Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  モバP「>>3してやるんだ!」【安価SS】

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
一度決めたPの決意は固い。それは理屈や理念ではなく、純粋なる欲望。心の奥底にある
原始の記憶。それを止める事など誰もできはしない。つまり、オマイラのお告げは絶対乙!


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 20:48:39.53 ID:Doz0aEGso

P「止めたって無駄だからな!」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 20:49:59.57 ID:rL3JZoxso

銭湯に行く





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 20:52:31.45 ID:Doz0aEGso

P「俺は……俺はっ!!」

P「俺は銭湯に行くんだ!!!」


P「そうだろう!」

P「止めてくれるなよ>>8!!!」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 20:53:49.98 ID:ItcNt5yAO

ほたる





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:02:02.76 ID:Doz0aEGso

白菊ほたる(13)

11_1_20140506225602ffb.jpg
http://i.imgur.com/QfEZf03.jpg



ほたる「プロデューサーさん……無茶です!」

P「安心しろ。すぐにあったかいお風呂に入れるようにするからな!」

ほたる「でも……」

P「ほたるのことを置いてくわけじゃないぞ? いっしょに行くんだ、安心してくれ」

ほたる「………」

P「さぁ、いこう!」

ほたる「プロデューサーさん……ここがどこだか忘れちゃったんですか……?」

P「ここ? そんなもん>>13に決まって――」





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:03:13.48 ID:cRlTcHdWO

留置所





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:04:16.13 ID:DzxCK7rho

アチャーすでにP塀の中だったかー





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:08:20.84 ID:YKJobQl50

アカン





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:15:28.12 ID:Doz0aEGso

P「留置場に決まってるだろう?」

ほたる「……やっぱり、おかしくなって……」

P「ハハハ、何言ってるんだほたる。俺は元気だぞ」

ほたる「でもっ! 私の不幸のせいで、プロデューサーさんまで巻き込んじゃって……」

P「いいや。ほたるは悪くない……だからいっしょに銭湯にいこうな」

ほたる「……はい」

P「……しかし、参ったよ。まったく」

ほたる「プロデューサーさんは、悪くありません……ただ、私が……」

P「おいおいほたる。言いっこなしだ。あれは事故だし、ほたるの不幸だって関係ない。そうだろ?」

ほたる「……」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:18:17.27 ID:Doz0aEGso

ほたる「……プロデューサーさん……」


P(やれやれ参った。ほたるがすっかりへこんでる)

P(俺がちょっと留置場に入るぐらい、大した問題じゃないっていうのに……優しい子なんだな)

P(ここは小粋なジョークのひとつでもかましてやるか!)


P「なあ、ほたる」

ほたる「は、はい」

P「できれば混浴がいいな!」

ほたる「えっ」


P(……んんー? リアクションが芳しくない?)

P(さては緊張してるな? まぁ、そうだな……)

P(留置場の空気があまり好きじゃないんだろう。そうだ、そもそも俺がなんで留置場に入れられたか、だ)

P(あれはただ――>>25しただけだったのにな……)





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/04/12(土) 21:20:05.56 ID:6VNUQZZk0







26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:20:07.06 ID:DzxCK7rho

公衆の面前でロリアイドル達に過剰なスキンシップ





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:21:04.45 ID:YKJobQl50

これは死刑





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:21:26.07 ID:YQjcmotDO

いかんでしょ





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/04/12(土) 21:21:42.08 ID:g7ZYNR540

アウトじゃねーか





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:29:22.99 ID:Doz0aEGso

P(あれはたしか――)


――

――――


P「おーい! みんな!」

仁奈「あっ、P! どうしたんでごぜーますか?」

34_1_201405062256018ea.jpg
http://i.imgur.com/fVfKewz.jpg

P「いやぁ、仕事あがっただろ? 差し入れ持ってきたぞー!」

雪美「……差し入れ………アイス……?」

34_2.jpg
http://i.imgur.com/5hatxl3.jpg

P「そう。お疲れ様、甘くて疲れもふっとぶぞー?」

千佳「わぁー! ありがと、Pくん! うれしーなっ♪」

34_3.jpg
http://i.imgur.com/gTty1JO.jpg

P「ハッハッハ、さて仲良くわけるんだぞ?」





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:36:21.57 ID:Doz0aEGso

仁奈「ガリガリくんの気持ちになるですよ」

P(すげぇ、あの表情って実際にできるもんなんだ)


千佳「んーっ! 冷たくておいしー♪」

P「喜んでもらえたみたいでなにより。さて……」

千佳「……あれ? Pくんの分はないの?」

P「うん? ああ、別にいいかなって」

千佳「えー、いいの? よかったらあたしのちょっとあげるよ?」

P「お? いいのか、それならちょっともらおうかな」

千佳「はい、グレープ! いろいろ選べて宝石みたいだよね」

P「アイスの実かー、昔はよく食べたんだけどなぁ……うん、美味い」

仁奈「あっ、じゃあピノをいっこくれてやりますよ!」

P「え、いいのか? ハハハ、悪いなぁ」

雪美「………P……」

P「ん? ……あー、雪美のは2つしか入ってないじゃないか。いいよ」





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:39:06.35 ID:Doz0aEGso

雪美「…………」

P「結構好きだけどさ、やっぱり雪見大福は分けるもんじゃないって……気持ちで嬉しいから」

雪美「……それなら………」

P「ん?」

雪美「…………」ピロー…

P(……雪見大福の皮だけ伸ばして……なんだ?)

雪美「……あーん……」

P「いや、だから……」

雪美「…………」

P「……わかった、わかった。あーん……」

雪美「………♪」チュッ

P「!?」





38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:43:06.91 ID:Doz0aEGso

P「えっ」

雪美「ゆきみ……だいふく……」


P(今、雪美は何をした? 唇に大福の皮を乗せ、俺へとそのままキスをした。そして微かに甘い……)

P(フッ。無意識に俺の口の中にまで侵略したか。もしくは、俺が求めるあまりなめまわしてたか)

P(ゆきみだいふく。実に美味也)


仁奈「……」ポカーン

千佳「……」ポカーン


P「ハッ、しまった! 違う、違うぞ2人とも!」

仁奈「Pと雪美おねーさんがキスしてやがりました……」

千佳「お、オトナなんだね雪美ちゃん……」

雪美「……ぶい」

P(これはまずい。これじゃあ、仁奈と千佳が不平等を感じてしまう)

P(俺はアイドルみんなを愛してる。それを表さねば!!)





39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:45:42.59 ID:Doz0aEGso

P「大丈夫だ2人とも!」

千佳「え?」

P「キスしよう!!」

仁奈「ちゅーでごぜーますか?」

P「ちゅーだ! 恋っぽいことしようぜぇー!」

仁奈「わーい♪」チュッ

P「えっへへ」

千佳「えー、じゃあ、あたしも!」

P「ふふっ、もちろんさ素敵なレディ?」

千佳「ぷぷっ! なにそれPくんへーん!」

P「へんだとぉ!? こいつー、こちょこちょー」

千佳「きゃーっ、や、あはははっ! やめてぇ、Pくんのえっちぃ!」

P「はっはっは、まいったかラブリーチカ! やめてほしくば――」ポンポン


P「はい?」

警官「やぁ」

P「あれ?」





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:52:08.72 ID:Doz0aEGso

警官「いやね、こちらもお話を少々聞かせてほしいだけだから」

P「待ってください!」

警官「うん。できれば身分の証明できるものとかないかな」

P「なんであなたは男なんですか!! そこは婦警さんじゃないんですか!?」

警官「は?」

P「あっ、でもそうすると早苗さんと被るのか……柳の下の泥鰌と言いますしね。だけどそれを期待するのもいいじゃないですか?」

警官「……あー、通報のあった男性なんだけどちょっとお酒入ってるかもしれないから応援お願いします。どうぞ」

P「応援!? そんな、いいですよ。婦警さんはうちにもいますしわざわざお手数おかけしなくても」

警官「はい、こっち来てねー。怖くないから、お嬢ちゃんたちは待っててねー」

――

――――


P(ふむ……おかしいな。やはり俺は間違ったことをしてなんかいない)

P(そう言ってるのに、精神鑑定だなんだと大げさなやつらばかり。参ったぜ)

P(久しぶりに銭湯にでもいってさっぱりしたいなぁ)





47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 21:58:48.39 ID:Doz0aEGso

ほたる「私がしっかりしていれば、プロデューサーさんは……」

P「おいおい、ガリガリくんの新しい味が出てるって教えてくれたのはほたるだろ? 差し入れにアイスを選んだのは俺の意思さ」

ほたる「だけど、私の食べたガリガリくんには『あたらない』って書いてあったんです……きっとこのせいで……!」

P「ほたる……」


P(優しい子だ、ほたる……)

P(いっしょに銭湯にいって背中の流しっこでもしてやりたいな……)

P(……ところでほたるはどうしてこんなところにいるんだ?)


P「……なぁ、ほたる」

ほたる「は、はい」

P「ここは留置所だ。ほたるが長居するところじゃない……どうしてわざわざこんなところまで……」

ほたる「えっ? そ、それは……その、>>52で……」





52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:00:59.31 ID:HvBBZCVAO

ちょっと愛海ちゃんにイタズラしたらここにぶち込まれました





54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:01:28.36 ID:YKJobQl50

なにやってだ
なにやってだ





59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:08:51.75 ID:Doz0aEGso

ほたる「実は、私も……捕まったんです……」

P「なにィ!? た、確かに面会室じゃないのになんでいるのか不思議だったが……そういうことだったのか……」

ほたる「はい……すみません、私、わたしが……」

P「謝るな、ほたる。どうしてだ?」

ほたる「……愛海ちゃんに、イタズラをしたんです」

P「イタズラ?」

ほたる「はい。そのちょっと>>63を……」





63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:10:19.34 ID:DzxCK7rho

包丁(偽)持って追っかけた





66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:16:12.24 ID:Doz0aEGso

P「包丁を?」

ほたる「偽物、だったんですけれどね……」


――

――――


愛海「今日もあたしの両手が唸る! あのお山の向こう側の景色を見ろって!」

66_1.jpg
http://i.imgur.com/x8ncNcf.jpg

愛海「うひひ……さぁーて、誰かいないかな?」

愛海「ちゃんと正面からお願いして、揉ませてもらわなきゃね♪ ふんふんふふーん……」

ほたる「……あ。愛海ちゃん」

愛海「あれ? ほたるちゃん! イベントすごかったね!」

ほたる「本当? ありがとう……嬉しいな」

愛海「いやぁ、あたしも楽しかったなぁ……デビルだったからね。合法的にいけたのはよかったなぁ……」





69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:24:01.54 ID:Doz0aEGso

ほたる「そっか……楽しかった……か」

愛海「うん。ほたるちゃんもすごかったよね、迫真の演技って感じで! 呪われた黒バラと、静かに揺れるスズランの……」

ほたる「愛海ちゃんは、楽しかったんだ……へぇ……」

愛海「……あ、あれ?」

ほたる「私は……私はね。やっぱり弱いのかなって、思ったよ」

愛海「そんなことないよ! ほたるちゃん、しっかりしてるし!」

ほたる「だけどできることなんて、不幸にすることばかり……あのお芝居だって、素に近かっただけ……」

愛海「ほたるちゃん……大丈夫だよ。ほら、あたしも胸を貸すから、ほたるちゃんも荷物を下ろして、あたしに胸を貸そう?」

ほたる「…………」

愛海「大丈夫、痛くないから。優しくするから、ねっ? ねっ?」

ほたる「愛海ちゃんは優しいなぁ」

愛海「えへへ、それほどでも。さぁ!」

ほたる「だから、勘違いしちゃいそう」カランッ

愛海「……へ?」





70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:29:33.99 ID:Doz0aEGso

愛海「な、なにそれ……?」

ほたる「なにに見える? これ……」スッ…

愛海「えーっと……ほうちょう……かなぁ……」

ほたる「そうだよ。正解……よかった、見えないわけじゃなかったんだ」

愛海「手料理でもごちそうしてくれるのかな? あはは、でもあたしとしてはもっと直にスキンシップを――」

   ダンッ!

愛海「ぴっ……」

ほたる「……私、気づいたの。愛海ちゃん」

愛海「な、なにに……?」

ほたる「私と仲良くなると……私が原因で不幸になっちゃう。それは、すごく悲しい……」

愛海「ふ、不幸じゃないよ? 大丈夫、大丈夫だから包丁おろそう?」

ほたる「愛海ちゃんには、とっても感謝してるよ。ここに来たばかりの時だって……緊張をほぐしてくれて……」

愛海「いやぁ、それほどでも……あはは……」

ほたる「だから。お礼」





73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:33:28.84 ID:Doz0aEGso

愛海「ほたる、ちゃん……?」

ほたる「私の不幸が原因で……意味も解らないまま、危ない目にあうぐらいなら」

ほたる「私が、私の手で。大好きなみんなに不幸を届ければいい」

ほたる「そうしたら、きっと。それ以上不幸にならなくて済む……だよね?」

愛海「ひっ……」

ほたる「一番にお礼したかったんだぁ……ふふっ……」

愛海「や、や……」

ほたる「大丈夫。これがきっと最後の不幸……もう怖いことも、痛いこともない世界へいけるから……」

愛海「いやぁぁー!!」

ほたる「待ってよ、ねぇ……ねぇ、愛海ちゃん。待って、見捨てないで……どこにもいかないで。私の手で、せめて!」

愛海「た、たすけっ、たすけて! だれか! 木場さん! 清良さん! 早苗さん! 誰でもいいから!!」





75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:40:51.28 ID:Doz0aEGso

ほたる(……そろそろ、いいかな。イタズラしすぎちゃったかも)

ほたる(だけど、いつも愛海ちゃんには困らされてるしもうちょっとだけ……)

ほたる(あとでちゃんと謝れば大丈夫だよね……ふふ、ふふふ……♪)


ほたる「どこにいくの?」

愛海「や、やぁ……やだ、わかった。もう、もう勝手に揉まないからぁ……ちゃんと同意もらってから30揉みまでにするからぁ……」

ほたる「………大丈夫だよ。怖くないよ」

愛海「う、ぅぅ……あたしはただ、幸せになりたかっただけなのに……!」





76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:42:43.64 ID:Doz0aEGso

ほたる「ふふふ……ふ………?」

愛海「い、いっそ刺し違えてでも……あれ?」


ほたる(あれ……? なんだか急に、身体が、おもく……)


ほたる「……」ガクッ

愛海「ほ、ほたるちゃん?」



こずえ「……ふわぁ……あぶないのー……だめぇー……」

76_1.jpg
http://i.imgur.com/kYh0h1g.jpg

愛海「こずえちゃん! こずえちゃんが助けてくれたの!?」

こずえ「うんー……」

愛海「ありがとう! お礼に将来性を高めるマッサージ……を……」

こずえ「……えっちなのはぁー……いけないとおもいますー?」

愛海「……うひひ……だめかぁー……」ガクッ

こずえ「………つーほー……しなきゃー……」


――――

――





77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:46:18.05 ID:Doz0aEGso

ほたる「……そういう、わけでして」

P「なるほどなぁ。愛海は?」

ほたる「わかりません……」

P「まったく、参ったよ。冤罪じゃないか!」

ほたる「いえ、私はやっぱりやりすぎたんです……調子に乗って、楽しくなって……」

P「ほたる……」

ほたる「今の私に……太陽は眩しすぎます……」

P「大丈夫だ。それを雪ぐためにも銭湯では流しっこだぞ!」

ほたる「プロデューサーさん……!」


P(ほたるも、大変だったな。まったく……)

P(さて、銭湯に行くには外にいかなきゃならない。それにはどうすればいい?)

P(ここは留置所だしな……>>81が妥当か……)





81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:47:52.41 ID:iGNO/7jyo

歌ってどうにかする





83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:52:57.99 ID:Doz0aEGso

P「……そうだ。ほたる」

ほたる「は、はい」

P「お前は何だ?」

ほたる「私は……私は、アイドルです」

P「わかってるじゃないか……なら、いい」

ほたる「……はい」

P「………」

ほたる「………?」

P「れりごぉー……れりごぉー♪ ふんふーんふふんふーふふー♪」

ほたる「……!」





84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 22:57:29.89 ID:Doz0aEGso

ほたる「プロデューサーさん……!」

P「ありのぉー♪ ままのー♪ ふんふーするのーよー♪」

ほたる(まさか、歌を……歌おうて……)

P「ありのぉー♪ ままのぉー♪ るるんりーらーらーらー♪」

ほたる(歌詞もうろ覚えなのにっ……!)

P「にぃーどぉーとぉー♪ ふふんふーふーふー♪」


ほたる「……戸惑い、傷つき……♪」

P「……!」





85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:02:32.32 ID:Doz0aEGso

ほたる「誰にも打ち明けずにっ……悩んでたそれもーもう!」

P・ほたる「「やぁーめぇーよぉー♪」」


ほたる「ありのままの姿見せるのよ…♪」

P「ありのままの! ふふんふーんふふー!」

ほたる「なぁーにーもーこわくーなぁーいー♪」

P「風よふーふー♪」

ほたる「……少しもっ寒くないわ!」


P「……ほたる!」

ほたる「プロデューサーさん!」


仁奈「悩んでたぁーことがウソみたいねー♪」

千佳「だってもう自由よ♪」

雪美「……なんでも……できる……♪」


ほたる「みんな!」





86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:07:51.61 ID:Doz0aEGso

P「ほたる……いってこい!」

ほたる「はいっ!」


こずえ「つめたくぅーだいちをつつみこみー……」

仁奈「高く舞い上がる思い出描いて♪」

千佳「花咲く! 氷の結晶のようにー!」

雪美「……輝いていたい……♪」

ほたる「……もう、決めたの!」


こずえ「これでぇー……いいのぉー……」

P「自分を好きになってぇー!」

愛海「これでーいいのー♪」

ほたる「自分を信じて!」


P「光浴びながら!」

警官「歩き出そう!」

P・警官「「少しも寒くないわ!」」





87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:10:10.02 ID:uygq0623o

ミュージカルじゃねーか!





88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:10:25.11 ID:Doz0aEGso

 ワァァァ…   パチパチパチパチ…



P「……みんな、ありがとう!」

警官「いい歌でした……私が間違っていた……」

P「そんなことはありません。おまわりさんも、素敵でしたよ」

警官「プロデューサーさん……!」


ほたる「よかった……私、笑える……!」

仁奈「ほたるおねーさん、お迎えにきやがりましたよー!」

千佳「大丈夫だった? びっくりしちゃった!」

雪美「………寂しい……ダメ……」

ほたる「うん……ありがとう、ありがとうっ……!」





91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:14:34.48 ID:Doz0aEGso

P「よぉーしみんな! 銭湯にいこうぜ!」

仁奈「せんとーでごぜーますか!?」

千佳「わわっ、今回のラブリーチカはバトルモードかな!?」

P「違う違う、お風呂! いっしょにはいろぉーぜぇー!」

雪美「……いっしょに……お風呂……?」

P「そうそう。それで流したり流されたりしようぜ! へっへ!」

ほたる「もう、プロデューサーさんったら……」

警官「先ほどの件は冤罪だったのがわかりました。安心です」

P「よかったよかった。それではこれで」

警官「ええ、テレビの向こうで応援しています」

P「だってさ、ほたる。よかったな」

ほたる「……はい」ニコッ





93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:20:17.46 ID:Doz0aEGso

仁奈「外でごぜーます!」

千佳「おふろ♪ おっふろー♪」

ほたる「わ……まぶしい……」

P「ほたる?」

ほたる「……平気です。私はもう、寒くない……」

P「そうか……よかった……」

ほたる「いきましょう、プロデューサーさん。お風呂」

P「おう! おごっちゃうからなー」

仁奈「コーヒー牛乳もですか?」

P「コーヒーでもフルーツでもイチゴでも普通のでもカルシウム強化でもどーんとこいさ!」

雪美「………♪」





94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:21:45.71 ID:Doz0aEGso

P「ついたついた。じゃあ入るかー!」

  ガララッ 

ほたる「え?」

P「ん?」

ほたる「……こっち、女湯ですよ?」

P「おう、でも流しっこできないじゃないか。ほたるたちの裸を他の男に見せるなんて言語道断だしな! ハッハ!!」

ほたる「~~~~~っ!!」

P「あれ?」

おばちゃん「ぐぎぇあああああああ! ちかんよぉおおおおおおおおお!!!!」

P「なにぃ!? ふてぇやろうだ! どこです!」

おばちゃん「あんたよ!!」

P「なんと!」



警官「や、また会ったね」

P「さっきぶりですね。ハッハッハ……」

警官「いいかな?」

P「しょうがないにゃあ……」





95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:22:52.61 ID:Doz0aEGso

愛海「あのさ、オジさん」

警官「なにかな?」

愛海「あたしだけ解放されてないんだけど」

警官「いろいろ話聞かせてほしくてさ……ね。最近はそこらへん厳しいからねぇ」

愛海「えー……美人婦警さんがいい……」

警官「筋肉じゃダメ?」

愛海「硬いじゃん……」


おわり





98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:24:13.69 ID:Doz0aEGso

以上、お粗末

シリアスしか書けない病発症したんですがたぶん直りました。ありがとう
アナと雪の女王は大好評上映中です! 総選挙はみくにゃんに投票お願いしますにゃ





99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:25:07.79 ID:DOOJFZUio

え、なにこれは…





100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/04/12(土) 23:27:43.87 ID:g7ZYNR540

モバマスすら関係ない潔すぎるダイレクトマーケティング





103:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:37:32.23 ID:0AUTeo9u0

全ては歌で終わる(至言)





104:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/12(土) 23:49:18.48 ID:CEci7r5Z0


またいつか安価スレやってくれよな!





105:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/13(日) 01:00:10.44 ID:WaCCXHpDO

歌で脱獄と聞いてアヤエイジア浮かんだ自分がいる





106:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/04/13(日) 03:53:31.76 ID:NzURyUazo

ほたる!ほたるぅぅぅぅぁぁぁぁあ!!






元スレ:モバP「>>3してやるんだ!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1397303319





  

【 関 連 記 事 】


マジレスすると留置所なら限りなく黒に近いグレーだけどまだ黒かどうか決まってはないからセーフ。拘置所だったら100%アウト。
[ 2014/05/11 17:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。