Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「事務所に帰ったら雪歩がエロ漫画を読んでいた」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
油断大敵、何処に人の目があるか分からないですから。特に職場で読むのは見つかったときに
大ダメージだけで済まない場合も。といっても、自宅でも見つかりたくはないですね乙!


1: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:07:10.51 ID:0+13ijP40

P「ただいまー」ガチャ


…………………


P「ん?誰も居ないのか?」






2: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:07:59.89 ID:0+13ijP40

P(……)

P(今日の仕事は全部終わったし、暇だな……)

P(そうだな、テレビでも飲みながらみんなの帰りを待とう)

ペラリ

P(ん?あれは雪歩?)

P(本を読んでるのか?)





3: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:09:04.81 ID:0+13ijP40

P(凄く集中してる……ステージ以外であんなに集中した雪歩を見たのは初めてかもしれない)

P(それにしても、どんな本を読んでいるんだろう)

P(気になるな…ちょっと覗いてみよう)





5: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:10:31.87 ID:0+13ijP40

スッ…

P(なんとか気付かれずに雪歩の後ろまで来たぞ)

P(さてさて、どんな本かな……!!)

P(こ、これは!!)





6: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:11:41.85 ID:0+13ijP40

P(エロ漫画……しかもプロデューサーもの……!)

P(どうせ音無さんの入れ知恵なんだろうが、まさか雪歩がこんな物を読んでいるなんて……)

雪歩「!!」





7: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:12:37.11 ID:0+13ijP40

P(しまった!気付かれた!!)

雪歩「あ……………………」

P「あっあの雪歩、これは……」

P(やばいやばいやばいやばいこれは間違いなく事務所に穴が開いてしまう…………!)

P(てかエロ本の表紙で顔隠さないでくれ!恥ずかしい!)





8: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:13:18.45 ID:0+13ijP40

雪歩「……………………私…………」



雪歩「…………穴……掘って…………」


P「雪歩、俺が悪かったから、ほら、その…………!」

P(俺の立場と予算が危ない…………お願い誰か助けて……!)





9: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:14:11.19 ID:0+13ijP40

雪歩「埋まっt

小鳥「ただいまー」

P(よりによって音無さんかよ!!)

小鳥「あれ? 雪歩ちゃん……その本は……」



小鳥「何の本?」

P「えっ」

雪歩「えっ」





10: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:15:18.85 ID:0+13ijP40

P「これ音無さんの本じゃないんですか?」

小鳥「私そんな本持ってませんよ……というかこれは……」

小鳥「!!」

小鳥「これは……僅か500冊しか刷られていない◯◯先生の超レアなエロ漫画じゃないですか!!!」

小鳥「雪歩ちゃん何でそんなもの持ってるの!?」





11: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:16:12.07 ID:0+13ijP40

雪歩「えっ、これ小鳥さんの机の中のエロ漫画スペースに入ってたのでてっきり小鳥さんのものかと……」

小鳥「ちょっと待ってなんで私のエロ漫画隠し場所知ってるの」

P「ちょっと待ってなんで事務所にエロ漫画隠してるの」





12: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:17:08.86 ID:0+13ijP40

小鳥「まあそれはこの際どうでもいいわ」

P「いいのかよ」

小鳥「ともかくそれは雪歩ちゃんの物でも私の物でも無い訳ね」

雪歩「はい」

P(話が逸れた事で事務所に穴は出来ずに済んだみたいだな……よかったよかった)

小鳥「じゃあその本はプロデューサーさんの物ということになりますね」

P「ちょっと待って」





13: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:18:11.26 ID:0+13ijP40

小鳥「だって他にエロ漫画買いそうな人プロデューサーさんくらいしかいないじゃないですか」

P「だからって俺のせいにするのはやめて下さいよ!そもそもこれ女性向けじゃないですか」

小鳥「セッ◯スするのに男性向けも女性向けも関係ないですよ、しかもプロデューサーさん変態ですし」

P「変態……」

雪歩「あっあの……」





14: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:19:21.84 ID:0+13ijP40

雪歩「私、プロデューサーがエロ本を隠したようには思えないです……」

雪歩「そもそも、プロデューサーは小鳥さんのエロ本の隠し場所を知ってなかったんですから」

小鳥「言われてみればそれもそうね……」

P「ふぅ」

小鳥「じゃあ誰がこの本を?」

「……………………」





16: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:20:36.71 ID:0+13ijP40

雪歩「あの、一人一人に聞いてみるのはどうでしょう?」

P「思春期真っ先の女の子に『ねえエロ本隠した?』って言ったらクビにされかねない」

雪歩「じゃあ、 そこはかとなく触れてみるとか」

P「例えば?」

雪歩「ネットで◯◯(エロ漫画家の名前)って言葉を見かけたんだが、意味がわからないんだ… みたいな?」

P「なるほど、それならクビにならずに済みそうだな」

P「よし、明日みんなに聞いてみよう」





17: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:21:47.81 ID:0+13ijP40

小鳥「じゃあ本の方は、私が責任を持って預かっておきますね」

P「ダメです。没収です」

小鳥「ええええええ!?」

P「ついでにここにある音無さんのエロ本も全部没収です」

小鳥「ううっ、ホントはエロ本が欲しいだけのくせに…………」

P「こんなにかわいいアイドルがたくさんいるのに、エロ本なんかいりませんよ」

雪歩「? 今何か言いましたか?」

P「ん?何も言ってないぞ」





20: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:23:54.43 ID:0+13ijP40

─────────次の日─────────

P「なあ皆」

春香「?」

千早「はい、何でしょう」

貴音「相談事でしょうか?」

美希「まさか、ミキが可愛すぎて生きるのが辛いとか!?」

P「昨日ネットしてたら◯◯って言葉を見つけたんだけど、意味わかる?」

美希「スルーなの……」





21: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:24:52.20 ID:0+13ijP40

春香「なんだか美味しそうな言葉だね」

千早「分かりませんね…………」

美希「そもそもそれって動詞なの?名詞なの?」

貴音「はて、そのような言葉は聞いたことがありませんね」





23: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:27:02.55 ID:0+13ijP40

P「多分名詞だと思うけど…………俺もよく意味が分からないんだ」

P「帰ったら調べてみよう」

春香「食べ物だったらそれ奢ってください!」

美希「ミキも食べたいって思うな」

貴音「お腹いっぱい食べたいものですね」

P「多分食べ物じゃないと思うぞ、後貴音は洒落にならないぞ」

春香「えー」

千早「まあ、なんでも、いいですけれど。」

貴音「そんな……」ショボーン

美希「食べ物じゃないならなんなのなの……?」

P(嘘をついてるようでもなさそうだし……違うようだな)





24: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:28:05.76 ID:0+13ijP40

雪歩「ねえ真ちゃん」

真「ん?何だい?」

雪歩「昨日◯◯って言葉を聞いたんだけど、真ちゃん意味分かる?」





26: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:28:46.58 ID:0+13ijP40

真「うーん、聞いたことない言葉だなぁ……」

響「おーい!何話してるんだ二人共!自分も混ぜてくれ!」

やよい「うっうー!私も聞きたいです!」

真「雪歩がね、◯◯って言葉の意味がわからないんだって」

響「なんだか美味しそうだな!食べ物じゃないか?」

やよい「甘い味がしそうです!」

雪歩「うーん、そうなのかなぁ……帰ったら調べてみるね」

雪歩(ここにいるみんなは知らないみたい……ちょっとほっとしたかも)





27: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:30:00.13 ID:0+13ijP40

小鳥「ちょっといいかしら?」

律子「?何です?」

小鳥「◯◯って言葉を昨日見かけたんですが、律子さん聞いたことあります?」





28: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:30:37.20 ID:0+13ijP40

律子「私は聞いたことないですね……二人は分かる?」

亜美「流石の亜美でもそれはちょっとワカンナイかなぁ」

真美「ピヨちゃん、そういうのはネットで調べればすぐワカルと思うよ」

小鳥「そ、そうね……今度調べてみるわ」

あずさ(ちょっと気になるかも、調べてみましょう……………………あっ)

小鳥(この四人でもないようね…………あずささんは今知ったのかしら?)





29: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:31:20.98 ID:0+13ijP40

P「となると、残りは伊織だな」

伊織「聞こえてるわよ、何が残ってるの」

P「◯◯って言葉の意味知ってる人探してて」

伊織「!!」





30: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:32:06.15 ID:0+13ijP40

P「これまで一人も意味知ってる人いなくて。 伊織は知ってる?」

伊織「しっしし……知らないわよそんな人!!」

P(これは知ってるな……『人』って言ってるし)

P「伊織さっき『人』って言ったよね」

伊織「ぎくっ」





31: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:33:02.03 ID:0+13ijP40

P「本当は知ってるんだろ?教えてくれよ、そう困るもんでもないだろ?」

伊織「………………………………分かったわ」

伊織「…………その…………その人はね…………」

伊織「エロ漫画家よ」





32: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:33:55.34 ID:0+13ijP40

P「エ、エロ漫画家…………」(計画通り)

伊織「ちょっと繰り返して言わないでよ!恥ずかしいじゃない!」

P「で、何で伊織がその人を知ってるんだ?」

伊織「そういうのも言わなきゃいけないワケ!?」

P「………………………………オレンジジュース3箱でどうだ」

伊織「賄賂を使っても無駄よ」

P「じゃあやよいを一日好きにしていい権を与えよう」

伊織「分かったわ、話せばいいんでしょ話せば」

P(ちょろい)





33: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:35:17.98 ID:0+13ijP40

伊織「うちのメイドさんがね、こっそり隠し持ってたエロ本を私が見ちゃったってわけ」

P「して感想は」

伊織「そもそも漫画をあまり読まないからあまり偉そうなことは言えないけど、絵が綺麗だったわね。」

伊織「別に大好きって訳でもないけど、熱心になる人の気持ちも分からなくはないわ」

P「以外と真面目な感想が返ってきた……」

伊織「どういう感想を期待してたわけ?」

P「もっともじもじして恥ずかしそうに『…………気持ちよさそうだった///』とか言うのを期待してたんだけど」

伊織「この変態!ド変態!der変態!」

P「ありがとうございます!」

伊織「…………」

P「……じゃあ犯人は伊織という事でいいんだな?」

伊織「えっ」

P「えっ」





34: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:36:24.43 ID:0+13ijP40

伊織「犯人って……何のこと?」

P「ここまで来て知らないとは言わせないぞ、音無さんの机の中に◯◯のエロ漫画入れたの伊織だろ」

伊織「ちょっと待って!どういうことよそれ」

伊織「確かに◯◯のエロ漫画を読んだことあるのは認めるけど、小鳥の机の中にエロ漫画入れたのは私じゃないわよ?」

P「本当か?」

伊織「本当よ!」

P「確かに、伊織が嘘ついたときはすぐ分かるからなぁ……」

伊織「それどういうことよ」





35: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:37:35.03 ID:0+13ijP40

小鳥「じゃあ伊織ちゃんは知ってたけど犯人ではなかったんですね?」

P「ええ、伊織が嘘をついているとは思えません」

雪歩「伊織ちゃんは嘘苦手だからなぁ……」

小鳥「他の子達も知らないみたいでしたし……」

小鳥「なら、一体誰が…………」




『私だよ』ガチャ





36: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:38:37.51 ID:0+13ijP40

P小鳥雪歩「社長!!!!!!」

P小鳥雪歩「社長!?!?!?」

高木「はっはっは、二回も言わんでいいよ」

P「しゃしゃ社長がこのエロ漫画を!?しかも女性向けの!?」

雪歩「」ブクブクブク

小鳥「どういうことですか!社長!?詳しく説明して下さいよ!!」





37: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:39:59.19 ID:0+13ijP40

高木「おっと何やら誤解しているようだね諸君」

高木「確かに買ったのは私だが、これは私のための物ではないよ」

高木「ほら、もうすぐ音無君の誕生日だろう?」

高木「だから、前々から音無君が欲しいって呟いてた本を貰ってきたんだよ」

P「まさか社長の外出が最近多かったのも……」

高木「そういうことだ」





39: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:40:52.48 ID:0+13ijP40

高木「いやあ中々見つけるのは大変だったよ」

高木「二ヶ月くらい探したのだが全然見つからなくて、そしたらある人が譲ってくれたんだよ!いやあ本当ありがたい」

小鳥「そこまでして…………ぐすっ」

小鳥「社長…………愛してます!一生あなたについていきます!」

高木「はっはっは!こちらこそ喜んでもらえて良かったよ」

P(エロ漫画の為に東奔西走する社長…………想像するのはやめておこう)





41: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:41:43.71 ID:0+13ijP40

P「そういえば社長、『ある人』って誰です?」

社長「ああ、その人はね…………音無君のお母さんだよ」

おわり





42: ◆e1yF1Ago4E:2014/05/13(火) 21:42:43.12 ID:0+13ijP40

初SSで色々至らない所もあるかもしれませんが楽しんで頂けたら幸いです。





43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 21:42:56.11 ID:oouQxfmDO

面妖な…!?




















面妖な!!!乙





44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 21:44:10.38 ID:Ulao19O6o


最初社長の存在が頭から消えてた





47:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/05/13(火) 21:55:47.58 ID:bT0QCv/g0

最初のほうの一番面妖な部分には何故誰も触れないんだ?





48:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 22:22:42.09 ID:Br/+QTyd0

>>47世の中には知らなくていいことというのがありましてね…






元スレ:P「事務所に帰ったら雪歩がエロ漫画を読んでいた」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399982820





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。