Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  杏子「口を離すんじゃねえぞ」 ゆま「んぐっ、ぅぅ…」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
さぁ、何を想像してこのSSにたどり着いたのか聞こうではないですか。2月3日は節分。
恵方巻きって恵方を向いて無言でただ黙々と食べるもの・・・でも途中で話したくなっちゃう乙。


3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 18:46:23.39 ID:drp6tbezO

杏子「これは一気にやるもんなんだよ」

ゆま「そんなこと言ったって…」

杏子「じゃなきゃ意味がないんだ」

ゆま「ゆまもうお腹いっぱいだよぉ…」






9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:04:03.50 ID:drp6tbezO

杏子「一息に食うんだ」

ゆま「んん……」

杏子「そうだ、いいぞ」

ゆま「ふぐぅ……」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:13:42.48 ID:drp6tbezO

杏子「一年の無病息災を願うんだ」

杏子「恵方を向いてな」


ゆま「…今年の恵方は?」

杏子「……」

ゆま「知らないんだ」

杏子「回りながら食えばいいんじゃね」

ゆま「なるほど」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:16:41.13 ID:drp6tbezO

ゆま「もう入らないよ…」

杏子「回りすぎたな」

ゆま「きもちわるい」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:20:39.66 ID:drp6tbezO

杏子「たくさん食ったな」

ゆま「歳の数だけ食べるのは豆だけでしょ…」

杏子「それもそうだったかもしれん」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:25:17.55 ID:drp6tbezO

一方そのころ

織莉子「ねぇキリカ」

キリカ「なんだい織莉子」

織莉子「黒くてふっといモノが食べたいわ」

キリカ「いいいいきなり何を言い出すんだ織莉子」

織莉子「あら、恵方巻きよ?」

織莉子「ナニと勘違いしたのかしら」

キリカ「なんでもないよっ!」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:35:39.46 ID:drp6tbezO

杏子「たらふくいきすぎちまったな」

ゆま「動きたくないよ」

杏子「ピザっちまうな」

ゆま「ピザる?」

杏子「なんでもない」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:44:55.24 ID:drp6tbezO

杏子「マミん家行くか」

ゆま「何で?」

杏子「ケーキ」

ゆま「いくいく」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:48:10.89 ID:drp6tbezO

まどか「おにはーそとー」

ほむら「さやかよーしよしよしよし、よーしよしよしよし」

さやか「ムツゴロウかあんたは」

ほむら「動物は動物らしくわんわんきゃんきゃん鳴きなさい」

さやか「誰が動物かーっ!」

ほむら「ホームランバー。」

さやか「きゃんきゃん!きゃんきゃん!」

まどか「ふくはーうちー」


まどか「泣いてなんかないもん。目にゴミが入っただけだもん」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:50:10.37 ID:wWe8GUwy0

何やってんだよこの3人組は





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 19:54:31.19 ID:pHWA+2/f0

わんわん!





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:01:29.93 ID:drp6tbezO

杏子「マミー」

ゆま「ポコ」杏子「ぱぁんつ」


杏子「おい」

ゆま「ごめん」



杏子「マミー」

マミ「お帰りなさいませご主人様、お嬢様」

杏子「……」

ゆま「……」

マミ「どや」

杏子「帰るか」

ゆま「うん」

マミ「待って」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:03:54.19 ID:quZ24WxH0

マミさんェ・・・





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:07:40.68 ID:drp6tbezO

マミ「帰らないで」

杏子「フリフリのドレスで前出るな近所に見られたらどうするんだ」

マミ「もう見られ慣れたわ」

杏子「手遅れかよ」


マミ「レモンケーキがあるわ。上がって上がって」

ゆま「おじゃましまーす」





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:19:11.37 ID:drp6tbezO

杏子「何か居ンだけど」

キリカ「何かとは言ってくれるね赤獅子」

織莉子「こんばんは」

マミ「呉さん美国さんはついさっききたのよ」

織莉子「メイド服を譲ってもらいたくて」

杏子「そうかい」


ゆま「……」

杏子「おうおう怖がらなくていいぞ何かあったらこいつらはぶっ殺してやっから」

キリカ「穏やかじゃないね」

織莉子「これだからホームレスって怖いわ」

杏子「あ?てめあん時の事忘れたのか?」

マミ「やめて!!!!!!!!!」

マミ「喧嘩しないで!!!!!!!!!!!!!!」

マミ「私なんかのために!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

杏子(うわうっぜ)





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:24:00.17 ID:drp6tbezO

まどか「おにはーそとー」

まどか「ふくはーうちー」

まどか「じゃないよ!!!!!!!!!!!!!!」ガシャーン

まどか「ねえ!!!!!!!!!!!!!!」


ほむら「よーしよしよしよし」

さやか「きゃんきゃん!きゃんきゃん!」


まどか「聞いてよ!!!!!!!!!!!!!!!」

ほむら「どうしたのまどか。イライラしてるわね。おっぱい揉んであげるわ」

まどか「さわらないで!!!!!!!!!!!!!!!」

さやか「なんだなんだ、穏やかじゃないね」

まどか「いい加減にしてよ!!!!!!!!!!!!!!!」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:29:07.32 ID:drp6tbezO

まどか「何で無視するの!!!!!!!!!!!!!!!」

まどか「構ってよ!!!!!!!!!!!!!!!」

ほむら(まどかがこんなにめんどくさい女の子だったなんて)

さやか(そこが萌えか。萌えなのか。)

まどか「ああもううざい!!!!!!!!!!!!!!!」


豆ポーイ

豆バビューン





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:35:16.10 ID:drp6tbezO

織莉子「とにかく近寄らないで下さいね。臭いんで」

杏子「あ゛ァ゛!?」

キリカ「うわっ君口臭いなぁ!!」

キリカ「…そうでもなかった」クンクン

杏子「人の口に鼻突っ込むな気色悪い」

織莉子「まぁキリカ、貴女なんてことを」

キリカ「気にすることはないよ織莉子。彼女は一応清潔だ。まぁキミには遠く及ばないから安心してよ」

杏子「こいつらいちいち癇に障るんだが」

ゆま「キョーコ、落ち着いて」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:36:23.93 ID:drp6tbezO

豆襲来

窓ガシャーン

キリカ「何奴!!」

織莉子「敵襲か!?」

マミ「曲者じゃー!!」

ゆま「ものどもであえであえー!!」


ジッ


杏子「あたしを見るなあたしを」

キリカ「KYだなーノリ悪いなー死ねばいいのに」

織莉子「これだからホームレスは」

マミ「興醒めね」

ゆま「萎えた。帰りたい。」

杏子「何なんだお前ら泣くぞコラ」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:43:28.99 ID:drp6tbezO

杏子「つーか肝心の窓ガシャーンはどうすんだよ」

マミ「あぁっ、部屋の窓の八割が!!」

杏子「大惨事じゃねーか。気づくのおせーよ」

織莉子「寒いわ。暖めなさい野人」

杏子「お前は頭冷やせ。ここから突き落とすぞ」

キリカ「私もご一緒するよ織莉子!!」

杏子「お前それコイツに喧嘩売ってっかんな?」

織莉子「ありがとうキリカ。愛してるわ」

キリカ「織莉子ぉ…」

杏子「あぁ、うん。勝手にしろ」

ゆま「ツッコミ上手だねキョーコ!すごい!抱いて!」

杏子「どこでそんな言葉を覚えたお前は」


マミ「……」ズーン

杏子「おいシード持ってこいマミのジェムが死ぬ」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:47:51.77 ID:drp6tbezO

まどか「あっ!!」

ほむら「どうしたのまどか」

まどか「お豆さんがない…」

ほむら「あるじゃないここに」

まどか「ちがうよぉ」

さやか「きゃんきゃん!きゃんきゃん!」

ほむら「よーしよしよしよしよーしよしよしよし」

ほむら「お豆さん探しに行きましょうか」

まどか「…ここにあるんでしょ?」

さやか「でも三つしかないじゃん」


まどか「……」

ほむら「……」


さやか「ほむらここまでの責任全部とれよ」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 20:55:45.56 ID:drp6tbezO

ほむら「飛んでった方角はどのあたりかしら」

まどか「北…」

ほむら「あら、巴マミのマンションの方角じゃない」

さやか「マミさん家12階じゃなかったっけ…いくらまどかでも、そんな投擲力は無いはずじゃ」

ほむら「よーしよしよしよしよーしよしよしよし」

さやか「きゃんきゃん!きゃんきゃん!」

ほむら「まるで犬のようね」

ほむら「さあいきましょうまどか、さやか」


ほむら「巴マミの家に!」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:01:29.46 ID:drp6tbezO

ほむら「やっぱり。ビンゴよ」

さやか「広島だったかー」

まどか「さやかちゃん、それ備後」

ほむら「よーしよしよしよしよーしよしよしよし」

さやか「きゃんきゃん!きゃんきゃん!」


ほむら「窓から侵入しましょう。おじゃまします」

さやか「おっじゃまっしまーっす」

まどか「失礼しまーす」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:09:40.60 ID:drp6tbezO

マミ「ぐすっひっぐ」シクシク

杏子「よーしよしよしよしよーしよしよしよしもう大丈夫だからなー」

マミ「おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあ!」

杏子「んーべろべろばーいないいないばー」

ゆま「あうあうあーあうあうあー」

マミ「おぎゃwwwwwwwwwぱしへろんだすwwwwwwwww」

ゆま「笑った!」

キリカ「赤子のお守りは大変だね織莉子」

織莉子「そうねぇ…」


まどか「私のお豆さんのせいで…こんなことに…」

まどか「どう言うことか説明してほしいのだけれど」

杏子「人ん家に不法侵入しといて説明してほしいはねーよ」

ほむら「あら、いつから貴女の家になったのかしら」

杏子「んなこたどうでもいい」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:15:28.52 ID:drp6tbezO

織莉子「!…貴女…」

ほむら「貴女…」

織莉子「わたしです」

ほむら「暇を持て余した」

織莉子「また騙されたな」

ほむら「神々の」

織莉子「全然気付かなかったぞ」


さやか「全然噛み合ってないよ!」

杏子「グダグダじゃねーか!」

マミ「おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあ!」

杏子「よーしよしよしよしよーしよしよしよし」

ほむら「よーしよしよしよしよーしよしよしよし」

さやか「きゃんきゃん!きゃんきゃん!」


※マミさんはミズハスボイスです





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:23:57.78 ID:drp6tbezO

マミ「窓ガラスぅ…すぅすぅ…寒いよー…」

杏子「直るから。直るからな?」

ゆま「ねんねしようね」


まどか「ごめんなさい…」

ほむら「弁償じゃすまないのは承知してるわ」

さやか「土下寝します。マジ許して下さい」

織莉子「そーよそーよ!」

杏子「てめー次調子乗ったら黒いの諸共串刺しだからな」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:34:16.65 ID:drp6tbezO

ほむら「ガラスのスペアならあるけど」

杏子「そんなに小さいなら役にたたねーよ」

織莉子「待って」

織莉子「暁美さん、ちょっと」

ほむら「はい」

織莉子「はいじゃないが」

杏子「」グサッ

織莉子「おふゥ!」

キリカ「オリコォー!」





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:37:07.93 ID:drp6tbezO

織莉子「私の水晶玉と、そのガラス板で窓ガラスが何とかなるかも知れないわ」

キリカ「隙間はどうするんだい」

織莉子「溶接。」

杏子「誰が炎使うんだよ」

織莉子「…あれ、貴女」

杏子「確かに赤いが炎は使えねーよ」

織莉子「じゃあ…」

ほむら「名前はたしかに炎だけど、火は使えないわ」


織莉子「…」

杏子「詰んだな」





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:43:05.21 ID:drp6tbezO

ほむら「火炎放射器ならあるわ」ジャギ

まどか「やめてほむらちゃん!シャレにならないよ!」

織莉子「無いよりマシよ!さっきから寒いのよ!」

まどか「火事で死んじゃうよ!」

ゆま「うるさいよ!!!!!マミちゃん起きちゃうじゃない!!!!!!!」

マミ「おぎゃあ!おぎゃあ!おぎゃあ!」

ゆま「あーんよちよちこわかったでちゅねーもうこわくないでちゅよー」

杏子「…なんか悲しくなってきたな」





71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 21:54:12.18 ID:drp6tbezO

織莉子「とりあえず極限に小さくした水晶玉を敷き詰めて何とかしたけど」

さやか「見栄えが…」

キリカ「非常に前衛的だね」

杏子「デザイナーズマンションみたいでいいんじゃね?」

ほむら「そうね」

まどか「本当にごめんなさい……」


マミ「鹿目さんにはお仕置きが必要みたいね」

杏子「やっと復活したか」





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 22:03:43.51 ID:drp6tbezO

マミ「鹿目さん、『目には目を、歯には歯を』という言葉があるのはご存知よね」

マミ「あの言葉には続きがあるの」

マミ「『復讐には復讐を。アンフェアにはアンフェアを』」




マミ「『豆には』」






マミ「『豆を。』」


※この後八つの豆と八本の恵方巻きが暴れ回りますが面倒なので割愛

終わり





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 22:05:03.74 ID:pHWA+2/f0

乙乙乙





75:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/03(日) 22:07:24.77 ID:9xoK3Nae0

乙おりキリゆま!






元スレ:杏子「口を離すんじゃねえぞ」 ゆま「んぐっ、ぅぅ…」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1359884345





  

【 関 連 記 事 】


こういうノリ大好き
[ 2013/02/05 10:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: