Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「春香が分裂した?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
朝起きたら自分と違う自分がいた・・・なんて、分身の術ですとかドッペルゲンガーですとか
コピーロボットですとか。いずれにしろ怪奇ですが、オマイラにとっては嬉々かも知れません乙!


1: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 02:37:50.32 ID:7TabxCVJ0

春香「えっと……」

春閣下「……ふん」ツーン

P「どういうこと?」

小鳥「朝起きたら、春香ちゃんが二人に増えてたみたいです」

P「なにそれ怖い」






2: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 02:43:00.57 ID:kNt9uvlw0

P「どういうことです?」

小鳥「えっと……」

春閣下「最悪の目覚めだったわ……朝起きたら、同じ顔が目の前にあるんだもの……それに、き……あんな仕打ちを!」

春香「だ、だから謝ったじゃない! 閣下ちゃんも寝ぼけてたくせに! 大体、女の子だからノーカンだよ!」

春閣下「なっ……! この際だから、上下関係を教えておくべきかしら?」

P「待て! 同じ顔で喧嘩しないでくれ」

春閣下「……ふん」

春香「私は仲良くしたいんですけど……」





5: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 02:48:14.51 ID:kNt9uvlw0

P「原因はわからないのか?」

春閣下「さあ? 前兆も無かったわ」

春香「普通に寝て、普通に朝起きただけなんですけど……」

P「うん……身体は大丈夫か?」

春香「今のところは……何ともないです」

P「よし、春香」

春香「何ですか?」

春閣下「……何?」

P「すまん。こっちの春香に言ったんだ」

春閣下「……そう」





7: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 02:57:23.65 ID:pfDMCAlx0

P「家の人には……?」

春香「今のところはバレてませんけど……」

P「何とかしないとな……念のために暫くは無理しないように。少しでも異常を感じたら報告しろ」

春香「はい! お腹が空きました!」ビシッ

P「……春香」

春香「し、仕方ないじゃないですか! 気が動転してて、朝ご飯食べる暇無かったんですよ!」

春閣下「無様ね……」くー





8: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 03:00:57.30 ID:PT/ko4Bk0

春閣下「……笑いなさいよ」

春香(顔、真っ赤っか……)

P「まだ時間あるし何か食べに行くか?」

春香「そ、そうですね!」

春閣下「……」

P「えっと……近くの喫茶店で良いよな?」

春閣下「ええ……そうね……任せるわ……」

P「行ってきますね」

小鳥「はい。気をつけて行って来て下さいね」

小鳥(新たな掛け算の可能性も生まれたし、留守番くらい安いものピヨ)





11: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 03:45:51.82 ID:yg+Brev60

近くの喫茶店。

P「えっと……」

春閣下「……春閣下と呼びなさい」

P「あ、ああ……春閣下は春香とどう違うんだ?」

春閣下「趣味嗜好は微妙に違うわね……私にはわざわざクッキーを焼いていく趣味はないわ。買った方が早いじゃない」

春香「私は手作りの方が嬉しいと思うけどなぁ……」

春閣下「そういうものかしら……」





12: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 03:49:20.69 ID:yg+Brev60

ウェイトレス「くっくく……さあ、生け贄を求めよ(ご注文はお決まりでしょうか)」

P「俺は珈琲で」

春香「私はモーニングセットのAでお願いします!」

春閣下「私はBで良いわ」

ウェイトレス「良かろう……暫し待たれよ、黄昏の時は近い(かしこまりました。少々、お待ち下さい)

春香「変わったお店ですね」

P「少し前に、この店を一日店長したことがあるアイドルの影響らしいぞ?」





16:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/14(金) 05:22:36.85 ID:3Mvn+cXAO

こんな店があったら週2で通うわ





21: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/14(金) 16:36:31.54 ID:5OwCZOp40

春香「どうしてこんな事になっちゃったんでしょう……」

P「変な薬飲んだとか、怪しい老婆から何か買ったとかないのか?」

春香「そんなわけ……あ」

春閣下「……」

P「お前な、もう少し警戒しろよ……何だ。出会えるリボンでも買ったのか?」

春香「な、何でわかったんですか!?」

P「ま、マジかよ……765ではよくあることだけどな……何処で手に入れたんだ?」

春香「でも、これ……小鳥さんから頂いたんですけど……」

P「音無いぃぃぃ!」





25: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 00:31:48.94 ID:ih5mZVBt0

P「全く、あの人は……それで、そのリボンは?」

春香「閣下ちゃんが今してるのです」

春閣下「……外してみる?」

P「何が起こるかわからないからな、やめておこう……あくまでも、最終手段で」

春閣下「私が邪魔じゃないの?」

P「全然。今さら、一人増えたところでな?」

春香「プロデューサーさんならそう言うと思ってました!」

春閣下「……そう」

ウェイトレス「時満ちた。二つの始まりを示すもの、黒に染まりし聖杯を授けようぞ(お待たせしました。モーニングセットのAとB。珈琲です)

P「ありがとう」

ウェイトレス「神々の眠りは深い。焦る必要も無かろう(ごゆっくりお召し上がり下さい)」





28:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/15(土) 11:49:14.92 ID:Y6eSUcuAO

この店は最高だ





30: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 19:49:24.05 ID:n9gBHQ5U0

その頃、765事務所。

千早「春香が増えた……!?」

小鳥「落ち着いて、ね」

千早「それで、何時もの春香は私が貰っても?」

小鳥「だから落ち着いて」

千早「プロデューサーは、プロデューサーはまだ帰って来ないんですか!? ま、まさか春香を独り占めにする気では……!」

小鳥「だから……誰か千早ちゃんを止めて!」

やよい「うー!」

千早「げはっ!」

小鳥「美しいぐらいに綺麗なソバット!」

やよい「小鳥さんを困らせちゃ……メッですよ!」

千早「」





31: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 19:52:41.83 ID:PMaoE6Dj0

小鳥「千早ちゃんの暴走を止めてくれてありがとうね、やよいちゃん」なでなで

やよい「えへへ……褒められるの好きかなーって」

千早「照れてる高槻さん可愛い!」

小鳥「復活が早い!?」

やよい「手加減し過ぎたかなーって」

千早「容赦ない高槻さん可愛い!」





33: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 20:37:02.73 ID:0tWpIDao0

千早「高槻さん高槻さん高槻さん高槻さん……」ぎゅっ

やよい「ちょっと苦して硬いです…….」

小鳥「普段は良い子なのになぁ……はっ! それより、ちはやよを撮影しないと!」

P「なんぞこれ……」





34: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 20:42:09.49 ID:DMA5Hhgn0

千早「あ、プロデューサー。おはようございます」キリッ

やよい「プロデューサー! おはようございます!」

春香「千早ちゃん。おはよう!」

千早「おはよう、春香。今日も良いリボンね」

春閣下「……」

千早「あなたが新しい春香?」

春閣下「……は?」

千早「怖くなわ。こっちに来て? ルールールー……」

春閣下「……」イラッ





35: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 20:48:30.44 ID:PMaoE6Dj0

千早「ほら、カ◯リーメイトがあるわよ?」

春閣下「……」イライラ

やよい「うー……落ち着いた方が良いかなって!」ドガッ

千早「」

P「やよいは強いなぁ」

春香「スイッチ入っちゃったんですね……暫くしたら、戻ると思いますけど」





36: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 20:55:28.66 ID:RLkD3Fx/0

やよい「はわっ! 本当に春香さんが二人います!」

春香「増えちゃいました♪」

春閣下「……お気楽ね」

やよい「お姉ちゃんが増えたみたいで私は嬉しいです!」

春香&春閣下「」きゅん

P「やよいは可愛いなぁ……おい、音無」

小鳥「!?」





37: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 21:03:48.27 ID:2PWJaJue0

小鳥「な、なんですか!? やよちはの映像なら後で焼きますよ!?」

P「違います! あなたが原因じゃないですか! リボンですよ、リボン!」

小鳥「春香ちゃんの真似ですかーー」

やよい「うー」

小鳥「あのリボンですね? 私にもよく分からないんです。何処で手に入れたのかも……」

P「どういうことですか?」

小鳥「この前、プロデューサーさんと飲みに行ったじゃないですか」

春閣下「……」ぴくっ

春香「どういうことですか! プロデューサーさん!」





38: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/15(土) 21:13:06.99 ID:9rtpmuHi0

P「お前達の考えているような事じゃないよ。愚痴を聞かせあっただけだ……それで?」

小鳥「実は、飲んだ後の記憶が曖昧で……」

P「その翌日にはリボンを持っていた、と」

小鳥「帰る途中で買ったなり、拾うなりしたのは確かなんですけど……」

P「ちょっと厳しいな……二人とも、本当に身体は大丈夫なんだな?」

春香「うーん? 普通ですね」

春閣下「異常は特に感じないわ」

P「なら、春閣下をどうするかだが……住むところとか決めないといけないし」





39:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/15(土) 22:19:25.45 ID:oFDQuL3Z0

千早「! それでは私が!」

春閣下「嫌」

千早「……」しゅん

やよい「よしよし」なでなで

春香「小鳥さんはどうですか?」

小鳥「私は構わないけど……」

春閣下「……」チラッ

P「え?」

春香「だ、駄目ですよ!」

春閣下「どうしてあなたが反対するの?」

春香「で、でも……とにかく駄目です!」





40:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/15(土) 23:17:39.61 ID:57PcP4qu0

P「あ、もしかして俺の家か? 確かに、一番迷惑が掛からない方法だが……」

春香「な、何を言ってるんですか!? 女の子と二人っきりなんて……駄目に決まってます!」

P「わかってるって。あくまで選択肢に入っている、てだけな話だ」

やよい「うぅ……春香さん、怒らないでください……」

春香「あ、ごめんね? やよい」

やよい「優しい春香さんが一番です!」

春香「やよい……」





42: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 01:09:02.37 ID:OXqnMZhy0

春閣下「今日は小鳥の世話になるわ」

小鳥「良いの?」

春閣下「今は……ね」

小鳥「そう。閣下ちゃんが良いなら、私は大歓迎ですよ」

P「助かりました。小鳥さん」

小鳥「お礼なら今度、私とデー……」

春香「……」ギロッ

春閣下「……ふふ」ゴゴゴ……。

小鳥「ひぃ……何でもありません!」

すみません。今日はここまでです。





45: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 13:11:25.14 ID:2HrN8V650

P「それと、この事はなるべく内緒にした方が良いですね」

小鳥「そうですね。パニックになるかも知れませんし……事務所内だけなら良いんですけど」

P「不安なのが何人か居ますからね……なるべく隠すようにしましょう」

小鳥「じゃあ、先に閣下ちゃんを私の家まで送って来ますね」

P「お願いします。埋め合わせはしますんで」

小鳥「うふふっ……期待してます。じゃあ、行きましょうか」

春閣下「……」

小鳥「どうしたの?」

春閣下「真面目な会話出来たのね……」

小鳥「酷いっ! 」ピヨッ

小鳥「すぐに戻りますので、お留守番お願いしますね?」





46: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 13:24:50.34 ID:wUGSqtht0

春香「行っちゃいましたね……」

P「小鳥さんなら間違いないだろう。春香と千早はラジオのゲストだったな」

千早「はい。プロデューサーの取って来て下さった仕事、精一杯頑張りたいと思います!」

P「そんなに力入れなくても良いんだぞ? 気楽にな?」

千早「そういう訳には……いえ、わかりました」

春香「あ、戻ったんだね……」

千早「? ふふふっ……変な春香」

P「やよいは料理番組の収録だな。小鳥さんが戻ったら一緒に行こうな」

やよい「うっうー! 今日も元気良く、頑張りましょう!」

「「「「おー!」」」」





47: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 17:43:49.28 ID:FgWlzZ/f0

その頃、小鳥車では。

春閣下「ねえ、小鳥」

小鳥「うん?」

春閣下「プロデューサーのこと、好きでしょ?」

小鳥「な、何のこと!?」

春閣下「……後は春香に美希ぐらいかしらーー今は、ね」

小鳥「何を言っているのかな!? お姉さん全然、わからないピヨ!」

春閣下「あなたがそれで良いなら構わないわ。ライバルにするにはーー厄介な娘ばかりよ?」

小鳥「ううう……そうね。確かに……閣下ちゃんは?」

春閣下「……意味ないじゃない」

小鳥「閣下ちゃん?」

春閣下「何でもないから、前を見て運転しなさい」

小鳥「う、うん……」





48: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 19:41:54.05 ID:nDCWkKiZ0

ラジオ局。

千早「春香!」

春香「! ね、寝てません! 夢を見てただけです!」

千早「大丈夫? 疲れてるんじゃあ……」

春香「だ、大丈夫だって……心配性なんだから千早は……」

千早「ふふっ……春香とプロデューサーのが移ったかも知れないわね」

春香「千早ちゃん……」

千早「もし春香の立場だったら……私を放っておく?」

春香「放って……おかないかも」

千早「そうね。春香は絶対に放っておいてくれないわ……それで今の私がいるの」

春香「……千早ちゃんには敵わないな」





49: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 21:11:47.25 ID:w0O1ATEi0

触れること、感じることが出来なかった。でも、今は触れることが出来る、感じることが出来る。

だが……本来私は出てきてはいけない存在。あの娘の内に潜む存在。

私はここに居ていいの……?

私は……。





50:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/02/16(日) 21:21:33.55 ID:QMUibDT60

小鳥の部屋。

春閣下「ん……ここは……?」

春閣下(……々そう、小鳥に甘えることにしたんだったわね……眠ってしまっていたみたい)

春閣下「……何かしら、本棚に他と違った本が……」

春閣下は薄い本を手に入れた。

春閣下「……」おそるおそる

ペラッ

春閣下「な、何て本を持っているかしら……!」





52: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 22:20:01.21 ID:afdSLYtR0

ペラッ

春閣下「……」

ペラッ

春閣下「……」

ペラッ

春閣下「……今度、みんなにバラしてやろうかしら……うふふ」

春閣下は薄い本をわかりやすい所に置いた。

春閣下「あの人は……今どうしてるのかな……?」





53: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/16(日) 22:30:01.85 ID:dKb0bqpV0

事務所。

小鳥「戻りました」

やよい「小鳥さん、おかえりなさいです!」

小鳥「ただいま、やよいちゃん」

P「どうでした?」

小鳥「特に問題はありませんでしたよ? 本当に?」ピヨピヨ

P「はぁ……わかりました。やよいと営業に出掛けて来ますね」

小鳥「はい。気をつけて行って来て下さいね」

やよい「行って来まーす!」

小鳥「……まだ時間か掛かりそうなのよねぇ……」





54: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/17(月) 09:46:48.88 ID:dpVjT9jJ0

次の日。

P「おはようございます」

小鳥「おはようございます。プロデューサーさん」

P「昨日は直帰してすみません」

小鳥「そんな、気にしないで下さい。プロデューサーさんにはお世話になっているんですから」

P「俺の方こそ小鳥さんのお世話になりぱなっしですよ」

小鳥「うふふ……」

P「ははは……」

春閣下「……朝から二人して何をしてるのかしら?」

P「な、なんで春閣下が……」

小鳥「どうしても行くって聞かなくて……」

春閣下「別に良いじゃない。今日、あの娘はオフなんでしょう?」

P「……ま、いいか。小鳥さんに迷惑かけてないか?」

春閣下「……ふふふっ」チラッ

小鳥「か、閣下ちゃんは裏表の無い素敵な女の子ですよ!」

P「は?」





60: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/17(月) 23:00:10.37 ID:WEr3Y5hV0

春閣下「……迷惑じゃない?」

P「何が?」

春閣下「……私がここに居ること」

P「別に、な。悪さをする訳でも無いしな……ね、小鳥さん」

小鳥「そうですね。プロデューサーさんじゃないですけど、一人増えたからって何かがどうなる訳でもありませんし」

春閣下「……そう」

P「それがどうしたんだ?」

春閣下「別に、何でも無いわ」

小鳥「あ、そうだ。閣下ちゃん昨日、晩御飯作ってくれたんですよ」

春閣下「小鳥!? それは言わないでって言ったでしょ!」

小鳥「ピヨピヨ♪」

春閣下「こいつ……」





63: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/17(月) 23:28:26.46 ID:0/qL2dmM0

美希「おはようございますなのー!」

春閣下「……チッ」

小鳥「美希ちゃん、おはよう」

P(美希が来るのを計算してたな……この人)

美希「どうしたの?」

春閣下「ううん、何でもないよ。美希、おはよう」

P(春香を演じるつもりか……)





64: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/17(月) 23:39:54.60 ID:Fy3t/EmL0

美希「? ……ま、いいの。ハニー! おはようなの!」

P「ああ、おはよう。だけど、美希は午後からだろ?」

美希「ハニーに会いに来たの!」

P「その為に早起きしたのか?」

美希「昼まで寝るから問題ないと思うな!」

P「そうか。なら、寝てこい」

美希「そうするの! あ、春香も一緒に寝よ!」

春閣下「あ、ちょっと……美希!?」





65: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/17(月) 23:51:35.06 ID:ICDhMlCZ0

美希「ハニー、春香借りても良いよね?」

P「まあ、春香はオフだからな」

春閣下「ちょっ……プロデューサー!?」

美希「なら問題ないの。観念してミキと寝れば良いと思うな!」

春閣下「わかったから! スカート引っ張らないで!」

小鳥「カメラ、カメラっと……」

P「今日も平和だなぁ……」





66: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/18(火) 00:04:09.25 ID:JXPpay5l0

P「すみません。あれは何処でしたっけ?」

小鳥「これですね? はい、どうぞ」

P「助かります」

小鳥「あ、プロデューサーさん。あの事ですけど……」

P「ああ。それはーー」

小鳥「……」

P「……」

小鳥「静かですね」

P「ちょっと前までは騒がしかったのに……みんな忙しくなりましたから」

小鳥「プロデューサーさんのお陰ですね」

P「いや、みんなのお陰でしょう」

小鳥「くすっ……そうですね」





67: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/18(火) 00:17:54.70 ID:yIyyuRTJ0

P「……二人とも寝たみたいですね」

小鳥「美希ちゃんが閣下ちゃんを抱き締めるようにして寝てますね……激写!」

P「……起こさないで下さいよ」

小鳥「タオルかけてあげるついでに撮るだけです」

P「そうですか。一枚下さいね」

小鳥「お昼御飯で手を打ちましょう」ピヨッ

P「安いもんですよ」





68: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/18(火) 01:05:25.50 ID:k7q0TQSS0

小鳥「そろそろ律子さん達が来る時間じゃないですか?」

P「あ、そうですね……」

亜美「亜美じゃないよ!」

真美「真美じゃないよ!」

亜美真美「「え、じゃあ誰?」」

亜美真美「「おはようございまーす!」」

伊織「朝から元気ね……」

あずさ「あらあら、いいことよ?」

律子「プロデューサー、小鳥さん。おはようございます」





69: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/18(火) 01:10:38.71 ID:9WCSlY0B0

P「噂をすれば……」

小鳥「くすっ……ですね」

律子「どうかしましたか?」

P「いや、何でもないよ。おはよう、律子」

小鳥「おはよう。律子さん」

律子「美希。また寝てるのね……仕方のない子」

律子「それと……春香」

P「……まあ、そういうことだ」

律子「なるほど……わかりました」





70: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/18(火) 01:18:25.10 ID:TW9iodAJ0

亜美「はるるんがどったのー?」

真美「みすてりーな臭いがしますなぁー」

律子「何でもないわよ。すぐに出るんだから準備しなさい」

真美「えー!」

亜美「久しぶりに兄ちゃんと会えたのに!」

真美「兄ちゃんで……兄ちゃんと遊びたいよー!」

P「おい」





71: ◆IIiEuGs1j.:2014/02/18(火) 14:20:41.34 ID:XIyyRttQ0

律子「二人ともいい加減ーー」

伊織「亜美、真美。久しぶりにプロデューサーに会えて嬉しいのはわかるけど、プロなら実覚しなさい」

亜美「……はーい」

真美「ごめんね、いおりん」

伊織「別に悪いとは言ってないわよ。あんた達のそういう所に助けられる事もあるんだから」にひひっ

律子「……伊織」

P「伊織も成長したな……」

小鳥「ええ。本当に」

伊織「ちょっ……なに、頭撫でてんのよ! あずさ!」

あずさ「あらあら、嬉しくて……つい?」





72: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 18:07:47.72 ID:Fw/FAqFT0

小鳥「あら? 真美ちゃんは伊織ちゃん達と一緒に仕事なの?」

真美「うん、そだよー!」

P「頑張れよ!」

真美「大骨に乗ったつもりでいてYo」

伊織「ちょっと! 私には何にもないわけ?」

P「伊織の事は信頼してるからな」

伊織「あ、当たり前よ! で、でも……一言ぐらいくれても……良いじゃない」

真美亜美「「ニヤニヤ」」

あずさ「あらあら」

律子「ふふっ……」

小鳥「音無フラッシュ!」パシャ





74: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 22:19:34.32 ID:0mc9EsbP0

伊織「な、何よ! 亜美、真美ニヤニヤしない! 小鳥も何、撮ってんのよ!」

亜美「してないよ? ね、真美」

真美「ね、亜美」

小鳥「ごめんなさい。つい癖で……」

伊織「……もうっ! 時間でしょ!? 行くわよ!」

律子「はいはい……それでは、行ってきますね」

P「おう、行って来い」

小鳥「気をつけて行って来て下さいね?」

律子「はい。さあ、あなた達! 行くわよ」





75: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 22:23:32.94 ID:4xf3iAVz0

真美「はーい。また今度遊ぼうね! 兄ちゃん!」

亜美「拒否権は無いからね。兄ちゃん!」

P「おう。時間が合えばな?」

あずさ「行ってきますね? プロデューサーさん」

P「はい。ですがそちらは出口じゃなくて社長室ですよ」

あずさ「あらあらあら」

P「伊織」

伊織「……何よ」

P「テレビの前のみんなにスーパーアイドル水瀬伊織の力を見せてやれ!」

伊織「!」

伊織「……にひひっ! 当たり前じゃない! あんたに言われるまでも無いんだから!」

五人「行って来まーす」





76: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 22:33:59.78 ID:9+riaNS10

P「……」

小鳥「……静かになりましたね」

P「嬉しいような、寂しいような……」

小鳥「うふふっ……わかります」

P「そう言えば昼ですね」

小鳥「あ、本当……うぅ。時間が過ぎるの早いなぁ……」

P「充実してるんですよ。何か買って来ましょうか?」

小鳥「お弁当があるんで。プロデューサーさんの分もありますよ」

P「マジか? マジで?」

小鳥「マジだ!?」

P&小鳥「ショータイム♪」

P「……ツッコミ役が居ないんで止めましょう」

小鳥「……はい」





77: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 22:42:48.05 ID:0mc9EsbP0

P「何でまた急に?」

小鳥「これは閣下ちゃん……(閣下ちゃんには黙っているように命令……頼まれてたけど良いわよね?)」

春閣下「……」ゴッゴッゴ……!

小鳥「じ、じゃなくて! 今日はたまたま! つ、ついでですから!」

P「は、はぁ……?」

小鳥(このプレッシャーは……! 閣下ちゃん!? 閣下ちゃんなの!?)

P「それじゃあ……遠慮なく頂いても?」

小鳥「どうぞどうぞ」





78: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 22:51:01.54 ID:4uFogi1P0

P「おっ! なんか可愛らしい弁当ですね」

小鳥「そうですか?」

春閣下「……」そわそわ

P「あんまり見た目には拘らない方なんですけど、これは良いですね」

小鳥「そうですか」にこにこ

P「……小鳥さんの何時もの弁当と違うような?」

小鳥「き、今日は特別なんです! それより食べて下さい! 感想を待っている娘も居るんですよ!」

P「は、はい……」





79: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 22:59:33.73 ID:wQ7UHz110

P「先ずは卵焼きから……」

春閣下「……」そわそわ

P「美味いですね。俺好みです」

春閣下「……」ほっ

小鳥「良かったです」

P「おにぎりも……」

美希「おにぎり!?」がばっ

春閣下「げはっ!?」ドテン





80: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 23:05:13.63 ID:H+YAAmTy0

P「み、美希……起きたのか?」

美希「ハニー! おはようなの! それよりおにぎりは何処なの!?」

P「これだけど……」ひょいっ

美希「おにぎり!」

春閣下「……!」

美希「……ん?」

P「どうしたんだ?」

美希「……貰おうと思ったけどやめるの。ハニーが食べてあげて」





81: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/02(日) 23:32:17.59 ID:a3edTvaw0

P「ん? 美希がそう言うなら食べるけど……」

美希「うん。そうしてあげたら良いと思うな!」

小鳥(天使ミキエル……)

春閣下「……美希」

美希「あ、春香。蹴落としちゃってごめんね?」

春閣下「別に良いよ。それより」

美希「?」

春閣下「……ありがとう」

美希「何で春香がお礼言うの?」

春閣下「え?」

美希「ミキはおにぎりの声を聞いただけだよ? おにぎりがハニーに食べて欲しいって言ってたの!」

春閣下「何それ怖い」





83: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 00:51:42.65 ID:RavQOh//0

美希「気持ちを込めたおにぎりには魂が宿るんだよ? ミキはそれがわかるだけなの」

春閣下「知らないよ……」

美希「春香はまだまだなの! アハッ☆」

春閣下「……あなたには敵わないわね」

美希「春香?」

春閣下「何でもないよ。良かったら、私の食べる?」

美希「わーい! 春香大好きなの!」

春閣下「もう、調子良いんだから……」





84: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 00:52:57.06 ID:RavQOh//0

P「昼からCMの撮影だろ? テレビ局まで送るよ」

美希「本当!? やっ……でも、ハニーは仕事があるんだよね?」

P「気にしなくて良いぞ?」

美希「……お願いしても良い?」

小鳥(上目遣い美希ちゃんキター!)

P「何だ。美希が遠慮するなんて珍しいな」

美希「むっ……ミキだって成長するの! 失礼だって思うな!」

P「ごめんごめん……という訳で」

小鳥「はい。事務所は任せて下さい」

美希「春香も行こ?」

春閣下「……私が?」





85: ◆Up8IhYvBU2:2014/03/03(月) 00:55:58.56 ID:RavQOh//0

P「おいおい。春香はオフだぞ」

美希「? だったらどうして事務所に来ているの?」

春閣下「……ちょっと用事」

美希「……ふーん」

春閣下「私もご一緒しても良いですか?」

P「……春香が良いなら俺は構わないぞ」

美希「春香、良かったね!」

春閣下「ふふっ……そうだね」





90: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 23:16:17.66 ID:khI0SllM0

ーーテレビ局。

P「到着、と」

美希「は……プロデューサー。ありがとうなの!」

P「いや、良いよ。俺は一度事務所に帰るけど……」

美希「うん。あ、お迎えは別にしなくて良いの」

美希「帰りはミキ一人で十分なの! だから、ハニーはお仕事してて?」

P「……美希」

美希「ほらね? ミキも成長してるの! 特に胸とか!」





92: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 23:21:56.68 ID:khI0SllM0

千早「くっ……!」

千早「……?」

千早「何か不愉快な発言が聞こえた気がしたわ……」





93: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 23:28:44.09 ID:CidQnJZy0

P「……そうだな。美希も最初の頃と比べ、随分と大人になったな」

美希「うん! このまま大人になって、ハニーのお嫁さんになるの!」

P「……おい」

美希「あはっ☆ 期待して待っててね? ハニー!」だっしゅ

春閣下「……行ったわね」

P「……ああ。事務所に戻ろう」





94: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 23:32:53.76 ID:YzMj3g7M0

ーーP車。

P「付き合わせて悪かったな」

春閣下「私の意思よ。プロデューサーが謝るような事じゃないわ」

P「……そうか」

春閣下「そうよ」

P「……なあ」

春閣下「何?」

P「弁当ありがとうな」

春閣下「なっ……!?」





95: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 23:38:03.64 ID:s8EeeHrJ0

春閣下「……こほん」

春閣下「気づいていたの?」

P「まあな。そこまで鈍くないさ」

春閣下「どの口が言うのかしら?」

P「手厳しいな……」

春閣下「うふふっ……」

P「弁当……美味かったぞ」

春閣下「なっ……」

P「……ははっ」

春閣下「……バカ」ボソッ





96: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/03(月) 23:48:03.69 ID:pylAEITq0

P「何か出来ることないか?」

春閣下「……?」

P「礼だよ。礼」

春閣下「いらないけれど……無下にするのもプロデューサーの為にはならないわね」

P「はははっ……わかっていてくれて助かるよ」

春閣下「……」

P「俺に出来る事なら何でも言ってくれ」

春閣下「……何でも、ね」

春閣下「そうね。なら、今日はあなたの家に泊めて貰いましょうか」

P「なっ……!」





97: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 00:15:47.83 ID:txBB72uX0

P「いや、流石にそれは……」

春閣下「……うふふ」

P「でも……何でもって言ったか……小鳥さんに迷惑をかけるのも……」

春閣下「……」くすくす

P「……いや……だが……いけるか……?」

春閣下「ふふふっ……冗談ーー」

P「よし、良いぞ」

春閣下「え」

P「?」





98: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 00:45:54.94 ID:r7y3cRVi0

P「そうと決まったら、色々と準備しないとな」

春閣下「ま、待ちなさい」

P「何せ人を呼ぶのは久しぶりだからな。あ、汚くしてる訳じゃないぞ!」

春閣下「ま、待って……」

P「小鳥さんにも言っておかないと……」

春閣下「待っ……」おろおろ

P「よし、事務所に到着っと」

春閣下(小鳥が反対するでしょう……)





99: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 00:51:41.65 ID:KC+6j/Wp0

ーー事務所。

小鳥「良いんじゃないですか?」

春閣下「なっ……」

P「急にすみません」

小鳥「良いんですよ。何となくこうなるだろうとは思ってましたから」

P「だってさ」

春閣下(今更、冗談だったなんて言えないじゃない……)





100: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 01:00:18.60 ID:Loxg6p0D0

春閣下「そうね……世話になるわ」

P「おう!」

春閣下「……もう」

小鳥(ピョピョピョ……! これを春香ちゃんに教えたら面白い事に……)

P「やめてくださいね?」

小鳥「!? い、嫌だなぁ……何の事ですか?」

春閣下「……本」

小鳥「はい! 余計な事はしません!」





103: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 12:14:50.92 ID:smR2kZyL0

P「本?」

小鳥「何でも無いですよ?」

P「そうですか……(ろくなことじゃないんだろうなぁ)」

小鳥「あ、そう言えば」

P「俺の居ない間に何か?」

小鳥「真ちゃんと雪歩ちゃんが来ましたよ。入れ違いになりましたけど……」

P「え! 本当ですか? 久しぶりに会いたかったなぁ……」

小鳥「まだ近くに居ると思いますよ?」

P「本当ですか? 何処に……」

真「ここですよ!」ドアバタン

P「」





104: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 12:16:12.50 ID:smR2kZyL0

P「はっはは……こいつめ」ぐりぐり

真「ちょっ……ぐりぐりしないで下さい! いたっ!」

雪歩「だから止めようって言ったのに……」

P「ていうか、聞いてたのか?」

真「何がです?」

雪歩「?」

P「聞いてないなら良い」ぐりぐり

真「だから痛いです、て!」

雪歩「うふふ……良いなぁ。真ちゃん楽しそう」

春閣下「そう……なの?」





105: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 16:20:20.96 ID:0kkq4cnu0

真「もう、髪がぐしゃぐしゃじゃないですか! せっかく久しぶりに会えたのに……」

P「ぐりぐりするのに最適なんだよなぁ……」

真「意味がわかりませんよ!」

小鳥「キャー真王子ー」

真「はい!」キラッ

真「……って、何させるんですか!」

雪歩「お久しぶりですぅ」

P「雪歩。久しぶりだな! 男の人を埋める癖は治ったか?」

雪歩「そ、そんな癖ありませんよぅ!」

春閣下「……」

真「……」

小鳥「……」

雪歩「距離を取らないで下さい!?」





106: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 23:13:21.06 ID:wTMwCXfq0

P「冗談はさて置き……本当に久しぶりだな。二人とも」

真「プロデューサーが相変わらずで安心しました」

雪歩「でも……無理は駄目ですよ? あ、そうだ。久しぶりにお茶をお淹れしますね」

P「よく考えたら、アイドルにお茶を淹れさせてる事務所って……」

雪歩「す、好きでやってるから良いんですぅ!」

真「プロデューサー。あんまり雪歩を虐めたら駄目ですよ?」

P「俺なりの愛なんだけどなぁ……」

雪歩「あ、愛ですかぁ!?」ガタン

小鳥(可愛いなぁ……)





107: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/04(火) 23:18:32.68 ID:dF+dmVZz0

雪歩「せ、セーブの方ですか?」

P「何だよ。セーブって……そのままだよ」

雪歩「プロデューサーが……愛……私に……うぅ……」ぶつぶつ

真「ゆ、雪歩!?」

P「俺……何か変な事言いました?」

小鳥「さあ?(この人の事だから家族愛と同じなんだろうなぁ……)」

春閣下「……」





108: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/05(水) 00:53:26.85 ID:epVVepOa0

P「調子はどうなんだ?」

真「そりゃあもう、絶好調ですよ!」

雪歩「真ちゃんは凄いね……私なんか、まだまだ駄目ですぅ……」

真「雪歩だって、この前監督に褒められたって言ってたじゃないか」

雪歩「そ、それは……たまたまだよぅ……」

P「まあ、良い傾向じゃないか。二人とも、無理はしないようにな?」

真「プロデューサーがそれを言います?」

P「な、何だよ……」

雪歩「一番無理するのはプロデューサーです!」

P「そうか、な?」

真「春香もそう思うよね?」





109: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/05(水) 01:01:11.58 ID:Trr8cEoJ0

春閣下「……」

雪歩「春香ちゃん?」

真「春香ってば!」

春閣下「え? 私……?」

真「春香以外に誰が居るんだよ……」

春閣下「あ、あはは……ごめんね。少しぼーっとしてたみたい」

真「プロデューサーが一番無理しそう、って話」

春閣下「あ、うん。そうだね…プロデューサーさん! 駄目ですよ。ちゃんと身体に気をつけなきゃ!」

P「春香まで……」

小鳥「そうだ。プロデューサーさんたら、最近。菓子パンばっかりなのよ?」

P「ちょっ……」





110: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/05(水) 01:07:57.37 ID:m5Vc8Kkj0

雪歩「やっぱりそうですぅ!」

真「千早に食事はちゃんとしろ、って言ってませんでした?」

P「お、俺は良いの!」

真「良く……」

雪歩「良くありません!!」

P「お、おう……」ビクッ

雪歩「プロデューサーが倒れたらみんなが心配するんですよ!」

P「……すまん。心配してくてるのに誤魔化すようなことして」

雪歩「あっ……わかって貰えたら良いんです……私も生意気な事、言って……」





111: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/05(水) 01:15:27.05 ID:j4r3W/oU0

P「いや。雪歩の言うとおりだから良いんだよ……それより」

雪歩「はい?」

P「か、顔が近い……」

雪歩「……」マッカッカ

小鳥「あら、可愛い……でも、これって……」

雪歩「埋まってますううぅぅぅぅぅ……!」床掘り

小鳥「やっぱり!?」

真「うわあ! 雪歩、落ち着いて!」

P「何の。負けるか!」床掘り

真「何で張り合うんですか!?」





113: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/05(水) 12:17:47.16 ID:1OiJkwgJ0

小鳥「事務所に穴が空くなんて久しぶりね……」

雪歩「うぅ……すみません……」

P「気にするなって」

雪歩「……プロデューサー」

P「雪歩が事務所に帰って来てくれた。それで十分だ」

小鳥「うふふ……そうですね」

雪歩「プロデューサー……小鳥さん……ただいま!」

P&小鳥「おかえり」

真「あれ? 何か可笑しくない?」





115: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/05(水) 23:34:44.36 ID:Af5JoBd90

真「長いこと話しちゃいましたね……」

雪歩「外が真っ暗ですぅ」

P「送ろうか?」

真「魅力的なお誘いですけど……ちょっと雪歩と寄る所が……」

雪歩「すみません……」

P「いや、謝る事は無いけど……程々にな?」

真「はい! プロデューサー。また!」

雪歩「プロデューサー。さよなら」

春閣下「……」

P「春香?」

春閣下「……え?」

P「雪歩と真が帰るんだってさ」





116: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/05(水) 23:35:47.08 ID:Af5JoBd90

春閣下「え? あっ……真、雪歩。またね!」

真「う、うん? バイバイ、春香」

雪歩「春香ちゃん。今度はゆっくり話そうね?」

春閣下「うん! 雪歩は気をつけてね?」

真「ボクは?」

春閣下「真は雪歩を守ってあげてね?」

真「ちょっ……ボクも女の子なんだけど!」

春閣下「あはは……冗談だよ。真も気をつけてね?」

真「うん! じゃあ」





117: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 00:18:09.52 ID:DVs/9ESh0

P「……また静かになりましたね」

小鳥「会えただけで十分じゃないですか」

P「……そうですね」

春閣下「……」

小鳥「閣下ちゃん?」

春閣下「……何?」

小鳥「元気が無いようだけど……」

P「殆ど黙ってたな……どうかしたか?」

春閣下「何でもないわ。何でも……」

P「……」ぽんぽん

春閣下「何……その手は?」

P「何となく」

春閣下「くすっ……バカ」





118: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 00:38:03.65 ID:NK1G7UF40

小鳥「もう良い時間ですね……」

P「音無さんの方は後、どれくらいですか?」

小鳥「ん~もう少しなんですけど……」

P「俺もです……よし、一気に終わらせちゃいましょう!」

社長「では、私がやっておこう。キミ達は帰ってくれても構わんよ」

小鳥「きゃあーー!」

P「で、出たーー!?」

春閣下「!?」びくっ

社長「な、何だね?」

小鳥「しゃ、社長!? 居たんですか?」

P「居たんなら居たって言って下さいよ」

社長「」ヒドイ





119: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 00:57:23.85 ID:QdRNbHj80

社長「言いたい事はあるが、先ほど言った通りだ。後は私に任せて帰りたまえ!」

P「え、本当ですか?」

小鳥「良いんですか?」

社長「二言は無いよ、任せたまえ!」

P「よっ! 日本一!」

小鳥「世界一!」

P「ついて来て正解でした!」

小鳥「これからも、ついて行きます!」

社長「ハッハハハ……やめてくれ、照れるじゃないか!」





120: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 01:07:27.59 ID:R3jBp4Nr0

P「それじゃあ……遠慮なく」ドサッ

小鳥「お願いします!」ドサッ

社長「え……」

山積みの仕事「ふーん、アンタが社長? まあ、悪くは(ry」

社長「」

春閣下(哀れだわ……)ほろり





121:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/06(木) 06:12:25.44 ID:tYtb9p1J0

これは社長は泣いて
よい





122:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/06(木) 13:00:27.36 ID:mEv1CMBn0

これをもう少しという有能な社員たち





123: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 17:18:32.88 ID:3o9VBDEq0

小鳥「少し多くないですか?」

P「そうですね。やっぱり、やって行きましょうか」

社長「ま、任せたまえ!」

小鳥「ですけど……」

社長「大丈夫だ、問題ない!」

P「それは駄目な時の台詞じゃあ……」

社長「良いから、今日は帰りたまえ! 社長命令だ!」

P「……それじゃあ、お言葉に甘えて」

小鳥「そうですね……」

社長「では、また明日も頼むよ!」

「「「お疲れ様です」」」

社長「ああ、お疲れ様」

ガチャ、バタン

社長「……今夜中に終わると良いが」





124: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 19:04:55.76 ID:CjLPz5sa0

小鳥「思ったより早く終わっちゃいましたね」

P「そうですね。社長には感謝しないと……」

春閣下(変わり者だけど優秀なのよね……この二人)

小鳥「せっかく早く終わったんですから……どうです?」くいっ

P「今日は春閣下も居ますし……」

春閣下「私は構わないわ」

小鳥「決まりましたね!」ピョッ

P「まあ、春閣下が良いなら……飲み過ぎないで下さいね?」

小鳥「はーい」ピョッ





127: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 23:30:54.90 ID:3Q8urNGP0

ーー行きつけの酒屋。

小鳥「別に! 結婚するだけが人生じゃないと思うんですよ! 私やぁ!」

P(ですよねー)

春閣下「……」他人のフリ

小鳥「あ、小鳥まだ結婚してないんだ? え~モテそうなのに! 意外! あっはははは……うわあぁーん!」

春閣下(マジ泣き!?)

P「飲み過ぎですよ」

小鳥「うわあぁーん!」





128: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/06(木) 23:34:14.04 ID:/VRnh5ky0

店主「お客さん、お客さん」

小鳥「なんれすかぁ……」

店主「ご縁をどうぞ」

小鳥「ほ、本当!?」

店主「……」チャリン

小鳥「……五円?」

店主「ご縁……五円……ふふっ!」

小鳥「うわあぁぁーーん!!」





131: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 00:00:19.81 ID:W3lSw9Ct0

P「ややこしくなった!?」

店主「げ、現金なだけに元気に……」

春閣下「あなたは黙ってて」

??「えぇい! やかましいぞ! 黙って飲む事も出来んのか!」

P「あ、あなたは……! 子安……」

黒井「ウィ、黒井だ。相変わらず鬱陶しいな、三流プロダクション765プロの諸君!」

P「ほら、小鳥さん。子安社長ですよ?、こんな所で珍しいですよ。可笑しいですよ」

黒井「聞かんか! いちいち私を苛つかせおって……!」





132: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 00:10:58.48 ID:iw7FBV1A0

P「嫌味を聞いている暇ないんですが……」

黒井「貴様等が騒がしいからだろうが!」

小鳥「……黒井いぃぃ!」

黒井「ウィ!?」

小鳥「結婚がそんなに偉いんですか! そうなんですか!?」

黒井「う、ウィ……いや、私もしていな……酒が入ると相変わらず絡むな……君は」

P「普段が普段なだけに溜め込んでいるんでしょう。子安社長はそういう事あるんですか?」

黒井「黒井だ。フンッ……三流プロダクションのへっぽこプロデューサーになにがわかる」

春閣下「……」むっ





133: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 00:21:35.47 ID:iw7FBV1A0

黒井「おやおや、無個性アイドルも一緒とは。何だ、何か言いたいことでもあるのか?」

春閣下「……」ゴッゴッゴ……!

黒井「な、何だ……このプレッシャーは……!?」

P「前から思ってましたけど、子……黒井社長って中二病ぽいですよね」

黒井「な、何だと!?」

小鳥「中二病でしゅよ! 中二病!」

黒井「ええい! やかましい!」





134: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 00:35:51.78 ID:C06qtacz0

黒井「やってられるか! 私は帰るぞ! 代はここに置いておく……釣りはいらん」

店主「まいど。外はまっ黒井ので、お気をつけて……ふふっ」

黒井「う、ウィ。また静かな時にでも来る」

小鳥「こらぁーー! 逃げるか、黒井いぃぃ!」

P「俺が抑えておきますんで」

黒井「ふん……アデュー」





135: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 00:37:59.48 ID:C06qtacz0

P「ほら、俺たちも帰りますよ」

小鳥「やだぁーー! まだ飲むーー!」

春閣下「……何時もこうなの?」

店主「割と」

P「えっと……幾らですか?」

店主「黒井さんがお支払いになりましたよ?」

P「……え?」

店主「あの人楽しそうでしたから」

春閣下「……よくわからない」

P「……俺も」

店主「外はまっ黒井ので……」

P「それはもう良いです」





137: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 20:17:00.69 ID:qKd5FmDO0

小鳥「うぅ……すみません、プロデューサーさん」

P「大丈夫ですか?」

小鳥「な、なんとか……自力で帰れるくらいには……」

P「近くまで送って行きますよ。車なんで」

小鳥「す、すみません……うぅ」

P「因みに俺は飲んでないからな、みんなも気をつけろよ!」

春閣下(誰に言っているのかしら……)





138: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 20:36:19.78 ID:eHZOhm3N0

ーーP車。小鳥を送り届けた後。

春閣下「……今日は色々な事があって、疲れたわ……」

P「まあ、社会勉強とでも思って……」

春閣下「社会勉強……ね」

P「そう言えば、着替えとかどうするんだ?」

春閣下「春香から借りた物があるわ」

P「なら良いか……」

春閣下「プロデューサーの家……どんな所……?」

P「割と良いマンションだ」

春閣下「へぇ……」

P「他は高いのに、その部屋だけ安かったんだ……ラッキーだよ」

春閣下「……え?」





143: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 23:44:03.87 ID:1PoQD+UQ0

P「どうした?」

春閣下「……大丈夫なの? そこ」

P「大丈夫って?」

春閣下「何か……その……出たり……とか」

P「何だ、そういう事か……大丈夫だよ」

春閣下「そうね……馬鹿な事を聞いたわ……」

P「知り合いの女の子に見てもらったら、悪い子じゃないてさ」

春閣下「」





144: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/07(金) 23:48:41.46 ID:1PoQD+UQ0

春閣下「わ、私、やっぱり……小鳥の所で……」

P「そんなに怖がるなって。ポータルガイストが起きるか、気配を感じるくらいだよ」

春閣下「お、降りる!」

P「おいおい、今から小鳥さんの世話になる訳にもいかないだろ?」

春閣下(私を怖がらせようとしてるのかしら……居るわけないもの)

P「ん?」

春閣下「わかったわ。ここまで来たら、ジタバタするなんて無様だもの」

春閣下(私が存在しない物を怖がるっと思ったら、大間違いよ)フフンッ





145: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 00:03:12.82 ID:VvuwjvZF0

ーーPのマンション

ガチャ

P「ただいまー」

春閣下「癖なの?」

P「返って来ないのわかってても言っちゃうんだよな」

春閣下「……そう」

P「でも、たまに返してくれるんだよ」

春閣下「……へぇ(まだ諦めていないのね)」

P「ま、入ってくれ」





147: ◆W3QMxObWAg:2014/03/08(土) 00:19:20.57 ID:5mgfCme40

春閣下(何を仕掛けて来るのやら……)

春閣下「お邪魔するわ」

P「邪魔するんやったら帰って」

春閣下「はいよ」くるり

P「え」

春閣下「……あ」マッカッカ





148: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 00:21:51.48 ID:5mgfCme40

P「まさか乗るとは……痛い! 蹴らないで!」

春閣下「……!」ゲシゲシ

P「同じ所ばっかり!?」

春閣下「はぁ……はぁ……次やったらタダじゃおかないわよ」

P「イエス、ヨア、ハルカッカ」

春閣下「全く……意外といい部屋ね。私物が少ないけど」

P「寝るか食べるだけだしな……」

春閣下「……ふぅん」





149: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 00:33:18.87 ID:qlcn1xwI0

P「お湯張ったら、風呂入るか?」

春閣下「そうね……そうするわ」

P「ちょっと風呂掃除して来るけど、大人しくしててくれよ?」

春閣下「わかっているわ。子供じゃないもの」

P「頼むぞ」

春閣下「ごゆっくり」きらーん





150: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 00:40:43.73 ID:v9emmz5j0

春閣下「さてと、プロデューサーの弱味になるものは……っと」

春閣下「ありきたりだけど、ベッドの下とかは……」

春閣下「何かあるわね。箱みたいだけど……」

「駄目だよ」

春閣下「わかってるわ。ここまでしているという事は、誰にも見られたくないということーーそこまで無粋じゃ……」

春閣下「……」だれー?

春閣下「……」いない

春閣下「……あれ?」





152: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 22:02:20.76 ID:v4mGBT2f0

春閣下「気のせい、気のせい……あら? あの娘達のCD……ドラマや番組のDVDかしら?」

春閣下「……あの娘達の、ね」

P「スポンジの泡ってしつこいよなぁ……どうした?」

春閣下「何でもないわ」

P「なら良いけど……お湯が入ったら、入っちゃってくれ」

春閣下「……ありがとう」

P「何してたんだ?」

春閣下「あなたの弱味を探してたわ」

P「……!! な、な、な、何言ってんだ!? んなの、ありませんことよ?」

春閣下(わかりやすい……)





153: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 22:12:53.64 ID:Zl4lgJNP0

春閣下「ねぇ……」

P「お、おう……?」ドキドキ

春閣下「どうして、あなたや小鳥は私に優しくしてくれるの?」

P「? まあ……当たり前だからじゃないか?」

春閣下(私は春香じゃないのに……?)

P「……?」

春閣下「何でもない……先に入らせて貰うわ」

春閣下「……覗いたらタダじゃおかないわ」フフッ

P「あ、それは大丈夫です」マジで

春閣下(それはそれでムカつくわね……)





154: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 22:15:45.30 ID:Fr2AvxNa0

ーー風呂場。

春閣下「意外と綺麗にしてるのね……何でお風呂にゲーム機が……」

春閣下「……何だ。これシャンプーなのね」

春閣下「765プロでプロデューサーの家に入ったのは私ぐらいじゃないかしら……ふふっ」

チャプン。

春閣下(いいえ……私は765プロの一員じゃなかったわね……私はあの娘達からしたら部外者でしかない)

春閣下(私は天海春香の空蝉、影、偽物……居場所なんてない)





155: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/08(土) 22:46:12.55 ID:d2F6bm1i0

春閣下「やめましょう……らしくない」

春閣下「……それより本当に覗きに来ないつもりかしら?」

春閣下「……」うーん?

春閣下「もしかして……ホm」はっ

春閣下「だったら、美希やあずさにデレデレしない、か」

春閣下「……やっぱり……ここ……?」

春閣下「……」イラッ

春閣下「寝ている時に踏んでやる」うん





157: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 00:01:37.97 ID:xqXjnOa80

春閣下「他人の家で長風呂するのもアレよね……上がりましょう」

春閣下「……タオルは何処かしら」

春閣下「プロデューサーを呼ぶわけにも……いいえ、この際仕方ないわね」

春閣下「プr……」

「はい」

春閣下「あら、ありがとう。気が利くわ……ね」

春閣下「……」いないよー?

シーン

春閣下「……」ふきふき

春閣下「……」きがえきがえ





158: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 00:11:34.17 ID:HeIe0/i40

P「お、意外と早かったな……どれ、俺も……」

春閣下「……」ぎゅっ

P「良い香りだ(何のつもりだ)」

春閣下「……」ぎゅう

P「風呂入りたいんだけど……」

春閣下「我慢しなさい」ぷるぷる

P「ええ~」





159: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 00:15:59.41 ID:NdfdY2Al0

春閣下「あなたは朝にお風呂入るようにしてるんでしょ?」

P「いや、違うけど」

春閣下「……だめ?」うるっ

P「イエス、ヨア、ハルカッカ!」

春閣下(私が言うのも何だけど、大丈夫かしら、この人)

P「んじゃあ、寝るか。俺はソファーに……お前はベット使ってくれ」

春閣下「え……」





160: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 10:09:57.36 ID:wxshiZ8F0

P「結局、一緒に寝ることになりました……」

春閣下「すー……すー……」

P「あんは目を何処で覚えたのか……卑怯過ぎるだろ」

P「……本当に何を怖がってたんだ?」

「ねー」

P「こいつにも色々とあるんだろ……よし、寝よう」

P「あんまり自分を追い込むなよ……」

春閣下「……」





161:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/09(日) 10:32:10.97 ID:zpf7roEQo

このP大丈夫かよwwww





166:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/09(日) 22:44:29.28 ID:RJqVnzWto

Pはナチュラルに『何か』と生活してるんだな……





163: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 22:22:43.04 ID:kKowzAc90

目覚まし「朝ですよ! こんなに可愛い目覚まし時計に……」ポチッ

P「……いい匂いがする」

P「……そう言えば、春閣下が泊まったんだったな」

春閣下「あら、もう起きたのね」

P「……」

春閣下「……寝ぼけてる?」

P「かなり」

春閣下「……早く顔を洗って来なさい。朝食を冷ましたりしてら、タダじゃおかないわよ」

P「……あい」





164: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 22:24:57.10 ID:kKowzAc90

ジャーパシャパシャ

P「……タオル、タオル」

「はい」

P「何時もすまないなぁ……っと、これで完璧だな」

春閣下「食材ぐらい補給しときなさい。ロクな物が作れないわ」

P「時間がなぁ……っと、早く食べないと」

春閣下「まだ時間はあるんじゃない?」

P「早目に事務所へ行って、なるべく早く仕事を始めるんだよ」





167: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 22:52:14.02 ID:Ab1LZRJy0

春閣下「……無理するなって言われたばかりでしょう」

P「そうなんだけどな……っと、お前は今日、どうするんだ?」

春閣下「今日は春香、事務所に来るのでしょう? 私が行くわけにもいかないじゃない」

P「だよな。まあ、好きにしてくれてて、良いから」

春閣下「ええ。そうするわ……」

P「ん、味噌汁って、やっぱ人によって味違うよな」

春閣下「そうでしょうね」





169: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 23:02:13.57 ID:wxshiZ8F0

P「好きだよ」

春閣下「え……」どきっ

P「この味噌汁」

春閣下「……!」ゲシッゲシッ

P「今のは俺が悪かった! でも蹴らないで、地味に痛い!」

春閣下「朝食終わったら、弁当持ってさっさと行きなさい」

P「お、おう……」

春閣下「な、何よ……」

P「いや、嫁さん貰ったらこんな感じなのかなーって」

春閣下「……」ゴゴゴゴ……!

P「行ってきます!」シュタ!

ガチャ……バタン

春閣下「ふふっ……バカ」





170: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 23:19:58.80 ID:K/R7C65k0

ーー765プロ事務所。

やよい「人の迷惑になる暴走はだめかなーって」殺劇舞荒拳

千早「容赦の欠片もない高槻さん可愛い!」

雪歩「あのね、真ちゃん。私は怒っているわけじゃないの。真ちゃんには真ちゃんの似合う格好と言うものがーー」

真「……」しゅん

伊織「ちょっと! 私のプリン食べたの誰よ! 」

真美「亜美じゃない?」

亜美「真美が食べてるのみたよー!」

伊織「……二人で食べたのね」

真美&亜美「「ちょwwww」」





171: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 23:21:14.02 ID:K/R7C65k0

美希「あずさの膝枕なの……zzz」

あずさ「あらあら、甘えん坊さんね」

小鳥「頭が痛い……」

律子「ちゃんと自分の限界を考えて飲まないからーー」くどくどわふー

春香「あ、プロデューサーさん!」

P「……なんじゃこりゃあ?」

春香「ジーパン?」

P「違う」





172: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/09(日) 23:45:37.10 ID:Ltn/YuT10

社長「やあ! おはよう!」

P「おはようございます。あの……これは一体……?」

社長「なに、ちょっとしたサプライズだよ! 最近、どうもキミや小鳥君が寂しそうだったからね!」

P「じゃあ、昨日のは……」

社長「うむ! なんやかんやと手回しをしてたのだよ!」

P「凄いです!」

社長「そうだろう、そうだろう!」

P「社長は本当に社長だったんですね!」

社長「ん?」

P「感激しました!」

社長「そうかい? ハッハハハ……」





174: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 00:00:51.60 ID:ICRyzjwO0

美希「この感覚は……」ぴきーん

美希「ハニー!」

P「よう、昨日ぶり……羨ましい所からの挨拶だな」

あずさ「あ、あらあら……プロデューサーさんが良ければーー」

美希「む、美希の膝にするの!」

P「しないよ」

美希「むー、いけずって思うな!」

あずさ「プロデューサーさんはいけずですねぇ……うふふ」

P「えー」





175: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 00:05:38.80 ID:26/SUN6Z0

千早「くっ……プロデューサーに高槻さん、春香……私はどうすれば……! いっそのこと、四人で幸せに……」ぶつぶつ

P「……関わらないでおこう」

やよい「うう……千早さんが止まってくれません……」

P「だったら、近いうちに新しい技を伝授しようか」

やよい「本当ですか!? うっうー!」

P「やよいは可愛いなぁ」

真美「兄ちゃんだー!」

亜美「わーい! 兄ちゃん、兄ちゃん」

P「何だ、やけに懐くじゃないか」





178: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 00:13:46.38 ID:h+00h4uc0

真美&亜美「「いおりんから守ってー!」」

P「ほらよ、伊織」ぽーい

伊織「にひひっ……気が利くじゃない……」

真美「うわうわ?あっさり裏切られたよー!」

亜美「鬼、悪魔、とある事務員!」

伊織「にひひっ……どうしてやろうかしら……」

真美&亜美「「亜美(真美)は良いから真美(亜美)は見逃して!」」

伊織「なら二人仲良く、お仕置きを受けさせてあげるわ」

真美&亜美「「ちょっwwww」」





180: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 00:18:31.58 ID:Q75TKvSr0

律子「プロデューサー。おはようございます」

P「おう、おはよう……って、小鳥さん……」

小鳥「痛い、痛いよぅ……」しくしく

律子「プロデューサーがちゃんと小鳥さんを見ててくれないと……」

P「……じゃあ、律子がやってみる?」

律子「すみませんでした」

小鳥「うぅ……酷い……」しくしく





181: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 00:28:46.07 ID:HLJY4yte0

こっそり付いて行って、こっそりとあの人を驚かしてやろう。周りにバレなければ問題ないだろう。

電車を使い、歩きで事務所まで。

あの人はどんな顔をするのかしら?

事務所まで辿り着く……何か騒がしい。
千早、やよい、美希、真美、亜美、伊織、真、雪歩、あずさ、律子、小鳥、社長、春香……そしてあの人。

楽しそうだった。変わりない。

私が……居なくても、事務所のみんなは。

楽しそうだった。





182: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 00:39:57.54 ID:dzxdkrUL0

それはそうよね……私は天海春香の偽物だもの。

春香のフリをしてたら……私も一員なんだ、って勘違いしていた。

馬鹿みたい……私は私……春香じゃない……でも、みんなと過ごした記憶は私の中にもある 。

でも、みんなの記憶には私は居ないーー私は偽物だから。





186: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 22:31:44.48 ID:Q75TKvSr0

ーー公園。

春閣下「帰りましょう……こんな所に居ても仕方ないわ」

春閣下「……何処に帰れば良いのかな……?」

??「閣下ちゃん……」

春閣下「……あなた」

春香「隣、座っても良い?」

春閣下「……ええ」





187: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 22:33:41.19 ID:Q75TKvSr0

春閣下「どうしてここが?」

春香「私も何かあったらここに来るから……って、これが聞きたい訳じゃないよね?」

春香「何となく、ううん……夢で見てたから、閣下ちゃんの」

春閣下「……そう」

春香「消えるつもり?」

春閣下「……あなたならわかるでしょう? 私が何なのかぐらい」

春香「……あるよ。皆なら、きっと閣下ちゃんを受け入れてくれる」

春閣下「でしょうね……でも、それだけは駄目」





188: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 22:36:31.98 ID:0GAssTUj0

春香「どうして?」

春閣下「私があなたの偽物だから……そんなの偽の居場所にしかならない」

春香「……何でそういう風に考えちゃうの?」

春閣下「……」

春香「本物とか偽物とか、どうでも……」

春閣下「どうでも……?」

春香「あ、違う……!」

春閣下「どうでも良いなら! どうでも良いなら、天海春香を私に渡してよ!」

春香「閣下ちゃん……」





189: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 22:39:16.64 ID:qESyfUu30

春閣下「私の中には、春閣下として皆と過ごした記憶がある……でも皆にはない!」

春閣下「その記憶も偽物! 偽物だらけの私にどうしろって言うの!」

春香「閣下ちゃん……この公園が何なのかわかる?」

春閣下「何よ……急に」

春香「良いから」

春閣下「ここは……あなたが」

春香「うん」

「「あの人と出会った場所」」





190: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 22:40:27.25 ID:qESyfUu30

春香「私ね、あの日があったから今の私があるんだと思う」

春閣下「……」

春香「でも、あの出会いは私の。閣下ちゃんの出会いじゃない」

春閣下「……ッ! 何が言いた……」

P「……よう」

春閣下「……何で」

春香「だから、今日を閣下ちゃんのその日にしよう?」





191: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/10(月) 23:41:19.22 ID:AyDY/xPo0

P「……お前はどうしたい?」

春閣下「わ、私は……」

P「皆と一緒に居たいか、居たくないか……決めてくれ」

春閣下「決めて……どうすると言うの……」

P「お前が悩みに悩んで、苦しんでいるのは知っているーーそれでも、俺達と一緒を選ぶなら」

P「俺がお前を守るよ。頼りないかも知れないけどな?」

春閣下「わ、私はーー」





193: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/11(火) 22:08:27.57 ID:JO+AIL+C0

ーー765プロ事務所。

小鳥「……っと言うことなの」

真「成る程ね……昨日の違和感はそれだったのか」

美希「昨日話してた春香が違う春香で……あれ? じゃあ、今日話してた春香は……もーう! わけわかんないの!」

あずさ「あらあら、びっくりねぇ?春香ちゃんが二人居たなんて……双子さん?」

律子「聞いてました?」じろ

あずさ「冗談よ?」

雪歩「……あずささんの冗談は分かりにくいですぅ」

あずさ「あら? そうかしらぁ……?」





194: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/11(火) 22:10:26.35 ID:JO+AIL+C0

亜美「ってかさぁ?」

真美「なんで黙ってたの?」

全員(納得している顔)

真美「うわうわ?! 何か良くわからないけど、ちつれいなことぽいよ!?」

亜美「許せませんな。兄ちゃんには亜美と真美の膝椅子の刑にしなくては!」

千早「私は知ってたわ」どやぁ

真美亜美「「納得いかない!」」

やよい「私も知ってました!」

伊織「そう。やよいは賢いわね」なでなで

やよい「えへへ……」てれてれ





196: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/11(火) 22:42:06.15 ID:j0CSAJlM0

伊織「それで? 春香とプロデューサーはそのもう一人の春香を迎えに行っている訳ね?」

小鳥「うん、もうそろそろだと思うけど……」

社長「なに、彼と天海君に任せておけば問題ないだろう」

律子「……ですね」

美希「仲間が増えてライバルがまた増えたの……春香はともかく、もう一人の春香は警戒しないと、なの」

小鳥(いい感じの関係図が……ピョヘヘ)





197: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/11(火) 22:52:50.33 ID:j0CSAJlM0

「「ただいま帰りました」」

社長「やあ、少し遅かったね?」

P「はい。ご迷惑かけてすみませんでした」

社長「いや、責めている訳ではないよーーそれと彼女が」

P「はい。ほら」

春香「閣下ちゃん。プロデューサーさんの後ろに隠れてないで頑張って!」

春閣下「わ、分かっているわよ!」

千早(もう一人の春香も可愛いわ……この娘も加えるべきかしら?)

春香(千早ちゃんが真剣そうな顔を……閣下ちゃんの事を考えてくれているんだね)





198:以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします:2014/03/12(水) 00:37:44.71 ID:5QTf9Gzoo

ちーちゃんぶれねえな





200: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/12(水) 12:50:16.72 ID:Ha0PX4LS0

春閣下「私が……もう一人の春香よ」

春閣下「いきなりの事で皆も混乱していると思う……でも……私を受け入れて欲しいの」

P「俺からも頼むよ」

春香「みんな、お願い!」

美希「意味がわからないの」

春香「美希…….」

美希「あ、誤解しないでね? ミキは何でそんなお願いするかがわからないって言ったの」

美希「びっくりしたけど、そっちの方の春香ともお友達になりたいと思っていたんだよ?」

P「……美希」

美希「だからそんなお願い意味ないて思うな! あはっ☆」





202: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/12(水) 21:58:24.90 ID:VBQNR3Gj0

伊織「……私達も美希と同じよ」

伊織(言いたい事、全部美希に言われたわね)

真「へへっ賑やかになりますね!」

律子「十分、賑やかなんだけど……
ま、悪い事じゃないわね」

雪歩「あ、それなら新しい湯呑み買わないと……」

小鳥「掛け算のパターンが増えて暫くは困らないわ!(良かったわね。閣下ちゃん)」

やよい「算数ですか?」

小鳥「な、何でもないのよ?」





203: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/12(水) 21:59:52.88 ID:VBQNR3Gj0

真美「ターゲットが増えましたなー亜美さんや」

亜美「腕が鳴りますなー真美さんや」

千早「亜美、真美? 余り困らせたらダメよ?」

あずさ「ところでプロデューサーさん?」

P「はい?」

あずさ「閣下ちゃんはアイドルの活動は……」





204: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/12(水) 22:13:16.11 ID:MtJmKPbr0

春閣下「……アイドル活動をするつもりはないわ」

P「彼女には簡単な事務を手伝ってもらいます」

社長「残念だが……自分で決めた事なら仕方ないね」

律子「……本当にいいの?」

春閣下「律子。あなたにならわかる筈よ……そんな事出来っこない」

律子「……そうね」

春閣下「それに、アイドルじゃないからこそ手に入る物もあるわ……」ちらっ

律子「……成る程」くすっ





205: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/12(水) 22:37:41.65 ID:RUx29S//0

P「違う。構えはこうだ!」

やよい「こう、ですか?」あちょー

P「え、何?」

春閣下「何でもないわ。ふふっ……」

美希「む、何かハニーが取られちゃうような予感がするの!」

春香「あはは……まさかぁ……だよね?」

春閣下「さて、どうかしら?」

春香「閣下ちゃん!?」





215: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/13(木) 23:22:38.95 ID:Zj/FlZyA0

美希「こうしちゃいられないの! ハニー!」

春香「プロデューサーさん!」

律子「はいはい。アンタ達は仕事があるでしょ!」

春香「うぅ……そうでした……」

美希「律子……さん。今はそれどころじゃないの! ハニーが、ハニーが!」

律子「そのプロデューサーが一生懸命取って来た仕事よ?」





216: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/13(木) 23:38:46.09 ID:3yqwNYmC0

美希「む、その言い方は卑怯なの」

伊織「卑怯も何も事実じゃない……」

美希「デコちゃんは黙ってるの!」

伊織「デコちゃん言うな!」

美希「ハニー! ミキが居ない間に浮気したら、やっだからね!」

P「浮気って……美希は俺の何なんだよ」

美希「 ここは美希以外には眼中に無いよ……って言うところなの!」





217: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/13(木) 23:48:04.15 ID:lSVDYpQi0

P「お前なぁ……」

美希「そっちの春香も! ハニーに手を出したらや!」

春閣下「……ふふっ」

律子「はいはい。春香」

春香「美希、いい子だから行こうね?」

美希「HA☆NA☆SE! あぁん! ハニー!」





218: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/14(金) 00:07:56.79 ID:ZbndVoel0

真「春香に引きずられて行っちゃいましたね……」

雪歩「大丈夫でしょうか……」

伊織「事務所から出たら観念するんじゃない?」

律子「そうね。そこら辺の分別が出来るようになった分、美希も成長しましたね」

P「……そうだな」

伊織「前は扱い辛かったものね……」





219: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/14(金) 00:12:41.51 ID:zO2rgnKM0

P&律子「……」

伊織「……何よ。何か言いたいわけ?」

P&律子「「別に?」」

千早「プロデューサー。私もそろそろ……」

P「お、自動OFFになってたか」

千早「? 変なプロデューサー」くすっ





220: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/14(金) 00:41:42.81 ID:cptxUieB0

千早「久しぶりに皆と話せて楽しかったです」

P「そうか。良かったな」

千早「はい……それでは、また」

真美「うわうわー! 真美も途中まで一緒に行くって言ったじゃん!」

千早「そんなに慌てなくても置いて行ったりしないわ」

真美「だったら手を繋いで行こうよー」

千早「ふふっ……仕方ないわね。わかったわ」

真美「やったー!」





221: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/14(金) 00:48:24.35 ID:cptxUieB0

真「っと、ボクもそろそろ……」

雪歩「あ、近くまで一緒に行って良い?」

真「もちろん! やよいは雪歩とだったよね?」

やよい「はい! 私もご一緒します!」

P「おう、頑張ってこい」

律子「私達もそろそろ行くわよ」

あずさ「久しぶりに皆と話せて良かったわねぇ」

伊織「……否定はしないわ」





223: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/14(金) 18:50:48.27 ID:u9en1WMU0

亜美「ねぇねぇ、何って呼べば良いの? はるるんマークII?」

春閣下「それはやめて」

亜美「んじゃあ、かっかんと呼ぼう!」

春閣下「か、かっかん……?」

律子「亜美、行くわよ」

亜美「ラジャーラジャー!」

春閣下「……かっかん」ぼそっ





224: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/15(土) 01:22:10.41 ID:Kiet3VWh0

律子「それではプロデューサー。私達も行って来ます」

P「ああ。気を付けてな」

律子「はい。じゃあ、あなた達。行くわよ」

竜宮小町「はーい」

春閣下「……皆が行った途端に静かになったわね」

P「そりゃあな……っと、俺もそろそろ打ち合わせに行かないと」

春閣下「……遅くなるの?」





225: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/15(土) 01:23:27.40 ID:Kiet3VWh0

P「そんなに遅くはならないと思うけど……」

春閣下「そう、わかったわ……行ってらっしゃい」

P「……おう」

小鳥(今の夫婦のやり取りみたい、って言ったら怒られるかな……)

小鳥「気をつけて行って来て下さいね」

P「はい。事務所をよろしくお願いします」





226: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/15(土) 01:25:13.19 ID:Kiet3VWh0

小鳥「……二人だけになったわね」

春閣下「そうね。何か手伝うわ」

小鳥「それじゃあ、この書類を……」

小鳥携帯「メール受信するの……だる……電気、ちょうだい?」

小鳥「あら、プロデューサーさんからのメール……うふふ」

春閣下「?」

小鳥「あ、何でもないわ。この書類を整理して貰える?」

春閣下「え、ええ……」





227: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/15(土) 18:37:23.90 ID:cm0pWvxB0

小鳥「閣下ちゃん。この後、私と一緒に向かって欲しい所があるの」

春閣下「……私が行く意味あるの?」

小鳥「もちろん! 閣下ちゃんが居ないと話にたらないの!」

春閣下「そ、そう……わかったわ。でも、何があるの?」

小鳥「765プロ全体の問題と言っても過言じゃないわ」

春閣下「全体……良くわからないけれど、私に出来る事ならやるわ」

小鳥(ちょろい)





228: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/15(土) 18:52:13.91 ID:cm0pWvxB0

小鳥「さあさあ! 行くわよ♪」

春閣下「ちょっと……何処へ……」

小鳥「タクシー!」

運転手「わかるわ。何方まで?」

小鳥「○○までお願いします!」

運転手「○○……ええ、勿論。わかるわ」

春閣下「……危ない所じゃないでしょうね」

小鳥「行けば」きりっ

運転手「わかるわ」キリッ

春閣下「……」イラッ





229: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/15(土) 19:31:31.39 ID:oeFMG/d00

春閣下「……カラオケ?」

P「お、来たか……」

春閣下「何で……?」

P「お疲れ様です」

小鳥「いえいえ、皆はもう?」

P「はい。後は主役を待つだけです」

春閣下「話が見えないのだけど……」

P「行けばわかるって」

春閣下「ちょっと……手を引っ張らないで……!」

小鳥「急いで急いで♪」

春閣下「せ、背中を押さないで……!」





230: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/15(土) 22:36:11.45 ID:SbUaBUOU0

P「よし、この部屋だ。先に入れ」とんっ

春閣下「……なっ」

春香「閣下ちゃん!」

「765プロへようこそ!!」

春閣下「……」ぽかーん

春香「閣下ちゃんの歓迎会ですよ! 歓迎会!」





232: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/16(日) 10:39:32.76 ID:SV1B5Kpu0

伊織「全く、もう少しマシな所なかったの?」

社長「いや、もう少し良い場所があったんだが……」

美希「こっちの方が765プロらしいって思うな」

真「まあ……確かに」

雪歩「確かに、私達らしいですぅ」

やよい「私は楽しいですよー?」

律子「やよいは良い子ねぇ……」

P「ってな訳で、今日は無礼講だ」

春閣下「そ、そう……?」





233: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/16(日) 10:44:10.55 ID:SV1B5Kpu0

真美「かっかんも座って、座ってー」

春閣下「え、ええ……」

亜美「採点で一番低かった人は罰ゲームだかんね!」

千早「……え? わ、私……聞いてないのだけど……」

小鳥「だ、大丈夫かなぁ……自信ありません」

P「小鳥さんは歌が上手いじゃないですか」

小鳥「な……いつ聴いたんですか!?」

P「この前酔っ払っいながらの帰り道に」

小鳥「」





234: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/16(日) 18:40:03.15 ID:n6D3/Ya70

P「デュアル仕様!」

社長「Vega」

P「Ultair」

P&社長「Action-ZERO♪」

デッデデーン95点

P「ふっ……」

社長「まだまだ衰えていないね!」

小鳥「デュエットでこの点数……だと……?」





236: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/17(月) 02:09:10.98 ID:/3eb6LsA0

律子「一人じゃ辛いからーー」

真美「どんな未来が待ってるんだろうーー」

雪歩「君は聴こえる? 僕のこの声が闇に虚しくーー」

美希「いつも通りのある日の事ーー」

伊織「女の子は誰だってーー」

P「いや、皆歌上手いな……」

小鳥「律子さん以外はアイドルですし……」

社長「カラオケっと言う物は楽しいものだね。若返った気分だよ……次は海導っと」





237: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/17(月) 02:15:31.67 ID:jA1RDQ3d0

P「歌わないのか?」

春閣下「歌える歌……あの子と被っちゃうのよ」

やよい「だったら一緒に歌いましょう!」

春閣下「……」

やよい「ダメ、ですか……?」

春閣下「いいえ……一緒に歌いましょう」

やよい「うっうー!」パァ

春閣下「ふふっ……歌は何かしーー」

キラメキラリ

春閣下「」





238: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/17(月) 18:41:43.47 ID:I/HHabDe0

春閣下「歌い……きった……わ」

P「よくやったよ」

春閣下「笑いを堪えていたわね……」ゲシッ

デッデデーン97点

P「良かったじゃないか……痛い、痛いって!」

小鳥「自業自得ですよ」

P「小鳥さんは隠し撮りしてたじゃないですか……」

小鳥「ちょっ……」

千早(小鳥さんが隠し撮り……隠し鳥……)

千早「……ふふっ」

春香「千早ちゃん?」

千早「何でもないわ」キリッ





239: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/17(月) 19:04:50.94 ID:6Lo1n0Yd0

亜美「結局。88点の兄ちゃんがビリだねー」

真美「片翼の天使なんか歌うからだYO」

P「歌でアイドルに勝つなんて無理ゲーだろ……」

美希「ミキは機械が可笑しいって思うな!」

P「美希は良い子だなぁ」なでなで

小鳥(良く歌えたなぁ……)

真美「あのままやってたら、はるるんがビリだったのにー!」

春香「た、助かった……」

千早「プロデューサー」

P「千早が考えているような事じゃないよ」

千早「そうですか」くすっ





244: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 01:41:34.95 ID:ZsQP88iO0

亜美「罰ゲームは……」

P「今すぐ家に帰れってか? 仕方ないなぁ……」いそいそ

亜美「言わないよ!? 帰る準備しない!」

真美「かっかんに決めて貰いまSYO!」

春閣下「……私が?」

真美「だって、かっかんが主役だしー」

亜美「ねー」

春閣下「……そうね。後で夜景の綺麗な場所にでも連れて行って貰いましょうか」





245: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 01:43:56.29 ID:ZsQP88iO0

小鳥「それって罰ゲームって言うより……」

春香「デートじゃないですか!」

春閣下「デ……!?」

美希「そうな……」

律子「はいはい。あなた達も罰ゲームの事は納得してたじゃない」

春香「そ、そうなんですけど……私と同じ顔の女の子がプロデューサーさんとデートするのは……複雑と言いますか……わかりました」

美希「ぐぬぬ……今は引くしかないの」





246: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 01:56:19.45 ID:y+oD/3BK0

社長「丁度いい時間だ。そろそろお開きにしようじゃないか」

真「えぇーそんなぁ……」

真美「まだまだ遊び足りんないよー!」

亜美「ぶーぶー」

律子「仕方ないでしょう。明日も仕事があるんだから」

社長「なに、また機会があるさ」

あずさ「うふふ……そうですね」

伊織「ま、十分じゃない?」

雪歩「今日は久しぶりに皆と遊べて……楽しかったです」





247: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 02:08:51.21 ID:LyJKCSrU0

P「じゃあ、何人か俺の車に……」

春香「プロデューサーさんは閣下ちゃんを連れて行ってあげて下さい」

P「そうか……わかった。そうするよ」

春香「はい。そうしてあげて下さい」

春閣下「春香……」

春香「……負けないからね」ぼそっ

春閣下「なっ……」

P「おい、行くぞ」

春香「ほら早く行かないと、プロデューサーさんが待ってるよ?」

春閣下「え、ええ……また」





248: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 02:10:55.05 ID:LyJKCSrU0

千早「……良かったの?」

春香「うん。でも譲るのは今日だけだから」

千早「……そう」

春香「諦めないよ。私」

千早「……私もよ」

春香「え?」

千早(春香、もう一人の春香に高槻さん、プロデューサー……必ず成し遂げてみせるわ)

千早「……ふふっ」

春香「何だろう……寒気が……風邪かな?」

千早「ダメよ春香。身体には気をつけないと……ふふふっ」





249: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 02:24:54.33 ID:LyJKCSrU0

ーーP車内。

P「……何か寒気が……冷房かかってないよな?」

春閣下「……私も」がたぶる

P「……まあ、いいや。夜景だっけか?」

春閣下「本気にしてたのね……」

P「行くのやめるか?」

春閣下「……ん、行く」

P「了解。近場は……よし、あそこにするか」

春閣下「詳しいの?」

P「色々とあるんだよ。すぐに着くから待ってろ」





250: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 21:45:59.01 ID:XDbjiTAg0

ーーとあるビルの屋上。

春閣下「……綺麗」

P「自然の夜景も良いが、これはこれで良いだろう?」

春閣下「ええ……でも良いの?」

P「ここの社長に許可は貰っているから大丈夫。好きなだけ眺めてくれってさ」

春閣下(どんな手を使ったのかしら……)

P「位置的に中々、見れない光景だからな。ゆっくりと楽しんだら良い」

春閣下「……私だけ?」

P「あんまりこういう場所は強請られないからな……」

春閣下「……そう」





251: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 21:59:09.71 ID:hSsLl3k50

春閣下「これで良かったのかしら……」

P「お前……まだ……」

春閣下「皆が幾ら私を認めても世間から見れば、私は異質な存在よ?」

P「上手くやる」

春閣下「何時まで隠し通すつもり?」

P「何時までも、だ」

春閣下「他人の空似で通すの? 通せるわけない……きっとDNAも全部、同じなのよ?」

P「……」

春閣下「私が入院したりして、そこでバレたりする可能性は?」

P「……それでも守る」

春閣下「理屈じゃないのね……」

P「無理なんて初めからわかってるさ。それでも……」

春閣下「……?」

P「お前と離れたく無いんだよ」





252: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/18(火) 22:12:33.27 ID:225QLHWq0

春閣下「……バカね」

P「……まあな」

春閣下「ねぇ……このリボン覚えてるかしら?」

P「……お前と春香を二人に分けたリボン」

春閣下「……そうよ」

P「それがどうかーー」

春閣下「……ねえ」

P「?」

春閣下「このリボンを解いたら……」

P「……!」

春閣下「……どうなるのかしら?」





256: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/19(水) 00:26:16.72 ID:NGkLXwep0

P「馬鹿な事を言うな」

春閣下「本気よ? 皆が受け入れてくれて嬉しい……でも、不安ばっかりなのは事実だもの」

春閣下「……だから」

しゅる

P「やめろ!」

春閣下「プロデューサー……嬉しかったわ」

P「良いから! リボンを着けろ!」

春閣下「得体の知れない私に優しくてくれた、家に上げてくれた、皆が私を受け入れてくれた……もう、十分」





258: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/19(水) 08:59:06.56 ID:VMsBSltY0

P「十分……?」

春閣下「……ええ」

P「そんな顔をして良く言う」

春閣下「……言ってくれるわね」

P「プロデューサーは人の顔を見る職業だからな、大体わかる……十分なんてのは嘘だろ?」

春閣下「ええ……そうね。私にはやり残した事があるわ」

P「なら、もう一度……俺を信じてくれないか?」





259: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/20(木) 00:44:57.87 ID:RKfoVXnt0

春閣下「今までのはあなたの本心?」

P「当たり前だ」

春閣下「なら……私の今やりたい事は終わったわ」

P「……?」

春閣下「今更リボンを外したぐらいで私が消えるわけないじゃない。大体、リボンを着けながらシャワーを浴びたりしてると思ったの?」

P「……あ」

春閣下「案外、抜けているのね?」

P「」





261: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/20(木) 16:10:05.20 ID:XOn5nPTY0

P「……」

春閣下「……ねえ」

P「……」

春閣下「……?」

P「……」

春閣下「聞いてるの?」

P「……」

春閣下(からかい過ぎたかしら……?)

P(やばい。すっごく恥ずかしい……)

春閣下「ね、ねえ……」オロオロ





263: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/21(金) 00:13:16.80 ID:C65B9oP/0

P(必死になってた俺、すっごい恥ずかしい! 何が)

春閣下「ちょっと…….」

P『お前と離れたくない! キリッ!』

春閣下「……やっぱり、怒っているのね?」

P(だよ! バカ丸出しじゃないか!)

春閣下(やり過ぎた……なら、謝るべきかしら……?)

P(……こんな事考えている事自体が恥ずかしい)

春閣下「あの……」

P「……」

春閣下「騙して悪かったわ……だから……無視、しないで……」





264: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/21(金) 00:51:36.55 ID:orgAS7oX0

P「なあ……春閣下」

春閣下「! ……な、何……?」

P「良い時間だ……帰ろうか」

春閣下「え? え、ええ……」

P(気にしても仕方ないよな……)

春閣下(何だったのかしら……でも、良かった)

P「帰りに何か食べてくか? ラーメンとか」

春閣下「……簡単な物で良いなら作ってあげるわ」

P「お、そうか。そっちのが良いな」

春閣下「……ふふ」

P(……機嫌が良いな。何かあったのか、よくわからないな)





265: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/21(金) 01:31:36.57 ID:D93Rwlij0

ーー翌日、765プロ。

P「おはようございます」

春閣下「おはよう」

小鳥「プロデューサーさんに閣下ちゃん。おはようございます」

社長「やあ、おはよう!」

P「社長が朝から事務所に顔を出されてるなんて珍しいですね。社長室に居られることが多いですのに」

社長「いやぁ……私もキミ達との交流をなるべく増やそうと思ってね」

P「それは良い考えですね」

社長「だろう? 何か悩みがあったら言いたまえ!」

P&小鳥「「それじゃあ、給料をーー」」

社長「すまない。用事を思い出したよ」ダッシュ

P&小鳥「「逃げた!?」」

春閣下「くすっ……全然、ダメじゃない」





267: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/22(土) 00:13:40.69 ID:ld5+DTG+0

P「……あれ? 春香とやよいって、午後からじゃなかったか?」

春香「来ちゃいました♪」てへっ

やよい「来ちゃいました♪」てへっ

春閣下「同じ事言っているのにこの違いは……」

小鳥「流石は春香ちゃんクオリティ……」

春香「な、何ですか!」

P「……春香」ほろり

春香「プロデューサーさんまで!?」がーん





268: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/22(土) 00:28:06.33 ID:OVB9gzB40

P「冗談はさて置き……時間までどうしているつもりだよ」

春香「閣下ちゃんとお話してます!」

春閣下「嫌よ」

やよい「私もお話がしたいかなーって」

春閣下「勿論よ」なでなで

春香「……泣いて良いですか?」

春閣下「とは言っても、私は事務の手伝いがーー」

P「別に構わないぞ」

小鳥「そうよ? ゆっくりで良いのよ?」

春閣下「だけど……いいえ……そうね、そうするわ」





269: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/22(土) 00:43:26.80 ID:ysIAP6ZY0

春香「そうだ。クッキー焼いて来たんだ」

やよい「春香さんのクッキーですか!? 嬉しいです!」

春閣下「…….」

春香「あ、またクッキーかよ。ちょっとはバリエーション増やせよなぁ……って思ったでしょ!」

春閣下「いや、思ってない」

春香「なんと、今日のクッキーはただのクッキーじゃありません! はい。小袋に分けてあるから、一つずつね」

やよい「あ、事務所の皆の顔です!」

春香「プロデューサーさんと小鳥さんにも……はい」

P「これはまた……ありがとうな、春香」

小鳥「何時もありがとう。春香ちゃん」





270: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/22(土) 00:59:13.63 ID:jydotNV00

小鳥「プロデューサーさん。ちょっと良いですか? ーーのことなんですけど」

P「それはーーでお願いします」

小鳥「わかりましたーーあ、それと……」

春香「凄いよね……プロデューサーさんと小鳥さん」

やよい「かっこいいです!」

春閣下「……普段はアレな分ね」

春香「あはは……」

千早「おはようございます」





276: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/22(土) 09:05:34.82 ID:Dk8dMPGy0

春香「千早ちゃん! おはよう」

千早「あら、春香も来てたのね……おはよう。高槻さんも」

やよい「おはようございます!」

千早「……」

春閣下「……なに?」

千早「ごめんなさい。何も無いわ……おはよう」

春閣下「おはよう……」

春香「千早ちゃんにも、はい!」





277: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/22(土) 09:15:01.29 ID:7MZB14La0

千早「クッキー? 春香のクッキーは好きなのだけど……無理してない?」

春香「うーん……好きでやってるから、大丈夫だよ!」

千早「……そう。なら良いのだけど……あら、クッキーの形が……皆の顔をしているのね」

春香「自信作だよ!」

やよい「とっても美味しいです!」

千早「ふふっ……本当に皆の分もあるのね、可愛らしいわ」

千早「高槻さんのクッキー……閃いたわ!」





278: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/22(土) 09:27:45.11 ID:lBgwar390

やよい「千早さん?」

千早「何かしら」ぺろぺろ

やよい「どうして私の顔の形をしたクッキーを舐めてるのかなーって」

千早「深く味わう為よ」キリッぺろぺろ

やよい「そうなんですか! 春香さんのクッキー美味しいですよね!」

千早「うふふっ……そうね、高槻さんも……是非、私の顔の形をしたクッキーを……!」

春香「プロデューサーさん!? また千早ちゃんのスイッチがーー」

P「……」そらし

小鳥「……」そらし

春香「あ、あれ?」

春閣下「同時に目を逸らしたわね……」





279: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/23(日) 00:23:08.55 ID:FrUVPLED0

千早「高槻さんも私を食べて? さあ、さあ!」

やよい「千早さんが何か怖いです……」

P「千早……いい加減にしないと、あずささんと美希の三人でグラビア撮影の仕事入れるぞ」

千早「……春香。クッキーありがとう」

春香「あ、うん……」

春閣下「よっぽど、嫌なのかしら……」

やよい「千早さんは今日、どんなお仕事があるんですか?」

千早「歌番組の収録よ」

やよい「凄いです! 私はお料理番組なんですよ」





280: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/23(日) 00:37:58.18 ID:FrUVPLED0

春香「それって、やよいがレギュラーのだよね?」

やよい「はい! そうですよ」

千早「その番組はよく参考にさせて貰ってるわ」

やよい「本当ですか? 嬉しいです!」

春香「千早ちゃん。誰かさんに食べて貰っても良いように練習してるもんね?」

千早「は、春香!」

やよい「誰ですか? あ、もしかしてーー」もがっ

春閣下「黙っていてあげなさい……皆、頑張ってるのね」





281: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/23(日) 00:44:30.75 ID:46nrB2Ma0

春香「……ねえ」

春閣下「……」

春香「閣下ちゃんもアイドルしたいんじゃないの?」

春閣下「別に……ここに居られるだけで私は満足よ」

やよい「……閣下さん」

春閣下「そんな顔は似合わないわよ?」

千早「あなたは……それで良いの?」

春閣下「良いのよ」

春香「……」





282: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/24(月) 21:34:52.53 ID:BBhC4JoU0

小鳥「区切りが良いですし、少し休憩にしましょうか」

P「……もうそんな時間ですか」

小鳥「仕事してると時間の流れが速く感じますね……」

P「……嫌ですね」

小鳥「いや、全く……」

千早「年寄り臭いですよ……二人とも」

P「はん! 自分は若いからって余裕ってか!」

小鳥「その余裕は今だけだから! 時間の流れなんて黒い稲妻の比じゃ無いんだから!」

千早「あの……わ、私……そんなつもりではーー」





283: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/24(月) 21:40:15.56 ID:D4AYUR010

春香「千早ちゃん」

千早「は、春香! わ、私どうしたらーー」

春香「プロデューサーさんと小鳥さんの冗談だから」

P「見ましたか小鳥さん」

小鳥「見ましたとも、慌てる千早ちゃん……可愛かったですね」

千早「」

春香(何時もの仕返しかな……)

春香「プロデューサーさん。少し時間良いですか?」

P「……ああ」





284: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/24(月) 22:13:05.97 ID:ExYDVnL80

P「話というのは……あいつの事か?」

春香「はい。閣下ちゃんはーーやっぱり、アイドルがやりたいんだと思います」

P「……そうだな。俺もそう思う。本人が良いなら是非、やらせてやりたいとも思ってるーーが」

春香「難しい、ですか?」

P「顔はお前と瓜二つだしな……そんな二人が同じ事務所でアイドルをやってる、なんてな……」

春香「私と双子という事にすればーー」

P「すぐバレるだろうな。今のままじゃ……調べようとする奴も出て来るだろうし」

春香「どうにも、ならないんですか……?」

P「諦めるつもりは無いけど……難しい、な」

春香「そうだ……私と交代しながらアイドルすればーー」





285: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/24(月) 22:41:46.54 ID:srIkxh820

P「……ファンを騙して、か?」

春香「そんな言い方……!」

P「すまん……だが、それをしたら喜ぶと思うか?」

春香「傷つく、と思います……ごめんなさい……考え無しに……」

P「それだけ一生懸命なんだろ? 悪くはないさ……それより、本当にアイドルをやりたいかを本人に聞かないとな……」

春香「素直に言うと思います?」

P「……素直にさせる方法はあるにはある……強引だけど」

春香「それって……」

P「耳貸して」

春香「は、はい……」





286: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/24(月) 22:51:52.16 ID:Wcgx/DAm0

P「それはだなーー」

春香「ひあっ! く、くすぐったい……んっ……!」

P「お前な……」

春香「が、我慢します……」

P「……」

春香「え……た、確かに強引ですね……」

P「元々予定していた来週のライブに春閣下を招待し、お前達が最高のステージを見せるだけだ」

春香「うぅ……それが難しいんですけど……皆で、か」

P「ああ。皆の力で、だ」

春香「……やります!」





287: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/26(水) 21:59:23.36 ID:34gTjYRN0

P「そうか……春香ならーーいや、誰に聞いてもそう言いそうだな」

春香「そうですよ。皆、優しいですから」

P「春香はその中でも飛び抜けてるけどな?」

春香「そ、そうですか? ……照れちゃいますね」

P「照れるような事でも無いだろ」

春香「もう! プロデューサーさんは鈍感ですね!」

P「何で怒られたんだろう……」





288: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/26(水) 22:01:13.19 ID:34gTjYRN0

P「皆にも言っておいてくれ」

春香「もうメールで皆に一斉送信しちゃいました!」

P「早いな。おい」

春香「そうと決まればレッスンですよ! レッスン!」

P「張り切ってる所悪いけど……春香は、今からTV局な」

春香「で、でも……空いた時間にするぐらいなら大丈夫ですよね!」

P「良いけど、無茶するなよ?」

春香「プロデューサーさんもですよ?」

P「……言うようになったな」

春香「えへへ……」





289: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/26(水) 22:04:24.37 ID:Z0LRUX5d0

その日からアイドル達、それぞれの特訓が始まった。

美希「あ! ミキのおにぎり食べちゃ、ダメなの!」

伊織「ひ、一つぐらい良いじゃないのよ!」

忙しい間を縫ってのレッスンは決して楽ではない。

真美「うわうわー! 何でそこで乗り状態になんのさー」

亜美「するつもりは無かったんだよー」

だけど、苦ではなかった。何故かと聞いたら彼女達はこう答えるだろう。

雪歩「んー……あ、この湯呑みは閣下ちゃんに似合うかも!」

真「そう? ボクはーーこっちの方が……」

それは仲間のーー友達の為だったから。





291: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/28(金) 12:11:29.02 ID:UC6BfASu0

律子「ちょっと……本当に私もやるの?」

伊織「当たり前じゃはい。プロデューサー兼アイドルでしょう?」

律子「私は正真正銘のプロデューサーです!」

亜美「律っちゃん……」

律子「な、何よ……」

亜美「かっかんの為なんだよ? 嫌なの……?」うるうる

律子「あ、亜美? ……べ、別に嫌な訳じゃ……」

亜美「律っちゃんが出ないなら……中止にするしか無いよね……」

あずさ「泣かないで亜美ちゃん……」

亜美「あずさお姉ちゃんも泣いてんじゃん……う、うえ……」

あずさ「……亜美ちゃん」ぐすっ

律子「わ、わかったわよ! やれば、やれば良いんでしょう!」

亜美&あずさ「「やったー」」

律子「」

伊織「律子もまだまだね……にひひっ」





292: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/28(金) 23:21:59.07 ID:pDE8PlCR0

小鳥「上手くいくと良いですね」

P「いきますよ。その為に皆が頑張っているんですから」

春閣下「何の話?」

P「今度のライブだよ」

春閣下「……ふーん?」

小鳥「閣下ちゃん。この書類を纏めて貰える?」

春閣下「わかったわ」

P「あ、電話して来ますね」

小鳥「はい」





293: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/28(金) 23:26:47.58 ID:Jdgt66lc0

P「……もしもし。765プロのーーと申します」

P「いえいえ。お孫さんには私も学ぶ事が多くて……はい? 婚約……いや、まだ独り身なんで」

P「鈍感……確かによく言われますが、よくご存知で……あれ、呆れてます?」

P「……先日、お話した件なんですが……はい」

P「一人のアイドルを生み出すのに是非とも、会長のお力をーー」

P「……本当ですか? ありがとうございます。このご恩は必ず……」

P「それでは、約束の日にーー水瀬会長」ニヤリ

小鳥(悪い顔してるなぁ……)





297: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/29(土) 23:25:45.01 ID:92HGRTIn0

ーーライブ当日。

P「皆、間も無く時間になるけど、問題ないな?」

春香「はい! 大丈夫です!」

千早「私も心身共に問題ありません」

美希「もう待ちきれないの!」

真「久しぶりの皆揃ってのライブですからね! もう、張り切っちゃいますよ!」

雪歩「ふ、震えて来ました……けど……こ、これは武者震いなんですぅ!」

真美「真美に任せとけば、大丈夫だ。問題ない」

亜美「亜美、ライブが終わったら……ううん、何でもないよー」

P「……そこ、いらんフラグを立てない」





298: ◆IIiEuGs1j.:2014/03/29(土) 23:27:32.51 ID:92HGRTIn0

やよい「大丈夫です! たーくさん、練習して来ました!」

伊織「誰に言っているのかしら? この伊織ちゃんがしっかり、フォローしてやるわよ!」

あずさ「あらあら?? 先ほどまで社長の車に乗ってたんですけど、いつの間に着いたのかしら?」

律子「やるからには全力で、大成功を狙います! プロデューサー殿。しっかり、見てて下さいね」

P「よし、こっちは大丈夫だな……約一名が次元を歪めているところ以外は」

春閣下「……まだ状況が飲み込めないのだけど」

P「良いじゃないか。見たかっただろ?」

春閣下「それは……そうなのだけど……」

P「よし、じゃあ……みんな、行って来い!」

「はいっ!」

春香「それじゃあ……掛け声をよろしく! 閣下ちゃん!」

春閣下「な、何で私が……」





299: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/01(火) 12:58:46.87 ID:wxSW6nFv0

伊織「譲ってあげるって言ってんだから、早くしなさいよね」

亜美「早くしないと時間が来ちゃうよー」

真美「それとも、かっかんには荷が重過ぎましたかなー?」

春閣下「なっ……やってやろうじゃない」

P(ちょろいなぁ……)

春閣下「765プロ! ファイトーー!」

「「「オー!!!」」」

「長らくお待たせしました。765プロオールスターズライブを開催します」





300: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/01(火) 13:03:31.75 ID:wxSW6nFv0

春香「乙女よ、大志を抱け! 夢見て素敵になれーー」

春香ファン「H・A・R・U・K・A・ハルカ!」

千早「泣くことならたやすいけれど、悲しみには流されないーー」

千早ファン「……」

真「だってキミが好きだ!!」

真ファン「キャーキャー真サマー」

真ファン2「アニキと呼ばせてくれー」

美希「大好きハニーイチゴみたいに純情なの」

美希ファン「ハニーって俺のことだし」

美希ファン2「いやいや俺」

美希ファン3「妄想乙」

P「にやにや」

美希ファン「気のせいか、何かムカついた」イラッ

美希ファン2「俺も」イラッ





301: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/02(水) 00:25:55.69 ID:u94PLCaw0

P「皆のパフォーマンスはどうだ?」

春閣下「凄い、わ……春香としてステージに立った記憶はあるのだけど」

P「アイツ等は見ている側からしても凄い事しているんだよ」

春閣下「……」

P「アイドル、やってみないか?」

春閣下「……前にも話したでしょう」

P「アイドルをやりたいか、やりたくないかを聞いているんだ」

春閣下「……やりたい」

P「そうか……!」

春閣下「私は……諦めてただけ……本当はアイドルをやりたい……」

春閣下「アイドルを……私に……やらせて……お願い」

????「それを聞きたかった」





302: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/02(水) 00:27:53.24 ID:u94PLCaw0

春閣下「貴方は……?」

????「ふむ……キミが……確かに、面白いオーラを纏っておる」

P「予定よりお早いですね。水瀬会長」

水瀬会長「孫の晴れ姿をいち早く見たくてね。いや、私もせっかちになったものだ……」

春閣下「水瀬財閥の……」

水瀬会長「いやいや、ここに居るのはただのファンだよーー先ほどの言葉に偽りは無いかね?」

春閣下「……はい」

水瀬会長「キミが歩もうとしている道はただひたすら険しい……わかるね?」

春閣下「はい……それでも……私は……アイドルをやりたい」

水瀬会長「……よろしい。私で良ければ力を貸そう」

春閣下「!?」

水瀬会長「そこのプロデューサー君に力を貸すつもりだったが……気に入った。キミ達に力を貸そうじゃないか」





303: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/03(木) 00:18:39.06 ID:fBvsfxFv0

春閣下「……ありがとう……ございます」

P「俺からも、ありがとうございます」

水瀬会長「……プロデューサー君。これでキミは私に借りが出来たな?」

P「? そうですね。感謝します」

水瀬会長「……つまりは私の頼みも聞いてくれる、という訳で良いかな?」

P「え……ええ。私に出来る限り、ですが」

水瀬会長「キミにしか出来んよーーおっと、彼女の出番か!」

やよい「うっうー! 行きますよ!」

P「……やよいの大ファンなんだよ。会長」

春閣下(孫の応援してあげなさいよ……)





304: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/03(木) 00:32:13.08 ID:CDvcaxvB0

春閣下「……ありがと」

P「まだ礼を言うのは早いだろ?」

春閣下「……そうね」

P「今はこのライブが無事に終わるよう、見守ろうーー何処かの誰かさんに負けないようにな」

春閣下「……ええ」くすっ

水瀬会長「みんなで食べようよ! ん ……なんだね?」

P&春閣下「「いえ、別に」」





306:書き溜まるまでsage進行 ◆IIiEuGs1j.:2014/04/08(火) 10:35:35.86 ID:D4NvvGJs0

春香「みんなー! ありがとう!」

千早「ありがとうございました!」

真美&亜美「ありがとうねー!」

P「今回も無事に終わったな」

水瀬会長「おっと……私は、そろそろ失礼する」

P「伊織に会って行かないのですか?」

水瀬会長「高槻やよいちゃんのファンとバレたら何を言われるか、わかったもんじゃないからね……」

春閣下(やよいのハッピに、八巻まで巻いてたら……ねぇ)

水瀬会長「キミの活躍を期待しているよ……では、な」

P(格好が格好なら、かっこいいのにな ……)





307: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/08(火) 10:36:58.76 ID:D4NvvGJs0

美希「ねえ! ミキ、ハニーから見てミキラキラしてた?」

P「ああ、流石だ」

真「ちょっと、美希ばっかり褒めてズルいですよ!」

真美「仕方ないよ……兄ちゃんにとって、ミキミキは特別な女なんだから……真美達とは扱いが違うのも無理無いんだよ……」

亜美「兄ちゃん……ミキミキと幸せにね?」

美希「! それって本当なの!?」

P「あ、それはないない」

美希「」

春香「突き放しが容赦ない……」

やよい「もう、真美と亜美が悪いんでしょ!」めっ!

真美「……なんか……ごめんね?」

亜美「亜美たち、悪ノリし過ぎたよ……」

美希「謝られると……余計に落ち込むの……」





308: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/08(火) 10:40:05.87 ID:rZyMWrdq0

律子「ほらほら、バカやってないの! 引き上げるわよ」

伊織「流石にクタクタね……」

あずさ「みんな、元気ねぇ」

雪歩「い、一歩も動けません……」

P「まあ、今までに無いくらいのビッグライブだったからな……みんな、本当にお疲れ!」

春香「プロデューサーさんも、お疲れ様でした!」

千早「素晴らしい時間でした」

亜美「ねぇねぇ、兄ちゃん」つんつん

真美「打ち上げしようよ。打ち上げ」つんつん

P「つんつんしない! 打ち上げか……そうだな」

律子「……本気ですか? もうクタクタなんですけど……ね、伊織」

伊織「打ち上げするんでしょ? 早く行くわよ」着替え終了

律子「……別って事ね」





309: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/08(火) 14:24:51.89 ID:DX3XBjhx0

真美「何処でやんの?」

P「事務所だよ。社長がノリノリで飾り付けしてくれてる」

亜美「社長ェ……」

伊織「……私たちらしい、のかしらね」

律子「という事は打ち上げをするのは早い段階で決まっていた、という訳ですか」

P「……まあな」チラッ

春閣下「……何よ」

律子「……成る程、そういう事ですか」

美希「律子……」

美希「……」

美希「……っ」

美希「……さん、ハニーと分かり合うなんてズルいの!」

律子「そんなんじゃないわよ……ちょっと、そんなにさん付けしたくないの?」

美希「慣れないだけって思うな」





311: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/08(火) 16:02:12.17 ID:xNJY3bpD0

ーー事務所。

「「「戻りましたー!」」」

社長「やあ! 待っていたよ。大成功だったようだね」

P「はい。みんなのお陰です」

社長「それと……」

P「はい。会長には約束して貰えました」

社長「そうか、そうか! それは良かった!」

春閣下「……社長」

社長「何だね?」

春閣下「……その……ありがとう」

社長「いやいや、私は何もしていないよ」

春香「何の話ですか?」





312: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/08(火) 16:04:27.82 ID:xNJY3bpD0

社長「そうだったね。皆にはまだ詳しい事は言っていなかったか」

P「そうでしたね。社長からどうぞ」

社長「コホン……皆、ここに居る春閣下君だが……」

春閣下「……」

社長「この度、アイドルとしてレビューして貰う事になった!」

「「「え?!!」」」

P「そんなに驚く事ないだろ……」

春香「だ……だって、いきなりじゃないですか! もう少し時間が掛かるものだとばかり……」

P「思ったより話が上手く進んでなぁ」

真美「兄ちゃん、すっごく悪い顔してるよー」

亜美「悪い大人だー」

P「大人ってのは、悪い物なんだよ」

やよい「へー……そうなんですか!」

伊織「ちょっと! やよいに変なこと教えないでよ!」

やよい「じゃあ! プロデューサーやみんなは子供だったんですね!」

P「……え」

やよい「だって、すっごく良い人ですから!」

P「……お、おう」

小鳥「うわっまぶし!」

律子「何やってるんですか……」





313: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/08(火) 17:05:02.99 ID:4eyqL7Vg0

社長「気を取り直して……765プロの新しいアイドルを歓迎しようじゃないか」

春閣下「ちょっと……ここまでしなくても……!」

春香「良いじゃない! せっかくだから甘えちゃおうよ!」

千早「そう言って、春香? あなたも騒ぎたいだけでしょ?」

春香「のヮの」

真美「ご馳走とかないのー?」

亜美「ご馳走が無いのにパーチィとか言われてもねー?」

やよい「もう、ワガママ言わないの!」

小鳥「ふふふっ……リバースカードオープン!」

真「うわー! テーブルにご馳走の山が!?」

雪歩「ど、どうしたんですか!?」

P(会長、だな)

春閣下「……」

伊織「諦めたら?」

春閣下「……そうするわ」





314: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/11(金) 10:26:38.38 ID:rkxUYk400

社長「マジックをお見せしよう!」

小鳥「待ってましたー!」

社長「ここに空箱がある……杖で叩くと」

箱「な、なんだ……!? 私は確か、自分の部屋で珈琲を……また高木の仕業か!」

社長「そしてもう一度叩くと」

箱「」

社長「消えました、はい!」

亜美「すっごいYO!」

真美「どんな仕掛けなんだろ?」

社長「マジックだよ」キリッ

P「今回は黒井社長だったか……」

律子「他にバリエーションがあるんですか?」





315: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/11(金) 10:32:18.89 ID:XCNCxhpL0

やよい「早口言葉をします!」

やよい「がしゅば……いきなり噛んじゃいました!」てへっ

高槻さん可愛い「高槻さん可愛い!」

春香「うわっ! 千早ちゃん!?」

伊織「……私も危うくああなる所だったわ」

春香「い……伊織?」

真「まっこまっ……」

雪歩「阻止」

真「」

雪歩「あのね、真ちゃん。私は別に可愛い真ちゃんを否定している訳じゃないの。真ちゃんは十分、可愛いよ? ……でも真ちゃんはその方向性が……」

真「……」しゅん

春香「ガチ説教してる!?」





316: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/11(金) 10:45:19.74 ID:iuFoAMwa0

あずさ「どれも美味しいわぁ」もぐもぐ

美希「美味しいの」もぐもぐ

あずさ「太っちゃったりして……うふふ」

美希「ミキは幾ら食べても太らない体質なの!」えへん

あずさ&春香「じゃあ全部、食べて貰おうかしら!」くわっ!

美希「何で怒られたの……わからないけど……怖いから、ごめんなさい」

あずさ「私だって! 私だって……!」

春香「あずささん! 泣かないで下さい! 私も一緒に感張りますから……」

あずさ「春香ちゃん……」

美希「……なんなの?」





317: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/11(金) 10:56:55.35 ID:8xv7joyn0

765プロ屋上。

P「……主役がこんな所でどうしたんだ?」

春閣下「主役も何も、あの娘達は勝手に盛り上がってるじゃない」

P「別にお前をのけ者にしてる訳じゃ……」

春閣下「別に嫌って言ってる訳じゃないわ……すぐに戻るつもりよ」

P「なら良い……」

春閣下「何であなたは戻ろうとするのかしら?」

P「……一人になりたいんだろ?」

春閣下「……女心がわかってないわね」

P「……プロデュースより難しいよ」

春閣下「ふふっ……今更、気づいたの……?」





318: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 21:46:39.57 ID:5Y6TEOj30

春閣下「……誓って」

春閣下「……あなたは、私ーー私達をトップまで導いてくれますか?」

P「……勿論、誓う」

P「必ず、お前達をトップアイドルにしてみせるーー絶対にだ」

春閣下「……ありがとう」

「プロデューサーさん!」

「プロデューサー!」

「兄ちゃーん!」

「ハニー! 何処なのー?」

春閣下「くすっ……そろそろ戻りましょう」





319: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 21:51:44.45 ID:5YPFU7bj0

そしてーー幾つかの月日が流れて。

とうとう、765プロに新しいアイドルが誕生した。

勿論騒ぎにはなったが、予想していた程ではなかったーー恐らくは、水瀬会長の力のお陰だろう。





320: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 21:53:19.04 ID:5YPFU7bj0

765プロの新アイドル衝撃デビュー

天海春香と瓜二つ、双子か!?

小鳥「騒いでますね……」

P「そりゃあ、いきなり同じ顔のアイドルがデビューすれば騒ぎになりますよ……これを利用しない手は無いんですが」

小鳥「利用、ですか?」

P「このまま一気にファンを取ってみせます」

小鳥「春香ちゃんとファンの取り合いになるんじゃあ……」

P「売り出し方は全然違いますが……多少は。まあ、そこはプロデューサーとしての腕の見せどころですよ」





321: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 21:54:56.14 ID:5YPFU7bj0

小鳥「益々、忙しくなりますね……無理しないで下さいよ?」

P「一人ぐらい、軽いものですよ」

社長「それは頼もしいね! 久しぶりに、ティンと来た娘を二人見つけたんだよ!」

P「え」

社長「二人とも乗り気でね! 近いうち、キミにプロデュースして貰う事になりそうなんだよ」

P「ちょっ……」

社長「そのつもりで頼んだよ。ではね」

P「……」

小鳥「……泣いて、良いんですよ?」

P「い、いや……プロデューサーとしての……腕の、見せどころだなぁ……はっはは……」

小鳥(何て健気な……)





322: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 23:21:23.97 ID:AznDSqC20

P「オレサマオマエプロデュース」ぶつぶつ

小鳥「お、落ち着いて下さい!」

P「はっ……! 音無さんにも負担かけちゃうかも知れませんね……申し訳ない」

小鳥「いえ! どんどん負担かけちゃって下さい!」

P「……お世話になります」

小鳥「いえいえ……」

春閣下「おはよう……この空気は何かしら?」

小鳥「閣下ちゃん。おはよう」

P「何でもない。挨拶回りに行くぞ」

春閣下「一人で行けるのに……」

P「生意気言うな……行って来ますね」

小鳥「気をつけて行って来て下さいね」





323: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 23:48:12.00 ID:vAIsXZlF0

春閣下「……まだスタート地点なのよね」

P「ああ、先ずはみんなに追い付かないとな」

春閣下「追い付く? 違うわ」

P「……?」

春閣下「追い付くだけじゃ足りない。追い越す気で行くわ」

P「お前なら出来そうだよ」

春閣下「そう、私は何だって出来るの……あなたが居ればね」

ぎゅっ

P「お、おい……手!」

春閣下「ふふっ……ちゃんと着いて来なさい。私の……プロデューサー」





324: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 23:51:47.46 ID:qj+fjhxG0

とある店。

??「出会えるねこみみ……にゃ?」

??「怪しいにゃ……でも……これがあれば更に上へ行けるかも……? 買う、買うにゃ!」

??「これで向かうところ敵なしにゃ!」

おわり





326: ◆IIiEuGs1j.:2014/04/12(土) 23:54:17.59 ID:qj+fjhxG0

終わらせるのに時間がかかった割には内容とオチがアレですみません。

カオスな内容になる筈だったのに……話と春閣下が変な方向に……駄文、失礼しました。





327:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:58:16.11 ID:/3SjGH1t0

おつ

そしてみくにゃんと前川さんが来るのね、わかるわ





330:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/13(日) 00:27:32.55 ID:qvxO2A36o

乙ですわ
これはトドメにPが分裂すれば良いんじゃないかな





334:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/13(日) 03:25:27.19 ID:uMjT1csr0


かっかわいい!はるかわいい!





335:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/13(日) 09:16:55.10 ID:2sMSKJFF0

おつ





336:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/13(日) 09:46:49.23 ID:U+K/Q353o

乙乙!






元スレ:P「春香が分裂した?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1392313070





  

【 関 連 記 事 】


社長が見つけた新たな二人は響と貴音か。

春閣下は跪きなさい路線なのかな、やっぱり?
[ 2014/04/17 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。