Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  P「お前ら見てみろ!ファンからたくさん届いたぞ!」【安価SS】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
アイドルともなれば、プレゼントの数も大変なものになるのでしょうね。羨ましい気も。
しかし、反面、どんなものが送られてくるのか怖い気もします。Pのチェックが命乙!


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:22:08.44 ID:HtoSUYmS0

やよい「わぁー!これ、全国のわたしたちのファンが?」

律子「これを見るとアンタたちがやる気出すと思ってね」

千早「こういう贈り物が来るぐらい知名度が上がったってことですかね」

雪歩「数に偏りがあったりするんですか?」

P「ひとりひとりのファンの多さと比例するかはわからんが、大体の目安にはなるかもな」

真美「んっふっふー、これは真美が一番で決まりだね!」

亜美「いいや亜美だYO」

P「とりあえず渡していくぞ……これは>>5だな」

>>5
名前と中身






5:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:25:12.52 ID:8BDWJfHJ0

雪歩にお茶の葉





10:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:31:43.78 ID:HtoSUYmS0

P「雪歩喜べ。お前にお茶の葉だぞ」

雪歩「そうですか?……わあ、これなかなか手に入らないものですよ!」

真「目の色が変わったね」

雪歩「私も実物見るの初めてだよ。そもそも収穫量も少ないから市場に流通してないし、それにこの香りが」ペラペラ

P「おおう…饒舌だな」

雪歩「きっと必死に探してくれたんだね…すごく嬉しいです///」

小鳥「じゃあさっそく淹れていたら?」

雪歩「そうですね!楽しみです」ルンルン

春香「雪歩がスキップしてる…」

P「さてと……次は>>15だな」





15:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:33:25.72 ID:jtOQRiIZ0

あずささんに、何故かPの記載がしてある婚約届(Pの親より)





20:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:38:04.18 ID:HtoSUYmS0

P「んん…?なんだこの紙きれ」ピラ

響「そそ、それって婚姻届じゃないか!?」

美希「初めて見たの」

P「はあ……まったくタチの悪いファンだな…。こんなの渡されて喜んで書く奴がいるか」

貴音「おや…?片方に名前が書かれてますが」

P「えーどれどれ…」

『Pの名前』

P「どぅひえ!!???」

春香「ぷ、プロデューサーさんの名前!?」

律子「自作自演ですか…?」ジトー

P「いや、なにがどうなって…」チラ

『差出人 P父』

P「あんの馬鹿親父いいいいいぃ!!」





24:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:42:21.18 ID:HtoSUYmS0

千早「そもそも誰宛てなんですか?」

P「あ、そうだな…」

『三浦あずさ様』

P「」

あずさ「あ、あらあら~///プロデューサーさんのお父様ったら」

P「いや頬を赤らめないでください!!そんなつもりないですから!」

小鳥「スキャンダルになっちゃいますもんね」

伊織「もしかしていつまでも独り身だから気を利かせたんじゃない?」

P「余計な御世話だよ!……はあ、心臓が止まるかと思った…」

あずさ「…わたしって魅力ないんですね」シュン

P「いやそうじゃなくて…ああもぅ!」





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:46:23.51 ID:HtoSUYmS0

雪歩「おまたせしました」コト

P「も、もちろんあずささんは魅力的ですよ!俺が保証します」

あずさ「…」グス

真美「あー兄ちゃん泣かしたー」

亜美「責任取ってあげなよー」

P「茶化すんじゃない!」

雪歩「あのー……お茶を」

P「え、なに?」クル

ドンッバシャー

P「うわっちい!?」

雪歩「ごめんなさい!」

あずさ「わ、わたしが拭いてあげます///」ゴシゴシ

P「や、あずささんそこは汚れてませんよ!ていうかそんな顔しないでください!」





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:49:49.01 ID:HtoSUYmS0

P「はあ……危なかった」

伊織「内心まんざらでもなかったんでしょ?」

響「早く次のプレゼント見せてほしいぞ」

P「あ、ああわかった……。こりゃ随分大きいな、なになに…>>36」

美希「このお茶あったまるの」ズズ





36:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:50:35.25 ID:EbfLaFx70

真理の扉





41:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:53:30.37 ID:HtoSUYmS0

P「な!?」

春香「もしかしなくても…」

貴音「もしやあの…」

小鳥「噂に聞く…」

亜美「どこでもドア?」

P「いやちげえよ!!」

やよい「真理の扉……………間違いない」

真美「え、やよいっち…?」





42:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:53:55.61 ID:kU9TG6390

やよいが食いついた





43:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:54:00.07 ID:8kN3JSR/0

やよいちゃん!?





49:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 22:56:59.15 ID:HtoSUYmS0

雪歩「な、なんだか不気味な扉ですぅ」

P「原作じゃ5、6メートルはあったと思うが……これはこじんまりとしてるな」

美希「なんなのかさっぱりなの」

やよい「知らないんですか?銀の匙の荒川弘さんが生み出した名作ですよ」

伊織「やよいどうしたの?」





54:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:00:17.12 ID:HtoSUYmS0

千早「…畜生!!!」

春香「千早ちゃん!?」

千早「持ってかれた……」ギリ

真美「なんか始まったよー」

千早「心臓だろうがくれてやるよ…」

千早「だから返せよ!……わたしの、たったひとりの、弟なのよ!!!」パン

シーン

P「………千早?」

千早「…すいません。一度やってみたかったんです///」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:04:16.55 ID:HtoSUYmS0

やよい「千早さん何を犠牲にしたんですか?」

千早「え、それは……」

やよい「それは?」

千早「……………胸よ」ウル

やよい「もう泣かなくていいですよ」ナデナデ

美希「イイハナシダナーなの」

P「いや違う」

真「そろそろ切り替えていきましょうよ」

P「…さーて何が出てくるかな?じゃーん、>>62だ!」





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:05:30.44 ID:ebptWZBw0

千早に「HOW TO 歌の唄い方」(初心者向け教材本)





65:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:09:31.93 ID:HtoSUYmS0

P「どうやら千早宛てだ」

千早「変なものでなければいいんですが…」ビリ

『HOW TO 歌の唄い方』

千早「」

真美「どういうことだってばよ」

貴音「千早の歌唱力に問題があるというのでしょうか…?」

P「まったくひどいやつだな」

千早「………んあーーーーーー!!!」

全員「!?」

千早「あーそうですか!ちょっと期待した結果がこれだよ!」

あずさ「千早ちゃん…落ち着いて」

千早「胸がデカイ人は悩みなくていいですねー!?」

春香「千早ちゃんがおかしくなった」





69:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:13:40.96 ID:HtoSUYmS0

千早「どうせわたしは『カラオケで上手いとおだてられて調子に乗った素人ですよ!!その程度の存在ですよ……」ウウ

千早「ニコニコの歌い手()レベルなんですよ…」

伊織(…ちょっとアンタ、慰めてあげなさい)

P(ええ…あの状態じゃ無理だろ)

伊織(いいから!)

P「あーその、千早?」

千早「もはやアイドル失格ですよ」

P「お前なら、ロリで売り出せばイケル!!」グッ

律子(ええー…)

千早「…!」ハッ





70:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:14:52.36 ID:kU9TG6390

いや無理だろ





73:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:16:59.14 ID:HtoSUYmS0

千早「ちーちゃんだよ☆」キュルン

響「…あー、いいんじゃないか?」

千早「でしょでしょ?」

亜美「付き合わされるひびきん可哀想」

真美「機嫌直ったからよしとしようよ」

あずさ「それで次は…」

P「先が思いやられるな…。>>78か」





78:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:18:44.74 ID:hfv1FSnY0

型をとったお○ほ





81:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:19:40.64 ID:jtOQRiIZ0

あかん





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:19:57.24 ID:HFzQJ6ue0

うわあ





87:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:23:49.10 ID:HtoSUYmS0

P「さて…」パカ

P「………………………」

やよい「プロデューサー?何がはいっt」

P「うわあああああああ!!」ボスン

律子「は、箱壊しちゃ駄目ですよ!?」

P「いや、これは駄目だ……見ちゃいけない」ゼーゼー

美希「そんなこと言われたら余計気になるの」

P「いーや!これは俺が処分する!いいな!?」ギロ

真「は、はい!」

バタン

あずさ「結局中身はなんだったのかしら」

響「ファンの髪の毛とか?」

伊織「ちょっと!気持ち悪いもの想像するんじゃないわよ!」



P(……帰ってから試してみるか)





91:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:26:58.96 ID:HtoSUYmS0

P「…」ガチャ

千早「あー、Pちゃんお帰り!顔が暗いぞ☆わたしが元気分けてあげる!」

P「千早、そろそろ元に戻れ」

千早「…はい」

P「よっしゃ再開するぞてめえら!心の準備はいいか!!」

全員「お、おー!」

P「続いては>>96のお出ましだ!!!」





96:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:30:05.39 ID:ebptWZBw0

真 落とした自作歌詞ノート





101:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:35:16.67 ID:HtoSUYmS0

雪歩「ノート…?」

真(あれ……なんだか見覚えあるような)

P「新品じゃないな…ところどころ傷んでるし」

貴音「中はどうですか?」

P「えーなになに……こりゃ歌詞…ポエム……?」

真「…」ダラダラ

P「ぽかぽかする朝 妖精さんがそっと起こしてくれるの そして目覚めのハニーシロップ」

真「そいや!!!!!」バシ

P「いて!?」

真美「ま、まこちんどうしたの!?」

真「あ、あれー?なんだか体が勝手に」





105:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:40:15.81 ID:HtoSUYmS0

真(ど、どうして僕のノートが……。失くしてから大分経ってるけど)

雪歩「あ…!それ、真ちゃんのノートです!」

真「雪歩ーー!?」

律子「あらそうだったの?」

亜美「乙女な趣味してますなー」ニヤニヤ

真「ぅ……な、なんだっていいだろ」

美希「ギャップが大きすぎてびっくりなの」

P「誰かが見つけて届けてくれたんだな…お礼しとかないと」

真「え!?」

P「なんだよ」

真「だ、だって…それじゃぼくの物って認めちゃうし///」カア

春香(なにこの可愛い生き物)





108:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:44:25.04 ID:HtoSUYmS0

P「それじゃ相手に失礼だろ」

真「そーですけどー…」

真美「そいじゃーお次のプレゼントカモン!」

P「そうだな(ほんとに個性的なプレゼントばかりだよな…)」

亜美「何が出るかな?何が出るかな?」

P「それ…!>>113と出た!」

名前も付けて





113:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:45:52.23 ID:rRi5Kr/80

温泉の素 詰め合わせ

やよい





114:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:51:21.83 ID:HtoSUYmS0

P「やよい宛てか。結構軽いな」カサカサ

伊織「早く開けなさいよ」

P「そう急かすな…。お、これは温泉の素だ」

やよい「わたしにですか?」

伊織「きっと忙しくて温泉にも行けないから、せめて家で気分を味わえるように。ってところじゃないかしら」

やよい「わー!それなら大歓迎です!」

P「今度本物の温泉に連れてってやるからな」

やよい「これで長介たちも大喜びですよ」





120:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:56:54.04 ID:HtoSUYmS0

亜美「やよいっち…ちいさなお風呂で大変だね」グス

真美「兄ちゃんが太っ腹でリフォームするからそれまでの辛抱だよ」

P「勝手に話を進めるな!やよいが本気にするだろ!?」

やよい「でも今の大きさで十分ですよ!」

千早「健気だわ」ウル

P「まったく…まだまだプレゼントあるんだからな」

春香(そろそろわたしのは来ないかな…)

P「いくぞー、>>125だ」

出来れば名前も





125:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/01/31(金) 23:59:17.47 ID:psfEzrwE0

春香に生姜





126:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:02:38.31 ID:8nCm+X1I0

P「お、春香にだ」

春香「え!?なんですか?現金?小切手?」

貴音「春香………卑しいですよ」

P「生姜だ」

春香「……生姜ですかー」

伊織「露骨にがっかりしないでよ」

やよい「生姜ですよ?しょうが焼きが楽しめますよ!食べたことないですけど」

春香「近所のスーパーでお肉買って帰ろうかなー」

P「なんだか心ここにあらずだな」

小鳥「さっき変な単語が出ましたしね」





127:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:07:49.01 ID:HtoSUYmS0

春香「どうせなら金の延べ棒とか月の土地の権利書がよかったなー」

響「要求レベル高すぎだぞ…」

美希「いかにも春香らしいの」

春香「なんか言った美希?」グイー

美希「いひゃいの!」

P「はいはい喧嘩しない。次のプレゼント渡すんだから」

全員「ワクワク」

P「>>132か」





132:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:09:40.97 ID:BD5+K3290

真美 バーチャルボーイ





136:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:15:13.39 ID:8nCm+X1I0

小鳥「うひゃ!なっつかしい!」

P「なんだこれ」

小鳥「………知らないんですか?」ヤレヤレ

真「なんとなくゲームの機械って言うのはわかるけど…」

やよい「バーチャルボーイとは任天堂が発売した3Dゲーム機。スタンドに据え付けられたゴーグル型のディスプレイを覗き込むようにしてプレイする。

視差の概念を採り入れ、左右の画面に異なる映像を表示させることで立体画面を実現した。テレビに接続せず電池で駆動するが、視界を覆う専用ディスプレイが必要となるため、室内のデスクトップでのプレイが主となる、特異なゲーム機である。

CPUはPC-FXと同じNECのV810を採用している。カスタムチップのV810は20MHzで動作し、浮動小数点演算処理ユニットも搭載している。十字キーを2つ搭載。アナログスティックなどを除けば方向キーを2つ搭載した家庭用ゲーム機は他に無い。」

あずさ「やよいちゃん…?」

やよい「…ってウィキペディアに載ってましたー」

P「あ、ああ…ウィキね」





137:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:19:26.21 ID:8nCm+X1I0

小鳥「まあ当時としては画期的だったんですけど、いかんせん技術が未成熟でしたからね」

やよい「販売台数自体は少ないですけど黒字だったみたいです」

千早「で、満を持して3DSの発売にこぎつけたわけね」

やよい「そうですー。あとモンスターハンター4Gも発売ですから乞うご期待です!」

春香「なんだか宣伝みたいだね…」

真美(もしやステマ?)





141:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:23:33.35 ID:8nCm+X1I0

P「さーてお前ら、最後のプレゼントだ」

真美「えー?もう終わりー?」

律子「他の箱も調べてみたけどみんな宛てにお菓子とかお花が多かったみたい」

P「聞いて驚くなよ…」

全員「ゴクリ」

P「最後を飾るのはこれだ!>>146!!」





146:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:26:23.91 ID:BD5+K3290

貴音 宇宙船





150:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:28:31.42 ID:NLlO/AfJ0

なんと





151:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:30:12.77 ID:tDd/H0zz0

面妖な





152:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:30:38.18 ID:mlVH6t3X0

クルージングはクルージングでもスペースクルージングですかい





153:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:30:53.02 ID:8nCm+X1I0

P「どうやら貴音宛てだな」

貴音「わたくしに…?」

P「なにやら招待券みたいだが…よくわからん」

美希「ちょっと見せてほしいの」

美希「んーと………………NASA?」

律子「ナサ………って、あのNASA!!??」

伊織「アメリカ航空宇宙局!?なんでそんな所から…!」

P「おおおおまえらもちつけ」ペッタンペッタン

千早「わたしの胸を叩かないでください」

貴音「…ふむ…」

真美「な、なんて書いてあるの…?」

貴音「自家用スペースシャトルを贈呈だそうです」

全員「!?」





157:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:36:45.90 ID:8nCm+X1I0

貴音「新型宇宙船おりおん、というものらしいです」

響「ええ!?貴音もしかしてアメリカじゃ有名人なの!?」

貴音「なさの技術者が日本へ観光した時に偶然わたくしを目にしふぁんになったようです」

P「スケールが大きすぎて頭が混乱する…」





160:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:40:16.50 ID:8nCm+X1I0

P「画像貼るのはめんどくさいから各自ググってくれ!」

雪歩「誰に言ってるんですか?」

あずさ「これはもう世界的に765プロが知られてるといっても過言ではないわね」

春香「でもこの書類見ても実感湧かないね」

貴音「今日届くそうです」

真「へ」




ドオオオオオオオオオオオン





161:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:41:28.33 ID:naeDw/0b0

直接かよwww





162:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:41:42.43 ID:tDd/H0zz0

大惨事





163:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:43:28.99 ID:8nCm+X1I0

雪歩「じ、地震ですかぁ!!?」ヒー

千早「事務所の前に何か落ちたみたいだわ!」

美希「隕石かもしれないの」

小鳥「み、見て下さいあれ!」

全員「!?」

P「でっけえア○ゾンの箱!!??」





164:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:47:56.23 ID:8nCm+X1I0

事務所前

P「この間ニュースになった箱よりも大きいぞ…」

伊織「みたところパラシュートで落ちてきたみたいね」

真美「ある意味宅配テロだYO」

春香「んしょ、んしょ…」

P「何やってんだ春香」

春香「開封するんですよ!…ほら真、そっち持って!」

真「なんでぼくが…」

バターン

貴音「これがおりおん…面妖な形をしていますね」

P「ていうかでか!!」





167:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:53:31.85 ID:8nCm+X1I0

亜美「お菓子のアポロみたいだよ」ペタペタ

律子「というかこれに貴音を…?」

貴音「………乗ります」

伊織「貴音…?」

貴音「せっかく頂いたものですから……何もしないわけにもいきません」

P「ていうか宇宙だぞ!?訓練もしないと」

貴音「宇宙から眺める地球というのも………乙なものですよ」ニコ





170:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 01:00:05.77 ID:8nCm+X1I0

数か月後 種子島宇宙センター

『カウントダウン開始』

P「まさか本当に宇宙に行くとはな…」

小鳥「日本の宇宙産業始まって以来の一大プロジェクトですからね。国民の期待値も高いですよ」

響「しばらく逢えないと思うと寂しいぞ」グス

律子「泣かないの。死んじゃうわけじゃないんだし」

千早「…確か宇宙飛行士は搭乗する前に遺書を書くと聞いたことが」

伊織「演技でもないこと言わない!!」

やよい「うっうー!思う存分楽しんできてください!」

貴音「ではみなさん…行ってきます」



こうして四条貴音は宇宙旅行した初めての日本のアイドルになったのである

END





171:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 01:00:59.68 ID:fvcL1V3eO







173:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 01:04:07.53 ID:fpdiLo8s0


真美は果たしてバーチャルボーイを楽しんでいるのだろうか





174:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 01:05:28.12 ID:mlVH6t3X0



最後の展開笑わせて頂きました良い〆でよかった





169:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/01(土) 00:58:05.68 ID:CUkxO7IX0

どうせならインベルに・・・うっ、頭がっ!






元スレ:P「お前ら見てみろ!ファンからたくさん届いたぞ!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1391174528





  

【 関 連 記 事 】


やよいは賢いなあ
[ 2014/02/04 19:30 ] [ 編集 ]
ちーちゃんが弟をネタにするわけないだろ
[ 2014/02/05 01:28 ] [ 編集 ]
名前と物分けた方が良かったんじゃないかな
[ 2014/02/06 09:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: