Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  響「コワイおクスリを貰ったぞ!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
どう考えても怪しすぎます。新品未開封でもクスリ系は怖いといいますか。
食べ物と違って見た目でわからないですからね。まぁ、食べ物もわかりづらいですが。乙。


1:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 19:42:02.28 ID:krd4vlDF0

響 「この錠剤をくれたファンの人」

響 「『元気が出るビタミン剤』とかいってたな」

響 「...うん、やっぱりどう考えても怖いから、飲むのやめとこ」






7:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 19:43:34.85 ID:krd4vlDF0

響 「捨てるのもなんか申し訳ないから、とりあえず引出にでもしまっとけばいっか」

ガサガサ

響 「...うん、これでよし」

響 「さ、よーしいぬ美!散歩にいくぞー!」テテテ

いぬ美「わん!!」フリフリ


響(それからずっと、そんなクスリのことは忘れてた)

響(だから、あんなことになるなんて、夢にも思わなかったんだ)





12:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 19:45:26.84 ID:krd4vlDF0

~数ヵ月後 響のマンション~

響 「うー、風邪ひいちゃったぞ」ズビ

響 「やっぱりこないだ寒中水泳なんかに挑戦したからかな...」

響 「......っくしゅん!」

響 「ううううう...寒いよぉ」ガタガタ





23:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 19:50:02.10 ID:krd4vlDF0

-765プロ-

美希「えっ、響がカゼ?」

P 「ああ、さっき連絡があってな。熱があるから休むように言っておいた」

貴音「なんと!それは今すぐにでも見舞いに行かねば!」ガタ

P 「えっ、今すぐ行くのか?」

貴音「ええ、今日はもう仕事もありません故。では、行ってまいります」バタン

小鳥「速っ....!ふふ、よっぽど響ちゃんが心配なのね」

美希「あっ、待って貴音!ミキも行くの!」

P 「おお、2人とも気をつけていけよー!」

美希「はーいなの!」バタン





27:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 19:55:01.37 ID:krd4vlDF0

-響のマンション-

響 「.........」ガチガチ

響 「..........あー......」

響 「.......だめだ、あたまもぼんやりしてきたみたい....」ボー

響 (カゼぐすり、自分あんまり好きじゃないけど...飲んだほうがいいかな)

響 「うー、うちにまだあったかなぁ...」ゴソゴソ





28:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 19:57:35.14 ID:krd4vlDF0

-街中-

美希「ねー貴音。響へのお見舞いの品、なにがイイと思う?」

貴音「そうですね。ここはやはり精のつくものがよいでしょう」

貴音「!」ティン

貴音「らぁめんなどいかがでしょうか」

美希「えー。病人には変だって思うな!」





30:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:00:35.95 ID:krd4vlDF0

-響のマンション-

ゴソゴソ

響 「あ、この錠剤」ガサ

響 「これ、風邪薬だったっけ.......」

響 「.........うー、思い出せないぞ」

響 「っくしゅん!....あー」ズビ


響 「まぁ、なんにせよ飲まないよりましだろ!」


パキッ


ゴクン





32:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:02:46.93 ID:VFCedOQR0

ゴクリ・・・





35:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:06:13.23 ID:krd4vlDF0

貴音「結局、メロンと少女マンガと...おにぎりですか」

美希「なんか不満そうなの」

貴音「わたくし的にはやはりらぁめんが」

美希「もーしつこいの!ラーメンなんて風邪の時は食べられないの!」

貴音「むぅ」

美希「それにミキ的には、お見舞いの品よりも」

美希「ミキ達が顔を見せてあげることが、響にとって何よりもうれしいことだって思うな!」

貴音「ふふ、そうかもしれませんね」

美希「えへへ...ほら、急ごう貴音、きっと響のことだから、さびしくて泣いてるよ?」

貴音「ええ、一刻も早く響の元へ行き、不安を取り除いて差し上げましょう」クス





39:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:09:20.11 ID:krd4vlDF0

-響のマンション-

響 「なんかカラダがポカポカしてきたぞ...」

響 「くすりが効いてきたのかな」

響 「うん、これならぐっすり眠れるかも...」ゴソゴソ

響 「........」

響 「でも、なんか今までと違う気が.....」ドクンドクン



ドクン

響 「っ!!!」ビクン





44:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:13:15.54 ID:krd4vlDF0

響 (あ...ああ...ああああ)

響 「ああアあああァああああ!!!!!」ビクン

響 「なんだこれ......なんだこれえ....!」ガクガク

響 (も、もしかして、あの錠剤のせいか.....?)

響 (これ....絶対...カゼ薬じゃない....っ.....)

響 「あああああああああぁあああああああ!!!!!!」


響 (もう、何も....考えられ..ない..ぞ.....)

響 「ぎ...ぎぃ」

響 (.......でも........ただ)

響 「ぎもぢいいいいいいいいいあああああああああああ!!!!」グシャ





47:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:14:49.08 ID:Z0A6GLFLP

キタァァァァァアア!!!!!!





51:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:16:14.71 ID:krd4vlDF0

ピンポーン

ガチャ

貴音「響?わたくし達です。入らせていただきますよ」

美希「お邪魔しますなのー。えへへ、響ってば、さびしくて泣いてなかったー?」


響 『あぁぁぁあああああああああ゛!!!』


貴音・美希「「!!?」」





53:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:20:21.65 ID:krd4vlDF0

美希「なっ、なんなの、今の声...!?」

貴音「.....響っ!!!」ダダダ

バンッ

貴音(響はベッドの上....いえ、なにやら様子が変です...!)


響 「あぁぁぁあああああああ゛ああ!!!」ガクガク


貴音「ひびきっ!!!!!!」





57:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:23:30.58 ID:krd4vlDF0

響 「うあああ!!!!!あああああ!!!!!!」ガクガク

貴音「お、落ち着いて下さい、響!」

美希「ちょっとこれ、どうなってるの!?」

響 「あー!!あああーーー!!」ガクガク

美希「っ!....と、とにかく響を抑えるの!」ギュ

貴音「わ、わかりました!!」ギュ

貴音(響......一体何が起こったというのですか...!!)





59:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:26:33.97 ID:krd4vlDF0

貴音「正気に戻ってください、響!」

響 「ううぅうー...........あああー!!!」ジタバタ

美希「す、すごいチカラなの...!」

貴音「負けてはなりません美希!!絶対に手を離してはいけませんよ!!!」

美希「わかってるの!響!しっかりして!」

響 「あああああああぁ」ガクガク

ーーーーーーーー





62:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:29:29.43 ID:krd4vlDF0

ーーーーーーーーーーーー

響 「うー...うー...」ビク

貴音「はぁ...はぁ...ようやく落ち着いてきたようですね」

美希「長い闘いだったの...」

響「うああー....」

貴音「響、わたくしの声がわかりますか...?」ソッ

響「...あー」カプ

貴音「!?」

美希(貴音の腕をかんだ!?)





64:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:31:15.59 ID:krd4vlDF0

美希「貴音!?」

貴音「いえ、わたくしは大丈夫です。それより...」

響「...あー...うあー.....」ポロポロ

響「あー..........うー.....あー.........」ボロボロ

美希「ひ、響....」


貴音「響、いったい.....」

貴音「一体...何があったのです....」ポロポロ


響 「......あー...... 」ビクン ポロポロ





66:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:34:09.03 ID:krd4vlDF0

---------------------------

貴音(それからすぐのことは、あまり覚えておりません)

貴音(救急車で運ばれた響がそのまま入院すると決まったこと)

貴音(響が飲んだのが、危険などらっぐであったということ)

貴音(それは、以前狂信的なふぁんの一人が送ったものであること)

貴音(たった一度とはいえ、響はこれから、後遺症に苦しめられるだろうということ)

貴音(そのような言葉の端々をとらえることが精いっぱいでした)



貴音(そして..........)





67:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:36:09.62 ID:krd4vlDF0

貴音(響のりはびりは壮絶を極めました) 

-病棟-

響「あああ!!!!虫が!!!虫がああああああ!!!!」

P「落ち着け響!虫なんていない!!」

響「いやあああ!!!!こないでえええええ!!!」

小鳥「響ちゃん!落ち着いて!」

響「うわああああああ!!」ボロボロ

貴音「.......っ...!」





71:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:37:34.18 ID:krd4vlDF0

ーーーーーーーーーー

響 「ああああ」フラフラ

春香「響ちゃんどこにいくの!?」

真 「ダメだよ響!!」ガシッ

響 「はなせえええ」グイグイ

やよい「うぅ...ひびきさんこわいです...」

あずさ「やよいちゃん、ほら、あっちに行ってましょう?」

響 「ああああああああああああああ!!!!!」

亜美「...っ」ミミフサギ

真美「ひびきん......」





77:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:40:41.51 ID:krd4vlDF0

ーーーーーーーーーー

響「あああああ」バリバリ

雪歩「響ちゃんだめだよ!そんなにひっかいたら血が出ちゃう!」

響「かゆい...かゆいよぉぉ.....」バリバリ

響「うぅ.....やだぁ.......もうやだよぉおおお」ボロボロ

響「かゆいよぉお.....うぅあああ......」バリバリ

律子「響...」



貴音(それでも、響は挫けずりはびりを続けました)

貴音(血を吐くようなリハビリの甲斐もあり、響は医師も驚くほどの回復をみせ)

貴音(みなでのレッスンに参加できるまでとなりました)





80:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:43:27.99 ID:krd4vlDF0

-レッスンルーム-

律子「1、2!1、2!ほら、響遅れてるわよ!」

響 「うぅ、くそー!!!」ゼェゼェ

伊織「ほら、アンタはこんなもんじゃないでしょ!ふんばりなさい!」

響 「こ、こなくそー!おりゃー!!」

律子「そう!いいわ響!!その調子よ!」


春香「響ちゃん、元気になってよかった....」グス

千早「ええ、本当に.....」





82:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:44:47.80 ID:krd4vlDF0

貴音(響は今でも時折、ふらっしゅばっくなるものに襲われると言っていました)

貴音(そんな状態で、すてぇじには立てない、とも...)

貴音(しかし、それでもわたくしは願わずにはいられないのです)

貴音(響が再びあの輝ける舞台に立つ、その日が来ることを...)





84:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:45:57.39 ID:krd4vlDF0

ワー ワー

響「はいさーい、みんな!お待たせ!」








95:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:51:15.77 ID:krd4vlDF0

クスリって本当にテレビでやってるみたいになっちゃうんですかね
怖いです

ありがとうございました





86:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:46:15.35 ID:KIqPqWJSP

イイハナシダナー





90:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:47:46.39 ID:00bYNl0BP



多少ムリヤリでもハッピーエンドになってよかったわ





97:以下、魔王にかわりまして勇者がお送りします:2014/02/20(木) 20:52:38.83 ID:s6mxUweR0

キマってる響が怖かった








元スレ:響「コワイおクスリを貰ったぞ!」

http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392892922





  

【 関 連 記 事 】


こういう過激な話を信じる→好奇心で1回試す→大したこと無いじゃん→
→大したことなかったのは最初だけでズルズル泥沼化
という話も良く聞くんだよなぁ

こわやこわや
[ 2014/02/23 14:57 ] [ 編集 ]
マジレスすると1度でそんなにはならないよ
少し勉強してから書けよw
脳細胞が少しずつ壊されて最終的に幻覚とかを見る訳で1度でそんなレベルまで壊されたら確実に死ぬ
[ 2014/02/23 15:04 ] [ 編集 ]
世の中にはがんぎまりするけど数回でズタボロになっちゃう様な劣悪なクスリもあってだな…

まぁ日本には入ってきてないだろうけどね
[ 2014/02/23 15:38 ] [ 編集 ]
 
ネットのSSを勉強してから書かなきゃなんて凄い!
[ 2014/02/23 16:09 ] [ 編集 ]
雪歩「ドラッグはいけません!」キッ
[ 2014/02/23 17:07 ] [ 編集 ]
で?
なんでアイマスでこんなん書こうと思ったの?
[ 2014/02/23 18:12 ] [ 編集 ]
いつから響が飲んだ薬が現実にあるものだと錯覚していた?
[ 2014/02/23 18:30 ] [ 編集 ]
太陽みたいな笑顔が似合う響が
一瞬でずたずたになるのはなんか興奮する
[ 2014/02/23 20:08 ] [ 編集 ]
のりピーを思い出した
現実の芸能界だと乱交パーティ的なのも横行してるっぽいし
アイドルも少なからず薬仕込まれてるんだろうな
アイマスには全く関係ない話だが
[ 2014/02/23 20:44 ] [ 編集 ]
ちょくちょくある暗い系の書こうと思ったんだけど微妙すぎィ
ウィキペディアすら見てないレベルの知識で山無し谷無しオチ無しギャグ無しかよ
短いから苦痛ではなかったけど
[ 2014/02/23 23:40 ] [ 編集 ]
ドラッグ怖いなぁとづまりすとこ
[ 2014/02/24 02:20 ] [ 編集 ]
ただ話も何もなく響をグチャーってしたいけど叩かれたくもないって感じのssだなあ…
[ 2014/02/24 09:49 ] [ 編集 ]
自分もバッドエンドは嫌いだから一応ハッピーエンドで良かった?

何とも腑に落ちない
[ 2014/02/24 20:01 ] [ 編集 ]
ドラッグというよりただの毒じゃねーか
[ 2014/02/24 22:21 ] [ 編集 ]
やめてぇ…そのクスリ飲んだらまた自分が自分じゃ無くなっちゃう…あっあっ………

はいさーーーーい!!!自分、我那覇だぞ!!!今日もハム蔵やいぬ美の声がよく聞こえるさーーーーー!!!!ひゃっふぅぅぅぅぅぅ!!!!!!
[ 2014/02/25 05:50 ] [ 編集 ]
普通に事務所でチェックするから
[ 2014/02/25 08:20 ] [ 編集 ]
「ドラッグ クロコダイル」で検索検索ぅ!
[ 2014/03/02 02:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: