Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  P「目指せアイドルマスター」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
タイトルに「目指せ」つけただけで、何故か違うゲームの雰囲気を醸し出す不思議!
やっぱり快適なボールに入って出番を待っているのでしょうか。草むらでアイドル見つけたい乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 22:40:33.64 ID:M8h6DKJoO

P「おはようございまーす」

律子「おはようございますプロデューサー殿」

P「お、律子も社長に呼ばれてたのか」

律子「はい。私達に用事があるらしいですけどなんでしょうね?」

P「面倒なことにならないといいんだけどな」

社長「ウォッホン!二人とも集まってくれているみたいだね」

P「社長!」

律子「おはようございます社長」

社長「うむ。おはよう」






2:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 22:47:15.84 ID:M8h6DKJoO

社長「キミ達二人を呼んだのは他でもない、ある頼みがあるからだよ」

P「頼み?」

社長「うむ。ここにアイドル図鑑というものがある。これは出会ったアイドル、プロデュースしたアイドルのデータを自動的にインプットする優れものでね」

社長「キミ達にはこのアイドル図鑑をコンプリートしてほしいのだよ」

律子「つまり…すべてのアイドルと実際に出会い、その情報を集めろ…ということですか?」

社長「さすが律子君は理解が早い」





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 22:53:00.79 ID:M8h6DKJoO

社長「私が直々に図鑑を埋めたいのだがね…もう若くない」

社長「そこで!キミ達はプロデューサーとして色々なアイドルをプロデュースしつつ、全国をまわってほしいのだよ!」

P「な、なるほど…これは結構大変かもしれませんね…」

社長「キミ達にはそれぞれ別のルートでまわってもらうつもりだが…一人では過酷だろう」

社長「担当アイドルと二人三脚で旅をするといい。アイドルを探すならアイドルが適任だからね」

律子「アイドルを通じて他のアイドルと交流するということですか…」

P「それで、俺たちの担当アイドルとは?」

社長「うむ。ここに3人のアイドルがいるだろう?」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 23:01:01.74 ID:M8h6DKJoO

社長「この中から1人選んでくれたまえ。皆、いいアイドルだよ」

天海春香レベル5
ノーマルタイプ
たいあたり
なきごえ

如月千早レベル5
鋼タイプ
はたく
かたくなる

水瀬伊織レベル5
炎タイプ
ひっかく
しっぽをふる

P「ふむ…じゃあ千早にします」

律子「では私は伊織で」

春香「!!」

千早「よろしくお願いします」

P「うん。よろしくな」

伊織「この天才美少女伊織ちゃんが手伝ってあげるわ!だからちゃんと私をプロデュースしなさいよね!」

律子「はいはい」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 23:10:41.20 ID:M8h6DKJoO

P「では、いってきます」

社長「うむ!気をつけてくれたまえよ!」

P「いこう千早」

千早「はい」

律子「ちょっと待ってくださいプロデューサー殿」

P「?」

律子「全国をまわるということは、それだけアイドルをアピールするチャンスがあるということ…つまりアイドルをトップアイドルとして育て上げるための意味も兼ねるということです」

律子「社長、アイドルと二人三脚というのはアイドルを成長させる意味も込めてのことですよね」

社長「うむ。そのとおり。ただアイドルの情報だけ得ても何の意味もない」

社長「その情報はアイドルをトップアイドルにするためのものだからね」

律子「でしたら…トップアイドルの座は1つ。私とプロデューサーのどちらのアイドルが上か闘うこともあるでしょう」

律子「どうです?その予行練習をしませんか?あなたの担当アイドルの千早とうちの伊織とで」

P「な…」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 23:22:13.65 ID:M8h6DKJoO

P「俺たちが争ってどうするんだ。同じ765プロの仲間じゃないか」

律子「いったでしょうプロデューサー。同じ765プロの仲間でも、トップアイドルになれるのはただ1人…」

律子「だったら私達が切磋琢磨することはいい結果に繋がると思います」

P「し、しかしだな…」

千早「私はいいですよプロデューサー」

P「千早…」

千早「律子も水瀬さんも同じ765プロの仲間です…でも負けたくないという気持ちも嘘ではありません」

伊織「ふん!私のアイドル力に勝とうだなんて思わないことね!」

千早「ふふ…水瀬さんもやる気満々みたいですよプロデューサー」

P「……わかったよ。俺だって千早を信じて選んだんだ。伊織にだって負けられないさ」

千早「はい!」

春香「……がんばれー千早ちゃーん…」

春香「……」シューン





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 23:31:56.64 ID:M8h6DKJoO

律子「ではいきますよ!伊織、しっぽをふる!」

伊織「はーい、シャルルー♪」フリフリ

千早「くっ…!」

P「大丈夫か千早!」

伊織(ふふ…このシャルルの可愛さにたじたじみたいね)ニャマリ

千早(ぬいぐるみで遊ぶ水瀬さん可愛いわ…!)

律子「今よ!千早は気を取られているわ!ひっかく攻撃!」

千早「!しまっ…!」

伊織「遅いわ!くらいなさい!」

カリカリカリカリ

千早「むふっ…ふふ、くふふふ…」

千早(く、くすぐったい…!)

伊織「どうよ千早!私の力は!」カリカリカリカリ

律子「…全然効いてないわ…効果はいまひとつみたいね…」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 23:42:29.10 ID:M8h6DKJoO

伊織「えぇーい!えい、えい!」カリカリカリカリ

千早「くふ、くふふふっ…くふふひっ」

P(……アイドルの力比べってキャットファイトのことなのかな)

千早「くふひ、ぷ、ぷろ、プロデューサー!し、指示を…くひふふひっ」

P「あ、あぁ!このままじゃ千早が笑い死んでしまう!えーと、はたく攻撃だ!」

千早「はい!」ペチコン!

伊織「ひひゃあ!?」

律子「伊織!」

伊織「…………」

伊織「…………」ウルル

春香「あ~プロデューサーさんが泣かせた~」

P「えっ!?」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/14(金) 23:53:14.92 ID:M8h6DKJoO

春香「いけないんだ~プロデューサーさんいけないんだ~」

P「俺か!?俺のせいなのか!?」

伊織「あんたのせいよ!ばかばか!嫌い!」グスグス

P「そ、そんな…だって実際にはたいたのは…」

千早「……私はプロデューサーの指示に従っただけです」

P(技はたくとかたくなるしかないだろ!かたくなるだけでどうやって勝てばいいんだよ!?)

律子「まぁまぁ落ち着きなさい伊織。負けは負けよ。私達の負け」

伊織「むぅ…」プクゥ

律子「膨らんでもダメよ。今回は私達が実力不足だった」

律子「でも次はこうはいきませんからね、プロデューサー殿!」

P(アイドルとして人気かどうかではなく、肉弾戦のみのキャットファイトなら今後も伊織が勝てるわけないと思うんだが…)





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 00:04:52.12 ID:IjsoE2KZO

社長「いやいや、実にいい闘いだったよ!これからもその調子でアイドルとしての実力をつけていってくれたまえ!」

律子「はい!」

P「は、はい…」

社長「うむ…あー、キミ達に1ついいことを教えよう」

社長「全国各地にはここのようなアイドルプロダクションがいくつもある」

社長「そこの頂点に立つアイドルと今のようなアイドルバトルをし、勝つことが出来たらアイドルバッジが貰えるのだよ」

P「アイドルバッジ?」

社長「うむ。そのバッジがあれば多くのアイドルがキミ達の実力を認めてくれるようになるだろう。集めれば集めるほど、レベルの高いアイドルがキミ達の言うことを聞いてくれるようになる」

社長「更にキミ達自身の担当アイドル達も今以上の力が発揮できるようになるだろう」

律子「なるほど…トップアイドルになるためには必要不可欠ですね。バッジを集めることも目標の1つとしましょう」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 00:11:50.83 ID:IjsoE2KZO

律子「伊織、さっきみたいにすぐ泣いちゃうようじゃまだまだよ!これからビシバシ鍛えてあげるから覚悟しなさいよ!」

伊織「な、泣いてなんかないわよっ」

P「千早、さっきみたいな闘いがこれからも続くかもしれないけど…平気か?」

千早「はい。プロデューサーが私のプロデューサーなんですから、プロデューサーの指示には従います」

P「千早…ありがとな」

千早「いえ…私もプロデューサーと一緒にトップアイドルを目指したいですから…」

春香「」ジー

社長「では頑張ってくれたまえ二人とも!キミ達は765プロの希望だ!」

P律子「はい!」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 00:17:18.50 ID:IjsoE2KZO

P「さて…まずはナムコタウンを出て隣町を目指そう」

千早「そうですね」

P「アイドルがみんな伊織みたいに非力とは限らないからな…薬をちゃんと買い込んで…と」

春香「こそこそ」

P「ん?」

千早「どうしましたプロデューサー?」

P「いや…なんか気配が…」

春香「しーん」

P「…気のせいか。さ、いこう」

千早「はい」





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 01:35:09.44 ID:IjsoE2KZO

P「やっと着いたな」

千早「そうですね。この町に最初のジム(事務所)リーダーがいるんですよね」

P「あぁ。そのはずだ」

春香「さっそくいってみましょう!プロデューサーさん!」

P「おう!」

P「…ん?今の誰だ?」

春香「ささっ」

千早「どうしたんですかプロデューサー?」

P「……いや、聞き違いみたいだな。じゃあ挑戦しにいこうか千早」

千早「はい」





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 01:47:49.33 ID:IjsoE2KZO

P「たのもう!!」

P「……え?あ、はい…すいません…」

P「…はい、はい…わかりました…」

千早「どうかしたんですか?」

P「…うるさいって怒られた…アイドルジムって言っても普段は普通のプロダクションなんだもんな…」

千早「プッ」

P「笑うなよ…」

千早「いや、だって…あんなに勢いよく乗り込んでいったのに…怒られたって……ぷ!ぷくぷぷぷ…」プルプル

P「……バトルは事務所の横の建物でやるらしい。行くぞ」

千早「は、はい…ぷぷ!くぷぷぷ…」プルプル

春香「がんばるぞー」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 01:56:46.25 ID:IjsoE2KZO

P「おぉ…こりゃすごいな」

千早「ジムの中ですよねここ…仕掛けがいっぱい…」

春香「なんでも仕掛けを上手く突破できたアイドルにしかジムリーダーと闘う資格を貰えないらしいです」

P「なるほど…」

千早「えっ?どうかしましたか?」

P「あ、あれ…?今の声は千早…じゃないよな?」

千早「はい」

P「なんなんださっきから…」

春香「ちらっちらっ」

P「……まぁどうでもいいか」

春香「!!」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:04:42.03 ID:IjsoE2KZO

P「このジムは草が生い茂ってるな…」

千早「…というより、すべて家庭菜園のような…」

P「げげ、これ全部野菜か!どおりでビニールハウスみたいなジムだと思ったよ」

春香「プロデューサーさんプロデューサーさん!私、結婚したら旦那さんと一緒に家庭菜園するのが夢
「きゃーっ!!」

P「!悲鳴!?」

千早「この声は…!いきましょうプロデューサー!」ダッ

P「おう!」ダッ

春香「……ぽつん」





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:11:06.18 ID:IjsoE2KZO

伊織「な、なによこのツルはー!」ウネウネ

律子「うん…なかなかいい画ね。これは良い宣伝写真になるわ」パシャパシャ

伊織「撮るなぁ!助けてよ!」ウネウネ

P「こ、これは…」

千早「水瀬さんが植物のツルに絡まれてるわ」

春香「触手責めですよ触手責め!」

律子「おや、これはプロデューサー殿。遅かったですね」

P「もうこのジムにきてたのか」

律子「えぇ。といってもまだ私達も挑戦前ですけどね」

P「そりゃよかった。あんまり差をつけられたくないしな」

伊織「世間話してるんじゃないわよー!なんでもいいから助けろー!」ウネウネ





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:17:58.07 ID:IjsoE2KZO

15分後

伊織「はぁ…はぁ…っ」ビクンビクン

P「伊織…なんだ、その…早く助けなくてごめんな」

律子「私も…ちょっと放置しすぎたわ…」

伊織「許さない…絶対許さないんだからぁ…」グスッ

千早「だ、大丈夫よ水瀬さん。誰にも言わないから」

P「そ、そうだよ伊織。生理現象なんだ。仕方ない」

伊織「うぅぅぅ…ばかぁ…ばかぁ…」グスグス

律子「伊織も伊織で、早く言えばよかったじゃない。そしたら私達だってすぐに助けたのに」

伊織「言えるわけないでしょ!ばかぁー!」

律子「また意地張るんだから…いいじゃないおも…」

P「律子、みなまで言ってやるな…」

律子「…………はい」

伊織「…………」クスン


春香「おもらしですよおもらし!」





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:22:15.63 ID:ym3W9ER+0

ファッキューハルカッス





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:25:14.77 ID:IjsoE2KZO

律子「では…私達はひとまずアイドルセンターで休んでくることにします…伊織があんな調子ですし…」

千早「水瀬さん、恥ずかしいのはわかるけど両手で顔を覆って歩くのは危ないわよ」

伊織「」プイッ

千早「つまずいちゃうから…」

伊織「」プイッ

P「……そうだな。あの様子じゃとてもジムリーダーとは闘えないだろう」

律子「ですから、私達の分まで頑張ってください」

春香「はい!」
P「わかったよ」

P「ん?」

律子「ん?」

春香「にゃー」

P「なんだ猫か」





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:29:02.77 ID:IjsoE2KZO

P「…よし、ここが最深部だな」

千早「ここにジムリーダーがいるはず…」

P「おーい!挑戦しにきたんだ!出てきてくれ!」

千早「…………」

P「…………」

千早「…きませんね」

春香「あれれー?」

「はいはーい!おまたせしてすみませーん!」

P「!」

千早「あなたは…」





71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:34:09.30 ID:IjsoE2KZO

やよい「うっうー!私がここのジムリーダーアイドル、高槻やよいです!よろしくお願いしまーす!」ガルーン

千早「きゃ、きゃわいいっ…!!」

P「なるほど…さすがのアイドル力のようだな…すでに千早がメロメロだ…」

千早「た、高槻さん…可愛い…」

やよい「う?」

千早「私の…敗けです…!」

P「ぅおい!」





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:41:17.29 ID:IjsoE2KZO

やよい「あ、あのー…?」

P「いや、ごめんな。今準備するから」

千早「は、離してくださいプロデューサー!あんな可愛い子とは闘えません!」ジタバタ

P「君がジムリーダーでいいんだよな?」

やよい「はい!トップアイドル目指して頑張ってます!」

P「そっか。よかった。俺達、君にアイドルバトルの挑戦をしにきたんだけど…」

やよい「もちろんいいですよ!争い事は苦手ですけど…お互いがアイドルとして成長できるのはとてもいいことだと思いますから」

やよい「あ、でもでも…あんまりひどいことはしたくないかなーって……ですからこれ、お薬をどうぞ」

P「ええこや」





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 02:46:17.32 ID:IjsoE2KZO

P「よし、あの子に勝てば1つ目のバッジが手に入るんだ。頑張ろうな」

千早「うぅ…高槻さんを傷付けることなんて私には…」

P「大丈夫だ。さっきの伊織みたいに、相手を倒すんでなく無力化すれば傷付けずにすむ」

千早「さっきの…水瀬さんのように…?」

千早「………………」

千早「」ゴクリ

P「1つ言っておくが、俺がいう無力化とはおもらし限定じゃないからな」

千早「なな、なにを言うんですか。べ、別に高槻さんがおもらしするところなんて想像してませんから」

春香「自分から言っちゃってるよ千早ちゃん」





75:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 03:46:24.06 ID:IjsoE2KZO

やよい「ではいきます!バトルスタートです!」

P「いけ千早!レベルの上がったお前の強さを見せてやれ!」

千早「はい!」

やよい「たいあたりですー!」ドーン

千早「うはっ…高槻さんが私の胸に飛び込んできたわ…!」

やよい「うぅ…痛いです…千早さん、硬いんですね…びっくりしました…」ウルル

千早「」

P「まだかたくなるは使ってない筈なんだけどな…」

千早「」キッ

P「お、俺をにらみつけてどうする!」





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 04:46:02.04 ID:IjsoE2KZO

やよい「でも負けません!えい!」ピョンカ!

千早「!?」

P「千早に抱きついてきた…?…いや、あれは!」

やよい「胸元はガードが硬いですけど、首もとが無防備です!」

やよい「あーんっ!」カプッ

千早「んぁっ…!」ビクッ

やよい「すいとる攻撃でしゅ…ちゅぷ…ちゅーっ…!」

千早「ひ、あっ…た、高槻さん…そんな…ぁ…」ビクン

P「千早の体力を吸いとってるのか!」

千早「はぁ…はぁ…っ!私…高槻さんに吸われちゃってる…吸われちゃってるわ…っ…!」ビクンビクン

春香「逆にみなぎってきてません?千早ちゃん」





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 05:46:05.32 ID:IjsoE2KZO

P「千早!今はチャンスでもあるんだ!その子を離すな!」

千早(そそそそれはまさか!私からも抱きついていいということですか!?)

千早「はい!」ギュゥッ

やよい「ひぁっ!?そ、そんなにぎゅっとされたら…なんだか恥ずかしいですー…」

P「その距離ならたとえ命中率が低いわざでも必ず当たる!」

やよい「あ、離してください~…かぷっちゅー!」

千早「ひぁんっ…あぁ…吸われてるわ…あ、ぁ、ぁ……」ゾクゾク

P「千早!正気に戻れ!新技をその子に教えてやれ!」

千早「は……はぃ…!」

P「うたう!」

千早「めとめが」

やよい「ふにゅぅ…」スヤスヤ

春香「はやっ!!眠りにつくのはやっ!!」





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 06:46:15.22 ID:IjsoE2KZO

やよい「うーん……う?」パチクリ

P「お、目が覚めたか」

やよい「私…どうしちゃったんですか?」

P「千早のうたう攻撃によって今まで眠っていたんだ」

千早「ごめんなさい高槻さん…」

やよい「そうですか…仕方ないです…負けたのは私の実力が足りなかったせいですし」

P「でもまぁ外傷はないからジムリーダーの仕事は支障なくできるはずだよ」

やよい「…お気遣いありがとうございます…でも…」

やよい「ジムリーダーは一度負けてしまうと2番目のアイドルさんと交代しなきゃいけないんです…」

千早「え!?」

やよい「だから負けちゃった私はもうジムリーダーにはなれません…」シューン

やよい「食費…」シューン





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 06:56:58.40 ID:IjsoE2KZO

P「一度負けたくらいでクビだってのか!なんて事務所だ!」

やよい「ジムリーダーさんはみんなが憧れるアイドルさんだし…お給金もいいですから…」

やよい「皆さんの期待を裏切ってしまった私はもう…この事務所にはいられません…」ウルル

P「…わかった。じゃあ俺が君をプロデュースする」

千早「!!」

春香「!?」

やよい「え…?」

P「高槻さん…いや、やよい!俺が必ずトップアイドルにしてやる!俺にプロデュースさせてくれ!」

やよい「い、いいんですか…?私、きっと迷惑かけちゃいます…」

P「かけていいんだ!だから俺がしっかり面倒見てやる!」

やよい「給食費…」

P「払ってやる!」





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 07:06:47.62 ID:IjsoE2KZO

やよい「あ、ありがとうございます!え、えと……プロデューサー!」

春香「やっぱり駄目だ!」

やよい「え、えぇっ…?」ウルル

P「誰だ俺の声真似したやつ!泣くなやよい!ちゃんと俺がプロデュースするから!」

やよい「うぅ…ぷろでゅーさぁ…」クスン

P「ごめんな千早。成り行きでやよいもプロデュースすることになった」

千早「私は構いません…むしろいい仕事したと思いますプロデューサー。ここでやっと初めてプロデューサーについてきてよかったと心から思いました。高槻さんラブリー」

P「千早。俺が一番心配なのはやよいが加わることによってお前のキャラが崩れたまま治らない可能性があることだ…」

千早「くっ…自重します…」ムズムズ

やよい「…えへへ。なんだかこれからはプロデューサーと千早さんと一緒だなんてとっても嬉しくなっちゃいました!うっうー!」

やよい「プロデューサー!はい、たーっち!」

P「おぉ!」

春香「たっち」パン!

P「!?」





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 07:16:22.77 ID:IjsoE2KZO

P「春香…?ナムコで俺と律子に選ばれなかった春香じゃないか」

春香「ぐさっ…」

千早「どうしたのこんなところで?奇遇ね春香」

春香「聞いてないですよプロデューサーさん!担当アイドルをもう1人追加するなんて!」

P「そうだよなぁ…俺の仕事量も増えて大変になるだろうけど…」

P「でもやよいはほっとけないしな。仕方ない」ナデナデ

やよい「あっ…えへへ…気持ちいいです…」

千早(目を細めてプロデューサーに身を任せる高槻さん猫みたいで可愛いもって帰りたいわ)

春香「…………」

春香「にゃー」

P「何を言っているんだ君は」

千早「あざといわよ春香」

春香「しゅん…」





87:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 07:26:05.78 ID:IjsoE2KZO

春香「ってそれは置いといて!」ズイズイッ

P(置いとくのか)

千早(あざとさは置いとくのね)

春香「担当アイドルが二人になっちゃったのなら、もういっそ三人にしませんか!?三人ならユニット組んだときにバランスが…」

P「いや、無理だ。そんな余裕はない」

春香「ほけきょ」

P「本来は千早だけのつもりだったんだ。これ以上担当アイドルを増やしたら1人1人をちゃんと見てやれないだろう」

やよい「ごめんなさい…やっぱり私、迷惑だったんじゃ…」

P「なあに心配するなやよい。俺が面倒見たくてやってるんだ。やよいは安心して俺についてきてくれ」ナデナデ

やよい「ほわぁ…プロデューサー…」

春香「いじいじ…」





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 07:35:02.36 ID:IjsoE2KZO

P「こうしてやよいは俺達の旅に加わり、ベロチョロタウンを後にした」

P「旅費も増えることになりはしたが、やよいがいることで家事全般、特に飯についてはからっきしな俺と千早にとっては大助かりだった」

P「毎日の飯がうまい。これだけで気の持ちようも変わるもんだ。俺達はどんどん進んでいった」

P「春香にはナムコに戻るように促したのだが、無事に帰っただろうか。時折、謎の声が聞こえるのだがきっと気のせいなのだろう」

P「アイドルマスターになるにはなかなかなかなかなかなかなかなか大変だけど」

P「俺達の旅はこれからだ!」

春香「わっほい!」





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 07:43:39.85 ID:IjsoE2KZO

休憩というか寝ます
落ちたらこれでおしまいということでお願いします

千早レベル12
鋼タイプ
はたく
かたくなる
にらみつける
うたう

やよいレベル11
草タイプ
たいあたり
なきごえ
すいとる
でんこうせっか





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 07:53:24.24 ID:BmyN+A43O

雪歩
地面タイプ
あなをほる
あなをほる
あなをほる
あなをほる





84:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/06/15(土) 07:04:30.73 ID:7RZGyZHe0

春香さんは何のためにいるんや






元スレ:P「目指せアイドルマスター」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1371217233





  

【 関 連 記 事 】


続編無さそうだけど、黄金橋の先で美希(一番最初期)が仲間になったり
初代縛りでなければチンタラしてると止められなくなるあずささんとか
クリア後に行ける洞窟にピヨちゃん居るけど洞窟自体忘れられそうとか浮かぶなw
[ 2013/06/21 21:19 ] [ 編集 ]
美希→サンダー
貴音→フリーザー
響→ファイヤー
[ 2013/06/21 22:30 ] [ 編集 ]
もう終わり?
[ 2013/06/21 23:41 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: