Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  千早「プロデューサーが私の歌を口ずさんでる」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
音楽って生活の良いスパイスになっていると思うんです。だから、運転中、料理の時、
仕事中、通勤通学中、ついつい歌っちゃう事ってあります。上手いかどうかは別として
それが気持ちいい乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:09:57.69 ID:BGPLc06u0

P「アオイィィィィィトリィィッィ♪」

千早「!?」

千早(プロデューサーが私の歌を口ずさんでる)






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:11:51.70 ID:YduwVXQH0

熱唱じゃねーかww口ずさむ所の騒ぎじゃないだろwww





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:11:51.46 ID:BGPLc06u0

小鳥「プロデューサーさん、ご機嫌ですね」

P「え? 何ですか?」

小鳥「だって歌ってたじゃないですか」

P「ああ、作業中に歌っちゃうのが癖なんですよ。うるさかったです?」

小鳥「いえ~、それくらいの声量なら大丈夫ですよ」

P「そうですか、ありがとうございます」

千早(プロデューサー、鼻歌が癖なんだ…ちょっと意外)

千早(でも、私の曲を気に入って歌ってくれるのは嬉しいかも)





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:12:50.64 ID:BGPLc06u0

翌日

P「アオイィィイィィィトリィィィィ♪」

千早(あ…また歌ってる)

千早(それでも作業は滞ってないみたいだから不思議だわ)

P「アノソォォォォォラヘェェェ♪」

千早(ふふ…)

P「フンフン…ゴニョゴニョ」

千早「?」

P「アオイィィィィィトリィィィィ♪」

千早(ループ!?)

千早(もしかしたら…プロデューサーって)

千早(サビの所しか覚えてない!?)





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:14:59.25 ID:BGPLc06u0

P「ゴニョゴニョ…」

千早(やっぱり…わからない所は適当にごまかしているわ)

千早(せっかくだからちゃんと歌ってほしいわね…)

春香「でねー千早ちゃん」

千早「」スック

春香「? 千早ちゃんどうしたの? 突然立ち上がって」

千早「……」

千早「泣く事~ならたやすいけれど~♪」

春香「!?」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:16:49.61 ID:BGPLc06u0

千早「悲しみには流されない~♪」

春香「え? え? どうしちゃったの!?」

千早「春香、今は黙ってて」

春香「は、はい」

千早「恋した事~♪」

春香「……」

P「……」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:21:09.88 ID:BGPLc06u0

千早「……そう悔やんでも~♪」

千早「……ふぅ」

春香「や、やっぱり千早ちゃんは、歌上手だね」

千早「そう、ありがとう」

春香「でも突然どうしたの?」

千早「いえ、急に持ち歌の歌詞を確認したくなって」チラッ

春香「そ、そうなんだ」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:25:30.36 ID:BGPLc06u0

千早(どうかしら。プロデューサー、おぼえてくれたかしら……)

P「……」

千早「……」

P「……ナァ…」

P「ナクコトォナラタヤスイケェレドォ♪」

千早(よしっ!)ガッツ

春香(千早ちゃんが謎だ…)





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:27:45.08 ID:v5eIi94F0

頑張ったな、P





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:29:08.85 ID:BGPLc06u0

翌々日

P「ムレヲハナレタトリノヨォニ♪」

千早(歌ってる歌ってる)

P「アスノイキサキナドシラナイ♪」

千早(どうやら歌詞はほぼ完ぺきみたいね)

千早(でも…)

P「ダケドキズツイテ♪」

千早(今度は音程が気になるわ…!)





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:37:09.09 ID:BGPLc06u0

P「イツモココロノママタダハバタクヨォ♪」

千早(あっそこっ! そこ半音高い!)

千早(どうしても気になるわ…。どうせなら正しく歌ってもらいたいし…)

P「アオイィィィィトリィィィ♪♪」

千早(ここは物凄く気持ちよさそうに歌うわね)

千早(でもやっぱり教えなきゃ気が済まないわ)





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:41:42.05 ID:BGPLc06u0

春香「でねー千早ちゃん」

千早「」スック

春香「千早ちゃん…?」

千早「……」

春香「……」

千早「いつも心のまま ただ羽ばたくよ♪」

春香「また!?」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:46:37.74 ID:BGPLc06u0

春香「どうしたの千早ちゃん!?」

千早「いえ、ここの音程を確かめたくて」

春香「えぇぇ…? でもいっつも完璧じゃない?」

千早「でも、ここはサビの前だから大事な所なのよ」

千早「ギリギリで張り詰めた感じを出して、音程を狂わさないようにしないと」チラッ

春香「そうなんだ……」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:51:23.86 ID:BGPLc06u0

千早(どうかしら。プロデューサー、ちゃんとわかってくれたかしら…)

P「……」

千早「……」

P「……」

P「……ィィ……」

P「イツモココロノママ タダハバクタクヨォ♪」

千早(そうっ! それっ! それでいいのっ!)ガッツ

春香(絶対おかしい)





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:52:27.21 ID:uVkJvM+s0

気付かない方が(





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:57:29.56 ID:BGPLc06u0

翌翌々日

P「マドカラミルヒカルウミヨリィ♪」

千早(うん…今日も歌ってるわね)

P「ナミノナカヘトミコミタァイ♪」

千早(音程も歌詞も完璧だわ。良かった)

千早(でも…)

P「ヒキトメテルゥ♪」

千早(今度は感情をこめて歌ってほしいわ……!)





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 22:58:32.77 ID:BGPLc06u0

千早(これじゃあただ、正しく歌っているだけだもの…!)

千早(もっと歌詞の意味を考えて、感情豊かに聞かせないと…)

P「アオイィィィィトリィィィ♪♪」

千早(それにしても、ここホント気持ちよさそうね)

千早(それは置いといて……よし…)





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:05:26.60 ID:BGPLc06u0

春香「そしたらね、千早ちゃん」

千早「」スック

春香「!?」

春香(来る…)

千早「……」

千早「…すうっ」

千早「泣く事ならたやすいけれど♪」

P「!」

春香(マジ歌いだ!)





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:08:38.18 ID:BGPLc06u0

千早「ふう…」

春香「すごい! 感動しちゃった」

千早「はあはあ…ありがとう春香」

千早「歌ってただ歌えばいいってものじゃないのよね…」

千早「歌詞の意味や旋律の繋がりを理解して初めて歌えたってことになるのよね」チラッ

春香「難しいね」

千早「ええ。でも、だからこそやりがいがあるのよね」チラッチラッ

P「……」

春香「そっかあ…」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:15:07.49 ID:BGPLc06u0

千早(プロデューサーに伝わったかしら……)

P「……」

千早「……」

P「……~♪」

P「泣く事ならたやすいけれど♪」イイコエ

千早「キタァ!」グッ

春香「」ビクッ





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:19:31.28 ID:lvAuJ3HD0

Pはオウムの進化系かなにか?





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:21:18.51 ID:BGPLc06u0

その翌日も翌々日も

Pの鼻歌に対する千早のさりげないレッスンは続いた

P「あの空へ 私は飛ぶ♪」

千早「はい、そこ声揺らさない! 飛び立つ事をイメージして!」

P「行くべき場所 どこかにある♪」

千早「なあなあで歌わないで! もっと歌詞の意味を考えて!」

P「いつかこの別れを そう悔やんでも♪」

千早「ああもう、そうじゃなくて…! ちょっと歌うから聞いてて!」

春香(何が起こっているの……!?)





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:23:27.48 ID:UzqDegDJ0

さりげない・・・?





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:23:47.56 ID:YbeDrXrI0

最初から直接指導しろよw





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:27:23.85 ID:BGPLc06u0

一週間後

千早(プロデューサー、だいぶ上達してきたわね)

千早(今日はBメロを完璧にしましょう)

千早「こんにちわ」ガチャ

小鳥「こんにちわー」

P「おう、千早」

千早「どうも」

千早(さあ、歌いだして…)





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:28:15.35 ID:BGPLc06u0

P「……」

千早「……」

P「……~♪」

P「ねえ 消えてしまっても探してくれますか♪」

千早「!?」

千早(私の曲じゃない…!? 美希の曲!)





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:32:41.04 ID:H1QIO/p80

Oh...





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:33:40.14 ID:mNOD4O0a0

あふぅ





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:34:57.58 ID:qi9kLIbV0

浮気だぁー!





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:37:49.26 ID:BGPLc06u0

千早「どういうことですか、プロデューサー!」

P「え? なんだ?」

千早「今プロデューサーが歌ってたの…マリオネットの心ですよね」

P「ん? ああ、いい曲だよな。美希もがんばって…」

千早「私の、蒼い鳥はどうしたんですか!?」

P「? 好きだよ?」

千早「そうじゃなくて…! 最近ずっと歌ってたじゃないですか」

P「そうだったか?」

千早「そうですよ! 覚えてないとは言わせません」

P「いや、鼻歌なんて無意識だしなあ……。いちいち何歌ったかなんて覚えてないよ」

千早「なっ……!?」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:38:52.11 ID:qi9kLIbV0

そんなバカな





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:41:26.58 ID:BEazrDa30

こいつ…天才かっ!?





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:42:03.14 ID:BGPLc06u0

P「適当に気に入ったの歌ってただけだし」

千早「……プロデューサーにとって…私とのレッスンは…」

千早「遊びだったんですね!?」ダッ

P「あっ! 千早!?」

春香(千早ちゃんが勝手にレッスンしてただけじゃ……)





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:48:38.20 ID:BGPLc06u0

翌日

千早「昨日は取り乱してすいませんでした……」

P「いや、俺の方こそ…。事情は春香から聞いたよ」

P「無意識のうちに俺は千早から歌を教わってたんだな……」

P「どーりで最近声がよく通るようになったと思ったよ」

小鳥「日に日にうまくなっていくので、私も驚いちゃいました」

千早「勝手な真似をしてすいませんでした。これからは自粛します」

P「……」

P「目と目が逢う 瞬間好きだと気付いた♪」

千早「!?」

千早(私の曲……!)





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:55:04.51 ID:BGPLc06u0

P「はは……せっかくだから他の千早の曲も全部覚えてみたんだ」

千早「プロデューサー……」

P「千早のプロデューサーとして、俺ももっと歌の事勉強しないとと思って」

P「ソラでも千早の曲を歌えるように家で練習したんだ」

千早「プロ…デューサー……」ジーン

P「これもいい機会かもな」

P「これからも暇があったら、レッスン頼むよ千早」

千早「……!」

千早「はい、わかりました!」

小鳥「めでたしめでたし、ですね」

春香「千早ちゃん、ずるい!」

千早・P「!?」





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:56:14.78 ID:BGPLc06u0

春香「私もプロデューサーさんに自分の曲歌ってほしいよ!」

美希「美希もハニーにもっと歌ってほしいのー!」

雪歩「わ、私も……自分の曲覚えてほしいですぅ!」

やよい「うっうー! プロデューサーさんと一緒に歌いたいですー!」

伊織「わ、私の曲も覚えてもいいわよ!」

あずさ「あらあら、じゃあ私もいいかしら~?」

貴音「まこと、素晴らしい『あいであ』です」

亜美「どうせならさ→」

真美「完璧に歌ってほしいよね→」

真「そうだ、振付も覚えましょうよプロデューサー!」

響「そうだな! 自分、ダンス教えるぞ!」

P「お、おいおい待て待て! 全員分か!?」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:56:59.19 ID:BGPLc06u0

律子「ちょっと、そんな事したら仕事に支障が出るでしょ!」

P「そ、そうだよなあ」

律子「だから、おぼえるのは一番最後でいいですよ」

P「え?」

律子「私の曲です」

P「……りつこぉ~」

小鳥「プロデューサーさん、歌手になっちゃいそうですね」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/16(土) 23:59:55.38 ID:BGPLc06u0

舞台のステージ袖

P「いよいよだな……」

千早「そうですね……」

P「正直、俺も不安だ。でもやるだけのことはやった。自信持っていこう」

千早「はい、絶対成功です」

P「じゃあ……」

千早「はい!」

千早「行って来い!」

P「おうっ!」バッ





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/17(日) 00:00:45.51 ID:agHUfyrU0

Pファン「うおおおおおおおおおプロデューァァァ!!!」

P「みんな、俺のために集まってくれてありがとう!」

Pファン「うおおおおおおおおおおお!!」

P「お馴染み千の声を持つ元プロデューサーの俺が、765プロ所属アイドルの持ち歌を」

P「全て一人で歌っちゃうぜえええ!」

Pファン「すげえええええええええ!」

P「それじゃあ行くぜ、『アイドルマスターメドレー』!」

ウオオオオオオオオオオオ

春香「私たち…出番ないね」

千早「そうね」

おしまい





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/17(日) 00:02:49.81 ID:ZyT4ZJJ2P

ワラタ乙





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/17(日) 00:03:02.19 ID:gS4ltwtm0


せめて一緒に歌えよwww





75:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/17(日) 00:08:42.10 ID:ldshq8yO0

行ってこいで笑ったわ






72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/03/17(日) 00:04:29.73 ID:1Bawo5bi0

くっ






元スレ:千早「プロデューサーが私の歌を口ずさんでる」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1363439397





  

【 関 連 記 事 】


72が起こってやがるんだ…
[ 2013/03/23 18:06 ] [ 編集 ]
千早「行ってこい」でもうだめだwwww
[ 2013/03/29 18:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: