Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  P「安価でトップアイドル!」【安価SS】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
いくら何でもこれは・・・。Pはどうしちゃったのというか、病院に直行してもおかしくない。
やっぱり忙しすぎる職業人はどこか違うというか、常人には理解しがたし乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 12:59:19.90 ID:Gzrtec2m0

P「さぁて、誰をトップアイドルにしようかな?」

>>5






5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:03:02.16 ID:XvwSRV2X0

2回使った後カラカラに乾燥したティーバッグ





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:20:40.12 ID:Gzrtec2m0

P「よーし、じゃあ三角コーナーに捨ててあった2回使ってカラカラに乾燥したティーバッグをトップアイドルにするぞ!」

P「まずはどういう方向で売っていくか決めるか」

P「>>14とかどうかな?」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:21:45.46 ID:XvwSRV2X0

このプロデューサーは頭逝ってる





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:29:45.26 ID:VgGUlTTM0

安価とはいえ真面目な>>1だなwww





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:24:30.29 ID:lSwXDOM30

染み





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:27:13.74 ID:Gzrtec2m0

P「この2回も使われて乾燥したあとの染み...」

P「ティンときた!この娘は染み系アイドルとして売りだそう!」

P「うんうん、これは行けるぞ!...よし次はコミュニケーションを取ってみよう...えーと、なんて声を掛けよう」

P「>>18」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:29:05.57 ID:n7aa60RKP

・・・なんで俺ティーバッグなんかに話しかけてるんだ?





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:32:03.73 ID:Gzrtec2m0

P「...いやいや、なんで俺ティーバッグなんかに話し掛けてるんだ?」

どうする?
1 「いや、でもこの娘ならいける!」
2 「よし、別の娘をトップアイドルにするぞ!」
3 「疲れてるのかな...寝よう」

>>25





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:33:32.90 ID:XvwSRV2X0

1 「いや、でもこの娘ならいける!寧ろこの娘じゃないと俺の才能は生かせない!」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:36:27.17 ID:Gzrtec2m0

P「いや、でもこの娘ならいける!寧ろこの娘じゃないと俺の才能は生かせない!」

P「よし、まずは芸名から決めるか!」

P「>>30なんてどうかな?」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:38:42.44 ID:XvwSRV2X0

生ゴミ若しくは燃えるゴミ





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:43:31.08 ID:Gzrtec2m0

P「 生ゴミ若しくは燃えるゴミ 」

P「うん、良いな!」

P「おっと、愛称も必要だよな!ちょっと長いし呼びやすい感じで...」

P「>>35」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:45:59.02 ID:OXb3gHda0

生パン





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 13:57:29.54 ID:Gzrtec2m0

>>35
P「 生パン 」

P「うわこれめっちゃ可愛いやん!!」

P「テンションあがってきた!!今日から君は生パンちゃんだよ!」

生パン「>>40」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:01:07.99 ID:XvwSRV2X0

「」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:01:09.75 ID:wpdv6SEK0

返事がないただのティーバッグのようだ





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:15:20.15 ID:Gzrtec2m0

生パン「」

P「...」

1 「はぁ...帰って寝よう...」
2 「べ、別の娘をプロデュースだ!」

>>50





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:17:29.85 ID:g9aiE81d0







54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:19:19.49 ID:Gzrtec2m0

P「はぁ...帰って寝よう...」

~~~~~~

P「生パン...オーディション合格...オメデトウ...ムニャムニャ」zzz



終われ





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:19:54.80 ID:P2zadBzxO

終わっちゃったwww





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:24:16.07 ID:28INsOJn0

ワロタ





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:24:27.81 ID:n7aa60RKP

P「生パンのアイドル姿が見たいという声が聞こえる……」

P「そうだ、俺はまだ何もしてないじゃないか……」

ガバッ

P「生パン! 俺についてきてくれるか!」

生パン「」

P「そうか……でも、俺じゃ頼りなくないか?」

生パン「」

P「……ははっ、そこまで言われたらやるしかないな」

P「待ってろ、絶対お前にふさわしい舞台を用意する!」

P「そして……目指すんだ、俺たちで」

P「トップアイドルを!」

生パン「」

P「となれば、まずやることは……」

>>65
1.営業
2.レッスン
3.デート





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:26:05.08 ID:Gzrtec2m0

1だな!





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:26:54.13 ID:XvwSRV2X0

営業か!まずは認知してもらわないとな!





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:31:18.84 ID:n7aa60RKP

P「営業だ! とりあえず一枚だけ撮らせてもらうぞ」

P「おいおい恥ずかしがってどうする。お前はこれからトップアイドルになるんだ」

生パン「」

P「行く末はファッション雑誌の表紙とか飾って……ははっ、お世辞なんかじゃないって」

P「料理業界からも声がかかるかもな、生パンだけに……」

生パン「」

P「コ、コホン! 続けるぞ! それじゃ、ポーズだ」

生パン「」

P「そうそう、できればもっと一番濃い所を前にだして」

P「いいな、ロゴもしっかり演出しておきたいし」

P「そうそう、いや見れば見るほどいいティーバッグだ……2日経ったとは思えない」

P「ん? いや本当のことだって、あはは照れるなよ」

P「よしこれでOK! 早速お得意様のところに出発だ!」





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:35:34.57 ID:n7aa60RKP

P「失礼します! あ、どうもいつもお世話になっております!」

「おぉ君か、いつもご苦労様」

P「いえ! それで、今回はうちの新人アイドルについてなんですけども」

「おっ! また原石を発見したということで、期待してもいいのかな?」

P「えぇそれはもちろん! この子なんですけど」

「……ほう、ティーバッグ、か」

P「はい! でもですね、実はちょっと……こちらだからお話しできるんですけど」

P「この子、2回使ってるんですよ」

「何!? ……そうは見えないが」

P「そうなんです、だから俺……私としても、この子には才能がある、と」

「ふむ……でも、君も知っての通りこの業界だ。この子にいくら才能があるからとはいえ……」

P「そこは私の力でなんとかしていくつもりです! 本人も頑張ると言っておりますし!」

「……それならば、試してみるのが手っ取り早いだろう。この子の特技はなんだね?」

P「え? あ、えっと確か……>>75です!」





75:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:36:54.66 ID:lSwXDOM30

笑顔





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:42:56.35 ID:n7aa60RKP

P「……笑顔、ですね」

「ほう」

P「この写真はちょっと急ピッチで、というのは……言い訳になっちゃいますが」

P「意外とシャイな子で。でも、笑ったときすごく弾けたような顔になるんです」

P「それだけで、元気になるっていうか。そこが2回つかったのに、こんなきれいなティーバッグである理由な気もするんです」

「……なるほどな」

P「……どう、でしょうか」

「このご時世だ、同情やツテでティーバッグを出すほどうちも余裕がない」

P「……そう、ですよね」

「それでも、君の持ってきた案件だ。それに……私もこの子がどう輝くのか見てみたい」

P「えっ……ほ、本当ですか!?」

「あぁ、そのかわり期待していいんだね?」

P「も、もちろんです! 精一杯頑張らせていただきますので!!」

「あはは、今後ともよろしく頼むよ。敏腕プロデューサー殿」

P「はい!!」





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:45:12.21 ID:XvwSRV2X0

頑張れ 





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:46:19.86 ID:zX7eKppx0

応援しているぞ!





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:46:21.83 ID:n7aa60RKP

P「お待たせ生パン!」

生パン「」

P「聞いて驚くな……オーディションが取れたぞ!!」

生パン「」

P「おいおい、そんなに驚くことか? 誇っていいんだぞ!」

P「俺も正直、今の業界にティーバッグが通用するとは思わなかった」

P「でも、イケるよ! お前はこんなところで立ち止まるようなやつじゃない! 俺はそう感じるんだ!」

生パン「」

P「……そうだ、その顔だよ。きっと、その笑顔があれば絶対に行ける」

P「やってやろうじゃないか! 俺たちで、生パンと二人でティーバッグアイドルの時代!!」

生パン「」

P「……ま、あんまりしょい込むことはないぞ。まずは目先の目標……オーディション突破だ」

P「早速レッスンをしていくぞ!」





84:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:49:59.79 ID:n7aa60RKP

P「さてレッスンだが……少しでも売れればトレーナーさんを雇うこともできる」

P「それまでは、俺が面倒をみる。大丈夫だ、これでも何人か教えてきてるからな」

P「早速だがお前の基礎能力を見たい」

P「このカリキュラムをこなしてみてくれ」

生パン「」




P「……なるほど、これは面白いな」

>>87 Vo
>>88 Da
>>89 Vi

コンマが大きいほど特化





87:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:52:25.31 ID:XvwSRV2X0

kskst





88:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:52:46.79 ID:yt5O4I0P0







89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:52:47.54 ID:YqC7XPvd0

まかせろ





93:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:54:39.74 ID:xIMEAiLy0

踊れんのかよ





95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:56:51.14 ID:n7aa60RKP

P「ボーカルは少々苦手みたいだ、まあ仕方ない。元々声量があってないようなもんだ」

P「だが、ダンスステップは目を見張るものがあるな……ここを育てていけば」

P「そしてビジュアル、悪くない。2回ということを考慮すれば、まだ改善の余地はあるか」

P「よし、生パンの方針が決まった」

生パン「」

P「次のオーディションは、ダンスを重点に攻めようと思う」

生パン「」

P「安心しろ、今から何も教えずにはい踊って、なんていうつもりはない」

P「1から教えるさ。本当は俺もビジュアル一本と思ってたんだが」

P「お前にはダンスの才能がある、大丈夫だ俺に任せてくれ」

P「絶対にお前を……トップアイドルにして見せる」

生パン「」

P「オーディションまで2週間か、大丈夫、やれる」





97:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:59:50.07 ID:wLJeRuWY0

そろそろカビ生えそうだな





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 14:59:54.43 ID:n7aa60RKP

P「そこで……そうだ、そう!! いいじゃないか生パン!!」

P「今の動きを忘れるな、体全体から循環させる感じだ」

P「回転の時もあまり前に出過ぎないよう、丁寧に回る」

P「しかし、ここまで上達するとは思わなかったな……流石」

P「……ん? メール……な、なんだって!?」

生パン「」

P「え? あ、いや……次のオーディションなんだが……」

P「どうやら、765プロのアイドルが参加するらしい……」

生パン「」

P「あぁ、お前も聞いたことはあるだろう? 最近力をつけてる事務所だ……参ったな」

生パン「」

P「え? ……ははっ、ダメだな俺は。お前にそんな、元気づけてもらうなんて」

P「そうだよな、お前ならきっと大丈夫。俺もそう信じてる」

P「ちなみに参加するアイドルは>>100だ」





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:00:27.49 ID:g9aiE81d0

まな板





102:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:02:05.84 ID:lSwXDOM30

なんだ千早か





103:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:02:30.95 ID:RqzRHJW80

これは千早なのかそれともまな板なのか





105:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:04:39.55 ID:n7aa60RKP

P「如月千早だ……そう、歌姫と言われているあの、如月千早だ」

P「おいおいどうした? さっきまでは勢いがあっただろうに」

P「大丈夫だ、あの相手にVoで立ち向かうとなると……非現実的だが」

P「お前の見せ場はそこじゃない……これは、いけるぞ」

P「さぁ、最後の調整だ!!」


――そしてオーディション当日

P「さて……おっと」

千早「あ、すみません……あら?」

生パン「」

千早「あなた……噂は聞いてるわ。ティーバッグのゴミさんでしょう?」

P「如月千早、か。今日はよろしく頼む」

千早「プロデューサーの方ですか、よろしくお願いします」

千早「あなたの歌、とても興味があります。それじゃあまた会場で」

P「……流石歌姫、オーラが出てたな」

P「何、ビビることはない。お前はただやってきたことを出せばいいんだ」





107:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:07:16.50 ID:OXb3gHda0

千早性格悪すぎわろた





108:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:07:23.55 ID:XvwSRV2X0

ゴミとか毒舌だな





109:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:08:38.34 ID:RqzRHJW80

生ゴミ若しくは燃えるゴミちゃん可哀想・・・・





110:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:08:52.73 ID:n7aa60RKP

P「……緊張しているのか?」

生パン「」

P「大丈夫、今までのことを思い出すんだ」

P「それに失敗しても大丈夫。思いっきり、お前の持ち味を審査員の皆さんに見てもらうんだ」

P「そうすれば、きっと大丈夫」

生パン「」

P「うん? そうか……じゃあ」


P「生パンファイトー……オッー!!」

生パン「」

P「え? 恥ずかしいって、お前が何かやろうって言ったんじゃないか!」

P「全くもう……でも、これで緊張が解けたか?あぁ、それならよかった」

P「大丈夫……それじゃ、行くぞ」

生パン「」





113:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:12:02.13 ID:n7aa60RKP

――それでは次の方、どうぞ

千早「はい、2番如月千早です。よろしくお願いします」

~~♪

生パン「」

P「流石だな……でも気にすることはないぞ」

生パン「」

P(聞き入ってる……それは確かに、生パンにとっては憧れの存在か)

P(これが本番に影響しなければいいが……)

…パチパチ

千早「……ありがとうございました」

――次の方どうぞ

P「……いくぞ」

生パン「」

P「3番、生パ……じゃなかった、生ゴミ。お願いします」





115:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:14:40.53 ID:Gzrtec2m0

生パン頑張れ!





117:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:17:35.19 ID:n7aa60RKP

P(よしここまでは順調だ……)

生パン「」

P(なっ!? ど、どうした生パン!?)

ザワザワ

生パン「」

P(ここに来てさっきの……声がでなくなったか……)

P「ならいい、歌はいいから踊りだ!」ボソッ

P(……まず紐を持って生パンをクルクルと回してやる)

生パン「」

P(ある程度回ったら……いいぞ、落ち着いてる)

P(手を離す……そして、用意した透明な耐熱グラスに注いだお湯の中に、ゆっくりと沈める)

P(よし……その調子だ)

P(捩じった分生パンはクルクルと回転するが、お湯に浸かることでその速度は弱まり、まるでフィギュアスケートのように華麗に舞う)

P(ほとんど出がらしになった茶葉から、少しずつにじみ出る様子が、ビジュアルにつながる)

P(そしてメインはティーバッグの中で舞う茶葉だ……ここをうまく、より幻想的に見せられるか……)





118:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:18:38.63 ID:zX7eKppx0

Pの発想力すげえな。





122:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:20:41.35 ID:n7aa60RKP

P「……」

生パン「」

P(やがて回転は止まり、茶葉の動きも収まる)

P(そしてフィニッシュは……)

P「……ハッ!」

チャッチャッ

P(いかに生パンに水滴が残らない状態にできるか)

P(このために俺たちは何度も何度も湯切りの練習を積んできたんだ)

P(たとえ敵が如月千早であろうと……俺たちに切れない水滴は……ないっ!!)

P「……」

生パン「」

P「……以上です。ありがとうございました」

…パチ、パチ

P(終わった……)





123:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:21:47.57 ID:XvwSRV2X0

勝ったか





124:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:21:58.35 ID:RqzRHJW80

なんなのなの!なんなのなの!





125:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:24:08.87 ID:n7aa60RKP

――さて発表ですが

P「大丈夫だ、俺たちはやれるだけのことはやった」

P「……」


生パン「」


千早「……」


――今回のオーディション合格者は

>>128
コンマ73以上で勝利





126:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:24:29.76 ID:RqzRHJW80

来い





127:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:24:49.38 ID:XvwSRV2X0

生パンちゃんは出来る子





128:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:25:02.84 ID:8Ns09SMY0

残念





130:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:25:46.33 ID:XvwSRV2X0

>>128
生パンちゃん!!





131:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:27:31.44 ID:zX7eKppx0

流石我等のアイドル生パンちゃん!





132:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:29:18.10 ID:n7aa60RKP

――3番、生ゴミさんです

P「……え?」

生パン「」

P「……う、受かったのか? 受かったのか俺たち!」

生パン「」

P「やった、やったな生パン!!!」

千早「生ゴミさん」

P「き、如月千早」

千早「歌については残念だったわね。いえ、バカにしているわけじゃなくて……しょうがないと思う、初めてなら声が出なくなるのは」

千早「それでも、あれだけの踊り、私にはできない。完敗よ」

P「……」

千早「でも、歌だけなら負けない。進む道は違ってもまた戦うことがあったら、その時は」

千早「……プロデューサーも、お疲れさまでした」

P「あ、あぁ。ありがとう、如月千早」

千早「……」ペコッ





135:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:32:51.57 ID:n7aa60RKP

P(その後生パンへの依頼は一気に増えた)

P(事務所も少しだけにぎわいを増して)

P(ティーバッグアイドル、という言葉も少しずつではあるが聞くようになった)

P(まだメディアへの露出はほとんどないが、業界では結構噂になっているようで)

P「なら猶更、引き締めないとな」

生パン「」

P「どうした?」

生パン「」

P「次の、オーディション?」

生パン「」

P「まあそうだな、今のオーディションに固執してても上には上がれない」

P「希望の路線はあるか?」

>>140





140:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:37:12.70 ID:8Ns09SMY0

雪歩との
共演





142:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:40:19.31 ID:Bn/ngK5F0

対談になりそうな予感…!





143:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:41:28.11 ID:Gzrtec2m0

お茶談義に花が咲くな

ゆくゆくはユニットもありか





147:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:52:08.84 ID:n7aa60RKP

P「雪歩? あの、萩原雪歩のことか?」

P「どうだろうなぁ、765の中でも最近入ったと聞く。共演できないこともないだろうが……」

生パン「」

P「憧れ、なのか? ……ん?」

~~♪

P「紅茶のCM……なるほど」

P「そういうことなら、掛けあってみるか」



P「生パンと雪歩は見事意気投合して」

P「ユニット”生雪”としてデビュー。1年足らずで見事トップアイドルの仲間入りを果たした」

P「なんというか、複雑な気持ちだな。あの時手元にティーバッグが無かったら……なんて、今更何をさみしがってるんだか」

P「でも、よかった。あいつがここまで有名になってくれて……うん」

P「……紅茶でも、飲むか」



生パン「……アリ、ガト」           終わり





150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:53:54.92 ID:n7aa60RKP

安価スレだらけだしもういいよね
ティーバッグアイドルってなんだよと思いつつ
気が向いたらまた書くかも ここまでありがとう





148:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:53:12.59 ID:RqzRHJW80

終わったのか






149:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:53:48.86 ID:Gzrtec2m0

生パンちゃん可愛いいいいいいいいい!!!!!!!!

乙!!!!





151:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:54:04.60 ID:zX7eKppx0

最後グッときた 乙です。





153:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/01/20(日) 15:55:16.92 ID:c7GlAJvq0

乙!!!






元スレ:P「安価でトップアイドル!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358654359





  

【 関 連 記 事 】


冷静になるんだ!
ティーパックだぞ!?
[ 2013/01/23 02:52 ] [ 編集 ]
どう考えても多田野キチじゃないですか
[ 2014/01/06 17:20 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: