Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  春香「え?千早ちゃんが>>7で>>2?」【安価は命より重い】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
やっぱりですね、こういうオマイラにお題を丸投げな安価SSはたいてい…って凄すぎワロタ。
この作者様の描く安価SSはほかの安価SSとは一線を画すといいますか。ホントに安価?乙!

関連作:春香「え?千早ちゃんの>>3が>>5?」


1:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 20:58:13.93 ID:f3UStILi0

春香「え?千早ちゃんが>>7で>>2?」






2:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 20:59:05.94 ID:uzjVqw+5o

私と雪歩の3人でユニット結成





7:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:01:20.12 ID:HZaeAvzho

Pの子供を妊娠





8:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:03:39.16 ID:ZIGqwZJB0

いきなりカオスな展開





9:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:05:34.18 ID:wQz/Ftgs0

大丈夫
この人なら裁き切れる





10:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:07:19.82 ID:f3UStILi0

春香「え?千早ちゃんがPの子供を妊娠で私と雪歩の三人でユニット結成?」

P「ああ・・・そうなんだ・・・」

春香「・・・え?」

春香(嘘だ)

春香(嘘だよ、そんなの)

P「・・・・春香、俺が悪かったんだ」

P「いくらお互いの気持ちがあったって、千早はまだアイドルだったんだ」

春香「・・・・・・・、」

P「・・・・春香?」

春香「・・・そう、だったんですか」

春香「おめでとうございます」

P「えっ?」





11:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:11:20.07 ID:f3UStILi0

春香「だって、千早ちゃんがPさんのことを好きで、Pさんも千早ちゃんを好きなんですよね」

P「・・・ああ、そうだよ、でも、」

春香「なら、」

春香「とやかく言う前に、お祝いしなきゃ駄目ですよ!」

春香「だって、千早ちゃんも、Pさんも、とっても大事な人ですから!」

P「・・・ありがとう、春香・・・」



春香(だって・・・)

春香(本当に、大切な人だもん・・・)

春香(・・・でも・・・)





12:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:17:56.61 ID:f3UStILi0

P「俺は千早を妊娠させた」

P「責任はとるつもりだし、一生千早を大切にしようと思う」

春香「・・・・はい」

P「でも、アイドルとしての千早は、まだまだこれからなんだ!」

春香「半年後の・・・IUのことですか?」

P「そうだ、せめて千早をIUで頂点に立たせて、トップアイドルとして引退させてやりたい」

P「千早じゃない、俺がそうしたいと思うんだ!」

春香「・・・それで、私と、雪歩ですか」

P「・・・春香は千早のことを良く知ってるし、雪歩は誰かを気遣うことは人一倍できる」

P「これから千早は身重になる、どんどん活動してくのが苦しくなるだろう」

P「それをお前たち二人で、支えてほしいんだ!」

P「俺が頼めることじゃないかもしれない、だが頼む!」

春香「・・・・・・、」





13:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:22:55.67 ID:f3UStILi0

春香(良いですよ、と私は答えました)

春香(千早ちゃんと、Pさんのためだもん)

春香(一所懸命がんばらないとね!)

春香(・・・・・、)

春香(・・・・ずるいよ、千早ちゃん)

春香(私だって、Pさんのこと・・・・)

春香(・・・・ずるいよ、Pさん)

春香(私がいっぱいいっぱいアピールしても、全然振り向いてなんてくれなかったのに)

春香(・・・・・・、)

春香(・・・・私って、最低だよ)

春香(でも・・・、)





14:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:31:28.30 ID:f3UStILi0

数日後

P「今日は新ユニットの初披露だ!リハーサルを兼ねた調整だが、大丈夫か?」

千早「はい、プロデューサー」

春香「大丈夫です」

雪歩「は、はい!」

P「千早はソロパートの調整があるから、俺と来てくれ」

P「春香と雪歩は係りの人が来るから、楽屋で待機しててくれ」

三人「はい!」

P「それじゃあ千早、行くぞ」

千早「は、はい!」

春香(・・・自然に、手繋いじゃってるよ)





15:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:34:06.19 ID:f3UStILi0

春香(・・・今頃、二人とも、一緒にいるんだろうな)

春香(Pさんは、朝から千早ちゃんにつきっきりだし・・・)

春香(・・・・・、)





雪歩「・・・春香ちゃん?」

春香「ゆ、雪歩!?ごめん、ぼーっとしちゃって・・・」

雪歩「そう?ならいいんだけど」





16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:39:58.72 ID:f3UStILi0

春香(だめだ、なんか変だよぉ、なにか話さなくちゃ・・・!)

春香「ゆ、雪歩はさ、なんでこのユニットなのか、知ってるの」

雪歩「・・・・知ってるよ」

雪歩「Pさんが、教えてくれたもん」

春香「そ、そうなんだ・・・どう思う?」

雪歩「何が?」

春香「その、Pさんと、千早ちゃんが、付き合ってたこと」

雪歩「・・・・・・・・、」

春香「・・・・・・?」

春香「雪歩?」






雪歩「・・・・二人とも、消えちゃえばいいのに」

春香「!?」





17:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:50:42.70 ID:f3UStILi0

春香(空気が変わった!?)

春香(目っていうか・・・何もかもが本気だよ!)

雪歩「私ね、大好きだったんだよ?」

春香「な、な、何がかな?」

雪歩「Pさんがね」

雪歩「大好きでいとおしくて愛らしくて愛くるしくて話すたびに胸がギュッと締め付けられてドキドキしてバクハツしちゃいそうでこんなことを思うたびに叫びだしそうになるくらいで何も考えられなくなっちゃってズキズキして鼓動がバクバク耳にに聞こえちゃうくらい大好きで大好きで大好きで大好きだったんだよ!?」

春香「ひっ!?」





20:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 21:59:55.84 ID:f3UStILi0

雪歩「一日の初めに起きたとき、Pさんも起きたかなあって考えて、」

雪歩「ちょっと転びそうになりながら、Pさんのためにお茶を淹れるために事務所まで急いで、」

雪歩「階段を昇ってくる足音がちょっと大きいと、Pさんだって感じられて、」

雪歩「おいしいよ、って言ってくれる笑顔が本当にうれしくて、」

雪歩「少しでも何か変えるとすぐに気づいてくれて、」

雪歩「でもやっぱりおいしいよって言ってくれて、」

雪歩「一緒に仕事の出来る日はいつも仮病を使って家まで送ってもらったし、」

雪歩「ほんのちょっとのことでもすぐに心配してくれる度に頬が紅くなっちゃてた、」

雪歩「私はPさんがいてくれただけで幸せだったの」




雪歩「それを・・・」

雪歩「それを千早ちゃんが・・・!」

春香「雪歩!!」





21:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:06:37.63 ID:f3UStILi0

春香「そんなこと言っちゃだめだよ、雪歩!」

雪歩「どうしてかなあ?ねえ?」

春香「だって、雪歩も千早ちゃんも、友達だよ?仲間なんだよ!?」

雪歩「・・・本当にそうかなあ?」

春香「え?」

雪歩「千早ちゃんは、私の幸せを奪ったんだよ?」

雪歩「それって本当の友達かなあ?」

春香「そんな、奪ったなんて、」





雪歩「・・・・・そんなこと言っても、」

雪歩「春香ちゃんだって、同じように思ってる・・・でしょう?」

春香「・・・・・・!!」





22:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:13:16.35 ID:f3UStILi0

雪歩「なんで私じゃないのかなあ、って」

雪歩「なんで千早ちゃんなのかなあ、って」

春香「そ、そんなこと!」

雪歩「・・・・千早ちゃんが、いなければなあ、って」

春香「わ、私は、いや―――――――」






P「ごめん待たせた!」

雪歩「!!」

春香「ぷ、Pさん!」

P「ごめんな、連絡が届いてなかったみたいで、係りの人が遅れてたんだ」

雪歩「・・・そう、ですか」

P「ああ、だから今から俺についてきてくれ」

雪歩「はい」

春香「は、はい!」





雪歩「・・・春香ちゃん」

雪歩「きちんと、考えてごらん?」

春香「・・・・!」





23:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:29:04.78 ID:f3UStILi0

春香(雪歩の言ったことなんて、間違ってる)

春香(本当にPさんが好きなら、応援してあげるべきだよ!)

春香(・・・・でも、)

春香(みんな、そう簡単にはいかないみたいです)





律子「美希の携帯には連絡しましたか?」

小鳥「はい、何度もしてるんですけど、出てくれなくて・・・」

春香「・・・・・・・、」





響「それで、自分がなー」

貴音「面妖な・・・」

P「ただいま、帰ったぞー」

二人「!!」

「・・・・・・、」

春香「・・・・・・、」





24:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:35:18.91 ID:f3UStILi0

数ヵ月後

春香(・・・少し経っても、私たちのユニットは足並みがそろいません)

春香(千早ちゃんはだんだん動きが重くなってきて、追いつけなくなってきてます)

春香(雪歩は自分の動きはこなしてるけど、合わせたりなんかはあんまりしてくれません)

春香(私は・・・・)

春香(どうにかしようと思っても、うまくいかなくて・・・)

春香(どうにかしなきゃと思ってるのに、身体が動かなくって・・・)

春香(・・・こんなの駄目だよ、私)





25:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:41:57.63 ID:f3UStILi0

「そういえば、千早ちゃん、最近腰の肉付きがよくなってきてるねえー」

春香「え!?いや、それは、」

千早「・・・・!」

雪歩「・・・・、」

春香「ほら、あれですよ、エイリアンですよ、エイリアン!」

「マザーエイリアンだったの!?すごいねえ!」

千早「え、ええ、それで最近身体も重くて・・・」





26:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:47:24.73 ID:f3UStILi0

楽屋




千早「春香、お疲れ様」

春香「う、うん!」

春香(そういえば、ユニットになってから、全然千早ちゃんとしゃべってなかったなあ・・・)

春香(忙しくて、暇も無くて・・・)

春香(自分の気持ちに整理がつけられなくて・・・)

春香(・・・何か、話さなきゃ)

春香「千早ちゃんこそ、お疲れ様」

春香「私たちなんかより、全然大変・・・でしょう?」





27:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:53:14.54 ID:f3UStILi0

千早「ありがとう、でも、そんなことないわ」

千早「私を支えなきゃいけない春香や雪歩の方が、きっと大変よ」

春香「いやあ、そう千早ちゃんに言われると照れるなぁ」

千早「・・・・春香」




千早「・・・・疲れてるの?」

春香「!!」





28:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 22:56:16.13 ID:f3UStILi0

春香「大丈夫だよ大丈夫!ヘーキヘーキ!」

千早「・・・・私には、そうは見えないわ」

春香「気のせいだって、千早ちゃんだって疲れてるんだから!」

千早「・・・・・・・、」

千早「ごめんなさい、春香・・・」

春香「!?」





29:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:03:57.31 ID:f3UStILi0

千早「アイドルって、自分を出すものでしょう?自分を表現するものでしょう?なのに・・・」

千早「なのに、あなたや雪歩がやってるのは、まるでバックダンサーか何かだわ」

千早「歌も、振り付けも、出演する場所も、みんな私が中心になってる」

千早「それなのに、春香はずっと一所懸命に・・・」

春香「そ、そんな、」

春香(そんなこと、言わないでよ)

千早「私とPのためだけに、春香は頑張ってくれてる」

千早「それなのに、私は・・・」





春香(お願い、何も言わないで)

春香(それ以上、言われたら・・・)

春香(自分が、嫌いになっちゃうよ)

春香(私はまだ、Pさんを・・・)





30:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:09:33.73 ID:f3UStILi0

千早「・・・・・ごめんなさい」

春香「え?」

千早「私が言いたいのは、こんなことじゃないの」

千早「私のせいで・・・私がPの子供を授かったせいで・・・」

千早「・・・・事務所のみんなも、春香も・・・」





春香「駄目だよ千早ちゃん!」




春香(何でだろう)

春香(考えてもないのに)

春香(ただ、言葉だけが、溢れてくる)





31:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:14:20.36 ID:f3UStILi0

春香「千早ちゃんは幸せになりたいって思った」

春香「だからPさんと付き合って、子供だって作っちゃったよ」

春香「でも、みんな同じことを思ってたんだよ?」

春香「みんな同じように、幸せになりたい、そう思ったんだよ?」

千早「でも、それを壊したのは私じゃない・・・」

春香「千早ちゃんだけじゃないよ、私だったかもしれない」

春香「雪歩だったかもしれないし、他の誰かだったかもしれない」

春香「でもこうなるのは、変わりっこないんだよ!?」





33:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:19:15.42 ID:f3UStILi0

春香「だから、それを誰かのせいにするなんておかしいよ!」

春香「よかったねえ、って、笑ってあげなきゃ!」

春香「だから、千早ちゃんが謝ることなんてない」

春香「千早ちゃんは、幸せにならなきゃ!」

千早「・・・でも、私が二人に迷惑をかけてるのは事実よ」

春香「・・・水臭いよ、千早ちゃん」

春香「私たち、友達・・・でしょう?」





34:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:31:22.14 ID:f3UStILi0

春香(途中から、自分に言ってるようなかんじだったなあ)

春香(・・・・そうだよね)

春香(千早ちゃんが、Pさんが、もし手に届かなくっても)

春香(私は、天海春香でいたい)

春香(自分を好きでいたいもん!)





35:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:35:09.83 ID:HZaeAvzho

えらいな春香





36:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:35:43.36 ID:ztgROGcyo

健気や…





37:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:41:07.69 ID:f3UStILi0

さらに数ヵ月後




春香(あれから数ヶ月、私はずっとみんなと話し回りました)

春香(千早ちゃんに言ったこと、自分が思ったこと、少しでも千早ちゃんに協力できないかということ)

春香(みんな、それぞれ、時間はかかりましたが・・・)

春香(少しづつ、立ち直ってくれてます)

春香(・・・一人を、除いて)





38:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:46:43.25 ID:f3UStILi0

P「雪歩、出来るのはわかるが、もう少し遅くできないか?千早が浮いて見えるからな」

雪歩「・・・はい」

春香(雪歩だけは・・・どうしても)

P「じゃあ、もう一回やるからな」

雪歩「はい、次はちゃんと合わ」

千早「・・・・・・、」

P「千早、どうした!?ふらふらじゃないか!」

千早「いえ、大丈夫です、少し身体が重いだけで・・・」





39:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:50:00.99 ID:f3UStILi0

P「大事な身体なんだからな?無理せずに休むんだ」

千早「そんなこと、二人がいるのに・・・!」

P「俺はまじめに言ってるんだ、お前の身体は、お前だけのものじゃないんだぞ?」

千早「・・・はい!」

春香(・・・まだ、完全じゃないけど)

春香(ああしてる二人を見てると、なんだか幸せだなぁ)





40:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:54:56.19 ID:f3UStILi0

雪歩「・・・・・、」ギリギリ

春香(歯軋りしてる・・・)






事務所

雪歩「話ってなにかな、春香ちゃん?」

春香「もうやめようよ、雪歩」

雪歩「何を?」

春香「祝福してあげようよ、Pさんと、千早ちゃんを」

雪歩「・・・・・・・・、」





41:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/19(水) 23:56:50.17 ID:f3UStILi0

雪歩「ねえ、春香ちゃん」

春香「え?」

雪歩「春香ちゃんは、もう吹っ切れたような顔をしてるけど・・・」




雪歩「春香ちゃんの気持ちって、そんな薄っぺらいものだったんだ」




春香「!!」





42:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:02:51.37 ID:iYTOKUBO0

雪歩「たった少し経っただけで、たった少し自分に言い聞かせただけで、ごまかせちゃうものなんだ」

春香「私は納得しただけだよ、雪歩!」

雪歩「私は納得なんて出来ないよッ!」

雪歩「だってそれって、Pさんが好きだったってこと」

雪歩「自分が思ってたこと、全部否定しちゃうよ!」

春香「でも、そんなこと思ったって、Pさんは雪歩のものにはならないよ!」

春香「ずっと、これからもずっと!」





雪歩「・・・そっか」





43:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:05:53.19 ID:iYTOKUBO0

雪歩「そうだよね、Pさんは、私のものなんて、なってくれないよね」

雪歩「どうして気づかなかったんだろ?」

雪歩「すごく、簡単だったのに」

春香「・・・・・?雪歩?」




雪歩「ありがとね、春香ちゃん」



雪歩「じゃあね」ダッ

春香「!?」





44:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:11:46.38 ID:iYTOKUBO0

春香「雪歩!まって、雪歩!」

春香(雪歩はどう見ても普通じゃなかった)

春香(どろどろしてて、なんて言うか・・・)

春香(とにかく、早く探さなきゃ!)

春香(あのままにしてたら、きっと大変なことになっちゃう・・・!)





45:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:15:13.01 ID:iYTOKUBO0

P「ついたぞ、千早」

千早「すみません、プロデューサー、わざわざ送り迎えまで・・・」

P「言ってるだろ?お前の身体は一人のものじゃないって。それに・・・」

千早「それに?」

P「千早が頑張ってるんだ、少しは男らしいこと、させてくれよ」

千早「・・・・もう」





46:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:15:47.72 ID:iYTOKUBO0

雪歩「見つけた」





47:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:16:01.55 ID:a0Vg+T1oo

(アカン)





49:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:19:31.74 ID:iYTOKUBO0

雪歩(最近のホームセンターって便利ですよね)

雪歩(手頃に手軽に凶器が買えますぅ)

雪歩(包丁なんかだと勢いが必要だけど・・・)

雪歩(その点シャベルってすごいよね)

雪歩(斬る、叩く、埋める、全部一つでできちゃうもん)





50:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:22:32.32 ID:iYTOKUBO0

雪歩(Pさんは、どうしたって千早ちゃんからは戻ってこない)

雪歩(私のだけの側にいてくれることなんて、もう二度と無いよね)

雪歩(・・・・・・・・、)

雪歩(だったら、やっちゃうしかないよね)

雪歩(千早ちゃん、Pさん)

雪歩(そして私自身も・・・・)





51:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:22:59.78 ID:iYTOKUBO0

春香「見つけたよ」





52:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:27:06.29 ID:iYTOKUBO0

春香「雪歩」

雪歩「・・・・・!」

春香「アイドルの萩原雪歩を見ましたかって聞けば、追いつけちゃうよ」

春香「・・・何度か転んじゃったけど」

雪歩「・・・止めようとしても、無駄だよ」

雪歩「私は、千早ちゃんを殺すよ」

雪歩「そのあとPさんと、私も・・・・」





55:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:34:20.86 ID:iYTOKUBO0

春香「ねえ、雪歩」

雪歩「・・・なに?」

春香「雪歩はさ、Pさんの、何をしてるときが一番すきかなぁ」

雪歩「・・・前に言ったよね?もう一度繰り返せばいい?」

春香「私は・・・」

春香「私は、笑ってるときが好きかな」

雪歩「・・・・・・、」





56:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:38:41.53 ID:iYTOKUBO0

春香「ほら、ここからでも見えるよ」

春香「千早ちゃんに向かって笑ってる、Pさんが」

雪歩「!!」ギリギリ

春香「雪歩は、前に言ったよね?」

春香「『春香ちゃんだって、同じように思ってる・・・でしょう?』って」

春香「でもそれって、」

春香「雪歩も私と同じように思ってる、ってことじゃないかな」

雪歩「・・・・・!」





57:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:43:26.68 ID:iYTOKUBO0

春香「雪歩、気づいて」

春香「雪歩のしようとしてるのは、雪歩の大好きなものを壊すことなんだって」

雪歩「・・・・・・壊れたっていいよ」

雪歩「私のものにならないくらいなら、いっそ!」

春香「壊せないよ、雪歩には」

春香「『雪歩は誰かを気遣うことは人一倍できる』って、Pさんが言ってたもん」

雪歩「・・・やめて」

春香「やめないよ」





58:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:48:13.08 ID:iYTOKUBO0

雪歩「やめてよ・・・やめて・・・!」

春香「ねえ、雪歩!」

春香「アイドルって、誰かを笑顔に出来る仕事だよね!」

雪歩「知らないよ、そんなの!」

春香「今Pさんを笑顔にすることが、私たちにできるんだよ!」

春香「私と、千早ちゃんと、雪歩で、トップアイドルになることで!」

雪歩「・・・・・・、」





59:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:50:01.46 ID:iYTOKUBO0

春香「それって、とっても素敵なことだって・・・」

春香「そう、思うんだ」

雪歩「・・・・・・・、」

雪歩「・・・・・・・ねえ、春香ちゃん」

雪歩「トップアイドルになっちゃったら、どうするの?」

春香「えっ!?」





60:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:51:02.45 ID:iYTOKUBO0

春香「いやあ、その・・・・・」

春香「あんまり、考えてないっていうか・・・」

春香「これから、考えようかな」

雪歩「・・・・・・・、」





63:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 00:58:27.92 ID:iYTOKUBO0

春香(そのあと)

春香(雪歩は何も言わないで、帰っちゃいました)

春香(でも、次の日)

春香(小さい、小さな声でも、言ってくれたんです)

春香(一緒に頑張ろうね・・・って)





65:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:02:19.88 ID:iYTOKUBO0

春香(ようやく雪歩も協力してくれて、私たちユニットは本格的に勝ちあがれました)

春香(元々、千早ちゃん一人でも出場できたから、三人で行けばあっという間です)

春香(何ヶ月か前が嘘のように、私たちはトップアイドルになり・・・・)

春香(千早ちゃんは、引退しました)





春香(そして、私も・・・・)





66:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:07:09.95 ID:iYTOKUBO0

P「おはよう、春香!」

春香「おはようございます、Pさん!」

P「・・・なあ、春香」



P「引退してもう何年だっていうのに、まだプロデューサーって呼ぶよな・・・」

春香「癖ですよ、癖!」

春香「それに、小鳥さんだって同じじゃないですか」

P「うん・・・そういわれるとな」





67:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:11:35.36 ID:iYTOKUBO0

春香(私はアイドルを引退しました)

春香(理由は・・・)

春香(・・・正直、自分でもよくわかりません)

春香(でも、初恋の終わったアイドルって・・・なんか、響きが・・・)

春香(そんなわけで、今は765プロの事務員にさせてもらってます)

春香(時が経つのははやいもので、気づけば三十路近くの2X歳・・・)

春香(・・・うっ、頭が痛い・・・?)





68:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:15:31.24 ID:iYTOKUBO0

春香(とはいっても、事務所のみんなはほとんど昔のままです)

春香(結婚したまま芸能界にい続ける子もいます)

春香(社長は時々ティンときてるみたいだし・・・)

春香(Pさんも、千早ちゃんを養うためプロデューサーを続けてます)

春香(そのまま・・事務員・・・うっ、頭が痛い・・・?)





69:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:18:13.91 ID:iYTOKUBO0

春香(そうそう、雪歩なんて、いまでは演技に歌に大活躍です)

春香(テレビをつけたら、うつらない日なんてありません)

春香(・・・スキャンダラスな話題は、まったく聞かないけれど)

春香(・・・まあ、いいことかなあ?)





70:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:21:15.09 ID:iYTOKUBO0

P「・・・それで、千早まで娘と一緒に歌い始めて・・・・」

春香「・・・・・・、」

P「・・・・・おい、春香?」

春香「ああ、ちゃんと聞いてますよ、ノロケ話」

P「い、いやぁ、そんなんじゃないんだぁ」デレデレ





71:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:24:03.53 ID:iYTOKUBO0

春香「ほら、Pさんも、早く仕事に取り掛かってください!」

P「くっ、アイドル時代からは考えられない発言しやがって・・・」

春香「誰のために働いてるんですか」

P「・・・そいつは殺し文句だよ」

春香「・・・・・・・、」

春香「千早ちゃんのため、でしょう?」

P「・・・・まあな」





72:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:25:30.74 ID:iYTOKUBO0

春香(このぐらい、言えなきゃね)

春香(女なら耐えられるもの、強いから)






春香(さよなら、私の初恋)



おわり





73:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:28:56.73 ID:iYTOKUBO0

ただの春香ssになってすみません
内容がただの痴話喧嘩ですみません
一部の内容に関して不快感を覚えたかたいると思いますすみません

72までできてよかった
読んでくれてありがとう
また近いうちにやるかな





74:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:29:29.02 ID:UQTJ867b0

乙!





75:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 01:29:32.22 ID:HuMDT4xqo

いい話だった
おつ!





77:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 02:32:14.35 ID:sXXQ1p1Ao

きっちり72で締めてやがるww





79:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/20(木) 08:45:46.23 ID:kiUD3ws3o

知ってるか?これ安価なんだぜ…






元スレ:春香「え?千早ちゃんが>>7で>>2?」【安価は命より重い】

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1395230293





  

【 関 連 記 事 】


さすがの安価捌きだわ
[ 2014/03/25 00:52 ] [ 編集 ]
非常に残念。
安価が安価ならバッドエンドで良かったのに。スレタイに騙されたわ。
[ 2014/03/25 12:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。