Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「え?俺がやよいみたいな声になってる?」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
未だに、某猫型ロボットが活躍する国民的アニメの声に慣れる事のできない管理人です。
頭の中のイメージと一致しないです。慣れ親しんだ声が一番という事かと乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:08:10.84 ID:/l/U4nlA0

P「うっうー!」(やよい声)

律子「ちょっと喋らないで下さい」

P「」






2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:10:23.09 ID:/l/U4nlA0

春香「ちょ、ちょっと律子さん!いきなりそれは酷いですよ!」

律子「はっ!そ、そうね…」

律子「ごめんなさい、プロデューサー。あまりの衝撃に、つい…」

P「いや、いいんだ…。きにしないでくれ」(やよい声)

春香「(うわぁ…なんかすごい違和感)」

律子「(やよいの声だと、やっぱりひらがなっぽく聞こえるわね)」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:12:53.97 ID:/l/U4nlA0

P「え、というかマジでそうなの?おれ、自分だと自分の声にきこえるんだけど」(やよい声)

春香「マジですよ、マジ!舌足らず具合までやよいの声そっくりですよ!」

P「マジか…なんでわかんないんだよおれ…。なんかすげぇもったいない気分…」(やよい声)

律子「事務所に来るまで、何か違和感とか感じなかったんですか?」

P「いわかん、なぁ…」(やよい声)

P「おっ、そうだ。朝、はらへったからコンビニによったんだけどさ」(やよい声)

P「『肉まんください』って言ったら店員の女の人に汚物を見るような目で見られた…」(やよい声)

P「つらい…」(やよい声)

律子「プロデューサー……」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:15:28.00 ID:C2v1rSlK0

P「いや、実を言うと、ちょっとこうふんした」(やよい声)

律子「……」

春香「……」

P「ちょ、じょうだんだってば!そんなけいべつするような目で見ないでくれ!!」(やよい声)

律子「こんな目で見られると、興奮するんでしょう…?」

春香「プロデューサーさん……」

P「ちがうってば!ごめんなさい!」(やよい声)





8:>>7 そうですー:2014/04/27(日) 18:19:02.04 ID:C2v1rSlK0

律子「まぁ、これからどうします?」

春香「このままにしといたら、色々と大変な事になりそうですよね。よりにもよってあのやよいの声ですよ」

律子「やよいの事を愛でてる伊織や千早がどういう反応をするか……」

春香「伊織は基本常識人だから大丈夫だとしても、千早ちゃんは考えるだけで恐ろしいですね」

P「……というかさ、正直今でもじっかんがわかないんだけど…」(やよい声)

律子「じゃあ、録音して聞いてみたらどうです?録音した声と自分の声は違うっていいますし」

春香「おお、名案ですよ律子さん!早速準備しましょう!」

P「お、おう。じゃあケータイでいいか」(やよい声)





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:21:57.66 ID:2nkWPAt/0

P「なんてしゃべろうかな…」(やよい声)

律子「無難な事を喋りましょう。アイドルの声なんですから、慎重に」

P「おう、じゃあ…」(やよい声)ポチッ



P「あのっ…プロデューサーのこと、だいすきです……えへへ///」(やよい声)

P「おっきくなったら、私のこと、お嫁さんにしてくださいね…///」(やよい声)



律子「」

春香「」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:23:25.39 ID:koBM7nnlo

これは引く





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:25:50.07 ID:4wqAdF8S0

律子「プ、プ、プロデューサーの馬鹿ァ!!」パァンッ

P「にひぶっ!!?」(やよい声)

律子「無難なことって言ったじゃないですか!!」

春香「り、律子さん!気持ちは物凄く分かりますけど、張り手で頬を殴るのはやり過ぎです!!」

P「うう、ご、ごめんなさい……はじらったやよいの声がききたかったんです…!!すいやせん……すいやせん……っ」(やよい声)

春香「うわああ!やよいが謝ってるみたいで罪悪感が胸を占めてくる!!」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:28:46.02 ID:TBC+X8jQ0

- 数分後 -


律子「すみません、殴ったのはやり過ぎました…」

P「いや、律子はわるくないぞ…おれがつい調子にのっちゃっただけで」(やよい声)

律子「いえ…。私、ちょっと混乱してるみたいです。頭冷やしてきますね…」

P「お、おう…ごめんな…」(やよい声)


バタン…

P「うう、おれがふざけたばっかりに律子を傷つけてしまった…」(やよい声)

春香「プロデューサーさん、欲望丸出しでしたもんね」





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:32:00.04 ID:TBC+X8jQ0

P「い、いや!おれはロリコンって訳じゃないからな!やよいは娘みたいな感じで、娘があんなこと言ったらかわいいだろうなーって思って、つい…」(やよい声)

春香「…本当ですか?」ジトー

P「ほんとうだ!…律子には、後であやまりに行こう…」(やよい声)

春香「もう…プロデューサーさんは笑えない冗談が多すぎるんですよ」

春香「(…わ、私にもまだチャンスあるよね?あれ、17歳ってまだ子供の範囲だからもしかして、駄目…!?うああああ!)」

P「? 春香、どうしたんだ? そんな一人でひゃくめんそうして…」(やよい声)

春香「あわわわ!な、なんでもないです!」

春香「と、とにかく!録音した声を聞いてみましょうよ!ね!」

P「おおそうだな、せっかく"しゅーろく"したんだし、きかないともったいないな」(やよい声)ポチッ





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:35:12.07 ID:WIRhMTce0

バタンッ!


千早「おはようございます」

P「あっ」(やよい声)

春香「あっ」




携帯『あのっ…プロデューサーのこと、だいすきです……えへへ///』

携帯『おっきくなったら、私のこと、お嫁さんにしてくださいね…///』




千早「」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:36:43.86 ID:pWu/Vc0Ro

死亡確認!





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:37:37.13 ID:+JH+WHcEO

息をしていない模様!





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:39:34.39 ID:FR3AjdfU0

千早「………」プルプル

春香「あ、あの千早ちゃん!今のは違うの!!千早ちゃんの思ってる事とは全然違うから!!」

春香「今のは気のせいっていうか聞き間違いっていうか訳有りっていうか、あのね!!」

千早「………あ」

春香「えっ?」

千早「あ、あ……」

春香「ち、千早ちゃ…」






千早「あおぃぃぃいいいぃいいとりぃぃぃいいいいいいいいいいい”い”!!!」






P「!?」

春香「!?」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:42:59.21 ID:FR3AjdfU0

千早「もしぃいいしああわああせぇぇえええええええ”え”!!」


春香「千早ちゃんがショックのあまり蒼い鳥を熱唱しだした!!」

P「歌を歌うことで信じたくない事実を頭の中からかきけそうと しているのか…!千早らしい」(やよい声)

春香「悠長にそんな解説してる場合じゃないですよプロデューサーさん!!」


千早「ちぃいかぁくぅうにああてもぉおおおおおおお”お”!!」


春香「このまま全力で歌い続けたら、千早ちゃんの喉が潰れてアイドル生命共々潰れちゃいます!!」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:45:16.31 ID:FR3AjdfU0

P「くっ、どうすればいいんだ!どうすれば千早の歌を止めることができるんだ!」(やよい声)

春香「…ハッ!プロデューサーさん、それです!」

P「え?」(やよい声)

春香「その"声"です!それで千早ちゃんを現実世界へ呼び戻すんです!!」


千早「あぁなぁたぁああを、あぁあぁいしてたぁぁああ”あ”!!」


P「お、おれの声でか!?そ、そんなむちゃな…!!」(やよい声)

春香「忘れたんですか!今のプロデューサーさんの声は千早ちゃんの最も愛するやよいの声ですよ!!」

P「!!」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:49:21.00 ID:FR3AjdfU0

千早「でぇええもっまえだけえええを見つめてくぅう”う”!!!」


P「そうか、愛するやよいの声でよびかければ、千早はおうじざるをえなくなる…!!」(やよい声)

春香「そうです!お仕事中でも、大好きな歌を聞いてても、シャワー浴びてて素っ裸でも!!」

春香「やよいの声が聞こえれば火の中水の中、一直線に飛び出していく千早ちゃんですよ!」





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:51:44.30 ID:FR3AjdfU0

千早「ずぅとねむぅていいられぇたら!!」

春香「うわあ!2曲目眠り姫入りましたよ!マジモンの眠り姫にならない為にも、プロデューサーさん、早く!!」

P「う、うん……よし!エヘンッ!」(やよい声)


P「千早さーん!!おねがいですから、歌うのやめてくださーい!!」(やよい声)

千早「このかなしっ」ピタッ


春香「(本当に止まった…)」





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:54:06.58 ID:FR3AjdfU0

千早「? ? 今、高槻さんが私の名前を呼んだような…」

春香「千早ちゃん!良かった…!今から言う事を、落ち着いて聞いてね」

千早「春香…?ええ、分かったわ」

春香「うん。プロデューサーさん、どうぞ」


P「千早、止まってよかった……!」(やよい声)

千早「え? ……え?」





27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 18:56:34.02 ID:FR3AjdfU0

- 事情説明中 -


春香「……と、いう訳なんだ」

千早「なるほど。プロデューサーの声が、何故か高槻さんみたいな声に…」

千早「それで、さっき聞こえてきた高槻さんの声は、試しに携帯に録音したプロデューサーの声だったと」

P「ああ…恥ずかしながらそういうことだ。かんちがいさせてわるかったな」(やよい声)

千早「…プロデューサー」

P「なんだ?」(やよい声)


千早「ちょっと気持ち悪いです」

P「」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:00:19.91 ID:FR3AjdfU0

P「ううぅ…"わかげのいたり"ってやつだったんだよ、許してくれよぉ…」(やよい声)

春香「二十歳超えた大の男が何言ってるんですか…」

千早「しかし、本当に聞けば聞くほど高槻さんにそっくり…あの 、プロデューサー」

P「なんだ…いや、なんですか…」(やよい声)

千早「高槻さんの口癖…"うっうー"って言ってみてください」

P「まぁ、それくらいなら…うっうー!」(やよい声)

千早「…すごい…!じゃあ、次は高槻さんみたいに喋って下さい!」

P「千早さーん!今日のおしごとも、いっしょうけんめいがんばりましょうね!」(やよい声)

千早「ハイタッーチ!」

P・千早「イエイ!!」


春香「(プロデューサーさんも何だかんだ言ってノリノリじゃないですか…)」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:02:05.68 ID:FR3AjdfU0

千早「わぁ…凄く良い感じです!やっぱり高槻さんの声かわいい!」

P「いやぁー、やっぱりやよいの声は"こくほー級"だよなぁ」(やよい声)

千早「じゃあ、じゃあプロデューサー!次はですね!」

千早「私に"大好き"って言ってみてください!」

春香「(言うと思った…)」


P「いや、ダメだ」(やよい声)

千早「!? な、なんでですか!」





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:04:32.93 ID:FR3AjdfU0

P「さっきの千早の行動で、この声でかるがるしく話すことがどんなに危険なことか分かったからな」(やよい)

P「 もうそういうたぐいのことは話さないことにする。だから千早、ざんねんだけどおまえの願いはききいれられない」(やよい声)

千早「そ、そんな…どうしてもなんですかプロデューサー!!『大好き』の一言、それだけで良いんです!」

P「………」

千早「お願いします!一生のお願いですから!この先歌えなくなってもいい!バラエティに出たくないとか我儘も言いません!だから、プロデューサー!プロデューサー!!」

春香「(千早ちゃん、プロデューサーさんに縋りついて…必死過ぎるよ…)」

P「千早…」(やよい声)





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:07:18.81 ID:FR3AjdfU0

千早「『大好き』じゃなくてもいい!別の、好きだという意思を示す為の言葉でもいいんです!」

千早「『愛してる』とかでも、だか ら、だから…!!」

千早「だから……―――!!」


バタンッ

美希「おはようなの!」



千早「『愛してる』って私に言って下さい!プロデューサァアアア!!」


美希「」

春香「oh」





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:10:16.36 ID:FR3AjdfU0

美希「ち、千早さんが…ハニーと、修羅場ってる…」フラフラ

春香「美希!違うから、全然違うから!そう見えるけど事実は全然異なってるから!!」

美希「…だ、だめー!!ハニーはミキのなの!愛してるって言われるのはミキなの!!」ダキッ

P「どわぁっ!?」(やよい声)

千早「あ、美希!今抱き着いたらバランスが…!」

美希「きゃあーっ?!」


ガッシャーンッ!





39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:12:35.12 ID:FR3AjdfU0

美希「いたた、なの…」

春香「み、みんな!大丈夫!?」

美希「あ、春香…。ミキは大丈夫だけど、ハニーと千早さんが…」チラッ

美希「!?」


P「うー、うぅう…」(やよい声)

千早「いたた……。あっ」


春香「ち、千早ちゃんがプロデューサーさんを押し倒してる感じに!」

美希「み、ミキのせいでラブがコメッちゃってるの!!いやぁああっ!!」





41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:15:13.34 ID:vDKGdBrf0

千早「…ご、ごめんなさいプロデューサー」

P「いや、すまん千早…。おれがバランスをくずしたばっかりに。怪我してないか?」(やよい声)

千早「大丈夫です。すぐどきま…」

千早「(…あれ?)」

P「? 千早?」(やよい声)





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:17:12.00 ID:vDKGdBrf0

千早「(これって、もしかしてチャンスなんじゃ…)」

千早「(高槻さんは愛すべき天使であり、同時に深く触れてはならない聖域でもある)」

千早「(だけど、私の前にいるのはプロデューサー。声は天使でも身体は天使じゃない)」

千早「(つまり、普段は高槻さんに出来ない行為でも、プロデューサーになら出来る)」

千早「(高槻さんのいけなくも可愛い声も…今なら、聞けてしまう!)」

千早「(そう…!『大好き』とは言わせられないなら…!!)」

千早「(普段聞けないような別の言葉を言わせてしまえばいい…!!)」

千早「(私の、手で!)」


千早「ふ、ふふふ……」

P「ち、千早… ?」(やよい声)





43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:17:25.63 ID:6b9u6ctoo

やべぇよ・・・やべぇよ・・・





46:>>45 ありがとうございます! :2014/04/27(日) 19:23:21.36 ID:vDKGdBrf0

千早「そう、そうすれば良かったのね…!」

P「えっ…」(やよい声)

千早「プロデューサーが意地でも『大好き』と言わないならば、私自身の手で鳴かせるだけ…!」サワッ

P「え、ちょ、待って…お前の目から光が消えてるんだけど…?」(やよい声)

P「というか千早、お前の手、なんかおれのやばいとこさわってる気がするんだけど、え…!?」(やよい声)


千早「ふふ、プロデューサー…高槻さんの声で、可愛く鳴いてくださいね…!」

P「」





49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:26:29.94 ID:vDKGdBrf0

春香「いやぁあああ!!千早ちゃん、さずがにそんな危険過ぎる展開はダメー!!」

美希「な、なんかハニーの声がやよいが喋ってる風に聞こえるんだけど、ど うしてなの、春香!?」

春香「話してる場合じゃないよ!プロデューサーさんんんん!!」ダッ


ガッ

春香「ののわぁっ!?」

ドンガラガッシャーン!





50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:28:15.72 ID:vDKGdBrf0

P「うわぁあ!?」(やよい声)

千早「きゃあああ!」


美希「ハニー!千早さん!春香ーーー!?」


春香「いたたた…またやっちゃった…」

春香「ハッ!プロデューサーさん!千早ちゃん!!」





51:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:30:05.07 ID:vDKGdBrf0

千早「…うう……」

P「痛い…流石春香、相変わらず何も無い所で転ぶな…」

春香「…あ!プロデューサーさん、声…!」

P「え……? あ!」


P「声が、元に戻ってる…!」





52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:32:05.33 ID:vDKGdBrf0

千早「ああ!もう元に戻ってしまうなんて…!早過ぎますプロデューサー!」

P「いや、このタイミングで良かった…後一歩でアイドルとプロデューサーの関係が崩れ去ってたぞ」

美希「な、なにが起こったかよく分かんないけど…ハニーはミキのハニーのままなんだよねっ?」

P「あ、ああ。ハニーではないけど、お前の担当プロデューサーだよ」

美希「……っ! 良かったのーっ!」ダキッ

P「おわっ!離れろ、美希!」





53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:38:10.13 ID:zimQ9xV/0

春香「と、というかなんで自分でわかったんですか?声が治ったって…」

P「いや、実は今まで漢字がちょっと言いにくかったんだけど、すんなり言えるようになって…」

春香「あ、やっぱり言いにくかったんですね」

千早「ああ…またとないチャンスだったのに…」

春香「千早ちゃん…」

春香「(どうしよう、励ましの言葉が浮かばない…いや、励ました方がいいのかな。これ…)」


バタンッ

やよい「おっはようございまーす!」

千早「高槻さん!おはよう!今日も可愛いわね!」

春香「(必要なかったです)」





54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:39:20.51 ID:+JH+WHcEO

変わり身早すぎワロタ





55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:40:05.45 ID:zimQ9xV/0

千早「やっぱり本物の高槻さんは可愛いわ…!」

やよい「え?にせものの私がいたんですかー?」

千早「いえ、なんでもないわ。気にしないでね」

やよい「?」

P「おお、来てたんだな。やよい。おはよう」

やよい「おはようございますー!…プロデューサー、何だか疲れてますか?」

P「はは、気の所為だよ…今日も一緒に仕事頑張ろうな」ナデナデ

やよい「! えへへーっ、がんばりましょうね!プロデューサー!」





56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:42:05.61 ID:zimQ9xV/0

美希「むーっ、ミキもなでなでして欲しいの!」

P「はいはい」ナデナデ

美希「えへへ…」

春香「プロデューサーさん!最大の功労者である私にもすべきじゃないですか!」

P「はいはい」ガシガシ

春香「雑なんですけどプロデューサーさん!痛い!!」

美希「春香らしいの!」





58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:45:46.83 ID:zimQ9xV/0

/アハハハハハッ!!\



小鳥「むー、みんな楽しそうね。私、ずっと事務所にいたのに気づいて貰えないし…ぐすっ…」

小鳥「いいのよ…私は縁の下の力持ちになって、皆を陰ながら支えていくんだから…」

小鳥「(…しかし、あの薬、今頃になって効いてくるなんて。本物だったのね)」

小鳥「(昨日、面白半分でプロデューサーさんのお茶に混ぜちゃった、このお薬…)」

小鳥「(『あの高槻やよいの舌足らずな声になれる!"やよやよボイスEX"』……)」



小鳥「ネット通販って侮れないピヨ…」



end





60:>>1:2014/04/27(日) 19:49:37.97 ID:zimQ9xV/0

前回Pの声をロリ声に、という要望があったので、ロリなやよい声にしてみました
ありがとうございました!





63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:55:02.84 ID:6b9u6ctoo







59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:47:45.01 ID:6b9u6ctoo

あの録音やよいに聞かせてあげたい





64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/27(日) 19:56:26.46 ID:pWu/Vc0Ro

乙(やよい声)





65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/04/27(日) 20:11:48.88 ID:hjM4Pxi/0

乙よ(のあボイス)
声変化シリーズもうちょい続けて欲しいです






元スレ:P「え?俺がやよいみたいな声になってる?」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1398589690





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。