Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  鳴上「ヤンデレか……」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
P4にコミュニティリバース機能が無くてホント安心した。でないとこのSSのように・・・ヒィィ
恐ろしいよホント恐ろしいよ。何がって一番作者が恐ろしいんではないだろうか乙でした!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 03:24:54.40 ID:VVxd1HQ+0

陽介「うーっす」

鳴上「おはよう」

陽介「相変らずさみーな」

鳴上「……」

陽介「最近元気ねーじゃん。悩み事か?」

鳴上「ちょっとな」

陽介「んだよ、水くせーな。それなら俺に相談しろっつの」

鳴上「……」

陽介「無理にとは言わねーけどよ。話せば少しは楽になるかもしれないぜ」

鳴上「実は――」






4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 03:28:17.39 ID:VVxd1HQ+0

陽介「女子たちの態度がおかしい?」

鳴上「ああ」

陽介「いつも通りじゃね?」

鳴上「陽介にはそう見えるのか…」

陽介「待て待て、話が噛みあわねーぞ。おかしいってどうおかしいんだよ」

鳴上「ストーカーされたり」

陽介「誰から!?」

鳴上「蹴られたり」

陽介「それは誰だか分かった」

鳴上「とにかく色々だ」

陽介「…マジかよ」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 03:35:04.08 ID:VVxd1HQ+0

陽介「女子全員か」

鳴上「全員だ」

陽介「信じられねぇ…」

鳴上「俺も信じたくない」

陽介「心当たりはないのかよ?」

鳴上「里中とは一時期付き合ってたんだが…」

陽介「ちょっと待て」

鳴上「?」

陽介「今サラッと爆弾発言したよな」

鳴上「そうか?」

陽介「里中と付き合ってただとぉー!?」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 03:40:35.03 ID:VVxd1HQ+0

陽介「あの里中さんだぜ?」

鳴上「だな」

陽介「一つ聞いていいか?」

鳴上「?」

陽介「何処に惚れたんだ?」

鳴上「かわいいだろ」

陽介「そいやあいつ、ああ見えて隠れファン多いからなぁ」

鳴上「へぇ」

陽介「あ、一番大事なこと聞くの忘れてた」

陽介「なーんで、親友の俺に黙ってたんだー?教えてくれてもいーじゃねーかよー」

鳴上「…?」

陽介「なんで不思議そうな顔してんだ」

鳴上「ああ!」

陽介「俺が親友だったこと今思い出したような顔しないで!泣くよ!?俺泣いちゃうよ!?」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 03:43:47.74 ID:VVxd1HQ+0

鳴上「それは置いといて…」

陽介「置くなよ!」

鳴上「女子の態度がおかしいんだ」

陽介「そいやそんな話だったなー」

鳴上「聞く気はないのか!?」

陽介「おまえがヘコますようなこと言うからだろーが!」

完二「何やってんスか?」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 03:47:55.76 ID:VVxd1HQ+0

完二「女子の態度?」

陽介「こいつがおかしーっつんだよ」

完二「普通じゃね?」

陽介「だろ?俺もそう言ったんだ」

鳴上「本当なんだ」

完二「オカシイってどんな感じなんスか?」

陽介「うわ…さむっ…」

鳴上「完二が感じ、か…」

完二「ば!ちげーぞ!?今のはダジャレとかじゃなくて!!」

陽介「話進めるか」

鳴上「だな」

完二「て、てめぇ!!」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 03:56:23.27 ID:VVxd1HQ+0

陽介「まずは元カノの里中さんの話でも聞くか」

完二「先輩付き合ってたんスか!?」

鳴上「ああ」

完二「すげぇ。大人っスね」

鳴上「高校生なら普通じゃないか?」

完二「余裕があるとこがまた大人っぽいっス!」

陽介「俺は彼女いたことねーけどなぁ…」

完二「まぁ、花村先輩は…」

鳴上「頑張れ」

陽介「あーもう!話進めんぞ!!」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:02:27.47 ID:VVxd1HQ+0

case1 里中千枝

千枝「キミの部屋に来るのもこれで何度目かなぁ」

鳴上「さぁ?」

千枝「数えられないぐらい来てるってことだよね!」

鳴上「嬉しそうだな」

千枝「ここなら、思う存分イチャイチャできるから…」

>千枝が胸に飛び込んできた

千枝「キミの匂い…大好き…」

鳴上「……」

千枝「…?」

鳴上「どうかした?」

千枝「…他の女の匂いがする」





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:06:00.44 ID:VVxd1HQ+0

鳴上「!?」

千枝「ねぇ、なんで?」

鳴上「気のせいだろ」

千枝「嘘だよ。あたしには分かるんだぁ。だってキミの彼女だから」

鳴上「……」

千枝「他の女の子に手を出しちゃうワルイ彼氏にはお仕置きが必要だよね」

鳴上「お仕置き?」

千枝「そっ。何にしよっかなー」

鳴上「女装が…」

千枝「へ?」

鳴上「…なんでもない」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:08:43.87 ID:VVxd1HQ+0

千枝「そ、そうだ!良い事思いついちゃった!」

鳴上「……」

千枝「お仕置きなんだから、お尻ぺんぺんしないとだよね」

鳴上「ペンペン…」

千枝「その、あたしが、足で…ゴニョゴニョ…」

鳴上「?」

千枝「だ、だから!足で蹴ってあげるって言ってるの!」

鳴上「!」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:14:45.43 ID:VVxd1HQ+0

陽介「ちょっと待て」

完二「んだよ!?今一番いいとこじゃねーか!」

鳴上「おまえは落ち着け」

陽介「ツッコミ所が多すぎるが、里中がそう言ったんだよな?」

鳴上「そうだ」

陽介「恥ずかしがりながら?」

鳴上「照れながら」

陽介(シャドウの蹴り過ぎで変な方向に目覚めちまったのか…)

完二「つ、続きは!?結局先輩は尻蹴られたんスか!?」

陽介「アホか。悠はおまえと違って変態じゃ――」

鳴上「まさか、ちゃんと股間にしてもらったさ」

陽介「変態だぁああああああああああああああああ!!」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:22:17.81 ID:VVxd1HQ+0

鳴上「冗談だ」

陽介「おまえのは冗談に聞こえねーからやめてくれ」

完二「ッチ、冗談かよ…」

鳴上「……」

陽介「そ、それでどうなったんだ?」

鳴上「あ、ああ――」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:34:48.07 ID:VVxd1HQ+0

千枝「そこに四つん這いになって――な、なりなさいよ!」

鳴上「言い直した?」

千枝「直してない!いいからなる!!」

鳴上「いや、そんな趣味ないし」

千枝「…え」

鳴上「スパンキングだっけ?里中はそういうのがいいのか」

千枝「あ、えと、あ、あの…」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:42:51.20 ID:VVxd1HQ+0

鳴上「――で、別れた」

陽介「えらく端折ったな」

完二「蹴られはしなかったんスね」

鳴上「そのときは冗談だよって言われたんだ」

陽介「冗談で誤魔化す気だったのかよ」

鳴上「それからたびたび蹴りたがってきた」

陽介「何やってんだよ、里中よぉ…」

鳴上「危機感を感じて別れたよ」

陽介「別れたくもなるな」

鳴上「でも、すぐに天城と付き合い出したんだ」

陽介「うぉい!」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:49:09.10 ID:wtGMr751O

手玉に取るとはこういうことか





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 04:51:31.85 ID:kgfjo9UC0

雪子は気づいたら後ろにいそうな怖さがある





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:00:27.20 ID:VVxd1HQ+0

case2 天城雪子

雪子「おはよう、鳴上君」

鳴上「おはよう」

雪子「…ふふ」

鳴上「良い事でもあったのか?」

雪子「朝に彼氏とばったり会う。これって良い事じゃないかな?」

鳴上「そうだな」

雪子「でしょ?」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:04:10.79 ID:VVxd1HQ+0

雪子「ふ、ふふふ…あはは…」

鳴上「あ、天城?」

雪子「なぁに?」

鳴上「いや、なんでもないんだ…」

雪子「おかしな鳴上君。ふふ…」

鳴上「……」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:04:41.70 ID:ipO98Geg0

雪子こわすぎワロタ





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:14:39.37 ID:VVxd1HQ+0

千枝「っかしーなぁ…」

鳴上「おはよう、里中」

雪子「……はよう」

千枝「あ、鳴上君!」

雪子「私には挨拶しないんだ」

>雪子はブツブツ独り言を言い始めた
  そっとしておこう…

鳴上「で、どうしたの?」

千枝「実は上履きが見当たらなくてさぁ」

鳴上「昨日ちゃんと下駄箱に入れたのか?」

千枝「入れたよぉ」

>……もしかして

雪子「ふふ、あはは……!」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:19:56.68 ID:VVxd1HQ+0

鳴上「一応里中の上履きは見つかったんだ」

陽介「…ゴミ箱から」

鳴上「いや、里中の机の中から」

陽介「そこかよ!?」

完二「天城先輩、ワルんなろうとして、なりきれなかったんスね」

鳴上「だろうな」

陽介「天城は優しーなー」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:35:00.05 ID:VVxd1HQ+0

鳴上「あとは椅子に縛り付けられて、無理矢理手料理を食べさせられたり」

完二「拷問じゃないっスか!!」

陽介「おまえよく平気だったな」

鳴上「思い出すだけでも、胃が痛む…」

完二「なんだかオレも…うっ…!」

鳴上「料理はまだよかったんだ」

陽介「その上があんのかよ」

鳴上「一番まいったのは――」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:41:53.62 ID:VVxd1HQ+0

>部屋に行きたいというので、雪子を部屋まで連れてきた

雪子「ここが、あなたの部屋…」

>雪子は目を閉じて、深呼吸を繰り返している

雪子「鳴上君の匂いでいっぱいだね」

鳴上「俺の部屋だから」

雪子「それと、ね」

鳴上「?」

雪子「ほんの少し…あの女の臭い…」

>里中のことだろうか…





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:51:06.82 ID:VVxd1HQ+0

雪子「そう、あなたの前の女…」

鳴上「……」

雪子「この部屋からも、あなたからも臭うの」

>俯きながら雪子は同じ言葉を繰り返している

>まるで呪いを吐くように…

雪子「…ふふ、あははは!でもね、でもね!もう平気だよ!」

鳴上「…?」

雪子「鳴上君にこびりついたあの女の臭い。私が消してあげる」

鳴上「それって……」





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 05:58:24.98 ID:VVxd1HQ+0

雪子「服、脱いで」

鳴上「…は?」

雪子「聞こえたよね。服脱いで」

鳴上「今2月なんだけど…」

雪子「それがなに?」

鳴上「……脱ぎます」

雪子「ふふ、いい子ね…」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 06:04:06.97 ID:VVxd1HQ+0

陽介「お、おま、おまえ!!」

完二「やべーよやべーよ!」

陽介「親友の情事なんて聞きたかねーが、聞かずにはいられない悲しい男の性!」

完二「服脱いだ後は!?その後はぁあああ!?」

鳴上「服燃やされた」

陽介「あー!そっちかー!」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 06:08:28.10 ID:ZVtLOsVm0

どっちだよw





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 06:10:09.41 ID:/hRqouE40

そっちかー!





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 10:42:57.96 ID:YZv7I52w0

鳴上「――で、別れた」

陽介「そーかよ」

完二「なんなんスかそれ。え?マジで?」

鳴上「マジで」

陽介「んで、次は誰と付き合い始めたんだ、この色男」

鳴上「白鐘と」

完二「マジでぇえええええええええええええええ!?」

陽介「もう、ちょっとやそっとじゃ驚かねーぞ」





87:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 10:43:57.54 ID:rtLkN7bQ0

完二涙ふけよ…





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 10:46:52.99 ID:YZv7I52w0

完二「直斗と…恋人同士とか…」

鳴上「完二のやつ、どうしたんだ?」

陽介「ほっとけよ。直斗はどうだったんだ?うちらの中じゃ常識人な方だろ」

鳴上「俺も最初はそう思ってたんだ」

陽介「やっぱ覆るのね…」

鳴上「直斗は…一番怖かった…」

陽介「怖い?」

鳴上「ああ――」





95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 10:55:57.45 ID:YZv7I52w0

case3 白鐘直斗

>休日、とくに予定もないのでジュネスまで買い物にやってきた

直斗「せ、先輩!奇遇、ですね…」

鳴上「だな」

>直斗とばったり顔を合わせた

直斗「あの、お買い物ですか?」

鳴上「ああ」

直斗「……」

>直斗は何か言いたそうな目でこちらを見つめている

鳴上「一緒に周るか?」

直斗「!…は、はい!!」

>直斗はとても嬉しそうだ





97:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 11:05:26.58 ID:YZv7I52w0

陽介「フツーに仲良しカップルじゃねーか」

鳴上「それから奇遇ですね、が数十回はあった」

陽介「偶然の域超えてんな」

鳴上「例えば、夜コンビニに行くだろ?」

陽介「小腹が減ったときとか便利だよな」

鳴上「セットで直斗に会うんだ」

陽介「…毎回?」

鳴上「毎回」

陽介「それ、ストーカーだな」

鳴上「俺もそう思う」





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 11:07:10.13 ID:tpQ0UE4R0

ストーキングは探偵の必須スキルだからな





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 11:10:58.89 ID:L6pk6YVz0

やれ恐ろしや





103:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 11:16:40.99 ID:YZv7I52w0

鳴上「ふと夜中に目が覚めたことがあった」

鳴上「部屋には俺一人のはずなのに、なぜか気味の悪い気配を感じるんだ」

陽介「…け、気配?」

鳴上「気のせいだ、寝ぼけてるんだと自分に言い聞かせて寝ようとしたさ」

鳴上「でも…気のせいじゃなかった…」

陽介「余計に寒くなってきたぞ…」





106:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 11:26:21.30 ID:YZv7I52w0

鳴上「何気なしに鏡を見たら、目が…合ったんだ…」

陽介「……」ゴクリ

鳴上「…ベッドの下で、嬉しそうな顔をしていると直斗と」

完二「ぎぃやぁあああああああああああああああ!!」

陽介「ば、ばか!急に大声出すな!!」

鳴上「気がついたら朝だった」

陽介「俺だったら心臓止まって二度とおきねーよ…」

鳴上「次の日、何事もなかったような態度をとる直斗が一番怖かった」

完二「オレ…今後あいつにどんな顔して会えばいいのか分かんねぇよ…」





108:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 11:31:28.25 ID:YZv7I52w0

陽介「…でもちょっと待てよ」

鳴上「…?」

陽介「おまえの部屋ベッドなかったよな?」

完二「布団の下にいたってことかよ!?」

陽介「そうじゃなくて」

鳴上「……」

陽介「でかい鏡もないだろ」

鳴上「ごめん、盛った」

陽介「そういうのいいから。並み盛りでいいから」

鳴上「面白いと思って」

完二「先輩エンタテイメントしすぎっスよぉ」

鳴上「だろ!?」

陽介「事実を述べろ!事実を!!」





118:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 11:55:37.97 ID:YZv7I52w0

鳴上「でも窓の外に視線を感じることは何度かあったんだ」

完二「え、エンタテイメントしすぎっすよぉ」

鳴上「これはマジだ」

陽介「悠の部屋って二階だよな?」

鳴上「ああ」

陽介「視線感じちゃったか」

鳴上「ビンビンだ」

陽介「…盛ったろ」

鳴上「盛ってない!」





155:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:00:32.31 ID:YZv7I52w0

陽介「――っと、気がつきゃもう学校か」

鳴上「次はりせの話なんだけど…」

完二「あいつはいーんじゃねっスか?」

鳴上「りせはいいか」

陽介「正直お腹いっぱいだが、聞かないのは聞かないでかわいそうな気がしてきたな…」

鳴上「教室でするような話じゃない」

完二「じゃ昼休みに屋上に集まるってのは?」

陽介「そうすっか。どうせなら最後まで聞きてーし」

鳴上「昼休み、屋上に集合な」

完二「了解っス」

鳴上「女子にバレないようにな!」

完二「…うっス」





158:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:08:30.44 ID:YZv7I52w0

――昼休み 屋上

完二「ちーっス」

陽介「おせーよ」

完二「授業が長引いてしょうがなかったんだよ」

鳴上「…これで揃ったな」

完二「りせの話っスよね」

陽介「こんなこと言うと怒るかもしんねーけど、実は楽しみにしてたんだ」

完二「あ、オレも。怖い物見たさっつーんスか?」

鳴上「俺の身にもなってくれ」





160:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:20:23.86 ID:YZv7I52w0

case4 久慈川りせ

りせ「せんぱーい♪」

鳴上「おい、くっつくなよ」

りせ「恋人同士ならこれぐらい普通だよー」

鳴上「学校だぞ?」

りせ「今昼休み、ここ屋上」

>何が言いたいのだろう…

りせ「昼休みが終わるまでは二人のラブラブ空間ってこと!」

鳴上「……」





164:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:27:48.19 ID:YZv7I52w0

りせ「先輩…」

>りせが膝の上に乗ってきた!

りせ「ふふ、みなぎってきた?」

鳴上「とくに」

りせ「照れちゃって、かっわい♪」

鳴上「……」

りせ「りせね、先輩にお願いがあるの」

鳴上「お願い?」

りせ「聞いてくれる?」

鳴上「俺に出来ることなら」

りせ「りせ、先輩のウィンナーさんが――」





166:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:41:21.28 ID:YZv7I52w0

完二「あ?なんでウィンナーが出てくるんスか?」

陽介「おまえ、ウィンナーつったらアレだろ」

鳴上「アレだな」

完二「ワケわかんねーよ」

陽介「完二君はおこちゃまだなぁ」

完二「誰がガキだコラァ!」

陽介「悠、このお子様に教えてやれよ」

鳴上「俺は熱くたぎるウィンナーをりせ口にねじ込んだんだ」

陽介「うっわ、学校で何してんだおまえ…」

鳴上「りせはおいしいおいしいと夢中で頬張っていた」

陽介「……」

完二「…花村先輩?」

陽介「ちげーよ!?前かがみになってんのは腹が痛いからですよ!?」

鳴上「トイレに行ったほうがいいな」

陽介「違う意味で言ってるだろ、それ!!」





175:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:52:47.13 ID:YZv7I52w0

完二「よく分かんねーけど、漏る前に行けよ」

陽介「落ち着け、落ち着くんだ花村陽介…」

完二「ブツブツ何言ってんだ?」

鳴上「陽介も男の子だってことさ」

完二「…はぁ」

陽介「クールに…冷静に…」

鳴上「完二はウィンナー好きか?」

完二「大好きっス!」

鳴上「……」

陽介「さんきゅ、おまえのお陰で落ち着いてきたぜ」

完二「は?」





176:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:54:01.82 ID:4gQgo1n10

完二wwwwwww





177:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:55:57.40 ID:tpHxcNyP0

さすがのピュアボーイ





179:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:57:41.58 ID:ScgAH2990

完二くんマジヒロイン





181:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 13:59:49.11 ID:YZv7I52w0

陽介「どうせ弁当のウィンナーってオチだろ」

鳴上「バレたか」

陽介「何度も同じ手にひっかかるかっての」

完二「…何が?」

鳴上「話を戻そう」

完二「え?」





185:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 14:09:11.10 ID:YZv7I52w0

>深夜……

 PiPiPiPi!!

>携帯が鳴っている
  こんな時間にかけてくるのは一人しかいない

鳴上「もしもし」

りせ「先輩?先輩!」

鳴上「どうしたんだ、こんな夜更けに」

りせ「ご、ごめんね。急に声が聞きたくなっちゃって」

りせ「寝てるかもって思ったけど、我慢できなくてつい…」

鳴上「……」

りせ「怒ってる、よね…」

鳴上「怒ってないさ」

りせ「…ほんと?」

鳴上「ああ」

りせ「先輩!」





189:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 14:16:56.31 ID:YZv7I52w0

>明け方……

 PiPiPiPi!!

>メールが届いたようだ
  こんな時間にメールしてくるのは一人しかいない

りせ『いきなりメールしてごめんね!寝てたらとっても怖い夢見たの…』

りせ『先輩がいなくなっちゃう夢…だから私――』

>かなりの長文だ…

>要約すると怖い夢を見て寂しくなったからメールしたらしい

鳴上「ふぁぁ……」

>面倒だが、早めに返さないとひっきりなしにメールがくる
  とりあえず返信しよう

鳴上「…落ち着け、と」





191:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 14:22:56.82 ID:/MQiVPmDO

四文字wwww





192:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 14:24:20.00 ID:YZv7I52w0

鳴上「それからずっとメールしてた」

陽介「そいや一時期目の下にクマ作ってたな」

鳴上「あのときの平均睡眠時間は2~3時間だ」

完二「きついっスね…」

陽介「授業中も携帯いじってたろ」

鳴上「返すのが少しでも遅れると拗ねるからな。授業中でも気が抜けない」





205:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 14:53:12.87 ID:YZv7I52w0

陽介「まぁ、お疲れさん」

鳴上「…どうも」

完二「しっかし、先輩ってマメっスよね。オレだったら即ブチ切れてるぜ」

陽介「そこが俺らとこいつの違いなんだろーな」

完二「…はぁ」

陽介「…あ」

鳴上「どうした?」

陽介「おまえあいつとも仲良かったよな」

鳴上「あいつ?」

完二「誰っスか?」

陽介「あいつだよあいつ!悠がエビエビ言ってたじゃん」

鳴上「海老原か」

陽介「そう、海老原だ!」





209:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 14:56:33.22 ID:YZv7I52w0

陽介「海老原とは付き合わなかったのか?」

完二「…誰?」

鳴上「同学年の友達」

陽介「隣町までよく買い物に行ってたんだろ」

鳴上「なんで知ってるんだ?」

陽介「噂んなってたぜ」

鳴上「そうか…」

完二「そのエビとは何もなかったんスか?」

鳴上「エビとは――」





212:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:03:09.65 ID:YZv7I52w0

case5 エビ



エビ「アンタさ…好き、でしょ…」



鳴上「は?」



エビ「あ、あたしのこと好きなんでしょ!?かわいそーだから付き合ってあげても――」



鳴上「ごめん」





213:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:03:55.20 ID:4gQgo1n10

相変わらずひでぇ扱いだwwwwww





216:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:06:03.52 ID:r6lNsYLq0

エビ√そんだけかいw





219:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:06:55.66 ID:Mz8GjOME0

エビもうちょっとなんとかしろよww





221:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:08:33.47 ID:YZv7I52w0

鳴上「何もなかった」

陽介「意外だな」

完二「でもよかったじゃないっスか」

鳴上「その後携帯の番号を変えた」

陽介「…その後?」

完二「あー、あったスねー」

陽介「なんで番号変えたんだ?」

鳴上「エビとは何もなかった」

陽介「本当か?」

鳴上「これ以上聞くな!」

陽介「す、すみません…」





223:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:09:04.63 ID:0x7VgO4F0

なにがあった番長www





228:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:17:55.08 ID:YZv7I52w0

陽介「にしてもよく別れることできたよなー」

鳴上「どういうことだ?」

陽介「いやさ、そんだけ重いとなかなか別れてくれないもんなんじゃね?」

鳴上「……」

完二「どしたんスか?」

陽介「別れたと思ってるのおまえだけ……、とかそんなオチ?」

鳴上「ま、ま、ま、まさか!」

完二「めっちゃ動揺してるじゃないっスか!」

陽介「夜道には気をつけろ、な?」

鳴上「はい」





231:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:22:26.90 ID:YZv7I52w0

 キンコーンカーンコン

>昼休みの終わりを告げるチャイムだ
  そろそろ教室に戻らないと…

陽介「チャイム鳴っちまったな」

鳴上「まだ菜々子の話が残ってる」

完二「気になるけど、教室戻らねーと欠席扱いになっちまうぜ」

鳴上「ほ、放課後!」

陽介「あ?」

鳴上「放課後フードコートに集まらないか!?」

完二「すんません、今日お袋から用事頼まれてて」

鳴上「…陽介は」

陽介「わりぃ、俺もバイトなんだわ」

鳴上「そうか…」





234:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:24:34.49 ID:4gQgo1n10

>鳴上「まだ菜々子の話が残ってる」

もうだめだこの番長





235:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:26:02.94 ID:cy29S5Bn0

堂島さんに逮捕されればいいのに





238:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:30:31.58 ID:YZv7I52w0

鳴上「……」

陽介「この世の終わりみたいな顔すんなって。また明日聞くから」

鳴上「俺に明日は来るのか」

完二「何言ってんスか先輩!」

陽介「相当まいってるな」

鳴上「ご、ごめん、なんでもないんだ…」

陽介「なんならバイト休むぜ?」

完二「オレも付き合いますよ!恩人の先輩のためって分かりゃお袋も納得してくれるぜ!」

鳴上「ありがとう。心配させて悪かった」

完二「…先輩」

陽介「無理すんなよ」

鳴上「どうしても駄目なときは…頼む…」

陽介「ったりめーだろ、相棒!!」





252:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:53:27.97 ID:YZv7I52w0

>放課後、何かから逃げるように帰ってきた

>――堂島宅

鳴上「ただいま」

菜々子「お兄ちゃん!」

鳴上「…ただいま、菜々子」





255:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:58:09.50 ID:YZv7I52w0

菜々子「お兄ちゃん?お兄ちゃん!」

鳴上「そう?いつも通りだよ」

菜々子「お兄ちゃんお兄ちゃんお兄ちゃん!」

鳴上「ああ、今日は俺が食事当番だったね」

菜々子「お兄ちゃんお兄ちゃん?お兄ちゃん!!」

鳴上「そうだね、寒いからシチューにしよう」

菜々子「お兄ちゃん!!」

鳴上「はは、ありがとう」

鳴上(どうしてこうなったんだ……)





256:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:58:49.40 ID:tpQ0UE4R0

おいなんかやべえ





257:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:59:17.97 ID:o/yDSEBB0

菜々子が怖いんだけど





258:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 15:59:18.70 ID:4gQgo1n10

軽いホラーだな





263:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:00:01.87 ID:WotqW4LP0

天使菜々子がバグってるだと・・・





268:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:05:05.87 ID:YZv7I52w0

>――その夜

鳴上「……」

鳴上(目が冴えて寝付けないな)

鳴上(…羊でも数えてみるか)

 ――ミシッ

鳴上「!」

 ――ミシッ

>ゆっくり…誰かが階段をあがってきているような音がする…

鳴上(丁度丑三つ時…)

 ――ミシッ

>まただ…





270:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:10:06.73 ID:YZv7I52w0

 ――ミシッ

>音はだんだんと近づいてくる!

鳴上(ラップ音の大半は熱膨張が原因だ!この音だってそうに決まってる!)

 ――ミシミシミシミシ!

鳴上「!!」

 ――…

>部屋の前で足音は止まった

鳴上「だ、誰かいるのか?」

>……





275:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:17:27.81 ID:YZv7I52w0

 「誰だと思う?」

>聞いたことのある声だ…

鳴上「その声は、里中か?」

 「ハズレ、だよ」

鳴上「あ、天城?」

 「またしてもハズレです」

鳴上「直斗!?」

 「んもー、私だよ先輩!」

>なぜみんなの声が…





276:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:18:02.93 ID:gm4j1D9U0

なにこれ怖い





277:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:18:05.94 ID:j4lpzQs8O

koeeeeeeeeeeee





285:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:26:28.83 ID:YZv7I52w0

 「アンタ、ほんとにあたしが誰だか分かんないワケ?」

>…エビの声まで聞こえてきた

 「「「まだ私が誰だか分からない?」」」

鳴上「……あ」

 「「「なら…教えてあげる……」」」

>ドアが音もなく開いてゆく……

>…………

>……

鳴上「うわぁあああああああああああああ!!」





299:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:34:52.35 ID:YZv7I52w0

鳴上「――あああああ!」

陽介「うお!?」

鳴上「……よ、陽介?」

陽介「うっす。爽やかな目覚めだな」

鳴上「え?」

陽介「随分うなされてたぜ。嫌な夢でも見たのか?」

鳴上「……」

>…夢?
  今までのことは夢だったのだろうか…

陽介「どうした?まだ寝ぼけてんのか?」

鳴上「いや、平気だ…」





302:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:38:23.51 ID:YZv7I52w0

陽介「んじゃま、遅刻しねーよーにさっさと学校行く準備しようぜ」

鳴上「…ああ」

陽介「着替えないのか?」

鳴上「……」

陽介「悠?」

鳴上「なぁ、一つ聞いていいか?」

陽介「なんだよ、改まって」

鳴上「どうして…陽介がうちにいるんだ……?」

陽介「………」





305:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:39:26.80 ID:0Wlh7eIM0

えっ…





306:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:39:47.82 ID:7zFMyGqw0

アッー!





312:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:44:30.28 ID:YZv7I52w0

陽介「く、クヒヒヒ!」

鳴上「よう…すけ…?」

陽介「決まってんだろォ?愛しいおまえを、完二なんかに渡したくねーからだよォ!!」

鳴上「なっ!?」

陽介「あと堂島さんと足立さんと生田目とモロキンと久保と長瀬と小西(弟)と一条にも渡したくねーからだよォ!!」

鳴上「多いな」

陽介「……」

鳴上「って全員男じゃないか!!」





318:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:48:10.08 ID:YZv7I52w0

陽介「最後は俺んとこに戻ってきてくれるって信じてたぜ」

鳴上「お、俺は何をしたんだ…」

陽介「覚えてんだろ?忘れたくても忘れらんねーもんなァ」

鳴上「……」

陽介「おまえは言ったぜ、相棒の愛棒すごいことになって――」

鳴上「言うか!!」





323:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:52:31.80 ID:YZv7I52w0

陽介「……だな」

鳴上「?」

陽介「これ以上言葉のやりとりはいらねェ」

鳴上「落ち着け」

陽介「俺の愛は言葉じゃ伝えきれねーんだよ」

鳴上「ほんと落ち着いてください」

陽介「相棒…」

>なぜか体に力が入らない!

陽介「愛してるぜ…」

鳴上「落ち着け!おち――」

>…………

>……

鳴上「……ん」





325:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:54:09.00 ID:YZv7I52w0

おしまい

女も男もとっかえひっかえとは、さすがセンセークマね!





326:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:54:49.23 ID:4gQgo1n10

>>325
えっ





332:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:55:55.41 ID:r6lNsYLq0

>>325
はい?





343:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:58:47.09 ID:WotqW4LP0

>>325
ナニヲイッテルンデスカ?





331:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:55:47.12 ID:YZv7I52w0

以下、真メインヒロインである菜々子のかわいさを語りつくすスレ





336:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:56:45.33 ID:r6lNsYLq0

>>331
ナナチャン…





339:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 16:57:46.44 ID:7NRaWzKIP

もっと菜々子にスポット当ててくれよぉ!





351:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 17:16:47.00 ID:cy29S5Bn0

ラスボスに死ぬほど愛されるよりはましなのではないだろうか





353:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 17:19:20.54 ID:YZv7I52w0

まぁそれは置いといてさ、菜々子っているじゃん?メインヒロインの
ぶっちゃけペルソナ4は魅力的な女性キャラがななこぐらいしかいないよねななこかわいいななこ
あの若さで気遣いできちゃうななこかわいいよななこ
でも歳相応なところもしっかりあるのもかわいいよ将来大物になるよ
ななこが可愛すぎておかしくなりそうななこと一緒にご本読みながら添い寝してあげたい
それで寝たかな?って思って自分の布団に戻ろうとするんだけど
洋服をぎゅって握ってて離してくれないのななこかわいい
それ見て思わず頬が緩んでななこの頭をよしよしってしてあげるんだ
すると寝言で、「ん…お兄ちゃん…」って言うの
それ聞いていよいよニヤニヤがとまらなくなっちゃうわけよななこかわいい
朝になってそのことをななこに言うと「えー!私そんなことしてないよー」
って顔を真っ赤にしながら言うのななこかわいい超かわいい
しつこつしたよって言うと「してないもん!もうお兄ちゃんとは一緒に寝ないよ!」
って怒るのほんとは一緒に寝たいのに見栄を張るななこかわいいよ
じゃあもう一緒に寝ないからねっていうと一瞬寂しそうな顔するんだけど
「別にいいもん!」ってまた見栄を張るななこかわいいマジプリティ
でも夜になると俺の部屋に来て「お、お兄ちゃん…」ってなんかモジモジしてるわけよ
見栄を張った手前素直になれないななこかわいい
んで俺がこっちにおいでって言うと「うん!」って満面の笑顔で布団にはいってくるの
もうやばくない?超かわいいじゃんななこ
で「えへへー!お兄ちゃんのお布団あったかいね!」とか言っちゃうの
抱きしめたい頬ずりしたいかわいいななこ
それで俺の胸に顔を埋めながら眠るわけよ
はーななこなんであんなにかわいいんだろ
可愛すぎておかしくなりそうななこかわいいよななこ
ななコンって揶揄されるけどまぁ反論できないよね
それだけ俺はななこのこと好きだしもう家族って思ってるからね
ななこがいれば他のヒロインはいらないよねななこかわいいななこ





354:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/06(月) 17:28:06.63 ID:0Wlh7eIM0

おいwwww








  

【 関 連 記 事 】


長鼻「実に興味深い運命をお持ちだ・・・・・・・じっくり観察させていただきましょう、お傍で」
[ 2012/02/08 21:11 ] [ 編集 ]
ホモオチはシュタゲSSで十分ですはい
[ 2012/02/23 20:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: