Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  両津「なんで私が羽生蛇村に異動なんですか!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
よりにもよって羽生蛇村とは・・・。管理人が最初でプレイを諦めた名作が舞台とは。
プレイするにはあまりにも怖すぎた。メンタル鍛え直してプレイし直します乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/02(月) 23:50:24.43 ID:vaRe8tLj0

部長「やかましい!文句を言うな!上からの直々の指示だ、しっかり勤めて来い」

両津「ううっ……なんであんなド田舎もいいところにこの私が……)」

部長「ひとまずこの夏の間ということだったが……なんならずっと居てくれても構わんぞ」

両津「そんな……ぶ、部長~!!」






7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/02(月) 23:55:41.03 ID:vaRe8tLj0

両津「最寄りの駅から交番まで山を登らにゃならんなんて本格的にド田舎じゃないか(ゲッソリ」

両津「中川はわしと自転車だけ麓まで運んでさっさと帰ったし……寂しくて死んだら化けて出てやるぞ……」

両津「しかしこんな何人も住んでないような集落に交番が必要なのか?これこそ税金の無駄遣いじゃないのか」





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/02(月) 23:59:26.01 ID:vaRe8tLj0

両津「ちっ……しかも日も暮れてきたし早いところ交番を見つけないとどうにもならんな」

両津「しかしこんな適当な地図だけを頼りにしろなんて酷過ぎるぞ!!」

両津「警察官が交番の位置が分からんなんて笑い話にもならん……」



パァン!!

両津「!?」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:02:13.03 ID:KGXSFKDo0

両津「今のは……銃声!? 何事だ一体!!」

須田「はぁっ……はぁっ……!!」タッタッタッ

両津「おいそこのキサマ! 何だ今の銃声は!!」

須田「う、うわっ!こっちにも!!」ダッ

両津「待て!!」グイッ

須田「ぎゃあああ!!」

両津「何があった!言えっ!!」





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:06:52.06 ID:KGXSFKDo0

両津「心配するな、わしは警官だ。どうした、何があった?」

須田「心配するなって……今もお巡りさんに襲われて……それで……」

両津「なに?」

須田「俺……はぁっ……(何かよく分からない儀式みたいなの)見てたら……!見つかって……!! そしたらいきなりっ……!」

両津「そうかそうか、よく分かった」


両津「覗きか何かの現行犯だな、取り敢えず話は交番で聞く」カチャッ

須田「なんでっ!!」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:09:40.84 ID:KGXSFKDo0

両津「こんなド田舎じゃおげれつ本の一つも買えなくて性欲を持て余す気持ちも分からんでもないが覗きは駄目だぞ覗きは」

須田「だから違うって!! 俺はこの村の住人じゃ……」

両津「こりゃ駄目だ、興奮していて話にならん……」

須田「ああもう!!」





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:14:21.94 ID:KGXSFKDo0

石田「……」

須田「あ、あいつ!」

両津「警官に向かって「あいつ」はないだろ」ギュウッ

須田「あいてててて!!」

両津「おーい、覗きの犯人は確保したぞ!!」

石田「……」

両津「わしは葛飾区亀有公園前派出所から移動になった両津勘吉巡査だ、まあ今日からよろしく頼むよ」

石田「……」



石田「……了解、射殺します……」

両津「……なに?」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:17:30.44 ID:KGXSFKDo0

パァン!

両津「!?」

須田「うわあああああっ!!!」

両津「ちょっと待て!! 幾ら何でもそれはやり過ぎ……」

石田「……」パァン!パァン!

両津「ぎょええええっ!!」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:20:41.31 ID:KGXSFKDo0

パァン!パァン!

両津「なんなんだこの村は! あんなトリガーハッピーが警官でいいのか!!」

須田「だからあのお巡りさんは普通じゃないんだって!!」

両津「公務員をあそこまで怒らせるとは……もしやキサマ覗きだけじゃなく……」カチリ

須田「なんでこの村のお巡りさんは話の通じない人ばっかりなんだ!!」





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:25:52.20 ID:KGXSFKDo0

両津「待て!石田巡査!!この少年がどんな非道な行いをしたかは知らんがひとまず交番で話だけでも聞いてやろう!!」

石田「……」

石田「おとなしく……出て……来なさい……」

両津「駄目だ……まったく話が通じない……。余りに楽しみが無さ過ぎて仕事中にヤバイ薬でもキメてんじゃないのか、あいつ」

須田「なんでもいいからなんとかしてくれぇ!!」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:29:58.06 ID:KGXSFKDo0

両津「ちっ……少し手荒くなるぞ!」

石田「……!」パァンパァン!

両津「でええぇぇぇぇぇい!!!」ゲシッ!

石田「……」バタッ


両津「ふぅ、手間取らせやがって……むっ、こいつ職務中に飲酒していたな!」プゥーン

両津「神聖な職場で酒を呑むとはけしからん、他にも隠していたら私が全て没収してやろう」

須田「帰りたい……」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:33:10.80 ID:KGXSFKDo0

両津「しかし今から下山するのは危険だぞ。天気予報によるもそろそろ降り出すらしいしな」

須田「でも……」

両津「この辺りに交番があるはずだ、今日はそこに泊まっていけ」

須田「……はい」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:35:10.91 ID:KGXSFKDo0

羽生蛇村交番

須田「降ってきましたね……」

両津「そうだな……まあとりあえず飲め、茶だ」ズズッ

須田「いただきます……」

両津「それでキサマの取り調べに入るわけだが……」

須田「だから違うって言ってるじゃないですか!!」





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:38:33.36 ID:KGXSFKDo0

両津「すると何か?貴様はそのオカルトサイトを見てわざわざこの村までやってきたと」

須田「はい、でも村の人達……なんだかそっけなくて……どうしようか迷ってるうちに変な儀式みたいなのをやってるのを見つけて……」

須田「そしたらなんだか気付かれちゃって、俺、気が動転して走り出したんです。そしたらあのお巡りさんに……」

両津「こんな田舎には独特の宗教とまでは言わなくても言い伝えなんかはよくあるしな」ズズーッ





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:41:57.55 ID:KGXSFKDo0

両津「事情は分かった、朝になれば中川か本田辺りを呼んで迎えに……」チラッ

両津「携帯が圏外だと……何処まで田舎なんだ……」

石田「……う、ううっ……」

須田「ひっ!」

両津「む、起きたか」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:45:49.25 ID:KGXSFKDo0

石田「ここは……?あ、あなたは……?」

両津「まったく、仕事中にどれだけ飲んどるんだ……」ドンビキ

両津「わしは両津勘吉、ここの交番に異動になった警官だ。こっちのは……ええと……」

須田「須田です。須田恭也って言います」

両津「だそうだ。さっきあんたが銃を乱射しながら追い回してたんだが……まったく覚えとらんのか?」

石田「私が……?」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:46:20.23 ID:MDv5qiPY0

え、治った?





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:49:17.67 ID:XxBRfL7Pi

!!?





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 00:51:54.15 ID:KGXSFKDo0

石田「……分からない……まるで……覚えてないんです……あのサイレンが聞こえた辺りから……」

両津「サイレン?なんのことだ?」

石田「……あなた達には聞こえないんですか?」

両津「(おい……やっぱりこいつヤバイ薬キメてるかも知れんな……)」ボソボソ

須田「(だからさっきからまともじゃないって言ってるじゃないですか!)ボソボソ」

石田「……あ……ああ……」

両津「おい……石田巡査……?」

石田「また聞こえてくる……!」ブルブル

石田「……サイレンが!!」

羽生蛇村 8/3 00:00:00





189:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:14:10.34 ID:KGXSFKDo0

両津「……」

須田「両津さん!どうしたんですか!両津さん!!」

両津「はっ!?わ、わしは一体……」

須田「一瞬呆けたみたいになって……どうしたんですか!?」

両津「なに?……う、うーむ……どうも一日弱ばかり意識が飛んでたような気が……」

須田「しっかりしてくださいよもう!」





193:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:17:28.48 ID:KGXSFKDo0

両津「それにしてもなんだこの騒音は!!頭が割れそうになるぞ!!」

須田「分かりません!!なんだかサイレンみたいですけど……石田さん、この音が鳴り出した途端に外に飛び出して行っちゃいましたよ!!」

両津「なにっ!?いかん!今あの酒乱警官をこの雨の中放り出したら何をし出すか分からんぞ!!」

両津「わしは石田を追う!須田はそこで待ってろ!!」ダッ

須田「そ、そんな!こんな状況で置いていかないでくださいよ!」ダダダッ





196:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:23:17.88 ID:KGXSFKDo0

両津「石田巡査!」

石田「ぅ、うううっ……!!あ、頭が割れそう……だ……」フラフラ

両津「落ち着け石田巡査!それはただの二日酔いだ!!」

須田「絶対違いますよ!!」


両津「まずは交番に戻って落ち着いて水でも飲もう!な!」

石田「う、あうあぁぁぁぁっ!!!」

両津「おい!そっちは崖……!?」グラッ

須田「地震!?両津さん!危ない!!」ダッ

両津「ば、馬鹿!こんなぬかるんだところで走ったらーー」





198:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:24:42.66 ID:KGXSFKDo0

須田「う、うわぁぁぁぁっ!!」ズルッ

両津「言わんこっちゃない!ええい!どうとでもなれ!!」ダッ


ザッパーン…





201:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:29:35.42 ID:KGXSFKDo0

……

須田「う……」

両津「やっと起きたか」

須田「りょ、両津さん……?俺は……」

両津「どうもあの崖の下が運良く川だったらしくてな。どうにかなったぞ」

須田「すいません……俺のせいで……」

両津「あんな状況では仕方ない。にしても見てみろ。この川を」

須田「川?川がどうかしたん……!?」

須田「なん……なんですか……この川……。『赤い』川……?」





202:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:33:12.93 ID:KGXSFKDo0

両津「なんなんだこの村は……さっきのサイレンといいこの川といい普通じゃあないぞ……」ブツブツ

須田「……これ、赤いだけで普通の水なんですかね?」

両津「上の方で何か大量の栄養ドリンクでも捨てたんじゃないか? そんな味がしたぞ」

須田「そんなわけないでしょ!!なんだか血生臭いような気もするし……よく飲めましたね、こんなの」

両津「喉が乾いたもんでついな」





208:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:36:59.85 ID:KGXSFKDo0

両津「しかしロクに明かりもない中ここからあの交番まで戻るのは骨だな……まだ余震があるかも知れんし、今夜はその辺に泊めて貰うしかなさそうだな」

須田「大丈夫ですかね?俺、さっきもこの辺の人に泊めて貰おうとしたんですけどなんだか嫌によそよそしくて……」

両津「なに、こんな事態だしいざとなれば銃の一つでも突き付けりゃ宿の一つや二つどうってことないよ」ハハハ

須田(この人は本当に警察官なんだろうか……)





211:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:39:20.75 ID:KGXSFKDo0

両津「……誰か来るな、足音がする」

須田「よく聞こえますね……」

両津「うむ、この足音だとババアではないがそう若くもない感じの女……」

須田(そこまで分かると逆に不気味だ……)





216:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:44:18.24 ID:KGXSFKDo0

八尾「よかった、まだ無事な人がいたんですね……。あら、お巡りさん……?」ホッ

両津「あんたこの村の人か? わしは両津勘吉巡査長、今日からこの村の交番に異動になった警官だ」

須田「あ、俺は須田恭也です。ツーリング来てたらなんだか変なことに巻き込まれて……わけわかんなくて……」

八尾「そうでしたか……。申し遅れました。私は八尾比沙子、この村で求道女をさせていただいております……」ペコリ





220:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:48:14.57 ID:KGXSFKDo0

八尾「とにかくここは危険です。ひとまず私達の教会へ行きましょう。少なくとも、ここよりは安全な筈です」

両津「まあそうだな、いつ余震があるか分からんし道も分からんしここは地元の住人のあんたに任せるよ」

八尾「地震……それよりも、もっと恐ろしい存在が、今この村を包んでいるのです」

両津・須田「?」





221:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:51:50.94 ID:KGXSFKDo0

八尾「屍人……」

両津「……」

八尾「死して永遠という牢獄に囚われこの世の理から外れた彼らは決して死ぬことなくはなく、ただ生前の習慣に従って行動する……」

須田「……」

八尾「そんな彼らが、今この村の中を彷徨っているのです。未だこの世界に生きて苦しんでいる私達を殺すことで『救おう』として」

両津・須田「……」





223:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:56:00.81 ID:KGXSFKDo0

両津「えー、本官はちと急用を思い出したのでこの辺りで失礼……」クルッ

須田「ちょ、ちょっと!!」ガッ

両津「ぐええっ!」

須田「この状況で自分一人行くつもりですか!?」

両津「ほ、本官は忙しいのだ!君はそこの婦人と一緒にその教会とやらに言って尊い教えを乞うてこい!」

須田「いきなり態度変えないでくださいよ!!」





226:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 21:59:40.59 ID:KGXSFKDo0

八尾「どうも、信じて貰えてないようですね……」

両津「い、いや。大変為になるお話だったと思うなぁ、私は! なぁ須田くん!」

須田「何処見ながら言ってるんですか」

両津(冗談じゃないぞ!トリガーハッピーな警官の次は怪電波発信宗教女だと!?もう嫌だこんな村!わしは亀有に帰る!)ボソボソ!

須田(なんでもいいですからひとまずこの状況をどうにかしてからにしてくださいよ!)ボソボソ!





228:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:03:38.84 ID:KGXSFKDo0

八尾「分かりました。信じて貰う為に……あなた方に備わった能力についてお教えします……」

両津(頭が痛くなってきた)

八尾「目を閉じて……私の方に意識を集中してください……」

両津(こういう手合いは付き合うフリをしてさっさとやり過ごすに限るな……)ゲンナリ

両津「はぁ……こうか……!?」

須田「……!? りょ、両津さん!これ……!!」

両津「わ、わしが見える……!?」





230:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:08:13.89 ID:KGXSFKDo0

八尾「これは幻視と呼ばれる力です……屍人達はこの能力を使って互いにコミュニケーションを取ることが出来るのです」

両津「こいつはたまげた……ん? 屍人は? わしらは普通の人間だぞ?」

八尾「……あなた方、そして私も、この『赤い水』の影響を受けたのでしょう」

須田「なんなんですか?この、赤い水は……」

八尾「そのことについては、また後ほど……今はひとまず安全な場所へ向かうことが先決です」

両津「それもそうだな……」

両津(しかし……この能力があれば……)





232:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:11:29.38 ID:KGXSFKDo0

両津(中川のクレジットカードの暗証番号を盗み見る……のは犯罪だから……)ブツブツ

両津(手品師……は割が悪いし……)ブツブツ

両津(となるとやはり趣味と実益を兼ねた覗き……そういえば最近中川財閥の技術部が人の見ている映像をデジタルデータ化する技術を……」ブツブツ

八尾「あの、この方は一体どうなさったのですか……?」

須田「よくないことを考えていることだけは確かです」





234:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:16:26.03 ID:KGXSFKDo0

八尾「ともかく、この先はもう既に屍人の縄張りです。くれぐれも彼らに悟られないように静かに行動してください……どうしました?」

両津「ううむ……屋根の上に猟銃を持った奴が一人……通りに拳銃を持った奴が一人……あとは特に気にしなくてもよさそうだな……」ブツブツ

八尾(さっそく幻視を使いこなしてる……)

須田(ドラえもんの道具を悪用する時ののび太みたいだ……)





235:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:19:22.27 ID:KGXSFKDo0

八尾「でも先ほども申し上げましたが彼らはどんなことをしても決して死ぬことはありません。たとえ倒したように見えてもすぐにまた起き上がってきます。ここはひとまず見つからないよう物陰に隠れながら慎重に……」

両津「……よし!隠れて逃げ続けるのは性に合わん!わしは攻めるぞ!!」

八尾「話聞いてましたか!?」

須田「聞き流してたと思います」





239:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:20:14.71 ID:hdWH5rs50

ステージが目に浮かぶ……
そしてまるで俺みたいな攻略法……





243:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:23:59.67 ID:KGXSFKDo0

両津「うおおおおおっ!!」

狙撃屍人「……」チャキッ

ダンッダンッ!

両津「ぎええっ!」チュインチュイン

両津「ほ、本当に撃ってきやがった……」ドキドキ

両津「とても素人とは思えんほど精確に狙ってきやがって……人間様の本気を見せてやるからな!」ガサゴソ





245:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:29:56.33 ID:KGXSFKDo0

狙撃屍人「……」キョロキョロ

ガサッ

狙撃屍人「……!」ダンッ!

グッ……ウ、ウタレタ……モウオシマイダァ……

狙撃屍人「……」フゥ



両津「後ろだ馬鹿者!!」グイッ

狙撃屍人「グアアッ!!」ダンッダンッ

両津「こんな単純な手に引っかかるんじゃない!!張り合いがないぞ!!」ギリギリ

狙撃「ギエエエッ!!!」タップタップ





247:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:32:34.96 ID:KGXSFKDo0

両津「どれだけ痛め付けてもまたケロリとして復活してくるらしいな!こっちはこんな田舎に飛ばされてムシャクシャしてるんだ!!思う存分新技の練習台になってもらうぞ!」グリグリグリ

狙撃屍人「ゴアアアアッ!!!」パンパン


八尾「酷い……」

須田「どちらが悪者なのか分からない……」





248:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:33:59.82 ID:6v6ELJ740

なんという力技ww





249:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:34:13.45 ID:1Xtc/iC30

屍人がタップしてるの想像してふいた





251:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:37:32.94 ID:KGXSFKDo0

……

両津「ふぅ……。骨の無い奴だ。確かに中々しぶとかったがそれだけだな」スッキリ

須田「でもそいつらすぐにまた起き上がってくるらしいですよ、どうするんですか?」

両津「慌てるな。その対策の為にさっきその辺のゴミ捨場から拝借しておいた紐で……」グルグル


狙撃屍人「」

両津「うーむ、中々辛い絵面になったな。中年親父の亀甲縛りなんて誰が得するんだ……」

須田(起き上がっても動けないようにする為なのは分かるけどなぜわざわざこう縛ったんだ……)





252:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:38:27.16 ID:1Xtc/iC30

亀甲wwwwww





256:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 22:41:55.62 ID:KGXSFKDo0

屍人A「」ブラーン

屍人B「」ブラーン

屍人C「」ブラーン

両津「うむ、これでこの辺りの屍人は全員無力化したな!」

両津「あとは夜道で会ってもビックリしないようにユーモラスな顔にしてやるか……」キュッキュッ

須田「オニだ……」

八尾「あの、もうその辺りで……」





276:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:21:44.61 ID:KGXSFKDo0

……

八尾「……というわけなのです」

須田「つまり屍人は元々人間で、赤い水を飲み過ぎたことでああなってしまったと……」

八尾「はい……」

両津「げぇーっ!!思いっきり飲んじゃったぞ!!」ゲホゲホ

八尾「そう大量に飲まなければ……すぐに彼らのようになることはありません」

両津「その言い方だといずれはわしもああなるようにしか聞こえんぞ!」ゲロゲロ

須田「ちなみに両津さん、どれくらい……飲んじゃったんですか?」

両津「妙に美味い水だと思ってガブガブ飲んだからな……うう、寒気がしてきた。ションベンしてくる」

須田「この人は……」





278:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:25:54.27 ID:KGXSFKDo0

両津「まあションベンして外に出せばなんとかなるだろ……」ジョボジョボ

両津「しかしこんなことに巻き込まれるなんて……このまま帰れなかったりしたら恨んでやる部長の奴~!!」ジョボジョボ



キャイーン!!

ケルブー!

両津「!? な、なんだ!?」ジョボジョボ

須田「両津さん!聞こえましたか!?今の!!」

両津「ああ、只事じゃ無さそうだ!すぐに行くぞ!」ジョボジョボ

須田「……っていつまで出してるんですか!!」

両津「生理現象だ!すぐには止められん!」ジョボジョボ





281:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:30:04.24 ID:KGXSFKDo0

須田「せめて手洗ってくださいよ!」ダダダッ

両津「あんな不気味な水で手を洗えるか!問題ない!そのうち綺麗になる!」ダダダッ

須田「なるわけないでしょう! とにかく絶対その手で俺に触らないでくださいよ!」ダダダッ

両津「それよりさっきの悲鳴だ!確かこの辺りで……」



美耶子「……」

ケルブ「クゥーン……」


須田「両津さん!あそこに女の子が!!」

両津「ああ……」





285:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:34:34.37 ID:KGXSFKDo0

ケルブ「……」ガクッ

美耶子「ケルブ……そんな……いや、いや!!」

両津「ち……遅かったか」

須田「ねぇ……君、大丈夫?」

美耶子「う、ううっ……」ポロポロ

須田「とにかくここ……なんだか危ないみたいだからとりあえず……ここから離れよう?」

須田「その犬……もう死んでるっぽいし……」

美耶子「!! う、うううっ……!!!」ドカッ

両津「おい、その言い方は無いだろ……」

須田「俺だっていっぱいいっぱいなんですよ!!」





288:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:40:42.00 ID:KGXSFKDo0

両津「とにかくここは危ない。安心しろ、わしは警官だ。とりあえずここから離れよう」

美耶子「ケルブ……」

両津「……ちょっと待ってろ」

須田「両津さん?なにを……」

両津「いいからお前も掘るのを手伝え。即式の物しか今は出来んが野晒しにはしておけんだろ」

須田「そうですね……」





292:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:46:26.67 ID:KGXSFKDo0

……

両津「残念だったな、こんなものしか出来んかったが……また後でちゃんと弔ってやろう。今はとにかく安全な場所へ行くんだ」

美耶子「……わかった」

両津「よし、ならさっさと行こう。わしにおぶされ」

須田「君、名前は?」

美耶子「美耶子……」

両津「よし、じゃあ美耶子。さっきまでわしらが待機していたところがある。そこまで辛抱するんだぞ」

美耶子「……」コクリ

須田(俺の出番少ないな……)





296:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:52:30.92 ID:KGXSFKDo0

須田「美耶子はここの村の住人なんだよな?」

美耶子「……」コクリ

美耶子「お前達は……?」

両津(口の聞き方のなってないガキだな……)

両津「わしもこいつも今日この村に来たばかりだ、わしは仕事で」

須田「俺は愛車でツーリングに……」

美耶子「……」





297:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:55:08.10 ID:KGXSFKDo0

美耶子「この村は……おかしい」

両津・須田(まったくその通りだ)

美耶子「私は……ずっとこの村から逃げ出したかった、でも出来なかった」

両津「家出の犯行予告とはガキらしいな。家族と仲が悪いのか?」

美耶子「家族なんかじゃない!」

両津「んがっ……いきなり耳元で大きな声を出すな!!」キーン





299:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/03(火) 23:58:13.15 ID:KGXSFKDo0

両津「まったく女って奴はどうしてこう突拍子もなく大声を……」ブツブツ

美耶子「あいつらは……家族なんかじゃない……ケルブだけが……私の……」ポロ…

両津「あーあーもうわかったわかった、泣くな泣くな……まったく……」


淳「酷い言い草だな、美耶子」

美耶子「!?」


両津「誰だ、新キャラか?」

須田「みたいですね」





302:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 00:02:43.28 ID:0hQgbL9U0

美耶子「……」ドサッ

淳「美耶子、お前がいないと儀式が続けられないだろ。帰って来い」

美耶子「い、いや……」

淳「ふん……見ない顔だが……義妹が世話になったようだね、とりあえず礼を言うよ」


両津(今度は見るからに噛ませなキャラが出てきたぞ……)ボソボソ

須田(それぞれキャラ立ちし過ぎじゃないですか?)





306:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 00:08:16.90 ID:0hQgbL9U0

淳(なんなんだこいつら……僕が話し掛けてやってるのにコソコソ話しやがって!)

淳「ふ、ふん……まだ辛うじて正気を保っているようだが……お前はともかく、お前はあっち側へ行くのも時間の問d」ドガッ!!

美耶子「はぁ……はぁ……」

両津「おい……確かに顔に蹴り入れてやりたいような奴だったが幾らなんでも棒で後ろから殴り掛かるのはどうなんだ……白目向いて泡吹いてるぞこいつ……」

須田「さっきまで散々気取った台詞吐いてただけに落差が激しいですね……」

美耶子「なんでもいい!早く連れてけ!!」





459:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 16:55:33.02 ID:0hQgbL9U0

……

両津「……?」

両津「どこだ?ここは……霧がかかってまったく何も見えんぞ……」

両津「そういえば……おーい須田!美耶子!どこだ!!」





462:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 16:58:03.60 ID:0hQgbL9U0

両津「須田!聞こえてるなら返事をしろ!!」ムニャ

須田「ぐへぇっ!!」ドカッ

両津「む?なんだ夢か……」

須田「なんだ夢か……じゃないですよ! 寝るなら寝るでもう少しおとなしく寝てくださいよ!!」ウググ…





464:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:02:16.75 ID:0hQgbL9U0

両津「それはそうとここは何処だ?」ゴシゴシ

須田「教会に戻ろうとしたら道が塞がれてて帰れなくなっちゃってたから結局反対方向に行って、大丈夫そうな廃屋があったからそこで休憩することにしたんじゃないですか……しっかりしてくださいよもう」イテテ

両津「う、うーむ……そういえばそんなことがあったような無かったような……」

須田(本当に大丈夫なんだろうかこの人……)





465:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:07:08.60 ID:0hQgbL9U0

両津「そういえば……無償にイライラしてその辺にあった石碑を蹴り倒したり何かしらしてきたような……」

須田「いきなり何をし出すのかと思いましたよ」

両津「そうこうしてるうちに民家を見つけてそこでしばらく休むことにしたんだったな」

両津「ところで美耶子はどうしたんだ? 便所か?」

須田(デリカシーが無さすぎる……)

須田「さあ……あの子、目が見えなくてあの一緒に連れてた犬の視界を幻視して生活してたらしいですから今は俺達の視界を見ないとろくに動けないと思うんですが……」





467:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:10:14.36 ID:0hQgbL9U0

両津「そう遠くに行ったとも思えんが一人で出歩かせると危ない、探しに行くか」アクビ

須田「本当にこんな状況なのに緊張感ないですね……。でも、一人で何処に行ったんでしょう」

両津「物音はしないしどうもこの廃屋の中にはいないようだが……」


アンタダケガキエレバヨカッタノニ!

ドンッ!

両津・須田「!!」





470:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:14:56.36 ID:0hQgbL9U0

須田「両津さん!今の!」

両津「穏やかな雰囲気じゃねぇな。行くぞ!須田!」



美耶子「……」

須田「美耶子!どうしたんだ!?」

両津「なんだこの壁に突き刺さった鎌は……他に誰か居たのか?」

美耶子「なんでもない……。ちょっと、話をしてただけ。姉と」

両津・須田「……」


須田(実の妹にいきなり鎌を振り下ろすなんてこの村は危ない人しかいないんですか!)ボソボソ!

両津(わしに聞かれても知らん!)ボソボソ!





474:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:19:54.66 ID:0hQgbL9U0

……

須田「zzz……」

両津「どうした。疲れてるだろ、さっきからずっと目を開けたままで……お前は眠らんのか」

美耶子「怖い……」

両津「わし相手にそんなぶりっ子しても良いことはないぞ。わしが見ておいてやるからいいから寝ろ」

美耶子「違う……」


美耶子「お前達が、お前達じゃなくなるのが……怖い……」





478:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:25:23.27 ID:0hQgbL9U0

両津「わしらもあいつらみたいになるということか?」

美耶子「!」

両津「心配するな、わしは結構飲んじまったがこいつはこれまで気味悪がってまったく飲んどらん」

両津「あの八尾とかいう女が言うには飲み過ぎたら危険らしいが……わしも今のところ変なことはないし大丈夫だ」

美耶子「八尾……比沙子……」

両津「なんだ、知り合いだったのか。まあこんな小さな村じゃ当然か」

美耶子「違う……」


美耶子「あの女は……嘘を吐いている……」





479:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:28:12.03 ID:0hQgbL9U0

両津「なに?」

美耶子「その水は……飲まなくても、体に吸収されてしまうの」

美耶子「お前もこいつも、何があったか知らないけど、服はボロボロなのに……体には擦り傷一つない。違う?」

両津(た、確かに……)

両津(幾らわしの頑丈さは折り紙付きだとはいえ一緒に崖から落ちた須田まで異様に無傷過ぎる……)





484:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:33:08.07 ID:0hQgbL9U0

美耶子「その水は傷を癒す代わりに体に吸収されて……段々、お前達の『血』と入れ替わるの」

美耶子「やがて……お前達の体には血よりもその赤い水の方が多く流れるようになる……」

美耶子「そうなれば次は血の方が赤い水に負けて体の外に流れ出し始めて……そのうちお前達は赤い水そのものになる」

両津「オェーッ!そ、そんな大事なことあの女はまったく言ってなかったぞ!説明不足だ!!」

美耶子「お前達は、あの女に騙されてる。それに……」





486:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:38:11.38 ID:0hQgbL9U0

美耶子「この村に鳴り響くサイレン……知ってるでしょ?」

両津「当たり前だ。あんな頭が割れそうになる騒音、こんな田舎じゃなかったら直ちに通報されてるぞ」

美耶子「あのサイレンには、人に正気を失わせ、赤い水を体に取り込んだ人間を、屍人に変える作用があるの」

両津「ブーッ!」

美耶子「個人差はあるけど……取り込んだ量は問題じゃない。あの音を聞くだけで、誰でも屍人になるかもしれない」

両津(それで石田巡査はあんなことになってたのか……なるほど……)

両津「って……じゃあどうすればいいんだ!耳栓でもしてればいいのか!?」ブスッ





487:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:41:11.71 ID:0hQgbL9U0

美耶子「無駄、そんなことじゃ……あのサイレンには逆らえない……」

両津「そんな……じゃあどうすればいいんだ……幾らなんでもあんな化け物になりたくないぞ……」

美耶子「お前らを……あんな奴らにしない方法は……ある」

両津「!? ど、どんな方法だ!?」

美耶子「でも……」





488:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:47:44.01 ID:0hQgbL9U0

両津「なんでもいいから早く教えてくれ!」

美耶子「……わかった。こうすれば……いい」ブシュッ…ダラダラ

両津「な、自分と須田の手首を切って……お前何を………!!」

須田「う、ううっ……」ドクドク


ーーーーーー!!!

両津「ぐおっ!!またあのサイレンだ!!もうなんでもいい!なんでも……いいから早く……してくれ……」バタッ





492:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 17:51:47.72 ID:0hQgbL9U0

須田「う、うぁあ……」ドクドク

美耶子「私の血を入れれば……お前達は屍人にならない……」

須田「……」グッタリ

美耶子「でもその代わり……お前達は絶対に死ねなくなる……」

両津「……」ブシュッ…ダラダラ

美耶子「でも……こうするしかないの、ごめん……」

両津「う、うぐぐ……」ドクドク

美耶子「……!?」



美耶子「な、なに……これ……」バタッ





500:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:10:28.69 ID:0hQgbL9U0

両津「う、ううむ……やっと鳴り止んだか……」チラッ

両津「気絶する間際手首を切られたような気がしたが……本当にもう治ってるぞ……」ゾオーッ

美耶子「……」

両津「おい、これで本当にわしらは屍人になることはないんだな!?」

美耶子「分からない……」

両津「人の手首を切っておいて分からんだと……まあ仕方ない。後は野となれ山となれだ」ゴロン

美耶子「……」





501:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:16:11.86 ID:0hQgbL9U0

美耶子「お前達……本当に変な奴……」

須田「俺は関係ないだろ……」ムニャムニャ

美耶子「よく、落ち着いていられる……」

両津「まあこれくらい生きてるとこういうこともあるだろ」

美耶子「……外の人は、お前達みたいなのばっかり?」

両津「わしからすればこの村の連中の方がよっぽど変だが……」





504:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:22:46.51 ID:0hQgbL9U0

両津「そうだな……。まあわしの周りだと何かするたびにコスプレして派出所に乗り込んでくる石頭がいたり、同僚との旅行で一人頭三兆円ぽんっと出すような金持ちがいたり」

両津「とても婦警とは思えんような小娘がいたり人生万年送りバント男に四年に一度しか起きん男がいたり……まあ退屈はせんかな」

美耶子「なにそれ……。変」

両津「わしからすればお前も十分変だが……」

両津「……この村から一度も出たことがないのか? とんでもない箱入り娘だな」

美耶子「出たくても出れなかった……私は、『神の花嫁』だから……」





506:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:24:56.78 ID:4WncvrQ/0

やっぱり両津の周りヤバイやつしかいないな・・・





507:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:27:50.75 ID:0hQgbL9U0

両津「また頭が痛くなるような単語が出てきたぞ……。なんだそれは」

美耶子「私の家ではずっと昔から次女は『美耶子』と名付けれて……産まれた時から『神の花嫁』として育てられるの。誰とも関わらずに、隠されて」

両津「ん……? ちょっと待て、それはつまり……監禁じゃないか!!」

美耶子「……そして、成長して私くらいの年齢になると……『実』として捧げられる。それで『美耶子』の役割は……終わり」

両津「……」





509:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:31:40.63 ID:0hQgbL9U0

両津「それがこの村に伝わる『宗教』か。とんでもねぇ話だ!警察は何をやっとるんだ!!」

美耶子「この村の宗教の本当のあり方は……本当に一部の村人しか知らない。殆どの人達は信者だけど、詳しいことは何も知らない」

両津「……なるほどな」





512:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:39:51.14 ID:0hQgbL9U0

美耶子「私は……こんな村……大っ嫌い……! 外の世界を……見てみたい……」ポロ…

両津「……わしは警官だ。お前を保護して無事に安全なところにまで連れて行くのがわしの仕事だ」

美耶子「……」ポロ…

両津「そして今までこんな馬鹿げた儀式なんぞを続けてきた連中をきっちり懲らしめてやる!」

美耶子「うん……」ポロポロ…

両津「だから今は休んでおけ、後が辛いぞ」





517:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:46:34.40 ID:0hQgbL9U0

須田「あの……」

両津「なんだお前、早起きだな」

須田「そんなわけないでしょう!!両津さんの声がデカくて目が覚めたんですよ!!」

須田「話すなら話すでもっと小声で話してくださいよ!」

両津「そう興奮するな、寝れなくなるぞ」

須田「だ、誰のせいだと……!」





525:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 18:56:47.79 ID:0hQgbL9U0

美耶子「私も、寝れない。眠くなるまで……外の話して……」

両津「そうだな……。何処か行きたいところでもあるか? 大抵の無茶なら同僚に頼めばなんとかなるぞ」

須田「なんで今から眠ろうとしてる人をワクワクさせて眠れなくさせようとしてるんですか!!」

須田「それに美耶子、外のこと何も知らないんですよ? 行きたいところなんて出てくるはずないでしょう」

両津「なんだお前、さては途中から狸寝入りで盗み聞いてたな? いやらしいやつだ……」

須田「仕方ないじゃないですか! あんな重い空気の中に切り込んでいけるほど心臓に毛生えてないんですよ!!」





527:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/04(水) 19:01:01.84 ID:0hQgbL9U0

美耶子「遊園地……友達が、言ってた遊園地に……行きたい」

須田(遊園地……東京デ○ズ○ーとかですかね)ボソボソ

両津(待て!こんな村の中しか知らないこいつをいきなりあんなナウなヤングで溢れ返ってる場所へ連れて行ってみろ……死ぬぞ)ボソボソ

須田(流石にそこまではないと思いますけど……)ボソボソ

両津(中川か麗子に頼めば貸切にしてくれそうだがそれじゃあ遊園地の醍醐味は味わえんしな……)

両津「よし、それじゃあ外に出たらわしが子供の頃に通ってた花やしきに連れて行ってやる!あそこならド田舎生まれド田舎育ちの箱入り娘なお前にもちょうどいい筈だ」

須田「えぇ……」


キサマ!ハナヤシキヲバカニスルツモリカ!

イヤ、ソンナコトハナイデスケド…

美耶子「……zzz」





804:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:32:13.48 ID:u/Z8SpMH0

……

須田「しかし朝になってから道も分からないまま歩き続けてますけど……今俺たち何処にいるんですかね」

両津「さあな。美耶子は分からんのか」

美耶子「うん……この辺り、来たことないから……」

両津「まあ歩き続けていればそのうち見晴らしのいいところに出るだろ」





806:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:34:56.56 ID:u/Z8SpMH0

両津「それにしても晴れんな……ずっと霧ばかりでさすがにわしも気が滅入ってきたぞ」

須田「本当なんなんですかね、なんだかこの世じゃないって感じで不気味ですよ」

美耶子「……」

両津「おっ!見ろ!あそこからならこの辺りが見渡せそうだぞ!!」ダッ

須田「ちょっと!視界悪いし何があるか分からないんですからいきなり走らないでくださいよ!美耶子もいるんですから!」





807:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:38:41.46 ID:u/Z8SpMH0

須田「まったく……ほら、美耶子。俺達も急ごう?」

美耶子「……ひょっとしたら、もう……駄目かもしれない。私のせいで……」

須田「……美耶子?」

美耶子「でも……」ダッ

須田(なんなんだ……?)

須田「おい!目が見えないのに美耶子までそんな走ったら危な……」


美耶子「お前も早く来い!愚図!」

須田「ぐ、愚図……?」





809:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:40:48.45 ID:u/Z8SpMH0

両津「おい……二人とも……見てみろ……」

美耶子「……」

須田「はぁ……はぁ……なんなんですか……一体……!?」

両津「これは流石にたまげたぞ……」

須田「なん……だよこれ……赤い水に……」

須田「この辺りすべてが覆われちゃってるじゃないですか!!」





810:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:45:13.15 ID:u/Z8SpMH0

美耶子「私が逃げたことで儀式が失敗して……この村は、赤い海に包まれた」

美耶子「ここはもう、現世じゃない。この世とは別の理で成り立っている……『常世』」

須田「……」ガクッ

須田「そんな……こんなの……」

須田「どうしようも……ないじゃないか……」


両津「うーむ、確かに流石のわしでもこれを二人抱えて泳いで行くのは辛そうだな……」





812:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:50:22.83 ID:u/Z8SpMH0

須田「って……泳ぎ切れるとか切れないとかの問題じゃないでしょう! ここは別の世界なんですよ!? この海の先があるかどうかも分からないんですよ!?」

両津「ふん、違う世界がなんだ。わしからすれば「またこのパターンか」くらいにしか思わんぞ」ハナホジ

須田「」アゼン

両津「なんにせよ問題ない!誰の仕業かは知らんが……わしをこんなことに巻き込んだことを後悔させてやるぞ!!」





813:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:51:12.07 ID:STew2A1F0

頼もしすぎるwww





815:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:53:27.44 ID:u/Z8SpMH0

美耶子「お前達……本当に、変」

須田(俺を一緒にしないでくれ……)トホホ

美耶子「本当は私、ずっと……もう、どうあがいても絶望しかないって思ってた」

美耶子「でも今は……」

美耶子「お前達となら、どうにかなりそうって、そんな気がする」





819:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 16:56:46.00 ID:u/Z8SpMH0

両津「あたりまえだ!わしを誰だと思っている!」

美耶子「……?」キョトン

両津「……ああそうか、そういえばまだ名前を言ってなかったな。年上をお前お前呼びおって……いいかよく覚えておけ!」

両津「わしは両津!葛飾区亀有公園前派出所の両津勘吉巡査長だ!」

須田「俺は普通の高校生の須田恭也です……」





820:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:00:07.12 ID:u/Z8SpMH0

美耶子「かつしかくか……? お前、長い……」

美耶子「でも、覚えた。かんきちときょーや、これからもよろしく……」




淳「やっと、見つけた……ぞ……!!」





821:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:08:09.11 ID:u/Z8SpMH0

両津「お前……昨日の美耶子のアニキじゃねぇか! てめぇ!よくも妹をあんなふざけたことに巻き込みやがったな!!何様のつもりだ!!」

淳「うるさい!!うるさい!!!!」ガサッガサッ

淳「余所者が……邪魔なんだよ……!!お前ら僕を誰だと思ってる……僕は『あの』神代家の婿養子、神代淳だぞ!!」

両津「知るか!!そんなくだらんものしか誇る物がないなんてつまんねぇ野郎だ!!」

淳「こ、ことごとく僕を虚仮にしやがって……!!許さん!!!」ジャキッ

両津(いかん!あいつ銃を隠し持ってやがった!!)

淳「昨日の……お返しだよ!!」バァン!

両津「二人とも!!」ガバッ

須田「うわぁぁぁぁぁっ!!」

美耶子「ーー!!」





824:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:12:51.64 ID:u/Z8SpMH0

両津「ぐっ……」ユラ…

須田「ああああああっ!!」

美耶子「あ……嫌!!」

淳「おっと、お前はこっちだ」ガシッ

美耶子「やめろ!!放せ!!」ジタバタ!

淳「暴れるなよ……暴れるな!お前まで一緒に落とすわけにはいかないんだよ……」

淳「お前には儀式をやり遂げて僕にこの村の神様を見せるって役目がまだ残ってるんだから……その為に……ほら、あの人も一緒に……」

美耶子「嫌だ……嫌!!」


八尾「さあ、儀式をやり直しましょうか。美耶子様?」





827:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:20:12.99 ID:u/Z8SpMH0

……

両津「う、うーん……ど、何処だここは!!」

宮田「目覚めましたか」

両津「誰だ貴様!!」チャキッ

宮田「慌てないでください……この格好を見ていただければ分かると思いますが……私は宮田司郎、この羽生蛇村で医者をやらせて頂いているもので……ここは私の病院です」

宮田「倒れていたあなた方をこちらまで運ばせて簡単に治療させて頂いただけですよ」

宮田「もっとも貴方はあの高さから落ちたにしては……不気味なほど傷一つありませんでしたが」





830:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:24:36.16 ID:u/Z8SpMH0

両津「なるほど……すまん、世話を掛けたな」

両津「しかしあんた一人か?こんな状況でよく無事でいられたな」

宮田「ええ。もっとも奴らに怯え、ほとんど逃げ隠れ続けていただけですがね。荒事は苦手なもので」

両津「そうか……まあ無理もない。ところでわしの連れの様子はどうだ」





831:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:29:52.58 ID:u/Z8SpMH0

宮田「この『赤い水』のおかげというべきか……二人とも気は失っていますがたいしたことはありません」

両津「やはりあんたも知ってるのか。この赤い水について……」

宮田「ええ。傷を癒し死を克服する……こんなものが実際にあったのでは、我々は廃業ですからね」

宮田「『偶然』『たまたま』『何処かの誰かが』捕獲してくれていた屍人を実験して、様々なことが分かりましたよ」

両津(今の台詞だけ妙に棒読みが際立ってたな……)





832:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:33:28.55 ID:u/Z8SpMH0

宮田「まず始めに……奴らは本当に、どんなことをしても死ぬことはありません。どんなに細かいサイズにまで分断してもすぐに自己再生を始めてしまう……」

両津「……ぶ、分断?」

宮田「はい」

両津「も、元は人間らしいぞ?そいつら……」

宮田「今は化け物です」

両津「……」

両津(やっとまともな人間に会えたと思ったら……やっぱりこの村には危ない人間しかおらんじゃないか!!)

両津「ほ、ほう……それで?」





833:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:38:25.62 ID:u/Z8SpMH0

宮田「この回復力は脅威的です。奴らを無力化するにはその場に縛り付けるか、何らかの手段を用いてその場に封じるしかないでしょう」

宮田「また奴らは時と共に独自の変態を遂げるらしく……まあ後のことはこのカルテに書いておいたので読んでみて下さい。結局、これだけ時間を掛けたのにまだまだ分からないことだらけだ」

両津(ゲェーッ!このカルテ血塗れじゃないか……読めるところの方が少ないぞ……)

両津「ふ、ふむ。大変為になるお話だったよ。それでは本官は連れを起こしてこの辺りで……」アセアセ

宮田「……待ってください」





835:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:41:58.30 ID:u/Z8SpMH0

両津「ま、まだ何か……」

宮田「本当に、もうどうしようもないと思っていたんですがね。貴方の血液を調べさせて頂いて、大変興味深いことが分かったんですよ」

両津「……け、血液?」

宮田「失礼ながら……貴方が今どれだけ人間であるかを確かめさせていただきました。人を助けて目覚めてみれば化け物でした、なんて笑えない」





837:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:45:04.47 ID:u/Z8SpMH0

両津「そ、それでわしの血は今どれくらい……あの赤い水と入れ替わっているんだ?」

両津「実は何も知らんうちに結構飲んじまったんだが……」

宮田「……よくあんな得体のしれない物を飲む気になりましたね」

宮田「しかし……飲んだというのは、どのくらい?」

両津「うーむ。結構な量だったな……やたら美味い水と思ってバケツ一杯分くらい……」

宮田「……」





838:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:48:54.56 ID:u/Z8SpMH0

宮田「見ていただいた方が早いでしょう。こちらのビーカーに例の赤い水が入っています」タプッ

両津「う、うむ」

宮田「そしてこちらの小瓶に貴方から採血させていただいた血液」チャプッ

宮田「貴方の血をこの赤い水の中に混ぜ合わせます」トクトク……クルクル

両津「料理番組みたいになってきたな」





842:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 17:58:49.68 ID:wki46rNJi

宮田「そろそろ、いいでしょう」

宮田「こちらの中身を顕微鏡でご覧になってください」

両津「どれどれ……」

宮田「お分かりいただけましたか?」

両津「いや!さっぱりわからん!」

宮田「……」ズルッ

宮田「簡単に言わせて頂きますと……これはいろいろと混ざってはいますが、赤い水の成分はほぼ含まれていません。人間の血液そのものです」

両津「な、なんと!」





844:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:00:22.21 ID:78Eaaz450

流石両津だ





845:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:00:26.57 ID:6rQ/qv5f0

両津だしな





849:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:03:16.94 ID:EPA7Aa3o0

無敵ワロン





861:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:19:58.99 ID:wki46rNJi

宮田「ところであなた……名前は」

両津「両津勘吉だが……」

宮田「分かりました。ここにあなたの血液から培養させていただいた抗体がありますが……仮に『リョーツMYTワクチン』とでも名付けましょう」

両津「待て、わしは薬なんぞさっぱりわからんが……そんな簡単にワクチンなんぞ作れるものなのか?」

宮田「……」

両津(ま、まあウイルスの繁殖してるガレキから生み出した蛇から採った血をワクチンと言い張って通用する漫画もあるくらいだし大丈夫なんだろう……たぶん……)





869:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:25:44.59 ID:wki46rNJi

宮田「問題はここからです」ガチャッ

両津「ん?なんだこの部屋……げっ!!」

宮田「このワクチンを屍人に変貌した彼女達に投与する。もしかしたら……もしかするかもしれません」ブスッ

屍人「!!ーーー!!」

両津「おい!物凄い暴れ回っとるぞ!!」

宮田「当たり前です。貴方の血から出来たワクチンは劇薬同然……それもかなりの量を注入しました」

宮田「ですが彼女達はもう既に屍人、少しくらいの量で変化はないでしょう」

両津「しかし……」

屍人「ーーー!!」バタバタ





873:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:28:38.81 ID:wki46rNJi

宮田「フフフ……」

屍人「ーーー!!!」ビクンビクン

両津(なんという光景だ……夢に出るぞ……)

屍人「ぁ、ぁっいっーー!!」

両津「!! おい宮田! こいつーー!」

宮田「まだです。まだどうなるか分からないーー!」





879:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:34:33.72 ID:wki46rNJi

両津「だ、段々ゾンビみたいだった肌色が……」

屍人「あ、あああーっ!!」ガタガタガタガタ

宮田(気のせいか?少し眉がフサフサしてきたような……)

ガクッ

両津「と、止まったぞ……」

宮田「……」スッ、ペタペタ

両津「……ど、どうだ?」





882:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:37:13.44 ID:wki46rNJi

宮田「ははは……」ガックリ

両津「どうなったんだ!自分一人で納得してないでなんとか言え!」

宮田「参りましたね……これは」

両津「そ、それでは……やはり……」

宮田「……ええ」

宮田「傷を癒すが人を化け物に変える赤い水に化け物を人に変えるワクチン」

宮田「これじゃあ医者(おれ)も用無しだ」





884:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:39:45.75 ID:wki46rNJi

両津「わしの血ながら恐ろしい……」

宮田「とにかくこれで証明されました」

宮田「ある種の血が化け物になることを防ぐ予防薬になることは聞いていましたが……信じられないことに」

宮田「あなたの血は、奴らに対しての治療薬になってしまう」





890:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:45:25.84 ID:wki46rNJi

宮田「まったくなんて非常識だ。一度解剖させて貰いたいくらいですよ」

両津「ははは……遠慮しておくよ……」タキアセ

宮田「せっかく人が覚悟を決めていたというのに……これでは丸々計画の練り直しになってしまった」

宮田「しかし手段は変わったが目的は同じこと……それでは私はこれで失礼しますよ」ガタッ

両津「お、おい。何処へ行くつもりだ?」

宮田「なに、一度やってみたかったんですよ。人を救うという行いを」ハハハ

両津(なんだこいつ……酔ってんのか?)ドンビキ





895:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:48:58.39 ID:wki46rNJi

宮田「ああそうだ。これ、差し上げますよ」ポイッ

両津「な、なんだこれ。土偶か?」

宮田「あなたには必要無いかも知れませんが……あなたに渡しておけとうるさいものでね」

両津(だからこの村は変な電波を受信した奴しかおらんのか!!)





897:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:53:30.89 ID:wki46rNJi

宮田「彼女たちはそこにそのままにしておいてください。完全に赤い水の影響を受けなくなった今、じきに『帰れる』筈です」

宮田「もっともそれもあなた次第でしょうが……ご活躍をお祈りしておきますよ。では」バタン

両津「……」

両津「見た目と裏腹にとんでもなくサイコな奴だったな……」





900:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 18:57:18.33 ID:wki46rNJi

須田「あ、あのー……両津さん……もう、あの人行っちゃいました?」コソッ

両津「き、キサマ……さては早々に目を覚ましておきながら隠れておったな……!!」ビキビキ

須田「ひっ!だ、だってあの人明らかに普通じゃないじゃないですか!」

両津「そんなの今に始まったことじゃないだろ!よくもあんなのとわしを二人っきりにしおったな!」ドカッバキッ

須田「すいませーん!!」





903:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 19:02:25.39 ID:wki46rNJi

安野「あの~なんだかよくわからないんですけどもういいんですかぁ?」

両津「で、誰だこいつは」ギリギリ

須田「両津さん痛い痛い!」タップタップ

須田「気付いたら俺の隣のベッドに寝かされてたんですよ!!」

安野「私城聖大学四年の安野って言います~。なんだかガッコの先生に付いてきたらマジヤバみたいな?」

両津(こういう見るからに頭弱そうな女を見ると無性にイライラしてくるんだが)ボソボソ

須田「知りませんよ!」タップタップ





905:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/05(木) 19:05:56.27 ID:wki46rNJi

両津「む、ところで美耶子はどうした。連れの二人っていうからてっきりわしはお前と美耶子のことだと……」

須田「わ、分かりません……たぶん、崖から落ちた時、美耶子だけはぐれて……」

両津「なんだと……いかん!こんなところでもたもたしとる場合じゃない!急ぐぞ!」ダッ

須田「ゲホゲホ……は、はい!」ダッ

安野「ちょっと~無視しないでくださいよぉ~」タタタッ





1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:26:25.57 ID:Ns36zKu40

テレビ『えー、羽生蛇村を襲った突然の大規模な土砂災害』

テレビ『自衛隊の懸命な捜索はなおも続けられていますが依然生存者は……』

部長「……」

中川「こんなことに……なるなんて……」

部長「……心配するな。あいつは殺しても死ぬようなタマじゃない」

部長「あいつが……こんなことでくたばる筈が……ないんだ……」

麗子「両ちゃん……」

中川(先輩……)

中川(一体……今何処にいるんですか!)





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:32:26.44 ID:Ns36zKu40

……

両津「へくしっ!!」ビチャッ

須田「うわっ!鼻水飛ばさないでくださいよ!」

両津「すまんすまん、なんだか急に鼻がムズムズしたもんでな」ズルル

安野「ここ、なんだかずっとじっとりしてますもんね~。私も早くお風呂入りたい~」

両津「あの赤い水に何度も落ちたせいで全身血生臭いしな。さすがのわしもひとっ風呂浴びたい気分になるぞ」

須田「風呂嫌いっぽそうですもんね、両津さん」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:36:09.77 ID:Ns36zKu40

両津「しかし……」

須田「もう何があっても驚かないと思ってましたが……」

安野「物凄い違法建築だね……」


屍人A「グルルァ!!」

屍人B「ヒィヒィ」


両津「しかもなんだかまだ未完成みたいだな」

両津「大規模なハリボテみたいなもんにしても酷過ぎるだろ……。学芸会のセットみたいだぞ」

須田「両津さんがこの辺のあいつら全員縛ったから予定通り進まなかったんじゃ……」





18:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:40:59.27 ID:Ns36zKu40

須田「でも……なんだか呼ばれてる気がする……」

両津「ああ、なんだかわしもそんな気がするぞ」

安野「私も!なんだか先生に「早く来てくれ!」って言われてると思う!」

須田「それはさておき……あちこちに猟銃構えた奴らも居ますし……どうすればいいんでしょう……」

両津「ううむ……確かに結構な数だな。奴らの視界を覗いてみた限りここは奴らなりの要塞みたいなもんかも知れんな」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:45:54.08 ID:Ns36zKu40

須田「それじゃあ……」

両津「うむ。猟銃を持った奴も一人じゃないし、ここは出来るだけ見つからないように進むしかなさそうだな」

安野「なんだかステルスゲームみたいですね~」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:48:30.95 ID:Ns36zKu40

……

須田「両津さん、この扉鍵が掛かってますよ!」

両津「なに!? くそ~こんな雑なハリボテになんで扉だけついとるんだ!!」ガチャガチャ!

屍人「……」チラッ

須田(しっ!あんまり物音立てないでくださいよ!気付かれたらどうしようもないんですから!!)

両津(ぐぬぬ……)





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:54:43.70 ID:Ns36zKu40

安野「だけどこの錠前、見た感じそんなにちゃんとしたものじゃなさそうですよ? 何度か叩いたら壊れそう~」

須田「でもそんな物音を立てたら間違いなく気付かれるんじゃあ……」

須田「そうだ!さっきから時々鳴ってる雷に合わせて鍵を叩けばあいつらにも気付かれないんじゃないですか!?」

両津「そんな音ゲーみたいなこと悠長にやってられるか、空いたぞ」カチャカチャ

須田「」ズルッ





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 20:55:15.55 ID:Ns36zKu40

須田「そんな便利なもの持ってるなら先に言ってくださいよ!!」

屍人「……」クルッ

両津「大声を出すな。屍人に気付かれるぞ」

須田「……」プルプル





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:09:43.91 ID:Ns36zKu40

両津「……」

須田「どうしたんですか?両津さん」

両津「いや、今この先の屍人を幻視しようとしてたんだが……」

両津「どうもあの医者の言ってたことは本当らしいな」

須田「それってつまり……」

両津「ああ、最初に比べるとさっぱり見えん……まるでトンネルの中でアナログテレビでも見てるみたいだ……」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:13:59.80 ID:Ns36zKu40

両津「さっきはまだ辛うじて見えていたが……どんどん見えなくなっていくぞ!!」グヌヌ

須田「そんな……それじゃあ時間は掛かるけどもっと慎重に行くしか……」

両津「これじゃああっちに帰る頃には完全に見えなくなって、銭湯で女湯を覗くことも出来んじゃないか!!急ぐぞ須田!!」ダッ

須田「なんなんだこの人!」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:17:50.93 ID:Ns36zKu40

両津「この梯子からどうやら下に降りられそうだな……。よし!わしが先に行くからついて来いよ!」カンカン

須田「りょ、両津さん!ちょっと待っ……」

狙撃屍人「!」ダンッダンッダンッ

両津「ぎええええええっ!!」ドサッ

須田「大丈夫ですか!?うわっ!」チュインチュイン

両津「馬鹿野郎!下で待ち伏せし気付てることに気付いてたなら早く言え!」ジンジン

須田「言う前に両津さんが飛び出したんじゃないですか!!」

安野「すごーい。あのお巡りさんあの高さから落ちてピンピンしてる~」





33:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:31:20.68 ID:Ns36zKu40

狙撃屍人「……」グッタリ

両津「馬鹿め、残り何発残ってるかも考えずにバカスカ撃つからこうなるのだ」パンパン

須田「相変わらず素手でよくやりますね……」

安野「ねぇー、なんだか変な音聞こえてこない?」

須田「そういえば……微妙に何か聞こえるような……。何処からだろう……」

両津「オルガンの音だな、そう遠くなさそうだぞ」ピタッ

須田「オルガン?どうしてそんな音が……」

両津「ふん、決まっとるだろう。こんな状況で呑気にオルガンなんぞ弾いてるのは」


両津「やっと目的が果たせそうで浮かれとる奴だ」





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:52:55.06 ID:Ns36zKu40

……

八尾「ーー♪」

淳(何処にあったんだこんなオルガン……)

八尾「ーーふぅ」

美耶子「……」

八尾「貴女という強いお印を持った『実』が現れるまで、私はずっと待ち続けた」

八尾「本当に、永かったーー」

淳「……」

八尾「さあーー」

美耶子「……」

八尾「楽園の門が、開かれる」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:54:12.38 ID:Ns36zKu40

淳「……」ワクワク

美耶子「……」

八尾「……」




八尾「……?」

淳「……どうしたんだ?」

八尾「そんな……どうして……」

淳「おい!何も起こらないぞ!!」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:57:22.13 ID:Ns36zKu40

八尾「そんな……嘘、この実でもまだ、不十分だと!? このような印の現れた実は、これまで……!!」タッ

八尾「嘘……そんな……」

淳「なにがどうなっているんだ!いいから説明しろ!!!」

亜矢子「そうよ!こんな気味の悪い奴さっさと生贄にしちゃってよ!!」


八尾「実が……無くなってる……?」

淳「……なんだって?」





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 21:59:57.99 ID:Ns36zKu40

八尾「そんな……そんな筈はないのに!!」

八尾「実がなくなるなんて……そんなこと……あるワケが……」

八尾「天におわすお主よ!これは何かの間違いです!! こうなったら……とにかく何が何でも捧げて……!」


バァン!!

両津「全員動くな!警察だ!!」

須田「美耶子!!」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:05:55.68 ID:Ns36zKu40

八尾「そんな……どうしてここが……」

須田「美耶子が教えてくれたんだ、ここにお前らがいるって」

両津「こんなド田舎でコソコソふざけた風習を続けやがって! 全員逮捕だ!! 神妙にお縄につきやがれ!!」

八尾「そう……そういうこと……」

両津「まさかあんたがこんな奴だったとは思わなかったよ」

両津「変なことばかり言っちゃいるがいい人だと思ってたんだがな」チャキッ





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:09:57.45 ID:Ns36zKu40

八尾「……あなたたちに親切にした人格も、私の中の一つの表面に過ぎません」

八尾「そう、禁忌を犯し永遠を生きるうちに……私の中に生じた一つの人格に」

両津「またワケの分からんことを……もういい!とにかく逮捕だ!!」

八尾「……仕方ありませんね」

八尾「ここはひとまず、逃げさせてもらいます」スウッ

両津「!?」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:13:31.46 ID:Ns36zKu40

須田「両津さん!あの人鏡の奥に消えちゃいましたよ!?」

両津「そんな馬鹿な!!くそーっ!!卑怯だぞ!!!出て来い!!!」バンバンバン!

美耶子「駄目……」

須田「美耶子!あれ……なんだか眉毛が……」

美耶子「?……!?み、見るな!!」

両津「痴話喧嘩は後にしろ!それでわしらはどうすりゃいいんだ!!」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:15:56.06 ID:W1ClCLisP

やっぱ繋がるのか





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:16:28.10 ID:Ns36zKu40

美耶子「この奥は……この村の神の世界……『いんふぇるの』に繋がってる」

両津「これ以上変な用語を増やすんじゃない!それでわしらはどうすればそこにいけるんだ!!このままじゃあの女に逃げられちまうぞ!!」ユラユラユラ

美耶子「わ、わわ……」グラグラグラ

須田「慌てる気持ちも分かりますけど落ち着いてください揺らさないでください!!」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:18:02.11 ID:Ns36zKu40

美耶子「お前らだけじゃ、無理……だから……」

美耶子「私が、扉を開ける」

両津「!?」

須田「これ……さっきあの人が消えた時みたいに鏡が光って……!?」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:20:24.03 ID:Ns36zKu40

美耶子「私の中の実は殆どなくなったけど……二人の中には私の血も混ざってる……」

美耶子「それを使えば私にもまだ、扉を開けることくらいは出来る……!」

須田「お、俺たち、鏡に吸い込まれて……」

両津「ぎええええええっ!!!」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:25:55.30 ID:Ns36zKu40

……

八尾「まさかあの『美耶子』の実がなくなるなんて……」

八尾「どうする……?こうなったらあの姉の方にまた実を作らせて……でも……」チュイン!


八尾「……どうして、ここに」

両津「もうあんたの電波話に付き合う気はない!次は当てるぞ!もう終わりだ、大人しくしやがれ!」

八尾「そう……まさかとは思ったけど……やっぱり……」


八尾「あなた達が実を盗んだのね!!!」





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:34:50.98 ID:Ns36zKu40

八尾「駄目……もう……待つのは嫌……」

両津(お、おい……なんだか悶え出したぞあの女……)ボソボソ

須田(追い詰められて参ってるんじゃないですか?)ボソボソ

美耶子(あの女は元からあんな感じ)ボソボソ


八尾「これだけは……やりたくなかった……でも……もうこうするしかないのね……」ユラ…

両津「キサマ!妙な動きを見せるな!撃つぞ!!」チャキッ

八尾「この実を捧げます……。天におわす主よ、お力を……!」ボオオッ





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 22:38:32.16 ID:Ns36zKu40

美耶子「!!」

須田「両津さん!あの人……急に燃え出して……中から何か出てきましたよ!!」

両津「な、なんだありゃあ……デカいタツノオトシゴみたいだ……こんなのがこの村の神様とか頭おかしいんじゃねぇか?」


八尾「神を侮辱するなんて何処までもふざけたことを……!主よ!」

堕辰子「……」





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:31:35.84 ID:Ns36zKu40

堕辰子「ーー」スッ

須田「な、消えーー!?」

両津「逃げやがったか!?」

美耶子「違う!上!」

両津「なんだと!?うおっ!!」

堕辰子「ーー」ガブッ!

須田「両津さん!噛まれてますよ!!」

両津「いててて!!!言われんでも分かっとる!!」

八尾「主よ!そんなものを食べては体に毒です!!」





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:33:44.22 ID:Ns36zKu40

堕辰子「ーー」ガジガジ

両津「いててて!!離せこんちくしょう!!」バァンバァン!

堕辰子「!!」ボトッ

両津「いってぇ……あの野郎本気でわしを食うつもりだったな~!!」

須田(あんなに噛まれたのにほぼ無傷だ……)





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:36:27.71 ID:1SwDD33i0

化け物同士の戯れ





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:36:32.94 ID:Ns36zKu40

須田「でも……あんなのどうやって倒せばいいんだ……。銃で撃ったのに、驚いただけみたいだし……」

美耶子「あいつは、そんなのじゃ倒せない。もっと、他の……」

美耶子「かんきち、そこの……光ってるの、なに?」

両津「ん、なんだこれ……そういえばあの変な医者からこんなの受け取ったような……」

美耶子「そ、それ……!」

八尾「あなた……何処でそれを!?」





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:40:00.95 ID:Ns36zKu40

美耶子「それがあれば、あいつを倒せる。でもーー」

両津「よく分からんがこいつがあればいいんだな! でもどうすりゃいいんだ!?ってあちちちちち!!!いきなり燃え出したぞこいつ!」ボボボボ

美耶子(凄い……使ってもないのにうりえんが燃えてる……)

美耶子「その『うりえん』はなんであろうと燃やし尽くせる煉獄の炎を呼び出せる……使った人の命と引き換えに」

両津「な、なんだと!?それじゃあどの道使えんじゃないか!!」

須田「いや、両津さんなら大丈夫なんじゃ……」





84:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:47:15.23 ID:Ns36zKu40

美耶子「普通の人なら、使ったらすぐに死んじゃう。でも、あの赤い水と私の血と合わされば、その人は肉体と精神、両方の意味で不死身になるから……」

両津「幾らでもこのオカルト道具を使えるワケか!よし、それならーー」

両津「ってわしの体の中にもう殆ど赤い水はないんだった……。八方塞がりじゃないか!!」グヌヌ

美耶子「私も、かんきちに血をあげた時にもう……」

両津「くそ~!!……まさかそう都合良くここに赤い水と美耶子の血がある奴がいるわけないし……」

須田「俺のこと忘れないでくださいよ!!」





87:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:50:32.35 ID:Ns36zKu40

須田「詳しいことは分からないですけど……俺なら美耶子の血と赤い水を身体に取り込んでいてなおかつ両津さんの血は入ってないし……いけると思います」

両津「い、いいのか?こんなワケの分からんモン使ったらどうなるか分からんぞ……」

須田「そう言いながら手渡さないでくださいよ!!」

須田「俺しかやれないんだから……やりますよ!」





90:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/06(金) 23:56:36.50 ID:Ns36zKu40

堕辰子「ーー」ヌッ

美耶子「きょーや!上!」

須田「喰らえ!!」ボオオオオオ

堕辰子「ーー!!ピギィィィィィ!!!」

八尾「そ、そんな……」

両津「須田!大丈夫か!?」

須田「ちょ、ちょっと全身の力がなくなった感じですけど……大丈夫です、生きてます。でも……」

美耶子「いきなりだから……ちゃんと当たってない!」





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:00:03.44 ID:8ng+XDcm0

堕辰子「ピギィ!」ワタワタ

両津「逃がすか!!」ガシッ

堕辰子「!?」バタバタ

両津「また消えて逃げようなんてそうはさせんぞ!よくもわしを噛みやがったな!百倍返しだ!!」ガジガジガジガジ

堕辰子「ピギィィィィィィィィッ!!!!」ジタバタジタバタ

美耶子「すごい……」

須田「素手で化け物を圧倒してる……」

八尾「ば、化け物……」





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:01:57.17 ID:oaI9YkDIO

光景が普通に浮かぶから困る





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:04:16.22 ID:pg4c1tfq0

両津すごいな





97:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:05:03.32 ID:bPTCw19c0

さすがだわ





98:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:06:56.84 ID:fDh+G+IJ0

両津「こいつめこいつめ!!よくもこの村をこんなことに巻き込みやがったな!!」ボコボコボコボコギリギリギリギリ

堕辰子「ピギィ!ピギィィィィィィィィッッッ!!!」タップタップ

八尾「やめて!やめてください!……やめろ!!」

美耶子「すごい光景……」

須田「あの人もキャラがブレまくってる……」





99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:07:45.96 ID:0fOAmVGL0

タップする堕辰子www





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:08:25.64 ID:oPnhbHPt0

やめろ!!





101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:08:50.15 ID:Ey7Trtt10

触らぬ神に祟りなしというが、祟りにあったのは神の方だったか





102:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:09:54.40 ID:8ng+XDcm0

両津「いいか?わしの言うことを聞くなら離してやる、聞くか?」

堕辰子「ピギィッ!ピギピギィッ!!」

両津「ほう……まだ余裕があると見える……」ギリギリギリギリ

堕辰子「ピーーーギィィィィィィィィッーーー!!!」


須田「なんだかあれと意思疎通し始めてるような気がするんだけど……」

美耶子「やっぱり、かんきちはすごい」





105:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:12:23.54 ID:gHbIdRX70

うりえんいらないじゃん





106:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:12:34.15 ID:8ng+XDcm0

堕辰子「ピギィピギィ……ピギィ……」

両津「よし、ようやくわしの話を聞く気になったようだな」スルッ

堕辰子「ピギーー」

両津「おっと、変な気は起こすなよ」ジャキッ

堕辰子「ピ、ピギ……」


須田「あいつ銃効かないはずなのに……」





109:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:16:27.53 ID:8ng+XDcm0

両津「いいか、お前にやって欲しいことはわしら……この村の奴らもだぞ。とにかく全員を元の場所に返すことだ、出来るな?」

堕辰子「ピ、ピギィ?」

両津「流石に言葉は通じんか、要するにだな……」カキカキ

堕辰子「……」フムフム


須田「完全に神を手懐けている……」

八尾「ああ……もう……」





114:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:21:11.48 ID:8ng+XDcm0

両津「……ということだ、分かったか?」

堕辰子「ピギィ……」

両津「なに!?『そうしたいのは山々だが出来ません』とはどういうことだ!!」ギリギリ!

堕辰子「ピーギィィィィィィィィッー!!」ジタバタ

両津「『そんなことを言われても』だと!?お前が全ての元凶だろうが!
なんとかしろ!!」

須田(もう完全に会話しているようにしか見えない……)





116:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:24:42.22 ID:8ng+XDcm0

八尾「神に代わって私から説明します……」

須田「あれ、もう折れたんですか」

八尾「こうなってしまってはもう仕方がないでしょう……」


両津「どういうことだ!こいつならどうにか出来るんじゃないのか!!」

八尾「正確に言いますと……羽生蛇村をこのような姿に変えたのは主ではありません。より上位の存在によるものなのです」

両津「また電波話が始まるのか……。頭痛が……」

須田「だ、大丈夫ですか?」

両津「もうゲームの話として聞くことにする……」





120:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:29:08.67 ID:8ng+XDcm0

須田「……つまり元々ひどい飢餓に襲われた村の住人だったあなたがこいつの肉を食べたのが原因で、神の肉を食べるという禁忌を犯したことにキレたより上位の神様がこの村全体を呪ったんですね」

両津「お前はこいつを復活させることでこいつというよりはむしろその上の神とやらの許しを乞うつもりだったと」

美耶子「元々は全部お前が悪い!!」

八尾「すいません……お腹が空いてたんです……」





123:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:33:44.13 ID:8ng+XDcm0

両津「しかもなんやかんやで因果律とやらが捻じ曲がり過ぎてこの村には始まりと終わり自体がなくなって、儀式の前後だけを繰り返しているだと……?いよいよ混乱してきたぞ」

須田(ネットにこの体験をアップしたら考察スレが盛り上がりそうだな……)

堕辰子「ピギィ……」

両津「『なにも出来なくてすみません』だと? いいよもう、うっかり下に落ちたら身体食われて。お前これまで災難だったな」

堕辰子「ピギィ、ピギィィッ……」





129:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:37:53.17 ID:8ng+XDcm0

両津「しかしお前下とは言えそいつと同じ『神』なんだろ? その上の神と会うことは出来んのか」

八尾「それは……可能です。私も全てが終われば直接許しを乞うつもりでしたから。しかし……」

須田「身体食べられてそこまで怒る人が神様にあんなことする人に会ったら余計に怒るんじゃあ……」

八尾「ですよね……」

美耶子「かんきち、やり過ぎ!」ゲシッ

両津「うーむ……」





138:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:56:51.05 ID:8ng+XDcm0

両津「さっきから何か思い出しそうなんだがなんだったか……」ウムムム

両津「何しろ十数年前の記憶だからな……」ウムムム

須田「両津さんが何歳の時の話ですか……」

両津「まあいい。そのうち思い出しそうな気がする」

両津「おい、悪いがわしをその上の神とやらに会わせてくれ」

須田「正気ですか!?」





139:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 00:59:33.05 ID:8ng+XDcm0

両津「こいつにはどうにも出来んのならそいつに会うしかないだろう」

須田「神様を「こいつ」とか言う人と話し合ってくれるわけないでしょう!今も見てるかも知れないんですから!バチが当たっても知りませんよ!?」

両津「相変わらずうるさい奴だ……とにかく頼むよ、わしだけでもいいから連れてってくれ」

堕辰子「ピギィ!」フリフリ

須田(もう完全に飼い慣らされている……)

八尾(何処を振っているんですか……)





141:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:03:07.18 ID:8ng+XDcm0

ボワァァァン

須田「!?」

両津「なんだ!?」

八尾「こ、この方は……」

堕辰子「ピ……ビギィ……」

花山「神を脅迫するとは……相変わらずとんでもない奴だ……」



両津「誰だこの爺、知り合いか?」

須田「いえ……」

花山「」ズルッ





142:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:05:50.60 ID:8ng+XDcm0

花山「私を覚えておらんのか!?」

両津「そういえば……昔はたまにちょくちょくこんなおっさんが出てきてたような気が……」ウヌヌ

両津「思い出した!!てめぇ!よくも昔はわしにいろいろしてくれたな!またわしの前に現れるとはいい度胸だ!!」

花山「私だって二度とお前なんぞに会いたくなかったわ!!」





143:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:07:06.48 ID:L28ts2Jb0

花山まででたかwww





144:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:09:16.74 ID:8ng+XDcm0

須田「あの……この人は……」

両津「天国で働いてる確か花山理香とかいう魔法使いの爺だ。こんな偉そうな格好してるが昔は天国でも下っ端だったんだ。あんた出世したか?ん?」

花山「何十年も巡査長やってるお前に言われたくないわ!!」

須田「て、天国の人と知り合いなんですか……」

両津「殆ど忘れてたがな。最近全然出てこないんだ、こいつ」

花山「お前に会いたくなかったからだよ!!」





146:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:12:57.72 ID:8ng+XDcm0

両津「旧キャラが出てきたから思い出したが確か全知全能の神とかいう奴もいたな、なのになんでこのタイミングでお前が出てくるんだ」

花山「神は……どうしてもお前には会いたくないと言っておってな。また天界に乗り込まれてもかなわんということで私に白羽の矢が立ったのだ」

両津「それでお前が飛ばされてきたのか。相変わらず立場の弱い爺だ」

花山「やかましい!!」





148:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:16:02.65 ID:8ng+XDcm0

両津「それでお前が出てくるということはお前がこの状況をなんとかするんだな?」

花山「このままずっとここに封じ込めるという案もあったんだが……」ボソッ

両津「ほう……」チャキッ

花山「ウソウソ!ジョーク!!」

須田「両津さんは天国でも魔神か何かの扱いですか……」





150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:21:13.14 ID:8ng+XDcm0

花山「しかしな……。お前とそこの少年は部外者だからともかく……この村は神喰らいの罪としてまだ『終わりがないのが終わりの刑』の続きが……」

両津「固い事言うなよ……わしとお前の仲じゃないか……」

花山「さっきまで忘れておいてこの男はなんという厚かましさだ……」

両津「ちょーっと揉み消してくれるだけでいいんだ、頼むよ」ハハハ

花山「お前本当に警察官か……?」





152:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:22:06.20 ID:nOggelGM0

むしろ非常に警察官らしい





153:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:23:23.30 ID:TPHzWJjA0

黄金の魂を感じる





154:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:27:04.47 ID:8ng+XDcm0

八尾「あの……この度は私の不徳の致すところ、誠に申し訳ありません……」

花山「……」

花山(た、タイプだ……)

花山「ど、どうでしょう?もし貴女が天界で私の部下になってくれるなら私の裁量でこの村の呪いを解く事も出来ますが……」

八尾「ほ、本当によろしいのですか!?」

花山「は!い、いえいえ!私も前々からこの件については少々やり過ぎだと思っておりまして!」デレデレ


両津「お前の方が汚いじゃねぇか。冥界に配置転換されても知らんぞ」

花山「うるさい!!」





156:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:31:31.23 ID:8ng+XDcm0

花山「それではこれよりこの村にかけられた呪いを解く」オホン

両津「急に装い出しやったな、こいつ」

須田「しーっ!声が大きいですよ!!」

両津「それでお前はどうするんだ、こいつは天界に行っちまうみたいだが」

堕辰子「ピギ……」

花山「ああ、彼も私があちらでどうにかする。まあ巻き添えで何百年も下界に縛られて不憫な事だ。上も何かしら考えてくれるだろ……」

両津「お前が何とかするんじゃないのかよ……」





158:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:35:15.59 ID:8ng+XDcm0

花山「では一時的にお前達を常世の羽生蛇村に戻すぞ」

両津「一気にやってくれりゃあいいのに……」

花山「やかましい!現世との座標の指定とか誰がやると思ってるんだ!!」

花山「ゴホン……それでは送るぞ。……ではな」

花山(もう会いませんように……)





159:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:37:55.74 ID:8ng+XDcm0

……

須田「う、うう……。ここは……」

美耶子「祭壇じゃ……ない……何処だろ」

両津「ぎえええええええっ!!!」ヒュルルルル

グチャッ

須田「あ、両津さんだ」

美耶子「なんでかんきちだけあんなにすごい高さから……」

須田「イタチの最後っ屁かな……」





162:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:42:21.89 ID:8ng+XDcm0

両津「野郎!最後にこんな真似しやがって!」イテテテ

須田「両津さーん、大丈夫ですかぁー」

両津「あいつ……わしだけわざとこんな乱暴に……次会ったら覚えとけよ……」

両津「ところでここは……何処だ?」

須田「さあ……まあとにかくもうすぐ帰れると思うと、なんだか変な気分ですよ」

須田「なんだか随分長い……気の遠くなるような長い間ここにいたような気がするんですけどこの村に来てから、まだ三日くらいしか経ってないんですね」





164:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:44:08.18 ID:8ng+XDcm0

両津「お前まで電波なことを言い出すとは思わんかったぞ……」

須田「す、すいません……なんだかつい……」

美耶子「……ううん」

美耶子「本当に、永かった……」





165:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:47:53.26 ID:8ng+XDcm0

両津「そうだな……」


コロ…

両津(ん?これは……酒瓶じゃないか!ちょうどいい!いい加減酒が飲みたかったところだ……)

両津(って空き瓶じゃないか!当たり前だが期待させやがって!!)

須田「……でもまだ水は赤いままなんですね。早く普通の水が飲みたいですよ」

両津「まったくだ、わしはさっさと酒……」


両津「ん?」





167:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:49:06.80 ID:Xb2i0tBji

(アカン)





169:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 01:51:18.63 ID:B68TDAGv0

余計なことをカンガエチャウ





175:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:03:36.07 ID:8ng+XDcm0

宮田『傷を癒すが人を化け物に変える赤い水に化け物を人に変えるワクチン』

宮田『これじゃあ医者(おれ)も用無しだ』

両津(!!)

両津(こ、これは……!!)

両津(金になる!!!)

両津(とりあえずこの酒瓶一杯にこの赤い水を持ち帰ったとして……ひょっとすれば成分を研究すれば増やすこともできるんじゃ……)

両津(仮に化け物になってもわしの血から取れるワクチンがあればどうにかなるし……」ブツブツ

須田「……?」





177:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:06:32.51 ID:8ng+XDcm0

両津「見ろ!須田!美耶子!あそこにツチノコがいるぞ!!」バッ

須田「えっ!?何処にですか!?」

両津(さすがオカルトオタク!喰いついたな!この隙に……)トクトク

美耶子「きょーや!あそこ!!あそこになにかいる!!」

須田「うわ!ほんとだ!!両津さん!あれ絶対本物のツチノコですよ!!」

両津「そうか!よかったな!!」

両津(どうせその辺のヘビの見間違いだ!今はこの赤い水を……よし!)キュッ





180:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:09:48.72 ID:8ng+XDcm0

須田「くっそー、捕まえようとしたんですけど逃げられた……」

美耶子「惜しかった……」

須田「あのツチノコ捕まえて持ち帰ったら間違いなく凄い話題になったのに……」

両津「残念だったな、まあまた探しにくればいいさ」ハハハ

須田「……両津さん?後ろになに持ってるんです?」

両津「い、いや!なにも持ってない!断じて何も持ってないぞ!!」

須田(怪しすぎる……)





183:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:11:58.76 ID:8ng+XDcm0

両津「それよりなんだかやけに霧が濃くなってきたな……」

須田「そうですね……って幾らなんでもこれは……」

美耶子「な、何も見えない……」

………





186:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:16:01.46 ID:8ng+XDcm0

………
ババババババ

三沢「今日で三日目、依然生存者はおろか遺体の一つも確認出来ません」

三沢「それにこの霧ではまともに捜索活動も行えず……」

中川「なんなんですかこの霧は……」

三沢「分かりません。自分もここに入って長いですが……こんな事態は初めてです」

三沢「まるで村の周辺だけを包み込むような……オカルトじみてますよ。これは」





188:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:20:08.23 ID:8ng+XDcm0

………

中川「予算が足りなければ僕が幾らでも補填します。とにかく、土砂を全て取り除くくらいの心持ちで、何かしらの成果が挙がるまで……お願いします……」

三沢「……分かりました、我々としても、この状況は不本意以外の何物でもありません」

三沢「辛いとは思いますが……どうか、気を強く持ってください」

中川「はい……」





191:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:24:18.20 ID:8ng+XDcm0

中川「あの先輩が……こんなことに巻き込まれるなんて……」

三沢「……」

中川「……笑われてしまうかも知れませんが、僕は先輩なら……突然なんでもないような顔でひょっこり戻ってくるかもしれない、なんて考えちゃうんですよね」

三沢「……分かります」

中川「ありがとうございます……でも……」

パイロット「せ、生存者確認!! 土砂の中を歩いています!!」

中川「」ズルッ





192:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:26:20.77 ID:8ng+XDcm0

三沢「おい、本当に確かなのか。何かの見間違いじゃないのか」

パイロット「み、見間違えようがありません!生存者三名確認!こちらに向かって手を振っています!!」

中川「せ、先輩だ……」


………

両津「おーい!拾ってくれー!!!」





196:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:32:18.46 ID:8ng+XDcm0

……

部長「あれ以来毎日のようにメディアは大騒ぎだな」

中川「あれだけの規模の土砂災害でありながら今のところ死者ゼロですからね」

麗子「現場は今も霧に覆われているけど……続々と住人の方が救出されてるんでしょう?」

部長「生存者に事態の説明を求めても皆一様に何も覚えとらんと言うし……不可思議なことだ」





198:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:37:18.52 ID:8ng+XDcm0

中川「それにしても先輩への世間の注目は凄かったですね」

麗子「ほんと、この数ヶ月テレビで両ちゃんの顔を見なかった日がないくらいよ」

部長「あいつならこの件について本でも書いて一儲け企むかと思ったが……不気味なほど静かだな」

中川「実際そういう話もかなり来ていたようですが……今は記者会見だけで手いっぱいだと全て断ってるみたいですね」

麗子「なんだか意外ね」





204:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:39:59.55 ID:8ng+XDcm0

部長「ところで当の両津はどうしたんだ?」

中川「朝から僕の会社の技術部の機材を借りられるか交渉に行ってるみたいです。なんでもようやくまとまった時間が取れるからだとかなんとか……」

部長「一体またあいつは何を始めるつもりだ……」

麗子「ねぇ、ところで裏に転がってたこれなにかしら?」





215:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:42:54.99 ID:8ng+XDcm0

部長「なに?……おお、『大予言』じゃないか!」

麗子「大予言?」

中川「知ってるんですか?部長」

部長「羽生蛇村の有名な地酒だよ。両津の奴め、どさくさに紛れて持ち帰って来たな!」





221:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:46:48.25 ID:8ng+XDcm0

麗子「でもこれ、なんだか変な臭いするわよ?」

中川「ほんとだ、生臭いような……色もなんだか変な色ですし……」

部長「よく見れば底の方に泥も結構混じってるな……両津の奴、名酒とはいえこんなものを飲むつもりか……」

部長「ともかく派出所に酒を置いておくなんてとんでもない、麗子くん。悪いが外に流しておいてくれ」

麗子「はーい」





224:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:49:21.57 ID:Oo7jSMp20

現実世界終わっちまうぞw





225:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:49:22.18 ID:8ng+XDcm0

両津「うおっす!!」キキキキキキ

中川「あ、先輩。どうでしたか?」

両津「いやぁ技術部の方々も最初は「わしに機材を預けるのは嫌だ」とごねていたが誠心誠意説得していたらわしの熱意に心を打たれて快く貸してくれたよ」ハハハ

中川(本当かな……)





227:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:54:07.76 ID:8ng+XDcm0

両津「それより!酒瓶酒瓶!」

部長「両津くん……出勤して早々酒の話とは楽しそうじゃないか……」

両津「ぶ、部長……いるならいるって言ってくださいよ……」

部長「両津!キサマまた勤務を抜け出して何処へ行くつもりだ!!」

両津「はぁ……私、部長には長生きして欲しいからわしが大富豪になったら暁には真っ先にあの赤い水を届けて差し上げようかと思ってたのに……そんな態度じゃ部長にだけは絶対売ってあげませんよ?」

部長(なにを言っとるんだこの男は……)





229:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:56:27.53 ID:8ng+XDcm0

部長「貴様が何をしようと勝手だがそういうことはキチンと仕事をしてからにしろ」

両津「そんなぁ~わし、午後からは非番なのに……」

部長「午前は私用で出掛けとっただろうが!」

両津「あ、あれはパトロールですよ!」


麗子「あら両ちゃん、来てたの」カラッ

両津「!?」





234:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 02:59:26.03 ID:8ng+XDcm0

両津「れ、麗子……その瓶の中身は……」

麗子「やぁねぇ両ちゃん。いくらお酒が好きだからって流石にあんな泥水みたいなの飲まないでよ」

部長「神聖な職場にあんな私物を転がしてるお前が悪い、諦めろ」

両津「ななななんということをするんだ!!!」





236:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:00:56.65 ID:8ng+XDcm0

両津「お前は……あの瓶の中身をなんだと……」オーイオイ

麗子「ちょ、ちょっとそんなに泣かないでよ……」

中川「流石に黙って勝手に捨てちゃったのはまずかったんじゃ……」

部長「う、うーむ……」





241:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:05:47.26 ID:8ng+XDcm0

中川「先輩があれだけ泣き崩れるっていうことは僕達には理解できなくとも先輩にとっては相当大事なものだった可能性が……」

部長「う、うむむ……」


両津「ヒック…ヒック…うぅ……あんまりだぁ……」

部長「両津くん!悪かった!酒なら今度わしがいくらでも奢ってやるから!機嫌を治そう!な!」

両津「ぶちょーは何も分かってないんですよぉ!パトロール行ってきます!!」ダッ

部長「両津!」





246:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:10:52.01 ID:8ng+XDcm0

部長「悪いことしたな……」

麗子「あんなに取り乱してる両ちゃん久しぶり……」

部長「まあそのうち帰ってくるとは思うが……」


シャーッ

部長「む、そこの君達!自転車の二人乗りはいかんぞ!」





268:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:21:41.23 ID:8ng+XDcm0

「彼女とそういうことをしたい年頃なのは分かるが二人乗りはいかんぞ」

「ご、ごめんなさい……」

「ねぇ……葛飾区亀有公園前派出所って、ここ?」

「そうだけど……何か用事かい?」

「いえ。俺達、ここのお巡りさんと前から約束してたんです。今日はそれで……」

「ああ、両ちゃんと?」

「……」コクッ

「かんきちときょーやと遊園地に行く、約束」

終わり





270:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:22:13.74 ID:riYIoJeg0

乙ー





281:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:27:06.75 ID:sa/2dJWh0

おつ よかったよ





283:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:27:48.99 ID:og5Eftmd0

赤い水流しても大丈夫なのか?





285:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:28:36.88 ID:L28ts2Jb0

>>283
数リットルなら大丈夫じゃね





293:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 03:41:06.47 ID:f1c6qBmb0

>>1乙
他の面々はどうしてるんだろうな





310:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 08:31:47.81 ID:T6aC+ULX0


読み応えがあった





317:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/07(土) 09:50:30.74 ID:iYn3yDng0

もっかいやろうかな…乙でした






元スレ:両津「なんで私が羽生蛇村に異動なんですか!!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1385995824

元スレ:部長「両津の馬鹿は何処だ……」中川「部長……」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1386329185





  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2013/12/10 21:09 ] SS:その他 評価:【A】 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: