Short Story
ニュース
VIP
アニメ・その他

  スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

  春香「プロデューサーさん!犬ですよ!犬!!」

*・゜゚・*:.。..。.:*・゜   SS 総評   ・*:.。. .。.:*・゜゚・*

       

【まおゆー@管理人】
ブサ可愛い!ってやつですね!ホントに愛嬌がある顔してますよね。人懐っこいところも好印象。
まさか血統書付きのノラ犬なんていないのでしょうから、下手に拾うと別れが辛そう乙。


1:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/03(日) 15:58:34.42 ID:xIHkdKhY0

春香「プロデューサーさん!犬ですよ!犬!!」

千早「プロデューサー…この子事務所の前をうろうろしてたんですが…」

真「どうやら迷子みたいなんです…」

響「名前はパグ衛門に決定さー!」

P「首輪もなし…か」

P「もしかしたら捨てられたのかもしれないな」

真美「それにしてもブッチャいくなワンちゃんだね→」

貴音「面妖な…」






3:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:01:26.87 ID:xIHkdKhY0

春香「プロデューサーさん!この子うちで飼いましょうよ!!」

亜美「賛成!!」

真「いいと思います!」

伊織「いやよ!こんなおじさんみたいな顔した…」

パグ衛門「くぅ~~ん?」

伊織「うっ…まぁ飼い主が見つかるまではいいんじゃない…?」

律子「このまま野放しにして保健所につれていかれても後味悪いですしね…」

P「しょうがないな…ちゃんと餌やり当番決めるんだぞ」

一同「は~~い!」

社長「一応私が社長なんだが……」

小鳥「まぁまぁ…」

P「あれ?雪歩は?」

あずさ「プロデューサーさん…あれ…」

雪歩「お…男のひとと犬が~…」

やよい「ノックダウンです~!」





5:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:03:56.23 ID:xIHkdKhY0

P「さて…みんなレッスンに行った訳だが…」

P「おーいパグ衛門。餌だ…」

P「!!???」

パグ衛門「わんわん!!」

P「お前それ!!?」





6:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:04:45.52 ID:xIHkdKhY0

P「誰の下着被ってやがる!!?」





8:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:06:39.78 ID:xIHkdKhY0

パグ衛門「わんわん!!」

P(あの純白にクマのプリント…)

P「って何俺は冷静に分析してるんだ!!」

P「こら!まて!!」

パグ衛門「わんわん!!」ピョン

P「くそっ! すばしっこい…」

P「よし!捕まえたぞ!!」

パグ衛門「くぅ~~ん…」

P「まったくどっから取って…うわぁよだれでベチャベチャじゃないか…」





9:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:10:51.50 ID:xIHkdKhY0

春香「ただいまかえりましたーー!」

P「!!!??」サッ

P(ばかっ…何俺はとっさに隠してんだ…)

P(でもこのパンツべちゃべちゃだし…下手したら…)

P「あ、あぁ…おかえり…」

春香「ただいまプロデューサーさん!」

春香「ただいまパグ衛門!」

パグ衛門「くぅ~~んくぅ~~ん」ペロペロ

春香「きゃ! そんなとこ舐めちゃ…あっ…」

パグ衛門「くぅ~~ん くぅ~~ん」チラッ

P「?」

パグ衛門「ニヤリ」

P「!!!!!?????」

P「こ、こいつ…犬の皮被ったただの変態親父だ!!」

P(と、とにかくこのパンツを…)





10:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:14:20.92 ID:xIHkdKhY0

P「結局返せず家に持って帰ってきてしまった…」

P「あの犬…まじで只者じゃないぞ……」


P「おはよーございまーす」

パグ衛門「はっはっはっはっ」

真美「兄ちゃん! おはよう」

亜美「おはよう! 兄ちゃん」

P「おはよう二人とも」

真美「みてみて兄ちゃん!」

亜美「パグ衛門亜美たちのあとずっとついてくるんだよ→!」

P「はっはっは、お前たち何かおいしいものでも持ってるんじゃないのか?」





11:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:19:48.60 ID:xIHkdKhY0

パグ衛門「ニヤニヤハッハ」

P「……!!!!?????」

P(ふ、二人ともスカートだ!!?)

P(あの犬!まだ純粋無垢な双子のパンツずっと覗いてやがる!!」

パグ衛門「ペロペロクゥーン」

真美「あ、だめだよそんなとこ…ちょっともぅ……」

亜美「パグ衛門はエッチだねぇ~~~」

P「くっそ~もう許せん!」

P「パグ衛門ちょっとこっちこい!!」

パグ衛門「キャン!!」

真美「ちょっと兄ちゃん! 何してんだYO!?」

亜美「いくら仕事のストレスが溜まってるからってパグ衛門に当たるのはどうかと思うぞー!」

ヤンヤ ヤンヤ

P「この野郎…何食わぬ顔しやがって…」

パグ衛門「ブルるるるるるるるる」

P「ぶへっ! 唾かけやがったもう許せん!!」

千早「プロデューサー!!」

千早「何をイヌ一匹にムキになってるんですか」

千早「よしよし…こわかったね」ギュ





12:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:20:59.71 ID:xIHkdKhY0

パグ衛門「………ふがっ」パシッ

千早「あっ………」

トコトコ

あずさ「あらあら~~甘えん坊さんね~ウフフ」ドタプゥン

パグ衛門「キャンキャン」ハッハッハッハ

真美「これが格差社会である」

亜美「非情である」

千早「………………」

P「千早……」


P「あの犬…俺の千早までコケにしやがって…」

P「絶対に化けの皮をはいでやる…」





14:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:23:47.82 ID:xIHkdKhY0

黒井「どうだ? 黒犬の様子は」

調教師「この私が育てたエリート犬」

調教師「すでに765プロに潜入しております」

黒井「くっくっく…弱小765プロめ」

黒井「本来は気に掛ける存在でもないのだが…」

黒井「あの少々腕の立つプロデューサーが目障りだからな」

黒井「あいつさえいなくなれば765プロも赤子同然よ……」

黒井「くっくっく…あーっはっはっはっはっは!!」





15:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:24:53.27 ID:xIHkdKhY0

P「みんながレッスンにいった今こそ…奴は行動するはずだ…」

パグ衛門「ハッハッハッハ」

P「動いた!」

P「あ、あれは…雪歩のバック…」

パグ衛門「クンクン」

ガサゴソ ガサゴソ

P「…………顔を突っ込んで何してやがる…」

パグ衛門「ワオン」

P「ってなんでパンツもう被ってるんだよ!!」

パグ衛門「!!?」

P「くそっ、みつかったか…餌付け作戦!」





16:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:25:43.94 ID:xIHkdKhY0

P「………ホーラホラホラ」

P「ジャッキーですよ~~」

パグ衛門「ワンワン!!」

タタタタタタッ

P(きたっ!とっ捕まえてやる!!)

パグゥ

P「………………」

P「アッーーーーーーーーーー!!!」

P「離せ!この!! てめ、俺のはジャッキーじゃねぇよ!!」

パグ衛門「ガブガブガブ」

P「ギャー―――!!」

P「痛い痛い!! はなせって!!」

P「このっ…!!」

ガンッ

パグ衛門「ギャン!!」





17:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/03(日) 16:26:39.53 ID:xIHkdKhY0

P「…あれ? パグ衛門…? おーい…」

パグ衛門「……………」

P「や、やばい…どうしよう」

貴音「ただいま戻りました」

美希「あふぅ…つかれたの…」

響「プロデューサーただい…」

響「パグ衛門!!?どうしたのさ!!?」

パグ衛門「……くぅ~ん」

貴音「一体これは…?」

貴音「プロデューサー、説明をお願いできますか?」

P「ち、違うんだこれは……」

P「そ、そいつが俺のフランクフルトを…」

美希「ハニー…人のパンツ持ったまま何言ってるの?」

P「あ…………」





18:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:29:48.40 ID:xIHkdKhY0

P「……………」セイザ

雪歩「ヒグッ…グスッ……」

やよい「よしよし雪歩さん…」

律子「それでプロデューサー…何があったんですか?」

P「みんな信じてくれるかどうかわからないが……」

P「その犬…変態なんだ……」

みんな「………………」

伊織「はぁ~~? JKのパンツ盗んどいて犬のせい? 変態はあんたでしょうが!!」

伊織「見損なったわ! 恥をしりなさい、このド変態!!」

P「…………」

P「どうやったらみんな信じてくれるんだ…」

千早「……………」

響「パグ衛門、そこんとこどうなんだ?」

パグ衛門「ワンワンペロペロ」

響「ふんふん」

響「パグ衛門も、[何言ってんだ変態]だって」





19:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:32:09.67 ID:xIHkdKhY0

真「……ジト――――」

P「やめてくれ…そんな目でみないでくれ……」

春香「あの~パンツと言えば……」

春香「私のパンツも失くなっちゃったんだけど…」

真「それ本当? 春香…」

春香「う、うん…クマの絵がプリントしてるやつ…」

パグ衛門「クンクン…クンクン…」

春香「どうしたの?私の匂いをかいで…」

パグ衛門「クンクン…クンクン…」

P「………お前まさか…」

パグ衛門「…………」ニヤリ

パグ衛門「わんっ!!」

響「プロデューサーから春香のパンツの匂いがするって言ったぞーー!!」





20:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:34:12.98 ID:xIHkdKhY0

真「取り押さえろ!!」ガシィ

貴音「この…恥じれ者!」ビンタビンタ

美希「ないの……」ジトー

P「ち、違うんだ! 俺じゃない!」

P「いや、俺が持ってるが…俺じゃないんだ!!」

伊織「何わけの分からない事いってるのよ!!」

伊織「この変態!ド変態!!変態大人!!」ゲシィ ゲシィ

P「や、やめてくれ…」

やよい「プロデューサー…」

真美・亜美「兄ちゃん…」

あずさ「三人とも…あっちに行ってましょ…」

雪歩「もう…もういや……」ポロポロ

律子「プロデューサー、このことは社長に……」

ガチャ





21:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:38:44.02 ID:xIHkdKhY0

小鳥「音無ことり♪ いや~ん旅行から帰ってきました♪」

小鳥「………?」

小鳥「失礼しまし…」

真「あ!小鳥さん!!実は…」

P「うわぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」

真「あ、逃げた!!」

伊織「待ちなさい!この変態!!」

パグ衛門「ヘッヘッヘッへ」





22:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします:2014/08/03(日) 16:39:32.89 ID:xIHkdKhY0

P「くそっ…俺の居場所が…」

P「あんなに信頼してくれていたアイドルたちもあんな顔を…」

P「くそぉ…くそぉ………!!」

P「もう、あの子たちの笑顔を見ることは…」

キキィーー!!

黒井「おーやおやおや」

黒井「これはこれは弱小765プロのへっぽこプロデューサー」

黒井「ただでさえ陰気くさい顔を歪ませてどうした?」

P「黒井社長…」

黒井「…話ぐらいなら聞いてやらんでもないがな…」ニヤッ



黒井「それはそれは災難だったな」

P「もう…俺の居場所は…」

P「それに…通報されたらそれこそ人生のおしまいだ…」

黒井「ならば961プロに来るといい」

P「…え?」

黒井「お前を雇ってやろうといってるのだ」

黒井「家ならば通報されたとしても揉み消すことはたやすいことだ」

P「…………考えさせてください…」

黒井「いい返事を待ってるぞ、アデュー」

ハーッハッハッハッハ! アーーハッハッハッハッハ!

ブロロロロロロロロ

P「………………」





23:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:42:22.50 ID:xIHkdKhY0

小鳥「そう…そんなことが……」

真「最初はボクも疑っていたんですけど…」

真「雪歩が泣いてるのをみると我慢できなくて…」

伊織「まったくあの変態プロデューサー、どこいったのかしら…」

春香「まさか私のパンツも盗まれていたなんて…」

千早「………………」

律子「それじゃぁもう…通報…しか……」

千早「ちょっと待ってみんな」

貴音「千早…どうかしたのですか?」

千早「…ホントにプロデューサーはそんなことをする人かしら…?」

伊織「あんたまだそんなこと言ってんの?」

伊織「現に雪歩も春香も盗まれちゃってたじゃないの…パンツ…」

伊織「もしかしたら私たちのまで盗まれているかもしれないし……」

響「そうだぞ…パグ衛門もそう言ってるし…」  

パグ衛門「わん!!」





24:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:47:29.39 ID:xIHkdKhY0

千早「そこ、そこが怪しいの…」

千早「私たちみんな、まだパグ衛門の発言しか参考にしてないじゃない?」

千早「それにパグ衛門…」

千早「ずっとプロデューサーのこと嫌っているの…」

千早「プロデューサーに対して異常なほど敵対視してるわ」

伊織「それはあの変態がちょっかいをだすから…」

千早「いいえ、それなら亜美・真美のほうがまだパグ衛門をいじめているわ」

雪歩「お、男の人が嫌いなんじゃ…」

千早「社長や善澤さんには普通に接してるのに?」

千早「パグ衛門のプロデューサーに対する見方だけ異常だわ…」

千早「そう…まるで誰かから教え込まれたかのように…」





25:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:48:11.98 ID:xIHkdKhY0

パグ衛門「ワオン?」

響「パグ衛門…そうなの…」

千早「我那覇さん、パグ衛門に聞いちゃだめ」

千早「もし私の考えが正しかったらパグ衛門はプロデューサーが不利になることしか言わないはずよ」

千早「みんないったん落ち着いて…中立の立場からみるのよ」

千早「私が一番気になるのがプロデューサーの言うパグ衛門変態説」

千早「実はまえに私がパグ衛門を抱いた時があったのだけど…」

千早「何か不満があったのか私を払いのけてすぐにあずささんに抱かれに行ったわ…くっ…」

伊織「そ、そんなバカなこと…」

千早「試してみる?」





27:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:50:21.86 ID:xIHkdKhY0

千早「パグ衛門、パ~グ~衛門」

ギュウ

パグ衛門「……ぐふっ」バシィ

トコトコ

貴音「おやおや…面妖な…」

千早「そう…彼は胸の大きな女性順に甘えにいくの…」

伊織「バッカじゃないの…?」

真「伊織!あれみて!!」

パグ衛門「ゲヘヘヘヘヘヘヘヘ」

雪歩「あんなに鼻のした伸ばして…」

雪歩「やっぱ男の人って…」

春香「いやいや…でも千早ちゃんの言ってることも間違っていないっぽいね…」

律子「あの時はみんな取り乱してしまってしっかりプロデューサーの話を聞いてなかったし…」

小鳥「みんな…今度はちゃんとプロデューサーさんと話をしに行きましょう」





29:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:51:05.40 ID:xIHkdKhY0

P「俺はいったいどうすれば…」

P「もう961プロに行くしか…」

P「………………」

P「いや、彼女たちを裏切る訳にはいかない…」

P「しっかり話し合えば聞いてくれるはずだ…」





31:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:56:36.50 ID:xIHkdKhY0

響「あ、みつけたぞ!!」

真「ほんとだ……」

伊織「まったく…どこほっつき歩いていたのよ…」

P「みんな……」

パグ衛門「グルルルルルルルル」イカク

響「お~い!あずささん!プロデューサーこっちにいたぞ!!」

パグ衛門「!!? わおん!!」

ダダダダダダダダダ

真「あ、リードが!!」

響「あずささんにむかって走ってっちゃったぞ…あっ!!?」

伊織「車が…あぶない!!」

P「ちっ……!」





32:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:57:21.95 ID:xIHkdKhY0

キキィーーー!!

運転手「お前んとこの犬か!? 飼い主ならちゃんとみてやがれバカ野郎!!」

P「す、すみません……イテテテ…大丈夫か?」

パグ衛門「…くぅ~ん…」

春香「プロデューサー!!お怪我は!?」

あずさ「あらあら…大丈夫ですか?プロデューサーさん」

P「ちょっと擦っちゃっただけですよ、イテッ!」

パグ衛門「……くぅ~ん…」

ペロペロ

P「ん?なんだお前…もしかして心配してくれてるのか?」

パグ衛門「ハッハッハッハ」

響「みたいだぞ!プロデューサー」





33:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:58:02.78 ID:xIHkdKhY0

真「すみませんプロデューサー…さっきは話も聞かずいきなり…」

伊織「私からも謝るわ…ごめんなさい……」

律子「それでプロデューサー、もう一度お話を聞かせて頂けますか?」

千早「次はみんな冷静になって聞きます どうかお願いします」

響「みんな…その心配はいらないみたいだぞ」

パグ衛門「ワンワンクンクン」





34:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 16:59:34.98 ID:xIHkdKhY0

P「どうも」

黒井「やぁやぁ元765プロのへっぽこプロデューサー」

黒井「ついに961プロへ移籍することを決めたのかね?」

P「いいえ、私はまだ765プロでプロデュースを続けます」

黒井「なにぃ……?」

P「今日はお世話になった者を返しに来ました」

パグ衛門「ハッハッハッハ」

黒井「黒犬…この役立たずが!!」

パグ衛門「くぅ~~ん…」

黒井「貴様なんぞいらん! どこへでも消えて野たれ死んでしまえ!!」

P「……だとよパグ衛門…」

P「そういうわけだ、ようこそ765プロへ」





35:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 17:00:29.90 ID:xIHkdKhY0

P「それでは黒井社長、失礼します」

P「っとその前に…いってこい!!」

パグ衛門「キャンキャン!!」

タタッタッタタタタ

黒井「な、なんだ!?何をする!?」

パグ衛門「パグっ」

黒井「………………」

黒井「アッーーーーーーーーーーーーー!!!」





36:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 17:02:11.59 ID:xIHkdKhY0

春香「パグ衛門!おかえり!!」

やよい「うっうー! パグ衛門も正式に765プロに仲間入りですね!!」

やよい「嬉しいですぅー!!」

真美「パグ衛門!遊ぼうよ!!」

亜美「今日はどの服きせよっかな~?」

貴音「亜美・真美 あまりいじめてはいけませんよ?」

パグ衛門「くぅ~ん」

あずさ「あらあら~~またまた甘えんぼさんね~」


響「プロデューサーもパグ衛門も仲直りしたみたいでよかったぞ!」

P「雨降って地固まる 今じゃ俺の大親友だ!」

伊織「犬が親友なんて…ってパグ衛門!」

伊織「それあたしのパンツじゃない///! 返しなさーい!!」

真「プロデューサー…あの時は疑って…」

P「もういいって、気にしてないよ」





37:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 17:02:46.80 ID:xIHkdKhY0

律子「よかったですね、疑いが晴れて」

P「俺は最初から信じていたけどな!」

小鳥「とか言って、あの時マジ泣きしてたじゃないですか」

P「ちょっと小鳥さん…」

美希「あふぅ…余計に騒がしくなったの…」

雪歩「まぁまぁ美希ちゃん」

千早「ちょっとエッチな犬ですけど…」

千早「事務所がにぎやかになることはいいことですね」

P「あぁ、おいでパグ衛門」

パグ衛門「きゃん!」

P「これからもよろしくな」

パグ衛門「ワオン!!」

~完~





39:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 17:08:00.22 ID:xIHkdKhY0

くぅ~つか


正直Pがアイドルにボコボコにされる描写書きたかっただけ
パグ衛門はペットの名前です





38:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 17:04:01.75 ID:eRsW1tG30







41:VIPにかわりましてNIPPERがお送りします(SSL):2014/08/03(日) 18:03:31.28 ID:v9tg2CBM0

乙!

パグ衛門め…うらやまけしからんな






元スレ:春香「プロデューサーさん!犬ですよ!犬!!」

http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1407049104





  

【 関 連 記 事 】


72これってレベルな薄っぺらい内容
[ 2014/08/08 11:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL


お知らせ


【お知らせ】

  • まとめ依頼募集中!
  • 自薦、他薦は問いません!
  • 教えてくれたらとっても嬉しいなって。
  • また何か不都合な点等ありましたらお知らせいただければ幸いです。





まおゆーお気に入り
   このエントリーをはてなブックマークに追加 ← 良ければ追加をお願いしますm(_ _)m

twitter.jpg    RSS.jpg
スポンサードリンク
カテゴリ
逆アクセスランキング
リンク

SS系リンク


VIP系リンク


ニュース系リンク


アンテナ系リンク


アニメ・ゲーム系リンク

その他リンク

ブログ内記事検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。