Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  江ノ島「苗木の弱味を握って無理矢理女装させる」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
人の弱みに付け込むなんて、なんだか悪役みたいだぞ!っと。今更ですかねぇ。
苗木は弱み握られたら従順になりそう。というか、従順になってこその絶望乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:07:37.63 ID:gqAA5bzC0

戦刃「ええと…盾子ちゃんの言ってたカラオケボックス…ここだ」

戦刃「カラオケって入るの初めて、かも」

戦刃(でも盾子ちゃんが遊びに誘ってくれるのは間違いなく初めて…嬉しい…)

戦刃「一番奥の部屋だっけ…」

戦刃「盾子ちゃん、来たよー」ガチャ

戦刃「…!?」






2:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:08:27.28 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「おっそーいっ!約束の時間ピッタリに来るとか何考えてんの!?」

江ノ島「アタシも苗木もとっくに待ちくたびれちゃってるんですけどー!」

江ノ島「ねー苗木ー?」

苗木「うぅ…」

戦刃(…苗木くん!?)

戦刃(な、苗木くんが、)

戦刃(エプロンドレスに犬耳カチューシャつけて、)

戦刃(盾子ちゃんの靴を舐めてる…)





3:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:10:06.73 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「オラ犬、ご奉仕のセリフ忘れちゃったの?」ゲシ

苗木「はいぃ…ボクみたいなクズのド変態に盾子様のお靴を綺麗にさせていただけてるなんて最高の幸せです…」ペロペロ

江ノ島「ん!哀れっぽさが漂う今にも泣きだしそうな声色はナイス!」

江ノ島「でもただセリフを読み上げればいいってもんじゃねーんだよっ!」

江ノ島「もっとエロい息遣いで靴を嬉しそうにしゃぶりながらしゃべれ!やり直し!」

苗木「うぅ…ボクみたいなクズのド変態にぃ…」ペロペロ

戦刃「い、一体何が」

江ノ島「はーっ絶望的に察しが悪いねお姉ちゃん」

江ノ島「どっからどうみても『苗木の弱味を握って奴隷にしてる』って図でしょうが、言わせんな恥ずかしい」





5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:10:48.27 ID:gqAA5bzC0

戦刃「どうしてそんなことに…?」

江ノ島「ははーんそう来ると思ってたよ、ホントお決まりのセリフしか吐けないんだねぇ」

江ノ島「まぁそんな残念なお姉ちゃんの為に説明してあげるとねぇ…『かくかくしかじか』ってことだよ」

戦刃「えっと…全然わからない」

江ノ島「はぁ!?これ一語で伝わらないとかアンタホントにフィクションのキャラクター!?」

江ノ島「もういい、苗木、アンタが説明しな!」

苗木「うぅ…実は昨日…」





7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:11:46.15 ID:gqAA5bzC0

苗木(あ…あれ?)

苗木(教室にノートを忘れるなんて…今日の復習に必要だから取りに戻らないと)

ガラ

苗木「誰もいないな…まぁ当たり前だけど」

苗木「ええっとボクのノートは…あった!」

苗木「何だか誰もいない教室って不気味だな…早く戻ろ」

苗木「…!」

苗木「あ、アレは…!」


舞園「あれ…?体操服が見つからない…」

舞園「確かに持ってきたハズなんですが…教室に忘れてきたのかな…」

舞園「明日も使うし取りに戻らないと」





8:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:13:07.04 ID:gqAA5bzC0

苗木「この体操服…やっぱり舞園さんのだ」

苗木「忘れてったのかな…届けてあげないと…」

苗木「…」

苗木「な、何を考えてるんだボクは!///」カァァ

苗木「…///」ドキドキドキ

苗木「でもちょっとだけなら…今なら誰もいないし」





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:14:41.27 ID:gqAA5bzC0

苗木(体操服入れの口を開けて…ちょっとだけ匂いを…///)

苗木(舞園さん…ゴメン!)

苗木(…///)ソーッ…

江ノ島「そこまでよ!」パシャパシャ

苗木「ひっ!」

苗木「え、江ノ島さん!?」





11:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:16:06.87 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「いやーさすがのアタシもビックリだよ!」

江ノ島「たまたま教室に忘れ物を取りに来たらたまたま先客にでくわして、」

江ノ島「しかもたまたまその先客が苗木でたまたま変態行為に及んでたんだからねぇ!」

苗木「え、江ノ島さん…違うんだ…これは…その…」

江ノ島(くぅーっ!いい顔!後悔と不安に押しつぶされて頭真っ白って感じだねぇ!)

江ノ島(わざわざ舞園の部屋から体操服盗んできた甲斐があるってものよねぇ!)





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:17:54.46 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「何が違うって言うのさ?アンタ、舞園の体操服手に持って何しようとしてたっての?」

苗木「う…」

江ノ島「最低…苗木ってそんな奴だったのね…」

苗木「うぅ…」

江ノ島(軽蔑の視線に耐えかねて目を伏せる苗木…可愛い…)ジュルリ

江ノ島「舞園が知ったらどう思うだろうね…」

江ノ島(アタシの完璧な分析によると、多分喜ぶ)

苗木「お、お願い!このことはみんなには!」





13:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:19:26.80 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「黙っとけって?アンタそれ虫がよすぎない?」

江ノ島「アンタが最低でクズでキモい変態だって伝えた方がみんなのためにもいいと思うんだけどー」

苗木「うぅ…うっ…うっ…」グス

江ノ島(あーあ、泣きだしちゃったよ)

江ノ島「…どうしても黙ってて欲しい?」

苗木「!」コクコク

江ノ島「じゃあ明日の放課後空けといてね?一緒に出かけるからさ」

苗木「…え?」

江ノ島「ん?今何でもするって言ったよね?」





14:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:21:10.57 ID:gqAA5bzC0

舞園(あれ…話し声が聞こえる)

舞園「誰かいるんですか?」ガラ

苗木「ま、舞園さん…」

江ノ島「おーっ舞園じゃーん!」

江ノ島「さっきそこで苗木と行き会ってさーアタシら2人とも忘れ物取り来てたんだよねー」

江ノ島「もしかしてアンタも?」

舞園「ええ…あっその体操服」

苗木「ああ、あのその、これは」

舞園「ありがとうございます!届けてくれようとしてたんですね」ニコッ

苗木「え、あ、あぁ」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:24:28.77 ID:gqAA5bzC0

苗木(ば、バレてない…?)

舞園「あっ…さては私の体操服やらしいことに使おうとしてましたね?」

苗木「っ!」

舞園「エスパーですから」キリッ

苗木「あ、あの…」

舞園「なんて冗談ですよ、ごめんなさいからかってしまって」フフッ

江ノ島「アハハっ!苗木みたいないかにも小心者って奴にそんなこと出来るわけないじゃん!」

舞園「ですよねっ苗木くんがそんなことするはずありませんもんね」

苗木「あ…あはは…」





16:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:26:23.09 ID:gqAA5bzC0

舞園「じゃあまた明日」

江ノ島「バイバーイ」

江ノ島「じゃあ苗木、アタシ達もまた明日ねー♪」

江ノ島「…バックれようなんて思わないでね こっちには写真もあるんだから」

江ノ島「じゃまったねーっ」

苗木「…うぅ」





17:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:27:42.35 ID:gqAA5bzC0

苗木「ということがあって…」

戦刃「何で苗木くんが説明してるのに盾子ちゃんのモノローグも入ってるの…?」

江ノ島「こまけぇこたぁいいんだよ!」

江ノ島「っというわけでー現在苗木を着せ替え人形にして遊んでるんでーす」

戦刃「…何で女装?」

江ノ島「だってさー苗木って童顔でチビでナヨナヨしてて男らしさの欠片も無いじゃん?」

江ノ島「そんな可愛い…ああいや、男の腐ったような奴に女子が辱められるなんて同じ女として許せないワケよ」

江ノ島「というわけで女の子のカッコしてもらって女の子の気持ちを知ってもらおうって言う罰なのよこれは」

戦刃(何かよくわかんないけど盾子ちゃんが苗木くんに女装させたいだけってのはわかった)

江ノ島「ほらほらー見てよこの情けない顔、たまらないわよねぇー…」ウットリ

苗木「うぅ…戦刃さん」

戦刃(メイド服姿の苗木くんが床にひざまずいて私のことを涙目上目づかいで見つめてる…こ、これは…///)

戦刃「か、かわいい」ドキドキ

江ノ島「でしょー!?」





19:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:29:30.63 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「でもメイド服も少し飽きてきたな」

江ノ島「次の衣装は…あっそのためにお姉ちゃん呼んだんだった」

戦刃「えっ、私…?」

江ノ島「お姉ちゃんの絶望的なファッションセンスとその犠牲になる苗木を同時に笑おうって魂胆だよ!」

江ノ島「最新の流行からマニアックなコスプレまで衣装は何でも揃えてるから好きに苗木を着飾っちゃいなよYOU!」

戦刃「急にそんなこと、言われても…」

戦刃(何着せても…いいのかな…)ドキドキ

苗木「ううっ…戦刃さんお手柔らかに…」





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:32:44.41 ID:gqAA5bzC0

戦刃「うーん…っと」

戦刃「じゃあ…これ」

江ノ島「おっナース服かーお姉ちゃんのクセに中々いいの選んだじゃーん」

江ノ島「じゃあお着替えターイムっ!」

戦刃「え、ここで?」

苗木「あ、あのさ…やっぱりトイレの個室とかで着替えるわけには…」

江ノ島「は?そんなことしたらせっかくそれ履いたのに意味ないじゃーん」

苗木「だ、だってこれを見せるのが一番恥ずかしいって言うか…」

戦刃「???」

江ノ島「甘えたこと言ってんじゃないよ、みんなにあのことバラすよ?」

苗木「うぅ…」ヌギヌギ





22:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:35:05.31 ID:gqAA5bzC0

戦刃「!!」

戦刃(苗木くん…女の子の下着付けてる…!)

江ノ島「いやー苗木が女装するならどうしてもつけたいって言うからさー」

苗木「ち、ちがっ、江ノ島さんが無理矢理…」

江ノ島「え?何?聞こえない」

戦刃(脱いだ服で前を隠そうとしてる苗木くん…可愛い)ドキドキ

苗木「次はこの服だよね…」

江ノ島「あっちょっとそこでストップ」

苗木「えっ」





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:36:27.58 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「何かお姉ちゃんが苗木の裸に興味津々みたいだからさー」

江ノ島「ちょっとそのままで立っててくれる?」ニヤニヤ

苗木「え…えっ!?」

戦刃「ちょ、ちょっとそれはさすがに」

江ノ島「もちろん前は隠さずに、手は後ろ手に組んでねー」

苗木「だ、ダメだよっ!いくらなんでもそんなこと…!」

江ノ島「バラすよ」

苗木「う…」チラッ

戦刃(苗木くんが許しを乞うような目で私を見つめてくる…)





25:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:38:21.49 ID:gqAA5bzC0

戦刃「ゴメン…苗木くん」

苗木「そんなぁ…」

江ノ島「あははーお姉ちゃんはアンタの裸が見たくて仕方ないってさー」

江ノ島「ほらほらー早く見せてあげなよー」

苗木「う…うぅ…」ジワ

戦刃(苗木くん…今にも泣きそうな顔してる…)

戦刃(でも盾子ちゃんには逆らえないし…けっ決して私が苗木くんの裸を見たがってるとかそういうことじゃなく…)ドキドキ





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:39:46.28 ID:gqAA5bzC0

苗木「こ、これでいい…?」

江ノ島「ふふ、そうそうそうやって自分の体もっと見せつけてぇー…」

戦刃(苗木くんって結構男の子っぽい体つきなんだなぁ…思ったよりガッシリしてるかも…)

戦刃(で、でも下着の部分が…男の子の…その…形が…///)カァァ

苗木「あ、あの、戦刃さん…そんなに見ないでぇ…///」

江ノ島「アハハ!お姉ちゃん苗木の股間に注目し過ぎぃー!」

戦刃「ち、ちがっ、そういう、わけじゃ…」モジモジ





29:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:41:21.55 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「2人して赤面しまくりで超キモいのでそろそろナース服行こうか」

苗木「…ほっ」

戦刃(ああ…)

江ノ島「お姉ちゃん、今残念だなーって思ったでしょ」

戦刃「っ! な、なんで!?」

江ノ島「なんで?『なんでわかるの?』の短縮形?うぷぷ…自分で認めちゃうんだぁ」

戦刃「な、苗木くん、これは違くて…」

苗木「…///」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:43:27.53 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「わーナース苗木の完成ー」パチパチ

苗木(うう…女の子の服って何でこんなに下がスースーするんだろう…)

戦刃(苗木くん…何着てても可愛い…)ポーッ

戦刃(何か私さっきから顔赤くなりっぱなしで恥ずかしい…///)

江ノ島「さすがお姉ちゃんが選んだだけあって思ったほど可愛くないね」

戦刃「えっ…」ガーン

江ノ島「アタシさっきから喋りすぎて喉渇いちゃったよ、飲み物持って来る」

江ノ島「苗木は何が飲みたい?」

苗木「あっ…じゃあカルピスを…」

江ノ島「おっけー、じゃあちょっと待ってて」

江ノ島「その間お姉ちゃんは苗木で遊んでていいよ」ガチャ

戦刃「…!」





31:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:45:40.74 ID:gqAA5bzC0

苗木「あ、あはは…」

戦刃(き、気まずい…何でこんな時に2人にするの…)

戦刃(盾子ちゃんに言われてとはいえ私も苗木くんに女装させてる訳だし…)

戦刃「あ、あの、苗木くん、お、怒ってる?」

苗木「そ、そんなことないよ」

苗木「ボクにはそんな資格ないわけだし…」

戦刃(やっぱり昨日の事を気にしてるんだ…)





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:49:51.50 ID:gqAA5bzC0

戦刃「体操服のことなんだけど、そ、そんなに気にしなくてもいいんじゃないかな」

戦刃「男の子ならそういうの、ふ、普通だと思うよ、変態なんかじゃないよ」

苗木「戦刃さん…ありがとう…」

苗木「でも、やっぱりみんなに知られちゃうのは辛いし…」

苗木「何より江ノ島さんを怒らせちゃったしさ…」

苗木「ボクが恥ずかしい思いをして江ノ島さんの気が済むならそれでいいかなって…」

戦刃(うう…苗木くん…健気…)





34:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:52:25.30 ID:gqAA5bzC0

戦刃(苗木くんってホントにいい人…私にも優しくしてくれるし…)

戦刃(こんなに優しい苗木くんが今なら私のいいなり…?)

戦刃(ハッ、私は何を考えて…)

戦刃(…)

苗木「…?戦刃さん、どうかした?」

戦刃「あ、あのさ、苗木くん」

戦刃「ひざまくら…させてもらっていい?」ドキドキ





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:55:27.47 ID:gqAA5bzC0

苗木「えっひざまくら?」

戦刃「…ダメ?」

苗木「い、いいけど…えっと」

戦刃「わ、私が…苗木くんにしてあげたいの…」

苗木「えぇ!?」

苗木(そ、それってボクの頭を戦刃さんの…ふ、ふとももに…?///)

苗木「だ、ダメだよ、そんなの!」

戦刃「そう…だよね…イヤだよね…私なんかに」

苗木「ち、ちがうよ!戦刃さんにしてもらうのが嫌だなんて…」

苗木「ただ…戦刃さんに悪いような気がして…」

戦刃「え、えっと、これは私が言い出したことだし…」

戦刃「だから…全然気にしないでいいし…むしろ私がしてあげたくて言ってるんだし…」ゴニョゴニョ

戦刃「えっと…言うこと聞かないと…バラしちゃう、ぞ…///」

苗木「戦刃さん…」





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:56:50.79 ID:gqAA5bzC0

苗木「…///」ドキドキ

戦刃(ナース服姿の苗木くんが私の膝に…///)ドキドキ

苗木(戦刃さんのふともも…やわらかくて気持ちいい…///)

苗木「えっと…重くない?」

戦刃「ううん、全然、平気」

戦刃「苗木くん、頭撫でていい?」

苗木「え、う、うん」

戦刃(よーし…よーし…)ナデナデ

苗木(なんか…男としてこういうのはどうかと思うけど…)

苗木(こうされてると…すごく落ち着く…)





37:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 20:58:49.09 ID:gqAA5bzC0

苗木「あ、あのさ…戦刃さん…」

戦刃「」ビクッ

苗木(今すごいビクッってした…)

戦刃「ご、ごめん嫌だった…?」

苗木「ううん、全然…むしろ気持ちいいし…」

戦刃「えっ…///」カァァ

苗木「あっ!い、いやらしい意味じゃなくてだよ!?」

戦刃「う、うん…ありがとう…///」ドキドキ

苗木「…///」ドキドキ





38:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:01:14.94 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「何かこの中ですごいおぞましい光景が展開されてる予感」

江ノ島「お待たせーっ!ごっめーん苗木、おかゆしかなかったよ!」ガチャ

江ノ島「おーっと手が滑った」ツルッ

戦刃「っ! 危ない!」ベシャ

苗木「あぁ…おかゆが戦刃さんの顔に…」

江ノ島「あらら、お姉ちゃんがひざまくら何かしてあげるから苗木の苗木も昂ぶっちゃった?」

江ノ島「それにしてもひざまくらされただけで達しちゃうなんて…やっぱり苗木は変態だねぇ」

苗木「え、江ノ島さん、何を…!」

江ノ島「あーあ、お姉ちゃんの顔、苗木の(おかゆ)でドロドロだよ」カメラパシャー

戦刃「苗木くんの…苗木くんの…」ポーッ

苗木「え?戦刃さん?違うからね?」





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:04:37.84 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「苗木は女子の体操服を嗅ぐのが趣味で女装癖があって人の姉にぶっかけるのが大好き…と」

江ノ島「あはは!苗木の罪状がまた増えたねぇ!」

苗木「戦刃さん!顔大丈夫!?火傷してない!?」

苗木「早く洗って来ないと…」

戦刃「苗木くんの…///」ポーッ

苗木「違うからね!?わかってるよね!?」





40:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:07:15.65 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「次行くよ!次!」プルルル

江ノ島「おっと電話が…」ピッ

江ノ島「もしもし?うんうん、いまどこ?」

江ノ島「もう着いてる?あ、マジで?部屋番号はね…」

苗木(また誰か来るのかな?)

苗木(でもこれ以上この恥ずかしい姿を人に見せたくないよ…)

江ノ島「お、来た来た」

霧切「お邪魔するわ」ガチャ

苗木「き、霧切さん!?」





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:09:23.00 ID:gqAA5bzC0

霧切「お楽しみのようね…」ジッ

苗木「霧切さん、これにはワケがあって…」

江ノ島「ああちなみに霧切は全部事情は知ってるからね」

苗木「え…?」

江ノ島「ごっめーん、内緒にする約束だったのにさー霧切には感づかれちゃったみたいでー」

苗木「そ、そんな…」

霧切「…まぁそういうことにしておきましょうか」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:10:35.98 ID:gqAA5bzC0

~回想~

江ノ島『あ、霧切?今苗木の弱味を握った所なんだけどさー明日一緒に苗木のこと女装させて遊ばない?』

霧切『悪趣味極まりないわね…ぜひご一緒させてもらうわ』

~回想終わり~

霧切「苗木くん…私だってこんなことを強要するのは辛いのよ…」

霧切「でもこれもあなたが罪を悔い改める為なの…わかってくれるわね?」

苗木「う、うん…そうだよね…ボクが全部悪いわけだし…」

戦刃(…何でこんなメチャクチャな理屈でやりこめられちゃうんだろ?)

江ノ島(可愛い)

霧切(可愛い)





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:13:13.24 ID:gqAA5bzC0

霧切「江ノ島さん、例の衣装は」

江ノ島「もっちろん用意できてるよ~ん」

江ノ島「じゃじゃーん!」バッ

苗木「う、ウェディングドレス!?」

霧切「素晴らしいわ、注文通りね」

江ノ島「これはさすがに一人じゃ着られないからアタシが手伝うね」

苗木「こういうの…ボクが着ていいのかな…」

苗木「何か他の衣装とは違う意味で着ちゃダメな気がする…」

霧切「何を言ってるの、ウェディングドレスは女の子なら誰もが憧れるものよ」

霧切「女の子の気持ちを知る為にこれ以上ふさわしいものはないでしょう?」

苗木「そうかもしれないけど…」





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:14:53.71 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「ほらほらゴチャゴチャ言ってないで着替えるよ」グイッ

苗木「あっ待って、自分で脱ぐからっ」ヌギヌギ

霧切「っ!?女性用の下着!?ちょっと調べさせてもらうわ」ジィ

苗木(うぅ…毎回こうなるのか…///)

戦刃「あ、あんまり見ないであげて」

江ノ島「刺激するとぶっかけられちゃうかもよ~?」

苗木「え、江ノ島さんっ!」

霧切「ふーむ…」ジロジロ





46:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:16:51.30 ID:gqAA5bzC0

霧切「ふぅ…邪魔したわね、着替えを続けて」

苗木(恥ずかしすぎて頭がどうにかなりそうだ…///)

戦刃(霧切さんのあんな清々しい表情初めて見た)

江ノ島「ほらほら赤くなってないでドレス着るわよ」

苗木「江ノ島さんってウェディングドレスの着付けも出来るんだ…」

江ノ島「まぁねー慣れちゃえば誰でも出来るよ、ここのゴムはきつくない?」

苗木「うん、大丈夫」





48:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:18:30.40 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「ファスナーをあげて…ティアラ乗せて…はい完成ー」

戦刃「ふわぁ…綺麗…」

霧切「ふむ…」

苗木「…///」

苗木(今更だけど…女の子に囲まれて女の子の恰好するってすごく恥ずかしい…///)

霧切「思ったより肩幅があるのね…」ツー

苗木「ひゃっ!」

江ノ島「気にしぃだなー!女の子でもこれくらいある子いるってー」





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:21:01.03 ID:gqAA5bzC0

霧切「まぁいいわ、予想以上の仕上がりよ、礼を言うわ」

江ノ島「え?まさかこれで終わり?」

苗木(…ほっ)

霧切「何を言ってるの、これで終わりなわけないじゃない」

苗木「えっ」

霧切「ちょっと外すわ、私も着替えてくる」ガチャ

戦刃「えっ霧切さんも着替えるの?」

霧切「お待たせ」ガチャ

苗木「早っ!…っていうかその恰好…!?」

苗木「タキシード!?」

江ノ島「はっはーん」





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:23:33.20 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「大体やりたいことはわかったよ、カメラあるけど撮ってあげようか?」

霧切「ぜひお願いするわ」

苗木「え?え?これから何するの?」

霧切「決まってるでしょ、お姫様だっこよ」

苗木「…それって」

霧切「もちろん私が、苗木くんに、よ」

苗木「だよね…」





52:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:27:00.31 ID:gqAA5bzC0

霧切「じゃあ私がこうやって片膝の体勢になるから」

霧切「苗木くんは一度膝の上に腰掛けてくれる?」

苗木(江ノ島さんに散々な目に遭わされて…大抵のことじゃ動じないと思ってたけど…)

苗木(やっぱりこういうのは逆に緊張する…///)スッ

苗木「だ、大丈夫?重くない?」

霧切「平気よ、その姿勢のまま私の首に腕を回して」

苗木(霧切さんの首に…///)ギュ

苗木(こ、これ…顔が近すぎないかな…///)ドキドキ

苗木(こんなに密着したらドキドキしてるのがバレないか心配…///)ドキドキ





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:29:07.63 ID:gqAA5bzC0

霧切「じゃあ持ち上げるわよ」ヒョイ

苗木「ひゃあっ!」

江ノ島「くっくっ…ひゃあっ!だってぇ~」ウププ

苗木(今更だけど…男として最高に情けない恰好だよね…今…)

苗木(うぅ…恥ずかしくて霧切さんの顔マトモに見れない…///)プシュー

戦刃(いいなぁ…私も苗木くんお姫様抱っこしたい…)

霧切「…さすがにちょっと力がいるわね」

霧切「苗木くん、もっと強く抱きついてくれる?その方が安定するから」

苗木(も、もう…どうにでもなれだ!///)ギュー





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:30:51.56 ID:gqAA5bzC0

霧切「じゃあ江ノ島さん、カメラをお願い」

江ノ島「はいは~いお任せあれ~」

江ノ島「じゃあ新婦さんもカメラの方向いて笑ってー」

苗木(新婦…///)

江ノ島「はい、チーズ」パシャ

江ノ島(うぷぷ…苗木が真っ赤になって微妙な顔してるのも可愛いけど…)

江ノ島(霧切までほんのり赤くなってるよ…これはレアだよ!レア!)

戦刃(苗木くんと結婚すれば私もお姫様だっこできるかな…///)





55:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:34:18.65 ID:gqAA5bzC0

苗木「な、何言ってるんだよっ!いくらなんでもそんなこと…」

江ノ島「そうだ苗木、じゃあアンタが今霧切にキスしなよ、これ命令ね」

江ノ島「やらなきゃバラしちゃうぞぉ?」キャピキャピ

苗木「うっ…」

霧切「……」

戦刃「だ、ダメだよそんなの…」

江ノ島「残姉は黙ってろ!さぁどうする~?」

苗木「それは……出来ない……」

霧切「…」





56:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:37:52.06 ID:gqAA5bzC0

霧切「あなたは私が傷付くのを気にしているようだけど、私はキスされたくらいでは何とも思わないわよ?」

霧切「家の仕事でよく海外にも行くのだけれど欧米ではキスなんて挨拶みたいなものだわ」

霧切「それにこの会はあなたの変態行為に対して憤っている江ノ島さんに対して責任をとるものなのよ?」

霧切「なのにあなたは私の気持ちを勝手に想像して彼女の要求を断ろうとしている、そんなことが許されるのかしら」

霧切「以上の点からあなたは私にキスするべきだと思うのだけど何か反論はあるかしら?」

苗木「ぐっ…」

戦刃(霧切さんが何言ってるかはよくわからないけどとにかく苗木くんとキスしたいだけってのはわかった)

江ノ島(きwwwwwりwwwwwwぎwwwwwwwりwwwwwwwww)





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:41:14.77 ID:gqAA5bzC0

苗木「だ、だって…」

霧切「だって?言い訳なんて聞きたくないわ、早くキスしなさい」

戦刃(霧切さん…だんだん露骨になってるよ…)

江ノ島(必死過ぎwwwwwwwww)

苗木「だ、だってさ…ボクなんかが霧切さんみたいな可愛い子にキスするなんて…申し訳ないって言うか…///」ゴニョゴニョ

霧切「ぐぅっ!?」バッ

苗木「き、霧切さん!?」

霧切(くっ…私としたことが…!さっきのお姫様だっこの時はなんとか耐えたというのに…!)

霧切(か、顔が赤くなって…も、戻らない…///)





58:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:46:19.59 ID:gqAA5bzC0

霧切「じゃあ、いくわよ…///」ガシッ

苗木「…ほ、本当にいいの…?///」ドキドキドキ

霧切「…///」ドキドキドキ

江ノ島「うぷぷぷぷぷ…」

霧切「苗木くん…///」スッ

舞園「そこまでですよ!」バンッ

苗木「わぁっ!」





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:48:07.70 ID:gqAA5bzC0

苗木「ま、舞園さん、どうしてここに!?」

舞園「江ノ島さん、遅れてすみません、撮影が思ったより長引いてしまって…」ペコリ

江ノ島「別にいーよ」

舞園「戦刃さん、こんにちは」ニコッ

戦刃「あ、こ、こんにちは」ペコリ

舞園「さて……霧切さん!どういうつもりですか!」

霧切「どういうつもり、とは?」

舞園「とぼけてないでください!今苗木くんに何をしようとしてたか聞いてるんですよ!」

霧切「キスしようとしてただけよ?」

舞園「最低…!弱味につけこんで無理矢理そんなことしようとするなんて…!」





60:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 21:50:54.61 ID:gqAA5bzC0

霧切「勘違いしないで欲しいのだけど、これは私の意思じゃないわ」

霧切「江ノ島さんのお願いを苗木くんが実行しようとしただけ…」

霧切「そういうわけだからあなたが入ってきたところでそれを中断するわけにはいかないの」

舞園「なっ…!」

霧切「そうよね?江ノ島さん?」

江ノ島「んー?」ニヤニヤ

江ノ島「やっぱりさぁ、気が変わった、さっきのはナシでいいや」ニヤニヤ

霧切「なっ…!」





61:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:00:32.39 ID:gqAA5bzC0

霧切「…どういうこと」

江ノ島「だぁかぁらぁ、気が変わったんだってぇ」

江ノ島「さっきはいいアイディアかなーって思ったけどよくよく考えるとそうでもなかったー的なー」

江ノ島「だからこの話は終わり!ちょうど舞園も来たし、選手交代だよ」

霧切「…」

戦刃(霧切さん、この世の終わりみたいな顔してるよ…)

苗木(嬉しいような…残念なような…)

戦刃(っていうか盾子ちゃん、もしかして舞園さんが入ってくるタイミングまで見越してさっきの提案を…?)

江ノ島「~♪」





63:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:07:20.62 ID:gqAA5bzC0

舞園「ふふふっ、残念でしたね霧切さん!」

霧切「別に…それじゃあ私はまた着替えてくるから」ガチャ

舞園「それにしても苗木くんのウェディングドレス…すごく似合ってますね!素敵です!」

舞園「抜け駆けは許せませんけどさすが霧切さん…いいセンスですね」

苗木「い、いや、ていうか」

苗木「なんで舞園さんがここに!?」

舞園「え?江ノ島さんから聞いてませんか?」

苗木「…まさか!?」

江ノ島「ごーめん苗木ー舞園にあのことバレちったー、でもエスパーだから仕方ないよねー」

苗木「そ、そんな…」





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:09:34.02 ID:gqAA5bzC0

~回想~

江ノ島『実は苗木が…』

舞園『私の体操服を…!?そうですか…苗木くんが…』

江ノ島『舞園?』

舞園『…いやったぁぁぁああああ!!!私異性として見られてたぁぁあああ!!嬉しいいいいいいい!!!』

江ノ島『やっぱり』

~回想終わり~

苗木(さ、最悪だ…!よりによって一番バレたくない人に…)

苗木(舞園さんに知られたくない一心で今まで恥ずかしい思いをしてきたのに…)

江ノ島(い~いねぇっ!その顔!今日一番の絶望顔だねぇっ!)ゾクゾク





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:12:04.63 ID:gqAA5bzC0

苗木「ま、舞園さん…ボクは…」

舞園「いいんですよ苗木くん、私全然怒ってませんから」

舞園「むしろ嬉し…」

霧切「ちょっと待って舞園さん」ガチャ

舞園「あ、早いですね霧切さん」

霧切「苗木くん相手には『怒っている』と伝えた方が後々有利よ」ヒソッ

舞園「苗木くん!私やっぱりすごく怒ってます!絶対許しませんよ!」

苗木「…うぅ」





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:14:31.33 ID:YoJwefNEO

クズ女ばかりじゃないか

やっぱ二次元が最高だな





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:17:38.09 ID:8oGWbwhX0

それは違うよ!
    _________
  三[ こいつらは二次元  >  >>67
     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄





68:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:15:40.13 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「舞園は自分で衣装用意してきてるんだっけ?」

舞園「ええ、超高校級の変態である苗木くんにスペシャルな衣装を用意しました!」

舞園「これです!」スッ

苗木「!」

戦刃「え…」

霧切「なるほど…」

江ノ島「へぇ、いい趣味してんじゃん」

苗木「こ、これは…」

苗木「舞園さんの…体操服…」





72:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:19:19.89 ID:gqAA5bzC0

舞園「えへへ~苗木くんなら喜んでもらえると思って」

苗木「あ…あ…」ガタガタ

舞園「今日体育で使ったばかりでまだ洗ってないんですよ~?」

江ノ島「ひゃーこりゃ出すとこ出せばウン十万の値がつくね」

苗木「ご…ごめんなさい…舞園さん…」

舞園「何で謝るんですかぁ?苗木くんは私の体操服が大好きなんですよね?」ニコッ





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:21:31.89 ID:gqAA5bzC0

苗木「ゆ…許して…」

舞園「いいですよ、これを着てくれたら許してあげます」ニコニコ

戦刃(舞園さん…怖い)

霧切(怯える苗木くん可愛い)

舞園(ああ…苗木くんにこんな意地悪を言う私はなんて悪い子なんでしょう)

舞園(でもしょうがないんです!だって苗木くんが可愛すぎるから!)

江ノ島「とりあえず今着てるウェディングドレス脱がすか」ポイポイ





74:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:23:23.32 ID:gqAA5bzC0

舞園「むっはーっ!なんですか苗木くん!その下着は!」

苗木(毎回こうなるのか…)

江ノ島(この流れ飽きた)

舞園「よく見せなさい!さぁさぁ!」

江ノ島(のでカット)





75:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:25:29.30 ID:gqAA5bzC0

舞園「満喫しました!では着替えをどうぞ」

苗木「ま、舞園さん…やっぱり…これだけは…」

舞園「そうですかー苗木くんは私のお願いは聞いてくれないんですかー」

舞園「じゃあ苗木くんに傷つけられた私の心はどうなるんですかねー?」

苗木「ぐっ…」

舞園「私のお願い聞いてくれないってことは…私に対して申し訳ないとかそういう気持ちは」

舞園「全然ないってことなんですか?結局自分が可愛いだけなんですか?」

苗木「そ、それは…違うよ…」

舞園「じゃあ着れますよね?」ニコッ

苗木「…うっ」

苗木「…わかった、着るよ…」

舞園「…しゃっ!」ガッツポ

江ノ島「これは見物だねぇ」ニヤニヤ





76:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:28:07.95 ID:gqAA5bzC0

苗木「じゃ、じゃあ上から…///」ドキドキ

舞園(苗木くんがついに…私の体操服を…!)

舞園(これは想像以上に恥ずかしい…!///)

舞園(しかし恥ずかしいのは苗木くんも一緒…同じ恥ずかしさを味わってこそ意味があるんです…!)

苗木「あ、あの…顔通す時は息止めてるから…///」

舞園「い、いえ…無理はしなくていいですよ…」プルプル

舞園(むしろ嗅いで欲しい!いや…やっぱり恥ずかしい…でも嗅いで欲しい!)





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:33:25.25 ID:gqAA5bzC0

苗木「…///」モゾモゾ

舞園(ああああ…!私の体操服に頭を…!)

舞園(着ちゃうんですね!ホントに着ちゃうんですね!)

舞園「私の汗と匂いがしみ込んだ体操服着ちゃうんですねええええええ!?」

苗木「」ビクッ

戦刃「」ビクッ

霧切(ちょっとびっくりした…)ドキドキ

舞園「邪魔しました続けてください」





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:35:19.47 ID:gqAA5bzC0

苗木「う、上はこれでいいかな…?///」

苗木(着替えの間は匂い嗅がないように息止めてたけど…)

苗木(こうして着ちゃうと…漂ってきちゃうよ…)

苗木(洗剤と…汗の…匂いが…///)ドキドキドキ

苗木(いい匂い…頭クラクラしそう…///)

舞園「ふぅぅぅぅぅ!!ふぅぅぅううううううう!!」

舞園(苗木くんが私の体操服を着ちゃうってことはもう肌を重ねたと言っても過言ではありませんよね!?)

舞園(私アイドルなのに!クラスの男の子に無理矢理自分の服を着せて喜んでる!私アイドルなのに!)ハァハァ

舞園「じゃあ…下も…」ハァハァ

苗木「…うん///」





79:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:36:28.37 ID:gqAA5bzC0

苗木(うわ…ブルマってこんなに小さいんだ…///)スルスル

舞園(わ、私の下腹部を覆ってたブルマが…苗木くんの…苗木くんの…///)

舞園(うわあああ!それ以上はダメです!で、でもぉ…!)

舞園「ほ、ほら…モタモタしてないで早く…///」

霧切「大丈夫?あなた無理してないかしら」

舞園「にゃに言ってるんですか!無理なんかしてませんよ!」

苗木「き…着たよ///」

舞園「ふぁ!?」

舞園「あ、あぁ…!」





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:41:38.84 ID:gqAA5bzC0

江ノ島(足が丸出しになるちっちゃいブルマに胸元に大きくプリントされた『舞園』の文字…)

江ノ島(これは…萌えるッ!)

戦刃(うう…何だか苗木くんを取られちゃった気分…いや、別に私の物じゃないんだけど…)

霧切(何だか苗木くんを寝取られた気分だわ、興奮するわね)

舞園(こ、これは…もう…!)

舞園(苗木くんに犯されたのも同じですよ!///)

舞園「あぁ…」フラッ

苗木「ま、舞園さん!大丈夫!?」ダキッ

舞園「苗木くん…///」ドキドキドキ

苗木「あぁっ!こ、これは不可抗力というか…///」アセアセ

舞園「苗木くん…責任とってくださいね…///」ドキドキ

苗木「ま、舞園さん…///」ドキドキドキ





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:46:09.07 ID:gqAA5bzC0

霧切「このムード…マズイわよ…」ヒソ

江ノ島「なんでー?面白いじゃん」ニヤニヤ

霧切「何言ってるの…!このままだとどこまでいくかわからないわよ…!」

戦刃「そ、そうだよ…!こんなのいけないよ盾子ちゃん…」

江ノ島「うぷぷ…まぁそんなに心配しなさんなって」

江ノ島(そろそろかな)

プルルルルルルルルル!

舞園「ひゃあ!」バッ

苗木「わぁ!」バッ





83:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:49:02.20 ID:gqAA5bzC0

江ノ島「おーっとフロントからの電話だ」ガチャ

江ノ島「はい、あーはいはい延長は無しで」ガチャ

江ノ島「じゃあ時間来たしそろそろ帰ろうか」

霧切「待って、タイムアップだなんておかしいわ」

江ノ島「あんたねぇ、今何時だと思ってるわけぇ?」

舞園「あ…もうこんな時間だったんですね…」

苗木「そ、そうみたいだね!じゃあこれも脱ぐね!」ヌギヌギ

舞園(あぁ…名残惜しいです…)





84:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:51:18.53 ID:gqAA5bzC0

霧切「ふぅ…仕方ないわね…じゃあ今日はこれでお開きね」

戦刃(もうちょっとみんなと一緒に遊びたかったな…)

舞園「あのぉ~私ちょっと物足りないって言うか…」ヒソ

江ノ島「大丈夫だよ、今日だけでも新しいゆすりのネタたくさん入ったし」ピラッ

舞園「こ、これは…!後で焼き増してください!」

江ノ島「またいつでもこうやって遊べるよ」

江ノ島「ね!苗木!」

苗木「は、はい!」ビクッ





85:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 22:54:18.45 ID:gqAA5bzC0

苗木(気が狂うかと思うほど恥ずかしい思いをした次の日…)

苗木(ボクはまた、江ノ島さんに声をかけられるんじゃないかとヒヤヒヤしていたけど)

苗木(江ノ島さんはボクをいじるのに『飽きた』らしくそれきり誘って来なくなった)

苗木(何でも将来の準備のためにこれから色々と忙しいらしい、今の時期から進路を考えてるなんて…偉いなぁ)

苗木(そう…江ノ島さんは誘って来なくなった…けれど…)

舞園「苗木くん!今日は私のステージ衣装を持ってきました!紅白の時に来てた物ですよ!」

霧切「苗木くん、あなたの家から妹さんの制服を借りてきたわ、今日はこれを」

苗木「あ、あはは…」





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 23:00:33.31 ID:gqAA5bzC0

舞園「今日も霧切さん来るんですか?たまには2人きりがいいのになー」

霧切「あら、そうはさせないわ」

朝日奈「苗木の女装!?私も見たーい!」

大神「朝日奈よ…あまり大声を上げると苗木が困るのではないか」

山田「フフフ…苗木誠殿には僕の新たな扉を開ける生贄になってもらいますぞ…手始めにぶー子コスを…

不二咲「じょ、女装のことでわからないことがあったら何でも聞いてねぇ」

セレス「女騎士もありですわね…」

葉隠「ほらほら苗木っち~さっさと行くべ~」

苗木「あ、あはは…」

苗木(しょうがないよな…みんなにバラされるわけにはいかないし…)

苗木「あれ…?これって何かおかしいような…」

舞園「ほら!言うこと聞かないとみんなにバラしちゃいますよ!」

終わり





88:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 23:02:56.80 ID:Y0C1Tffn0

>>1乙





90:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2013/12/29(日) 23:05:01.34 ID:e0k+OlYN0

良かったです

激しく乙!
たえこ編も書いていいのよ?






元スレ:江ノ島「苗木の弱味を握って無理矢理女装させる」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1388315257





  

【 関 連 記 事 】


このエントリーをはてなブックマークに追加 [ 2014/01/04 21:31 ] SS:ダンガンロンパ | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。