Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  ルキア「私は朽木ルキアだ」キルア「俺はキルア=ゾルディック」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
「ル」と「キ」と「ア」がゲシュタルト崩壊した。言われてみれば名前似すぎワロタ。
そのうち「アキル」とか「キアル」とか出てきたらまた絡むのだろうか。乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 00:45:44.66 ID:LJrYJIaj0

ちゃぶ台と座布団があるだけの、狭い部屋。

ルキア「失礼する」ガチャッ

キルア「どこだ、ここ……?」ガチャッ

ルキア「む……」

キルア「あ、ども……」

ルキア「…………」

キルア「…………」






6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 00:49:13.51 ID:LJrYJIaj0

ルキア「私の名は──」

キルア「俺は──」

ルキア「…………」

キルア「…………」

ルキア「貴様から先にいってくれてよいぞ」

キルア「いや、でもそっちのが一瞬早かったし……」

ルキア「…………」

キルア「…………」

ルキア「じゃ、じゃあ私から……」

キルア「あ、ああ」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 00:53:17.09 ID:LJrYJIaj0

ルキア(……相手は子供だ。正直に話しても、問題はあるまい)

ルキア「私は朽木ルキアだ」

ルキア「護廷十三隊の十三番隊に所属する死神だ」

ルキア「未熟ながら、副隊長を務めておる」

キルア「へぇ~」

キルア(と相槌を打ったものの、護廷十三隊? 死神? なにがなにやら、だな)

キルア(でも、悪い奴じゃなさそうだし……)

キルア「俺はキルア=ゾルディック」

キルア「元々は殺し屋やってたけど、今はハンターやってんだ」

ルキア「ほう」

ルキア(こんな少年が殺し屋をやっていたのか……なんと嘆かわしい)





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 00:55:57.64 ID:6QbZxzXA0

ルギア「…」ウズウズ





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:20:50.32 ID:xD5vdhkM0

>>12
はよ





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 00:56:09.51 ID:LJrYJIaj0

キルア「え……と、ルキアはなんでここに?」

ルキア「ふむ……何故といわれても説明はしにくいのだが──」

ルキア「隊舎で雑務をこなしていたら」

ルキア「いきなり激しい光に包まれて──この部屋に通じるドアの前に立っていたのだ」

キルア「ふうん……俺と同じだな」

キルア「俺は妹と旅をしてる途中で、いきなり変な光に巻き込まれたんだ」

キルア「一応壁を攻撃したりしたけど、ビクともしねーし」

キルア「多分、ここの壁やドアは全部壊せないんだろうな」

キルア「どうやら俺たち、完全に閉じ込められたみてーだな」

ルキア「ふむ……」

ルキア「お互い災難だったな」

キルア「ああ」

ルキア「ところで貴様、さっきから気になっていたのだが──」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:00:10.86 ID:LJrYJIaj0

ルキア「目上の人間を、いきなり呼び捨てするというのは感心せんな」

キルア「目上って……アンタ、俺とそう年変わんないだろ?」

ルキア「貴様は幾つだ?」

キルア「え、と……13だけど」

ルキア「ふっふっふ」

キルア「?」

ルキア「教えてやろう、私は貴様の軽く十倍は生きておる!」

キルア「ゲ!?」

キルア(こいつもビスケ系かよ! なんで俺はこうババアと縁があるんだ?)

キルア「もしかしてお前……実はものすごくマッチョとかじゃねーよな?」

ルキア「当たり前だ!」

キルア「…………」ホッ…

ルキア「まあよい、呼び捨ては許してやろう」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:03:08.43 ID:LJrYJIaj0

キルア「──ところでさ」

ルキア「ん?」

キルア「死神っていったいなんなんだ?」

キルア「やっぱ、人間の魂を抜き取ったりすんのか?」

キルア「まさか、俺の魂を抜き取りに来たわけじゃねーよな?」

ルキア「たわけ! そんなことはせぬわ!」

ルキア「死神の仕事は数多いが、代表的な任務といえばやはり──」

ルキア「整(プラス)を尸魂界に送ったり、虚を退治することだろうな」

キルア「プラス? ホロウ?」

ルキア「ようするに、日々迷いし霊を導いたり、悪い霊と戦っておるということだ」

キルア「なるほどね」

キルア(名前は死神だけど、やってることは霊能力者って感じか)





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:06:37.99 ID:LJrYJIaj0

ルキア「ハンターというのは、どんな任務をこなすのだ?」

キルア「特に決まった仕事はねーよ。色々さ」

キルア「財宝を狙う奴、遺跡を発掘する奴、賞金首を追いかける奴……」

キルア「各々が定めた獲物を追い求めるってのが、ハンターなんだ」

キルア「ちなみに俺がこないだ関わった任務は、危険生物の駆除だった」

ルキア「つまり、貴様は危険生物ハンターということか?」

キルア「いや、そういうわけじゃない」

キルア「その任務についたきっかけは、半ば成り行きみたいなもんだったしな」

キルア「俺自身が、どんなハンターになるかは」

キルア「これからじっくり決めていこうと思ってんだ」

ルキア「そうか……頑張るのだぞ!」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:09:23.60 ID:LJrYJIaj0

キルア「話は変わるけどさ」

キルア「ルキアのその、腰に差してる刀……かっこいいな!」

ルキア「ん、これか?」

ルキア「これは斬魂刀といってな」

ルキア「死神の武器であり、誇りであり、相棒でもある」

キルア「へぇ~」

キルア「なぁ、ちょっと見せてくれねーか?」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:13:37.22 ID:LJrYJIaj0

ルキア「……まぁ、ちょっとくらいなら」コホン

キルア「サンキュー!」

ルキア「…………」チャキッ

スラッ……

キルア「おお、かっこいいな!」

キルア「こいつを振り回して、さっきいってた悪霊とかと戦うのか?」

ルキア「いや、これはあくまで仮の姿に過ぎぬ」

ルキア「斬魄刀の名を呼ぶことで、初めて真の姿を解放できるのだ」

キルア(変形機能付きかよ! ツボネみてーな刀だな)

ルキア「念のため、少し離れておれ」

キルア「分かった」スッ…





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:16:07.50 ID:LJrYJIaj0

ルキア「舞え」

ルキア「『袖白雪』」

キィィィン……

キルア「おお~すげえ!」

キルア「真っ白な刀になった! すっげーキレイじゃん!」

ルキア「これは『袖白雪』といって、氷雪系に属する斬魄刀だ」

キルア(氷雪系……雪や氷を操るってことか)

キルア「これ、俺が名前を呼んでもやっぱダメだよな?」

ルキア「ああ、刀の主でなければな」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:19:36.28 ID:LJrYJIaj0

ルキア「どれ折角だ、技もひとつ見せてやろう」

キルア「へえ、気前いいな」

ルキア「貴様とは、敵対する間柄でもなさそうだからな」

ルキア「次の舞・白漣!」

サァァァ……!

キルア「うおおおおっ!?」ピシピシ…

キルア「バカ! 俺まで氷漬けになっちまったじゃねーか!」

キルア「いくら俺でも、氷漬けになる訓練はそこまで受けてねーんだ!」

ルキア「す、すまぬ!」

ルキア(むしろ氷漬けになる訓練など、受けてるのが驚きだ……)





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:23:27.09 ID:LJrYJIaj0

キルア「ふぅ……寒かった……」

キルア「よし、じゃあ次は俺の技を見せてやるよ」

ルキア「いいのか?」

キルア「ルキアの技だけ見たんじゃ、不公平だろ?」

キルア「そういうの、借り作るみたいで好きじゃねーんだ」

ルキア「独自の美学を持っておるようだな、キルア」

キルア「そーいうこと」

キルア「じゃ、行くぜ!」

バチバチバチバチ……!





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:26:43.75 ID:LJrYJIaj0

ルキア「おお……!? これは──体から雷を出しているのか?」

キルア「ああ」バチバチ…

ルキア「いったいどうやって……?」

キルア「『念』っていう技術の応用で──」

キルア「平たくいや、人間の体に流れてるエネルギーっていうかオーラってのを」

キルア「電気にするって感じかな」

ルキア「そんなことが可能なのか!」

キルア「オーラには強化系、変化系、操作系、具現化系、放出系、特質系ってのがあって」

キルア「いちいち全部説明はしねーけど、俺って変化系だから」

キルア「オーラの性質を変化させるのが得意なんだ」

ルキア「オーラ、か」

ルキア「霊圧とは少し違う力のようだな」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:30:16.69 ID:LJrYJIaj0

キルア「あ、あと」

ルキア「?」

キルア「サービス」ニヤッ

バチッ!

ルキア「ギャッ!?」

ルキア「たわけ! な、何をする!」

キルア「ルキアだって、さっき俺を凍らせかけただろうが」

ルキア「……分かった。今ので貸し借りなしということにしておこう、キルア」

キルア「死神ってもっと怖いかと思ってたけど、そうでもねーんだな」

ルキア「うむ、名前の響きだけで死神を判断されては困る」

ルキア(恐ろしい人は本当に恐ろしいのだがな……)





55:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:35:06.57 ID:LJrYJIaj0

キルア「ルキア」

キルア「さっきポロッといってた霊圧ってのは、さっきの斬魄刀を操る力なのか?」

ルキア「いや、それだけではないぞ」

ルキア「『鬼道』という術がある」

キルア「鬼道?」

ルキア「決められた言霊を詠唱して、攻撃や補助を行う技術だ」

キルア(あれか? テレビゲームの魔法みたいなもんなのかな)

キルア「やってみてもらっていいか?」

ルキア「よいぞ」





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:38:29.36 ID:LJrYJIaj0

ルキア「君臨者よ!」

ルキア「血肉の仮面・万象・羽搏き・ヒトの名を冠す者よ!」

ルキア「真理と節制」

ルキア「罪知らぬ夢の壁に僅かに爪を立てよ!」

ルキア「破道の三十三、蒼火墜!!!」

ズドォンッ!

キルア「おお……」





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:41:37.62 ID:LJrYJIaj0

キルア「すげぇ、すげぇけど──」

キルア「戦闘中にいちいち今のを唱えるのか? 結構危なくねー?」

ルキア「うむ、そのとおり」

ルキア「力量が互角以上の相手に、面と向かって完全詠唱することはかなり難しい」

ルキア「そういう敵と戦う場合には詠唱破棄という技術もあるが」

ルキア「やはり完全詠唱しなければ威力は落ちてしまうな」

キルア「手順を省略することもできるが、その分効果も落ちるってことか」

キルア「念能力の制約と誓約に近いものがあるな」

キルア(それに今の呪文、正直意味不明だし、なんだこりゃと思ったけど──)

キルア(カッコイイと思っちまった……)ドキドキ…





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:45:28.26 ID:14Mhi/bf0

キルアそういうの好きそうだもんな





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:46:35.63 ID:LJrYJIaj0

キルア「他にも色々あんのか?」

ルキア「死神の戦闘術には大別して斬拳走鬼の四つがあるが──」

ルキア「斬魄刀が斬、拳は白打、走は歩法、鬼は鬼道」

ルキア「私は鬼道が比較的得手だが、白打が不得手だな」

キルア(白打……多分、体術とか格闘みたいな分野なんだろうな)

キルア(たしかにルキアは苦手そうだ)

キルア「残りの走ってのは?」

ルキア「瞬歩という高速を誇る独特の歩法を中心にした、移動術だ」

キルア「ふ~ん、高速ね……」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:49:34.32 ID:LJrYJIaj0

キルア「ルキア、俺もスピードにかけてはちょっと自信あるぜ」ニッ

キルア「俺はさっきの電気を生み出す技を応用して」

キルア「神経に電気を流すことで体を高速で動かすことができるんだ」

キルア「あとほとんど自動で敵の攻撃に反応することも可能だ」

キルア「神速(カンムル)って名づけたんだけど……多分瞬歩ってのより速いぜ」

ルキア「ほう?」ピクッ

ルキア「キルア、貴様ずいぶんな挑発をするではないか」

キルア「なんなら勝負する?」

ルキア「よかろう!」

シュッ! シュッ!





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:54:16.23 ID:LJrYJIaj0

ゴッ!

キルア「いでで……っ!」

ルキア「あだだ……っ!」

キルア「なんでお前まで動くんだよ……! あんなの避けれるかよ!」

キルア「このクソ狭い中で同時に動いたら、ぶつかるに決まってんだろ! バーカ!」

ルキア「たわけ! 莫迦は貴様の方だ!」

ルキア「あの状況なら挑戦を受けた私が先攻だろう! 考えの足らぬ餓鬼め!」

キルア「ガキ扱いすんな、バーカ!」

ルキア「年長者には敬語を使え、たわけ!」

キルア「バーカ、バーカ、バーカ!」

ルキア「たわけ、たわけ、たわけ!」





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 01:58:08.19 ID:LJrYJIaj0

キルア「…………」ハァハァ…

ルキア「…………」ハァハァ…

キルア「……ゴメン」

キルア「先に勝負ふっかけたのこっちだし、俺が悪かったよ」

ルキア「いや私こそ……すまなかった。ついムキになってしまった」

キルア「ルキア、お前っていい奴だな」

ルキア「貴様こそな」

すると──





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:01:15.79 ID:LJrYJIaj0

ガチャッ……

神「おめでとう」

キルア(ドアが!?)バッ

ルキア(開いた!?)バッ

キルア「だれだ……てめえ」

ルキア「何者だ!?」

神「私は……神だ」

ルキア&キルア(神!?)

神「君たちをこの部屋に呼び寄せた、張本人だ」





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:05:34.43 ID:LJrYJIaj0

神「君ら二人は、もう十分心を通わせ合った」

神「よってこのドアの外にある出口から、それぞれの世界に戻ってよい」

神「なお、この空間では時間は完全停止しているので」

神「不在中の心配などはしなくてよい」

ルキア「貴様、ふざけるなよ! 突然こんなところに我々を呼び寄せおって!」チャキッ

キルア「オイ待てよ」

キルア「なあアンタ、なんで俺とルキアをこんなところに閉じ込めたんだ?」

神「神とは、常に世界に刺激を与える義務がある」

神「よって時折こうやって、全く異なる世界に生きる者二名を選別し」

神「交流させることで、異なる世界同士にわずかながら絆を結ばせるのだ」

キルア「ふぅん……」





84:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:08:46.19 ID:LJrYJIaj0

キルア「いいたいことは色々あるけど──」

キルア「俺はアンタに感謝してるよ」

ルキア「キルア!?」

キルア「ルキアって面白い奴だったし、いい体験ができたし」

キルア「最初は戸惑ったしムカついたけど、今はさほど怒りはわいちゃいねー」

ルキア「それは……私もそうかもしれぬ」

ルキア「神よ、感謝する。刃など突きつけて、すまなかった」

神「いや、そんなことはかまわぬ」

神「互いの世界に戻ったら、二度と会うことはないかもしれんが」

神「二人とも、ここで培った絆を忘れないでくれ」

キルア「……ところでさ、今回はなんで俺たち二人が選ばれたわけ?」

神「理由は簡単だ」





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:12:14.72 ID:LJrYJIaj0

神「だってさ──」

神「ルキアとキルアって、すっげー名前似てんじゃん!」

ルキア「…………」

キルア「…………」

ルキア「次の舞・白漣ッ!!!」ビュアッ

キルア「落雷(ナルカミ)ッ!!!」バリバリッ



神(強……!)(速……)(避……)(無理!)

神(受け止める)(無事で!?)(出来る!?)

神(否)(死)

神(これがそうか、この身に突き刺さる冷気と電撃が)



神(            心            か            )





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:14:03.78 ID:14Mhi/bf0

名言きた!!





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:18:12.76 ID:LJrYJIaj0

キルア「スカッとしたぜ。ざまーみやがれ」

ルキア「あんな派手にふっ飛んでいく敵は初めてだな……」

キルア「さて、出口も開いたままだし、これで俺たちはいつでも帰れるってわけだ」

ルキア「そういうことだな」

ルキア「…………」

キルア「…………」

キルア「なあ、せっかくだ」

キルア「互いに互いの技を一つくらい、覚えてから帰らねーか?」

ルキア「……そうだな!」





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:22:21.72 ID:LJrYJIaj0

キルア「んじゃ、俺から」

キルア「死神が念能力覚えられるか分かんねーから」

キルア「ルキアのいう歩法を一つ披露するぜ」ス… スス…

ルキア「む!?」

ルキア(動き自体はゆっくりなのに、キルアが何人もいるように見える──)

ルキア(瞬歩と似ているようで、全く異なる技術──)

ルキア「後ろに!?」バッ

キルア「チェックメイト。これは『肢曲』ってんだ」

ルキア(まだ十を少し過ぎたばかりの少年が)

ルキア(このような、暗殺に特化した技術を身につけているとは……)

ルキア(いったいどれほど過酷な人生を歩んできたというのだ……)





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:23:53.29 ID:6QbZxzXA0

あれ?どこかでその台詞…





99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:25:18.26 ID:LJrYJIaj0

ルキア「では、私は先ほどの『蒼火墜』を教えよう」

ルキア「貴様からも霊圧を感じるし、念能力とやらの要領で」

ルキア「コツさえ掴めばすぐ撃てるはずだ」

ルキア「それに、詠唱を気に入ったようだったのでな」ニヤッ

キルア「バッ……き、気に入ってなんかねーよ!」

ルキア「ふふっ……」

ルキア「まあよいではないか。身につければきっとハンターの仕事にも役立つ」

キルア「わーったよ」





103:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:29:14.72 ID:LJrYJIaj0

そして──

ルキア「…………」ススッ…

ルキア「どうだ?」スッ…

キルア「さすが! 瞬歩ってのを元々できてたから、覚えがはえーや」

キルア「なんかちょっと悔しいぜ」

ルキア「そういう貴様こそ、詠唱破棄で『蒼火墜』を撃てるようになったではないか」

キルア「まだまだ威力はへなちょこだけどな」

キルア「破道の三十三、蒼火墜!」

ボシュッ……

キルア「これじゃ、近づいて殴った方が全然マシなぐらいだ。修業しねーとな」





106:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:33:22.49 ID:LJrYJIaj0

キルア「自分の中にあるオーラとはまた異なる力……これが霊圧ってやつなんだろーな」

キルア「これを放出系の技みたいなイメージで飛ばすわけだけど──」

キルア「本来、俺は変化系だから放出は苦手なんだけどさ」

キルア「霊圧じゃ、さほど関係ないみたいだから助かったぜ」

ルキア「キルア。そのオーラの系統とやらだが」

ルキア「もし私にもオーラがあったとしたら、私は何系統だと思う?」

キルア「う~ん……」

キルア(ルキアって俺には似てねーし、ゴンやレオリオともタイプがちがう)

キルア(兄貴たちともちがうよな)

キルア(となると残るは──)

キルア「特質よりの具現化系、かな……なんとなく」





109:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:38:30.08 ID:LJrYJIaj0

ルキア「──さてと」

ルキア「そろそろこの部屋を出るとするか」

キルア「そーだな」

キルア「時間は止まってるっつっても、いつまでもアルカを待たせておけねーし」

ルキア「世話になったな、キルア。ありが──」

キルア「待った」

キルア「俺らはもう友達(ダチ)だ。礼をいうのはナシにしようぜ」

ルキア「ふっ……そうだな」

キルア「じゃあな!」

ルキア「貴様こそ、達者でな!」

ガチャッ バタン……





119:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:44:11.06 ID:LJrYJIaj0

その後──

ルキア「どうだ、恋次?」スス…

ルキア「こんな歩法は見たことなかろう?」ススッ…

恋次「なんだこりゃあ……」

恋次「ルキア、いったいどこでこんな技を覚えてきたんだ!?」

ルキア「内緒だ」

恋次「ぐぬぅ……」

ルキア「さあ、滅却師(クインシー)襲来に向けて鍛錬を続けるぞ恋次!」

恋次「お、おう!」





126:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:47:10.07 ID:LJrYJIaj0

キルア「君臨者よ!」

キルア「血肉の仮面・万象・羽搏き・ヒトの名を冠す者よ!」

キルア「真理と節制」

キルア「罪知らぬ夢の壁に僅かに爪を立てよ!」

キルア「破道の三十三、蒼火墜!!!」

ドォンッ!

キルア「どうだ、アルカ? すげーだろ?」

アルカ「すごいすごい! さすがお兄ちゃん!」パチパチ…

アルカ「でも、呪文が……ちょっと長いし意味分かんない、かな」クスッ

キルア「うぐっ……」

───
──






141:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:52:13.92 ID:LJrYJIaj0


──
───

天使「大丈夫ですか、神様」チョンチョン

神「あ、あだだ……マキロンしみるぅ……いでぇ……」

天使「ムリヤリ呼び寄せた理由が名前が似てるからなんて、そりゃ誰だってキレますよ」

神「うぅ……」

神「よし、決めた!」

天使「なにをです?」

神「次は海賊のクロコダイルと獣王クロコダインを呼び寄せよう!」

天使(コイツ、全然懲りてねぇ……)





<おわり>





144:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:53:09.28 ID:14Mhi/bf0

よかったよ






149:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:55:38.45 ID:i5t/jq6dO

おつ
平和でほのぼのでよかったよ





150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:57:08.86 ID:kn6cPixI0

クロコダイルとクロコダインの方が見てみたいな





153:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/12(金) 02:58:35.48 ID:wTHPVyoJ0








元スレ:ルキア「私は朽木ルキアだ」キルア「俺はキルア=ゾルディック」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1373557544





  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/07/19 09:13 ] SS:その他 評価:【B】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: