Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  春香「餅つきですよ、餅つき!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
餅つきと聞くと、もう年末なのかと。我が家では毎年12月30日に餅つきを行うのが
恒例行事となっています。しかし、今は機械で作るので杵と臼は使ったこと無し乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:43:50.00 ID:r+LAdtvD0

社長「コホン…今日は突然だが、今日は我が765プロでレクリエーションを行おうと思う」

P「レクリエーションですか」

律子「レクリエーションって言ってもいろいろありますけど…」

律子「なにをやるんですか?」

社長「うむ、もうすぐ正月なので餅つき大会しよう」

社長「さっそく2人はアイドル諸君に伝えてくれ」

P(…弱小事務所で暇じゃなかったら急にこんなことできないな)






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:45:13.49 ID:r+LAdtvD0

P「…ということで今日はみんなで餅つきをすることになった」

春香「私、餅つきとかやったことないですよ~」

P「まぁ大丈夫だ、餅をつくのはほとんど俺になるだろうし…」

P「返し手は年齢を考えればできそうな小鳥さんにやってもらう」

P「どっちかをやりたくなったら言ってくれれば代わるから」

「「は~い」」





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:47:12.52 ID:r+LAdtvD0

P「よし、もち米も蒸しあがったみたいだし…そろそろやりますか」

P「小鳥さん、いきますよ」

小鳥「任せてください!」

P「…せーの、よいしょ!」

べったーん

小鳥「ほっ」

P「よいしょ!」

ぺったん

小鳥「はっ」

美希「なんだかみてると掛け声かけたくなるの!」

P「よいしょ」

ぺったん

美希「ぺったん!」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:49:07.72 ID:r+LAdtvD0

P「どっこいしょ!」

美希「ぺったん!」

春香「私も~」

P「よいしょ」

美希「ぺったん!ぺったん!」

春香「ぺったんこ!ぺったんこ!」

千早「…」

P「よいしょ!」

美希「ぺったんこ!ぺったんこ!」

春香「ぺったんこ!ぺったんこ!」

千早「…くっ」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:49:47.53 ID:HIvzLpdW0

ちーたんいじめんなwwwwwwww





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:51:05.56 ID:r+LAdtvD0

真「プロデューサー!僕もついてみたいです!」

P「おっ、真やってみるか」

真「はい!」

雪歩「あの~」

小鳥「雪歩ちゃんが真ちゃんの返し手になりたいのね」

小鳥「怪我しないようにね」

雪歩「はいぃ~」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:53:05.84 ID:r+LAdtvD0

真「よ~し、雪歩いっくぞー!」

真「それ、よいしょ!」

雪歩「ぺったん」

真「よいしょー!」

雪歩「ぺったん」

真「よいしょー!!!」

雪歩「ぺったん」

真「どりゃー!!!!」

雪歩「ぺったんです~!」

P「…真、男らしい!」

千早「…くっ」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:55:11.63 ID:r+LAdtvD0

春香「千早ちゃん、どうしたの?」

千早「なんでもないわ」

春香「それならいいんだけど…」

真「ふぅ、いい汗かいたなぁ」

真「次は響がやりなよ!」

響「いいのか?自分頑張るぞ!」

貴音「では、返し手は私がやりましょう」

響「貴音、任せるぞ!」

貴音「共に頑張りましょう」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:57:12.15 ID:r+LAdtvD0

響「よーし、いっくさぁ!」

響「よいしょさぁ!」

貴音「ぺったん」

響「よいしょさぁ!」

貴音「面妖な」

響「よいしょさぁ!」

貴音「面妖」

美希「…これには合いの手いれにくいの」

春香「だね、ってか2人ともよくリズム崩れないよね」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 02:59:13.33 ID:r+LAdtvD0

あずさ「私は味付けの準備しましょうかしら」ドタプーン

亜美「へへへっ…真美さん、あずさお姉ちゃんに二つの柔そうなお餅がありますぜ」

真美「いやいや、亜美さん、お姫ちんのお尻にも…」

律子「亜美、真美、なにバカなこと言ってるの」

律子「あんたたちも手伝いなさい!」

亜美「りっちゃんのおこりんぼ→」

真美「そうだぞ→」

律子「あんたたちはお餅抜きでいいの?」

亜美・真美「いやー!」

律子「じゃあ手伝う!」

亜美・真美「はーい…」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:01:24.44 ID:r+LAdtvD0

真「響~また僕と交代してもらってもいいかな?」

響「いいぞ」

真「で、お願いなんだけど返し手やってほしいんだ」

響「わかったぞ!」

真「思いっきりやるからね!」

響「おう」

真「いっくよーよいしょ」

響「はっ」

真「よいしょ」

響「ほっ」

真「やっ」

響「とっ」

美希「は、速いの!」

春香「なんて速度なの!」

P「…おいおい、怪我するなよ~」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:03:29.95 ID:r+LAdtvD0

やよい「あ、あずささん!」

あずさ「やよいちゃん、私も手伝いにきたわ」

やよい「ありがとうございます~」

やよい「伊織ちゃん、あずささんも手伝いにきてくれましたよ~うっうー!」

伊織「あらあずさ、あずさがこなくてもやよいと2人でできたのに」

あずさ「あらあら、お邪魔だったかしら?」

伊織「!…そんなことないわよ、きてれてありがと」

あずさ「ふふふっ」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:05:17.86 ID:r+LAdtvD0

P「よし、とりあえず一回目はこれくらいでいいだろ」

P「次のもち米が蒸しあがるまでは休憩しようか」

やよい「みなさ~ん、お待たせしましたぁ」

やよい「きな粉にアンコ、大根おろしです!」

伊織「あとずんだもあるわ」

あずさ「好きな味で食べてね~」

「「はーい」」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:07:29.43 ID:r+LAdtvD0

千早「…くっ」

春香「千早ちゃん!」

千早「春香、どうしたの?」

春香「どうしたの?はこっちの台詞だよ~」

千早「…」

千早「…どうしてみんなぺったんぺったん言うのかしら」

春香「あはは、あれはああいう掛け声なんだよ~」

千早「そうなの?」

千早「私、お餅つき初めてだから…知らなくて」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:09:28.32 ID:r+LAdtvD0

春香「そうだったんだぁ」

千早「でもそういうことならよかったわ」

春香「千早ちゃん、あ~ん」

千早「えっ?///」

春香「いいからいいから」

千早「…あ~ん///」

千早「美味しい…」

春香「えへへ、お餅はつきたてが美味しいんだよ」

千早「ありがと、春香」ニコッ





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:11:17.59 ID:r+LAdtvD0

ジー

亜美「なるほど」

亜美「兄ちゃん兄ちゃん!はい、あ~ん」

P「?あぁ、ありがと」

亜美「兄ちゃん食べたね?」

P「それがどうした?」

亜美「それはね~亜美の食べかけだよん」

P「!…ま、まぁ回し飲みの延長だと思えばいいか」

亜美「ねぇ、真美も兄ちゃんに~」

真美「…真美はいいよ///」

P(俺、嫌われちゃったかな?)





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:13:16.01 ID:r+LAdtvD0

美希「あー!亜美!美希のハニーになにしてるの!」

亜美「わ→ミキミキ!」

亜美「兄ちゃんは亜美に浮気してたんだよ→」

美希「!ハニー、それはホントなの?」

P「違う!亜美の嘘だ、だから落ち着け」

美希「…さ、最初からそうだってわかってたの」

真美(…浮気…食べかけ、亜美大胆)





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:15:17.55 ID:r+LAdtvD0

P「…真美大丈夫か?少し顔が赤いが」

真美「…」ダッ

P「行ってしまった」

美希「ハニー、真美になにかしたの?」

P「いや、まだなにもしてないが」

美希「…それならいいの」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:16:37.90 ID:3cuw9lfo0

まだ...?





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:17:15.65 ID:r+LAdtvD0

やよい「は…は…はくしょん!」

伊織「わっ!きな粉が舞ったわ」

やよい「うー伊織ちゃんごめんなさいー」

伊織「いいわよ…って」ニヒヒッ

やよい「どうしたんですかぁ?」

伊織「やよい、顔がきな粉まみれよ」

やよい「わゎっ、ホントだ」

伊織「もーしょうがないわね、ほら、拭いてあげるからじっとしてなさい」

やよい「うっうー!ありがと、伊織ちゃん」

あずさ「フフッ」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:19:12.89 ID:r+LAdtvD0

小鳥(今日は豊作ね)

律子「…小鳥さん鼻血出てますけど大丈夫ですか?」

律子「体調悪いなら無理しないでくださいね」

小鳥「え?えぇ、大丈夫よ!」

小鳥「こんなの鼻にティッシュでも詰めてれば!」

律子(あぁ、美人が台無しに…これだから婚期逃すんだろうな)





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:21:16.70 ID:r+LAdtvD0

P「お、そろそろ二回目ができそうだな」

P「次につきたい奴いるかー?」

やよい「私、やってみたいです!」

P「大丈夫か?杵は結構重いぞ?」

やよい「大丈夫ですよ~こうみえても力はあるんですよ~」

やよい「うっうー!」

千早「…じゃあ今度は私が返し手を」

P「千早初めてだけどいけるか?」

千早「みんなのをみてたんでいけます」

P「よし、なら頑張ってこい」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:23:13.85 ID:r+LAdtvD0

千早「高槻さん…なんて力持ちなの」

やよい「じゃあ千早さん、いきますよ~」

千早「えぇ」

やよい「うっうー!」

千早「可愛い!」

やよい「うっうー!」

千早「愛してる!」

やよい「ゔっゔー!」ドゴォッ

千早「可愛い!」

春香「…千早ちゃん、欲望丸出しだよ」

美希「これも合いの手できなくてつまらなかったの」

P「それより、やよい凄すぎだろ」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:25:26.27 ID:r+LAdtvD0

真「やよいの一瞬のパワー…僕よりも上です!」

P「そ、そうか」

P(…真までなに言ってんだ)

P「春香と美希はやらなくていいのか?」

春香「じゃ、じゃあ美希私とやろうか」

美希「わかったのー!」

美希「じゃあ美希が返し手やるねー」

春香「え?私…重たいの持てない」

美希「美希だって箸より重たいもの持てないのー」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:27:39.56 ID:r+LAdtvD0

春香「それは嘘でしょ、マイクは箸より重いもん」

美希「春香だってこの前ベンチプレス持ち上げてたもん」

P「…こらこら喧嘩すんな」

P「俺がお前たちのつき手になるから」

美希「わかったの」

P「順番はじゃんけんで決めておけ」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:29:24.18 ID:r+LAdtvD0

春香「やった、勝った~」

春香「じゃあプロデューサーさん、お餅つきましょうか」

P「あぁ、春香いくぞ!」

P「よいしょ」

春香「ぺったん」

P「よいしょ~」

春香「ぺったん」

美希「ぺったん」

P「もういっちょ」

春香「ぺったん」

千早「ぺったん」

P「…ふぅ」

美希「じゃあ次は美希の番なの」

P「あぁ」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:31:18.52 ID:r+LAdtvD0

P「いくよ…美希」

美希「うん、きて、なの…」

P「よいしょ」

美希「ぺったんこ、なの」

P「あ、よいしょ」

美希「ぺったんこ、なの」

P「ラスト!」

美希「ぺったんこ!」

P「ふぅ、なかなか疲れるな」

P「よーしみんな食べるぞー」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:33:21.62 ID:r+LAdtvD0

雪歩「みなさ~ん、お茶入りましたよ~」

雪歩「お茶はやっぱり静岡茶です~」

真「ありがと、雪歩」

貴音「お茶が冷え切った身体に染み渡ってきますね」

千早「えぇ」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:35:16.29 ID:r+LAdtvD0

響「今日はすごく自分頑張ったさぁ」

春香「今年もあと少しだけどホントいい終わり方ができそうだね」

春香「来年も良い年でまたみんなでこういうことできるかな?」

美希「絶対にできるの」

真「でも今みたいに暇なのは勘弁だけどね」

あはは

千早「みんな、まだ今年は終わってないのよ」

千早「気を抜いちゃダメよね」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:37:11.99 ID:r+LAdtvD0

千早「今年は社長がカウントダウンライブをいれてくれたから」

千早「それが終わるまで…」

P「こらこら、千早、そんな硬くなっちゃダメだ」

P「もうちょい餅みたいに柔らかく、な」

千早「…」

春香「そうだよ!」

春香「たまにはリフレッシュしなくちゃ」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:39:08.58 ID:r+LAdtvD0

春香「そんな張り詰めた感じじゃなくて楽しく今年を終えよ」ニコッ

千早「春香…えぇそうね」ニコッ

美希「ファンのみんなだってそう思ってるの~」

やよい「プロデューサー~鏡餅できました~」

P「お、ありがとなやよい」

やよい「うっうー!」

P「あとは、ミカンを乗せて…完成だ!」

「「おぉ~」」

亜美「あぁん、兄ちゃんいいとこ持ってちゃった→」

社長「そうだぞ~私が楽しみにしてたのに」

P「しゃ、社長!すみません!」

社長「ははは、気にていないよ」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:41:15.38 ID:r+LAdtvD0

社長「それに実にみんな楽しそうだ」

P「えぇ、みんな最近はライブに向けたレッスンばかりで気を張っていたみたいですからね」

P「さすがですね、社長は」

P「みんながそうなってるって見抜いてレクリエーションを開いてくれて」

P「俺だったらそんなこと考えもつかなかったですよ」

P「おかげでみんなリラックスできたみたいですよ」

社長「あぁ」

社長(言えないな、ただ餅が食べたかっただけだなんて…)





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:43:25.88 ID:r+LAdtvD0

真美「…なんでいつもみたいに兄ちゃんにイタズラできないんだろ」

真美「なんかちょっと自分が変だな」

あずさ「あらあら、真美ちゃん、こんな隅っこの方じゃなくてみんなのところに行きましょ~」

真美「あずさお姉ちゃん、ちょっと聞きたいことが…」

あずさ「なぁに?」

真美「……」

あずさ「あらあら、それは変なことじゃないわよ」

あずさ「真美ちゃんも少し大人になったってことよ」

あずさ「だから、恥ずかしくてももっと素直になってもいいのよ」

真美「ありがと、あずさお姉ちゃん!真美、楽になったよ」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:46:03.56 ID:r+LAdtvD0

亜美「あ、真美どこいってたんだよ→」

真美「ごめんごめんご」

亜美「フルっ」

真美「えへへ」

真美「えいっ」

P「うわ、なんだ?」

P「って真美か、急に抱きつくと危ないだろ」

真美「いいのいいの→」

美希「!ハニー今度は浮気なの!」

真美「ミキミキ、兄ちゃんを真美から奪ってみな→」

美希「こら、真美~!」

P「あはは…」





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:47:50.20 ID:r+LAdtvD0

響「うぅ、寒いぞ…」

響「お茶も飲み終えちゃったし…」

貴音「では響、これでどうでしょう」

響「貴音、あったかいさぁ」

貴音「それはよかったです」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:49:28.61 ID:r+LAdtvD0

小鳥「ホントみんな楽しそう」

律子「えぇ、ライブもこれくらいリラックスしてくれたらいいんですが」

小鳥「あの子たちなら大丈夫よ」

律子「そうですね、それと…」

小鳥「?」

律子「小鳥さんいつまで歯に海苔をつけとくんですか?」

小鳥「ピヨ!」

律子「あはは」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:51:22.50 ID:r+LAdtvD0

春香「みんな笑ってる」

千早「えぇ」

春香「みんながずっと笑顔でいれるといいね」

春香「千早ちゃん、私たちもプロデューサーさんの近くにいこ」

千早「そうね!」

春香「よいしょっと、うわっ!」ドンガラガッシャーン

千早「春香!」

P「春香、大丈夫か」

春香「イタタ…大丈夫ですよ~」





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:53:23.93 ID:r+LAdtvD0

P「あ」

千早「あ」

美希「あ、なの」

「「あ~!」」

春香「え?」

春香「あー!」

P「…おいおい、もうもち米ないぞ」

春香「私、鏡餅買ってきます~!」

あはは



おわり





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 03:55:59.51 ID:MH9ya8XJ0







52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/17(月) 04:55:43.97 ID:uEaAhRa/O

乙でござった!






元スレ:春香「餅つきですよ、餅つき!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1355679830





  

【 関 連 記 事 】


餅つきって餅をペッタンペッタンつくから餅つきなのであって
餅つき機ってのはおかしい
餅製造機と改めるべき
[ 2012/12/22 12:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: