Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  P「病院」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
いったいこの娘達になにがあったし。空気読める人になるって言うのは、この厳しい
現代日本社会において必須項目。でも乗っちゃう春香カオス過ぎワロタ。乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 11:30:20.51 ID:86g6ZiG20

響「なぁ春香」

春香「何?」

響「壁にはられても嫌がらないスターってどんなスターだ?」

春香「やめなよ響ちゃんー。今千早ちゃんの親父さんが生きるかしぬかの手術してる時に、不謹慎でしょー。ごめんね、千早ちゃん。」

千早「今のクイズ、正解すると賞金とか賞品とか、出るの?」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 11:36:34.86 ID:86g6ZiG20

春香「やるの?!」

千早「うん」

春香「わかった、ちょっと待ってて。ねぇねぇ響ちゃん、今のクイズ正解したら賞金とか賞品とか出るの?」

響「で、でないぞっ。そういうやつじゃないじゃんかっ」

春香「そーだよねー。そういうやつじゃないもんねー。ねぇ千早ちゃん、やっぱ正解しても賞金とか賞品とか出ないって、そういうんじゃないって。」

千早「正解したら何かくれないと、燃えないわ。」





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 11:41:13.41 ID:86g6ZiG20

春香「千早ちゃん、今燃えてどうするのよ。今そういう時じゃないと思うけど?今千早ちゃんの親父さんが…あっ」

春香「そっか、何か別の事考えてないといてもたってといられないもんねーそーだよねー」

春香「オッケーわかった。任せといて。響ちゃん。」

響「ん?」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 11:53:22.67 ID:86g6ZiG20

春香「これ、賞金だそう!」

響「えー。」

春香「えーじゃなくてだそうよっ」

響「うー…じゃあ100円なっ。正解したら、100円あげるぞっ」

春香「千早ちゃん、賞金100円出るって」

千早「100円なのね…」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:01:40.03 ID:86g6ZiG20

春香「わかるわかるその気持ちっ。響ちゃん、賞金もっと上げよう。」

響「なんでだー!こんなの、100円だってすごいと思うぞっ」

春香「んー、まあねー。千早ちゃん、ここは100円でお願い。」

千早「…」

春香「オッケー⭐私に任せといてーっ。響ちゃん、やっぱ上げよう。賞金。」

響「だからなんでさー!うがが…。じゃあわかった、500円なっ。自分、もうこれ以上は出さないからなっ!500円!」

春香「500円、わかった。千早ちゃん、賞金、500円になったよ。」

千早「…そのへんのレベルの話じゃ無いのよね。」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:09:13.46 ID:86g6ZiG20

千早「私もっと春香頭がいいと思ってたわ。」

春香「くそー、頭がいいと思われてぇー!」

春香「響ちゃん!やっぱ賞金あげなよ!」

響「だからなんでなんだー!」

春香「ほら高いほーが面白いじゃんかー」

響「たしかに、そりゃ高い方が面白いさー。自分も、わかってるんだぞ。でも、これ自分が出さなきゃいけないんだよっ!」

春香「そうだよねー。個人的にだもんねー。ねぇねぇ千早ちゃん」

千早「一万よ!」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:16:13.71 ID:86g6ZiG20

春香「どうだろう響ちゃん、賞金一万にするってのは?」

響「おかしいぞー!」

春香「いい?響ちゃん。よく聞いてね?」

春香「500円も、一万円も、いっしょなんや!」

響「いっしょじゃないぞ!いっしょじゃないし、なんで関西弁になるんだっ!」

春香「くそー騙せなかったー。あ、でも響ちゃん、500円だったら出してくれるんだよね?」

響「自分、本当は500円もどうかと思ってるんだぞ!でもだすぞ。500円なら。」

春香「ねぇ千早ちゃん、やっぱりここは500円で手を打ってくれないかな?」

千早「ことわる!」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:23:03.72 ID:86g6ZiG20

春香「あはー!断られたー!んー響ちゃーん。どうしても一万無理ー?」

響「だ め だ !」

春香「ははー!断られたー!もーやだー、やめよっかなっ」

響「うがー、じゃあもうわかったぞ!千円出す!」

春香「ほんと?ほんと?」

響「その代わり、じゃ千円出すから問題変えていいよな?」

春香「ええっ…ちょっと待って。ねぇ千早ちゃん、賞金千円になったよ。」

千早「入った!入ったのね?!」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:30:44.32 ID:86g6ZiG20

春香「いやまだ、入ったかどうかわからないの」

千早「あっ…」

春香「ただ、ただ、問題変えていい?」

千早「そ、そんなのきたないわっ。すごくむつかしい問題になったら、私答えられないじゃない、きたないわ。」

春香「そりゃそうだよね~。響ちゃん!きたないよ!賞金千円とか言って、千円以上の問題出すつもりでしよ!」

響「千円以上の問題ってなんなんだ!ていうかきたないも何も自分が出すんだからこれ!」

春香「…あ、私いい事思いついちゃった。響ちゃんが、問題だすじゃん?それ私が聞いて、私が賞金決めるってのどう?」

響「おー、それだったら別にいいぞ」

春香「おっ。千早ちゃんは?」

千早「いいわ。」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:34:10.75 ID:86g6ZiG20

春香「おーっし。じゃあ響ちゃん、何か問題出して?」

響「よしっ、じゃーあ…」

響「あそこの金髪の子の…血液型」

千早「むつかしいわね…」

春香「それでは発表します。このクイズの賞金は…」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:41:33.74 ID:86g6ZiG20

春香「100万です!」

響「バカじゃねーの!?」

響「100万なんて払えるわけないぞ!バカじゃないか?」

春香「いやでも、でも、もし間違ったら千早ちゃんが100万払うから」

千早「バカじゃねーの!?」

千早「なんで私が100万払わないといけないの!バカじゃないの?」

春香「あーうるさいっ」

響「ほんとバカじゃないのか?!」

春香「バカじゃない!!」

春香「バカじゃないバカじゃない!」

響千早「…」

春香「バカじゃないでしょ!」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:45:17.07 ID:86g6ZiG20

春香「やるのかやらないのか?」

響「…よーしわかった、自分やるぞ!乗った!」

千早「じ、じゃあ私もやるわ!やってやろうじゃないの!」

春香「おーっし、まとまったわねー。じゃあいくよ?…あの人の血液型は?!」

律子「あのっすいませんっ!」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:50:04.11 ID:86g6ZiG20

千早「あ、先生」

響「主治医の人か?」

律子「お父さんに輸血する血液が不足していますっ。どなたか、B型の方はいらっしゃいませんでしょうか?」

千早「あー私O型です。」

春香「私A型です。」

響「自分も、Oだぞ」

律子「そうですか…」

美希「あのー」

美希「ミキ、B型なの」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 12:55:05.98 ID:86g6ZiG20

律子「ほんとですか?!じゃあお願いします。」

スタスタ…

春香「…さあ、千早ちゃん答えは?!」

響「いや、もうダメだろっ!」

春香「千早ちゃん答えは?!」

千早「んっびい!!」

春香「正解!!」

響「だっダメだぞこんなの!」

千早「ダメなのかな…」

春香「大丈夫千早ちゃん、全然ダメじゃないよ!」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:00:52.48 ID:86g6ZiG20

響「ずるいぞこんなの!」

千早「何かズルしたみたいで気分悪いわ…」

春香「ちょっと響ちゃん何で千早ちゃんの気分悪くしてるのよ!いいから100万気持ちよくだしなよ!」

響「うがー!これなんなんだー!」

千早「もらえるのかしらー」

春香「もらえるよ!千早ちゃん大丈夫!」

響「まつんだぞ春香!ひいきだ!」

春香「ひいきするに決まってるでしょ!なんてったって私たちが千早ちゃんのお父さん轢いたんだから!」





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:06:11.16 ID:86g6ZiG20

響「私たちって運転してたの春香じゃないか!」

春香「そーいうデリケートな話しは今すんな!!いいから100万出せ!」

響「100万なんか持ってないぞ!」

春香「そういうの絶対だめだからね!千早ちゃん、絶対100万取ってみせるから!あっそうだ、私がホントは千早ちゃんのお父さん轢いたじゃん?でも、響が轢いた事にしょっか」

千早「そうね」

響「なんなんだこれ!」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:06:46.05 ID:9XFbai2Q0

ミミ:::;,!      u       `゙"~´   ヾ彡::l/VvVw、 ,yvヾNヽ  ゞヾ  ,. ,. ,. 、、ヾゝヽr=ヾ
ミ::::;/   ゙̄`ー-.、     u  ;,,;   j   ヾk'! ' l / 'レ ^ヽヘ\   ,r゙ゞ゙-"、ノ / l! !ヽ 、、 |
ミ/    J   ゙`ー、   " ;, ;;; ,;; ゙  u ヾi    ,,./ , ,、ヾヾ   | '-- 、..,,ヽ  j  ! | Nヾ|
'"       _,,.. -─ゝ.、   ;, " ;;   _,,..._ゞイ__//〃 i.! ilヾゞヽ  | 、  .r. ヾ-、;;ノ,.:-一'"i
  j    /   ,.- 、  ヾヽ、 ;; ;; _,-<  //_,,\' "' !| :l ゙i !_,,ヽ.l `ー─--  エィ' (. 7 /
      :    ' ・丿   ̄≠Ξイ´,-、 ヽ /イ´ r. `ー-'メ ,.-´、  i     u  ヾ``ー' イ
       \_    _,,......::   ´゙i、 `¨ / i ヽ.__,,... '  u ゙l´.i・j.冫,イ゙l  / ``-、..- ノ :u l
   u      ̄ ̄  彡"   、ヾ ̄``ミ::.l  u   j  i、`ー' .i / /、._    `'y   /
              u      `ヽ  ゙:l   ,.::- 、,, ,. ノ ゙ u ! /_   ̄ ー/ u /
           _,,..,,_    ,.ィ、  /   |  /__   ``- 、_    l l  ``ーt、_ /  /
  ゙   u  ,./´ "  ``- 、_J r'´  u 丿 .l,... `ー一''/   ノ  ト 、,,_____ ゙/ /
        ./__        ー7    /、 l   '゙ ヽ/  ,. '"  \`ー--- ",.::く、
       /;;;''"  ̄ ̄ ───/  ゙  ,::'  \ヾニ==='"/ `- 、   ゙ー┬ '´ / \..,,__
、      .i:⌒`─-、_,....    l   /     `ー┬一'      ヽ    :l  /  , ' `ソヽ
ヾヽ     l      `  `ヽ、 l  ./  ヽ      l         )  ,; /   ,'    '^i





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:14:27.90 ID:86g6ZiG20

手術室

スタスタ

真「あっ、律子先生」

律子「こちらの方が、血液を提供してくださるそうよ。」

真「どうもありがとうございます。」

美希「いえいえなのー」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:15:12.75 ID:86g6ZiG20

美希「ミキ、手術室初めて入ったの。こんなんなってるんだね。」

真「はいっ」

美希「あ、あっちで?」

真「はいっ」

美希「本格的に、こうサクッと」

真「はいっ」

美希「スッと」

真「はいっ」

美希「パクッと」

真「食べた…」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:23:41.83 ID:86g6ZiG20

律子「すいません、こちらにサインをいただけますか?」

美希「了解なのー」

律子「もちろん、署名、という意味のサインですので。」

美希「あはは…も、もちろんわかってるのー…」

真(さすが先生)

律子「はい、ありがとうございます。」

美希「あのー。血って、どれくらい取るのかな?」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:31:54.17 ID:86g6ZiG20

真「大体、800ぐらいいただければ」

美希「800って、800リットルも?!」

真「いえ、ccです。」

美希「あ、そうだよねー。800リットルも取ったら、ミキ、梅干しみたいになっちゃうもんね!」

美希「ミキ!ウメボシ!イエーイ!」

真「い、イエーイ…」

美希「ミキ、ウメボシ!イエーイ!」

真「まこりんも、ウメボシ!イエーイ!」

美希「・・・何してるんですか?」

真「敬語は反則だよ…」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:39:08.86 ID:86g6ZiG20

律子「じゃあ、こちらへ」

美希「あ、先生。つかぬ事をお伺いするの。」

律子「はい…?」

美希「コチラのほうは、(クイッ もらえるのかなって…?」

律子「あ、申し訳ありませんが、そういうのはちょっと…」

美希「一円も?」

律子「はい…」

美希「でも、先生たちはこれ、お金もらってやってるんだよね?」

律子「一応…」

美希「ミキは、血をタダであげる?」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:42:54.75 ID:86g6ZiG20

律子「星井さん、人命のためなんですよっ。さあ、こちらへ」

美希「んー、話してても、ラチがあかないってカンジ?」

律子「星井さん?」

美希「あの、ちょっと待っててほしいの!すぐ戻ってくるから」スタスタ

律子「星井さん!…」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:48:25.50 ID:86g6ZiG20

スタスタ

美希「大丈夫なの!」

春香「いや無理だって…」

真(誰か連れてきた…)

美希「大丈夫大丈夫!」

律子「あ、あの?」

春香「あ、えっと。千早ちゃんのお父さん、大丈夫ですか?あれ実は、私が轢いちゃって。たすかりますよね?」

真「そのために輸血が必要なんです。星井さん?」

美希「ほら、ね、ね」

春香「いや、だから無理だと思うよ?」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 13:54:18.17 ID:86g6ZiG20

律子「あのね、ここは関係者以外立ち入り禁止なんです!」

春香「ほらー立ち入り禁止だってさ」

美希「大丈夫、大丈夫だって。さっきみたいなカンジで」

春香「うーん…」

春香「いやあのですね先生」

春香「これ、輸血したらお金とかもらえるんですか?」

律子「いえ、残念ながら。そういうのでは無いです。」

春香「そうですよねーそういうんじゃ無いですもんねー。美希、やっぱりもらえないらしいよ?」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:01:35.52 ID:86g6ZiG20

美希「すこしも?たとえば、100円ももらえないってこと?」

春香「そうだよねー100円ぐらいもらえてもいいよねー。先生ー、それは無いんじゃないですか?せめて100円もらえません?」

律子「もらえません」

春香「きっぱり断られちゃったよー。やっぱ無理だと思うよー」

律子「あの、さっきから何をやってらっしゃるんですか?!」

春香「いやー、彼女が私に間に入ってくれって言ってるもんで」

美希「さっききいてたらね、0円の物を100万までにしてたから…いやぁ大した女なの!」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:09:17.24 ID:86g6ZiG20

春香「いやあ、それほどでもないですよぉ」

真「先生!クランケの血圧が!」

律子「星井さん!早く!」

美希「えーでも、なにもないんでしょ?街中で献血しても、何かもらえるの、飲み物とか。」

春香「あーわかるわかるその気持ち。すいません先生、じゃあこうしましょう!1cc=1円で!」

律子「うーん」

春香「たしか、800cc取るんですよね?1cc=1円で、800円!」

真「わかりました!じゃあ、僕が払います!」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:16:16.19 ID:86g6ZiG20

律子「菊地先生?!」

春香「菊地先生とおっしゃるんですか?ありがとうございますっ。美希、800円もらえる事になったよ?」

美希「んーでも800円ってさー。血だよ血?」

春香「あーそうだよねー血だもんねー。よーし、じゃあこうしましょう先生、1cc=10円で!」

真「え、てことは…8000円?」

律子「うーん…わかりました!じゃあ私が一万円出します!だから早くこちらへ!」

春香「よかったね、美希。一万円はいるよ。じゃあ、私はこれで!」スタスタ





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:21:58.86 ID:ndi6A96I0

春カスワロタ





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:22:58.32 ID:86g6ZiG20

美希「あーちょっとまつの!」ガシッ

美希「春香のチカラはこんな物じゃないはずなの!もう人押ししてみるの!」

春香「でもー」

美希「こんなんで終わったら、大した事無い女になっちゃうの!」

春香「くっそー。大した女だと思われたい!先生、一万円は一万円でも、1cc=一万円でいきましょう!」

律子「1cc=一万円?!」

真「800万円…」

律子「バカな事を、なんで私が800万円も払わなきゃいけないのよ」

春香「いいですか先生、よく聞いてください」

春香「一万円も800万円も、いっしょなんや!」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:25:48.41 ID:86g6ZiG20

律子「いっしょじゃないですよ!なんで関西弁なんですか!」

春香「くっそー、騙せなかったー」

春香「でも、一万円は、いただけるんですよね?」

律子「まぁ、一万円だったらいいでしょう。」

春香「美希、





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:33:25.92 ID:86g6ZiG20

春香「あはーはー!ことわられたー!先生、どうにか800万円無理ですかー?」

律子「無理です」

春香「あはーあ!ことわられたー!もうあきらめよっかなー」

千早「すいません…」

律子「あ、すいません。ここはちょっと入ってこられちゃうと。」

千早「あ、そうですよね。すいません。あの、父は大丈夫ですか?」

律子「最善は尽くしますから。」

千早「ありがとうございます。あの、ちょっと、春香、春香、我那覇さんが逃げたわ!」

春香「え?!なんで?!」





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:42:45.83 ID:86g6ZiG20

千早「私がトイレ行ってる間に、いなくなってたの!だから、ね?春香。我那覇さんがかえって来ない時は、その、賞金の方代わりに…みたいな?」

春香「えぇなんで私がー?」

千早「だってそうでしょ?絶対大丈夫ってあんなに言ったんだから、春香くれるよね?!ね?!ね?!ね?!」

春香「わかったちょっとその話後でいい?今私こっちで800万の仕事してるの。」

千早「800万って何やってるのよ」

律子「あのーすいません。ここは、関係者以外立ち入り禁止ですので。」

千早「そうですよね。って、春香関係者なの?」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:48:26.71 ID:86g6ZiG20

春香「私も今ちょっと関わってるの」

千早「そう、じゃあ、また後でね」スタスタ

春香「あの、美希、もし800万とれたら、私に100万くれない?そしたら私、もっと頑張れちゃうかなーって」

美希「うん、いいよ。800万取ってきたら、100万あげるの!」

春香「ほんと?!ほんとに100万くれるの?!ほんとにくれるの?!でもやっぱ美希、無理だよ」

美希「えー、今自分で言ったんじゃん」





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:55:35.66 ID:86g6ZiG20

真「ちょっといいですか?!」

律子「菊地先生?」

真「ボク、さっきのあなたの言葉に、心を打たれました!」

律子「どの言葉によ…」

真「『一万円も800万円もいっしょなんや!』です。」

律子「うそおん」

真「ボク、人の命を守るために、医者になったんです。でもいつのまにかお金のためにやってました。目が覚めた気がします!」

真「ボク、800万円出します!」

律子「菊地先生何を馬鹿なことを

春香「ヘイヘイヘイヘイ!!」

春香「お金を払わない人は黙ってて!!」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 14:58:21.27 ID:Weg7+vkB0

なんだこの流れは





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:02:03.15 ID:86g6ZiG20

春香「菊地先生、ほんとに800万円くれるんですね?!」

真「はい!」

春香「よし入った!入ったよ!」

美希「よおおおし!よしよしよし!やっぱ春香に頼んで正解だったの!」

律子「ちょっと待ってやっぱりこれおかしいわ!」

春香「おかしくなんか無い!」

律子「菊地先生、よく考えてみてください!」

真「やっぱり、おかしいのかな…」

春香「菊地先生、よく聞いてください」

春香「おかしくなんかないんや!」

真「おかしくなんかないんや!」





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:12:29.26 ID:86g6ZiG20

春香「千早ちゃん、気が変わらない内にさ、これに念書書いてもらっちゃおうよ!菊地先生、一筆お願いします。」

真「はい!」

律子「菊地先生!冷静に考えて!そこに書いたら800払わないといけ(グモッ

美希「こいつはミキに任せるの!」

真「はい!書きました!」

春香「ありがとうございます!」

美希「よしよし、これさえもらえばこっちのもんなの」

真「じゃあ星井さん、行きますか」

美希「はい喜んで!」





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:17:56.74 ID:86g6ZiG20

春香「あ、美希。100万の件、よろしくね」

美希「ミキ、そういうの義理堅いタイプなの。あ!今あげよっか?」

春香「えっ?」

美希「ギャラ入ってちょうど今持ってるんだよね」

春香「あ、ほんとだ!ありがとうございます!」

美希「いやー春香。いい仕事したの!」

真「じゃあ、星井さん、行きますか」

美希「はいなの」





93:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:25:38.25 ID:86g6ZiG20

千早「手ぶらで行って、100万持ってかえって来るなんて…凄すぎるわ」

春香「そんなに何回も言わないでよ~」

千早「でも、すごいわほんとに」

春香「いっとくけど、すごいって言われて、私嫌な気しないからっ」

千早「で、これは私が貰っちゃっていいの?」

春香「もちろん!響ちゃんが逃げた以上、100万は私の責任だから」





107:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:38:05.84 ID:86g6ZiG20

千早「ありがとう」

春香「あ、先生」

律子「お父さんの手術、成功しましたよ!」

真「もう大丈夫です」

千早「ありがとうございます!」

美希「めでたしめでたしなの」

千早「あ、B型の優しい人」





109:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:46:11.97 ID:86g6ZiG20

千早「ありがとうございます。あなたは父の命の恩人です」

律子「あ、実は、星井さんの血液は、使いませんでした。」

春香「え?」

真「実は、輸血をする時に血液検査をするんですが、検査の結果、B型じゃないことがわかったんです。」

美希「あは⭐ミキ、ABだったらしいの、」

美希「だから、春香。さっきの100万、返してくれくるな?」





111:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:52:01.37 ID:86g6ZiG20

春香「えっと、もう使っちゃった」

美希「えっ?この短時間で?」

春香「うん、クイズの賞金で…って、あれ?美希、B型じゃなかったって?」

美希「そ!ミキABだったの!」

春香「ということは?」

千早「あっ…そうなるのね…はい」

春香「ゴメンね千早ちゃん」





112:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 15:58:51.16 ID:86g6ZiG20

美希「あ、あるじゃん。よかったの~。」

春香「いや、ちょっと待って?」

美希「?返してくれないの?」

春香「あのさ、私的には、仕事はしたわけじゃない?」

美希「え?」

春香「見てましたよね?先生」

真「はい、仕事はしてました。」

春香「で、これはその報酬ってことでしょ?」

美希「な、何がいいたいの」





113:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:06:13.22 ID:86g6ZiG20

春香「その後の事は、私には関係ないというか?」

美希「後の事とかじゃなくて、ミキ、もともとABだったんだよ?」

律子「でも、星井さんはBだと思ってたんですよね?」

真「自分でも言ってたし!」

美希「ああそういう、じゃあミキわかったの。その100万は春香にあげる。でもこの100万がおkってことなら、そっちの800万だっておkにならないとおかしいの!」

律子「いやそれはダメでしょ」





114:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:11:49.03 ID:86g6ZiG20

美希「なんでなの!ミキが100万取られるなら、800万貰えないとおかしいの!」

律子「星井さん、ちょっとここ病院なんですから、静かにしてください!」

美希「うるさいの!このヤブ医者!大声出されたくなかったら800万はらうの!」

千早(この人こんな人だったの?)

春香(AB型は怖いんだよ…)

美希「大体こっちには、念書だってあるの!」

真「いやそれはちが

美希「おらおらおらおら!あるんだよおおおおだ!」





115:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:20:42.32 ID:86g6ZiG20

美希「おまえらじゃ話になんねえ!支配人読んで来い支配人をよおおおおおおお!」

律子「病院に支配人なんていないですよ。星井さん、とにかくここじゃアレなんで、向こうに言って話しましょう」テクビグィッ

美希「あいってえええ!いててて!離せよこら!痛かったなあー。あーもうケガした。手首グラグラだよもう」

千早(もうヤクザね…)

美希「もーどうしてくれんだよ。病院行くから治療費だせよ治療費。」

律子「ここは病院だから、タダで治してあげますよ。」

美希「あっ」

真「よっと。軽いなぁ星井さん。」

律子「さあ、治してあげますからねー」

ナノー





116:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:24:42.63 ID:86g6ZiG20

春香「連れてかれちゃった…」

ダダダッ

千早「あっ我那覇さん!どこいってたの?!」

響「ち、ちがうんだ。金、金集めてきてたんだぞ!」

響「あ、春香。ちょっとこっちきてくれこっち」コソコソ

春香(何?)





117:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:31:48.67 ID:86g6ZiG20

響(いや、お金なんだけど、さ。頑張ったけど、12万しか、あつまんなかったんだ。だから、なんとか12万で、手を打ってもらえないかー?)

春香(うーん、ちょっと待ってて)

春香「ねぇ、千早ちゃん。響がいなくなってからの一連の流れ?あれ、響に内緒にしとこ?」

千早「でも…友達騙すようなこと…」

春香「何のんきな事いってるの、千早ちゃんほんとだったら罰金100万払わないといけないんだよ?」

春香「100万払うか、12万もらうか、どっち?」

千早「春香ありがとう」ガシッ





119:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:40:08.07 ID:86g6ZiG20

千早「我那覇さん、12万だけ、もらうわ」

響「おー、よかったぞー。でも、あれだなー100万円って、やっぱり大金だ。自分、人生で、一回も100万の束なんて見ないかもしれないぞ。」

春香「ふーん、みしてあげよっか?」

響「み、見せれる訳ないさー」

春香「見せれたらどうする?」

響「もし春香が、パッて100万の束見せれるなら、自分、そのお礼に100万円払ってやってもいいさー。」





120:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:44:28.68 ID:86g6ZiG20

響「そんなに簡単に100万なんて手に入ったら、苦労しないさー」

春香「はい100万」

響「な……なんで持ってるんだ?」

春香「ほら100万ちょうだい?」

響「いや、ちょちょっと待つさー」

千早「言ったんだから払わなくちゃ」

美希「ひゃ、ひゃるか…」





121:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:57:52.11 ID:86g6ZiG20

美希「しゃ、しゃっきのひゃくみゃん、かぇひて、ひょしいにょ。」ドタッドタッ

春香「美希…どうしたの?」

美希「び、びょうひんってきょわいにぇ。うでを けぎゃしちゃにょに、右ひゃんしんに ましゅい かきぇらりぇちゃったにょ」ドタッドタッ

千早「これ…もう返してあげたほうがいいんじゃないかしら?」

春香「そうみたい。」

美希「ありゅいがとなにょ」ドタッドタッ

響「ど、どういうことなんだー?!なんであの人に100万あげちゃったんだー?!」

春香「いや、なんでも…」

響「わかるように説明してほしいさー」

千早「我那覇さん、じつはね、あの人B型じゃなかったのよ」

春香「うん…」

響「え?そうだったのかー?なんだー」





123:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 17:05:25.75 ID:86g6ZiG20

響「じゃあ自分、賞金払う必要ないじゃん!しかも千早、罰金100万円だぞ?!」

春香「あ、でも。いま響ちゃん私に100万借りあるよね?」

千早「そうよ!さっき100万見たじゃない!」

響「あーじゃあその借金千早に移せばいいんだぞ!」

千早「そ、そういうことするからややこしくなるのよ!いいから100万だしなさい!」グッ

響「ウゴッ……く、首……」

春香「ストーップ!暴れないで!」

響「ウッ…はぁ、はぁ」

春香「千早ちゃんも頚動脈だけ押さえるのやめて!」





125:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 17:13:57.92 ID:86g6ZiG20

響「び、病院で死ぬところだったぞ」

春香「もう、わかった!チャラにしょう!今回のは全部チャラ!」

千早「わ、私のも?」

響「自分のもか?」

春香「うん!チャラ!」

響千早「ありがとう」

春香「今日なんかさ、大金が動いたような気もするけど、誰も得してないから損もしてない。」

響「なんか、なんだったんだって、感じたな」

春香「だね、お茶しにでも行こっか?」

千早「ええ、そうね」

響「自分さー今日お金集めるために、大切にしてたペット、みんな売っちゃったんだ。」

春香「売っちゃったの?!」

響「さて問題です。一番高く売れたペットはどれでしょう?」

千早「それって…賞金とか賞品とか、出るの?」


おわり





128:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 17:17:10.45 ID:iXiSd8kLO







129:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 17:17:21.35 ID:86g6ZiG20

君の席、より
病院
でした
矢作=春香
設楽=千早
日村=響
小木=美希
小林=律子
片桐=真





130:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 17:17:48.17 ID:PpwA+koc0

乙!





131:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 17:42:10.63 ID:xVCAIWn00

元ネタあったのか
面白かった





118:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/12/25(火) 16:39:25.43 ID:B5MaKn1v0

Pがスレタイ以降全く登場してない件






元スレ:P「病院」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1356402620





  

【 関 連 記 事 】


千早の父「轢かれるのはPくんでもよかったと思うんだが・・・」
[ 2012/12/30 10:09 ] [ 編集 ]
>>118のツッコミが的確すぎる・・・
[ 2012/12/30 11:41 ] [ 編集 ]
バナナマンとラーメンズとおぎやはぎのコントが元ネタかな
[ 2013/11/21 06:15 ] [ 編集 ]
って最後まで見たら書いてたんかい
[ 2013/11/21 06:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: