんだよ!」

ナルト「へー、あそう」

禁書「あー!きみ信用してないね!?」

ナルト「ガキの話には付き合ってらんねぇ」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:04:22.95 ID:cviSBXJa0

禁書「じゃあいい?あなたの一番強い忍術で私を攻撃してみて!」

ナルト「え?お前ってばそれ本気でいってんの?」

禁書「うん!」フンス

ナルト「はぁ~言っとくけど俺の技は派手だから部屋のなかじゃできねーってばよ





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:08:53.05 ID:cviSBXJa0

ナルト「という訳で公園にきた」

ナルト「万が一の為にサクラちゃんにも来てもらったってばよ」

サクラ「はーい!どんなケガも一瞬で治しちゃうな天才医療忍者サクラちゃんでーす!」

サクラ「ってナルト、あんたマジでやんの!?」

ナルト「だってしょうがねーだろ…やらねえときがすまねーらしいし…」

禁書「早くするんだよ!」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:10:15.69 ID:K3m06rgN0

普通にクナイで刺すぐらいにしろよ…





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:13:41.42 ID:cviSBXJa0

ナルト「さすがに尾獣玉はやばいか…なら!影分身!」ボン

ナルト「はぁああああ!(螺旋丸!!」キュイーン

サクラ「それでも十分ヤバイような…」

禁書「くる…?」

ナルト「くらええええ!!」ガッ

禁書「うわああああああ!」ギュルルルルルルルズドドドーン!





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:17:38.87 ID:cviSBXJa0

禁書「………」ドサドサドサ

ナルト「お…おい!大丈夫か!?」

禁書「………」ガクガクブルブル

サクラ「す…凄い、かすり傷1つ無い…」

ナルト「お…お前の言ったことは本当みたいだな…あははは」

禁書「うっ…うっ…」ポロポロ

ナルト「お…おい…」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:23:11.46 ID:cviSBXJa0

禁書「うわああああああん!怖かったんだよおおお!」

サクラ「ちょっとナルト!あんたやり過ぎよ!」

ナルト「えぇ!?俺セーブしたし、こいつが勝負挑んで…」

禁書「うわああああああん!!」

サクラ「ほら、早く謝りなさいよ!」

ナルト「わ…悪なったなインデックス!俺が悪いってばよ!」

ナルト「何でもするから泣き止んでくれ!」

禁書「ん?今何でもするって言ったよね?」

ナルト「え?」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:30:30.12 ID:cviSBXJa0

禁書「おじさん!おかわりなんだよ!」

テウチ「へいおまち!」

ナルト「はぁ~インデックス食い過ぎだってばよ~」

禁書「サクラから聞いたんだよ!ナルトは任務でいっぱい稼いでるって!」

ナルト「サクラちゃ~ん、余計なこと言うなよ~」

サクラ「別に良いじゃないの、泣き止んだんだしさ!」

ナルト「まぁそうだけど…少しは感謝してんの?サクラちゃんのもおごってんだよ?」

サクラ「なにいってんの!休日にあんたの都合に合わせてやったんじゃない!

そのお礼として当然よ!」

ナルト「ま…そうか」

サクラ「というのは冗談よ!あはは!ご馳走さまナルト!」

ナルト「どういたしまして…」

禁書「テウチ!おかわりなんだよ!」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:35:28.56 ID:cviSBXJa0

ナルト「にしても魔術に魔術結社か…」

サクラ「一応火影様に報告しておくけど…」

ナルト「あぁそれがいいな」

サクラ「でもどうするのこれから、その魔術師たちがいつ襲ってくるか分からないし…」

ナルト「うーん…」

禁書「~♪~♪」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:39:06.81 ID:cviSBXJa0

ナルト「じゃあサクラちゃん預かっといてくんね?」

サクラ「そうよねー、あんたに任せてると何されるか分からないし」

ナルト「ちょ、それどういう意味だってばよ!」

サクラ「インデックス~?今日から私と住まない~」

禁書「えぇ~ナルトのほうがいいんだよ!」

サクラ「え、まじ?」

ナルト「えっ、いやだ」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:43:20.43 ID:cviSBXJa0

禁書「私の胃袋はサクラじゃ賄いきれないんだよ!」

禁書「お金の沢山持っているナルトに全部任せるんだよ」

ナルト「金かよ…」

サクラ「そういうこと、じゃあ頼んだわよ!それと、決して手を出さないこと!」

ナルト「はいはい…」

禁書「わぁい!沢山ラーメン食べるんだよ!」





ヒナタ「誰なのアノコ…」ギリギリ





ステイル「なんだあの金髪は!」ギリギリ





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:46:50.67 ID:cviSBXJa0

ナルト「じゃあお休み~」

禁書「お休みなんだよ~」


禁書「…」

ナルト「寝顔は可愛いなぁ…」

ナルト「いかんいかん!俺ってば約束は守る男だからな!」

ナルト「さっさと寝るってばよ!」





ズドドドドドーーーーン!!!





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:49:19.17 ID:cviSBXJa0

ステイル「はぁ~派手にやり過ぎたかな~」

ステイル「ま、別にあの子は修道服があるから心配ないが…」

ステイル「あの男は部屋ごと消し飛んだかな?」

ナルト「何寝言いってんだってばよ」

ステイル「な、なにぃ!?」クルッ





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:52:16.97 ID:cviSBXJa0

ナルト「てめぇが真面目か、そんな殺気出したらバレバレだっつーの」

ステイル「ちぃ!塵は塵に!灰は灰に!」

ナルト「!?」

ステイル「吸血殺しの紅十字!!」ズドドドドドーーーーン





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:53:48.24 ID:cviSBXJa0

ナルト「てめぇが真面目か←×


ナルト「てめぇが魔術師か←◎





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 21:58:04.02 ID:cviSBXJa0

ステイル「ふっ!今度こそ!」

ナルト「…」ゴゴゴゴゴ

ステイル「な…なにぃ!?」

ナルト「本当なら水遁でなんとかできりゃーいいが、俺はつかえねー」ゴゴゴゴゴ

ナルト「しかも俺ってば風遁だから相性も悪い」ゴゴゴゴゴ

ナルト「だから力でぶっ飛ばすしかねぇんだ(九尾モード)」ゴゴゴゴゴ

ステイル「な…なんだあのオーラは…」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:01:10.30 ID:cviSBXJa0

ステイル「ふふ…どうやらとっておきを出すしかないみたいだね…」

ナルト「?」

ステイル「出でよ!イノケンティウス!」

グォォアアアアア!

ナルト「…」

ステイル「やれ!」

グォォアアアアア!

ナルト「オラァ!!」ガツン





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:03:22.77 ID:cviSBXJa0

ナルト「かてぇ…」

ステイル「ふふふ…」

ナルト「なら…(惑星螺旋丸!!」ギュイイイイン

イノケン「グアアアアア!」シュン

ナルト「やったか!?」

ステイル「くくく…」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:08:21.77 ID:cviSBXJa0

イノケン「グォォアアアアア!」

ナルト「復活した!?」

ステイル「イノケンティウスは何度でも蘇るのさ!」

ステイル「ルーンが有る限りな!」

ナルト「ルーン?」

ステイル「そうだ!ルーンとは魔術文字のことであり、カードに…」

ナルト「話が長くなりそうだから終わりだってばよ」シュン

ステイル「なっ!後ろ…っ!」ドサドサドサ

ナルト「俺ってば木の葉の黄色い閃光って呼ばれてんだ」

ナルト「お遊びはここまでだってばよ」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:13:03.58 ID:cviSBXJa0

禁書「ふぁ…あれ、ここは…」

ナルト「あぁ、目が覚めたか」

サクラ「インデックスおはよー!昨日は大変だったわね!」

禁書「?」

ナルト「お前ってばずっと爆睡してたのかよ…昨日は大変だったんだぞ?」

ナルト「寝てたら魔術師が襲ってきて、生け捕りにしたのは良いけど…」

サクラ「ナルトの部屋がボロボロになったから私の家に泊めたわけ!」

禁書「あ…そうだったんだ…」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:15:50.51 ID:cviSBXJa0

禁書「ごめんね…迷惑かけて…」

ナルト「えっ?」

禁書「もう私に関わらないほうがいいかもね」

禁書「ラーメンありがと!お世話になりました!」

ナルト「ちょ!待てってばよおい!」

サクラ「インデックス!?」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:20:39.82 ID:cviSBXJa0

ナルト「待てよ!他にいく場所あんのか!?」

禁書「協会までいけば匿ってくれるかも…」

ナルト「教会って…そんなの頼りになんのかよ?」

ナルト「俺が強いから何とかなったが、この前の男、大した奴だってばよ?」

サクラ(然り気無くじまんですか…)

禁書「でも、私と一緒にいると不幸に…」

ナルト「仲間一人救えねぇ奴が!火影になんかなれっかよ!」

禁書「!?」





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:26:13.30 ID:cviSBXJa0

禁書「火影って…?」

サクラ「火影は木の葉で一番偉い忍のことよ」

サクラ「ナルトは昔からの夢、

そして大切な仲間を守れる忍こそがそれにふさわしいと考えてきたのよ」

禁書「そうなんだ…」

ナルト「心配すんな、お前を苦しめる奴は俺が全員ぶっ飛ばしてやる!」

サクラ「ナルトの気持ち、わかってあげてくれる?」

禁書「分かったんだよ…」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:32:36.62 ID:cviSBXJa0

サクラ「さぁーって朝ごはん作りますかー!

ナルトは毎日3食カップラーメンだからちょうどいいわ!」

ナルト「うっ…それは否定できないってばよ…」

禁書「質より量の私でもそれは嫌かも…」

ナルト「ラーメンは旨いから良いんだよ!」

サクラ「だからって朝からラーメンはねぇ」

禁書「サクラの手料理楽しみなんだよ!」

ナルト「おっ!こりゃラッキーだってばよ!」

ナルト(これからもいいことあるといいな!)










65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:33:55.07 ID:cviSBXJa0

寝ます、ありがとうございました

機会があればまた書きます





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:28:29.42 ID:NjXVFgXC0

ステイル「クロスオーバーssでの僕の扱いが酷すぎる件について」





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:34:10.55 ID:30uDT78n0

どういうことだってばよ





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/09/30(日) 22:34:24.07 ID:NjXVFgXC0

神裂「あの…私の出番が…」






元スレ:禁書「お腹減った…」ナルト「誰だってばよ…」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1349005702





  

【 関 連 記 事 】


ステイルがゼロ魔SSのギーシュみたいになってきたなw
[ 2012/10/06 19:36 ] [ 編集 ]
ねーちんや五和ならナルトの世界でも違和感ないかも。
上条さんの右手は忍術消せるのかな?
[ 2012/10/07 13:55 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/06/27 12:44 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: