Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  ちひろ「プロデューサーさん、新婚ですよ新婚!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
アイドル新婚生活バーチャルリアリティ!第4弾!アイドルと新婚生活を楽しめるが故
SSに引きこもり出てこない人続出の本作!嘘ですが。旦那Pは護衛無しでは生きられない乙。
前作
1:モバP「新婚ですか?」
2:モバP「新婚……またですか?」
3:ちひろ「新婚さんいらっしゃい♪」


5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 09:46:12.21 ID:Up38xzaZO

P「どこの天海ですか」

ちひろ「細かい事はお気になさらず。今日はスタジオ撮影と屋外の両方ですから頑張って下さいね♪」

P「知ってます? 毎回撮影の日って、撮影の合間合間でアイドル達の送迎、更に営業もしてるんですよ?」

ちひろ「プロデューサーさんのスケジュールは私も把握してますよ」






6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 09:48:56.54 ID:Up38xzaZO

P「ならなんで毎回引き受けるんですか! 俺を過労死させたいの!?」

ちひろ「100人以上を同時にプロデュースしてる人がそんな簡単に倒れませんよ♪」

P「ちくしょう……。ああいえばこういいやがる……」

ちひろ「それに撮影の日は前もってエナドリあげてるじゃないですか」

P「栄養剤1本でこなせる業務じゃないですよ!」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 09:50:57.92 ID:Up38xzaZO

ちひろ「こなせてるじゃないですか実際」

P「くそぅ……。絶対いつか他のプロダクションにいってやる……」


ちひろ「……え?」ポロポロ

P「」

ちひろ「ぷ、ぷろでゅーさーさんは辞めませんよね? ずっとここにいてくれますよね……?」ポロポロ

P「え、あ、その。あ、当たり前じゃないですか! 冗談ですよ冗談!」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 09:53:26.75 ID:Up38xzaZO

ちひろ「なら今回も頑張って下さい♪」ケロリ

P「ちっきしょう……」

ちひろ「じゃあ話を戻しますけど、今回も3人お願いします。あ、ちなみにアイドル達にはプロデューサーさんが夫役を降板したと伝えてますので」

P「なんでまた」

ちひろ「初回放送が一番視聴者の評価が良かったらしくて、先方からまた同じようにしてくれって」

P「……本当は?」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 09:55:27.99 ID:Up38xzaZO

ちひろ「もう脅されるのは嫌だと監督が泣きついたらしいです」

P「何したんだよまゆ……」

ちひろ「で、更に今回はプロデューサーさんにもどのアイドルが出演するかはお伝えしません。スケジュール表にも嘘の仕事書いてますから調べても無駄ですよ♪」

P「なんでまた」

ちひろ「そっちの方が面白いから」

P「ついにぶっちゃけたな貴様」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 09:57:35.85 ID:Up38xzaZO

ちひろ「いいじゃないですか別に。せいぜいサプライズでアイドル達を喜ばせてあげて下さい♪」

P「俺なんかで喜ぶとは思いませんけどね」

ちひろ(相変わらず鈍感だよなーこの人)





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:02:14.32 ID:Up38xzaZO

 撮影当日


P「まずは屋外撮影からなんですね」

スタッフ「ええ。最初の子は時間が指定されてるんで先に。後の子はスタジオでの撮影になります」

P「……ちなみに聞いていいですか?」

スタッフ「どうぞ」

P「どんな子達ですか?」

スタッフ「誰とは言えませんがパッションの元気な子達ですよ」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:04:47.62 ID:Up38xzaZO

P「パッションですか」

スタッフ「ええ。みんな裏表の無いような子達で。まあ……佐久間さんとは違う意味でマズい子もいますが」

P「は?」

スタッフ「なんでもないです独り言です」

P「いやいやいや聞き流せる言葉じゃなかったですよ?」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:06:52.88 ID:Up38xzaZO

スタッフ「……ほら、もう現場に着きますから準備しておいて下さい」

P「なんでそんなとこだけ徹底してるんですか」

スタッフ「おたくの事務員さんが、とだけ」

P「せんかわあぁぁ……っ!」


ちひろ「くちゅんっ! ……ふふ、そろそろ収録が始まる時間かな♪」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:09:12.76 ID:Up38xzaZO

タチバナー!! ガンバレー!!

?(んー。なんだろ、このもやっとした感じ。夫役の人だってイケメンだったし文句ないはずなんだけどなー)

 ミズキサンガンバッテー!!

?(やっぱりあれかな? プロデューサーと共演出来ると思ってたからかな。そこまで女々しかったっけあたしって)

 ウオオォォォオ!! ミズキイィィィ!!





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:11:22.87 ID:Up38xzaZO

?(笑えてるかな? こんなんじゃ夫役の人に失礼だし、しゃんとしないと)パンパンッ

?(うっし。やる気出てきた。今日はがんば――)ピトッ

?「ひゃあっ!? つめたっ!」

P「遅れてごめんな。ほら、差し入れのプカリ」

?「あっ……。へへっ、もう」



友紀「遅いよ、あなた♪」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:14:02.32 ID:Up38xzaZO

ナレーション「応援してる球団が勝ったらこう叫べ! サンキューユッキ! 姫川友紀さんで、お題は出逢いの場所」


P「もう最終回か。通りで抑えのみずきが登板してる訳だ」

友紀「8回まではあおいちゃんが投げてたんだけどね。この回捕まっちゃってノーアウト満塁になって降板したよ」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:16:44.81 ID:Up38xzaZO

P「で、今は1アウトか」

友紀「うん。クレッセントムーンで三振取ったとこ。もう少しで試合終わっちゃってたよ」

P「ごめん、仕事が長引いちゃってな。開幕戦なんだから初回から見たかったんだけど……」

友紀「仕方ないさ。ともかく応援応援♪」

P「そうだな。いけーみずき! 三者連続三振だーっ!」

友紀「みずきちゃん頑張れー! キャッツファイトー!」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:18:46.57 ID:Up38xzaZO

P「いやー、まさかあのピッチャー返しを捕るとは。ランナーも飛び出してゲッツー取れたし」

友紀「さすがみずきちゃんだよねー♪ 反射神経抜群だよ♪」

P「……こうして応援してると、初めて会った日を思い出すな」

友紀「ああ……。最終回で3点差、2アウト満塁。代打に出たのはドラフト5位で入団したばかりの新人君」





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:21:03.36 ID:Up38xzaZO

P「あっという間に追い込まれて絶望的になってた時に、快音残してバックスクリーンへ」

友紀「で、偶然隣で応援してた男の人と抱き合って喜んだっけ」

P「俺も隣でユニフォーム姿で応援してた女性と抱き合ったな」

友紀「今や不動の4番でチームの大黒柱になった新人君。かたやそれがきっかけで結婚までしちゃった2人」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:23:36.32 ID:Up38xzaZO

P「人生って面白いよな」

友紀「だね♪ ね、あなた。もしプロ野球選手になれるならどのポジションがいい?」

P「んー。やっぱりピッチャーかな。誰にも塁は踏ませないくらいの勢いで投げてみたい」

友紀「そっかそっか♪」

P「何を納得してるんだよ」


友紀「んー? あなたがピッチャーなら私はあなたの人生が完全試合で終えれるよう、リードするのが役目かなってさ♪」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:26:20.29 ID:Up38xzaZO

<カーット!! キケンキュウタイジョウ!!


友紀「ちひろさんは相変わらずからかうのが上手いねー。便乗するプロデューサーもプロデューサーだけど」

P「俺も聞かされてなかったんだけどな。ごめんごめん」

友紀「ふふふ、まあいいよ。許したげる」

P「それなら助かるよ」


友紀「どんな球がきても、受け止めるのが女房の役目だもんねっ♪」


友紀end





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:32:22.39 ID:Up38xzaZO

?(うう、なんだか分かりません。お仕事なのにこんな気持ちになるなんて)

<ソロソロオネガイシマース
 
?「は、はい! すぐ行きます!」

?(しっかりしなきゃ! ちゃんとしないとプロデューサーさんにも迷惑かかっちゃいますし! ファイト! 私!)

スタッフ「まずは夫を起こしに行って下さい。そこからはアドリブで」

?「はい! 分かりました!」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:34:24.17 ID:Up38xzaZO

?「あなた! 起きて下さい! 気持ちのいい朝ですよ!」

P「」キーン

P(い、一発で分かるほどの元気さだな。確かに裏表ないわ)

?「ほら、いつまで寝てるんですか!」

P「ごめんごめん。もう起きるよ……。茜」


茜「……へ?」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:37:16.76 ID:Up38xzaZO

ナレーション「お次は元気印がよく似合うこの人。日野茜でお題は出勤前です」


茜「な……なな……」

P「あかねー? どうかしたか?」

茜「え、あの。な、なんでもないです! あ、いや、朝食出来ましたよ!」

P「了解。すぐ行くよ。……うーん、茜の声を聞くと目が覚めるな」

茜「そ、それは良かったです! ほら、早く行きましょう!」

P「はいはい」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:39:19.32 ID:Up38xzaZO

茜「朝食は元気の源ですからね! しっかり食べて下さい!」

P「お、おう(朝食にトンカツとハンバーグって……。高カロリーすぎやしないか……)」

茜「それじゃ、いただきます!」パンッ

P「いただきまーす。……ん、美味い(けど重い)」

茜「喜んでくれたら作った甲斐がありますよ!」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:41:29.85 ID:Up38xzaZO

P「……あんまり料理得意じゃなかったのに、すっかり上手になったな」

茜「あ、当たり前です! あなたに元気でいてもらうには食事も大切ですから!」

P「でも、また怪我してる」

茜「あ、こ、これはその……。ちょっとだけ切っちゃって……。ぜ、全然平気ですからね!?」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:43:36.15 ID:Up38xzaZO

P「茜ならそう言うと思ってたけど、無理しなくていいんだぞ? 食事より茜の方が俺には大切なんだから」

茜「あ、あうぅ……。不器用でごめんなさい……」

P「……怒ってる訳じゃないさ」ナデナデ

茜「ふぇ?」

P「茜が俺の為に一生懸命作ってくれた事は分かってるんだ。怒る理由なんか無いよ」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:45:38.71 ID:Up38xzaZO

茜「は、はい」

P「それに、茜のおかげで今日も仕事頑張れそうだしな」

茜「……はい! あなたにもっと喜んでもらえるよう私も頑張ります!」

P「ありがとう。……でも、朝食はもっと軽い方がいいかな?」

茜「ふぇっ!?」


<カーット!! イチャツクナソコ!!





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:47:41.51 ID:Up38xzaZO

P「あの監督は何がしたいんだ……」

茜「あ、あの! プロデューサー!」

P「ん? ごめんな、内緒にしてて」

茜「いえ、それはいいんですけど! その……嬉しかったですし。じゃなくて! 私、もっと料理頑張ります! プロデューサーが喜んでくれるくらいに!」

P「はは。ありがとな」

茜「だ、だから! その……」

P「ん?」


茜「よ、良かったら私をもらって下さいね!」


茜end





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:53:28.43 ID:Up38xzaZO

P「さて。今までの2人は人選としてはおかしくはない……な。てことは最後の1人が何かしら抱えてる訳か……」ブツブツ

スタッフ「どうしました?」

P「あ、いえ。移動中の不吉な話を思い出しまして」

スタッフ「ああ……。いや、いい子ですよ? 本当に」

P「疑心暗鬼になってる人間にそんな事言っても信じませんよ?」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:55:34.03 ID:Up38xzaZO

スタッフ「いえ、それは本当ですよ。夫役があなたじゃないと聞かされた時は誰よりも落ち込んでたなぁ……」

P「はあ……」

スタッフ「まあ早く現場に行って安心させてあげ――」
?「あー!」

P「ん?」

スタッフ「……あちゃー。本番前に鉢合わしちゃったかー……。監督になんて言おう……」

?「やった! せんせぃが夫役するんだよね!? やったぁ!」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:57:43.59 ID:Up38xzaZO

P「か、薫!?」

薫「よかったぁ! ちひろさんにせんせぃじゃないって聞かされてたからかおるショックだったんだよ!? でもせんせぃが来てくれた♪」ダキッ

P「お、おいおい……」

スタッフ「……なかなか守備範囲が広いんですねー」スススッ





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:58:49.77 ID:cj9Q6oal0

俺が、俺たちがせんせぇだ!





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 10:59:45.93 ID:Up38xzaZO

P「そこ! 引くな媚びるな省みろ! 私はロリコンじゃないでしょ!?」

スタッフ「……今まで散々本番中に年下口説いてましたよね?」

P「違う! 誤解だ!」

薫「へへーっ! せーんせぇ♪」ギュー





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:02:53.41 ID:Up38xzaZO

ナレーション「スタンドアップ! 待たせたな紳士共! 最後を飾るのはロリ枠から初登場となる龍崎薫ちゃん! お題は幼妻です」


薫「あなた、できたよ!」

P「ん、ああ。どれどれ……。ロールキャベツとコンソメスープ、主菜はカルボナーラか。美味しそうだな」

薫「たまには洋風に挑戦してみました! ね、ね。はやく食べよ」

P「そうだな。それじゃ、いただきます」

薫「いただきまーす!」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:05:42.00 ID:Up38xzaZO

P「ん……おお! また腕上げたな」モグモグ

薫「えへへ。あなたがいっつもおいしそうに食べてくれるからがんばっちゃうんだ」

P「本当に美味しいからな。うん、薫は本当に良いお嫁さんだよ」

薫「えへへ、そんなにほめられると嬉しいな!」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:07:51.05 ID:Up38xzaZO

P「しかしまあ。あの小さかった薫がこんなに素敵なお嫁さんになるなんて、あの頃じゃ想像出来なかったな」

薫「それはあなたのおかげだよ」

P「ん?」

薫「あなたったら、いっつもかおるを子供扱いしてさー! くやしくってはやく一人前の女性になろーってがんばったんだから!」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:10:15.03 ID:Up38xzaZO

P「……ごめんな」

薫「ううん。今もこうしてとなりにいてくれてるから、それでいいの」

P「……そっか。なんだかしんみりしちゃったな。ご飯冷めないうちに食べちゃうか」

薫「……ね、あなた?」

P「うん?」モグモグ





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:12:35.12 ID:Up38xzaZO

薫「じつはね、かくし味入れてるんだ。なにかわかる?」

P「ん? うーん、ロールキャベツの中の肉が豚肉と鶏肉のミックスになってる事か?」

薫「まさかそれに気付くとは思わなかったけど、ぶっぶー! ハズレだよ!」

P「えー? 他にまだあるのか?」

薫「それはね……」


薫「あ、い、じょ、う」チュッ


<ゴハァッ!? コドモデモカ…





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:14:55.78 ID:Up38xzaZO

P「」

スタッフ「……いやー、さすが敏腕プロデューサー。子供を口説くのもお手の物ですか」

P「はっ! ち、違う。違いますから!」

薫「ねーねーせんせぇ。かおる上手にできた?」

P「え!? ああうん、薫は上手だったよ」ナデナデ

薫「えへへー♪」

スタッフ「やっぱり…」スススッ

P「あんたはどうしても俺をロリコンにさせたいんだな!?」

薫「えへへ、せんせぇだーいすき♪」


薫end





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:19:12.56 ID:Up38xzaZO

P「」ゲッソリ

ちひろ「相変わらずやつれてますねぇ。そんな時にはこれ! エナド」
P「間に合ってます」

ちひろ「――を無料で御提供しようかと思ったんですがいらないんならしょうがないですねー♪」

P「悪魔かあんた」

ちひろ「誉めてももうあげませんよ?」

P「畜生……」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:21:35.50 ID:Up38xzaZO

ちひろ「それにしても薫ちゃん、随分懐いてるなーとは思ってましたけど、まさかキスするくらいだとは思ってなかったです」

P「頬にですよ? 誤解が生まれるような発言は控えて下さい」

ちひろ「そうでしたねロリコンプロデューサーさん♪」

P「元はといえばあなたの人選でしょうが!」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:23:39.45 ID:Up38xzaZO

ちひろ「失礼な。先方からパッションの元気な子ってお願いされたから従ったまでですよ」

P「歳を考えろ! と、し、を!」

ちひろ「散々未成年と共演してきたくせに今更何言ってるんですか。それとも高校生は恋愛対象内なんですか?」

P「」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:25:48.84 ID:Up38xzaZO

ちひろ「まあ、次回からは視聴者に出演者を選んでもらう事になりますから安心して下さい」

P「……こんな番組観てる人がいるんですか?」

ちひろ「シリーズ化が決定しましたし、少しくらいいるんじゃないですか?」

P「……ちょっと待て。シリーズ化?」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:27:51.12 ID:Up38xzaZO

ちひろ「あれ。聞いてませんでした? もっとも、応募が無ければ即打ち切りらしいですけどね」

P「いや、んなアホな。誰得ですかこんなシリーズ」

ちひろ「さあ? でも決まりは決まりですからもし応募があれば次も頑張って下さいね♪」

P「そうならない事を祈っておきますよ……」



おわり





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:23:42.73 ID:Hfq/kKXOP

鬼!悪魔!ちひろ!小鳥!





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:34:53.79 ID:xDKmmZK10

乙乙
このP手慣れすぎだろ





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/04/10(水) 11:55:59.14 ID:TaingaagO

おつ






元スレ:ちひろ「プロデューサーさん、新婚ですよ新婚!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1365554370





  

【 関 連 記 事 】


>49
小鳥さんは天使だろ、いい加減にしろ!
[ 2013/04/17 18:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。