Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  苗木「ふーやっぱりお風呂は気持ちいいなあ」 霧切「・・・・・・」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
のっけから絶望的状況過ぎぃ!!ここを如何に切り抜けられるかが生き残れるか否かの分かれ道!
超高校級の幸運はその能力を如何なく発揮できるのか。管理人もラッキーが欲しいです・・・乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/25(日) 23:34:08.82 ID:/gVQZV7H0

朝日奈「苗木・・・っ」

セレス「まあ・・・・・・」

さくら「むぅ・・・」

舞園「苗木くん・・・っ」

不二咲「あ・・・・・・」

苗木「・・・ ・・・」

苗木(しまった・・・ 女子だけで入浴してたのか・・・・・・)






11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/25(日) 23:43:34.59 ID:/gVQZV7H0

苗木「えっと・・・・・・ みんな!いいお湯だねっ!」

霧切「・・・ ・・・」

朝日奈「苗木・・・」

不二咲「そ、そうだね・・・! ・・・ ・・・・・・・(そういう空気じゃないなあ・・・)」

さくら「・・・・・・・・」

セレス「ホントいいお湯ですわね。殿方にはもったいないですわ」

舞園「苗木くん・・・ ・・・」

苗木(しまった・・・!みんなの僕に対する印象が悪くなったみたいだぞ・・・!) ライフ残り4





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/25(日) 23:54:45.35 ID:/gVQZV7H0

苗木「こんなにいいお湯なら男子のみんなも呼んでくればよかったかなあ・・・なんて・・・はは」

霧切「・・・・・・」

朝日奈「バカ・・・」

舞園「苗木くん・・・ なんか悲しいです・・・」

さくら「お主というやつは・・・」

セレス「超高校級のおバカでしたのね・・・」

不二咲「(苗木くんが来たせいで上がるタイミング見失っちゃった・・・・・・)」

苗木(しまった・・・!これも正解じゃなかったのか・・・!) ライフ残り3





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:00:14.33 ID:IYnUf/670

苗木「(い、一体どうしたらいいんだ・・・・・・)」

ジェノサイダー「ゲラゲラゲラゲラ!苗木!お前空気読めねーのかよ!!超キモイんですけど!」

苗木「(ジェノサイダーも入ってたのか・・・!) く、空気を読むっていったってどうしたら・・・・・・」

ジェノサイダ-「馬鹿か?そんなもん自分で考えな!あたしは攻略本じゃねーんですけど!」

苗木「う・・・!(み、みんなの視線が痛い・・・!)」

苗木「(しまった・・・!また印象が悪くなったみたいだ・・・!)」 ライフ残り2





21:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:07:08.80 ID:IYnUf/670

苗木「わあああああああこれを見てえええええええええええ」

舞園「きゃああああ」

朝日奈「苗木っ・・・アンタ!」

霧切「苗木くん・・・!あそこを見せつけて何のつもり・・・?」

さくら「き・さ・ま・・・・・・!」ゴゴゴゴゴ

ジェノサイダー「あーん?そんなお子様チ○ポ見せてどうすんだっつーの!?脳がブッ壊れたか?ゲラゲラゲラ」

不二咲「(ぼ、僕より大きい・・・!)」

苗木「(しまった・・・!みんなの僕に対する印象が悪くなったみたいだぞ・・・!こんなはずじゃ・・・)」 ライフ残り1


苗木「まずい・・・!このままじゃ非常にまずい・・・!一体どうしたらいいんだ・・・!」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:07:50.07 ID:D2wJscjGI

出ろよwwwwwwwwwwww





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:18:11.49 ID:RiSG4O9O0

ライフゴリゴリ減るな





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:18:16.86 ID:IYnUf/670

苗木「みんなごめん!みんなが入ってるって知らなかったんだ!本当にごめん!!」

朝日奈「苗木・・・」

さくら「なぜもっと早く謝らなかったのか・・・」

セレス「そうですわね。人は誰しも間違いを起こすもの。そこを責めるつもりはありませんわ」

苗木「最初から謝るべきだったのに僕ってやつは・・・!本当に悪かったよ!」

霧切「みんないつ謝るか待ってたのよ。少し遅い気はするけど。でも素直に謝ったから良しとするわ」

苗木「みんな・・・!ありがとう・・・!」

腐川「え・・・?何コレ・・・?何で苗木と一緒にお風呂に入ってるのよ・・・!ああ、わかったわ!きっと無理矢理私を連れてきたのね!私が臭いから!そうなのね!きっとそうに違いないわ!!」

不二咲「みんな仲直りできて良かった・・・!じゃあみんなでゆっくりお風呂に入ろう!」

苗木「(やっぱり素直さって大切なんだな・・・)」 ライフ+0.5





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:27:21.80 ID:IYnUf/670

-深夜2時-

モノクマ「うぷぷ。みんな寝静まったみたいだね・・・」

江ノ島「ふーやっとお風呂に入れますわ。いくら私様でもずっと監視してたら肩が凝りますものね」

江ノ島「わーい!こんな広いお風呂をアタシ1人だけが貸切だー!飛び込んじゃえー!ざっぷーん!」

江ノ島「ああ・・・絶望的に癒されます・・・ぶくぶく」

苗木「ふーやっぱりお風呂は気持ちいいなあ」

江ノ島「・・・ ・・・」

苗木「・・・ ・・・」

苗木「(しまった・・・!江ノ島さんも入ってたのか・・・!)」 ライフ残り1.5





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:42:43.48 ID:IYnUf/670

江ノ島「(何で苗木がここに・・・!寝てたはずじゃ・・・?まずいじゃん・・・!顔も見られて絶望的にピンチじゃん・・・!)」

苗木「江ノ島さんごめん!!入ってるって知らなかったんだ!本当にごめん!!」

江ノ島「は・・・?」

苗木「素直に謝ったから許してくれるよね!じゃあ一緒にゆっくり入ろう!」

江ノ島「(何言ってんのコイツ??絶望的に意味不明なんだけど???)」

苗木「江ノ島さんってこんな夜遅くに入るんだね。やっぱりすっぴんを見られたくないからかな?僕はもう見ちゃったけどね!」

江ノ島「(コイツ・・・姉さんと勘違いしてる・・・?とりあえず話を合わせて置いた方がいいな・・・)」

江ノ島「すっぴんとかマジどうでもいいんだけど!つーか何でお前まだ入ってんだよ!出て行けよっ!!」

苗木「(なんでだ・・・!?素直に謝ったのに江ノ島さんの僕に対する印象が悪くなったぞ・・・??)」 ライフ残り0.5





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:46:40.16 ID:RiSG4O9O0

崖っぷちwwww





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:54:25.34 ID:IYnUf/670

苗木「(残りライフも少ない・・・!なんとかこのピンチを乗り切らないと・・・!何か手はないか・・・・・!)」

-閃きアナグラム-

  □□を□る

苗木「わかったぞ!」

 プロポーションを褒める

苗木「これだ!!」キュピーン


苗木「江ノ島さんってよく見るといい身体してるよね!前に見たときよりおっ●い大きいし!着痩せするタイプなんだね!」

江ノ島「・・・ ・・・ ・・・」

苗木「(どうだ・・・っ!)」

江ノ島「ま、まあ・・・別に悪い気はしねえけど・・・・・・」

苗木「(やったぞ!)」 ライフ残り1





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 00:56:49.86 ID:RiSG4O9O0

□の数ガン無視wwwww
おちつけ苗木wwwww





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:07:54.69 ID:IYnUf/670

江ノ島「つーかアンタあたしの身体じろじろ見てんじゃねーよ!(コイツの思考回路は理解できないけどとりあえず話を合わせないと)」

苗木「いや~!やっぱり僕でもモデルやってる女の子の身体は気になるからね!(このまま持ち上げよう・・・)」

江ノ島「っていうか何で一緒に風呂入る流れになってるわけ?さっさと出て行けっつーの!絶望的にキモいんだけど!」

苗木「ごめんね!でもせっかくだから最後まで浸かろうよ!あ、大丈夫!なるべくそっちは見ないようにするから!」

江ノ島「なるべくって・・・。じゃあちょっとは見るのかよ。(ああ・・・ギャルキャラにも飽きてきた・・・・・・)」

苗木「えへへ!だってこんな抜群な女の子の身体気にならないわけないもんね!(これだけ褒めれば印象悪くならないだろうな!)」

江ノ島「あの・・・マジで絶望的に出て行って欲しいんですけど・・・じゃないと困ります・・・(やばい・・・このままだとバレるかも・・・)」

苗木「え・・・!?(なんでだ!?こんなに褒めたのにまた印象が悪くなってるぞ・・・!ど、どうしよう・・・!)」

江ノ島「(キャラもブレてきたし苗木は全然出て行く気配ないし・・・!絶望的にピンチですわ・・・!!)」

苗木「(まずい・・・!あと1回でも印象悪くしたらライフが0になってしまう・・・!絶望的にピンチだ・・・!)」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:18:24.44 ID:IYnUf/670

-議論開始-

江ノ島「苗木はなんで出て行かねーんだよ・・・!」

苗木「いや、それは・・・」

江ノ島「なんか理由でもあんのか・・・?」

苗木「えっと・・・その・・・」

江ノ島「ま、まさか・・・<私を襲おうと・・・?> (いやん!そうだとしたらマジ絶望的じゃん・・・!)」

苗木「・・・ ・・・」


苗木「くっ・・・!何とかしないと・・・!」

苗木「落ち着け・・・!今までの議論を思い出すんだ・・・!何か突破口があるはずだ・・・!」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:22:54.89 ID:IYnUf/670

苗木「今までの議論を思い出すんだ・・・!」

-集中-

セレス「超高校級のおバカでしたのね・・・」

苗木「(違う・・・)」

ジェノサイダー「そんなお子様チ○ポ見せてどうすんだっつーの!?」

苗木「(これじゃない・・・)」

不二咲「(ぼ、僕より大きい・・・!) 」

苗木「(これも違う・・・!)」

腐川「え・・・?何コレ・・・?何で苗木と一緒にお風呂に入ってるのよ・・・!ああ、わかったわ!」

腐川「きっと無理矢理私を連れてきたのね!私が <臭いから> !そうなのね!きっとそうに違いないわ!!」

苗木「これだっ!!」

<臭いから>言弾装填 カチャリ





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:23:55.06 ID:VRj3Co4Ji

えっ





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:24:03.72 ID:K7kofM22O

そっからかよ!





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:28:19.53 ID:IYnUf/670

-議論開始-

江ノ島「苗木はなんで出て行かねーんだよ・・・!」

苗木「いや、それは・・・」

江ノ島「なんか理由でもあんのか・・・?」

苗木「えっと・・・その・・・」

江ノ島「ま、まさか・・・<私を襲おうと・・・?>

苗木「今だ!」バキューン------→<臭いから>

戦刃「あ~いいお湯だな~!」<スコーン------→<臭いから>


苗木「ああっ!!雑談に弾かれた!!くそっ もう一度だ!!」





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:31:22.44 ID:KOu5ZLr70

えっ残姉いるのかよ





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:32:41.96 ID:RFPWbfL1P

残念女、何故そこにいるのだ





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:38:11.29 ID:IYnUf/670

江ノ島「ま、まさか・・・<私を襲おうと・・・?>

苗木「それは違うよ!」論破

苗木「僕がいつまでも出て行かないのは体が臭いからだよ!恐ろしく臭いんだ!ちょっとやそっと風呂に浸かったくらいじゃ落ちない臭さなんだ!」

江ノ島「・・・は?」

苗木「疑ってるんだね・・・。(江ノ島さんが納得するような証拠を見せないと・・・!) そうだ、これだっ!」

苗木「わあああああああこれを見てえええええええええええ」

江ノ島「ぶっ!」

苗木「これが臭さの証拠だよ」

江ノ島「(コイツやばい!絶望なんかよりももっとやばい超高校級のやばさを感じる・・・!帰ったらすぐオシオキしないと・・・!)」

結果:優

苗木「ふう・・・とりあえずこんなところかな」





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:40:48.39 ID:aDuktlB5i

おい何を見せた





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:45:30.73 ID:IYnUf/670

江ノ島「わ、わかったよ・・・!わかったから・・・とりあえずソレしまいなよ・・・」ヒクヒク

苗木「わかってくれて嬉しいよ!さあ、お風呂に浸かろう!臭いを落とさないといけないしね!!(決まった・・・!)」

江ノ島「はは・・・(でも悲しいかな・・・絶望的な状況で・・・絶望的な物を見せられて・・・ちょっと気持ちが高揚しています・・・)」

苗木「あれ?今気付いたけどあそこにもう1人いない?」

江ノ島「え・・・?(げっっ・・・!!!むくろ・・・!!!)」

戦刃「ふんふん~ふん~♪」

戦刃「ふん?」





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 01:54:20.63 ID:IYnUf/670

苗木「あれれ?あんな子この学園にいたかな~?それとも僕が気付かないだけで誰かなのかな~?」

戦刃「・・・ ・・・(汗)」チラッ チラッ

江ノ島「(バカッ・・・!!こっちを見るんじゃあない!苗木に私たちが顔見知りだと知られたらタダじゃおかないぞっっ!!)」

苗木「はじめまして・・・かな?僕は苗木誠。君もこの学園の生徒なの?」

戦刃「・・・ ・・・(焦)」チラッ チラッ

江ノ島「(このグズ!!だからお前は駄目なんだよ!こんな間抜けが私様の姉なんて・・・!さっさと殺しておくんだった!)」

苗木「あ、さっきの聞こえなかったかもしれないから言っておくね。僕がお風呂に入ってるのは臭いからなんだ」ニッコリ

戦刃「・・・ ・・・」ニッコリ

江ノ島「(呑気にニッコリ返してんじゃねえ!!このクソッタレミリオタ馬鹿がっっ!!)」





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 02:05:40.70 ID:IYnUf/670

苗木「ねえ、江ノ島さん?この子さっきから君の方をチラチラ見てるけど君の知り合いなんじゃあないの?」

戦刃「・・・ ・・・(涙)」ウルウル

江ノ島「くっ・・・!し、知らないよこんなやつ!初めて見たぜ!(いいかむくろ!私に話合わせるんだぞ!)」

戦刃「ガーーーン!・・・・・・・しくしく」

苗木「ねえ、ショックを受けてるみたいだよ・・・?やっぱり知り合いなんじゃないの?なんで嘘つくのさ」

江ノ島「(あああああ絶望的に空気も読めねえのかこの馬鹿は!)」

脱衣所「ワイワイガヤガヤ」

苗木「あ・・・!あの声は霧切さんたちの声だ・・・!」

江ノ島「はあああ!?(なんでこんな時間に!?どいつもこいつも絶望的に馬鹿じゃねーのか!?夜は寝ろよ糞がっ!!)」





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 02:14:37.90 ID:IYnUf/670

舞園「あら?苗木くん!苗木くんも深夜風呂ですか?」

セレス「本当ならばここで撲殺するところでしょうが昼はご一緒した仲です。大目に見てあげましょう」

さくら「他にも誰かいるようだが・・・?」

朝日奈「ん?1人は江ノ島さんで・・・もう1人は黒髪の子だけど・・・あの子ここの生徒じゃないよね・・・?」

戦刃「はじめまして」ペコリ

苗木「それがさ。江ノ島さんの知り合いみたいなんだけどさっきから江ノ島さんが知らない振りするんだよ」

江ノ島「う・・・ぐ・・・ぎ・・・!」

霧切「モノクマ!ちょっと話があるんだけど!出てきてくれない?」

シーーーン

霧切「どうやら話が見えてきたようね」ニヤリ





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 02:21:14.39 ID:IYnUf/670

苗木「霧切さん・・・一体どういうことなの?」

霧切「私たちが知らないもう1人の人間。モノクマが呼んでも出てこないこと。それらの意味することは1つ」

霧切「この子はきっと黒幕ね」

セレス「あらまあ。そうでしたの。ごきげんよう」

戦刃「ごきげんよう」

江ノ島「・・・ ・・・ ・・・」

霧切「それに・・・江ノ島さんも無関係ではなさそうね・・・。ひょっとしたらこっちが本命なのかしら?」

江ノ島「ふ・・・ふふふ・・・」

江ノ島「あはっ!あーーはっはははははははは!!!!」

江ノ島「良い!凄く良いーー!!こんなくだらないことで今までの計画が全部無駄になるなんて!!!!!」

江ノ島「なんて・・・甘美な・・・絶・望!なのかしらーーー!!!」





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 02:28:55.81 ID:IYnUf/670

江ノ島「あーっはっははははああはははああはは!!!はっ・・・・!!」バタリ

苗木「ああ!?江ノ島さんが気を失った!?」

ジェノサイダー「オーマイガー!しかもこの臭い・・・コイツ失禁してんじゃねーか!とんだビッチだぜ!!!」

戦刃「恐らく絶望メーターが振り切りすぎてあまりの絶望的快感に失神したのでしょう」

苗木「絶望って・・・?」

戦刃「もう隠す意味はありませんから全て私からお話します。私たちのこと。この学園のこと。外の世界のこと。あなたがたがここにいる理由。全てを」


江ノ島「(ああ・・・絶望・・・!糞最低で糞最高の絶望・・・!想定してた計画よりも気持ちいいかも・・・・・!)」





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 02:40:04.52 ID:IYnUf/670

苗木「戦刃さんの話してくれたことはあまりにも衝撃的なことだった・・・。僕らにとっては絶望的な事実だ」

苗木「でもみんなで話し合った結果・・・。僕たちは学園長の意志を受け継いでこの学園で生活することに決めたんだ」

苗木「殺し合いは起きなかった。誰も死ななかった。だったら僕たちは上手くいけるはずだ。それに元々クラスメートだしね」

苗木「そして当の黒幕だった江ノ島さんはというと・・・」


江ノ島「苗木!風呂に行くぜ!!支度しな!!」

苗木「ええ!?僕、男だよ?男女が一緒のお風呂に入るなんて・・・!」

江ノ島「そんなの関係ないです・・・それに苗木くんと一緒にいれば色んな絶望を味わえると思いますから・・・・・・」

江ノ島「だからぁ早く行こーよぉ!な・え・ぎ・くーん!」

苗木「すっかり懐かれてしまったみたいです・・・。時々霧切さんと舞園さんの視線が痛いけど・・・みんな楽しそうでなによりです」

苗木「待ってよ江ノ島さん!ほら、戦刃さんも一緒に行こう!」

戦刃「ニッコリ」ぎゅっ





87:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 02:48:46.40 ID:IYnUf/670

終わり





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 02:53:55.43 ID:Qjj7LYsX0


残姉も江ノ島もかわええ





90:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 03:06:51.82 ID:QvzP7a0BP

おつ





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 03:07:48.20 ID:G6soYVTY0

かわいい






92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 03:14:58.80 ID:0dH7uOjPP

かわいいすなぁ





94:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/08/26(月) 03:56:48.07 ID:9hMHdOkI0

乙!






元スレ:苗木「ふーやっぱりお風呂は気持ちいいなあ」 霧切「・・・・・・」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1377441248





  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/08/28 18:02 ] SS:ダンガンロンパ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: