Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  伊織「ナナナイナイショのチャンスナーイト♪」P「やめてくれ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ビジョナリーの歌詞が元ネタでしょうか。袋つめ放題ってわくわくしません?
野菜とかお菓子とか。自分との勝負というか。しかしPをつめ放題…素敵な気も乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:28:04.83 ID:hNqg5rjQ0

伊織「今だけ袋詰め放題」

P「やめろって!俺を袋に詰めるな!」

伊織「いいじゃないの。持ち帰るんだから」

P「まずその考えがおかしい!」

伊織「おかしくないわ!ビジョナリー知らないの!?」

P「知ってるけどさぁ…お菓子やお洋服が詰め放題だからな!?」






2:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:31:39.65 ID:hNqg5rjQ0

伊織「じゃあいいじゃない!私はアンタのことお菓子だと思ってるから」

P「俺はお菓子じゃない!」

伊織「アンタの着てる洋服も詰めたいし」

P「じゃあ今度まとめて持ってきてやるから」

伊織「今着てるのがいいの!」

P「分かったじゃあ脱ぐよ」ヌギヌギ

伊織「何脱いでんのよ変態!」

P「人を袋詰めにして持ち帰ろうとする奴に言われたかないね!」





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:33:44.72 ID:hNqg5rjQ0

伊織「いいじゃない!チャンスナイトなんだから」

P「そもそもチャンスナイトが分からん」

伊織「好機の夜よ」

P「うん」

伊織「だから持ち帰るわ」

P「その理屈はおかしい」





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:35:54.11 ID:hNqg5rjQ0

伊織「何よ!何がいけないのよ!」

P「始めからおかしいから」

伊織「アンタを持って帰ることの何がおかしいのよ」

P「俺に限らず人を持ち帰ろうとするんじゃない」

伊織「何よ……」

伊織「それなら……」





6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:36:38.98 ID:hNqg5rjQ0

伊織「一部ナラ良イノカシラ?」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:39:30.66 ID:hNqg5rjQ0

P「は?え、なに?」

伊織「寄越しなさいよ…アンタの腕…アンタの脚…」

P「ちょ、まっ!まっ!落ち着けお乳浸け!」

伊織「アンタの血がほしいなぁ……」

P「やめろ…来るな……警察を呼ぶぞ…」

伊織「ねぇ…ちょっとだけでいいから…指切らせてよ」

P「聞け!!」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:43:01.73 ID:hNqg5rjQ0

伊織「何……無視するの?無視しないでよ…」

P「先に俺の話をだな…」

伊織「無視しないでよぉ……」グスッ

P「あ~あ、なな泣かないでくれよ」

P「わかった無視しないから。何だ?」

伊織「アンタの血がほしいの♪」

P「だまらっしゃい」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:47:21.37 ID:hNqg5rjQ0

伊織「無視しないんでしょ?早く血ちょうだい」

P「お前はヴァンパイアか」

伊織「あの時はやよいと歌ったわねぇ…あの時といえば…」

伊織「ビジョナリーよね。ビジョナリーといえば…」

伊織「ナナナイナイショのチャンスナーイト♪」

P「それやめて」

伊織「今だけ袋詰め放題♪」チラッ

P「やめてって。こっち見んな」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:51:03.02 ID:hNqg5rjQ0

伊織「あら?もうこんな時間」

伊織「もう新堂が迎えに来てるわ」

P「そうか。帰れ帰れ。気を付けろよ」

伊織「ええ。アンタの家まで送ってってもらうわ」

P「それはやめようね」

伊織「イヤ」

P「新堂さんに迷惑だろ!」

伊織「新堂だって許してくれてるもの」

P「俺が許してないんだけど」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 00:54:30.42 ID:hNqg5rjQ0

伊織「それじゃあそろそろ…」

P「ちゃんと家帰れよ」

伊織「今日から私も住むことになった家にちゃんと帰るわよ」

P「昨日までのお家にちゃんと帰ろうね」

伊織「そのお家にはもう私の住むところはないわ」

P「えー…」

伊織「それじゃあ、また明日」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:00:26.59 ID:hNqg5rjQ0

P「さてと…仕事も終わったし、帰るか」

P「待てよ…家の前に伊織がいるかもしれないな」

P「誰かの家に泊めてもらおう」

P「ってこんな夜中じゃあなぁ…」

響「ただいまー!」

P「いいとこに来た」

響「あれ?プロデューサー1人?」

P「まぁな…何で事務所来たんだ?こんな時間に」

響「お泊まりの道具を取りに来たんだー」

P「ほほう、誰のとこに泊まるんだ?」

響「亜美と真美のところ」

P「それって俺も行っていいのかな?」

響「ダメでしょ」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:04:47.73 ID:hNqg5rjQ0

響「うん…うん…ありがとう…うん…じゃーねー」

P「な、なんだって…?」

響「使ってない物置になら泊まってもいいって」

P「よかった!!ありがとな響!!二人にもお礼言っておいてくれ!」

響「どうしてそんなに家に帰りたくないんだ…」

P「まあちょっと色々あってな…」

響「話したくないなら無理には聞かないけど」

P「さて、じゃあ行こうか。車出してくる」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:07:51.39 ID:hNqg5rjQ0

亜美真美「ひびきーん!いらっしゃーい!兄ちゃんもねー」

響「お邪魔しまーす」

P「お邪魔しま…」

亜美「何靴脱いでんの?」

真美「兄ちゃんはそこだよ?」

亜美「玄関出て右にある倉庫」

真美「の左側」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:10:49.79 ID:hNqg5rjQ0

P「これか…うわ、狭っ」

P「まぁ家帰るよりはマシだな」

P「さてすることもないし寝るか…」

ーーーーーーー

ーーーーー

P「ふぁ…今何時だ……ゲッ!」

P「もう8時か!」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:14:11.12 ID:hNqg5rjQ0

P「メールが238件!?……伊織か…」

P「おっ、春香からも2件着てた」

P「おっと…俺がいなかったら3人で探しちゃうよな」

P「真美にメール送っとけばいいか…」

P「よし行くか!」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:18:27.94 ID:hNqg5rjQ0

P「おはようございま…」

伊織「おはようプロデューサー!」

P「おう…伊織…朝から元気がいいじゃないか…」

伊織「ねぇ昨日は家に帰らないでどこ行ってたの?」

伊織「私あの後ずっと外で待ってたのに」

伊織「ずっとずっとずっとずっとずっとずっとずっと」

P「おう…悪かったな…」

伊織「響の匂い……」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:21:44.87 ID:hNqg5rjQ0

P「え、あ…ああ!あの後…響が帰って来たから…送ってやったんだよ」

伊織「なぁんだ…そういうこと…じゃあ亜美と真美の匂いがするのは何で?」

P「それはだな…響が帰って来たのは亜美と真美の家に泊まる為の道具を取りに来たからなんだ」

伊織「そっか…じゃあ亜美と真美の家に送ってあげなきゃいけないものね…」

P「そ、そうだろ…」

亜美真美「おっはよ→」





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:25:27.89 ID:hNqg5rjQ0

亜美真美「おはよ→いおりん!」

伊織「おはよ」

P「おはよう二人とも」

亜美「兄ちゃん昨日勝手に倉庫で寝たっしょ」

真美「真美たちが言ったのは倉庫の隣だし」

亜美「これ忘れてたよ」スッ

P「ま、待てお前たち…」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:28:54.88 ID:hNqg5rjQ0

P「電話で倉庫で寝ていいって言ったじゃんか…」ボソボソ

真美「倉庫の隣ってちゃんと言ったっしょ!」

亜美「ひびきんの伝え間違いっしょ」

P「とにかく昨日のことはあんまり大声で話さないでくれ…」ボソボソ

亜美真美「イエッサー!」

伊織「で、言い訳を考えるのは終わったのかしら?」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:32:25.36 ID:hNqg5rjQ0

伊織「亜美と真美の匂いがするのは…」

伊織「昨日泊まったからだったのね…」

伊織「ふぅ~ん、私のことは放っておいたのに?」

P「それは…その…悪かった!伊織が家に来てたなんて知らなかったんだ!」

伊織「何回も言っておいたハズだけど?」

伊織「そうね…256回だったかしら?」

P「ギクッ」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:35:30.89 ID:hNqg5rjQ0

伊織「携帯見せて♪」

P「256件どころか…1件もメール着てないぞ…」

伊織「私の間違いかしら…でも……」

伊織「どうしてメールって分かったの?」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:38:29.39 ID:hNqg5rjQ0

伊織「私の送信履歴見てよ」

伊織「23:00から送り続けてるのよ?」

伊織「1:00くらいまで送ってたんだけど…」

伊織「アンタのメール見ると…この間に春香から着てるわね…」

伊織「春香からのメールは読むんだ?私のは読まないで」

P「ぐっ…」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:41:13.02 ID:hNqg5rjQ0

伊織「いいわ…アンタが私だけを見れるように…」

伊織「順番に消していくわ…」

伊織「ま・ず・は…亜美…真美…いらっしゃい…」

亜美「いや…いやだ……」

真美「い…いおりん怖すぎだって…」

伊織「いいから来なさいよ…」





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:46:07.21 ID:hNqg5rjQ0

伊織「どーちーらーにーしーよーうーかーな」

伊織「てーんーのーかーみーさーまーの」

伊織「いーうーとーおーりっ♪」

伊織「にひひっ♪真美、どうやって殺してほしい?」

真美「嫌だ…殺してほしくないよ………」

伊織「私のプロデューサーを野宿させようとした罰よ」

真美「何でもするから…殺すのだけは勘弁して…」

伊織「はぁ…分かったわ…。亜美、アンタも何でもする?」

亜美「う、うん…殺されないなら何でも…」

伊織「じゃあ真美を殺しなさいよ」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:48:58.06 ID:hNqg5rjQ0

亜美「そんなこと…」

伊織「できないの?」

亜美「できるわけ……」

伊織「できないの…?」

亜美「そんなことできるわけないっしょ!いおりんのバカー!」

伊織「じゃあ交代よ、真美。亜美を…」

真美「真美だって亜美と一緒だよ!」

伊織「うるさいわね…」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:52:16.51 ID:hNqg5rjQ0

伊織「殺しはしないわ…着いて来なさい」

亜美「真美、行く?」

真美「ううん、行かない」

亜美「だよね…」

伊織「何モタモタしてんのよ…速く来なさい」

P「俺も着いていく…今はおとなしく言うことを聞こう…」

亜美「……」

真美「うん…」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 01:59:20.02 ID:hNqg5rjQ0

伊織「乗って…」

亜美「うん…」

真美「どこ行くの…」

伊織「どこだっていいじゃない」

P「伊織…頼む……二人を解放してやってくれ…」

伊織「どうして…?」

P「二人は元々無関係だろ?」

伊織「でも今は関係者じゃない」

P「お前の目線ではな」

伊織「私のプロデューサーにきったない匂い付けたのはコイツらよ!」

P「きったなくなんてねぇ!!」

やよい「おっはようございまーす!」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:02:57.38 ID:hNqg5rjQ0

やよい「外で何してたんですか?」

やよい「うわぁ!おっきい車ですぅ!雪歩さんのお家のみたい…」

やよい「あ、これ伊織ちゃんのお家の?」

P「あの…やよいさん…今取り込み中だから…」

やよい「あっ…ごめんなさい!」

やよい「でも何で伊織ちゃん包丁なんて持ってるの?」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:05:59.70 ID:hNqg5rjQ0

P「何!?」

やよい「ポケットに入れてるでしょ!危ないから出して」

伊織「アンタは食材のことだけじゃなくて調理器具のことも分かっちゃうのね」

伊織「バレたら仕方ないわ…」

伊織「アンタから消えてもらうわ!」ダッ

P「やめろ…!!」

ザクッ





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:10:26.63 ID:hNqg5rjQ0

伊織「あ……れ……?おかしいわね…どうして?」

伊織「私…刺しちゃった…好きな人を……」

伊織「あは…あははは…アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ」

伊織「でも…やっと手に入った…プロデューサーの血…」

伊織「ハンカチで拭いて…ちゃーんと持ち帰りましょう♪」

やよい「伊織…ちゃん……?」

伊織「やよい!見て!プロデューサーの血よ!こーんなに手に入ったの」

伊織「アンタにも少し分けてあげるわ」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:16:16.51 ID:hNqg5rjQ0

やよい「け…けいさつに…」

伊織「させないわ…」ザクッ

やよい「ンウッ」

伊織「アンタたちもかしら…」

亜美「あ…あみたちけーさつになんて…いわないよ?」

真美「うん…あんしんして…!」

伊織「そう…それならいいんだけど…」

伊織「念のため死んでおいて」ザクッザクッ

亜美「ヒッ」

真美「アウッ」

伊織「響と春香は明日でいいかしら…今日は疲れちゃったわ…」

伊織「帰るわよ、プロデューサー」

P「」





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:18:27.25 ID:hNqg5rjQ0

伊織「ほら…鍵貸しなさいよ!」

伊織「こんなにだらけちゃって…」

P「」

伊織「着いたわ!さあ、今日から一緒に住むわよ!」

P「おい」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:22:51.21 ID:hNqg5rjQ0

P「残念だったな…俺は無事だ…」

P「もちろんあの3人もな」

伊織「よかった…よかった……」

P「あ?」

伊織「生きてた…私…間違って…刺しちゃったから……」

P「いやもうそういうのいいっすわー」

P「とりあえず超次元魔術を使えばみんな解決するんだけどー」

P「使っちゃうと面白くないからなぁ…」

P「でも使うわ」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:23:18.81 ID:z0uzLjeV0

えっ





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:24:02.71 ID:A9j7Mdig0

ん?





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:27:05.15 ID:hNqg5rjQ0

伊織「……ここ…どこ?」

P「気がついたか…?俺だ…わかるか?」

伊織「プロ…デューサー?」

P「よかった…いやー!ホンっっっトによかった!」

伊織「?」

P「あのシーン…今の俺みたいに大げさにやってもいいんじゃないか?」

伊織「あれ…私…」

P「まったく…撮影中に倒れたんだよ。覚えてないのか…?」

伊織「ごめんなさい…」

P「俺はいいからスタッフさんたちに謝れ」





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:31:16.71 ID:hNqg5rjQ0

伊織「どういうこと…?」

P「どうかしたか?」

伊織「な、なんでもないわよ!」

P「そうか」

伊織「(どういうこと…?)」

伊織「(ナイフが刺さる感触や血の生温かさも覚えてる…)」

P「教えてやろうか…」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:37:32.99 ID:hNqg5rjQ0

P「ざっくり言うと死んだのはお前だけだ」

P「お前が自分で自分を刺して死んだんだ」

伊織「じゃあ…ここは…死後の世界?」

P「いいや、さっきまでいた世界だよ」

P「生き返らせたんだ。超次元魔術でな」

伊織「まずその不可解なものの説明がほしいんだけど…」

P「俺もよくわからないから音無さんに聞いてくれ」

P「まあ、その超次元魔術を使ってだな…世界を歪めたんだよ」

P「何でもありなんだよ、怖いだろ?」

伊織「理解不能だわ」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:42:13.39 ID:hNqg5rjQ0

P「まあこれの弱点はだな…」

P「一に効果が切れやすい、二に記憶が残るということだ」

P「つまりだな。やよい達は伊織に殺されたことを覚えているんだ」

伊織「そんな…会わせる顔が無いわ…」

P「まあ撮影が終わるまで頑張れよ」

P「じゃーな」





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:45:47.51 ID:hNqg5rjQ0

監督「はーいお疲れさーん!」

伊織「(やよい達には謝った)」

伊織「(3人ともそれほど気にしていない様子だった)」

伊織「(そんなことより…早く早くもう一人に謝らなきゃ…)」

監督「そいじゃー解散してー」

伊織「ありがとうございました!(急がなきゃ…)」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:48:59.37 ID:hNqg5rjQ0

伊織「(あれ…?どうして私走って帰ってるの?)」

伊織「(いつもなら迎えが来ていて…車の中でオレンジジュースを飲みながら帰っていたのに…)」

伊織「(それに…どこに向かってるんだろう…)」

伊織「ここは…プロデューサーの家?」

伊織「鍵…開けっぱなしじゃない…」

伊織「お邪魔しまーす…」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:50:56.80 ID:hNqg5rjQ0

伊織「やけに静かね…。出掛けてるのかしら…」

伊織「…!」

伊織「(ウソ…ありえない……!)」

伊織「嘘…嘘よ……何で…」

伊織「何で私が死んでるの…」





55:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 02:55:10.78 ID:hNqg5rjQ0

P「超次元魔術で歪んだ世界は…」

P「何も必ず歪んだ世界を見せ続けるわけじゃない…」

P「言ったろ?効果が切れやすいって」

P「歪んだ世界が戻ろうとしてる…じゃあな…伊織…」

伊織「嘘…何これ……苦しい……」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 03:00:37.90 ID:hNqg5rjQ0

P「まあ伊織が俺を刺す前に使ったやつの効果が切れれば」

P「全部無かったことになるんだけど」

P「そう。俺もやよいも亜美も真美も元々刺されるハズじゃなかった」

P「敢えて俺が刺される世界に変えた」

P「刺されても無事でしたっていう世界にしたんだ」

P「それが切れれば誰も刺されるハズじゃない時点に戻る」

P「まぁ切れなければ伊織だけが死ぬんだが」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 03:07:01.02 ID:hNqg5rjQ0

ーーーーーーー

ーーーーー

P「結局効果は切れませんでした」

小鳥「そうですか…」

P「後…何人ですか…?」

小鳥「後3人です」

小鳥「次は誰にしますか?今なら袋詰め放題ですよ」

P「やめてください…思い出しますから」

小鳥「ふふっ…プロデューサーさんったら不器用ですよね」

P「そのうち必ず完成させますから…」


「ホシイミキを…」




終わり





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 03:22:26.20 ID:rm4yp/rD0

なんだこれ…

なんだこれ…



なんだこれ…乙





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 03:40:21.59 ID:F8nuvZL50

うーむ、わからん
でも乙





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/07/21(日) 06:01:47.95 ID:IEpN/E7sP

ビジョナリーの歌詞?






元スレ:伊織「ナナナイナイショのチャンスナーイト♪」P「やめてくれ」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/





  

【 関 連 記 事 】


意味は分からないがつまらないな!
[ 2013/07/25 01:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: