Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  キュゥべえ「魔法少女マミ☆マギカ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
マミさん現在がベテランってことはもちろん初心者時代もあったんだよね。
マミさんは不幸でも挫けない心の持ち主だなぁと凄く共感。良い物語だった乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:32:04.52 ID:Mi/x8C5N0

『うぅ………』


ハァ…ハァ…


『動けない…苦しい……』


ハァハァ……ハァ……


『パパ…ママ…』


ボォォォォォ ガシャン


『プレゼント…が……何か、眠くなってきちゃった』


ヒョコッ


「やあ―――――――かい?」






3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:35:23.43 ID:Mi/x8C5N0

ハァ………ハァ………


『…天使…?妖精……?』


「―――望み――――い?」


ハァ…………ハァ……………


『おねがい――』スッ




 助けて





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:38:52.77 ID:Mi/x8C5N0

マミ「んっ」パチリ


シーン


マミ「……」

マミ(夢?わたし、パパ達と遊園地に行く途中―)


キョロキョロ


マミ「…病院?」

看護師「あら?良かった…意識が戻ってくれて」ガラガラ

マミ「あの、ここは?」

看護師「見滝原総合病院よ、お名前言えるかな?」

マミ「巴…マミです」

看護師「マミちゃんね、ありがと」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:43:11.36 ID:Mi/x8C5N0

看護師「怪我のほうは大丈夫、どこも問題無いわ安心して」

マミ「怪我?…あの、何でわたし病院に?」

看護師「…覚えてないの?」

マミ「あっあの!パパとママは!?」キョロキョロ

看護師「………」

マミ「?パパとママ帰っちゃったの?」

看護師「違うのマミちゃん」

マミ「……ねえ教えてっ」

マミ「何でマミ、病院にいるの?」

看護師「それは――」


『君の両親は事故で死んだよ、巴マミ』


マミ「………え?」





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:47:53.17 ID:Mi/x8C5N0

『あの場所で一人無事だった君がこの病院に運ばれて来たわけさ』


マミ「事故……?なに、これ」


『僕はね、君達ヒトの願いを何だって一つ叶えてあげられる』

『そして君は願ったはずだ――助けてほしいと」


看護師「どうしたの?」


『君のその祈りはエントロピーを凌駕した、無事叶ったんだ』

『そしてその奇跡と引き換えに―』


『僕と契約して魔法少女になったんだよ、マミ』シュタッ





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:52:19.14 ID:Mi/x8C5N0

マミ「あの時の妖精、さん?」

『やあ、僕の名前はキュ―』

マミ「じゃ、じゃあ!あれは夢じゃないの?……本当にあった事?…ウソ……」


ズズズズズズ


看護師「顔色が悪い…どこか痛い所ある?」

『…やれやれ、もう濁り始めてる』

マミ「妖精さん!教えて!!パパとママ」

マミ「パパとママ、本当に死んじゃった…の?」

看護師「マ、マミちゃん!?落ち着いて?誰と話してるの?」


『ああ、君の両親は死んだ―即死だったね』





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:56:48.16 ID:Mi/x8C5N0

マミ「嘘………うそ……」ポロポロ

『でも君だけはこうして無事助かった』

マミ「やだよ……ぃや……嫌!!」ズズズズ

『やれやれ…やっかいだねほんとに』


『落ちついたらまた来るよ』ピョンッ

看護師「しっかりて!…先生!」


マミ「嫌よ……ウソだよ…マミ、信じない……」ガクガク





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 22:57:16.34 ID:uNNWzlpx0

幼女マミさんいいですなぁ





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:05:10.91 ID:Mi/x8C5N0

――2日後――


マミ「」ボォー

看護師「マミちゃん、親戚の方が来て下さったわよ」ガラガラガラ

叔父「良かった、怪我は無いって聞いて安心したよ」

叔母「そうね、看護師さん?マミちゃんはもう退院しても大丈夫なのよね?」

看護師「え?ええ…大丈夫ですが…」チラッ

看護士「…かなり事故のショックを受けているので、メンタルケアの方をちゃんと―」

叔父「いえ大丈夫です」

叔母「さあ、マミちゃん?叔母さん達の家に帰りましょう?」

マミ「パパ……ママ……」ブツブツ

叔父「そうだよ、今日から叔父さん達が新しいパパとママさ」ニコッ

叔母「マミちゃん、ママ達がいるから心配な―」

マミ「やめて……違うよ…違う!」ダッ

看護師「あ、ちょっと!」

叔母「(チッ…)」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:11:44.84 ID:Mi/x8C5N0

――病院屋上――


マミ「ぅぇぇ…ヒック…ぅあぁ…グスッ」エッグエッグ

マミ(…どうして?どうしてこんな目にあうの…?マミだけ何で――)ヒックヒック


(――『でも君だけはこうして無事助かった』――)


マミ「……マミだけ生きてても…意味無いじゃない……」ポロポロ

『君自身が願った事じゃないか』シュタッ

マミ「あなたは…」ヒック

『僕の名前はキュゥべえ』

マミ「妖精さ…きゅ、きゅうべえ!」ダッ

マミ「ねえ、パパとママを生き返らせて!お願い!」

QB「それは無理だ、願いを叶えるのは1度きりだよ」

QB「君にはもう差し出せる対価も無い、そしてこれは契約だよマミ」

マミ「そんな!」

QB(………)





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:16:49.67 ID:Mi/x8C5N0

QB「……けど、君があの時『両親を助けて』と願っていたなら」

QB「2人は無事だったんじゃないかな」キュップイ

マミ「ぁ…」

QB「流石に3人まとめては無理だけどね」

QB「マミならあの2人を生き返らせるぐらいは可能だったよ」

マミ(じゃあ……マミのせいなの…?)

ズズズズズ

QB「しかしマミは自分の命を選んだ、そうだろ?」

マミ(わたしがパパ達を……グスッ……見殺しに…?)

ズズズズズズズ





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:20:41.35 ID:Mi/x8C5N0

QB「マミ、君の両親が戻ってこないのは確かだ」

QB「君には魔法少女として動いてもらわないといけない」

マミ「わたし…ヒック…わたしが…ころし」ズズズズ

QB「そして君にはその力がある」

QB「巴和也 巴千尋」


QB「……2人を『殺した』魔女を倒したくないかい?」

マミ「ころし、た…?」



――そうだよマミ、あの事故はね―――





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:25:49.58 ID:Mi/x8C5N0

―――――

―――


マミ「…」

看護師「マミちゃん探したわよ、大丈夫?」スタスタスタ

マミ「あ…うん、平気……ごめんなさい看護師さん」

看護師「良かった…目が真っ赤よ?ずっと泣いてたのね」ナデナデ

マミ「ぁ……ぅ」ウルッ

マミ「大丈夫…わたし、強くならなきゃいけない」ゴシゴシ

看護師「強くって……そうね、そうよその意気!」

マミ「やらなきゃ……わたしが」

マミ「こんなの絶対許せない」

看護師「マミちゃん?」

マミ「……何でもないです」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:29:21.65 ID:Mi/x8C5N0

――翌日――


叔父「マミちゃん、どうやら元気が戻ったみたいだね」ガラガラ

叔母「ほんと、もう大丈夫そうね」

マミ「叔父さん叔母さん、昨日はごめんなさい…ごめいわくをおかけしました」ペコリ

叔母「いいのよ、マミちゃんが無事ならそれで」

マミ「でも、ごめんなさい…叔父さん達のお家に行くのは」

叔父「遠慮する事は無いよ?これは叔父さん達のわがま―」

マミ「いえ、違うんです…その……ごめんなさい」

叔母「?」

マミ「わたしこの街から離れたくないんです、この見滝原から」

マミ「パパとママと一緒に暮らしたあの家から…離れたくないの」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:33:23.51 ID:Mi/x8C5N0

叔母「マミちゃん…(クソ!やっぱりこうなったじゃないの!)」

叔父(ハァ……何もしなくても遺産が入り込んでくるんだ)

叔父(生活費くらい、渡してあげればいい)

叔母(無駄金じゃない!あのマンションの家賃いくらすると思ってるの!?)

看護士「……」ジー

マミ「本当にごめんなさい!」

叔母「……仕方ないわね、でも一人で生活できるの?」

マミ「はい、ママの真似して家事はよくやってたので」

叔父「そんな生易しいものじゃないぞ?独り暮らしは」

マミ「マミの、わたしのわがままです…やらなきゃ」

叔母(ギリッ)

叔父(ほら行くぞ)





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:38:42.10 ID:Mi/x8C5N0

看護師「独り暮らしなんてほんとに大丈夫?いつでも頼ってきていいからね」

マミ「ありがとう看護師さん、本当にお世話になりました」ペコリ


ガラガラガラガラガラガラ

マタカ!ホカノビョウインハ!?アイテナイノカ!?


「また事故があったらしいわよ」ヒソヒソ

「最近多いな、これで1週間連続じゃね?」ヒソヒソ


マミ「…」


QB「マミ、話がある」トコトコ

マミ「キュゥべえ、なあに?」

QB「魔法少女についてもう少し詳しく教えておこうと思ってね」

マミ「そうね、それじゃお家………お話できそうな場所を探しましょう」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:44:49.22 ID:Mi/x8C5N0

――廃ビル――


マミ「よいしょ」

QB「やれやれ、君の家でいいじゃないか」トコトコ

マミ「それより教えてくれるのよね?魔法少女について」

QB「そうだね、『魔女の口づけ』については昨日話した通りだ」

QB「とりあえず変身してみようか?ソウルジェムは持ってるよね?」

マミ「うん、何かちょっと黒いよ?」ゴソゴソ

QB「……強く念じてみて」

マミ「う…うん、わかった!」グッ

シュパンッ

マミ「わぁ…」

QB「次は武器だね、これも念じると君の本質に合った物が出せるよ」

マミ「武器って…この糸?」ビヨーン

QB「慣れたらちゃんとした形で出せるようになるさ、経験を積む事だね」

マミ「そう…よね、がんばる!」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:52:32.41 ID:Mi/x8C5N0

QB「あと、ソウルジェムが黒くなっている事だけど――」

マミ「ええ、これは?」

QB「………それが黒く染まりきると、魔力を使う事が出来なくなるから気をつけて」

マミ「じゃあどうすれば―」

QB「魔女を倒せばいいのさ、倒せばグリーフシードという物を時々落とす」

QB「そのグリーフシードで君のソウルジェムを綺麗に出来るんだ」

マミ「わかったわ、魔女はどうやって見つけたらいいの?」

QB「ソウルジェムを使うんだ、反応の仕方で――

―――――――

――――

マミ「できた!!」シュルシュル

QB「流石だねマミ、もう使いこなしてるじゃないか」

マミ「えへへ………暗くなってきちゃったね、そろそろ帰らなきゃ」

QB「そうかい?じゃあ僕はここで、またね」ピョンッ

マミ「あっ………うん、いっちゃった…マミもかえろ」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/26(土) 23:56:05.96 ID:Mi/x8C5N0

――マミホーム――


マミ「………」

スーハー

ガチャリッ

バタン

マミ「………」トコトコ


パチッ


シーン


マミ「…た、ただいま」ボソッ



………



マミ「……グスッ……うぇぇ」ポロポロ





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:00:20.35 ID:a7S52k7n0

――2日後――


マミ「……」ピィィィィン

マミ「反応が……近づいてるのかな」トコトコ


ウォ-!

シネ!シネ!シネ!


マミ「!?」タッタッタ

モブ男「ぐひひひひひ!」ザシュッザシュッ

モブ三「オゴォ…あばべ」ボトッボトボト

マミ「ひぃっ!」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:04:18.90 ID:a7S52k7n0

QB「魔女の口づけだね、どうする?」トコトコ

マミ「と、止めないと!」シュパンッ

マミ「ごめんなさい!」シュルシュル

モブ男「!?」ギュゥゥゥゥ

マミ「こっちの人は……!?ぅっ、酷い」

QB「魔力で癒せばまだ間に合うと思うよ」

マミ「ええ」パァァァァ

モブ三「う…あぁ…ぁ…ぁ…………」zzz

マミ「これでよし」チラッ


マミ「あ…後で解きますので!」ダッ

モブ男「むぐぅ!むぐぅ!」イキデキネエヨ





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:09:24.00 ID:a7S52k7n0

QB「これが魔女の結界だよ」


ゴゴゴゴゴゴゴ


マミ「この中に居るのね」

マミ(一連の交通事故の原因、そしてパパとママを……その魔女がこの中に)

マミ「……大丈夫よ、マミは頑張れる」

QB「緊張してるのかい?」

マミ「ぅ………」

QB「マミ、君の魔力はとても大きい」

QB「例外はもちろんあるけど、敵無しと言ってもいい」

マミ「……励ましてくれてるの?」

QB「事実を言っただけだよ」

マミ「ふふ…ありがとキュゥべえ」

マミ(怖い……でも、それ以上に憎い)


マミ「行きましょう」ダッ





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:15:11.51 ID:a7S52k7n0

――魔女の結界内――


ハァハァ

マミ「たぁっ!」シュルシュル

使い魔「!?」


ビタ-ン!ビタ-ン!


マミ「次々と……きりが無いわ!」ハァハァ


ガチャ


バタン


マミ「広いお部屋ね、真ん中に……何かしらあれ」

魔女「……」ススススス

マミ「!?…おっきい蜘蛛がいる!」

QB「あれが魔女だよ、マミ」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:19:50.34 ID:a7S52k7n0

魔女「……」ギロッ

マミ「!!」


ビュッビュルルルッ


QB「気をつけて!」

マミ「きゃぁ!」ビチャビチャッ

QB「マミ!」

マミ「なにこれ……動けな…」ネバァ

QB「マミ!来るよ!」

マミ「!」


ブンッ


ズドズドズドズドズドッ


マミ「カハッ……」ボタボタ





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:24:41.46 ID:a7S52k7n0

魔女「シシシシシシシシシシ」スチャ

マミ「ゴホッゴホッ!…ハァハァ…は…針?が………ひぃっ!…」

QB「マミ!避けて!また来るよ!」

魔女「シハ-!シハ-!シハ-!」ブンッ


ズドズドズドズドズドッ


マミ「ぅあ…っ!」ボトッボトボト

マミ「ハァハァハァ…くっ…!」パァァァァァ

QB「大丈夫かい?」スタッ

マミ「こ……こわい……」ガクガク





55:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:30:07.87 ID:a7S52k7n0

QB(…君は病院でかなりソウルジェムを濁らせていた)


魔女「シシシシシシシシシシ」ギョロ

マミ「ぃ……や……」ズズズズズズズ

QB(この2日だけでもだいぶ絶望してくれた)

マミ「ハァハァ……動いて…動いてっ!」ネバネバネバ

魔女「……シシ」ジャキッ

ビュルッ

ビチャビチャ

マミ「………ぅぁ!」ハァハァハァ


QB(いい状態に仕上がってくれたよ)

魔女「シシシシシシシシシシシ!!!」ブンッ

マミ「!?」

ドスドスドスドスッ


QB(頃合いかな)





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:33:54.38 ID:y9EgfMMr0

まみぃ……





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:37:04.18 ID:a7S52k7n0

魔女「シシシ…?」


ブゥゥゥゥゥン ジジッジジジ


QB「防壁…」

マミ「ハァハァ…」シュルッスパスパッ

ギュッ

魔女「!!!?」ギュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ

マミ「死に……たくない……倒さなきゃ倒さなきゃ!!!」シュルルルルルルルルル

魔女「シシ…シシシ?」グルングルングルングルングルン

マミ「これだけ…ぐるぐる巻きなら…ハァハァハァ…」

ギュゥゥゥゥゥゥゥ

魔女「グペペペペペ!!!」ゴキゴキゴキボキッ

マミ「!?ひぃ…っ」

魔女「グペャペャペャペャペャペャペャペャ!?」ブチブチブチブチブチ

マミ「うぁ…いや…っああああああ!!!!」ギュゥゥゥ





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:41:14.61 ID:a7S52k7n0

シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥ


チンッ


QB「やれやれ、ギリギリだよマミ」シュタッ

マミ「ハァハァ……ハァ」シュパンッ

QB「……これがグリーフシードだ、まさか落とすとはね」



――呆れた――



マミ「……わかってたのに……グスッ…わかってた」ドサッ

QB「?」





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:45:51.48 ID:a7S52k7n0

――ただ、当たり散らせる相手が欲しかった――


マミ「仕返しなんてしても…パパ達帰ってこない……」ヒックヒック


――後の事なんて何にも考えてなかった――


マミ「わかってた!!」


――虚しさ 後悔 そして寂しさが大きく膨れ上がり――


マミ「……パパ……ママ……うぁぁぁ」ポロポロ


――後はまた絶望していくだけ――





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:49:14.01 ID:a7S52k7n0

マミ「……ヒック………わたし…何で生きてるんだろ……」ズズズズズ


QB「………」


――これが私の、醜く最低で最悪な――


マミ「これから…ヒック……どうしよう……」ズズズズズ


マミ「わたし……何のために…どうやって生きて……」ズズズズ



マミ「あはっ……わかんない……あははっ―」ズズズズズ



――魔法少女生活の始まり――



ピシッ





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 00:54:50.43 ID:a7S52k7n0

――マミホーム――


杏子「へぇ、それがマミさんのデビュー戦」パクパク

マミ「フフ…恥かしいわね」

杏子「復讐…意外だよ」パクパク

マミ「そうかしら?……あの時の私はほんと、どうかしてた」ズズ-

マミ「自分が自分でなくなっていく感覚…ていうのかしら」

杏子「フゥン……しかしあのキュゥべえがねえ」パクパクパク

マミ「そうね…フフッ、でもキュゥべえのあの提案があったから」カチャッ


マミ「今の私がいるの」ニコッ





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:00:44.11 ID:a7S52k7n0

――ビル屋上――

ビュゥゥゥゥゥ

マミ「…………」

QB「マミ、調子はどうだい?」シュタッ

マミ「キュゥべえ…今日は使い魔が数匹いただけよ」

マミ「はい、グリーフシード」スッ

QB「そうかい…ゴクッ……よくやるね」キュップイ

マミ「ここも異常無し、ね」

QB「……魔力の無駄使いじゃないかな?」

マミ「また言ってる…しつこい男子は嫌われちゃうんだよ?」

QB「わけがわからないよ」

マミ「…一人でどこまでできるのかわからないけど」

マミ「やれるだけの事はやりたいの」

QB「やれやれ」





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:04:43.06 ID:a7S52k7n0

あれから約半年

私はこの街を守る為……ううん

生きる為に魔女、そして使い魔を狩り続けた

その結果、街を守る事に繋がるなら

犠牲が無くなるならそれでいいと思って―





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:09:01.51 ID:a7S52k7n0

――路地裏――

シュゥゥゥゥゥゥゥ

マミ「ハァハァハァ…ぅ…」

マミ(危なかった…!直撃してたらと思うと…)パァァァァァ

マミ「…あの子は…無事ね」

モブ恵「…ヒック…ヒック…」ガクガクガクガクガクガク

マミ「もう大丈夫よ?安心し――」

モブ恵「ひっ…ぃ!!」ダダダダダッ


マミ「………」シュパンッ


ジロジロジロ

「あんな所で何してるのかしら…」ヒソヒソヒソ

「小さい子が泣きながら飛び出して行ったわよ」ヒソヒソ

「かつあげ?ヤダワー」ヒソヒソ


マミ「帰ろ…」トボトボ





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:15:54.99 ID:a7S52k7n0

――マミホーム――


マミ「………」カキカキカキ

マミ(このノートももう終わりかあ)

マミ「マミのドキドキ魔女図鑑Ⅸ!」ウフフ

マミ「魔法少女のお友達とかできたら……見せたいなあ」

マミ「フフッ、そしたら必殺技とかつけ合ったりしたりして」


マミ「……わたし以外にもいるよね、魔法少女」


倒した魔女についてノートに書き残すのが私の日課になっていた

イラスト付きで…


ただ闇雲に魔女に突っ込んで痛い目を見る事もあった

だから戦闘についても必死に勉強した

魔力の効率的な使い方や体術、戦闘中の立ち回り

全部一人で行き抜く為に――必要な知識だった





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:21:30.08 ID:a7S52k7n0

――魔女の結界内――


マミ「はっ!」パパパパ


パンッパンパンパンパン


QB「だいぶ戦闘に慣れてきたね」

マミ「…ありがとっ」ウフフ

QB「今日は銃なんだね、どうだい?」

マミ「私の戦い方だと、やっぱりこれが一番いいかも」ダッ


タッタッタッタッタッタッタッ


QB「マミ、君はまだまだ強くなれるよ」


パンッパンッ

ガチャ


魔女「シャゲエエエエエエエ」バッサバッサ





71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:25:18.22 ID:a7S52k7n0

マミ「……」

QB「恐れちゃダメだよマミ」ピョンッ

QB「今この街の魔法少女は君だけなんだ――」


マミ「ええ、わかってる」

マミ「だから……全部やっつけないと」パパパパパパ

マミ「その為に、わたしがいるんだもん」チャキッ


QB「…頑張って」

マミ「うん、負けるもんですか」ニコッ





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:31:10.31 ID:a7S52k7n0

来る日も来る日も魔女達を倒し続けた

必死になって探して、反応があればすぐに向かって

そしてそこから…命がけの殺し合い―

魔女に怯え、死の恐怖に襲われ絶望して…

でもそれが私の選んだ生き方、そう言い聞かせていた



そんな非日常的な生活の中でも落ち着ける場所はあった―





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:35:54.63 ID:a7S52k7n0

――マミホーム――


マミ「はぁ…」

マミ(どうしよ…全然学校行ってなかったから…)

マミ「宿題、ぜんぜんわかんない…」

マミ(そうだわ)

マミ『キュゥべえ!キュゥべえ!?』

QB『何だいマミ、魔女のはんの―』

マミ『キュゥべえ…ちょっとお願いがあるの』

QB『……何だい?』

マミ『お勉強教えてほしいの、わたし全然学校に行ってなかったでしょ…?』

マミ『だから…学校の授業についていけなくて』ウゥ…

QB「やれやれ、学校なんて行かなくていいじゃないか」ガラッ





76:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:39:55.57 ID:a7S52k7n0

マミ「わたし、この年でニートになりたくないの」プイッ

マミ「…それに叔父さん達のほうに連絡がいってて……迷惑かけちゃってるみたいなのよ」

QB「無視したらいいじゃないか」ゴロゴロ

マミ「ダメよ、生活費を頂いてるわけだし……迷惑かけたくないの」

QB「……元々は君の両親の遺産なんだ、君がおかね―」

マミ「キュゥべえ!……そのお話はおしまい!ね?」

QB「わけがわからないよ」


マミ「でねっ、ここと…ここなんだけど…」



―学校

普通の小学生の私で居られる事ができる唯一の場所

私には、捨てられなかった





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:45:20.04 ID:a7S52k7n0

杏子「すごい数だな」ペラペラ

マミ「もう3年近くかな…ずっと書き続けてるんだもん」

マミ「あっ、佐倉さんには…こっちのノートの内容全部覚えてもらいますから」スッ

杏子「それは?」

マミ「効率的な魔力の運用方法や、魔法少女生活で気をつける所とか色々書いてあるから」

杏子「えっああそう、いやあ…私は頭より体で覚えるタイプだから」アハハハハ

マミ「弟子…なんでしょ?」フフッ

杏子「うっ…」ペラペラ


杏子「………ん?これって」ペラッ

マミ「どれ?あぁ………」

マミ「そうね、佐倉さんも知ってると思うけど―」

マミ「結構あったのよ……ここでも」

杏子「……グリーフシードを巡って、か」


マミ「ええ…『魔法少女同士の争い』」





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:49:52.97 ID:a7S52k7n0

――マミホーム――


QB「他の魔法少女?」

マミ「うん…本当にいないのよね?」

QB「魔力でわかるだろう?マミ一人だよ」

マミ「そう…よねえ」

マミ「じゃあ、わたしが魔法少女になる前は?誰かいたのよね?」

QB「……ああ、いたよ」


QB(すぐ回収しちゃったけどね)


マミ「ほんと!?」パアア

マミ「ねえ!その人と…会う事は無理かな?」

QB「どうしてだい?」

マミ「だって!わたしの先輩みたいなわけだし!色々お話しできたら――」

QB「もう死んでるよ」

マミ「…ぁ、そう…なんだ…」





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:53:29.49 ID:a7S52k7n0

QB「マミは他の魔法少女に会いたいのかい?」

マミ「そりゃぁ…うん、会いたいよ」

QB「……あまりオススメはしないよ」

マミ「?」

QB「マミみたいなタイプはそうは居ない」

QB「覚えておくといい」トコトコ



マミ「…どういう事かしら?」キョトン





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 01:59:19.35 ID:a7S52k7n0

――廃墟――


マミ「えいっ!」バシゥゥゥゥゥゥ


ドゴォォォォォォォ


シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ


マミ「ふぅ…あら?だいぶ濁っちゃってる…」ズズズ

マミ(グリーフシードのストックは…あと3個か)


マミ「まだ大丈夫そうね」シュパンッ



「…………」





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:05:28.80 ID:a7S52k7n0

――学校――


マミ「じゃあまた明日ね」バイバイ

モブ子「バイバイ!マミちゃん!」ブンブン

マミ(さあて、今日はスーパーの特売日よね)

マミ「ケーキの材料足りてたか――」


ピィィィィン


マミ(この反応…この前逃した魔女……)タッタッタッタッ


キョロキョロ


マミ「…ちょっと離れてるわね」シュパンッ


シュタッシュタッシュタタ





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:08:15.24 ID:a7S52k7n0

マミ(この辺だと思うけど……あった!)


ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ


スタッ

マミ「さあ、もう逃がさないわよ」ダッ




「…………」

ダッ





88:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:14:09.60 ID:a7S52k7n0

――魔女の結界内――

バタンッ

バタンッ

バタンッ


ガチャッ

マミ「……見つけた」


バタンッ

魔女「マタオマエカ」ジョキジョキ

マミ「もうあなたの手の内はわかってるのよ?蟹さん」バッ

(リボンは全然役にたたない…)

マミ「はっ!」パンパンパンッ

魔女「キカンナア」キンッキンキンッ

マミ(とにかく甲羅を集中的に狙って牽制)


パパパパパパパパパパンッ





89:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:20:12.49 ID:a7S52k7n0

マミ(スピードを上げて…)シュィィィン

シュタタタタタタタタ

魔女「ブクブクブクブク」

ペッペッペッペッ

マミ(バリアで耐える!)バチバチッ

魔女「チョウシノンナ」ジャキンッ

マミ(鋏を上げた!間接部は…そこね!)パッ

マミ「ティロ―」ドシュゥゥゥゥ

ドゴォォォ

ドスンッ

魔女「ウオオオオオウデガアアアアアアアアア」

マミ(お口があんぐりよ!)パッ!

魔女「アッ」

マミ「ニコッ」


―フィナーレ!!





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:26:54.01 ID:a7S52k7n0

ドゴォォォォォォォォ

シュゥゥゥゥゥゥゥゥゥ

チンッ


マミ「ふぅ…」

マミ(うふふ…思わず叫んじゃった///)


マミ「……楽しく闘ったほうが絶対良いわよ」ウンウン

マミ「グリーフシード…良かった」スッ


マミ「さあて…他に反応は無いかし――!」


ザシュッ!


マミ「えっ…」


ボトボトッ


(ハサミ?…なに…これ)





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:32:14.04 ID:a7S52k7n0

ドサッ


ドゴォ!

マミ「ぐっ…っ!」ゲホッゲホッ

「悪いね、でも油断してたあんたが悪いんだよ?」ザシュッ!

マミ「ぅあっ…ゴホッ」

マミ(……魔力……魔法少女?)ハァハァハァ

「これも『生きる為』なの…許してとは言わない」ジャキンジャキンッ

マミ(生きる……為……?)ハァハァ

「ソウルジェムは……頭か」スッ

マミ(何を…?ハァハァ……逃げないと……)シュルシュルシュル

「んっ?」グルグルグル

ギュッ

「っ!?……」ギュゥゥゥゥゥ

マミ「ごめん……なさい……」ハァハァハァ

「ははっ―゙ッ…さっき……こんな技使ってたっけ?」ギュゥゥゥゥ





93:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:39:18.15 ID:a7S52k7n0

マミ「…」ヨロッ


ダッ


「逃がすか!」ジョキジョキッ

マミ「!?」


ザシュッザシュザシュッ

ズサササー


マミ「ぅぅ…なんで……?」ハァハァハァ

マミ「ハァハァ…あ…あなた、誰なの?何でこんな―」


「…藤沢早苗」ジャキッ

早苗「あなたのグリーフシードを頂きに、隣街からわざわざ来てあげたの」

マミ「隣街…?」ハァハァ





95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:45:10.14 ID:a7S52k7n0

早苗「聞いたよ?一人で頑張ってるらしいね」ジャキンジャキンッ

早苗「あれだけずっと尾行してたのに全然気づかないとか…気ぃ抜きすぎじゃない?」ククッ

マミ「尾行…?聞いたって…?」ハァハァ

早苗「かなり魔女狩ってるって聞いてさ、グリーフシードも貯め込んでるんじゃないかってね」

マミ「グリーフシード…ハァハァ…あっ、あげます!渡しますから!」



早苗「……やれやれ、欲しいのはそれだけじゃないんだけど な!」


ビュンッ


マミ「!?」サッ

スパスパスパッ


チッ


早苗「……欲しいのはこの縄張りだよ、巴マミ」





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:51:44.61 ID:a7S52k7n0

ポツ……ポツポツ……

ザァァァァァァ


マミ「ハァハァハァ…縄張り?」パァァァァァ

早苗「ええ、こんな美味しい場所を一人占めなんて」ジャキンジャキン

マミ「!!」

「贅沢すぎんだよ!」ザシュザシュッ


バチッバチバチッ


マミ「くっ…!」

早苗「バリア…器用ね」ジャキンジャキン

マミ「な、何でこんなこと……グスッ……ねえ!?」

マミ「仲良くやろうよ……お願い、こんな事したく…ない…グスッ」

早苗「………」

マミ「わたし、嬉しいの…初めて魔法少女に出会えて」ポロポロ

マミ「ねえ―これで終わりにして…ヒック…一緒に魔女倒していこ?ね?」





97:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 02:59:24.31 ID:a7S52k7n0

早苗「…それじゃダメなのよ、共闘なんてもっと無理」ビュンッ

ズシュゥ

マミ「っ!……ハァハァ…グスッ……何で?わたしがそんなに邪魔?」

早苗「ええ、とても」ジャキンジャキン


ズバババババズシュッゥ


マミ「ゴボッ…」ビチャッ

早苗「……あなた、使い魔も倒してるって?」ジャキン

マミ「………」ハァハァハァ

早苗「困るのよ……効率的に魔女を育てる環境を維持しないと」


マミ(ハァハァハァ…魔女を育てる?)パァァァァ


マミ(この人は何を言ってるの…)

早苗「使い魔は人を襲い、やがて魔女になる」

マミ(そうよ…だからわたしは必死になって倒してるの)





99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:05:11.96 ID:a7S52k7n0

早苗「その芽を摘むあなたと共闘?あはは!」


マミ「何でそこまで…?他人を、人を犠牲にしてまで―」

早苗「生きる為だっつってんだろ!」

マミ「!」ビクッ

早苗「ククッ、それに犠牲って…あんたは誰も犠牲にせず生きてきたの?」


マミ「っ…!」


早苗「あらぁ?ククッ…どうしたの?」ビュンッ


ズシュゥ!


マミ「ううっ」ヨロッ

早苗「…人は必ず何かを犠牲にして生きてる」

早苗「あんたみたいな……ヒーローごっこやって浮かれてるお子様が!」ドゴォ

マミ「ゲホッ」

早苗「生意気な事言ってんじゃないよ」





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:11:58.75 ID:a7S52k7n0

マミ(…………)ハァハァ


マミ「ごっこじゃないよ、わたしも生きる為にやってるもの」パパパパパ

早苗「……意味不明だし」ジャキンジャキン

マミ「わたしは生きる理由が…・・・・生きてていい理由が欲しいの」ジャキッ


パンパンパンッ


早苗「!!」サッ


シュルル


早苗「うあっ!?」グイッ


ビタ-ン!


マミ「目的が欲しいの…グスッ……その結果がヒーローごっこに繋がってるだけ」


シュルルルルルルルルルルル





101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:15:03.99 ID:a7S52k7n0

早苗「くそっ!」グルグルグルグルグル


ギュゥゥゥゥゥゥゥゥ


早苗「うあああ!?」ボキボキッ

マミ「!!ごめんなさい…」

早苗「クッ…うごけっ!」ジョキジョキッ

マミ「ッ!」パパパッ 

チャキッ


早苗「ハァハァ…ははっ…油断した」





102:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:20:14.11 ID:a7S52k7n0

マミ「………」ガクガク

早苗「撃ちなよ」


マミ「できれば…もうこんな事しないで」

早苗「は?」

マミ「魔法少女を襲うのは、もうやめてほしい…」

マミ「グリーフシードはここに置いておきます」コトッコトッコトッ

早苗「…っざけないで」ハァハァ





105:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:24:27.30 ID:a7S52k7n0

マミ「一緒に闘いたくなったら…」


マミ「また来てね」


ダッ



シュルンッ


コトッコトッコトッ


早苗「………クソッ!!」ガンッ





108:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:30:02.79 ID:a7S52k7n0

――マミホーム――


マミ「グスッ……ヒック……ヒック……」


ガラッ


QB「やあマミ、また泣いてるのかい?」

マミ「きゅうべえ…きゅぅぇ…うわああああん」ポロポロ

QB「やれやれ」


マミ「わかんない…マミわかんなくなっぢゃったよ……!」ポロポロ

マミ「酷い事した…!魔法少女の子に……銃まで向けて」ヒック

マミ「苦しんでた!痛がってた…それでもやめなかった…」ヒックヒック


QB「だから言ったじゃないか、オススメはしないって」

QB「……次からはちゃんと警戒した方がいいよマミ」


マミ「キュゥべえ……?」グスッ





109:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:36:14.25 ID:a7S52k7n0

QB「今こうしてる間も、魔法少女同士争っている地域はたくさんある」

QB「そしてグリーフシードは持っていればいるほど有利だ」

QB「前にも言ったけど、マミみたいな考えの子は少ないんだ」

QB「何故だかわかるかい?」

マミ「…わかんない」グスッ


QB「すぐ死ぬからだよ」


マミ「ビクッ……」


QB「………グリーフシードが手に入らなくなると、魔力が使えなくなる」

QB「そうなると、もし今日みたいな事があったらどうなる?」

マミ「それは…」

QB「魔女も放置する事になるね、君は耐えられるかい?」

QB「―それでも君は…考え方を変えるつもりは無いのかい?」



マミ「わたし………は――」





111:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:42:45.96 ID:a7S52k7n0

ザァァァァァ――


早苗「クソッ!クソッ!せめてもう2,3個は持って帰らないと―」


ピィィィィィン


早苗(…すごいタイミング、ついてる!)

早苗「……よし、近いな」シュパンッ


シュタタタタタ



トコトコ

QB「………」


QB(やれやれ、あの提案は大失敗だ)

QB(実に効率が悪い…あの時に回収すべきだった)


QB(……頑固だねまったく)





112:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:47:53.91 ID:a7S52k7n0

その後も、縄張り争いは絶えなかった

魔女退治と違って相手はヒト

私に出来る事は…限られてる

相手を無力化して、グリーフシードを渡し帰ってもらう

これが精一杯…

敵意を感じる魔法少女に対しては特に警戒し

身構えるクセが出来てしまっていた



でも、話し合えばきっとわかってくれるはず

そんな子は0に近かったけど…

今でもそう信じてる――





113:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:52:26.92 ID:a7S52k7n0

――現在――


杏子「しかし……『マミのドキドキ魔女図鑑』て」アハハハハハッ

マミ「もうっ笑わないで」

杏子「ごめんごめん…ん?この十字架のノートは何―」

マミ(あ、まずい)サッ

杏子「ん?何で隠すんだ?」

マミ「…気にしないで」ニコッ

杏子「いやあ、それは無理があるだろ」

マミ「……気にしないで」ニコッ

杏子「チェッ……わかったよ」





115:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 03:58:03.21 ID:a7S52k7n0

ピィィィィィン


QB「マミ!杏子!」ヒョコッ

杏子「わっ!」

マミ「ええわかってる…魔女の反応ね、佐倉さんっ」

杏子「居たのかキュゥべえ…ビックリさせるなよ」


杏子「…私はいつでも行けるよ、マミさん」シュパンッ

マミ「オーケー…うふふ、じゃあ行きましょ?」シュパンッ


ガラッ


ダッ


杏子「?何か可笑しかったかな」ダッ



QB「やれやれ…不用心だね」ガラガラ バタン





117:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:04:34.08 ID:a7S52k7n0

――魔女の結界内――


杏子「たぁぁっ!」ズバババババババ!

マミ「はっ!」パンッパパンッ


タッタッタッタッタッ


マミ「凄いわ佐倉さん、あれだけの使い魔を一瞬で」タッタッタッ

杏子「へへっ、何匹か斬り損ねちまったけどね」ズババッ

マミ「大丈夫!ちゃんとフォローするわ!」パパパパンッ


ガチャッ


魔女「……」ジャキンジャキンッ


マミ「居たわね」

杏子「ハサミ?一面刃物だらけだなあ」





118:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:10:24.68 ID:a7S52k7n0

マミ「…危なくなったらすぐ下がってね」

杏子「まかせてよ」

バッ!

シュシュンッ


杏子2「まあ、こんなの一瞬で消してやるさ」ジャキッ

マミ「牽制するから怯んだ隙に!」パパパパパパパ

杏子1「オッケー!一気に決めてやる!」

マミ「行くわよ!ティロ・ボレー!」ドドドドドドドドッ

魔女「グフォ」グラッ


杏子1,2「今だ!」シュタタタタタタタタタタ


ズバババババババ


シュゥゥゥゥゥゥゥゥ


チンッ





119:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:14:39.24 ID:a7S52k7n0

杏子「やった!グリーフシード!」スッ

マミ「フフッ、おめでとう」


ギュゥゥン


杏子「はいっ、マミさん」スッ

マミ「…いいわよ、私はそんなに魔力使ってないし」

杏子『二人で倒した成果』、だろ?」

マミ「佐倉さん…」


マミ「グスッ…ありがと」





120:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:14:53.67 ID:LrMII9FL0

この魔女はやはりそうなのか……





121:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:20:00.79 ID:a7S52k7n0

今は『弟子』と『師匠』なんていう関係だけど

彼女なら…きっと――



杏子「なっ、なんで泣くんだよ…」

マミ「っ……ごめんなさい」ゴシゴシ

杏子「しっかしあれじゃあ訓練にもなんないよ」ブンブン

マミ「じゃあ、続いてパトロールに行きましょうか」

杏子「ああ!私らがいるんだ、使い魔一匹たりとも見逃さないよ」

マミ「うふふ」



きっと、わかってくれる――



杏子「しかし泣き虫だよな、マミさんて」

マミ「そ…そうかしら?」





122:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:26:19.48 ID:a7S52k7n0

~エピローグ~


――マミホーム――


チュンッチュン


マミ「これでよしっと」コトッ

マミ「…うん、バッチリね」

QB「マミ!」シュタッ

マミ「あらキュゥべえ、ウフフ…どう?新しい髪留めにしたの」フフンッ

QB「いつもと大して変わらないよ」

マミ「」シュンッ


QB「それより、とてつもない魔力の持ち主が現れたよ!」

QB「昨日までたいした力じゃなかったのに……急激に増したんだ」

マミ「そう……契約は?」

QB「してないよ、でも彼女なら『ワルプルギスの夜』を倒せる力がある」





123:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:31:47.78 ID:a7S52k7n0

マミ「慌てないで?この街の事だもん……私一人でやらなきゃ」

QB「何度も言ってるけど、いくらマミでも一人じゃ無理だ」

QB「……勝ちたいなら仲間を集めるんだね、君の知り合いの佐倉杏―」

マミ「キュゥべえ」

QB「…やれやれ」キュップイ


QB「あと、もう1つ…契約した覚えの無い魔法少女がこの街にいる」

マミ「気づかなかったわ…いつから?」

QB「それも今日だよ、十分に気を付ける事だね」

マミ「……わかったわ」


QB「それじゃあ僕はこれで失礼するよ、またね」ピョンッ

マミ「あっ、無理矢理契約迫っちゃダメよ!……もうっ」


チラッ


マミ「いけない、そろそろ行かないと」





125:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:37:29.44 ID:a7S52k7n0

スッ


あの事故の日

遊園地に行く途中に撮った私と…パパとママが写った写真

わたしの一番の宝物――


マミ(……パパ、ママ)

マミ「マミは……一人でも大丈夫だよね?」


コトッ


マミ「いってきます」ニコッ


もう、何があっても――挫けない――



ぶった切りEND





126:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:38:49.22 ID:SARE03zR0

GJ





127:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:42:37.73 ID:H9HSkFZR0

おつんつん!





128:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:45:04.86 ID:LrMII9FL0


まさにこれからの話って感じで終わったな
初心者魔法少女なマミさんが可愛かった





129:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2011/11/27(日) 04:46:25.49 ID:a7S52k7n0

ただマミさんの軌跡が書きたかった
マミさん苛めてる描写多いのは…溢れるマミ愛が(ry
設定無視なとこもあると思う
ありがとでした、おやすみ









  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。