Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  カイジ「財布落とした…!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
まさかのコラボワロタ。どちらもギャンブラー過ぎるがカイジにはちょっと荷が重い
相棒過ぎるwwwだってあのお方は最強である分野の天才だから。カイジも精進汁!!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 16:46:15.95 ID:3pSg18LK0

カイジ「あんな財布、どうせ3千円も入ってないが俺にとっては大事な金…!」

カイジ「あれがあればパチンコで一発当てることもできる…!」

カイジ「だがいまどき財布を交番に届ける奴なんて…皆無……!!!」

カイジ「…とは言ったものの、何もすることなんてない…バイトも首になっちまったし…」

カイジ「しょうがねえ…交番に行くか…!」






2:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 16:50:30.77 ID:3pSg18LK0

カイジ「」テクテク

カイジ「ん?なんだこれ?これは…財布……!!」バッ

カイジ「…俺のじゃねえ…!おまけに一円も入ってねえ…!」

カイジ「」ポイッ

カイジ「……」

カイジ「クソッ…!なんで俺は財布を交番なんかに届けてんだ…!!」





4:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 16:53:52.32 ID:3pSg18LK0

交番…!

両津「麗子、わしの財布を知らないか?」

麗子「両ちゃんまた財布落としたの?どうせ1円も入っていないんでしょ?」

両津「うるさい!あの財布には絶対に誰にも知られてはいけない秘密があるのだ!」

麗子「どうせHな画像でしょ?」

両津「う、うるさい!麗子はあっちに行ってろ」

両津「中川は知らんか?」

中川「僕は見てませんよ」

両津「うぬぬ…」

カイジ「すいません…」





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 16:54:39.83 ID:z1JRy8qu0

すごい組み合わせだな





9:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:03:10.69 ID:3pSg18LK0

麗子「はい?」

カイジ「あの…財布届いてないですか?茶色い二つ折りの財布なんですけど…」

麗子「ちょっと待っててくださいね」

カイジ「はい(ピンク色の服を着ているが…あの人警官か?…!!まさか…!また帝愛が…ってそんな訳ないか)」


3分後


麗子「ありましたよ」ニコッ

カイジ「えっ?」

麗子「ありましたよ?」

カイジ「本当ですか!?」

麗子「はい。平沢唯ちゃんという女子校生が届けてくれましたよ。今時珍しいですよね」

カイジ「(…まさか本当に届けてくれる人がいるなんて…!それも…!女子校生)」

カイジ「(犯罪的だ…!」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:07:46.54 ID:zC0hV8pEP

拾い主の名前バラすなwww





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:06:52.67 ID:3pSg18LK0

麗子「ちなみに謝礼金はいらないそうですよ」

カイジ「本当ですか!?(ありがてぇ…!ありがてぇ…!)」

麗子「それじゃあここにお名前を記入してもらえますか?」

カイジ「あ、はい。あ、そういえば俺も財布を拾ったんですが…」

麗子「本当ですか?」

カイジ「はい、これです」

麗子「あ!これ両ちゃんの!両ちゃあ~ん!」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:09:57.00 ID:3pSg18LK0

両津「なんだ?」

麗子「財布あったわよ。伊藤さんって方が拾ってくださったわ」

両津「本当か!?おお!これはわしの財布!お前が拾ってくれか?」

カイジ「そうですけど…(この人…!俺と同じ留年ギャンブラーのにおいがする……!!!」

両津「お前には何かお礼をしないとな…よし!わしについてこい!」

カイジ「え?なんでですか?」

両津「いいからついてこい!」

カイジ「はぁ…」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:12:41.86 ID:3pSg18LK0

麗子「両ちゃん!まだ勤務中でしょ?」

両津「パトロールだパトロール!」

カイジ「あの…別にお礼とかいらないっすよ?」

両津「お前はわしと同じ匂いがする…だから今から>>18をする!」

カイジ「え…!>>18を…!!!あんた…!正気か……!!!」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:13:01.94 ID:pNBCZ6mz0

パチンコ





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:21:58.96 ID:3pSg18LK0

両津「そうだ!パチンコをする!」

カイジ「あんた…!正気か…!?警察だろ?つーか金持ってるのか?」

両津「お前確か三千円ほどもっていたよな?」

カイジ「持ってるが…あんたはどうすんだ?」

両津「わしは125円もっている。つまり31玉も買えるということだ!」

カイジ「…!31玉もって…あんたそれじゃあ10分ももたねえじゃねえか…!」

両津「そんなもん後から考えたらいい。お前は自分の心配をしろ…それからわしのことは両津さんと呼べ」

カイジ「…!(こいつ…本当の屑だッ…!!)」





26:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:28:34.51 ID:anxGFhuvO

カイジに言われるとは

さすが両さん





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:40:16.43 ID:CQ8Ac6UOO

一玉100円……?





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:48:53.09 ID:3pSg18LK0

パチンコ屋…!


両津「おい、すまんが125円しかないんだ!バラで売ってくれ!」

店員「(なんだあ?警官の制服なんか着やがって…)申し訳ありませんがばら売りはしておりませんので…」

両津「なんだと?ちょっとくらいいいじゃねえかよ」

店員「規則なんで…(早く帰れよ)」

?「まあ待て」

店員「主任!」

両津「お前が責任者か?この店は融通が利かないんだな」

主任「…分かりました。その代わり1玉5円というのはどうですか?」

両津「うーむ…よし!いいだろう!」

主任「分かりました。それじゃあ少々お待ちください」





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:54:51.55 ID:3pSg18LK0

3分後


主任「お待たせいたしました」

両津「おう!悪いな」

主任「そちらのお客様は?」

カイジ「俺は…(クソッ…!またパチンコをやるのか俺は…!)」

両津「こいつは3千円分だ」

主任「了解しました」

カイジ「え?おいあんた…!何勝手なこと言ってんだ…!」

両津「うるさい!後のことは後で考えればいいだろう!」クワッ

カイジ「…!(やはりこの人…!本当の屑ッ…!留年ギャンブラー…!!)」





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 17:59:18.55 ID:3pSg18LK0

両津「」ジーッ

両津「この台だな。お前はあの台を使え」

カイジ「あんた…あたりの台が分かるのか?」

両津「まあな。それからわしのことは両津さんと呼べといっただろ!」  

カイジ「…(どうせ3千円だし賭けてみるか)」

10分後


両津「」ジャララララ

カイジ「」ジャララ

カイジ「(すげえ…!出るッ…!出るッ……!!!」

カイジ「(だが…!俺よりも…!)」チラッ





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:07:15.14 ID:3pSg18LK0

両津「…」ジーッジャララララ

カイジ「(すごいッ…!この人は…!本物のギャンブラー…!!)」

両津「…今日はこんなもんだな」

カイジ「えっ?」

両津「おいお前、名前はなんと言ったか」

カイジ「伊藤です。伊藤カイジ」

両津「カイジ、帰るぞ」

カイジ「でもまだ全然でてるじゃないですか」

両津「今やめといた方がいいんだ」

カイジ「でも…」

両津「いいから行くんだ」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:12:50.31 ID:3pSg18LK0

カイジ「(惜しいがあの人が言うなら正しいのだろう)」

両津「おい、石に変えてくれ」

主任「か、かしこまりました…(あんなコスプレ野郎と留年ギャンブラーにこんなに持っていかれるなんて…)」

主任「こちらへどうぞ」

カイジ「…!!(こんなに…!)」

両津「まあまあだな…」

主任「あ、ありがとうございました…」

カイジ「両津さん!すごいですね!!」

両津「まあな」





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:16:30.72 ID:3pSg18LK0

5分後のパチンコ屋…!


部長「すいませんがこちらに警官の服を着た人が来ませんでしたか?」

主任「き、来ました!!ちょうど5分くらい前に出て行きました!あっちです!」

部長「そうですか…ご協力感謝します(一足遅かったか)」



両津「よし、次は>>50をするぞ」

カイジ「…!(>>50だと…!?)」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:20:16.67 ID:TV5h6TdU0

鉄骨渡り





55:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:28:27.50 ID:3pSg18LK0

カイジ「ふざけるな…!!あの鉄骨渡りで何人の人が犠牲になってると思っているんだ…!」

両津「じゃあやんなくていいよ。その代わりわしだけ1千万もらうけどね」

カイジ「クッ…!つーかその前になんで両津さんが鉄骨渡りを知っているんだ…!?」

両津「わしを誰だと思っている。まあ色々事情があって部長に地下に送られているんだ」

両津「かれこれ20回くらいいれられている」

カイジ「この人となら…!やれる…!」





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:34:50.10 ID:3pSg18LK0

地下入り口…!


両津「おい!わしだ!また鉄骨渡りをやらせてくれ」

優しいおじさん「またあんたか…それに伊藤カイジ…!」

カイジ「あんたは…!優しいおじさん…!」

優しいおじさん「チッ…!入れ…!」


鉄骨前…!


両津「よし、カイジ行くぞ!」

カイジ「本当に行くのか…!?」ガクブル

両津「当たり前だ!」

カイジ「…分k」

部長「こら~!両津~!」





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:41:19.58 ID:3pSg18LK0

両津「ぶ、ぶちょ~~!!!」

部長「またサボっているな!!」

両津「おいカイジ、逃げるぞ!」

カイジ「逃げるってどこに…」

両津「鉄骨を渡るんだよ!」

カイジ「ええ!?」

部長「待て~両津~」ダッ

両津「ほら行くぞ!」ダッ

両津「うお~」カランコロン

カイジ「クッ…!うお~…!」ダッ

部長「待て~!」ダッ





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:53:49.80 ID:3pSg18LK0

10分後


ギャラリー1「あいつらもう20回も往復しているぞ…!」

ギャラリー2「そんな…!馬鹿な…!」

部長「待て~両津~」

両津「うお~」

カイジ「はあ…!はあ…!」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:55:21.00 ID:3pSg18LK0

翌日


丸井「あれ?両さんは?」

大原「ちょっと地下に10年ほど修行にいってな」ズズー



【完】




64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 18:59:53.39 ID:N6L8z6j40

神様に喧嘩売った両さんと閻魔に頼られる部長に鉄骨渡りなんて…
スカイツリーの高さでも平気でやるだろ





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/11(土) 19:04:48.67 ID:Wc/wEqYHO

20往復ワロタ








  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2012/02/15 00:05 ] SS:賭博黙示録カイジ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: