Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  インデックス「安価でとうまにいたずらする」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
カオス過ぎクソワロタwww不幸だー!の高校生は安価のせいで今日も不幸だーなのでした。
インさんは留守番か。留守番はつまらないんだよ!でも安価で悪戯はきっと死者がでるよ乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:35:03.65 ID:rp21YRTq0

-上条宅-

イン「おなかすいたおなかすいたおなかすいたー!」ゴロゴロ

イン「とうまはいつもわたしを置いてけぼりにして!」

イン「いつになったら帰ってくるのかな!!」

イン「...」

イン「いいこと思いついたんだよ」ニタァ






6:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:41:17.83 ID:rp21YRTq0

イン「ねえスフィンクス」

スフ「ニャー?」

イン「とうまにおしおきをしたいんだけど何がいいかな?」ニタニタ

スフ「ああ、>>10なんてどうだ」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:42:39.38 ID:LM3pz9Po0

語尾にゲソをつける





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:47:49.01 ID:rp21YRTq0

イン「それはいいかも!」

イン「えっと、じゃなくてそれはいいでゲソ?」

イン「...」

イン「ふっふーん。これでとうまもわたしにもっとメロメロになってくれるはずなんだよ!!」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:51:38.29 ID:rp21YRTq0

イン「さあスフィンクス、何して遊ぶでゲソー?」ルンルン

スフ「ナー」

イン「フンフフンフンフフンフンフンフン~♪」

イン「あれ?でもとうまいつ帰ってくるのかな」

イン「うーんととうまが帰ってくるまでどうすればいいでゲソ?」

イン「そうだ!>>20でもしてみるでゲソ!」キュピーン





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:53:47.06 ID:PjTNn3050

隣の部屋に突撃





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:55:59.42 ID:7KPc9Oin0

マイカの部屋?





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 20:58:57.28 ID:rp21YRTq0

イン「フッフーン。わたしを甘く見ない方がいいかも!」

イン「突撃する時はトツゲキトナリノバンゴハン!って言えばいいってとうまが言ってたんだよ!」

イン「さっそくいくでゲソ!!」

スフ「無理するなよ」

イン「もう誰にもわたしは止められないんだよスフィンクス!」


イン「トツゲキトナリノバンゴハンナンデゲソー!!」バタン

「ウワーナンダニャー!?」
「アニキーオキャクサンカー?」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:06:30.87 ID:rp21YRTq0

----------------

イン「ふーごちそうさまなんでゲソまいか!」

舞花「おーう。それにしてもなんだー?その語尾はー?」

土御門「確かに変だとは思ってたけどにゃー。上やんに目を向けてもらうための戦法としてはなかなか効果的に働くと思うぜい」

イン「そ、そうかな!嬉しいかも!!じゃ、じゃなくて!嬉しいでゲソ!」

土御門「でも上やんを悩殺するには少し軽すぎるとは思わないか?」

イン「それはどういうことかな金髪!」

土御門「初対面で"金髪"はさすがにないにゃー」

舞花「兄貴ー落ち込むなよ」





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:10:33.99 ID:rp21YRTq0

イン「でもこれ以上に何もすることなんてないかも!」

土御門「おっと、お得意の語尾が抜けてるぜよ」

イン「!、つい忘れてしまう時は目を瞑っていて欲しいでゲソ...。」


イン「そ、それで?とうまをノウサツするには次に何をすればいいんでゲソ?」

土御門「んん?それはまあ、あれに決まってるだろう」

イン「?」

>>30





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:12:53.89 ID:SdheuqHU0

足●キ





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:16:17.64 ID:rp21YRTq0

土御門「それはだな。足●キだ」

舞花「!」

イン「あ、ア●コキ?」

舞花「...」

土御門「そうさあ!それこそ世の男が最も求めるもの!ついでにインデックスは上やんと同居中。チャンスはいくらでもあるぜよ」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:21:20.90 ID:YMeAwKnRO

これは台無し





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:21:24.94 ID:rp21YRTq0

イン「そのアシコ●っていうのをとうまにすればいいんだね!ありがとうでゲソ金髪!!」

舞花「...兄貴ーちょっと外にでようかー?」

土御門「!、ななんだにゃー急に」

舞花「早く」

土御門「...はい」バタン


ナニスルニャー ウルセーミソコナッタゾー ジョウダンニキマッテルダロー

イン「?、よくわからないけどきっとそのア●コキっていうのでとうまは私に夢中になるはずでゲソ」





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:26:05.11 ID:rp21YRTq0

--------------

-とある高校-

上条「ってそんなこと言われてもですねー先生」

ロリ「いいですか上条ちゃん!いつもいつも私に面倒ばかりかけてちゃ駄目なのですよ。もっと大人な上条ちゃんになって貰いたいのです」

上条「は、はあ」





45:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:27:45.18 ID:n8gMsihI0

小萌先生を省くなwwwwwwwwww





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:28:26.76 ID:kaOYscjh0

ロリwwww





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:30:32.56 ID:rp21YRTq0

小萌「わかってくれたみたいですし、今日のスケスケミルミルはこれでお終いなのですー。さあ帰ってくれて結構ですよー」

------------------

上条「ふぁああ、結局俺だけ最後まで居残りか」

上条「まあ慣れてきたっちゃ慣れてきたけど、青髪ならまだしも土御門の野郎まで途中で帰りやがって」カチャ

上条「...ってもう完全下校時刻じゃねえか!!っくそ、また今日も噛みつかれるのか。.....不幸だ」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:34:30.57 ID:rp21YRTq0

-とある公園-

御坂「...今日は来てないのか」

御坂(たくいつも遅いのよあの馬鹿!どんだけ待たせる気なのよ)


上条(っと速くかえんねえと本格的にまずいな。ん?そうだこっちから行けば多少速くつくかも!今日は結構ついてるかもな)





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:37:08.76 ID:rp21YRTq0

-上条宅-

イン「とうままだかなー」

イン「今日はいつにも増して遅いかも」

イン「なにかあったのかな、!ひょっとして何かまた魔術s」 ガチャ


上条「はあ、はあ、た、ただいまインデックス」





50:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:39:03.35 ID:rp21YRTq0

イン「とうま!!おかえりなんだよ!」

上条「?あ、ああ。すまなかったな今日も遅くなっちまって、って?」ガチャガチャ

上条「」





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:42:11.35 ID:rp21YRTq0

上条「ええっとインデックスさん?」

イン「?どうしたのとうまでゲソ?」

上条(な、なんだ何が起こってやがる?さっきからインデックスの様子がおかしすぎる。ひ、ひょっとして魔術か?!)

上条「おのれ魔術師」

イン「ふんふふんふんふふん♪」ガシッ

イン「?」

上条(反応がない!?)

イン「いきなりどうしたのかなでゲソとうま?」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:45:18.95 ID:rp21YRTq0

上条「い、インデックスさん?ひょっとしてこれはあなた自身の行為でやってるのでせうか」

イン「?、そうだけど?変なとうま」ガチャガチャ

上条(...)

イン「ちょっと外しにくいかも...」カチャ

上条「!」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:50:08.36 ID:rp21YRTq0

イン「えっと次はこれをずらして...」サッ

上条「ちょっとー?!」

イン(!?な、なんなのかなこの匂い!イカみたいな...)

上条「え、えっと...」

イン(この後はどうすればいいのかな?金髪の言ってたアシ●キってどういう感じでやればいいのか聞いとくべきだったかも)

上条「...」

イン(こ、このままだととうまをメロメロにできなくなるかも!と、とりあえず>>60みたいな感じでやってみるんだよ!)





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:52:39.94 ID:PjTNn3050

足で玉を思い切りひねりつぶす





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:53:55.38 ID:z9UQf2yd0

ワロタ





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:54:51.16 ID:lMLAXUN60

これは酷い





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 21:58:40.73 ID:rp21YRTq0

イン(!)

イン(いま凄いことを閃いたんだよ!これでとうまなんてイチコロかも!)

イン「ふっふーん♪」

上条「そ、そろそろインデックスさん?どうしてこのような状況に至ったのか経緯を教えて欲しいのですが...」

イン「!、とうまってば、そんなことレディーに言わせるきなのかな!!」カァァ

グシャ

上条「!?、いてえええええええええええええええええええええ!!!!!!!」

イン「あれ?!と、とうま大丈夫?」

上条「」

イン「どどどどうしよう!」

>>70





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:00:39.89 ID:dLimKRmp0

埋める





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:01:03.78 ID:n8gMsihI0

こいつぁ・・・





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:01:11.49 ID:SdheuqHU0

何を





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:07:03.85 ID:rp21YRTq0

イン「こんな時はわたしの10万3000冊の魔道書に...」

イン(?!のってない!どの魔道書にも記述されてるところが見つからない...!)

イン「ど、どうしよう」オロオロ

イン「はっ!!」

イン「埋めればいいかも!」

イン「全く今日のわたしは凄いひらめきなんだよ!」

イン「でも具体的にはどうすれば」
>>80





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:08:41.91 ID:w8Km5yJH0

核の炎で地上を焼き尽くす





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:09:21.32 ID:0SECONXmI

カオスww





90:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:17:10.69 ID:rp21YRTq0

イン「.....そうだ!!」

プルプルプルプルプルプルプル..カチャ

イン「短髪質問!」

御坂「な、何よ?急n」

イン「短髪ロシアに行った時に核弾頭ミサイルの制御したよね?!」

御坂「ええ?そりゃまあ...ってあんたなんでそれを」

イン「そのミサイルについて詳しく教えてほしいんだよ!」

御坂「あんたねぇ...。確か-----とかっていうコード使ってたけど。それ以外にはこれといった情報は」

イン「ありがとうなんだよ!」
ネエチョットアンタ プチッ

イン「よし」





92:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:19:01.91 ID:dLimKRmp0

俺ちょっとVolt101に避難するわ





93:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:23:14.52 ID:rp21YRTq0

プルプルプルプルプル ガチャ

「なんだい?」

イン「ちょっとお願いしたいことがあるんだけど」

「!もしかしてあいつが何かしでかしたのかい?!また君を一人にしt」

イン「そうじゃないんだよ!なんでも------っていうコードを入力しないと学園都市が危ないみたい!!」

「なんだって!?あの女狐め、そんな重要な情報を僕に回さないとは...!!わかった。その件は僕に任せてくれ。大丈夫。君のいる世界は誰にも奪わせたりはしないさ」

イン「ありがとうなんだよ!」ガチャ

イン「...ふう」






イン「とうま



ごめんね」





95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:24:31.22 ID:n8gMsihI0

インさんェ・・・





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:25:36.77 ID:w8Km5yJH0

なんか申し訳なく思ってきた





97:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:25:40.96 ID:rp21YRTq0

そして学園都市のみならず太平洋帯を中心に地球の大部分が超高温と放射線汚染によって破壊された


第一部fin





99:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:29:28.10 ID:w8Km5yJH0

俺のせいで終わった・・・
なんかすまん





100:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:30:03.30 ID:rp21YRTq0

需要あれば設定変えて第二部書きたいと思います





101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:30:15.23 ID:0SECONXmI

第二部に期待ww





103:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:30:32.72 ID:dLimKRmp0

第二部カモン!





104:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:31:03.56 ID:SdheuqHU0

一乙
第二部オナシャス





106:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:32:07.42 ID:rp21YRTq0

-上条宅-

イン「おなかすいたおなかすいたおなかすいたー!」ゴロゴロ

イン「とうまはいつもわたしを置いてけぼりにして!」

イン「いつになったら帰ってくるのかな!!」

イン「...」

イン「いいこと思いついたんだよ」ニタァ

イン「ねえスフィンクス」

スフ「ニャー?」

イン「とうまにおしおきをしたいんだけど何がいいかな?」ニタニタ

スフ「ああ、>>110なんてどうだ」

イン「それはいいかも!」





110:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:34:03.82 ID:PjTNn3050

かおりに二人っきりでお仕置きしてもらう





113:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:34:49.84 ID:w8Km5yJH0

核の炎で地上を焼き尽くす





114:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:35:59.86 ID:OLvKOJWS0

>>113
またかw





115:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:38:04.14 ID:0SECONXmI

>>113懲りないなww





117:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:39:31.40 ID:rp21YRTq0

プルプルプルプルプル カチャ

「はい」

イン「あ、かおり?」

神崎「その声はインデックスですか?!もしかしてまた何か厄介なことn」

イン「ち違うんだよかおり!ちょっとね、とうまにお仕置きを手伝ってほしくて」

神崎「?お仕置き、ですか?」

イン「うん」

神崎「ですがなぜ彼にお仕置きを...その前に私は彼には謝っても謝りがつかないほどのかしをつくってしまっていますし」

イン「そんなことはどうでもいいかも」





119:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:44:15.62 ID:rp21YRTq0

神崎「?」

イン「とうまはかおりに貸しを返して欲しいなんて思ってないよ。あれは勝手にやっちゃうことだし、それも自分のためだってとうまは言ってたもん」

神崎「ですが...」

イン「大丈夫だよ。とうまなら明るく笑ってくれるはずだから」

神崎「笑って...そうですよね。何か私は勘違いしていたようです」

イン「分かってくれて嬉しいかも!」

神崎「では今すぐそちらに向かいますね」


ドゴオオオオオオオオオオオオオン!!!





121:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:49:46.27 ID:rp21YRTq0

ガチャ...

神崎「失礼します」

イン「あ、かおりが来た!」

スフ「ニャーニャー」スタスタスタスタ

神崎「!...猫を飼っていたんですね。知りませんでした」(ここが彼の家...)

イン「こーらスフィンクス!あんまりお行儀悪いとあとでお仕置きしちゃうかも!ほら、あいさつは?」

スフ「はじめまして、スフィンクスっていいますよろしく」

神崎「こちらこそよろしくお願いします...」

イン「よしよしー」ナデナデ

スフ「ニャー」

神崎「と、ところでいま彼はどちらに?」





122:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:52:26.74 ID:rp21YRTq0

イン「ん?とうまならまだ学校かも」

神崎「学校ですか...」

イン「うん。とうまは馬鹿だから」ガチャ

上条「悪い悪い遅くなった」

神崎「!」

上条「ってあれ?」

上条「なんで神崎が俺の部屋にいるんでせう?」





124:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:55:47.55 ID:rp21YRTq0

イン「あ、おかえりとうま!!ってあれ?!とうまがまた女の子連れて来てる!」

神崎「またって...」

上条「あああインデックス!これはだなあのそのう」

「は、はじめまして...!」

イン「むー」

神崎「あの、お名前は?」

安価中だけど>>130





130:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 22:57:23.64 ID:PjTNn3050

ルチア





134:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:02:04.28 ID:rp21YRTq0

ルチア「!」

神崎「ですからその、お名前は?」

イン「ちょっと、かおり?るちあだよ?」

ルチア「し、シスタールチアです」

神崎「存じ上げませんね。インデックス、お知り合いですか?」

上条「おい神崎、どういうつもりだ」

神崎「あなたは黙っていてください!!」

上条「っ!」

神崎「シスタールチアさんでしたか?私は神崎火織。どうぞよろしくお願いします」

ルチア「あの、えっと...」

神崎「どうかしましたか?顔色が悪いようですが」





135:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:03:34.63 ID:PjTNn3050

神裂じゃないの?





136:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:06:11.29 ID:p2EiOlHPO

こまけーこたぁいいんだよ!





137:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:10:23.96 ID:rp21YRTq0

ルチア「ごめんなさい!とっさに言った言葉が不注意でした!」

神崎「いえ何も気になさらずに。だって私たち初対面ですし、はじめましては妥当ですよ?」

ルチア「」

イン「ちょっとかおり?」

上条「おい神崎」

神崎「なんでしょう」

上条「さっきからその冷たい態度はなんなんだよ!!
   俺が遅れた理由は学園都市をイギリス正教の命で単独で調査しにきたルチアが
   アンチスキルの連中に絡まれてたのを助けてやっただけだろうが!!
   そこにルチアに冷たくしていい理由なんてないだろ!!
   いいぜ。てめえが何でも自分の思うように
ならなきゃ気がすまないってんなら、
   まずはそのふざけた幻想をb」

神崎「salvare000」

上条「!」





141:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:15:17.77 ID:rp21YRTq0

神裂「...ごめんなさい。できるならあなたを傷つけたくはありませんでした。ですがこれは私とルチアの問題のみならずあなたのその天然フラグ建築士1級資格のせいでもあります」

上条「ごちゃごちゃうっせえ。んなこたあどうだっていいんだよ!俺はルチアもインデックスも守り抜く。それは揺らぎはしないんだ」

神裂「いいでしょう。ならば」

>>145





145:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:18:08.83 ID:PjTNn3050

私のことも守ってください





150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:21:54.03 ID:SdheuqHU0

なんだと…





151:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:23:15.83 ID:qcVzFrwi0

なん…だと…





153:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:27:07.28 ID:rp21YRTq0

神裂「ならば、ならばわたしのことも、守ってはくれませんか」

上条「!」

神裂「シスタールチア」

ルチア「っ、はい!」

神裂「前言は撤回させてください」

ルチア「神裂さん...」

神裂「わたしその、彼と一緒にあなたがいることが苦しくて。おかしいことは十分に承知ですが彼女のまたという表現にも何故か苛立ちを覚えてしまって...。本当に申し訳ありません」

上条「!、神裂...」

神裂「...ルチア、許してくれますか?」

ルチア「...もちろんですよ//」

神裂「///」

上条「まあ、なんだ。何はともあれ良かったな」





154:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:31:56.45 ID:rp21YRTq0

---------------------
---------------
---------

打ち止め「ってことがあったのって、ミサカはミサカはお姉様にリークしてみる!」

御坂「な、なによ...それ」

打ち止め「えっとね、10032号があの人の部屋のベランダで視てたらしくて、MNWを通して実況されてたってわけ!ってミサカはミサカはここぞとばかりに言いふらしてみたり!」

御坂「」





155:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:37:36.62 ID:rp21YRTq0

-常盤台寮-

白井(...あのお方此処の所連日連夜あの調子。何かあったんですの?)

御坂「ねぇ黒子?」

白井「はいっ?!なんですの」

御坂「私って魅力ないのかな?」

白井「」

白井(こ、ここは何かお姉様を励ますお言葉をなさらなくては!!)


>>158





158:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:39:31.19 ID:CQb0OOv00

ないですの





161:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:42:48.35 ID:dLimKRmp0

ひどいですの





163:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:45:05.45 ID:rp21YRTq0

白井(といっても何も特別なことなんて言って差し上げられませんの。白井黒子!なんていう意気地無しですの!!)

御坂「スピー」zzz

白井「...寝ましたの?」

白井「おやすみなさいまし」


-翌日-

上条「ったく守ってやるとは言ったが常にこうしているのは上条さんも公衆の目線がきついですのことよ?」

神裂「ううううるさいですね!い、いいじゃないですか。こうして手をつないでいると、何かあ、あなたに守られてるみたいで」

上条「やれやれ。ん?あれは>>165か」

神裂「?」





165:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:45:57.09 ID:OLvKOJWS0

オルソラ





168:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:51:02.72 ID:rp21YRTq0

上条「おーいオルソラ!」

オルソラ「あら、これはこれはまた珍しいカップルとやらでございますよ」ニコッ

神裂「かかカップルって!!」カァァ

上条「そ、そうだぞオルソラ!俺らは別にそんなんじゃないって!!」アセアセ

神裂「」

オルソラ「そうでございましたか」

上条「それはそうと、どうしてオルソラが学園都市なんかに来てるんだ?」

オルソラ「はい。それは>>170という件で来ているのでございまして」





170:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:52:17.99 ID:CQb0OOv00

アニェーゼさんが上条さんに会いたがってる





171:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:54:55.45 ID:rp21YRTq0

上条「アニェーゼが?」

オルソラ「はい。それはそれはぜひともあなた様にすぐにでも会いたいといって聞かないのでございますよ」

上条「そうか。それでアニェーゼは今どこにいるんだ?」

>>173





173:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:55:59.99 ID:OLvKOJWS0

冥界





174:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/19(日) 23:57:35.51 ID:rp21YRTq0

オルソラ「それはそれはまた大変な場所でして」

上条「おい、もったいぶることでもないだろ?」

オルソラ「それが、冥界なのでございますよ」

上条「」

上条「...はい?」





176:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:04:04.85 ID:ZyeGShd/0

-------------------------

-冥界-

アニェーゼ「ったくあなたはいつまでも更生しないってわけですか。げほっ」

「あぁったりまえだあぁぁぁ。この異端の者めぇがあぁぁぁ。安安とイギリス正教なんてものに傾きやがってぇぇ、それがローマ聖教に従える者としての行為かあぁ」

アニェーゼ「それで?これから私をどうしちまうっていうんです?」

「なあぁぁぁに。次期にあの異端のサルが来るぅぅぅ。それまで貴様は


キュイイイイイン

「...来たかぁぁぁ」

上条「てんめぇぇ!」





177:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:07:52.38 ID:rp21YRTq0

「異教のサルがあぁぁぁぁ。今日こそてめえをぶち抜いてやるぅぅぅぅ」

上条「ビアージオ!!」

上条「お前の狙いはなんだ!どうしてまたアニェーゼに手を出したりしたんだ!!」

ビアージオ「決まっているぅぅぅ。>>180」





180:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:09:58.00 ID:fYBVGDn60

お前をアニェーゼに会いに来させるため





181:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:13:31.45 ID:eTQt5P/+0

ビアージオ脳内再生余裕すぎる





182:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:18:04.70 ID:ZyeGShd/0

ビアージオ「お前をぉぉ、こいつに会いに来させるためぇぇだあぁぁぁ」

アニェーゼ「///」ジワ

上条「!」

ビアージオ「この期に及んでまぁだわからねぇぇみてぇだなぁ。この異教のサルがぁぁぁ。なら教えてヤろぉぉぉう。こおいつはぁぁぁ、てめぇのことがぁ、好きみてぇぇぇぇだぁぁぁ」

アニェーゼ「/////」ブリ

上条「なんだって!?」





184:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:21:42.70 ID:ZyeGShd/0

上条「本当なのか、アニェーゼ」

アニェーゼ「ぇ、えっと//」ブリブリ

ビアージオ(さてとぉ、俺は帰るとするかあ、頑張れよぉぉ異教のサルぅ)



上条「アニェーゼ」

アニェーゼ「はい//」


ドゴオオオオオオオオオオオオオオオン!!

上条「!、伏せろアニェーゼ!」バッ

「七閃」





185:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:24:46.82 ID:ZyeGShd/0

上条「ぐあっ!!」ドサッ

神裂「...」

上条「どういうつもりだ神裂...!」

神裂「全く貴方という人は」

>>188





188:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:26:36.53 ID:NfUFye5M0

キスする





189:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:27:06.33 ID:fYBVGDn60

神裂さん御坂並みにしつこいな





190:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:33:33.57 ID:ZyeGShd/0

神裂「お仕置きが必要かもしれませんね...//」

上条「?」

ムチュウウウウゥ

上条(!!!)

上条(んっくそ、なんて不幸だ。は、はは。でもこれってキスしてるんだよな//これで俺もど、童貞卒業ってことかあ?っしゃあああぁぁぁぁ!!なんたる幸運!!いい!最高にいいですのことよおおおお!)

神裂「な、なんなんですかあなたは!?」

上条(あれ?俺って今キスしてるんだよな?あれ?どっちなんだ?なんで神裂は驚いて)

チュパッ

「...熱いの貰ったぜ三下ァ//」

上条「」





193:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:39:45.10 ID:ZyeGShd/0

「わ、わたしも欲しいのであるッッ!!」

上条「!?」

ブチュュュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!

上条「!!!!!!」

レロレロチュパッ!!!

上条(今度はなんなんだ!!おい、神裂!こっちは神裂なんだよな?いやでもなんか違う感じが...は、はは。不幸だ...)

ヂュパッ

「ふ、ふうぅ。これが貴様の味であるか//」





192:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:36:58.35 ID:q0GmAnLg0

oh...





191:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:34:56.36 ID:g4e4E1LJ0

ホモスレになったw





194:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:40:16.79 ID:fYBVGDn60

おい、アニェーゼどこいった…





195:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:41:14.83 ID:6lZ+l6Ja0

なんだこれ





196:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:42:01.58 ID:g4e4E1LJ0

かおすwwwww





197:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:43:15.63 ID:ZyeGShd/0

上条「お、お前は」

一方「ンだァ?てめぇはァ?」

後方「わたしであるか?わたしはウィリアムオルウェル。ウィリアムと読んで欲しいのである」

一方「ンなこたァどォだっていい!なんでてめぇまでこいつとレロチュパしてんだって聞いてんだよォ」

後方「>>200





201:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:45:00.31 ID:NfUFye5M0

お前と間接キスしたかったのである





207:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:51:21.99 ID:ZyeGShd/0

後方「お前と間接キスしたかったのである」

一方「」

上条(な、なんか俺空気っぽいな。ちょっとこの場はまずくないか?)

一方「そォかい、そりゃ結構」

後方「!?い、嫌であったか????」

一方「ンなこたねぇ。最高だァ///」

後方「んなっ//」キュン

上条神裂「」



クスクス...





208:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:53:06.44 ID:3OelyTLDI

一方www





209:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 00:54:45.04 ID:ZyeGShd/0

神裂「?」

上条「!?誰かいるのか?」

「愉快なものを見せて貰ったわぁ」

上条「!」

「大概目的からちょっとばかしずれてしまったけどぉ、こればっかりは一度視たかったのよねぇ」

上条「誰だ、お前...」





211:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 01:01:59.63 ID:ZyeGShd/0

「私?んー御坂さんの同級生ってことになるのかなぁ。でもあなたとは一応面識あるわよぉ?」

上条「はぁ?」

神裂「」


レロレロチュパタュパ ヨイノデアル!! ソォカイ ソコハ!! ココガイノカァ⁇ ヤメルノデアル!!


上条「...そういえばお前確か大覇星祭の時!」

食蜂「やっと気づいてくれたのね」

神裂「上条当麻...」

上条「ってことはあいつらも!」

食蜂「>>215」





215:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 01:06:21.51 ID:a25kK1gd0

とりあえず周りのやつ殺して自分も自殺





218:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 01:15:30.61 ID:ZyeGShd/0

食蜂「違うわよぉ。あいつらはただのホモ。それも真性のね」

上条「マジかよ」

上条「...そ、それで?お前は一体何をしようってんだ?」

食蜂「私ぃ?さっきもいったけどぉ私は御坂さんの同級生なおぉ」

上条「...」

食蜂「御坂さんいつも最近元気ないけどぉ、あれってあなたが原因みたいよぉ。まあこっちとしては御坂さんの悲しい顔が見れるのはとっても嬉しいんだけどね☆」

食蜂「でも違うのよぉ。あなたは御坂さんを幸せにするべき。そう思うの」

上条「お前...」





219:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 01:19:03.71 ID:ZyeGShd/0

食蜂「でもあなたの気持ちまでは分からないわぁ。正直なところを知れれば後はこっちがなんとかしといてあげる」キャピッ

上条「俺は...」

神裂「上条当麻...」




俺はやっぱり御坂と手を繋いでいくよ

fin





220:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2012/02/20(月) 01:19:25.42 ID:ZyeGShd/0

>   z‐、                、___「_T__、
>   | |  z‐、        、_、 | | __「T__、__「T_、 ハ.  r z __、     __
>   | | //.  、┐      .〃  | |.ノィ_i、>.ノィ_iミ、//._| |__ミ>     /ヘヽー、\
>   ゝ '/    '=} .==^ 〃⌒ヘ | |┌r‐イィーrヘ  /^>.__| | ー┬r^ //  } }   ヽヽ
>  //       , ィ |¬=、 (Ξソ | |||―| |―| | /ィ | }/| | }ヽ || { {  /./   } }
> { (     _ 〃 } レノ ).}  ̄  | |└|┬| |‐rムヽ. | |〃 | | しL||  、ーノ    / /
>  ヽ、二二二-' ヽ=ヘ.)∠- '     _ノノ _ノノ ヽニニ^) |_|   |_|  ヽ丿   . ̄  ∠- '
>     ┌――――――‐┐     __     、_____ 、  r‐r、  ___、
>     |::_「 T_、_「 T__、::|   ――| |―「 T 、| |      |. Γ //^ヽ)    | |
>     |::::/ └、::/   丶、|  ̄二二| |二|._」 ̄ | |―――| |/ ‐i┬^  ̄ ̄| |
>     |:〃:|._」Y〃:|._」ヽ「::| _二二|._」二二_、| |___| |   | | 、 ‐┬i┴ヘ
>     |::::::::――――^:::::::|   r‐r――‐r:ヘ  | |      | |  ̄| | ̄ }ヽ| ヘノ>
>     |::::ー―┬┬z―^ ::|   |__|ニニニニ]__|.   |._」―――|._」 }ヽ| |/> 'ー'||<
>     |:::_ノ^>_」 「ヽ`ヽ::::|                        ー'| ヒ__.ノZ||、\
>     |::ー::´::ヽ.ノ::::::ー′|  イ  ン  デ  ッ  ク  ス  「二-へヘ_ノ  Y^
>       ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄








  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: