Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  店主「ようこそ、闇色の巣窟へ――」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
漢字と仮名が違う!これはどこかで見たことがある・・・。いや、気のせいだったのでしょうか。
ルビが無いと普通に読んじゃいますよね。ふりがなってホントに偉大な存在です乙。


1:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/20(金) 18:10:19 ID:OEga7BLE

店主「君が此処に来るは、既に知っていたよ。歓迎しよう」


男「……なんだコイツ」

メイド「我が大いなる店主<マスター>です。お見知りおきを――」

男「その、店主ってのが言うに、俺がココに来るのを知っていたらしいな」

メイド「きっとそれは、夢色の宝珠<フトゥレサイト・フィースハイト>の事ですね」


男「夢色の宝珠<フトゥレサイト・フィースハイト>……? 何を言ってr」

店主「未来を見せる珠、それは夢幻の闇色に――美しいだろう?」






2:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/20(金) 18:32:31 ID:OEga7BLE

以下は私が私に課した縛り<フォーシュリフェン>です。ここに記しておきます。

・七行ノ規約<フォーシュフライフェン・ジッフェン>……自らを七行へと縛るる束縛
・括弧ノ統一(フェスト・ベグリフ・アインガンス)……"人物「内容」"への束縛
・溜書ノ禁止(ブリフ・ニハト・ブラハウフト)……賢者の系譜を妬みし愚者の魂
・惰眠ノ制約(イェーデ・デルイェンス)……堕天使との契約を永久破棄させる条約

以上の3つです。では書いていきますね。





7:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/20(金) 19:07:55 ID:EdyM9qa.

縛りが3つのはずなのに4つあるように見える





3:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/20(金) 18:40:06 ID:OEga7BLE

男「俺は昔から好奇心旺盛な人間だった」

男「路地を見つけては入り込んでいた子供時代を過ごしたこともある」


男「だが、雀百まで踊り忘れず、かな。と思わせる事態に遭遇した」

男「いつも通りの退社後に、何の変哲も無い裏路地だ」

男「もちろん俺は入っていったが、その中で一際興味を引く店があった」


??「――気づいたようですね。この店は、賢者には見えないのですよ」

男「おいおい嘘こけ……って、俺は、どこから話しかけられたんだ?」





4:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/20(金) 18:51:58 ID:OEga7BLE

女の声「気づく由もありません。あなたの前にある店の中ですから」

女の声「でも、貴方のその瞳が澄んでいることくらいは分かります」

女の声「見たところ、連れの女は居ないようですね……丁度いい」


女の声「貴方に、この店へと入る権利を与えました」

女の声「少し寂しいですが、このまま帰る権利も与えましょう」


男「……いや、たぶん入るけど……何のお店なんだ?」

女の声「ほんの喫茶店<ダス・カフィ>ですよ」





5:以下、名無しが深夜にお送りします:2014/06/20(金) 18:56:56 ID:OEga7BLE

男「その……ダス・カフィってのは何を扱ってるんだ?」


女の声「っ!?  ……こほん。これは失礼いたしました」

女の声「いわゆる、キッサテンのことです」

男「いや、明らかにおかしい言葉が聞こえたよ俺!?」


女の声「それは、きっと言葉の"あや"です」

女の声「契約者は、示された一定の言語域を使用するものなのです」

男「そ、そうなのか……業界用語みたいなヤツなんだな、きっと」





10: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 20:55:14 ID:OEga7BLE

女の声「さぁ、どうぞ」

男「では、遠慮なく…… ……わぁお」


男「一見してただ乱雑に置いてあるだけに見える、このグッズっ!」

男「だがその実は一定の法則によって築き上げられた――」

男「所謂・不確定性の原理を最大限利用した巧妙な配置ッ!!!」

男「しかも、全てがオカルトちっくなグッズばかりだ……!」


男「ここの店主、デキる……ッ!!!」





11: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 21:00:54 ID:OEga7BLE

女「混沌なる清純<コスモス・ディス・カオス>ですよ……男さん」

男「なっ、何故俺の名前を――」

女「雰囲気に呑まれるのは悪くないですが、程ほどに、ですよ」


男「そ、そうか……なるほど、とりあえず落ち着いたよ」

メイド「ならばテストをしましょう。私は何に見えますか?」


男「いや、メイドだろ」

メイド「……なるほど、やはり所詮は人間ですか――」





13: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 22:20:26 ID:OEga7BLE

男「……そう、俺は人間だ」

メイド「ですが、私や貴方は選ばれし人間<アウスケヴェルテ・パズーン>です」

男「確かにな。ところで、ここはキッサテンなんだろ?」

メイド「ええ」

男「何か頼まないとマズいんじゃないか?」


メイド「……すみません。店主<マスター>が居ないとお出しできないのです」


男「――オマエの酷い版がいるのか?」





14: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 22:35:24 ID:OEga7BLE

メイド「いいえ……店主は、それは素晴らしいお方です」

男「えっと……あなたとの関係は?」


メイド「私の雇い主であり、唯一の理解者――です」

メイド「あと私、メイドって言います。よろしくです」

男「まぁ、ここの雰囲気は好きだ……また来るよ」


メイド「今度は、店主の居るときにお願いします」

メイド「……日々悪と戦っていて、不定休ですが――」





15: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 22:53:29 ID:OEga7BLE

男「何日か後まで、俺はその店まで通うことになる」

男「その際にメイドに色々聞いた」

男「……半分は、まだ見ぬ店主<マスター>の自慢話だったが」

男「だが、あの店の雰囲気はなぜか嫌いになれなかった」


男「そして俺は、会社を辞めた」

男「別に自分から辞めたわけじゃない。単に短期契約だったのだ」


男「これは契約が終わった後の、最初の日曜日の話である」





16: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 22:58:36 ID:OEga7BLE

男「……普段の日曜日は遅くまで寝てるからな」

男「陽の光の眩しきを、まるで思い出したようである」


男「……あの店、行くかな」

男「そうだ、今日こそ店の名前を聞いておこう」


男「早朝ゆゑか、メイドの玄関コールが無い」

男「そしてふと横を見た俺は、遂に見てしまったのだ」

男「本物の、魔道術式らしきものを」





17: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:01:18 ID:OEga7BLE

メイド「……っっ」

男「……あの、メイド……さん……?」

メイド「………」

男「普段は笑顔を振りまいていたメイドが、今日は真剣だ」


男「話しかけないでおこう」

メイド「……あっ、男さん。今日はお早いのですね」


男「ここ数日はそうだろう。仕事は俺を見捨てたんだ」





18: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:13:24 ID:OEga7BLE

メイド「……確かにそうでしたね…ははは……」


メイド「――見て、ましたか?」

男「一応、な。桃色の――魔道術式<オペラティヴ・ワーファルレン・デア・マージェ>か?」

メイド「……私の話、ちゃんと聞いていたんですね。意外です」

男「一応、な……高次の人間のみ発現可能とかなんとか」


メイド「私の術式は――"恋愛の術式<リーベフォル>"ですから」

メイド「いつか、活かせればいいな……とぞ思ひけり」





19:正しくは"ぞ→ける" デス ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:22:44 ID:OEga7BLE

男「……今日は、店主が来る予定があるのか?」

メイド「男さんには、先見の能<フトゥレサイト>があるかもしれませんね」

メイド「今日、かの地に来ると思われます」


男「本当に不定休だったんだ……」

メイド「私は人間を騙したりしません」


メイド「本当の賢者<サルベイ>か、本当の愚者<アイン・ナル>か――」

メイド「人間を騙すのなんて、そのうちのどっちかです」





20: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:28:54 ID:OEga7BLE

男「……だが、待てど店主は来なかった」

男「そして、明くる日も、明くる日も来なかった」

男「日曜日だけは来る希望があるらしいが、やはり来なかった」


男「そして、俺の中でひとつの疑問が生じてしまった」


男「彼女の店主<マスター>は、本当に実在するのか?」

男「という、至極単純なものだ」





21: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:34:14 ID:OEga7BLE

男「俺にそう思わせた理由のひとつは、日曜朝の術式だ」

男「あれは練習といっていたが、本当は何のためなのだろうか?」

男「彼女は『まだ少しだけ完成していないのです』と言っていたものの――」

男「俺には少なくとも、アレは完成しているかのように見えた」


男「なぜなら、俺がこうやって彼女に気を病んでいるから。であろう」


男「もちろん彼女は美しいまでの店主一筋愛である」

男「これはいわゆる、三角関係<ダイエクスベティェォング>であるのだ」





22: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:39:02 ID:OEga7BLE

男「彼女の瞳に、俺は映っていない。俺に投影してもいない」

男「何も出されていないから、お金も落としていっていない」

男「見るに、俺以外の客もいないようだ」

男「だから……」


男「……店主を、見つけにいくしかないんだ――!!」


男「だが、その希望は薄い」

男「とりあえず今日も、彼女に会いに行こう」





23: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:43:36 ID:OEga7BLE

男「――もう何年も会ってないって!?」

メイド「はい、実は、そうです……」


男「もし会えたら、気づけるのか?」

メイド「あっ、当たり前ですっ!! 絆をナメないで下さい!!」


男「なるほど……分かった。今日はありがとう」

メイド「あれ。今日はもうお帰りですか?」

男「……まぁな」





24: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:47:21 ID:OEga7BLE

メイドの声『店主<マスター>! やりました!』

メイドの声『……今日も、任務を全うできたのか。よろしい』

メイドの声『あっ、ありがとうございます……っ!!』


男「……盗み聞きしてみたはいいものの」

男「幸せそうで何よりだった……はぁ、もう帰ろうかな」


メイドの声『そうですマスター、今日も男さんに会いましたよ』

男「っ!」





25: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:55:02 ID:OEga7BLE

メイドの声『いつものように凛々しくて、どこか掴めなくって』

メイドの声『観察眼が凄くって、それで……いつも傍にいてくれる』

メイドの声『そう、マスターの、よう、な……人で……っ!』

メイドの声『………マスターの、ような……っ!』


メイドの声『マスターが居ないと、私、もう……もうっ……うえええええん……っ』

男「……俺は、何も出来ないのか……っ!?」


メイドの声『帰ってきてください、マスター……っ……』





26: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/20(金) 23:58:22 ID:OEga7BLE

男「……俺は、話すべきなんだろうか?」

男「店主はたぶん、事故でもう居ない、って」

男「それとも、気づかないフリをして、このまま――」


メイドの声『……今、行きますよ。マスター……待っててくださいね』

メイドの声『……ッ!!』


男「メイドっ!! 早まるな!!!」

メイド「!!??」





27: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:04:04 ID:VXJdSMo.

男「……遅かったか――」

メイド「……んぅ……?」

男「見えてしまったんだよ、メイドの未来が……くそおぉおおおっ!!」

男「俺のバカ! どうして、どうして何も出来なかったんだっ!!」


メイド「……気にすることは、ありませ、ん………」

男「血だらけじゃねーか……どう気にするなってんだよ」


メイド「やはり、優しい人なんですね……店主<マスター>は――」





28: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:06:08 ID:VXJdSMo.

男「違っ――」


男「……いや、あっている。それでいいんだ、メイドよ」

メイド「ふふふっ……」

メイド「……」

メイド「…………」


男「!!!!」

男「……夢、か」





29: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:08:43 ID:VXJdSMo.

男「日曜日……だな。もう昼だが」

男「いやー、悪夢だなんて本当に久しぶりだ」

男「メイドがナイフで自殺? そんなわけあるか」


男「……そんなわけ、ない、って言い切れるのか?」

男「……」

男「………俺は、どうすべきなんだろうか」


男「でも、その結論は、得られた気がするな」





30: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:12:33 ID:VXJdSMo.

男「俺が店主を演じてやればいい。ただそれだけだ」

男「もし俺に先見の能<フトゥレサイト>があったなら――」

男「メイドは、今日の夕方には死んでしまうんだ」


男「それくらいなら、自信を持って救えるさ……っ!」


男「さて、店主の格好ってどんなだ?」

男「……魔道士のローブ、とかなんだろうなきっと」

男「さっさと調達して、メイドを助けるんだッ!!!」





31: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:14:49 ID:VXJdSMo.

男「裏路地前」


男「そう。確か最初は夜だったな」

男「今は夕方だ。ローブ探しにかなり手間取ったからな」

男「……懐かしいな。最初に来たときも、ここを通ったっけ」

男「その後は、最適ルートを見つけちゃって、通らなかったけど」


男「よし、行こう。メイドが待ってる」

男「……これで、いいんだよな」





32: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:15:48 ID:VXJdSMo.

店主「君が此処に来るは、既に知っていたよ。歓迎しよう」


男「……なんだコイツ」

メイド「我が大いなる店主<マスター>です。お見知りおきを――」

男「その、店主ってのが言うに、俺がココに来るのを知っていたらしいな」

メイド「きっとそれは、夢色の宝珠<フトゥレサイト・フィースハイト>の事ですね」


男「夢色の宝珠<フトゥレサイト・フィースハイト>……? 何を言ってr」

店主「未来を見せる珠、それは夢幻の闇色に――美しいだろう?」





33: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:18:47 ID:VXJdSMo.

男「……俺には何も見えませんけど」

メイド「私もです」

店主「見える。今日は"男"以外に、客人が来ることはない」


男「あなた、本当に店主さん?」

店主「……如何にも、そうだ」


男「まじかよ……」

男「……マジかよおおおおおおおおおおおおおおおおっっっっ!!!!」





34: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:22:07 ID:VXJdSMo.

男「……」


男「皆さん、未来を見てしまったことはありますか?」

男「それは偶然です。絶対に偶然です」

男「客が来るときは、あんな店にも来るんです」

男「それと、正夢なんてのはきっと存在しません」

男「それでは、よい週末を。おやすみなさい<グーテ・ナハト>――」


店主「ようこそ、闇色の巣窟<ディエ・フーレ>へ――」 END





35: ◆9hX8MnZCWc:2014/06/21(土) 00:25:03 ID:VXJdSMo.

これにて完結です。
本当はもっと色々やりたかったんですけどねぇ……
でもこれから、悪魔との交渉<ディスカッション>があるのですよ。
急がねばなりません。彼らは重要な取引先ですので――

それではそれでは。






元スレ:店主「ようこそ、闇色の巣窟<ディエ・フーレ>へ――」

http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1403255419





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。