Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  まどか「大丈夫……いつでも一緒だよ、ほむらちゃん」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
まどっちとほむほむは切っても切り離せない関係可愛い!・・・あの二人の安定感は異常。
これまで見てきた中でもダントツの一体感。それはまどかの願いの影響だったのか・・・乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 21:34:00.19 ID:daJfN01S0

QB「それが君の願いかい、鹿目まどか?」

まどか「うん…さぁ叶えてよキュウベエ!」

ほむら「……」






2:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 21:36:46.43 ID:daJfN01S0

QB「…いやぁ魔法少女になったまどかは凄いね、一撃であのワルプルギスの夜を倒すとは…」

QB「そして…魔女になってもね?」

ほむら「…」

QB「どうしたんだい?戦わないのかい?」

ほむら「私の戦場はここじゃない…」カシャ シュイーン





3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 21:41:10.98 ID:daJfN01S0

ほむら「…」

ほむら「…今度こそ」


―――

ほむら「暁美ほむらです」

ほむら(…まどか)

まどか「?」

さやか「…何?知り合い?」

まどか「えっ、違うよ…多分」





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 21:47:22.10 ID:daJfN01S0

マミ「魔女なら逃げたわよ…」

ほむら「…」

さやか「転校生!」

マミ「どうしたの?追わないのかしら?」

ほむら「私が用があるのはそこの―」

マミ「察しが悪いわね、見逃してあげるって言ってるの!」

ほむら「……っ」

まどか「ほむらちゃん…」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 21:50:57.43 ID:daJfN01S0

ほむら「放しなさい!こんな事をしてる場合じゃ…」

マミ「だとしてもあなたの手を借りることはないわ…」

まどか「マミさん…」

マミ「さっ、行きましょう?」

まどか「っ…はい」

ほむら「待って!」


―――


ほむら「…」

パサッ

ほむら「……巴マミ」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 21:57:27.46 ID:daJfN01S0

さやか「一丁上がりっと!」

まどか「…さやかちゃん」

ほむら「……あなた」

さやか「遅かったね転校生?」

ほむら「…契約したのね」

さやか「マミさんがいない今、この町をあんたなんかに任せられないしね」

ほむら「……」


―――


杏子「誰だお前!!」

ほむら「私は冷静な人の味方で、無駄な争いをするバカの敵」

ほむら「あなたはどっちなの、佐倉杏子?」

杏子「……まるで手札が見えないとあっちゃ、今日は退いたほうがよさそうだな」

ほむら「賢明ね…」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:06:31.90 ID:daJfN01S0

杏子「どういうこったよ!こいつ死んでるじゃねぇか!!」

QB「今のはまずかったよ、鹿目まどか」

QB「友達を投げ捨てるなんて…」


―――


QB「…美樹さやかのソウルジェムはグリーフシードへと生まれ変わったんだ!」

ほむら「……」

QB「どうしたんだい?驚かないのかい?」

ほむら「…消えなさい」

QB「やれやれ…君は本当にイレギュラーだよ…」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:09:51.05 ID:daJfN01S0

ほむら「まどか、杏子!!」

杏子「…遅かったじゃないか」

杏子「…お前はそいつを連れて逃げな、ここはあたしが何とかする…」

まどか「杏子ちゃん!」

ほむら「……っ」


―――






ほむら「……」

ほむら「…」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:13:21.54 ID:daJfN01S0

QB「それが君の願いかい、鹿目まどか?」

まどか「うん…さぁ叶えてよキュウベエ!」

ほむら「やめて!!まどかそれだけは…!!」

まどか「ごめんね、ほむらちゃん」

QB「君の願いはエントロピーを凌駕した!さあ受け止めて、それが君の運命だ!」

ほむら「イヤアアァァァアアァアァアアアァァァァ!!」


―――


QB「どうしたんだい?戦わないのかい?」

ほむら「……」カシャ シュイーン





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:18:31.47 ID:daJfN01S0

ほむら「暁美ほむらです」

和子「…それだけ?」


―――


まどか「イヤアアアァアア!!マミさぁん!」

QB「僕と契約するんだ!さもないと君達も!」

ほむら「…その必要はないわ」


―――


杏子「さやかを何とかできないか?」

ほむら「どうして?」

杏子「今のあいつは…見てられないんだよ…」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:23:11.28 ID:daJfN01S0

杏子「さやか!ちゃんとソウルジェムの浄化ぐらいしろよ!!」

さやか「……そんなの必要ない」

さやか「そんなのがあるからマミさんは!!」

ほむら「だからと言って自分をないがしろにするのは間違っているわ」

さやか「黙れ!!」


―――


オクタビア「ボオオオオオオオオォォ…!!」

杏子「悪いな付き合わせて…」

杏子「でも…もう大丈夫だ」

ほむら「杏子…」

まどか「杏子ちゃん?えっ?ほむらちゃん…」

杏子「早く行け!!」

ほむら「…」

まどか「やめて杏子ちゃん!ダメ!放して!!」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:27:38.31 ID:daJfN01S0

QB「それが君の願いかい、鹿目まどか?」

まどか「うん…ごめんねほむらちゃん…」

ほむら「…ま、まどヵ…やめ…」

まどか「キュウベエ、お願い」

QB「君の願いはエントロピーを凌駕したよ!」

まどか「ありがとう、キュウベエ…ほむらちゃん」


―――


QB「しかし凄いね、まどかの魔女は」

QB「これなら数週間でこの星を滅ぼしてしまうだろう」

ほむら「…」

QB「無駄だとは思うが…戦ってみるかい?」

ほむら「…黙りなさい」

ほむら「……」カシャ シュイーン





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:33:05.10 ID:daJfN01S0

ほむら「あなたは今の生活が大切だと思う?」

まどか「…大切だよ!」


―――
――――――


まどか「ごめんね…ほむらちゃん」

ほむら「まどか…」

まどか「最後にお願い聞いてくれるかな…」

ほむら「…」

まどか「私魔女にはなりたくない!…お願い…」

ほむら「…」

ほむら「…」スチャッ―ッパーン

ほむら「……」

ほむら「…」カシャ シュイーン





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:35:13.58 ID:daJfN01S0

ほむら「今度こそ…」

ほむら「今度こそまどかを…」


―――
――――――


QB「どこに行くんだい?」

QB「君がまどかの魔女化を阻止したおかげでもう危険はないだろう?」

ほむら「…」カシャ シュイーン





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:37:18.76 ID:daJfN01S0

マミ「」

さやか「」

まどか「もうやだよ…こんなのってあんまりだよ…」

ほむら「…魔法少女になるってそう言うことよ」



―――
――――――


オオオオオオオオオオオオ……

ほむら「…」カシャ シュイーン





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:40:04.77 ID:daJfN01S0

ほむら「…」

まどか「えっと、どうして私が―」


―――
――――――


ほむら「…」カシャ シュイーン





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:40:51.13 ID:daJfN01S0

ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン
ほむら「…」カシャ シュイーン





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:42:54.14 ID:daJfN01S0

シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン
シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン シュイーン





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:50:43.84 ID:daJfN01S0

カシャ シューン         シュイーン    カシャ  カシャ     シュイーン
   シュイーン      シュイーン     シュイーン    シュイーン  カシャッ 
 カシャ      カシャ   シュイーン  シュイーン      シュイーン   カシャ    シュイーン
シュイーン  シュイーン     シュイーン    カシャッ   カチャ  シュー    シュイーン   シュイーン  
    カシャカシャ  シューン      シュー    カシャ  カシャ    シューン    シュイーン
シュイーン    シュイーン   カシャ     シュイー   シュイーン   シュイーン  シュイーン 
      シュイーン      カシャ   シュイーン   カシャ   
シュイーン    シュイーン  カシャ   カシャカシャ    シュー   シュー    シュイーン    カシャ  シュイーン
  カシャ    カシャ   シュー    カシャ    シュー  シュイーン   カシャ  
 シュー   シュイーン     シュイーン     カシャ   カシャ
シュイーン      カシャ       シュー   シュイーン    シュイーン    カシャ
  カシャ    カチャ    シュイーン     シュー    シュー    カシャ  シュイーン
    シュー   シュイーン      シュー    カシャ   シュー   カシャ   シュー
シュー    カシャカシャ  シューシュー  カシャ      シュイーン    カシャ  シュイーン
  シュー   シュイー    シュー   カシャ      シュー  カシャ    シュー





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:52:08.56 ID:daJfN01S0

.





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:56:43.69 ID:daJfN01S0

ほむら「……」

まどか「…おはよう、ほむらちゃん」

ほむら「…まどか……どうして…?」

まどか「…おはよう」

ほむら「…だってここは病院で」

まどか「私たちはまだ知り合ってない…かな?」

ほむら「え、えぇ」ピピッ





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 22:59:59.52 ID:daJfN01S0

まどか「あっ!目覚まし時計がなってるよ?」ピピッピピッ

ほむら「はぐらかさないで!」ピピッピピッピピッ

まどか「もう起きなきゃね?」ピピッピピッピピッ

ほむら「まどか?」ピピッピピッピピッ

まどか「おはよう、ほむらちゃん」ピピッピピッピピッ

ほむら「どういう事なのまどか!」ピピッピピッピピッ

まどか「おはよう、ほむらちゃん」ピピッピピッピピッ

ほむら「まどかぁ!」ピピッピピッピピッ

まどか「おはよう、ほむらちゃん」ピピッピピッピピッ


まどか「おはよう、ほむらちゃん」ピピッピピッピピッ





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:04:21.31 ID:daJfN01S0

ほむら「……どヵ…」ピピッピピッピピッ

???「――イタ――マ―」カシャ ピピッピピッピピッ

???「―セイ――!」ピピッピピッピピッ

ほむら(眩しい…)シューシュー ピピッピピッピピッ

???「――ザイ――ク!」シュー ピピッピピッピピッ

???「―ケミ――デスカ!!」ピピッピピッピピッ

ほむら(眠い…)ピピッピピッピピッ

ほむら(……)ピピッピピッピピッ





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:08:42.32 ID:daJfN01S0

看護婦「…暁美さーん、お加減いかがですか?」

ほむら「スミマセン大丈夫です」

看護婦「この調子だとあと1週間で退院できそうですね?」

ほむら「はい…お蔭様で、ありがとうございます」

看護婦「…あら?これは今度入学する学校のパンフレットですか?」

ほむら「はい」

看護婦「ふふっ、楽しみですね?」

ほむら「そうですね…」





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:15:26.81 ID:daJfN01S0

和子「では自己紹介お願いね」

ほむら「暁美ほむらです、よろしくお願いします」

和子「はい、よろしくお願いしますー」

パチパチパチ…

和子「じゃあ席は…あそこで」

ほむら「はい…」


―――


女生徒「前はどんな学校行ってたの?」

ほむら「あっ、えっと東京のミッション系の学校に…」

女生徒「へー、ねー部活とかなにやってたの?」

ほむら「私は入院してたから、部活は…」

女生徒「そっかぁ」





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:17:52.94 ID:daJfN01S0

ほむら「あの!ごめんなさい…私ちょっと保健室に用事が…」

女生徒「あっじゃあ連れて行ってあげようか?」

ほむら「あのっ!えっと…できれば…美樹さんにお願いしたいんですが」

さやか「ふぇ?…あたし?」

ほむら「はい」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:21:14.16 ID:daJfN01S0

さやか「…私達どこかで会ったっけ?」

ほむら「いえ…初対面のはずです…」

さやか「えー?じゃあ何であたしの名前知ってるの?」

ほむら「……勘かな?」

さやか「えーなになに?もしかして電波系って奴?」

ほむら「…」

ほむら「…鹿目まどかさんを知っていますか?」





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:24:15.14 ID:daJfN01S0

さやか「……あんたが何でそんな事知ってるのよ…」

ほむら「…まどかさんは優しい方ですね?」

さやか「やめて!!…わかってやってるなら、性格悪いよ…?」

ほむら「…」

さやか「…」

ほむら「…帰りに一緒に来てもらえますか?」

さやか「……分かった」





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:24:41.83 ID:a/AnzPNH0

まどかどうした





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:26:35.26 ID:daJfN01S0

ピンポーン

知久「はーい」

さやか「…こんばんわ」

知久「…さやかちゃんか、いらっしゃい」

ほむら「はじめまして」

知久「?お友達かな?」

ほむら「失礼します」

さやか「えっ、ちょっと…」





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:31:26.42 ID:daJfN01S0

ほむら「…」

さやか「…ほむらぁ?」

知久「…まどかの友達だったのかな?」

ほむら「ありがとう…ありがとう…まどか…」ドサッ

さやか「…」

ほむら「あなたのお蔭で、私…私が生きてられたんだね」ポロポロ

さやか「なにいって―」

知久「そっとしておいてあげよう…」





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:35:13.79 ID:daJfN01S0

ほむら「…」

知久「落ち着いたかい?」

ほむら「……突然スミマセン…」

知久「いいんだ…まどかもきっと君にあえて喜んでるよ」

さやか「…」

ほむら「…ありがとうございます」

ほむら「…変な話をしますが…聞いてもらえますか?」





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:39:52.83 ID:daJfN01S0

ほむら「私は…」

ほむら「私は心臓の病気でこちらの病院に転院してきました」

ほむら「そしてつい2ヶ月前…手術をしました」

ほむら「心臓移植の手術です」

ほむら「その時に夢を見ました」

ほむら「まどかさんの夢を…」





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:43:12.02 ID:daJfN01S0

ほむら「最初はただの夢だと思ってました…けど…」

ほむら「リハビリで町を見て回ったり、今日学校に来てその光景を見たりして…」

ほむら「夢じゃなかったんじゃないかと思ったんです…」

ほむら「さやかさん、あなたの名前も夢で見ました」

ほむら「この家の場所も、夢で見ました!」

ほむら「そしてまどかさんの顔も…」





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:46:55.02 ID:daJfN01S0

ほむら「…心当たり…ありますか?」

さやか「…」

知久「…ああ、あるね…」

さやか「でも!そんな…」

知久「まどかは優しい子だったから…」

ほむら「そうですか…」

さやか「……でもそんなの信じられないよ!!たちの悪い冗談にしか…!」

知久「いいんだ…」

知久「きっとほむらちゃんを僕達にめぐり合わせたかったんだよ、まどかは…」

ほむら「…」





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:50:30.17 ID:daJfN01S0

ほむら「本当に、ありがとうございます」

知久「いやいや…僕も来てくれて嬉しいよ」

さやか「…」

知久「さやかちゃんも、ね?」

さやか「…まどかは凄いな…恭介だけじゃなくてほむらまで助けて…」

さやか「…その上、まだ私達の事…気にかけてくれたのかな」ポロポロ

ほむら「さやかさん…」





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:54:21.77 ID:EGsDTVAk0

どういうことだ?恭介も?





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:55:52.49 ID:daJfN01S0

知久「……もう遅いし…今日は家でご飯食べていくかい?」

さやか「ッグ…いえ、帰ります…家に心配変えたくないし!」ゴシゴシ

ほむら「私も…」

知久「そうかぁ…」

ほむら「あのっ…!」

知久「なんだい?」

ほむら「また、来てもいいでしょうか?」

知久「……そうだね、歓迎するよ」

知久「僕達も、」

知久「きっとまどかもね…」



おわり





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:56:51.73 ID:eOXROzYU0

へ?





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/26(金) 23:59:13.96 ID:Wwac+DP10

わけがわからないよ





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/27(土) 00:04:28.40 ID:EGsDTVAk0

まどかの心臓をほむらに移植したのか。
いつでも一緒ってそういうことかよ・・・





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/10/27(土) 00:06:01.13 ID:KXhhGCAx0

えっと分からないという方が多いので…
まどかは上条恭介をかばって事故死して臓器提供しました
後は臓器提供で知らない記憶がよみがえったりと夢の中で目覚め続ける悪夢のあれです






元スレ:まどか「大丈夫……いつでも一緒だよ、ほむらちゃん」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1351254840





  

【 関 連 記 事 】


レベル高い、だがすごいというのはわかる…
[ 2012/11/11 15:24 ] [ 編集 ]
えげつねえな、、
[ 2012/11/12 22:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: