Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  小鳥「お姉さんに任せなさい」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
さすがは頼れるお姉さん!一家に一人はほしい存在。というか、必須な人材!
自分にできないことをさらっとやってしまう姿には、オマイラはきっとメロメロに乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 11:52:50.50 ID:wDIh4A4TO

時刻は夜の9時

アイドルや事務員はとっくに帰宅してご飯やお風呂に入っている頃


プロデューサーは1人事務室にいた


カカカカカカ

P「くそっ!マジでふざけんなよ 何だよ」


貧乏揺すりと愚痴だけが響く事務所…

プロデューサーは書類仕事 excelを使ってグラフ作り


しかし、かれこれ50分は進んでいない


というより進めないでいた

P 「クっ!どうやったらくっつくんだよ」

バン!


グラフを結合したいのだがやり方がわからない

検索してみても言葉の意味がわからない


プロデューサーの苛立ちを抑えているアイドル達の写真


しかしそれも限界に近づいていた

キーボードクラッシャーになりつつあるプロデューサー

P 「…お茶でも淹れるか」


ここで雪歩のおすすめのお茶


雪歩とやよいがお茶を淹れるというよく見る風景を思い出していた

というより妄想していたのだが


P 「あっっっっつ!!くそったれがぁぁああ!!」

ドン!


予想以上の熱さに机を叩く


段々自分が情けなくなる






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 12:02:17.14 ID:wDIh4A4TO

書類の締め切りは明後日
明日やればいいか…そんな気がしてくる


P 「…悩んでも仕方ない 爆睡するか」


しかし今日できないものは明日もできない


ポロポロ



プロデューサーは泣いていた

自分があまりにも情けなくて自然と涙が出た


P「何でだよ 動けよ 動いてよ」


ディスプレイに泣きながら話しかけると声が聞こえた


プロデューサーの振り返った目線の先に立っていたのは音無小鳥2X 歳


小鳥「どうしたんですか?プロデューサーさん」


P 「な、どどうしてここに?」


プロデューサーにはTシャツとジャージをはいた女神が見えていた


小鳥「夜食を食べると太っちゃうんで散歩がてらに事務所の前を通ったら

P 「あぁ…」

小鳥「プロデューサーさんのすごい声が聞こえたので 大丈夫ですか?」


小鳥「どうして泣いて


ギュッ


小鳥「ピヨッ!?」


プロデューサーは女神に抱きついて頼んだ


P 「エクセルの使い方を教えて下さい」





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 12:08:15.37 ID:BYhbBdE4O

Excel使えないのかよ...





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 12:10:00.58 ID:wDIh4A4TO

小鳥「え?そんなことですか?」


P 「うぅ 小鳥さんにとってはそんなことかも知れませんが俺にとっては拷問に等しいんです」


小鳥「でも今までPC 使ってたじゃないですか」



P 「ワードで文字打つくらいならできますけど」


小鳥「わかりました」

事務員は誇らしげに言った


小鳥「お姉さんに任せなさい」




小鳥「ここをマウスの右クリックで」

P「 これですか?」

小鳥「いえ、その隣の…」


小鳥「私が変わりますから見ていて下さい」


P「 あ、はい…すみません」


小鳥「プロデューサーさん日焼けしたんですか?手が真っ赤ですよ?」


P「 あ、これはさっき火傷しちゃって 」





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 16:33:41.38 ID:rF0dPF33O

小鳥「火傷しちゃったらすぐ冷やさないとダメでしょ」


小鳥「さ、手出して」


P 「え、あはい」

小鳥「胸触らないで下さいよ♪」


P「 さ、触りませんよ!!」


小鳥「…残念」ボソ


P 「もう10時ですね」

小鳥「今から本気見せちゃいますよ」

P「 え?」

小鳥「」カタカタカタカタカタカタ スッスッスッ


プロデューサーを悩ませていたエクセルは事務員の言うことを素直に聞き入れている


P(こんな簡単に出来ることを俺は…)


劣等感を感じているプロデューサーを置き去りにマウスは走る




小鳥「…プロデューサーさん?」


P「 はい?」


小鳥「上書き保存で良いですか?」


P「 えぇお願いします」


小鳥「…」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 16:44:12.15 ID:rF0dPF33O

P 「本当にありがとうございました」

P「こんなに早く終わるなんて ハハハ」


小鳥「もうちょっとゆっくりした方が良かったかなぁ…」


事務員は私服に着替えただけなのにいつもより面妖な空気をまとっていた

P 「このお礼はまたいつか」

小鳥「えぇ、これからプロデューサーさんはお帰りですか?」

P「 はい 小鳥さんもですよね」

小鳥「えぇ 一緒に帰ります?」

P 「はい …家まで来てもらえますか?」


小鳥「ピョ!?」

予想外の答えだったのだろう 今の事務員はさっきのまでの敏腕事務員ではなくただ1人の女の子だった





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 16:52:41.18 ID:rF0dPF33O

P「 買い物ついてきてくれます?」

小鳥「ど、どうしたんです?」

P「 いや、手が」 スッ

そう言ってプロデューサーは事務員に治療してもらったドラえもんのようになった手を差し出した


小鳥「あ、あぁ そういう…」

少し事務員はがっかりしているようだったが女とは怖いもので…

小鳥「まぁ プロデューサーさんの家の中を調査するいい機会ですもんね」

P (…変なもの無かったし大丈夫だよなぁ)

段々自分が不安になってくるプロデューサー

P (まぁパソコンのフォルダは大丈夫だろう)


甘い P は甘かった





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 17:19:12.55 ID:rF0dPF33O

イチゴババロアなんて比にならないくらい甘かった



小鳥「プロデューサーさん知ってます?」

P 「え?な、何が


小鳥「事務所のパソコンって私が管理してるんですけど」


P「えぇ、ソフトの更新とかしてましたね」


小鳥「それ以外にもセキュリティも任されてるんですよ」


P 「ふむ」


小鳥「ふふ、わからないんです?」

P 「ど、どうしたんです?」


小鳥「○video」 ボソッ

P「 え?」

小鳥「昨日観てましたよね♪OL もの」


P「 な、何でそれを」

小鳥「閲覧履歴だけ消せばわからないとでも?」


P「…」


事務員は楽しんでいた
さっきまで可愛い女の子はプロデューサーをいじめて楽しむ悪魔へと変身していた


小鳥「甘いですよぉ プロデューサー」

小鳥「お仕事専用なのにエッチな動画見るなんて ふふふ」


プロデューサーには理解できなかった

なぜバレたのか 今なにをされているのか これから何が起こるのか





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 23:58:50.41 ID:s8dpARFIO

小鳥「アイドル達や社長が知ったらどんな目で見られるんでしょうねぇ」チラッ


これから先何が起こるかわからない
何も知らないプロデューサーも1つだけわかることがあった


P「 小鳥さん怒ってますよね」


小鳥「…けんか売ってます?」


P「 い、そんなこと」

怒られているのに何だか気持ちが昂ってくる


P (生理ですかって冗談で言っても刺されそうだな)

P「 晩御飯食べてないんで…一緒に」


小鳥「プロデューサーさんの家に行くより私の家の方が近いですよ」


小鳥「ご飯も簡単なのだったらできますけど」


P 「…す、スーツしか今日は持ってないんで」

小鳥「なら私服持ってるときは来てかれるんですね♪」

P 「あ、あう」

小鳥「それじゃあ買い物して帰りますか」





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/24(木) 00:15:52.65 ID:WXJjIIc+O

一緒に買い物をしてご飯を食べて何だか夫婦みたいだと思っていた頃


小鳥「お風呂どうします?」

P「 え あの自分1人で大丈夫です 」

小鳥「…そうですか」

時間はもう11時を過ぎた頃

P「 ベッドはその部屋なんで眠たかったら先に寝ててください」

小鳥「はい」


包帯をほどいてもらい風呂に入る
家に女性が来る事は初めてだった

事務員を思い出して少し興奮していると何だか音がきこえる


パサ シュル

P「 まさか、小鳥さん!?」


小鳥「どうしたんですか?」


P「 それはこっちの台詞ですよ! 何する気ですか」


小鳥「何って洗面所でメイク落としですよ 」

小鳥「…プロデューサーさん何考えてたんですか?」


P 「ーーー」カァァ

顔が熱くなる
このまま湯船に浸かっていてはのぼせてしまう

そう思ったプロデューサーは体を洗い始めた 3回目だった





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/24(木) 00:27:23.22 ID:WXJjIIc+O

風呂から出たプロデューサーは自室を覗いてみる

いつもは誘惑してくる太股は隠されていなかった


短いズボンが少し捲れ、パンツが見えそうで見えない


枕を抱いている女の子はおへそが見えていた


そこには事務員とは思えないほどキレイな身体をした女性が眠っていた



もっと近くで見たい
吸い寄せられるように女性へと近付く


小鳥「 」

P 「」

気づかれてしまった
P のpが[ピー]になっていることも


小鳥「来て」

P 「俺、初めてで」


小鳥「お姉さんに任せなさい」


それから間もなく結婚
二人の子供がトップアイドルを目指すのはまた別のお話





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/24(木) 00:46:44.30 ID:WXJjIIc+O

P 「小鳥さん 良いですよね」

小鳥「…はい」

P「小鳥さんのせいです 分かってたんでしょう?」 スッ チュッ レロ

小鳥「ぷ、プロデューサーさんがっつきすぎ」

P 「俺が事務所のパソコンでどんな画像、動画見てたか知ってるくせに」 サワサワ



小鳥「んふ あぅ」


P 「毎日毎日誘惑して」キュッ

小鳥「イヒン ん、ぁ」

小鳥(ほ、本当に初めてなの? 触られてるだけなのに こんな)


P「 人のこと変態だとか言ってるわりに、自分もこんなに濡らして」 コスコス


小鳥「ひぅっ」 ビクッ


P 「いれますよ」

小鳥「はひ」ウルウル



このあとメチャクチャえっちした


終わり





26:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/24(木) 00:50:15.71 ID:WXJjIIc+O

これで満足していただけました?

卒研のエクセルの使い方がわからなかった

イライラしてムラムラしてやった

後悔はしていない

それではまたどこかで





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/24(木) 02:49:00.08 ID:xwkT5HZ2O

やっぱ小鳥さんがナンバーワン!





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/24(木) 09:35:52.95 ID:wz1Fi+RJO

小鳥さんほんと好き
お姉さん好き





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/23(水) 12:26:42.14 ID:FxIcOUEa0

あた小鳥さんはやっぱり女神ですね!!





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/23(水) 12:49:14.15 ID:yOxtmH6Oo

小鳥さんなに妄想してんッスか…






元スレ:小鳥「お姉さんに任せなさい」

http://http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406083970/





  

【 関 連 記 事 】


コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。