Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  ぼく「学園都市?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
一度は訪れてみたい場所。街中には名物レベル5をはじめ、個性的な人、物、設備で
溢れかえっているそうな。でも、うかつに近づくと火傷じゃ済まない危険地帯乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:16:16.37 ID:GjLWSqrD0

ぼく「うわぁ なんかすごい発展した街だなぁ」

びりびり「待ちなさいよごらぁー」

とーま「待てって言われて待つやつがいるかよー」

ぼく「なんだろうあの人、電気だしてたけど」

ぼく「まあいいや」

びりびり「待てって言ってんでしょーがー」ビリビリー

ぼく「うわぁ」

そしてぼくは感電死した


【完】






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:18:08.41 ID:sp9kXqmK0

映画化失敗





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:18:28.05 ID:IAGb2Q5fP

通り魔じゃねーか





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:19:26.51 ID:GjLWSqrD0

ぼく「ここはどこ?」

かえる「ここは病院だね」

ぼく「たしかすごい電気で死んだ気がするんだけど」

かえる「私を誰だと思ってるんだね」

ぼく「しりません」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:22:57.33 ID:GjLWSqrD0

ぼく「とにかくぼくおうちに帰ります」ヨッコイショウイチ

かえる「あぁ、気をつけて帰るんだよ」

ぼく「しかしなんでぼくは生きてるんだろう、たしか死んだよね」テクテク

ぼく「あ、あそこにいるのはぼくを殺したびりびりした人」

びりびり「ど、どうしよう」オロオロ

ぼく「やあ」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:24:53.90 ID:GjLWSqrD0

びりびり「ひゃあっ」ビックラコンノシオコンブ

ぼく「さっきはよくもやってくれたね」

びりびり「ご、ごめん あなたに当てるつもりはなかったのよ」

ぼく「ぼく以外が当たってたら絶対死んでましたよ、死にましたけど」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:27:37.25 ID:GjLWSqrD0

びりびり「え?」

ぼく「ぼくはきみに一回殺されたんです」

ぼく「なぜかいきてましたけど かえるさんすごい」

びりびり「えっと・・・その・・・」

ぼく「なにかおわびしてください」

ぼく「とりあえずあそこのホテルに入りましょうか」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:30:04.09 ID:GjLWSqrD0

びりびり「ホ、ホテル!?」

ぼく「はい」

ぼく「こんなところで死んだ殺されたなんて喋ってたら変な目で見られます」

びりびり「わ、わかったわよ」


そして場面はホテルの一室へ


ぼく「さあおわびとしてえっちなことやらせてください」

びりびり「はぁ!?」

ぼく「そーれー」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:30:51.48 ID:GjLWSqrD0

びりびり「調子に乗るんじゃないわよ!」

ぼく「うわぁ」

そしてぼくは感電死した

【完】





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:34:32.89 ID:GjLWSqrD0

ぼく「さっきもこんなことありましたよね」

かえる「そうだね」

ぼく「この街では死んだり死に掛けたりしたらいつの間にか病院で治療を受けてるんですか?」

かえる「そうなんじゃないかな」

ぼく「それじゃあ帰りますね」テクテク


・・・・・・・・・

ぼく「あ、どこから帰れるんだろう」

ぼく「あそこの白髪の人に聞いてみよう」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:37:19.98 ID:GjLWSqrD0

ぼく「あの」

ぼく「そこのひと」

白髪「あァン?」

ぼく「すごくがらがわるいですね」

白髪「ンだとてめェ」

ぼく「ぼくこの街から出て家に帰りたいんですけどどうすればいいですかね」

白髪「知るかンなこと」

ぼく「というかぼくの家ってどこにあるんですかね」

ぼく「そういえばぼくって誰でしたっけ」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:40:56.44 ID:GjLWSqrD0

白髪「はァ?」

ぼく「どうやら電気でにかいも死んで記憶がなくなったみたいなんです」

ぼく「というわけであなたの家が今日からぼくの家です」

白髪「」ポカーン


テクテクテクテクテクテクテクテク


ロリ「その人は誰?ってみさかはみさかは聞いてみたり」

白髪「知るか」

ぼく「今日からこの人と一緒に暮らすことになりました」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:45:56.23 ID:GjLWSqrD0

ロリ「えーっ!?ってみさかはみさかは驚いてみたり」

ぼく「そういえばなんかあのびりびりした人に似てますね」

ぼく「もしかして妹さんかなんかですか」

ロリ「みさかはみさかだよって質問に対して若干曖昧な答えを出してみたり」

白髪「てかよォ さっさと帰れよてめェ」

ぼく「かえるばしょがないんです」


・・・・・・・・・・・

ぼく「晩御飯まだですか」

ぼく「昨日からなにも食べてないのでおなかいっぱい食べさせてくれると嬉しいな」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:49:30.37 ID:GjLWSqrD0

白髪「飯くれェ自分で買ってこい」

ぼく「おかねないです みちわかりません」

白髪「この街のコンビニは盗んでもいンだよ」

ぼく「そうですか、この街では物を盗んでもいいんですね」

ぼく「では行ってきます」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:52:04.96 ID:GjLWSqrD0

なんか警察みたいな人の攻撃が運悪く急所に当たってぼくは死にました


【完】





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:53:45.50 ID:GjLWSqrD0

ぼく「こんかいは死因が違いましたよ」

かえる「そうだね それにしても君はよほどこの病室が好きらしい」

ぼく「自覚はないんですけどね」

ぼく「せっかくの家もなくなっちゃったしその辺の公園で寝泊りしよう」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:57:33.70 ID:GjLWSqrD0

ぼく「うわぁ毛虫が降ってきた」

ぼく「それにしても夜風が冷たいなぁ」

ぼく「・・・・寝よう」


次の日

ぼく「これからどうしよう」

ぼく「とりあえずあそこの幸薄そうなとげとげについていって居候させてもらおう」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 01:59:36.36 ID:GjLWSqrD0

ぼく「・・・・・」テクテク

とげとけ「・・・・・・」テクテク

とげとげ(なんなんですかこの人・・・)

とげとげ「あ、あのー なにか用事ですか?」

ぼく「同類の臭いがしたのでつい、あと居候させてください」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:04:01.54 ID:GjLWSqrD0

とげとげ(うわー 変なのに絡まれちゃいましたよ)

とげとげ「い、いやぁいきなりそんな事言われましても・・・」

ぼく「なんかすごい電気に当たって二回死んだら記憶なくなっちゃったんですよ」

ぼく「ということで居候させてください」

シスタ「とーまー!」

とげとげ「げっ、インデックス!」

シスター「おなかすいた!お昼ごはん作ってほしいんだよ!」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:06:54.07 ID:GjLWSqrD0

ぼく「ぼくもおなかすきました」

シスター「ん?そこの人は?」

とげとげ「いや、なんかいきなり居候させてほしいって・・・」

シスター「いいじゃん居候させてあげようよ」

シスター「迷える子羊を救うのもシスターの役目なんだよ」

ぼく「そうですよ」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:09:27.25 ID:GjLWSqrD0

とげとげ「ふこーだー」


そして上条宅

ぼく「うわぁねこちゃんかわいい」

シスター「スフィンクスだよ!」

とげとげ「あの・・・」

ぼく「すふぃんくすー」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:10:26.36 ID:GjLWSqrD0

スフィンクスと遊んでいたらなんか魔術っぽいのを使う連中が乗り込んできて殺されてしまった

【完】





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:12:28.74 ID:GjLWSqrD0

俺「またこのベッドの上か・・・」

俺「ん?心なしか声が変わってるような・・・」

かえる「生き返りすぎて姿形が変わったようだね」

俺「はぁ、そうですか・・・」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:13:55.64 ID:GjLWSqrD0

俺「さてとどうすっかな」

俺「しかしなんだか前より力がついた気がするな」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:15:41.42 ID:fbIO+4/00

進化したか





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:16:26.29 ID:GjLWSqrD0

俺「なんか能力にでも目覚めたのかねぇ」

俺「んーなんの能力かな」

俺「使いかたわからんけどとりあえずビリビリしたやつに仕返しに行くか」





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:18:44.77 ID:GjLWSqrD0

俺「おーいビリビリーどこにいるんだー」

俺「おっ いたいた」

俺「やあ」

ビリビリ「誰?」

俺「おいおい忘れたなんて言わせないぜ、一緒にホテルに言った仲じゃねーか」

ビリビリ「ま、まさか・・・」

俺「ふっふっふ・・・3度目の正直だ!」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:21:39.43 ID:GjLWSqrD0

ビリビリ「近寄らないで!」

俺「ふっふっふ」

ビリビリ「なんで・・・?攻撃が当たらない!」

俺「どうやら俺の能力とやらは運が極限まであがるような感じのよくわからん能力だったみたいだな」

俺「なんか急に能力の効果が頭に浮かんできたわ」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:26:26.08 ID:GjLWSqrD0

俺「今の俺なら零距離で電撃を放たれても外れるような気がするぜー」

俺「オラァ!2回殺された恨みはでけえぞ!」

ビリビリ「なめんじゃないわよー!」



調子に乗りすぎた結果また殺されていた

【完】





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:27:46.55 ID:GjLWSqrD0

俺「またここか」

俺「この数日の間に俺は5回も死んだのか」

かえる「こっちの身にもなってほしいよ」

俺「ごめん」





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:32:54.07 ID:GjLWSqrD0

俺「なんだよあの攻撃聞いてねえぞ反則じゃねーか」

俺「しかしまた力がついたような気がするな」

俺「まさか俺は死ぬことによって強化されるタイプの人間・・・」

俺「しかし力がついたような気がするんだがパッと能力が頭に浮かんでこねえな、ぶっつけ本番でやれってか」

俺「お、あそこにいるのはこの前俺に嘘を教えた白髪野朗」





55:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:36:27.81 ID:GjLWSqrD0

俺「おいそこの白髪野朗」

白髪「あァン?誰だてめェは」

俺「俺を忘れたとは言わせねえぞ、よくもコンビニの物を盗んでもいいなんて教えやがったな」

白髪「あァ、てめェか・・・」

俺「この前の借り、きっちり返させてもらうぜ」





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:41:14.86 ID:GjLWSqrD0

俺「おっ またパッと浮かんできた」

俺「どうやら俺の強化された能力は確率操作らしいぜ」

俺「オラァ!」

ドゴォ

白髪「はァ!?」

白髪「どういうことだ反射できねェ!」

俺「お前が俺の攻撃を反射できる確率は0%だ」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:44:56.12 ID:GjLWSqrD0

・・・・・・・・・・・

俺「はっはっは 弱い弱い」

白髪「クソがァ・・・!」

白髪「ん・・・?」


なんか急な展開でスイッチ入れるの忘れてただけのようでいつの間にか俺はなぶり殺しにされていた

【完】





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:46:30.39 ID:GjLWSqrD0

我「我は目覚めた」

かえる「おはよう」





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:49:51.83 ID:GjLWSqrD0

我「我は憤怒している」

我「なにやらまた我が能力が強化されたようだ」

我「この怒りはどこへぶつければいいのか」

我「あぁ、わかっている この怒りはあの二人にぶつければよいのだ」





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 02:55:52.63 ID:GjLWSqrD0

我「果たし状 今日の深夜0時に上条当麻宅にて待つ
   さもなくばロリとお友達の命はない っと」

ロリ&レベル0「んーんー」

我「ふふふ 我が能力の真の力・・・楽しみだ」

とげとげ「あのー・・・なにしてるんですか?」

我「我が怒りを静めるための生贄を待っているのである」





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 03:01:53.38 ID:GjLWSqrD0

そして0時

我「ふっ・・・来たか」

白髪「またてめェか」
ビリビリ「またあんたなのね」

我「あぁ・・・貴様らには我が能力の贄となってもらうと我がそう決めた」

白髪「てめェ打ち止めになんかしてンじゃねェだろうなァ」
ビリビリ「あんたサテンサンになにもしてないでしょうね!?」

我「心配するな その二人なら上条が預かってくれている・・・」





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 03:09:57.25 ID:GjLWSqrD0

上条「え・・・?俺・・・?」

我「ふっ・・・まぁそこにいる二人は貴様らをおびき出す為に連れてきただけだ、もうなんの用もないわ」

我「おぉ・・・我が能力の真の力・・・それはこの世の全てを好きに作り変える能力であったか」

白髪「ンだとォ?」

我「ふふふ・・・もう貴様らになど負けはせぬわ・・・」





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 03:11:46.26 ID:DJ9mlMpM0

負ける感ハンパネエ





94:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 03:12:35.15 ID:GjLWSqrD0

そして気がついた時に僕は病院のベッドの上に居た

どうやら後ろから上条に右手で殴られてその間にまた殺されたようだ

能力は失われていた

だが僕は満足している

あれは僕の身には余る力だ

僕たちの戦いはこれからだ

そして僕は静かに息を引き取った

【完】





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 03:14:18.22 ID:HNw736hO0

戦い終わってんじゃねーか





107:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/08(月) 03:40:28.91 ID:gKnVGiYp0



淡々としてて面白かった






元スレ:ぼく「学園都市?」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373213776





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: