Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「バンバン! バンバンバン!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
P・・・やはり日頃の疲れが相当溜まっているみたいです・・・。子供の頃は良くやりましたが。
銃って憧れの存在だったりしますから。但しエアガンのみ。ガスガンは痛いです・・・乙!


1: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 19:10:12.80 ID:53MkFfgiO

P「バンバン! バンバンバン!」

春香「事務所に来たら」

美希「プロデューサーが玩具の銃で遊んでたの……あふぅ」

千早「プロデューサー?」

P「バンバン! バンバンバン!」

春香「プロデューサーさん……」






4: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 19:12:20.66 ID:53MkFfgiO

千早「もしかして、仕事のストレスが……」

美希「ならミキ達の手には負えないの!」つ携帯

春香「何処にかけるの?」

美希「病院なの」

千早「待って。プロデューサーがおかしくなったとはまだ……」

春香「そうだよ! プロデューサーさんにも事情が……」

美希「どんな事情なの」





5: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 19:14:41.24 ID:53MkFfgiO

P「バンバン……カチッカチッ……カチャッ……」

春香「ちゃんとリロードしている……」

千早「本格的ね」

美希「あふぅ……」

千早「……もし、もしなのだけれど……プロデューサーが仕事でストレスを感じているとしたら」

春香「ま、まさか……そんなプロデューサーさんに苦労をかけている人が!?」

春香「……」じー

千早「……」じー

美希「失礼って思うな」





8: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 19:19:18.05 ID:53MkFfgiO

美希『今日はレッスンって気分じゃないの』

美希『あふぅ……あの先生やなの』

美希『プロデューサーのお昼ご飯おにぎりなの? ちょうだい!』

美希『説教ばっかりうるさいって思うな』

美希『疲れたの……イチゴババロアを食べる元気もないの……だから、あーんして欲しいな』





9: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 19:22:39.02 ID:53MkFfgiO

美希「……なの」

春香「どうかしたの?」

千早「美希?」

美希「ミキが悪いの……」ぽろぽろ

千早「美希……あなた、泣いて……」

美希「ごめん……なさい……ごめんなさい……プロデューサー……!」





10: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 19:25:52.06 ID:53MkFfgiO

千早「美希。プロデューサーに伝えたいことがあるなら」

春香「そうだよ! 泣いてばかりじゃ……」

千早「銃を取りなさい」

美希「え……?」

春香「え」

千早「伝えたいことはこの銃が語ってくれる筈よ」つ玩具銃

美希「千早、さん……うん!」





11: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 19:28:52.14 ID:53MkFfgiO

美希「プロデューサー!」カチャッ

P「!」

春香「飛ぶようにして机の影に!?」

千早「素人の動きじゃない……」

美希「バンバンバン! バンバン!」

P「バンバンバン!」

春香「銃撃戦が始まった!?」





16: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/09(水) 21:20:50.28 ID:Y6kP3gHWO

千早「美希が押されてるわ……」

春香「そうなんだ!?」

千早「美希! 加勢するわ!」

春香「千早ちゃんはリボルバーなんだ」

P「お前は……リボルバー・キサラギ!」

春香「まさかの二つ名!?」

千早「春香はプロデューサーの方に行って貰えるかしら」

春香「あ、はい」カチャッ





19: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 00:49:53.33 ID:LIaCBtQGO

小鳥(765プロダクション事務員の音無小鳥です)

小鳥(まるで妹のように可愛らしいアイドル達と頼りになる同僚に囲まれ、楽しい日々を過ごしております)

小鳥(そんな私からの疑問です)

春香「バーンッ!」

千早「バン! バン! くっ……ショットガンを持ち出して来るなんて……プロデューサーのかしら」

美希「バンバンバン! 千早さん! 火力が違い過ぎるの!」





20: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 00:53:43.65 ID:LIaCBtQGO

伊織「おはようござーー」

千早「伏せて!」

伊織「え? あ、うん……」

P「……」ふるふる

春香「……」こくっ

美希「射撃をやめたの……」

千早「武器を持たない相手は狙わない……相手ながら、大した戦士ね」

伊織「ちょっと、意味がわからないわよ!」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/10(木) 00:54:39.20 ID:spgLIJoy0

楽しそうな職場ですね





22: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 00:58:49.75 ID:LIaCBtQGO

やよい「おはようございまーす!」

千早「……高槻さんも来たのね」

やよい「?」

千早「かくしかじか」

伊織「にひひっのにひひっで」

やよい「うっうーっというわけですか?」

千早「そうよ。二人にはプロデューサーか、美希の方について欲しいの」

伊織「いや、やらなーー」

やよい「面白そうですね! 私もやりたいです!」

伊織「ま、楽しそうじゃない?」





23: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 01:01:47.28 ID:LIaCBtQGO

伊織「私は美希の方につくわ」

千早「ありがとう……高槻さんは?」

伊織「にひひっ♪ 当然じゃない! やよいも私とおなーー」

やよい「私はプロデューサーの方に行きます!」

伊織「」





24: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 01:06:18.62 ID:LIaCBtQGO

事務所、そんなに広くないだろってのは無しで。

伊織「な、なんで……?」

やよい「伊織ちゃんにいつでも甘えていたくないから、このままだと伊織ちゃんの荷物にしかならないかなーって」

伊織「わ、私は別に構わないのよ?」

やよい「強くなって……立派になって、今度は伊織ちゃんに甘えて貰いたいんです!」

伊織「やよい……」

千早「高槻さん……」





25: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 01:10:26.39 ID:LIaCBtQGO

やよい「だから……」

伊織「皆まで言わないの」

やよい「伊織ちゃん……」

伊織「その代わり、手加減なんてしないんだから!」

やよい「うん! 私も伊織ちゃんに負けないから!」

伊織「にひひっ♪ 言ってなさい!」

伊織「……」

伊織「手加減なんて、しないんだから……」ぐすっ

千早「水瀬さん……(水瀬さんもアリね)」





27: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 01:16:08.95 ID:LIaCBtQGO

伊織「それで銃はどこにあるの?」

千早「プロデューサーの机の上にある鞄から好きなのを」

伊織「良い加減ねぇ……これで良いわ」

千早「武器が決まったら、持ち場について」

美希「プロデューサー……見ててね」

P「歓迎するぞ。やよい」

春香「頑張ろうね。やよい!」

やよい「はい!」





33: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 10:06:56.26 ID:t0h8gH9cO

やよい「ドドドドド!」

千早「こんな場所でマシンガン!? 」

美希「でこちゃんの武器は?」

伊織「これだけど……」

千早「ベレッタね……悪くはないわ」

千早「もう少ししたら、高槻さんはリロードをする筈……そこで反撃しましょう」





35: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 10:11:37.48 ID:t0h8gH9cO

やよい「カチッ、カチッ……リロード!」

P「援護するぞ!」

春香「はい!」

千早「そうは……」

美希「行かないの!」

P&春香「「!?」」

伊織「やよい!」

やよい「!?」





36: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 10:14:23.35 ID:t0h8gH9cO

P「やよい! 受け取れ!」

やよい「プロデューサー!」

伊織「やよいーー!!」

やよい「伊織ちゃん!!」

「「バン!!」」

伊織「……」

やよい「……」

伊織「……」

やよい「……ごめんなさい……プロデューサー……春香さん……」バタッ





37: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 10:18:19.69 ID:t0h8gH9cO

伊織「にひひっ……何がごめんなさい、よ……」

伊織「……しっかり……届いているじゃない、のよ……」バタッ

春香「やよい!」

P「待て、行くな!」

春香「で、でも!」

P「今行けば、やよいの意思を無駄にすることになる! ちょっとずつ、距離を詰めて行くんだ!」

春香「は、はい!」





40: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 11:28:59.47 ID:ZbODnnibO

P「よし、春香! 俺が援護する! やよいを安全な場所に!」

春香「は、はい! やよい!」

千早「水瀬さん!」

伊織「……何やってんのよ……こんな、怪我人……邪魔なだけ、でしょう……に……」

美希「バンバンバン!」

P「ドドドドド!」





41: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 11:37:54.49 ID:ZbODnnibO

春香「やよい、やよい!」

やよい「は……るか……さん……?」

春香「やよい……良かった……」

やよい「……ダメですよ……私なんかに構っちゃ……」

春香「……」

伊織「だから……早く……」

千早「……」

春香「……嫌だ」

千早「お断りよ」

春香「やよいを見捨てて、勝てても」

千早「水瀬さんが、みんなが生きていないと」

春香&千早「「それは、勝利なんかじゃない!」」





54: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 23:24:57.49 ID:K93g2yQzO

亜美&真美「「おはようございま→す!」」

P「バンバンバン!」

春香「やよい! 大丈夫だから……」

美希「バンバンバンバン!」

千早「くっ……美希。そのまま、援護をお願い!」

亜美&真美「「なにこれ」」





55: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/10(木) 23:44:24.35 ID:K93g2yQzO

亜美「真美隊長! これは765プロの危機であります!」

真美「うむ! 直ちに兄ちゃん達を止めるんだ! くれぐれも乗せられてはならんぞ!」

亜美「いやいや、流石の亜美でもそれは無いっしょ! 真美は?」

真美「真美も流石にこれには乗せられないっしょ→」

亜美&真美「「玩具の銃なんかには絶対に負けないっしょ!」





56:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/10(木) 23:56:20.40 ID:krHs0TzDO

▼亜美真美にフラグが立ちました。





57: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 00:04:29.61 ID:jcUyNXMzO

亜美&真美「「兄ちゃん! 覚悟!」」

P「うぉっ……!」

春香「プロデューサーさん!」

P「だ、大丈夫だ! おい! どっちかこっちに着かないか?」

亜美「んっふっふー……聞こえんなぁ! バンバンバン!」

真美「不利な方に着くわけ、ないっしょー! バンバンバン!」

P「ま、まずい……前線が維持出来ない!」

千早「これで……」

美希「終わりなの!」





58: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 00:10:58.37 ID:jcUyNXMzO

P「くっ……」

春香「プロデューサーさん!」

やよい「ぷ、プロデューサー!」

ガチャッ

千早「社長室から誰か……」

小鳥「……組み立てに時間が掛かったわ。待たせたわね!」

小鳥「ウィーン……」

千早「が、ガトリング!?」

美希「インチキなのー!」

小鳥「ガガガガガガガ!!」

伊織「こ、ここは引くわよ……!」





60: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 00:37:23.77 ID:jcUyNXMzO

P「音無さん!」

小鳥「大丈夫ですか?」

春香「そんなの、何処から……」

小鳥「備えあれば何とやらよ。まあ、壊れちゃったけれど……これがあるわ」

P「AMTバックアップですか」

小鳥「援護します! 前線を立て直しましょう!」

P「よし、行くぞ!」





62: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 00:48:31.22 ID:jcUyNXMzO

美希「バンバンバン!」

P「バンバン! バンバン!」

伊織「バンバンバン!」

やよい「ドドドドドドッ!」

春香「ガチャッ……バーンッ! ガチャッ」

千早「バンバンバン! バンバン!」

亜美「バンバンバン!」

真美「バンバンバン!」

小鳥「バンバンバン!」

ブルルブルル。

P「あ、すまん。携帯だ……屋上で電話してくる」

全員「はーい」





64:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 00:50:11.77 ID:rgL/R1pAO

遊んでる最中いきなり素に戻るあるある





65: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 00:51:37.26 ID:jcUyNXMzO

数分後。

P「はい! ありがとうございます! それでは、後日……」ピッ

P「あの番組に出られるなんて……みんな、驚くぞ!」

P「……?」

P「やけに静かだな……」





66: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 00:55:05.52 ID:jcUyNXMzO

P「おーい……みん、な……?」

春香「」

千早「」

やよい「」

伊織「」

亜美「」

真美「」

真「」

雪歩「」

あずさ「」

律子「」

響「」

貴音「」

P「な……!?」





67: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:03:03.38 ID:jcUyNXMzO

??「バン!」

小鳥「そん、な……」バタッ

美希「こ、小鳥……」

??「おや?」

美希「ぷ、プロデューサー! 来ちゃダメなの!」

P「お、お前は……!」

??「遅かったね。オーバーランク気味に待ちくたびれたよ……アタシの好敵手(ライバル)君」

P「玲音!!」





68: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:08:08.75 ID:jcUyNXMzO

玲音「ふふふ……良い顔で驚いてくれる。期待通りだよ」

美希「プロ……」

玲音「ちょっと静かにして貰えないかな? アタシは彼と話しているんだよ?」

美希「いきなり現れて……誰なの!」

玲音「バン!」

美希「あぐ!? ああああ……!?」

P(あ、足を! 何の躊躇いもなく……!)

玲音「アタシは、彼にしか発言を許可していないよ?」





70: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:12:01.04 ID:jcUyNXMzO

P「玲音! お前だけは!」カチャッ

玲音「悪くない。寧ろ良い殺気だ……」

P「美希から離れろ!」

玲音「うん。君が来てくれたからね、彼女には用はないよ」

美希「プロデューサー……」

P「何故……何故、こんなことを……!」

玲音「何故? 何故かぁ……そうだね」





71: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:16:43.64 ID:jcUyNXMzO

玲音「ガンアクションのテレビゲームをやったことはない?」

P「?」

玲音「物とか壊せるとさ……つい」

P「……!」ぞくっ

玲音「意味がないとわかりながらも……壊しちゃたりしない?」

P「玲音!!」

玲音「ああ。ミュージックは 銃声で十分だろ? さあ、踊ろう!」





72: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:26:15.79 ID:jcUyNXMzO

玲音「バンバンバン!」

P「バンバン! ……くっ」

玲音「? 君って、こんなに弱かったけ? ダメだよ。手加減なんかしたら!」

P「バンバンバン!」

玲音「! そう、そう来ないとね! バン!」

P「うあっ……! じ、銃が!」

玲音「……チェックメイト、かな?」





73: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:34:18.74 ID:jcUyNXMzO

玲音「言い残すことは?」

P「……」

玲音「潔いね。じゃあ……」

美希「プロデューサー! 伏せて!」

P「!?」

美希「ドドドドドドッ!」

玲音「良いね……まだミュージックは鳴り止まないみたいだ」

P「……いいや」カチャッ

玲音「……なるほど。発射と同時に銃を蹴って、滑らせてたのか……さっきの射撃はただの布石、か」





74: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:38:46.32 ID:jcUyNXMzO

P「……降参しろ」

玲音「それは無理かな? オーバーランクの戦いには、勝者以外の生存者は必要ないんだよ」

P「……」

玲音「勝者は黙って、引き金を引けば良い……それが敗者への慈悲だ」

P「バン!」

玲音「……」バタッ





75: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 01:42:57.21 ID:jcUyNXMzO

美希「プロデューサー!」

P「ああ。美希のお陰で助かったよ」

美希「プロデューサーに……伝えたいことがあるの!」

P「ん?」

美希「いつも、ワガママ言って……迷惑かけて、プロデューサーを困らせて……ごめんなさい!」

P「……美希?」





79: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 10:54:51.12 ID:zIdKgcrYO

美希「これからは、頑張るから! 文句言わないし、ワガママも言わないようにするの! ……だから!」

P「……」ポカーン

P「……いや。美希」

P「別に俺は迷惑とか何とも思っちゃいないぞ?」

美希「え……?」

P「マイペースは美希の良いところだからな……いや、たまにマイペース過ぎる時が無いでもないけれど」

美希「や、やっぱり……」





80: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 10:59:27.14 ID:zIdKgcrYO

P「あはは……ま、美希が気にするような事じゃないよ」

美希「うー……で、でも……」

P「ん、じゃあ、先ずは寝坊と居眠りから減らして行くか?」

美希「へ!? そ、それは……ま、前向きに善処するの!」

美希「……ダメ?」

P「いいや。ダメじゃない、そういうのをカバーするのが、俺の仕事だからな」

美希「……プロデューサー」

P「これからも、一緒に頑張ろうな?」

美希「うん!!」





81: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 11:59:10.40 ID:zIdKgcrYO

社長(最近の765プロは輝かしい……言わずもがな、彼のお陰だろ)

社長(……あの時の少年が、時の流れは凄まじいものだ)

社長(よし、今日もその輝かしい一日を特等席で見守ろうじゃないか!)

社長「おはよーー」





82: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:03:04.10 ID:zIdKgcrYO

P「バンバンバン! バンバン!」

美希「バンバンバン!」

千早「バン! バン!」

春香「ガチャッ……バーンッ!」

伊織「バンバンバン! バンバン!」

やよい「ドドドドドドッ!」

亜美「バンバン! バンバン!」

真美「バンバン!」

社長「……」





83: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:10:41.04 ID:zIdKgcrYO

真「ガチャッ……ドーンッ!」

雪歩「キュイーン……ドドドドドドッ!」

あずさ「ババンババンバンバン!」

律子「あずささん。なんか違いませんか? バンバンバン!」

貴音「パシュッ……トーン!」

響「ボウガンなんて貴音らしいな! バーンッ!」

小鳥「キュイーン……ガガガガガガガ!」

玲音「ゲームオーバー! チュドーン!」

社長「……」





85: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:17:20.22 ID:zIdKgcrYO

社長「……」

社長「……」

社長「……おお」

社長「血が騒ぐじゃないか……それに」

社長「ティンと来た!」

end





86: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:34:24.22 ID:zIdKgcrYO

おまけ

P「ふぅ……今日も充実した一日だったな!」

P「明日は半年に一度の休みだけれど……どうしょうか」

??「フリーズ!」

P「!?」

??「うわっ……とっ」

P「君は……」

??「手を引っ張って、背後を取るなんて……やるね。いきなりは酷いと思うけれど」

P「スコット君」

玲音「玲音だけれども」





87: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:49:43.51 ID:zIdKgcrYO

P「それ玩具か?」

玲音「ふふふっ! よく出来てるでしょう? こう、バーン! ってね」

P「」

玲音「……今のは忘れて欲しいな」

P「ごめん。永久保存した」

玲音「なっ……ふふふ。オーバーランクとなると、これぐらいでは気にしないけどね」

玲音「本物はともかく、玩具は良いね……人を笑顔に出来る」

P「……」





88: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:53:23.77 ID:zIdKgcrYO

十年ぐらい前。

社長「やあ」

「……誰?」カチャッ

社長「子供がそんなものを振り回すものじゃない。例え扱いに慣れていても、だ」

「……」

社長「子供の君にはこっちが似合っている」

「……これは……?」

社長「銃だよ。玩具だがね」





89: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:56:18.09 ID:zIdKgcrYO

社長「それは良い物だ。本物は血を流すが、それは血を流さずに誰かを笑顔に出来る」

「……ん」

社長「……?」

「交換」

社長「あ、ああ……って、重たいね。これ……まさか、本物?」

「ねえ……おじさん」

社長「な、なんだい?」





90: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 12:59:45.02 ID:zIdKgcrYO

「僕も、誰かを笑顔にすること……出来るかな?」

社長「勿論だとも。この私がティンと来たのだからね! ……だから」

「うん。ありがとう……ばいばい」

社長「待ちたまえ! ……行ってしまったか……ジュニアアイドルになって貰おうと思ったのだが」

社長「……ま、いいか。彼とはまた会いそうな気もする」





91: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 13:13:05.55 ID:zIdKgcrYO

玲音「おーい」

P「ん……あ、ああ……なんでも無い……あ、そうだ」

玲音「?」

P「ちょっと、やってみるかな……君はどうする?」

玲音「面白そうな事を考えているみたいだーー是非、協力しよう」

P「よし、そうと決まれば! 買い込まないとな!」

玲音「あっ……ちょっと……て、手を……!」

end





92: ◆IIiEuGs1j.:2014/07/11(金) 13:16:56.42 ID:zIdKgcrYO

例え、玩具でもいきなり人に向けるのはやめましょう。

最初はチャンバラかガ○プラで遊ぶ話にする予定でした……玩具とは言え、剣を振り回してたら危ないし。

ありがとうございました。





93:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 13:32:15.48 ID:68i5l1pDO

なぜガン○ラにしなかったそっちも面白そうなんだが





96:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 15:02:41.56 ID:CsOc6S700

面白かった。乙





97:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/11(金) 17:15:58.25 ID:6+/nH4DF0

Pは小さい頃から色んな事してたんだろうか…乙でした






元スレ:P「バンバン! バンバンバン!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1404900612





  

【 関 連 記 事 】


Pの過去をカシムや刹那Fセイエイに重ねてしまったので涙した
[ 2014/07/19 09:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。