Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  魔王「殺せぇぇぇ!」勇者「生きろ」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
なんと合理的な勇者。慈悲深いのかと思っていたのに。まぁ、人類の事を考えれば、
この様な行動を取るのは分かりますが。生かさず殺さず。魔王の未来は恒久的な幽閉でしょうか乙。


1:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:01:05 ID:KpA0UCNA

1

魔王「くっ、なぜ殺さない!」

勇者「お前を殺しても新しい魔王が生まれるからな」

魔王「私が新しい魔王より弱いと言いたいのか!?」

勇者「いや、強かったら嫌じゃん」






2:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:01:49 ID:KpA0UCNA

2

魔王「ぐふっ、くく、貴様が私を倒そうとも……新たな」

勇者「僧侶、こいつ回復して」

魔王「魔王が……きさまぁぁ!」

勇者「じゃあな」





3:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:02:40 ID:KpA0UCNA

3

魔王「貴様卑怯だぞ! 傷ついてもすぐ回復すると思ったら、ドアに隠れて僧侶がいるではないか!」

|・`)←僧侶

勇者「いや、だってあそこ安置だし」

魔王「私が死にかけても奴が居る限り死ねないではないか!」

勇者「いいことじゃん」





4:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:03:21 ID:KpA0UCNA

魔王「ぐふっ、痛いから早く回復しろ」

勇者「僧侶」

魔王「くそぉぉぉ!」





5:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:04:01 ID:KpA0UCNA

4

魔王「ふはは! よく来たな勇者よ!」

勇者「懐かしいなそのノリ」

|ω・)←僧侶

魔王「今回こそは私の勝ちだ!」

勇者「自信あるのな」





6:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:04:38 ID:KpA0UCNA

魔王「見ろ!」

(・ω|←ダークプリースト

魔王「玉座の後ろの安置だ。条件が一緒なら負けんわ!」

勇者「それでいいのか魔王」





7:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:05:12 ID:KpA0UCNA

魔王「ぐふっ、なぜだ……!」チラッ

|ω・)←僧侶

|ω・)Д・)←魔法使い

魔王「きっさまぁぁぁぁっ!」





8:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:17:55 ID:CO8p9NF.

5

魔王「……」チラッ

|ω・)Д・)←魔法使い

魔王「ふっはははは! よく来たなぁ!勇者よ!」

勇者「どっち見てんだよ」

魔王「見よ!」

(・ω(・Д( ̄ー|←まどうし&アーチャー new!





9:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:19:20 ID:CO8p9NF.

魔王「ぐふっ! なぜだぁぁぁ!」チラッ

|ω・)Д・)◇ ̄)←罠師

魔王「罠師だと? そんなところから何が……!」チラッ

(>ω(>Д(>ー|

魔王「いつの間にぃぃぃぃ! 不法侵入だぞ!」

勇者「今更だな。じゃあな」





10:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:31:09 ID:lVbRvjBk

6

魔王「おい、ドア閉めろ寒いんだよ」

勇者「だめだ」

魔王「……見よ」シュン

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇|←トラップマスター

勇者「いや、こっちにも罠師居るし効かねえよ?」

魔王「あー、やっぱ?」





11:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 14:32:36 ID:lVbRvjBk

魔王「ぐふっ、なぜだ」チラッ

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇|ガンバッテ

魔王「こいつらは生きているのに!」チラッ

|ω・)Д・)◇ ̄)ー ̄)▽ ̄)←弓使い&武闘家

魔王「ずるいずるいずるいぞーっ!パーティは4人までだろ! レベル上げめんどくさいだろ!」

勇者「いや、俺やり込み好きだし」





12:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:02:48 ID:P0bNUeNQ

7

勇者「約束通り前回と同じ人数で来たぞ」

魔王「……」チラッ

|ω・)Д・)◇ ̄)ー ̄)▽ ̄)

魔王「……ふ、ふはははへっ、痛っ噛んだ」





15:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:20:41 ID:lVbRvjBk

魔王「ふははははっ!よく来たな勇者よ! 貴様との長きに渡る戦いこれで終わりにしてくれる!」

魔王「見よっ!」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽|←武術家

勇者「人じゃね?」





16:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:21:35 ID:lVbRvjBk

魔王「ギリモンスターだよ!」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇(;▽|←武術家

魔王「ごめん、間違えなくモンスターだよ!」

勇者「すまんかった」





17:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:22:41 ID:lVbRvjBk

魔王「ぐふっ、なぜだ……」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽|?

|ω・)Д・)◇ ̄)ー ̄)▽ ̄)フフ

勇者/←伝説の剣 ジャーン

魔王「それだぁぁぁぁっ!」





18:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:25:10 ID:bwM6DzM.

8

魔王「待ってまだ魔王の剣出来てない」



魔王「ぐふっ」





19:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:41:19 ID:sEYXt6gQ

9

魔王「くっくっく、よく来たな勇者よ」

魔王/←魔王の剣 ジャーン

\勇者○←伝説の盾 ジャジャーン

魔王「だと思った!」ウワァァァン





20:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:42:08 ID:sEYXt6gQ

魔王「だが負けぬぞ! 剣で受けさせれば!」

キンッ 魔王X勇者○

グフッ 魔王(=勇者 シールドバッシュ!





21:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:56:20 ID:lVbRvjBk

10

魔王「ずるいずるいずるいぞーっ! 魔王の盾なくしちゃったのに!」

/○\←魔王の盾
勇者 ジャーン

魔王「くれなきゃやだやだーっ!」ジタバタ





22:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 15:57:03 ID:lVbRvjBk

勇者「炎の魔道書と交換な」

魔王「いいよ、どこにあったの。この盾?」

勇者「ここの宝物庫」

魔王「きっさまぁぁぁぁっ!」


魔王「ぐふっ」





24:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 16:21:02 ID:jyhzwNKc

ありがとうございます!

11

魔王「魔王の鎧持ってない?」

勇者「水の魔道書と賢者の石」

魔王「うむむ、ぼったくりすぎだ!」

勇者「水の魔道書と風の魔石」

魔王「うーん、妥当かな」


魔王「ぐふっ」





25:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 16:22:21 ID:jyhzwNKc

12

魔王「ちょっと待って。前回なんで私倒されたの!?」

勇者つ 魔王のマント ジャーン

魔王「えーと、ああ。新しい魔道書入荷したよ」

勇者「それと闇の魔道書」

魔王「闇? 闇は人間に向いてないよ。光の魔道書はどう?」





26:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 16:22:58 ID:jyhzwNKc

勇者「じゃそれで」

魔王「光の魔道書ここの地下に封印してるから取りに行くよ」

勇者「いってら」

魔王「いや、人間じゃないと触れないし」

勇者「どうやって封印したんだよ」





27:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 16:25:27 ID:jyhzwNKc

ガシャン

魔王「ふふ、ふははははっ! かかったな勇者め!」

魔王「鉄格子の中で一生苦しんで死ぬが良い!」

|ω・)Д・)◇ ̄)ー ̄)▽ ̄)

|ω・)Д・)◇ ̄)ー ̄)▽ ̄)オセオセ

勇者 |/←伝説の剣 魔王 チョ オスナッテ

勇者 |-魔王- <グフッ


(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| マオーサマ マダカナー





28:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 17:07:58 ID:0Rzl8K2o

13

魔王「よく来たな勇者よ!」バサァ

魔王「今日こそは!」バサァ

魔王「決着をつけてやる!」バサァ

勇者「気に入ったの?」

魔王「うむ!」バサァ


魔王「ぐふっ」バサァ





30:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:19:01 ID:31537h9o

14

魔王「うぐぐぐ! 勇者ーっ! 勝負!」バサァ

勇者つ 食料 ドサッ

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| ナント!

魔王「何のつもりだ?」

勇者「燃料魔石1トンくれ」





31:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:19:59 ID:31537h9o

魔王「たしかに食料難だが足元を見過ぎではないのか?」

勇者「一気に持ってきてもしょうがないからな。少しずつ交換といこう」

魔王「黙れ! 貴様のような卑怯者と交渉するつもりはない!」バサァ

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| ウマソー チョ オスナッテ

チョ オスナ> 魔王 \勇者

グフッ> -魔王-勇者

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| ヤッチマッタ

|ω・)Д・)◇ ̄)ー ̄)▽ ̄) ドンマイ





32:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:21:33 ID:31537h9o

勇者「これくらいでいいか?」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| アリガトー マセキタリル?

勇者「まあ、今回はお願いする側だからな。そっちが得する形でいいんだ」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| マタキテネー

勇者「もういろいろ交渉してるのに今更だよな」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| ダヨネー





33:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:23:59 ID:31537h9o

魔王「……」グスン

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| スミマセン

魔王「……もう知らない! 配下にうっかり殺される魔王なんてどうせ私だけだよぉぉぉ」ウワァァァン

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| ゲンキダシテ コレタベテ

魔王「そもそもなんで剣構えてんのよ! あいつ性格悪すぎ!」モグモグ





34:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:29:15 ID:0Rzl8K2o

15

魔王「ふははーよくきたなゆーしゃ」ハァ

勇者「どうした、風邪でも引いたか?」

魔王「お前のせいだ、今日は何のようだ」

勇者「魔王、お前に会いに来た」

魔王「きも」

勇者「ぐふっ」

魔王「やった! 初めて勝ったぞ!」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| オメデトー





35:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:39:05 ID:gj//b1nQ

16

勇者「また来たぞ」

魔王「出禁にしていい?」

勇者「やめてくれ」

魔王「何の用?」

勇者「魔王、好きだ。結婚してくれ」

魔王「死んでもいや、マジきもい」

勇者「ぐふっ」





36:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:39:42 ID:gj//b1nQ

17

勇者「俺のどこが嫌なんだ!」

魔王「刺してくるところ」

勇者「愛情表現なんだよ!」

魔王「私よりお前の方が魔王向いてるわ」





37:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:40:38 ID:gj//b1nQ

魔王「大体なんで好きな相手を刺すの?」

勇者「いや、人間の文化では好きな相手に意地悪をすることが当たり前なんだ」

魔王「ほっといても勝手に滅びそう種族」

勇者「不思議だな」





38:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:41:44 ID:gj//b1nQ

勇者「やっと刺しても死なない相手を見つけたのに……!」

魔王「迷惑極まりないな」

勇者「だから、結婚してくれ!」

魔王「帰れ」

勇者「ぐふっ」





39:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:48:23 ID:M90ZMe6w

18

魔王「ここにミミズがいる」

勇者「ああ、それがどうした?」

魔王「このミミズがお前に結婚してくれと言っている」

勇者「きも」

魔王「そう、まさに私の気持ちだ」

勇者「ぐふっ」





40:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:50:10 ID:M90ZMe6w

19

勇者「…………メモ?」

『魔王は留守』

勇者「…………」ヨイショット

勇者「…………」マダカナー チャキン

魔王「(居座るな! 早く帰れ! 剣を研ぐな!)」


勇者「……魔王来なかったな……」ショボン

魔王「……5時間近く粘ったぞ。ストーカーか」





41:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:51:01 ID:M90ZMe6w

20

勇者「魔王ー!」グサッ

魔王「ん? ぐふっ」





42:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 19:53:02 ID:M90ZMe6w

21

魔王「貴様、出禁のはずだが」

勇者「通してくれたぞ」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| zzz

魔王「お前怖いんだよっ! 出合い頭に刺されたし」

勇者「治療しただろ?」

魔王「もうお前嫌い!」

勇者「ぐふっ」





43:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 20:20:48 ID:/tvwPtcQ

22

勇者「なんで時々口調が魔王みたいになるんだ?」

勇者「似合わないよ」

魔王「私の見た目が幼いからか!」

魔王「魔王歴浅いから慣れないんだよ。まだ練習中、分かる?」

勇者「何歳?」

魔王「女に年齢を聞くな」





44:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 20:22:18 ID:/tvwPtcQ

23

魔王「お前今まで好きな相手剣で刺してきたのか?」

勇者「いや、最初は良かったんだ。指から始まって筆記具に至って、エスカレートするうちに村から追い出された」

魔王「お前本当に勇者か」





45:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:26:46 ID:7M9stS0s

魔王「大体魔王と勇者が結婚なんて出来ると思うのか? 敵同士だぞ」

勇者「同盟を結ぼう」

魔王「む、こちらとしてはありがたい話だが」

勇者「問題でも?」

魔王「お前と結婚したくない。すごく、切実に」





46:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:34:25 ID:sEYXt6gQ

勇者「もっと反発すると思ったけど」

魔王「同盟か? まあ魔物側は力こそ全てという世界だからな」

勇者「ということは、俺と結婚か!?」

魔王「……そういう考えが性に合わないから同盟に賛成なんだ」

勇者「……すまん」





47:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:40:30 ID:P0bNUeNQ

魔王「同盟かー。どう思う?」

(・ω(・Д( ̄ー( ̄◇( ̄▽| ワカンナイ

魔王「だよねー」

魔王「こっちじゃ作物が育たないから狩りか略奪か交換しか無いからね」

魔王「そもそも、未熟な魔王の私の言うことを聞いてくれるかな……もー不安だーっ!」バタバタ





48:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:41:44 ID:P0bNUeNQ

24

魔王「ふははっ。よく来たな勇者よ」

勇者「あー、そういうのいいから」

魔王「あ、そう。疲れるからいいけど」

勇者「大分素が出てきたな」

魔王「今更だからね。取り繕わなくてもいいんでしょ。それに魔王の練習ももういらないから」

勇者「その方が女の子らしくていいぞ」

魔王「はいはい」





49:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:42:23 ID:P0bNUeNQ

魔王「こっちは魔石燃料を」

勇者「人間は食料を」

魔王「共存……は無理ね」

勇者「お互いに利用し合うだけだな」





50:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:46:13 ID:P0bNUeNQ

魔王「国境付近に抑止力が必要になるかな」

勇者「壁……かな? 建てるとしたら人間側の方がスムーズだ」

勇者「防衛線ってことで建設出来ると思う」

魔王「南北にある山脈まで壁をつなげば時間も費用も短縮できる」





51:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:48:11 ID:P0bNUeNQ

魔王「今日は刺さないの?」

勇者「刺したら怒るだろ。嫌われたくないから我慢してんだよ」

魔王「我慢しなきゃいけない時点で好きじゃないけどね」





52:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:54:47 ID:/m4wH82c

25

魔王「抑止力なんだけど、あなたが壁付近に住むのがいいと思う」

勇者「厄介払いしてないか?」

魔王「あなたもそっちの方がいいんじゃない?」

勇者「…………」

魔王「これでも魔王だからね。人間を相手に戦ってきたから分かるの」





53:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 22:57:47 ID:/m4wH82c

魔王「あなた、人を殺し慣れてるでしょ」

勇者「……」

魔王「この見た目だと人間の女の子とほとんど変わらないからね。何人かの勇者とも戦ったけど、私を追い詰めた相手は戦意喪失して帰っていった」

魔王「でも、あなたはーー」

勇者「やめよう、この話」

魔王「……ごめんなさい、言い過ぎた」





54:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 23:33:27 ID:kD0oP.tQ

勇者「魔王って魔物で1番強いのか?」

魔王「1番ではないかな。でもほとんどの魔物には勝てるよ」

勇者「伝説の剣で瀕死になるのに?」

魔王「あの剣が異常すぎるの! なんかとんでもない魔力だし」

勇者「まあ歴代の勇者が魔王を封じ込めた剣だからその魔力使ってるんじゃないか?」

魔王「歴代の魔王は魔王退治に利用されてるの? 皮肉ね」





55:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 23:35:44 ID:kD0oP.tQ

魔王「勇者はどうやって選ばれてるの?」

勇者「強い奴。いい奴とか悪い奴とか関係なく強い奴を選ぶんだ」

魔王「なんかそっちの方が魔物みたいね」

勇者「そうだな」





56:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/24(月) 23:38:47 ID:kD0oP.tQ

26

勇者「壁付近に一緒に住んでくれよ」

魔王「まあ、平和のために人生をかけてもらうのだから一緒に寝るくらいの報酬はあげる」

勇者「本当か!?」

魔王「ちゃんと平和になったらね」

勇者「好きになってくれたのか!?」

魔王「いや、全然」

勇者「ぐふっ」





57:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 00:17:41 ID:hOg2ygkU

52

勇者「壁の土台が大分出来てきたな」

魔王「貿易が出来る様に最低限の門をつけて」

勇者「その近くに2人のマイホームだな」

魔王「抑止力の拠点ね」

勇者「結婚しよう」

魔王「やだ」





58:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 00:18:43 ID:hOg2ygkU

76

勇者「壁もほとんど出来たな」

魔王「そうね」

勇者「そういえば魔王が城から移り住んでも大丈夫なのか?」

魔王「まあ、一応後任はいるから」

勇者「まさか、俺との子供が!」

魔王「ないから」





59:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 00:46:56 ID:jQvqWUg.

88

魔王「完成したね」

勇者「ああ、同盟の話はまだいいのか?」

魔王「一週間後にお願いしてもいい?」

勇者「ん、分かった」

魔王「一週間後に必ず同盟を成立させてね」

勇者「そっちも頼むぞ」





60:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 00:49:46 ID:jQvqWUg.

89

勇者「前は何も無かったのに、こんな馬鹿でかい壁が出来るんだな」ズシーン

勇者「ん、地震か……? いや、魔法か! どこの馬鹿だよ」ズシーン

勇者「広い範囲魔法だけど威力が全然ないな。これなら大丈夫だと思うけど……」ズシーン

ギャー ダレカー! ヒィィ

勇者「あっちか!」





61:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 00:50:51 ID:jQvqWUg.

魔王「ふははははっ! 逃げ惑うがいいっ!」

勇者「魔王!? 何してるんだ!」

魔王「勇者か。この私に歯向かうと言うのなら貴様を殺すだけだ」ブンッ

勇者「何言って……危ないだろ! 剣を下ろせ!」キンッ





62:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 01:11:59 ID:lXw9aPfU

魔王「剣を下ろせ、だと。聞けぬな。この不愉快な壁を破壊するまではな!」

勇者「ふざけるな! 何のために造ったと思っている!」

ユウシャダ ハヤクマオウヲ ナニシテルンダ

魔王「ならば殺せぇぇぇ!」ブンッ

勇者「……!」

魔王「ぐふっ」

ヤッタノカ ハヤクトドメヲ ユウシャ





63:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 01:15:29 ID:8466mP9s

勇者「あ、ああ……すぐに治療を」

魔王「……まって、このままで、いいから」ボソボソ

勇者「何を言って……」

魔王「もう、この剣に魔力を吸われすぎて、魔王じゃ、いられないから」ボソボソ

魔王「……せめて、この命を、有効につかわ、せて」ボソボソ

勇者「おい、死ぬなよ! 生きろ!」

魔王「……もう、静かにしてよ……ねむ、いんだ……か」

勇者「魔王……!」





64:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 01:16:26 ID:8466mP9s

国王「勇者よ。ご苦労だった。これであちらとの同盟の話も進められる」

勇者「……俺はただの人殺しですが」

国王「その話については心配ない。国全体に箝口令を出した。国を救った勇者の悪口を言うものは1人もいない」

勇者「……そうですか」





65:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 01:20:58 ID:NlKu/.mw

90

老人「国境の警備を始めてから何十年もの月日がたった」

老人「小さな争いはあるものの戦争に発展したことはない」

老人「凶悪な魔王を倒した勇者が国境を守り続けているからだ」

老人「傍らに小さな女の子を連れて今も暮らしている」

終わりです





66:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 01:24:46 ID:NlKu/.mw

思いつきで書き始めましたがぐだぐだになってしまいましたT_T
次はしっかり決めてから書きますT_T





67:537:2014/03/25(火) 01:32:43 ID:3iShp62E

面白かったよ乙





69:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 01:48:06 ID:iKY1H462

乙です





71:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/03/25(火) 01:56:22 ID:reRIFJ6s

|ω・)Д・)◇ ̄)ー ̄)▽ ̄)乙






元スレ:魔王「殺せぇぇぇ!」勇者「生きろ」

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1395637265





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。