Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  まどか「美味しいチョコが作れるかな」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
今は好きな人にあげるだけではなくなったバレンタイン。友達にあげる友チョコや
男同士で渡し合うホ●チョコなど・・・後者はちょっとご遠慮申し上げたい気も。乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:21:56.91 ID:blDvUcVc0

さやか「まどか、何してるの?」

まどか「チョコ作りしてるんだ」

さやか「へぇ、手作りチョコなんてできたんだ」

まどか「もうひどいよさやかちゃん」

さやか「どれどれさやかちゃんが味見を」

まどか「だめだよ!さやかちゃんにはちゃんとさやかちゃんのチョコをあげるから」

さやか「その反応は本命チョコってわけだね」

まどか「うぇひひ、皆には内緒だよ」

さやか「はいはい」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:25:46.67 ID:blDvUcVc0

さやか「で、美味しくできそう?」

さやか「もっと甘くしようとして砂糖を入れようと思ったら塩を入れちゃったぁ!とか」

さやか「チョコレートをとかそうとお湯の中にそのままいれちゃったぁ!とか」

まどか「ひどいよさやかちゃん、私だってちゃんと手作りチョコの作り方を知ってるもん」

まどか「それにいっぱいありがとうと大好きを込めてるんだよ」

さやか「ほーう、そのチョコを貰える人は幸せだねぇ」

まどか「うぇひひ、そうだと嬉しいなって」

さやか「その相手が私じゃないなんて悔しいなぁ」

まどか「さやかちゃんも大好きだよ?」

さやか「ほらほら、料理中に目をはなさない」

まどか「わわ、もう……」

さやか「ま、少しぐらいからかわせてよ」

まどか「そんなの駄目だよもう!」





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:29:14.31 ID:blDvUcVc0

マミ家


ほむら「隠し味を入れて……こんな感じかしら」

マミ「えぇ、とても上手よ」

ほむら「案外チョコづくりって難しいのね」

マミ「そうね、型に流してってだけなら簡単なのだけど」

ほむら「でも大好きな人に送るって考えるとやりがいはあるわね」

マミ「ふふっそうね」

ほむら「何よ、その含んだ笑いは」

マミ「いえ、暁美さんがそう思える相手がいたんだって思って」

ほむら「別にいいでしょう」

マミ「えぇ」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:33:37.68 ID:blDvUcVc0

マミ「そういえば、誰に渡すかは教えてもらえないのかしら?」

ほむら「なんで教えないといけないのよ」

マミ「まぁ暁美さんがそんなにいう相手なんて一人しかいないかしら」

ほむら「勝手に納得しないでもらえないかしら」

マミ「あら、じゃあ違うのかしら?」

ほむら「……多分違わないわ」

マミ「そうやって素直に想いをぶつけられたら相手もきっと喜ぶわよ」

ほむら「そんなことできないわよ……」

マミ「恥ずかしいならチョコの上に書いてもいいのよ?」

ほむら「もう見てないであっちにいってて」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:36:48.20 ID:blDvUcVc0

マミ「あら、あなたが手作りチョコの作り方を聞いてきたのに」

ほむら「うぐ」

マミ「あと、佐倉さんが我が物顔で寝ているけど私の家よ?」

ほむら「そ、それはそうだけど……」

マミ「ふふっいじわるが過ぎたわね、ごめんなさい」

ほむら「そうやって意地悪するから2キロ太るのよ」ボソ

マミ「暁美さん、やっぱりバレンタインのチョコならちゃんと想いを書かないとね」

マミ「ほら、ちゃんとソースをもって」

ほむら「わ、ちょ、まって悪かったわ、ごめんなさい」

マミ「LOVEなんて書きやすいんじゃないかしら、相手の名前も書かないとね」

ほむら「私の身体を動かして書かせないでよ……」

マミ「ふふっそう言う割には抵抗してないじゃない」

マミ「書きたいけど自分が進んで書いたわけじゃないって体裁でも取り繕いたいのかしら?」

ほむら「そ、そういうことは気がついても言わないで///」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:40:15.62 ID:blDvUcVc0

まどか「うぇひひ、でーきた」

さやか「大好きって大きく書いちゃって、まどかも積極的になったもんだね」

まどか「うぇひひ、想いを伝えるってとっても大事なんだってわかったんだもん」

まどか「美味しいチョコを渡して喜んで貰いたいなって」

さやか「きっとあいつもすごく喜ぶね」

まどか「うぇひひ」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:44:45.44 ID:blDvUcVc0

杏子「ん……んーいい匂い」

ほむら「はぁ……」

杏子「ん?お、おいほむらがげんなりしてるってことはまさか失敗したのか!?」

マミ「いえ、とっても美味しくできてると思うわよ」

ほむら「うぅ……」

杏子「でもこいつのこの様子は……」

マミ「暁美さんって恥ずかしがり屋さんだから」

杏子「?」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:49:31.56 ID:blDvUcVc0

杏子「なんかよくわかんねぇけどマミが大丈夫っていうなら大丈夫だろ」

ほむら「そうね、今更出来上がったものは変えられないわ」

ほむら「杏子、マミ」

杏子「おっお待ちかねの」

ほむら「えぇ、試食をお願いするわ」

ほむら「まずかったら素直に言って」

マミ「大丈夫よ暁美さんちゃんと作れていたはずよ」

杏子「それはともかく食べないかい」

ほむら「えぇ、さっそく食べてもらえるかしら」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 21:57:08.20 ID:blDvUcVc0

杏子「へぇ、美味しいじゃん」

マミ「えぇ、とても美味しいわ」

ほむら「ほ、本当に?嘘はついてない?」

杏子「本当だって」

マミ「えぇ、とても美味しいわよ」

ほむら「そ、そう……」ホッ

杏子「こんな手の込んだチョコを私達に試食させたり、失敗できない相手へってわけだな」

マミ「もらえる子は幸せそうよね」

杏子「ま、自信持ちなよ、味は文句なしだ」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:04:10.73 ID:blDvUcVc0

マミ「あとは包装してメッセージカードが必要よね」

ほむら「い、いえ、そこまでする必要は」

マミ「だめよ、大切な人に送るものなんだからちゃんとしないと」

ほむら「で、でも……」

マミ「ほら、いいからいいから」

マミ「それとももう一度無理やり書かされてるみたいにして欲しいのかしら?」

ほむら「う……」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:09:27.57 ID:blDvUcVc0

ほむら「これでいいでしょう……」

マミ「あら、名前しか書いてないじゃない」

ほむら「も、もうこれでいいの!」

ほむら「とにかく試食や調理場を貸してくれてありがとう、そろそろ帰るわ」

マミ「あ、待ちなさい暁美さん」

ほむら「何かしら?」

マミ「友チョコをどうぞ」

ほむら「ちょ、ちょっと待って今渡されてもお返しするチョコがないわよ」

マミ「お返しもなにもあなたの手作りチョコを試食させてくれたじゃない」

ほむら「それは友チョコのつもりで出した訳じゃ……」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:14:31.23 ID:blDvUcVc0

杏子「あたしからもほい」

ほむら「え?杏子が!?」

マミ「佐倉さんもあなたが来る前に今日はチョコを作ってたのよ」

ほむら「杏子が?」

マミ「私にバレンタインチョコをせがみにきたからちゃんと作って交換しましょうってことで」

ほむら「あぁ、納得ね」

杏子「それで納得されるのは複雑なんだが……」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:23:10.37 ID:blDvUcVc0

ほむら「なんだか試食までさせてこんなものまでもらってしまって」

マミ「遠慮なんていいわよ、あなたに渡すためにそのチョコは作ったんだから食べてもらわないと困るわ」

杏子「食べないならあたしがもらうけどな」

マミ「こら、あなたこれ以上食べたら太るわよ」

杏子「あたし太らない体質だしなぁ」

マミ「へぇ……」ゴゴゴ

ほむら「あ、ありがとう、家でいただくわね」

マミ「えぇ、またね」

杏子「んじゃな」

ほむら「えぇ、また」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:26:58.92 ID:blDvUcVc0

さやか「とにかくあいつの家に行かなきゃ」

まどか「うん!」

さやか「そうそう、考える前に行動だよ」

まどか「うぇひひ、さやかちゃんらしいアドバイスだね」

さやか「ほら、早く行かないと」

まどか「行ってくるね」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:33:23.25 ID:blDvUcVc0

ほむ家

ほむら「ただいま……」

ほむら「……」

ほむら「こうしてチョコを作って自分の家に帰ってくるとなんだか悲しくなるわね」

ほむら「なんで作ろうなんておもったのかしら……」

ほむら「作ったチョコどうしようかな」

ほむら「作ったって受け取ってもらえるわけないのに……」

ほむら「寝よ……」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:39:11.86 ID:blDvUcVc0

まどか「お邪魔しまーす」

ほむら「んん……すぅ……」

まどか「あ、ほむらちゃんは寝てるんだ」

ほむら「んー……まどかぁ……」

まどか「うぇひひ、どうしたのほむらちゃん」

ほむら「くー……くー……」

まどか「うぇひひ、可愛い」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:42:12.19 ID:blDvUcVc0

まどか「あれ?机にあるのはチョコかな?」

まどか「暁美さんへ……マミさんからもらったのかな?」

まどか「こっちはほむらへだから杏子ちゃんかな?」

まどか「あともう一つは……まどかへ」

まどか「ほむらちゃんが作ってくれたんだね……うぇひひ、とっても嬉しいな」

まどか「本当はダメなんだけどちょっとだけ自分のために力を使わせてね」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:46:42.21 ID:ikY7I9h7O

え?改編後?





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:46:44.81 ID:blDvUcVc0

さやか「あ、早かったね」

まどか「うん!」

さやか「あれ?何持って帰ってきたの?」

まどか「私にチョコをほむらちゃんが作ってくれてたの」

さやか「へぇー一口頂戴」

まどか「いくらさやかちゃんでもそれはできないかな」

さやか「ちぇー」

まどか「うぇひひ、私が作ったチョコで我慢してね」

さやか「んじゃ二人で食べますか」

まどか「食べなくてもいいんだけどね私達」

さやか「そういうことは言わない約束でしょ」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:52:11.09 ID:blDvUcVc0

チュンチュン

ほむら「んー」

ほむら「……」グシグシ

ほむら「まどかからチョコを貰える夢なんて……」

ほむら「はぁ……自分で食べてしまおう……」

ほむら「あれ?私のチョコってこんな」

ほむら「……まどか!」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 22:59:23.61 ID:blDvUcVc0

まどか「あれ?私、さやかちゃんとチョコを食べてて……」

さやか「やっと目を覚ましたみたいだね……」グッタリ

まどか「どうしたのさやかちゃん」

さやか「ほむらのチョコにブランデーが入ってたみたいで」

まどか「?」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 23:05:44.74 ID:blDvUcVc0

さやか「ほむらちゃんとおしゃべりしたいからマミさんに少し取り憑いてみるとかいいだしたり」

さやか「あとほむらちゃんと抱き合いたいからこっちに連れてくるとか言い出したり」

まどか「え?」

さやか「それを止めてた……」

まどか「え、えと……ごめんね」

さやか「いや、まぁお互いに好きあってて羨ましいよ」

さやか「まどかは詢子さんの子だからお酒は強いとおもってたけど」

まどか「飲んだことなかったから弱いなんてわからなかったよ」

さやか「まぁ今のまどかがほむらにいろんな思いを覚えちゃうのはしょうがないか……」

まどか「本当にごめんねさやかちゃん」

さやか「それよりまどかのチョコをもらったほむらの様子でも見に行こうよ」

まどか「あ、うん!」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 23:12:20.64 ID:blDvUcVc0

通学路


マミ「あら?今日は随分ご機嫌ね」

杏子「というかにやけすぎてて気持ち悪いぞ」

ほむら「気持ち悪いなんて言わないでもらえるかしら、とても嬉しいことがあっただけよ」

マミ「あら、チョコをちゃんと受け取ってもらえたってことかしら」

ほむら「えぇ、それに大好きって書いてあるチョコを貰ったわ」

杏子「よかったじゃん」

マミ「ふふっ羨ましいわね」

ほむら「えぇ、これ以上ないプレゼントよ」


さやか「うれしそうじゃん」

まどか「うぇひひ、嬉しいな」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 23:13:58.47 ID:blDvUcVc0

まどか「美味しいチョコ作れてたかな?」

さやか「大丈夫だって」


マミ「まどかって子といつか会ってみたいわね」

杏子「これだけいつもほむらと一緒にいるのに会ったことないしなぁ」

ほむら「いつか会えるわ、あなた達もね」

マミあん「?」


ほむら「まどかからの贈り物……大切に食べずにとっておくわ」


まどか「美味しいって食べて欲しくて作ったんだから食べてよほむらちゃーん!」

さやか「賞味期間とか大丈夫なのかな……」



終われ





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 23:15:09.89 ID:LQfKrsZ30







50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 23:15:20.08 ID:b+C1GP9g0

おつ





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 23:15:27.41 ID:blDvUcVc0

ほむらちゃんってまどかちゃんからのチョコとか食べるのがもったいないって食べずにとっておいて
最終的に2年ぐらいたったチョコをまどかちゃんに見つかって
どうして食べてくれなかったのって言われてあたふたしそう
おやすみなさい





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/02/14(木) 23:16:55.92 ID:J6/JXwbD0








元スレ:まどか「美味しいチョコが作れるかな」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1360844516





  

【 関 連 記 事 】


深見東州の一言
深見東州です。
とてもいいと思います。
[ 2013/02/17 16:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。