Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  貴音「響、こんなところにいたのですか」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
この世界には、愛するものと二人だけ存在していればよい。それだけで人生は満ち足り、
明日への活力となる。かもしれませんね。ご飯は~とか生活用品は~とかインフラは~はキニシナイ乙。


2: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:18:11.28 ID:tesc2aze0

~765プロ屋上~

響「……貴音」

貴音「はむ蔵達は?」

響「行っちゃったよ」






3: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:19:18.96 ID:tesc2aze0

貴音「響も、先に行ってしまったのかと……」

響「ごめんね、心配させちゃって」

貴音「全くです。罰として、らぁめんをごちそうして下さい」





5: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:20:53.03 ID:tesc2aze0

……

響「ラーメン屋、何処も開いてないね」

貴音「面妖な……」

響「みんな、先に行っちゃったのかな?」

貴音「先程、千早から先に行くと」

響「春香も行っちゃったらしいよ。千早と一緒に行ったのかな?」

貴音「だとすれば……」





6: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:22:17.36 ID:tesc2aze0

響「ん?」

貴音「いえ、羨ましいな、と」

響「大丈夫。自分が一緒だぞ」ギュ

貴音「響……ええ、そうですね」ギュ





7: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:23:42.21 ID:tesc2aze0

……

響「スーパーの食べ物残ってて良かったね」

貴音「最後に響の手作りらぁめんが食べられるとは、私は幸せ者です」

響「大げさだなぁ。でも、自分精一杯作るからな! 楽しみにしててね!」





8: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:24:55.94 ID:tesc2aze0

……

貴音「ふぅ、ご馳走様でした」

響「お粗末様でした」

貴音「ふふ、こうしていると、まるで夫婦のようですね」

響「な///何言い出すさぁ///」





9: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:25:52.94 ID:tesc2aze0

貴音「……響」

響「何、貴音?」

貴音「最初に響の居たあの場所へ……765ぷろの屋上へ行きませんか?」





10: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:27:33.68 ID:tesc2aze0

……

響「で、何か言いたいことでもあるのか?」

貴音「おや、ばれていましたか」

響「そりゃ、長い付き合いだしなぁ」

貴音「ええ、そうですね。真、その通りかと……」





11: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:28:39.19 ID:tesc2aze0

貴音「……響、どうして真っ先に、私の元へきてくれなかったのですか?」

響「ああ、その事か」





12: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:29:32.89 ID:tesc2aze0

貴音「その事か……ではありません! 私、とても不安で……」

響「んー、なんて言うんだろ? 信頼、かな?」

貴音「信頼?」





13: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:30:43.75 ID:tesc2aze0

響「あそこにいれば、貴音がきっと迎えに来てくれるって、自分信じてたから」

貴音「響……」

響「それにね。自分、最後くらいお姫様みたいに迎えに来て欲しかったんだ」





14: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:31:49.24 ID:tesc2aze0

貴音「ふふ、響はいつも走り回ってばかりでしたしね」

響「その内の半分くらいは貴音のせいだけどな」

貴音「面妖な……」





21: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:45:07.02 ID:tesc2aze0

響「えへへ、でも全然嫌じゃなかったんだよ。むしろすっごく楽しかったんだから!」

響「でもね、その……自分だって女の子なんだから、一回くらい、大切な人に迎えに来て欲しかったんだ」

貴音「申し訳ありません……私は、響に私の王子様を押しつけてしまっていたようですね」





22: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:46:07.87 ID:tesc2aze0

響「まったくだぞ! 真じゃあるまいし!」

貴音「真に怒られますよ」

響「だいじょーぶ、真なら雪歩と先に行っちゃったから」





23: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:47:34.15 ID:tesc2aze0

貴音「おや、そうでしたか」

響「というか、もう765プロで残ってるの自分達だけじゃないかな?」

貴音「もしかすると、世界で私達二人だけ、かもしれませんよ」

響「だとしたら、ちょっと寂しいね……」

貴音「……」





24: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:48:43.16 ID:tesc2aze0

響「でも自分、貴音と一緒なら平気だよ!」

貴音「……私も同じ気持ちですよ、響」





25: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:49:36.93 ID:tesc2aze0

響「貴音、その……あのさ」

貴音「響、私も同じ気持ちと言ったでしょう?」

響「!」パァ





26: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:50:30.47 ID:tesc2aze0

貴音「響、少し背伸びをして下さい。私も合わせますので」

響「う、うん////」





28: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:51:15.13 ID:tesc2aze0

……

響「……///」

貴音「……///」

響「幸せだね」

貴音「真、幸せですね」





29: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:52:10.09 ID:tesc2aze0

響「それじゃ、もう移行か」

貴音「参りましょうか」

響「また合えるよね、貴音」

貴音「ええ、きっと」





30: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:53:26.95 ID:tesc2aze0

響「それじゃ、またね、貴音」

貴音「ええ、また会いましょう、響」





31: ◆.xKc9zwqNY:2014/04/15(火) 00:54:59.37 ID:tesc2aze0

おわりです

理屈をつけようかとも思ったんですが、下手にオチをつけるよりはこちらの方が良いかと思ったため、これでおわりにしました
世界観なんかは各人補完していただければ幸いです





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/15(火) 00:58:19.90 ID:nxrNNLN4o

おつおつ





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/04/15(火) 02:09:03.27 ID:L169cHoX0








元スレ:貴音「響、こんなところにいたのですか」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397488629





  

【 関 連 記 事 】


もうこのブログ、アイマス専用ブログじゃん。
つまんね。もうこねーわ
[ 2014/05/04 18:45 ] [ 編集 ]
確かに前はもっと他の作品もまとめてたのにね
今は萌え作品がほとんどだったり
その変化が悲しくはある
[ 2014/05/04 19:26 ] [ 編集 ]
以前、はるちはで世界が終わる寸前の二人の話があった。
作中の台詞でそれと同じ世界観かと思た。(765感)
[ 2014/05/10 08:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。