Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  P「じゃ、俺がプロやるから」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
その呼称って、分けている人見ないと思うのですが・・・。というか、分ける必要あるんです!?
俺たちは半人前だけど、二人揃えば一人前のプロデューサーになれるんだ!ということでしょう乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/31(木) 20:27:19.48 ID:wRgVTB9B0

律子「私がデューサーをやるんですね」

P「よろしくな」

律子「任せてください」




春香「!?」






2:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:29:04.08 ID:wRgVTB9B0

春香「…………」

千早「あら、春香どうかしたの? 難しい顔してるけど」

美希「あふぅ。いつにも増して変な顔になってるよ」

春香「なんか酷い事言われた気がするけど今は置いとこう……実はさっきね」カクカクシカジカ

春香「……って会話を聞いたんだけど」

千早「意味が分からないわ」

美希「意味が分からないの」

春香「だよねー」





3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:30:10.45 ID:wRgVTB9B0

千早「言葉そのままを受け取るとプロデューサーという言葉を二つに分けたんだと思うけど」

美希「それだと意味が通じないの」

春香「そうだね」

千早「一体何をどうしてそんな会話になったのかしら」

春香「確かに、そこも気になるポイントだね」

美希「でも一番気になるのはやっぱり内容だって思うな」

千早「もしかして」

美希「千早さん、何か心当たりがあるの?」

千早「最近暑いから……」

春香「まさか、二人とも頭が……?」





4:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:32:10.57 ID:wRgVTB9B0

バタン

真「あれ。三人揃って何か悩み事?」

美希「あ、真クン!」

雪歩「お茶を飲んで落ち着いたらどうかな?」

春香「雪歩も……うん、頂くね」

千早「ズズズ……ふぅ。毎度の事ながら萩原さんの淹れるお茶は素晴らしいわね」

真「それで三人は何をしてたのさ?」

春香「実はね」カクカクシカジカ

真「何を言ってるか全然分からないよ」

雪歩「私も。プロデューサーじゃなくて、プロとデューサーなんだよね?」

美希「そうなの」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:33:31.95 ID:wRgVTB9B0

千早「二人は何か心当たりとかはない?」

雪歩「全然」

真「まったく」

春香「そりゃそうだよね」

真「……あのさ、春香の聞き間違えって事はないかな?」

千早「聞き間違え?」

美希「それは大いに有り得るの」

春香「えぇー。否定はできないけど、でもあれを聞き間違えるかなぁ?」

雪歩「じゃぁ実際に聞いてみようよ」

真「そうだね。プロデューサーたち、向こうにいるんでしょ」

千早「それじゃみんなで行きましょう」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:34:52.27 ID:wRgVTB9B0

律子「……一応確認しますが、私がプロでもいいんですよ?」

P「俺がデューサーか? うーん、それはなぁ」

律子「問題があるでしょうか?」

P「普通に考えればデューサーは律子が適任だろ」

律子「そうですけど」



五人「…………」





7:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:37:01.43 ID:wRgVTB9B0

雪歩「間違ってなかったね」

真「うん。春香、疑ったりしてごめん」

春香「それはいいんだけどね。疑問は何も解けなかったね」

美希「ねぇ、見に行くだけじゃなくて直接訊けば良かったんじゃないの?」

春香「じゃ美希が訊いてきてよ。何か真剣な雰囲気だから話しかけにくいんだよね」

美希「無理なの」

真「あと、何となく訊いたら負けな感じもするよね」

雪歩「そ、そうかなぁ?」

千早「いえ。真の気持ち、私も分かるわ」

春香「決まりだね。もうちょっと考えてみようよ」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:39:07.10 ID:wRgVTB9B0

バタン

やよい「うっうー! みんな集まって何してるんですかー?」

千早「あら、高槻さんに水瀬さん」

伊織「揃いも揃って朝から顔が暗いわよ。何かあったの?」

春香「いやぁ、暗いっていうかちょっとした疑問があるだけなんだけどね」

美希「ミキたちはかなりの難問に直面しちゃったの」

伊織「難問? どうせくだらない事でしょ」

春香「実はね……」カクカクシカジカ





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:40:56.85 ID:wRgVTB9B0

やよい「プロデューサーがプロで……」

伊織「律子がデューサー? なに、五人揃って寝ぼけてるの?」

真「いやいや、ホントなんだって!」

雪歩「確かにこの耳で聞いたよ」

やよい「伊織ちゃん、どういうことだと思う?」

伊織「これ、真面目に考えなくちゃいけないの……?」

春香「うん」





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:42:50.14 ID:wRgVTB9B0

伊織「はぁ……語源的に考えればプロが『前に』で、デューサーが『導く』だけど」

美希「ハニーが前で、律子……さんが導く? ますます分からなくなったの」

千早「そうね。申し訳ないけど、語源はあまり関係ないのではないかしら」

伊織「でしょうね。私も言ってみただけだから」

やよい「ねぇ、伊織ちゃん。私たちもプロデューサーたちの様子見てみない?」

春香「それがいいよ。正直まだ半信半疑なんじゃない?」

伊織「……そうね。この目で見てみれば何か分かるかも」

千早「私たちももう一回見に行きましょう」





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:43:54.82 ID:wRgVTB9B0

律子「……これ、かなり難しいですね」

P「確かにデューサーは大変だな。俺は前面に出て好き勝手やるだけだから楽だが」

律子「私がそれを上手く導かないといけないんですよね。それがなかなか……」

P「基本的には、だな。ま、いざとなったら俺がフォローするから」

律子「お願いします」



七人「…………」





13:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:44:54.73 ID:wRgVTB9B0

やよい「前も導くも関係あったね」

伊織「そ、そうね」

春香「……で、結局プロとかデューサーって何なのかな」

千早「肝心要の部分は相変わらず闇の中ね」

雪歩「何かの暗号とかなのかな」

真「会話的に暗号っぽくはなかったけど」

バタン

響「はいさーい! ……って、みんな固まって何してるんだ?」

貴音「何か困りごとでもあるのでしょうか」

美希「貴音が来た! これで勝てるの!」





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:47:20.39 ID:wRgVTB9B0

響「ちょっ、自分を無視するなー!」

千早「我那覇さんにも是非協力して欲しいのだけれど」

響「そ、そうか? えへへ、自分に任せるさー」

貴音「それでこれは何の集まりなのです?」

やよい「実はですね……」カクカクシカジカ

美希「……というわけなんだけど、響はどう思うの?」

響「うがっ……そ、それは……えーっとだな……つまり……」

春香「あんまり無理しなくていいよ」

雪歩「うん。私たちも全く分からない状態だから」

響「……ごめん。自分にも何が何だか」





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:48:48.59 ID:wRgVTB9B0

伊織「貴音は?」

貴音「そうですね。話を聞く限り何か役割を分担するつもりではないかと思うのですが」

真「役割分担?」

貴音「はい。呼称と内容とはあまり関係がないのではないかと」

響「そういえば、律子は竜宮小町の三人だけだけどプロデューサーは他の全員を担当してるんだよな」

やよい「律子さんって今はプロデューサーとアイドルどっちもやってるんですよね」

春香「うん。だからプロデューサーさん一人で十人担当してるんだよね」

千早「改めて口に出してみると、とんでもないわね」





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:50:07.87 ID:wRgVTB9B0

貴音「皆が仰った通りです。現状、二人の負担はあまりに違いすぎます」

美希「だから今後はハニーと律子……さん二人でミキたち全員をプロデュースしていくって事?」

雪歩「すごく納得できる考えですぅ」

真「筋も通ってるし、さすが貴音だね」

伊織「プロデューサーの負担を考えれば律子が手助けを買って出るのも分かるわね……」

千早「えぇ。可能性はかなり高いと思うわ」

伊織「それを踏まえて考えると、プロって言うのは営業とかそういう場面に出る事をいうのかしら」

春香「あぁ、それっぽい。じゃ、デューサーは書類仕事とか企画立てたりするのかな?」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:51:38.54 ID:wRgVTB9B0

貴音「細かい分担は推測の域を出ませんが、大よその方向性はそうではないかと」

響「もうこれで解決したんじゃないか?」

春香「そうだね。それじゃこの話は……」

千早「待って」

美希「千早さん?」

千早「四条さんの考えを否定するわけじゃないけど、ここはもう一度二人の話を聞くべきだと思うの」

貴音「そうですね。裏付けを取るのは必要な事です」

響「じゃ、みんなでこっそり聞きにいこう!」





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:53:26.55 ID:wRgVTB9B0

P「でも大変じゃないか。竜宮小町のプロデュースと両立するの」

律子「そのセリフ、私含め他のアイドル全員プロデュースしてる人に言われたくないです」

P「アハハハ。お互い大変だな」

律子「全くですね」

P「……さて、じゃプロの方もしっかりやろうか」

律子「私もデューサーとして手を抜くつもりはありませんよ」



九人「…………」





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:56:23.59 ID:wRgVTB9B0

響「貴音……」

貴音「どうやら違ったようですね」

やよい「あの、貴音さん、あまり気にしないほうがいいかなーって」

貴音「ふふ。ありがとうございます。私は大丈夫ですよ」

伊織「本当に何がどうなってるのよ」

春香「まるで出口の見えない迷宮に迷い込んだ気分だよ」

バタン

あずさ「あら~? みんなしてどうしたの?」





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 20:58:29.68 ID:wRgVTB9B0

美希「あ、あずさ。それに小鳥も……実は今、大変な事になってるの」

小鳥「大変な事?」

雪歩「あっ、小鳥さんなら知ってるかも!」

小鳥「え? 一体何の話?」

真「実は……」カクカクシカジカ

あずさ「これはまた不思議なお話ね~」

小鳥「…………」

春香「小鳥さん?」

千早「もしかして、本当に知ってるんですか!?」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:00:06.24 ID:wRgVTB9B0

小鳥「プロデューサーさんが前……つまり律子さんは後ろ……連結……」

やよい「すっごく難しそうな顔してます」

小鳥「そして律子さんが導く……どこに……快楽……?」

伊織「……ちょっと待って。これ違うわ」

小鳥「みんな、分かったわ!」

響「それは違うと思うぞ」

貴音「違いますね」

美希「全然違うの」

千早「寝言は寝てからどうぞ」

あずさ「違うと思うんですけど~」





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:02:16.10 ID:wRgVTB9B0

真「違うね」

雪歩「妄想を外に出すのはどうかと……」

伊織「やよいの前で変なこと言い出さないでよ」

やよい「よく分からないけど違うんじゃないかなーって」

小鳥「ひ、酷いわ! まだ何も言ってないのに」

春香「いや、何を言い出すか分かっちゃったんで」

小鳥「じゃ、じゃあ確かめてみましょう!」

あずさ「確かめるまでもないと思うんですけど」

美希「仕方ないの」

千早「ではもう一度二人の様子を見てきましょう」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:03:46.05 ID:wRgVTB9B0

P「うーん、もうちょっと勢いよくツッコんできていいと思う」

律子「え? でも、それだと痛くないですか?」

P「激しいくらいがちょうどいいんだよ」

律子「分かりました。なら、遠慮なくやりますね」

P「あぁ。頼むよ」



十一人「…………」





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:05:13.16 ID:wRgVTB9B0

小鳥「ほら! ほらほら! やっぱり私が正しかった!」

あずさ「あ、あら~?」

春香「そんな……ウソでしょ」

響「自分、こんなの信じないぞ!」

貴音「あぁ、私の知る貴方様は一体どこへ」

伊織「貴音! 現実に戻ってきなさい!」

やよい「はわわわ」

雪歩「プロデューサー……」





28:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:08:24.79 ID:wRgVTB9B0

真「まさか、あのプロデューサーが……」

バタン

亜美「イェーイ! 亜美真美のお通りだぜー」

真美「……ってあれ? みんなどしたん? テンション低いよー?」

千早「亜美……真美……」

美希「今ミキたちはゼツボーのどん底にいるの。構わないで欲しいな」

亜美「んっふっふー」

真美「それはちょうどいいかもねー」

春香「え?」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:10:29.27 ID:wRgVTB9B0

亜美「ちょっとだけ亜美たちに付き合ってよ」

響「うん? 一体何をするつもりなんだ?」

真美「いーから見ててよ」

雪歩「どうしよう?」

真「ここは二人を信じよう」

亜美「それじゃいくよ!」

真美「目ぇかっぽじってよーく見てろぃ!」

やよい「何が始まるのかなー」





30:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:11:49.07 ID:wRgVTB9B0

テンテケテンテンテンテン

亜美「どーもー! 『亜』でーす!」

真美「『美』でーす!」

亜美「二人合わせて」

亜美真美「『亜美』でーす!!」

真美「って真美がいないよ!?」

亜美真美以外「……」

春香「……って、ちょーっと待ったー!!」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:12:55.14 ID:wRgVTB9B0

亜美「うわっ、突然大声出さないでよ」

真美「ここからが面白いところなのに、何さ?」

貴音「二人とも、今のは……?」

亜美「漫才に決まってんじゃん」

響「うん。それは分かったんだけど」

真美「何?」

雪歩「どうしていきなり漫才を?」

亜美「みんな暗い顔してるから、これを笑わせられたらカンペキだって思って」





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:14:19.56 ID:wRgVTB9B0

真美「もうちょっと聞いてくれれば爆笑の渦に巻き込んだのにねー」

春香「いや、笑わせてくれるのはいいんだけど、何で漫才なのかなって」

亜美「え? もしかしてこれ知らないの?」ヒョイ

真「チラシ? ……えーとなになに……商店街漫才大会?」

伊織「へぇ。すぐ近くの商店街でこんなのやるのね」

真美「そだよー。で、賞品が意外と豪華だったから二人で参加しようかなーって」

やよい「そうだったんだ」

あずさ「全然知らなかったわ~。二人はどうやって知ったの?」





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:15:39.00 ID:wRgVTB9B0

亜美「にーちゃんがさ、昨日そのチラシ見ながらため息ついてて」

春香「うん?」

真美「それで詳しく聞いたら、出場者が足りなくて出る羽目になったって教えてもらったんだよ」

美希「……それって」

亜美「近所付き合いも大変だよねー」

千早「まさか」

真美「巻き込まれたりっちゃんも大変だと思うけど」

あずさ「あら~」

伊織「……ねぇ、思ったんだけど」

千早「何も言わなくていいわ。多分全員同じことを考えてるから」





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:17:18.93 ID:wRgVTB9B0

美希「うん」

亜美「んん? みんなどうしたの?」

真美「さっきからなんか変だよ?」

真「何でもないんだ……そう、何でも」

雪歩「二人の漫才もっとみたいなーって思っただけだよ」

亜美「そう? じゃ、続きやろうか」

真美「オッケー」

小鳥「……まさか、私の推理が間違ってたなんて」

あずさ「でも違って良かったと思ってません?」

小鳥「いやぁ……ちょっとだけ」





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:18:59.70 ID:wRgVTB9B0

P「どーもー! プロでーす!」

律子「デューサーでーす!」

P「二人合わせて」

P&律子「プロデューサーズでーす!」

律子「……って感じですかね」

P「うん。出だしはこれくらい分かりやすいほうがいいだろ」

律子「ふぅ……それにしても」

P「あぁ。あいつら、ようやく気付いたようだな」

律子「向こうの会話、丸聞こえでしたもんね」

P「あっちの状況に合わせて嘘にならない程度の会話したらアレだよ」





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:20:47.56 ID:wRgVTB9B0

律子「面白いくらい話があっちこっち転がってましたね」

P「しかし、小鳥さんはどうしようもなかったな」

律子「それに乗っかった私たちも同罪ですよ」

P「それはそうだが、律子が乗ってくるのは予想外だったな」

律子「そういう気分のときもあるんですよ。あ、本番ではああいうネタはやりませんよ」

P「分かってるさ……っと、ムダ話はこれくらいにして練習の続きするか」

律子「そうですね。漫才やるのは本当ですから」

P「向こうの会話を越えるネタを考えないとな」

律子「難しいですけど両立すると言っちゃいましたからね。頑張りましょう」

P「ああ!」



終わり





38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:21:51.42 ID:wRgVTB9B0

読んでくれた方、ありがとうございます。

たまにこういうワケが分からない話が書きたくなるんです。





39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/31(木) 21:33:59.68 ID:gSyvGhTLO



うん 





40:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/07/31(木) 21:34:12.39 ID:i3Fa8B5IO

乙乙





41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/07/31(木) 21:51:43.99 ID:JEE7Rum90

く、くだらねえww


だがそれがいい、乙!






元スレ:P「じゃ、俺がプロやるから」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406806029





  

【 関 連 記 事 】


こういうの好き
[ 2014/08/04 21:27 ] [ 編集 ]
面白かった!
小鳥さんのキャラを上手く行かしたね!
[ 2014/08/06 21:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。