Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  春香「そ、そんなっ!千早ちゃんが>>3と付きあってたなんて!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
現実なんて非情なものですよ・・・。人間、恋人いなくとも一人暮らしでも不便は無いですし。
焦らず、運命の相手を見つければおk♪と軽い気持ちで考えていた時期もありました・・・乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:04:24.40 ID:wxIuEyQO0

春香「彼氏でも彼女でもいいから恋人がほしい!」

春香「千早ちゃんはいつも私にべったりだから千早ちゃんなら大丈夫だね!」

春香「しかし現実は甘くなかったッ!」

千早「ごめんなさい。私彼女がいるの」

春香「そ、そんなっ!千早ちゃんが>>3と付き合ってたなんて!」


※765アイドルで






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:05:35.59 ID:6b/ndBcXo

あずさ





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:09:49.76 ID:wxIuEyQO0

春香「どうしてッ!いつも私にべたべたしてたじゃない!」

春香「私のことは遊びだったのね!」

千早「ええそうよ」

春香「」

千早「…冗談よ」

春香「じょ、冗談だよね」ハハハ





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:14:41.26 ID:wxIuEyQO0

春香「まあすでに付き合ってるんだったら諦めるよ」

千早「そう、諦めがよくて助かるわ」

春香「で?」

千早「ん?」

春香「ん?じゃなくてさ」

春香「諦めるけどその代わりに二人のいちゃらぶエピソード聞かせてくれるんじゃないの?」

千早「……………わかったわ」

千早「そう、あれは事務所で二人きりになったときのことだった……」

春香「なんかすごいね…」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:20:07.73 ID:wxIuEyQO0

事務所

千早「~~~~~♪」

あずさ「…………」

あずさ「ねぇ千早ちゃん、せっかく二人きりなんだし何かお話でもしましょう?」

千早「ええ……構いませんが……共通の話題なんてあるんでしょうか?」

あずさ「もう、敬語なんてつかわなくていいのよ?」

千早「ですが……」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:25:42.11 ID:wxIuEyQO0

あずさ「私ね、ずっと妹がほしかったのよ」

千早「はぁ……」

あずさ「そしたら千早ちゃんと出会って…もうこれは運命だと思うの」

あずさ「だから私のことはお姉ちゃんって呼んでもいいのよ」

千早「……………」

千早「あの…」

千早「私はずっと姉というものがほしいと思ってました」

千早「お姉ちゃんって呼びたくて…」





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:30:46.66 ID:wxIuEyQO0

千早「でも実際は私が姉でしっかりしなきゃって思って…」

千早「そしたら、その矢先に優があんなことに……」

千早「とても辛かった…誰かにすがりたかった…」グスッ

あずさ「大丈夫よ…これからは私があなたのお姉ちゃんになるから…」ナデナデ

千早「ううっ……あずさ……お姉ちゃん」

あずさ「なぁに?」

千早「お姉ちゃん…大好き」

あずさ「ふふっ、私もよ、千早」





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:35:54.43 ID:wxIuEyQO0

千早「……という感じよ」

春香「千早ちゃんおちるの早ッ」

春香「くそぅ…もうちょっとはやく告白してれば…」

千早「話はそれだけ?私はもう行くわ」

千早「これからあずさ……ぉねぇちゃん……とデートに行くのよ」

春香「今照れたね」

千早「それじゃ」スタスタ

春香「スルーされた………」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:38:25.75 ID:wxIuEyQO0

春香「よし!気をとり直して次行こう」

春香「私は付き合えるんだったらだれでもいいからね!」

春香「次は>>13に告白しよう!」





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/05/12(月) 01:39:22.56 ID:Dw6fCNFa0







15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:43:44.96 ID:wxIuEyQO0

春香「真ー!」

真「春香?どうしたの?」

春香「突然ごめんね?気持ち悪いかもしれないけど…私、真が好きなの!」

真「え?」

春香「だから、付き合ってください!」

真「えっと……ごめん!ボク>>17と付き合ってるんだ」

春香「うそだろぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉおおおおおおおお!!」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:46:45.50 ID:0/96TJam0

雪歩





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:53:12.02 ID:wxIuEyQO0

春香「何でッ!いつからッ!」

真「何で尋問されてんのボク」

春香「うぁぁぁぁ!二連敗だよぉぉぉぉぉ」

真「なんのことかよくわからないけどこれから雪歩とデートなんだ」

春香「お前もかッ」

真「じゃ、そういうことで」

春香「待てぃ」ガシッ





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 01:56:31.69 ID:wxIuEyQO0

真「な、何?」

春香「デートの前に、いちゃらぶエピソードを聞かせなさい」

真「まぁそれくらいなら……」

春香(くそッいつの間に付き合ってたんだこいつら)ゴゴゴゴゴ

真「なんか禍々しいオーラが……」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 17:29:44.84 ID:wxIuEyQO0

真「じゃあ、この前事務所で二人きりになったときの話をするね」


事務所

真「あーやっと二人きりになれたね」

雪歩「うん、最近仕事が忙しくてなかなか二人になれなかったよね」

真「じゃあさ……気持ちいいこと、しない?」

雪歩「ふぇ……///」

雪歩「じ、事務所でするなんてダメだよ///」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 17:30:17.44 ID:wxIuEyQO0

真「あれ?雪歩は何を想像したのかな?ボクはただ気持ちいいことって言っただけなのに」

雪歩「べ、別にいかがわしいことなんて想像してないよ!?」アタフタ

真「雪歩顔真っ赤だよ」

真「雪歩は変態だなー」ニヤニヤ

雪歩「ま、真ちゃんのいじわるーーーっ!」





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 17:30:51.90 ID:wxIuEyQO0

真「ごめんごめん。ついからかいたくなっちゃって」

雪歩「もう、次やったらーー」チュッ

真「いまので許してね」

真「じゃあボク、レッスンだから!」


ガチャ バタン


雪歩「……………」

雪歩「真ちゃんの……ばか///」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 17:31:50.10 ID:wxIuEyQO0

春香「かーーーーーーっ!」

春香「ラブラブじゃないですか!」

真「まぁね」

真「じゃあボクはそろそろ行くね」

春香「あ、うん……私も次のターゲットを決めないと」

春香「うーん…>>33に告白しよう!きっと大丈夫!」

春香「三度目の正直って言うしね」


もうちょっとエピソード長くした方がいいですかね?





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/05/12(月) 17:36:04.59 ID:v/DcPkSC0

やよい

長くてもいいけどこれはこれでさくさく読めていい感じだよ





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 17:42:50.15 ID:wxIuEyQO0

春香「やよいが誰かと付き合う?」

春香「そんな可能性は皆無!」

春香「やよいは皆の………いや春香さんの天使!」

春香「やっよっいーっ!」

やよい「どうしたんですか春香さん」

春香「ちょっとやよいに大切なお話があってね」

やよい「いいですけど、これから>>38とデートするので手短にお願いします」

春香「……告白する前にふられたッ」

春香「というかなんで皆デートしてんの?仕事はどうしたぁっ!」





38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 17:49:42.12 ID:NI2H6YZ8o







40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:30:59.60 ID:wxIuEyQO0

春香「まぁいいや。でも、二人がいちゃいちゃしてるのって想像できないなぁ」

やよい「そんなことないですよ?」

やよい「あれは確か私が響さんのお家に泊まりに行ったときでした」

春香「なんか始まった…」





41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:31:43.52 ID:wxIuEyQO0

響宅

やよい「うわー!動物がたくさんいます!」

響「みんなー!お客さんだぞー!」

いぬ美「わふん!」

ハム蔵「ヂュイッ!」

やよい「なんかハム蔵の声って春香さんに似てますねー」

響「あははは!確かに!」





42:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:32:35.59 ID:wxIuEyQO0

やよい「響さん、あの……」

響「やよい」

やよい「はい!」

響「この前も言ったけど、二人きりのときは響って呼んでよ」

響「あと敬語も禁止!」

やよい「うん…ひ、響///」

響「良くできました」ナデナデ





43:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:34:47.97 ID:wxIuEyQO0

やよい「こ、子供扱いしないで下さい~」

響「やよい~?」

やよい「あ……ご、ごめんね」

響「もう!やよいはかわいいな~」

響「よし!一緒にお風呂入ろっか」

やよい「うん!洗いっこしようね!響!」

響「洗いっこ……楽しみだな」





44:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:36:10.59 ID:wxIuEyQO0

春香「最後の響ちゃんの台詞がなんかこわい」

春香「お風呂で変なことされなかった?」

やよい「へ、変なことなんてされてませんよ///」

春香(あ、されたんだ)

やよい「そ、それじゃあ私はこれで!」


ガチャ バタン


春香「いっちゃった……」

春香「ま、いつまでも落ち込んでる場合じゃないよね!」

春香「次は>>46だ!」





46:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:38:00.03 ID:KFgWFAFJ0

真美





49:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:43:28.92 ID:wxIuEyQO0

春香「真美はまだまだ中学生!恋人なんて早いよ!」

春香「真美ぃ!」

真美「ん?はるるんどったの?」

春香「私、真美のことがーー」

真美「あ、ごめんはるるん。真美>>50と付き合ってるんだ」

春香「せめて最後まで言わせてッ」


※ハム蔵とかいぬ美とかはなし





50:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:44:56.60 ID:VQ+GcqACo

千早





52:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:47:41.74 ID:wxIuEyQO0

いい忘れましたが一回出た人はなしで

亜美、律子、伊織、貴音、美希の誰かでお願いします

>>52





53:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:48:18.64 ID:wxIuEyQO0

>>54で





54:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/05/12(月) 23:48:44.79 ID:U+FmPyeB0

美希





55:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:49:31.66 ID:VQ+GcqACo

二股させたほうが修羅場で楽しそうだったのに





56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:52:42.13 ID:wxIuEyQO0

春香「み、美希と!?」

真美「うん」

真美「ミキミキメッチャ優しいんだよ?」

春香「そ、そうなんだ……」

春香(よ、四連敗…)

真美「昨日のことなんだけどね…」





57:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/12(月) 23:59:36.18 ID:wxIuEyQO0

真美「ふぅ、もうこんな時間かー」

真美「仕事長引いちゃったから仕方ないね」

真美「どうせ事務所に戻っても誰もいないんだろうなー」

真美「戻りましたー」ガチャ

美希「あ、お帰りなの」





58:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 00:04:23.01 ID:e5ENywLX0

真美「ミキミキ!?何でいんの?」

美希「むぅ。せっかく真美が戻ってくるの待ってたのに何でいんのはひどいの」

真美「ごめんごめん…でも待っててくれなくてよかったのに…」

美希「美希が待ってたかったの」

真美「そっか……ありがと」

美希「じゃあ帰るの。美希が送っていってあげるの」





59:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 00:08:39.30 ID:e5ENywLX0

真美「え?いいよ別にミキミキに悪いし」

美希「美希は大丈夫なの。だから帰ろ?」

真美「ミキミキがそこまで言うなら送ってもらおっかな?」

美希「任せるの!」ギュッ

真美「え……ミキミキ、手…」

美希「美希と手繋ぐの、いや?」

真美「う、そ、それは反則っしょー!」





60:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 00:13:24.45 ID:e5ENywLX0

春香「で、二人は仲良く手を繋いで帰ったと」

真美「うらやましいっしょー?」

春香「うらやましいよっ!私もそういうことしたいよぉぉぉ」グスッ

真美「えぇ!?泣かないでよ」

真美「諦めなきゃなんとかなるよ!ほら、あそこに>>62がいるよ」

春香「ぐすっ……うん!頑張ってくるね!」


亜美、伊織、律子、貴音、小鳥、Pのだれか





62:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 00:15:58.33 ID:k14ROOG2o

亜美





63:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 00:23:08.76 ID:e5ENywLX0

春香「亜美!亜美ならいける!」

真美「頑張ってねー(はるるん……すまぬ)」

春香「亜美!好きです!」

亜美「はるるん!ごめんなさい!」

春香「元気にふられた……」

亜美「ごめんねはるるん。はるるんのこと嫌いじゃないけど>>65と付き合ってるんだ…」





65:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 00:24:41.36 ID:JVrNdlT8o

小鳥





66:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/13(火) 00:29:57.71 ID:e5ENywLX0

春香「年の差ッ!」

亜美「年の差なんてかんけーないよ!大事なのは好きかどうかだよ!」

春香「あ、はい。すいません」

亜美「わかればよろしい……でさ、はるるん聞いてよー」

亜美「ピヨちゃんったら亜美のこと好きすぎてマジヤバイんだよ」





68:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:07:13.26 ID:CEpbCxxl0

亜美「ピヨちゃん!」

小鳥「はいっ!なんでしょう!」

亜美「また亜美の家から下着盗んだっしょー」

亜美「しかも今履いてるよね?」

小鳥「な、なぜばれた……」

亜美「だって下着一着なくなってたもん。誰だってわかるよ」





69:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:07:54.97 ID:CEpbCxxl0

亜美「まぁ代わりにピヨちゃんのパンツが置いてあったときはビックリしたけどね」

亜美「あ、ちなみにそれ真美のだから」

小鳥「なん……だと……」

小鳥「においがいつもと違ったのはそのせいか……」

亜美「ピヨちゃん……」

小鳥「そ、そんな目で見ないで!悪いとは思ってるのよ」





70:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:08:31.37 ID:CEpbCxxl0

小鳥「でも、私今までお付き合いなんてしたことなくて……嬉しくてつい…」

亜美「はぁ……」

亜美「しょうがないなぁ……今日は特別にパンツを三着あげよう!」

小鳥「うわーい!ピヨヘヘヘ……(一着は履いて、もう一着は被る。そして最後の一着は食べる!)」

亜美「ピヨちゃん……変態だけどピヨちゃんのこと大好きだかんね!」





71:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:09:16.70 ID:CEpbCxxl0

春香「なんかきれいにまとまってるけど、小鳥さんただの変態だよね!?」

亜美「愛の形は人それぞれだよ!」

春香「そう言われると納得してしまう……」

亜美「でしょ?」

春香「じゃなくて!次のターゲット探しに行かないと…」

春香「そろそろヤバイ……」

春香「もう>>73でいいや」


伊織、律子、貴音、Pの誰か





73:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:28:36.26 ID:C5ZbeZfho

P





74:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:35:18.50 ID:CEpbCxxl0

春香「今まで告白した皆は付き合ってる相手が女の子だった」

春香「ということはつまり」

春香「うちの事務所は女同士の恋愛しか興味がない!」

春香「だったらプロデューサーさんはフリーなはず」

春香「プロデュー「すまん春香。俺は>>75の恋人なんだ」

春香「………………くすん」





75:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/05/14(水) 00:38:58.63 ID:UTvOrg/Q0

春香





76:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:46:04.10 ID:JzDoeQBDo

>>75じゃ修羅場にならないから無効かな

貴音でおなしゃーす





77:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 00:56:41.40 ID:CEpbCxxl0

春香「貴音さんには勝てないよ…」

P「まぁそう落ち込むな。気晴らしに貴音がいかに可愛いか教えてやる」

春香「余計落ち込みますよ」





78:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 01:02:08.00 ID:CEpbCxxl0

P「貴音ー仕事終わったし一緒に飯でもどうだ?」

貴音「それは名案ですね。では、らーめんでも……いえ、やはり別の場所へ」

P「おいおい、遠慮なんかしなくていいんだぞ?」

貴音「決して遠慮をしているわけではありません」

P「遠慮しているわけではないとすると…何かあったのか?」





79:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 01:06:33.45 ID:CEpbCxxl0

貴音「大したことではないのですが……」

貴音「いつもらーめんだとあなた様が飽きてしまうのではないかと…」

P「そんなことあるわけないだろ」

貴音「それに…」

P「まだあるのか?」

貴音「らーめんばかり食べる女性なんて…嫌ではありませんか?」

P「…………貴音」





80:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 01:11:07.79 ID:CEpbCxxl0

P「嫌なわけないだろ!俺はそういうところも含めて貴音の全部が好きなんだ」

P「だからラーメン食いにいこう、な?」

貴音「あなた様……ふふっ」

貴音「あなた様はそういう方でしたね。では参りましょう」

P「そうだな…手でも繋いでいくか?」

貴音「なんと!…………///」キュッ

P(かわいいなぁ)





81:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:18:55.80 ID:CEpbCxxl0

P「な?可愛いだろ?」

春香「あ、はい、そっすね」

春香「じゃ、私忙しいんで」

P「お、おう」

P「………………」

P「大丈夫か?あいつ」





82:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:19:35.30 ID:CEpbCxxl0

春香「やばいやばいやばいやばいやばいやばい…」

春香「伊織と律子さんが付き合ってたらどうしよう」

律子「あら、春香?どうしたの?」

春香「律子さん!律子さんって伊織と付き合ってますか!?」

律子「え?」

春香「違いますよね!よかったぁ」

律子「何でわかったの?」

春香「」





83:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:20:13.98 ID:CEpbCxxl0

律子「まぁバレちゃったら仕方ないわね」

律子「この際言わせてもらうけど…」

律子「伊織のツンデレも普通のデレも最高なのよ!」

春香「……………」





84:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:20:54.98 ID:CEpbCxxl0

律子「ふぅ。忙しいわね」カタカタカタ

伊織「…………」

律子「…………」カタカタカタ

伊織「………ねぇ」

律子「伊織!?いつからいたの?」





85:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:22:14.78 ID:CEpbCxxl0

伊織「ずっといたわよ!失礼ね!」

律子「ごめんなさいね。忙しくて…」

伊織「それよ」

律子「?」

伊織「忙しいのはわかるけど…その…………よ」

律子「ん?よく聞こえなかったからもう一回お願い」





86:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:22:57.46 ID:CEpbCxxl0

伊織「…………」ムスッ

伊織「だから、たまにはかまってって言ってるのよ!」

律子「…………」クスッ

伊織「何よ!何かおかしい?」

律子「いえ、伊織がそんなこと言うなんて…って思っただけ」

律子「わかったわ。この仕事が片付いたらたくさん可愛がってあげる」フフッ





87:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:23:31.40 ID:CEpbCxxl0

律子「ね?最高でしょ」

春香「…………」

律子「春香?」

春香「あ、私仕事でした。それじゃ」

律子「あ、ちょっと!」

ガチャ バタン





88:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:24:19.59 ID:CEpbCxxl0

春香「………………」

春香「………………」

春香「……………ふ」

春香「……ふふふ」

春香「あはははははははは!」

春香「よく考えたらさー」

春香「付き合ってるから何?って感じだわ」





89:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 19:25:06.13 ID:CEpbCxxl0

春香「世の中には寝取るという言葉があるくらいなんだよ?」

春香「付き合ってるからって落ち込んでた自分がバカみたいだわ」

春香「まぁそうと決まれば早速行動に移ろう」

春香「うーん、結局私は誰が一番好きなんだろう」

春香「…………」

春香「パッと頭に浮かんだのは>>91だね!」





91:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/05/14(水) 19:33:22.06 ID:d1fgOROf0

千早





93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:32:39.79 ID:CEpbCxxl0

春香「やっぱり私に必要なのは千早ちゃんしかいないね!」

春香「千早ちゃんを取られたときのあずささん、どんな顔するんだろう?」

春香「楽しみだなぁ」

春香「千早ちゃんは、明日の午後事務所にいるみたいだから明日行動を起こそう」





94:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:33:21.29 ID:CEpbCxxl0

次の日・事務所

春香「千早ちゃーん」

千早「春香?どうしたの?」

春香「えへへ、二人きりだね」

千早「そうね」

春香「そっけないなー」

千早「そうかしら?」

春香「あのさ、私千早ちゃんのこと諦めてないよ?」





95:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:34:14.56 ID:CEpbCxxl0

千早「え?」

春香「好きだよ、千早ちゃん」

千早「ごめんなさい、私にはあずささんがーーー」

春香「そんなの関係ないよ!ね?バレなきゃ大丈夫だよ」ズイッ

千早「は…るか…近い…」

春香「千早ちゃん、すごいドキドキしてる」

春香「やっぱり、私のこと好きなんだ」





96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:35:06.13 ID:CEpbCxxl0

千早「こ、これはっ」

春香「自分に正直になろう?」

千早「私は……春香が…好き」

春香「やっと言ってくれた…………んっ」

千早「んんっ……んぅ…ふ……ぅん…っ」

春香「んっ……っんあ……んく……っ」

千早「っぅ………んん……ぷはっ」

春香「はぁはぁ……しちゃった……ね」


バタン!


千早「!?」





97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:35:47.37 ID:CEpbCxxl0

あずさ「千早……ちゃん?」

春香(きた!)ニヤリ

千早「あ、あずささん……こ、これは…」

あずさ「今何してたの?」

春香「何って、キスですよ!キス!」

あずさ「私の記憶が正しければ、千早ちゃんは私と付き合ってたはずよ?」

春香「あれですよ、きっと飽きちゃったんですよ」

あずさ「そうなの?」





98:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:36:26.98 ID:CEpbCxxl0

千早「え…いや…これは春香が…」

春香「そんなっ!私のせいにするの?千早ちゃんも求めてたじゃん!」

あずさ「へぇ、これは話し合う必要がありそうね」ニッコリ

千早「え……ええ…」

春香「話し合う?そんな必要ありませんよ」

春香「だって千早ちゃんは私が好きって言ったんだよ?」

あずさ「そうなの?千早ちゃん」

千早「そ、そんなこと言って『私は…春香が…好き』

春香「ふふっ…しっかり録音させてもらっちゃったー」

あずさ「っ……千早ちゃん…嘘、ついたのね」

千早「ちっ、ちがっ」

あずさ「もういいわ」





99:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:37:08.62 ID:CEpbCxxl0

あずさ「そこの泥棒猫のほうがいいのね」

あずさ「だったら好きにすればいいじゃない」


ガチャ バタン


春香「さあ、これで邪魔者はいなくなったし続き、しよ?(大成功!)」

千早「う……(ダメってわかってるけど…抗えない)」

千早「はるか……はるかぁ……」

春香(ああ、幸せだなぁ)


この後、二人はとても気持ちいいことをしました
そして、傷心のあずさは偶然会った社長に慰めてもらい、そのまま……………





100:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:38:51.12 ID:CEpbCxxl0

終わりです
たまには珍しいカップリングもいいですね

息抜きのつもりだったのに三日もかかってしまいました
ワンフォーオールマジ楽しみ





101:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/05/14(水) 21:49:17.23 ID:HVezgRZ10

レズなんだから重婚しても問題ないよね






元スレ:春香「そ、そんなっ!千早ちゃんが>>3と付きあってたなんて!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1399824254





  

【 関 連 記 事 】


やっぱり……いおりつこは最高やな!
[ 2014/05/19 02:18 ] [ 編集 ]
>>75でPと結ばれとけば良かったんじゃないですかねぇ・・・
[ 2014/05/19 02:24 ] [ 編集 ]
管理人のコメントがピークだった
[ 2014/05/19 03:56 ] [ 編集 ]
雪歩の正妻力ェ…

[ 2014/05/19 06:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。